ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営」最新記事一覧

鉄道各社、沿線ベンチャーを後押し 運賃収入伸び見込めず、新事業創出へ協業
出資の他に、駅や沿線施設など経営資源を新規事業の実証実験に提供するなどして早期の事業展開を促す。(2016/12/1)

情報は“可視化”から“活用”へ
情シスのデータ分析負担を軽減、誰でも“かんたん分析”を実現するBIツールとは
「ヒト、モノ、カネ」を管理するためにERPを導入し、経営を見える化したものの、データの活用までは進んでいない企業は少なくない。どのようにすればいいのか。(2016/12/1)

電気自動車:
VWの2025年までの経営計画はSUV拡充と電気自動車100万台がカギ、2万人超の解雇も
Volkswagenは2025年までの中期経営計画を発表した。今後10年で、量販セグメントのトップブランドとなることを目標に、製品戦略を見直して高収益化を図る。電気自動車には25億ユーロ(約2980億円)を投資する。また、ユーザー8000万人のテレマティクスサービスを構築し、売上高10億ユーロ(約1200億円)を見込んでいる。(2016/11/29)

俺情出張企画「俺たちのGaroon」レポート:
PR:「経営者はクラウドが安いと洗脳されている!?」 情シスの悩みをサイボウズに直談判
サイボウズの年次イベント「Cybozu Days 2016」にITmedia エンタープライズの情シス交流会「俺たちの情シス」が出張。「俺たちのGaroon」として、グループウェア活用の悩みやメリットについて、ユーザーの皆さんとディスカッションを行いました。(2016/11/29)

「岩波ブックセンター」経営の信山社が破産 神保町のランドマーク的存在
岩波書店の書籍を幅広く取りそろえる「岩波ブックセンター」を経営していた信山社が破産。(2016/11/28)

Docker、Kubernetesを効果的に活用:
PR:コンテナ技術を、ITサービス競争の“武器”にするためには
デジタルトランスフォーメーションの波が高まる中、利便性の高いITサービスをいかにスピーディに提供・改善できるかが企業の命運を左右する状況になっている。こうした経営環境を勝ち抜く上では、ITサービスの開発・運用スタイルも従来のやり方を抜本的に変えていく必要がある。その手段として企業の注目を集めているコンテナ技術だが、具体的にはどのように適用すれば、企業が安全に使えるビジネスの武器になり得るのか? コンテナ技術に深い知見を持つレッドハットに話を聞いた。(2016/11/28)

「AIが人間を超える日」日本の経済界も警戒 予測不能な「ターミネーター時代」議論始める
人間の知能をAIが超える状態「シンギュラリティ」に至ると、人間が想定できないような事態が起きる可能性もある。AIと人類の共存のあり方が企業経営のテーマになりつつあり、経済界の会合でも議論され始めている。(2016/11/17)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

ジョーシス:
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「サンドボックス」
標的型攻撃などに対応するセキュリティ技術に「サンドボックス(sandbox)」がありますが、ITが苦手な経営層や業務部門の人にも“伝わる”ように説明できるますか? この解説を読めば、小学生でも分かるように説明できます!(2016/11/17)

2045年問題:
「AIが人間を超える日」 予測不能の世界「ターミネーター」議論始める
人工知能を活用したシステムの導入競争が話題になっている。AIと人類の共存、どのようにAIを押さえ込んでいくのかなどが企業経営の面でもテーマとなりつつあり、経済同友会や経団連といった経済界の会合でも議論され始めている。(2016/11/16)

IPA、中小企業向けセキュリティガイドを刷新
経営者に分かりやすい内容を追加し、自社のセキュリティ状況を診断できるチェックシートなども付録になっている。(2016/11/15)

特集:「人工知能」入門(6):
人間を超えた人工知能と共生し、日本が主導権を握るための最終戦略とは
NECが2016年11月1〜2日、東京国際フォーラムで「C&Cユーザーフォーラム&iEXSPO 2016」を開催。多くの講演の中から将棋棋士 羽生善治氏、東京大学大学院 工学系研究科 技術経営戦略学専攻 特任准教授 松尾豊氏らが登壇した特別講演「人工知能は人を超えるか?」の内容を紹介する。(2016/11/15)

マネーの達人:
社長、それでも自分の「給料」上げますか?
業績が好調だと役員報酬も上げたくなります。でも、ちょっと待ってください。給料を上げる前に、2人の経営者の会話を聞いてみましょう。(2016/11/14)

