ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「経営」最新記事一覧

製造マネジメントニュース:
三菱自は2019年に販売台数を4割増の130万台に、設備投資や研究開発費も大幅増
三菱自動車は、2019年度を最終年度とする中期経営計画「DRIVE FOR GROWTH」を発表した。2019年度に売上高を2016年度比3割増の2兆5000億円に、販売台数は同4割増の130万台を目指す。営業利益率は2016年度の0.3%から6%以上に引き上げる目標だ。(2017/10/19)

「Domo Japan Launch」開催:
マーケティングのサイロ化をどう乗り越えるか――「データの透明性」が会社を救う
「Domo Japan Launch」の基調講演およびDOMOでCMOを務めるシェーン・アッチソン氏のインタビューから、レポーティングツールを超えた経営の武器としてのBIの意義を考える。(2017/10/18)

SUVに注力:
三菱自、19年度に営業利益率6%以上、売上高3割増の2.5兆円目標=中計
三菱自動車の新中期経営計画で、19年度の年間販売台数は130万台、売上高は2兆5000億円と16年度比でいずれも30%以上伸ばすことを目指す。(2017/10/18)

ソフトバンク、SprintをT-Mobile USと経営統合か
ソフトバンクグループが、米Sprintを米T-Mobile USと経営統合させる方針で、独Deutsche Telekomと大筋合意したと、日本経済新聞が報じた。(2017/10/16)

協働ロボット:
ロボットがたどる生物の進化の道、カギは視覚とコミュニケーション
2020年に開催される日本発のロボットチャレンジ「World Robot Summit」に向け、記念シンポジウムが都内で開催された。WRSの実行委員会諮問会議 委員であるトヨタリサーチインスティテュート 最高経営責任者(CEO)のギル・プラット氏が登壇し「ロボティクスの未来」をテーマに、ロボットと人との関係性の変化などについて講演した。(2017/10/16)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「研修でイノベーション? あり得ない」「社長、それができるんです!」
経営者にも刺さる、真に実効性のある研修とはいったいどのようなものなのか。(2017/10/12)

夏目の「経営者伝」:
サイバーエージェント社長が実践する「強い組織」の作り方
サイバーエージェント、藤田晋社長の経営哲学に迫る連載。最終回は「組織作り」「マネジメント」を中心にお伝えする。藤田社長が子会社の経営を若手社員に任せる理由とは?(2017/10/9)

夏目の「経営者伝」:
藤田社長が「AbemaTV」に“ムキになる”理由
サイバーエージェントの藤田晋社長は、なぜ「AbemaTV」を立ち上げたのか。何を目指しているのか。前回に続いて、藤田社長の経営哲学に迫っていく。(2017/10/8)

夏目の「経営者伝」:
サイバーエージェント社長が明かす「新規事業論」
自ら事業を立ち上げ、会社を成長させていく起業家たち――。本連載では、そんな起業家たちの経営哲学に迫る。今回登場するのは、サイバーエージェントの創業社長、藤田晋氏だ。(2017/10/7)

常見陽平のサラリーマン研究所:
「なぜあの人が昇進?」人事から見えてくる会社の“いま”
人事というのは経営陣からのメッセージである。誰が営業部長、マネジャー、リーダーに上がるかによって、その企業や事業部が目指す営業スタイルや方針を読み解くことができるのだ。(2017/10/6)

IBM iを基盤運用の専門家に任せるという選択
IBM i上の基幹システムをクラウドへ移行する5つのポイント
長年にわたり「IBM i(AS/400)」で運用し続けてきた基幹システムは、まさに自社の業務ノウハウの結集だ。経営に欠かせないこの重要資産を今後も生かしていく道とは。(2017/10/6)

英LCCモナーク航空が経営破綻 旅客11万人が足止めされ帰国できず
10月2日時点で全フライトがキャンセルに。現在政府が帰国便を調整中。(2017/10/3)

イメージ悪化:
「国交省の指摘まで認識せず」日産の検査不備問題、経営陣の責任論に発展か
日産で無資格の従業員が新車を検査していた問題。ブランドイメージの低下による販売への影響は避けられず、経営陣の責任論に発展するのも時間の問題だ。(2017/10/3)

IoT時代の安全組織論(4):
OTセキュリティの「場当たり的なパッチ当て対策」はなぜ成功しないのか
製造業がIoTを活用していく上で課題となっているのが、サイバーセキュリティをはじめとする安心・安全の確保だ。本連載では、安心・安全を確立するための基礎となる「IoT時代の安全組織論」について解説する。第4回は、経営層が「OTセキュリティ戦略の必要性の認識」に至る前段階に陥りがちな「場当たり的なパッチ当て対策」の問題について説明する。(2017/10/3)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:システム導入を阻む反対派への対処法
システム導入の成否はユーザーの受け入れ体制にある。懐疑派や反対派への対処を誤ると大変なことになる。他に、ブルームバーグのデータサイエンス担当者インタビューや経営再建中の英HMVが断行したITコスト削減事例などをお届けする。(2017/10/2)

売上高1800億円規模に:
スシローGHDと元気寿司、経営統合の協議を開始へ
元気寿司と親会社の神明、スシローグローバルホールディングスは、資本・業務提携を正式発表した。(2017/9/29)

「検討中」とコメント:
スシローと元気寿司、経営統合か 株価急騰
回転ずしチェーン運営のスシローグローバルホールディングスと元気寿司が経営統合すると一部が報じた。報道が伝わった9月29日午前、両社の株価が急騰した。(2017/9/29)

製造マネジメントニュース:
東芝メモリの譲渡契約を締結、売却先はアップルやSKハイニックス含む日米韓連合に
経営危機の東芝は、ベインキャピタルを中心とした企業連合で設立した買収目的会社「Pangea」と東芝メモリの譲渡契約を締結した。Pangeaは日米韓の企業連合により構成され、ベインキャピタルの他、HOYA、SKハイニックス、アップル、シーゲイトなどが出資する予定。(2017/9/29)

製造マネジメントニュース:
JDIがカンパニー制でスピード経営目指す、CMOに元アクア社長の伊藤嘉明氏が就任
ジャパンディスプレイ(JDI)が構造改革の進展状況や、2017年10月1日からの新たな組織体制について説明。0.5〜0.6mmの狭額縁を特徴とする液晶ディスプレイ「FULL ACTIVE(フルアクティブ)」がシャオミのスマートフォン「Mi MIX2」に採用されたことも明らかにした。(2017/9/27)

破綻した「玩具店の巨人」米トイザラス Amazonとスマホゲームに飲み込まれ……
米トイザラスが事実上経営破綻した。トイザラスは日本市場では健闘しているが、本国での動揺の余波が日本に及ぶ可能性もありそうだ。(2017/9/26)

乗り遅れるな:
過熱するデジタル人材の獲得競争
世界規模でデジタル人材の獲得が過熱している。本記事では経営コンサルタントとしての視点から、今後どのような視点で企業の採用・育成が行われるべきかについて論じていく。(2017/9/26)

山口義宏が聞く「ブランデッドムービーの現在」(後編):
別所哲也氏と考える、ブランディングの必要性を経営者に納得させる方法
「Branded Shorts」をプロデュースする俳優の別所哲也氏と戦略コンサルタントの山口義宏氏による異色対談。後編では、ブランデッドムービーを作る上での課題とこれからの展望を語る。(2017/9/22)

自由な働き方を可能にする
便利なはずのコミュニケーション基盤が阻害? 「働き方改革」実現のポイント
今や経営課題の1つに挙げられる「働き方改革」。その推進の上で課題とされているのがレガシーなコミュニケーション基盤の存在である。その理由と解決策を探る。(2017/9/25)

「東芝メモリ」日米韓連合に売却決定 債務超過解消へ
東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」について、「日米韓連合」と売却契約を結ぶと発表した。約7カ月にわたる売却交渉にめどが付き、東芝の経営再建は前進する。(2017/9/21)