グローバルでの事業強化に備え、ハイブリッドクラウドを整備――三菱電機の場合
創立100周年を迎える2020年までに、グローバル展開を強化し、売上を拡大して営業利益率を向上させる――。そんな経営の目標に対応するため、三菱電機のIT部門は何に取り組んでいるか。IT戦略室長 木槻純一氏が語った。(2016/11/11)

PR:頻発する企業の情報漏えい事故に有効な「データ中心型セキュリティ」、その実現手法とは?
99%の情報セキュリティ事故はデータに関連して発生している。ビジネスにおけるデータの重要性の高まりに伴い、企業のデータ保有のリスクも確実に増している。情報漏えい事故で企業が負担すべき損害賠償額は平均1件あたり3億円以上で、その額は経営的に決して無視できるものではない。だが、データの活用が広がりを見せる中で、その管理徹底が困難さを増しているのも事実である。この状況の抜本的な改善策として、日本ヒューレット・パッカードが訴えるのが「データ中心型セキュリティ」である。(2016/11/10)

NHKが受信料値下げを経営委に提案 月額約50円 経営委は慎重姿勢
NHKの籾井会長ら執行部が、受信料を来年10月から月額約50円値下げする案を、最高意思決定機関の経営委員会に示した。(2016/11/9)

「パチモンTV」経営の男、海賊版ファミコン販売容疑で逮捕 「中国から仕入れた」
ファミコンソフトが入った海賊版ゲーム機をネットで販売したとして、京都府警は7日、通販サイト「パチモンTV」経営者を逮捕した。(2016/11/8)

とみえ&なつきが挑む「初めてのデータビジュアライゼーション」後編:
PR:社長へのプレゼンも大成功! Oracle Data Visualizationなら分析結果の共有もプレゼンもカンタン&スムーズ
“セルフサービスBI”では、業務ユーザー自身がデータの取り込みや分析/グラフ化を簡単に行えることのほかに、分析結果をチーム内で手軽に共有し、上司や経営層などへ効果的にプレゼンできることも重要となる。「Oracle Data Visualization Desktop」ではどうだろうか?[ビッグデータ][Big Data](2016/11/7)

高井尚之が探るヒットの裏側:
ロードスターが高く評価されるワケ
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回はこの4年で3度「日本カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したマツダのクルマづくりを読み解く。(2016/11/3)

営業利益率20%以上めざす:
ルネサス、中期経営数値目標を上方修正
ルネサス エレクトロニクスは2016年11月2日、2016年12月期第2四半期業績とともに中期成長戦略を発表し、今後4〜5年先を目標に売上総利益率50%、営業利益率20%以上を目指す方針を示した。(2016/11/2)

44歳のリーダーがデジタルトランスフォーメーションを促進:
Marketo、新CEOにSAP出身のスティーブ・ルーカス氏
Marketoは2016年11月1日、最高経営責任者が交代したことを発表した。(2016/11/2)

「一風堂」を運営する力の源HD、予算管理クラウドで経営情報を一元管理
ラーメン専門店「一風堂」の運営を手掛ける力の源ホールディングスが、予算管理クラウドを導入。複雑化する予算管理の効率化と店舗・セグメント別のリアルタイムな損益情報の把握を実現した。(2016/11/2)

実働1日17時間:
シャープの猛烈社長・戴正呉氏、掟破りの言動で社内に走る激震
経営再建中のシャープに台湾・鴻海精密工業から社長として送り込まれた戴正呉氏が、刺激的な言動で社員をたきつけている。「有言実行」を宣言する戴社長の流儀は、シャープ社員に浸透するか。(2016/11/1)

CEATEC JAPAN 2016講演レポート:
PR:イノベーションには「経営と現場の視点の融合」と「やりきる覚悟」が必要
CEATEC JAPAN 2016では、エンジニア人材サービスのVSNによるセミナー「なぜイノベーションにつまずくのか 〜経営と現場視点の融合で生み出す最強の企業改革〜」が開催された。企業改革を成し遂げるために必要なポイントが成功事例を交えて具体的に紹介され、立ち見が出るほどの聴衆が集まった。(2016/11/1)

特許取得済み、実績のある方法を解説
ITでは解決しない、ホワイトカラーの生産性を向上させる納得手法
残業代が増えているのに業績は低迷――。多くの企業がホワイトカラーの活性化策に悩んでいる。どうすれば解決できるのか。名だたる企業の経営者が薦める方法がある。(2016/10/31)

Twitter、動画アプリ「Vine」終了へ
経営悪化に伴い身売り話も出ていました。(2016/10/28)

海外講義も:
すし飯にビネガー 海外の“トンデモ和食”をなくせ
「和食」が世界中で流行する中、外国人が経営する日本料理店では伝統から外れた食材や調味料が使われることも増えている。この状況を変えようと、関西の食品メーカーが海外展開に合わせて基本を各地で伝授している。(2016/10/28)

女性MRは過去最多の9200人:
製薬会社の営業、受難の時代
新薬に関する専門的な情報や研究成果などを医師らに伝える、製薬会社の医薬情報提供者が減少している。安価なジェネリック医薬品の普及が進み、各社とも経営効率化に迫られていることなどが要因だ。(2016/10/27)

HPS ビッグデータ分析の重要性に関する調査:
企業の67%が12カ月以内にデータアナリティクスに対する投資増加を予定
米ハネウェル・プロセス・ソリューションズ(HPS)は、北米製造業経営幹部200人を対象に実施した、ビッグデータ分析の重要性に関する調査結果を発表した。(2016/10/27)

半導体商社トップインタビュー UKC HD:
UKC、“3000億の壁”突破にはM&Aが不可欠
2016年になっても収まる気配がない、半導体業界に吹き荒れるM&Aの嵐。この業界再編は、半導体商社にとっても変革期を迎えたことを意味するだろう。そこで、EE Times Japanでは、各半導体商社のトップに今後の戦略を問うインタビュー企画を進めている。今回は、2016年4月に加賀電子との経営統合中止を発表したUKCホールディングス(UKC HD)社長の福寿幸男氏に聞いた。(2016/10/26)

電気自動車:
三菱自のPHEVシステムをルノー日産が標準採用、アライアンスでコスト低減へ
三菱自動車がルノー・日産アライアンスの一員となった。日産の経営陣が三菱自の役員に加わるが、三菱自の独立経営は維持する。日産は、三菱自が投資価値とリターンをもたらすと見込み、アライアンスの一員として期待をかける。(2016/10/21)

「1+1=2」ではなくそれ以上に:
コンビニ再編最終章――ローソンとミニストップは経営統合に踏み切るか
サークルKサンクスと経営統合したファミリーマートが、国内店舗数で首位のセブン-イレブン・ジャパンに肉薄し、コンビニ業界はローソンを含めた上位3社による寡占が進んでいる。(2016/10/21)

三菱自、ゴーン流で経営立て直し急ぐ 企業風土の改革徹底、辣腕でV字回復の再現目指す
日産自動車のカルロス・ゴーン社長が三菱自動車の会長を兼務する方向になったのは、燃費データ不正問題を起こした企業風土の改革を徹底するためだ。(2016/10/20)

ジョーシス:
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「シンギュラリティ」
人工知能の未来という話になると出て来る「シンギュラリティ(技術的特異点)」を分かりやすく説明するには……? ITに明るくない人にも納得してもらえる解説法を紹介します。これを読めば、ITが苦手な経営層や業務部門の人にも分かってもらえる説明ができるようになります!(2016/10/20)

電力供給サービス:
迫り来る電力・ガス産業の構造変化、経営リスクと成長ポテンシャルが交錯
自由化を機に急速に進み始めた電力・ガス産業の将来に政府は強い危機感を示す。新たに委員会を設置して2030年の産業構造の検討に着手した。電力・ガスともに需要が伸びない状況で競争が激化し、各社の経営リスクは高まっていく。その一方で海外市場や新規事業に成長の可能性を秘めている。(2016/10/19)

スピン経済の歩き方:
日本のおじさんたちが、「アデランス」をかぶらなくなったワケ
アデランスがMBOを実施すると発表した。投資ファンドからの支援を受けながら経営再建を目指していくそうだが、業績低迷の背景に一体何があったのか。日本のおじさんたちが「かつら」をかぶらなくなった……!?(2016/10/18)

ハギーのデジタル道しるべ:
疲弊する情報セキュリティの現場と「無知な」社長の心の内
「セキュリティは大切だ」と言いながら、実際に強化している企業や団体はほとんどない。疲弊する現場に対して、あまりに残念すぎる経営者の感覚とは――。(2016/10/14)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
今、サイバーセキュリティは「ITの課題」から「経営の課題」へ
企業がサイバーセキュリティに対して経営課題として取り組むよう求められる中、一体どんな戦略やテクノロジーが有効となり得るのか。さまざまな切り口から提言が行われた。(2016/10/13)