製造マネジメントニュース:
二転三転した東芝メモリの売却、2兆円でベインキャピタル中心の企業連合に決定
経営危機の東芝において存続のカギを握る東芝メモリの売却先が米国のファンド企業であるベインキャピタルを中心とした企業連合に決まった。譲渡金額は約2兆円となる見込み。(2017/9/21)

「高い」の一言で製品選定やり直し
“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント
HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。(2017/9/21)

O157感染の総菜店「でりしゃす」全17店舗閉店へ 「総合的な経営判断の結果」
3歳女児が亡くなっている。(2017/9/20)

東芝再建に疑心暗鬼 止まらぬ人材流出 3カ月間で約1000人減少
経営の迷走が続いている東芝。既に1000人以上の人材が流出した。(2017/9/20)

債務総額約5800億円:
米トイザらスが経営破たん 日本法人は「営業続ける」
Toys R Us(トイザらス)が連邦破産法11条をバージニア州の裁判所に申請した。日本法人の営業は継続する。(2017/9/19)

プロだからこそ話せるセキュリティの“今”と“これから”:
PR:経営者とセキュリティ担当者が今なすべきセキュリティ対策とは
いまだ勢いの衰えを見せないサイバー攻撃。企業や経営者は増加するセキュリティの脅威に対し、どう対応していかなければならないのか――。3人のセキュリティのプロフェッショナルが、経営者とセキュリティ担当者が今なすべきセキュリティ対策について語り合った。(2017/9/15)

神保町のドン・キホーテが8カ月で閉店、早さがネットで話題に 理由について広報「テナント経営が最適と判断」
1年以内に閉店するのも、グループの経営判断としては異例ではないとも説明しました。【訂正】(2017/9/14)

約4割がセキュリティの重大被害を経験、年間被害額は平均2億3000万円超に トレンドマイクロ調査
トレンドマイクロが官公庁自治体と民間企業のセキュリティ対策を調査した結果、約4割がセキュリティの重大被害を経験していることが分かった。投資は増えつつあるものの、経営層や上層部のセキュリティに対する理解の向上が課題になっている。(2017/9/14)

vs.海外勢:
日本の産業を死守! シャープ幹部が明かすJDIと協業の狙い
シャープは、経営再建中のジャパンディスプレイ(JDI)に対し、ディスプレイ事業における協業を申し入れていることを明らかにした。シャープの上席常務でディスプレイデバイスカンパニー社長の桶谷大亥氏がその狙いを語った。(2017/9/14)

“泥舟”に見切り:
東芝再建に疑心暗鬼 止まらぬ人材流出 3カ月間で約1000人減少
東芝が半導体子会社の売却先決定を先送り。経営の迷走に、社員や取引先などのステークホルダー(利害関係者)には不信感が広がっている。(2017/9/14)

消費者が取り残される懸念も:
フランクフルト自動車ショーで見えたEV移行の現実
フランクフルト国際自動車ショーに集まった欧州自動車メーカーの経営者たちは、ガソリン車から電気自動車への世界的な移行という現実、そしてそれが雇用や収益に及ぼす影響に目を向け始めようとしている。(2017/9/13)

私大の4割が赤字:
私大の倒産回避に「イエローカード」 文科省が検討
文部科学省は、経営悪化が著しい私大に対し、事業撤退を含めた早期の是正勧告をできるような制度改正の検討に入った。(2017/9/12)

人事評価に「臭い」の項目も:
増えるスメハラ、悩める経営者 対応次第では人権侵害に
セクハラ、パワハラに続いて、臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメルハラスメント」(スメハラ)の対策に乗り出す企業が増えてきた。(2017/9/12)

「上司が臭い」 増えるスメハラ、悩む経営者 人事評価に「臭い」加えた企業も
臭いで周囲に不快な思いをさせる「スメハラ」対策に乗り出す企業が増えてきた。ただ、対応次第では人権侵害につながる恐れもあり、悩む経営者は多い。(2017/9/12)

データ活用こそが企業経営の分岐点:
PR:経営者が本当に欲しいデータを簡単に見える化する方法
常に経営者は企業のかじ取りに役立つデータ活用ツールを求めている。だが、その本音は「機能」が欲しいわけではない。実績に裏打ちされたノウハウが必要なのだ。(2017/9/11)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
AtmelとMicrochipに見る、半導体企業M&Aの難しさ
2016年春、安定経営といわれていたAtmelがMicrochipに買収された。買収に至る背景と経緯と、同種企業の統合の困難さについて触れてみたい。(2017/9/11)

老舗商社の三栄コーポレーション、グローバル展開を視野に業務基盤を「SAP S/4HANA」で刷新
生活関連用品の専門商社の三栄コーポレーションは、業務の効率化や経営判断の迅速化を推進し、ビジネスの拡大を支える事業基盤として、SAPの基幹業務ソフトウェアを導入する。(2017/9/7)

ネット通販などに苦戦:
米トイザらス、破産の可能性も
米玩具販売店大手のトイザらスが、経営状態の改善に向けて大手法律事務所と契約したと、一部が報じた。破産申請の可能性もあるという。(2017/9/7)

高齢破産も……マンション経営「サブリース契約」トラブル続出「長期借り上げ保証はエサ」
高齢者らが「相続税の節税になる」などの“甘い言葉”に誘われて賃貸アパートを建てたものの、経営に行き詰まり自己破産などに至るトラブルが相次いでいる。(2017/9/7)

「東芝メモリ」売却阻む社内の二重構造 社長と副社長、崖っぷちでの暗闘
東芝が半導体子会社「東芝メモリ」の売却をまたもや決めきれなかった。経営陣の「優柔不断」や社内の“暗闘”で、いたずらに時間を浪費し、自らの首をしめている。(2017/9/1)

出店は「駅のそば」:
ぎょうざの満洲、売り上げが20年以上も伸びている秘密
「3割うまい」のキャッチフレーズで有名な中華料理チェーン「ぎょうざの満洲」。「『うまい、安い、元気!』でうまさが3割増し」というのが本来の意味だが、実は原材料費、人件費、諸経費をそれぞれ3割ずつにする“バランス経営”の意味もある。(2017/8/31)

東芝メモリ売却、WDとの交渉も課題山積み 韓国SK反発も警戒
東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」の売却で優先交渉先となった米ウエスタンデジタル陣営と詰めの交渉に入った。一定の経営関与を求めるWDが議決権を将来どの程度持つかなど課題は山積しており、月内に折り合えるかは予断を許さない。(2017/8/28)

「君の名は。」好調の裏で:
アニメ制作会社の平均売上高、10年間で4割減収
帝国データバンクがアニメ制作企業の経営実態調査を発表。2016年はアニメのヒットが続いたが、1社当たりの平均売上高は10年間で4割減収しているという。(2017/8/24)

警察指導「慢心スルー」の末路 人気「コスプレバー」、違法接待で摘発
無許可で女性従業員に客を接待させたとして、大阪・ミナミの繁華街にある人気コスプレバーが摘発された。府警は店側を指導していたが、従わなかったとして経営者の男(39)の逮捕に踏み切った。(2017/8/23)

CEOに聞く:
デンソーの新子会社とプロセッサを開発するThinCIとは
デンソーが新設する子会社「エヌエスアイテクス(NSITEXE)」とプロセッサを共同開発するのが、米新興企業のThinCIだ。同社のCEO(最高経営責任者)を務めるDinakar Munagala氏に、同社の製品の強みなどを聞いた。(2017/8/22)

ERPから始める働き方改革
経営層と現場の課題を一挙に解決する“欲張り”なERPが必要な理由
目先の課題に追われていては過酷な競争に勝てない。経営層と現場のどちらを優先するかではなく、その両方をサポートするERPが必要だ。(2017/8/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。