8月に新体制開始:
攻めるシャープ、守る東芝? 外資傘下入りした“日の丸家電”の戦略二分
シャープに加え、東芝の白物家電子会社も外資傘下で経営を立て直すことになり、8月にそれぞれ新体制をスタートさせた。両社は親会社のグローバルな部品調達や販売網を活用してコストダウンを図り、海外市場で競争力を高めるというシナリオを描く。(2016/10/12)

野放しは経営リスクにも:
PR:仮想化でメチャクチャになっていませんか? ビジネスを支える、理想的なライセンス管理とは
仮想化やクラウドの採用で企業のIT基盤が急速に複雑化する中、ソフトウェア資産の管理は困難になっている。一歩間違えれば、莫大なライセンス料を請求され、経営リスクにもつながるケースも出てきており、IT部門としても看過できない問題になりつつあるのだ。それでは、どのような対策を行えばリスクを未然に防げるのだろうか。(2016/10/11)

ジョーシス:
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「ビッグデータ」
今や日常的に使われる「ビッグデータ」ですが、あらためて説明しようとすると……? ITに明るくない経営層や業務部門の人にも納得してもらえる解説法を紹介します。これを読めば、ITが苦手な経営層にも分かってもらえる説明ができるように!(2016/10/7)

電力供給サービス:
電力産業の将来を示す「東電改革」、2017年から新事業計画に着手
難問が山積する東京電力の経営改革に向けて、政府が新たな対策に乗り出す。新設の委員会を通じて「東電改革」の具体案を年内にとりまとめる予定だ。並行して東京電力は中長期の事業計画を作り直し、他の電力会社を含む広範囲の提携を進めながら「非連続の経営改革」に挑む。(2016/10/7)

特選プレミアムコンテンツガイド
病院経営と医療の質の向上に“効果あり”なデータ分析の使いどころ
病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。データ分析によって患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたり、医療詐欺対策をしたり、といった効果が期待できる。(2016/10/7)

ディルバート(469):
「EBIDA」ってナンデスカ?
損益計算書のポイントを部下に説明するボス。確かに会社の経営状態を知っておくのは大切なことですよね。あとはいつもの通りですが……。(2016/10/6)

PR:今や国家戦略――ワークスタイル変革の“賢い”進め方
少子高齢化が世界的にも急速に進む中、あらゆる日本企業にとって労働力の確保が経営課題となっている。そこで注目を集めているのが、ITを活用し既存業務を見直し、生産性向上、さらに社員にとって働きやすい職場作りを目指す「ワークスタイル変革である。ITmedia エンタープライズの主催セミナーではユーザー企業や有力ベンダーが、ワークスタイル変革の“勘所”を紹介した。(2016/9/30)

豊通エレとトーメンエレ経営統合:
圧倒的な車向けシェアと技術でメガ商社に挑む
豊田通商は、傘下のエレクトロニクス商社2社(豊通エレクトロニクス/トーメンエレクトロニクス)を2017年4月に経営統合することに関して2016年9月29日、都内で記者会見を行い、統合新会社の社名を「ネクスティ エレクトロニクス」とすると発表した。(2016/9/30)

小規模チームだからこそ「無駄」を排除したい:
PR:「無駄な会議」が多い本当の理由
組織の大小を問わず、「関係者が顔をそろえて互いに状況報告するだけ」の会議は本当に多いものだ。だが基礎体力に余裕のない小規模組織にとって、そうした時間の無駄は経営効率上、決してばかにできない問題だ。ではどうすれば「無駄」を排除できるのか? この問題解決に多くの実績を持つアトラシアンに話を聞いた。(2016/9/30)

なぜ、経営層は上がってきた数字に対して嘆き続けるのか
データの信頼性と連携性を高めるための“計画系システムの統合”の進め方
“数字に基づく経営”が身近なものとなりつつある中、「数字が上がってくるのが遅い」「上がってくる数字が信用できない」といった不満を抱く経営層が増えている。どうすれば解決できるか。(2016/9/26)

製造業IoT:
PR:規模の大小は関係なし、IoT活用に積極的な企業ほど経営判断が早い
製造業の新たな価値創造として注目を集めるIoT活用だが、IoT活用に積極的な企業ほど経営判断が早いという状況が明らかになった。これは大企業に限らず、中小企業でも同様だという。(2016/9/27)

軽自動車の乱売控えたスズキ 鈴木修会長の経営改革、いよいよ総仕上げ
軽自動車を主力とするスズキが、国内専用規格の軽販売でひたすらシェアを追い求める「乱売競争」とは距離を置き始めた。(2016/9/26)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。