ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

「SNS」最新記事一覧

Social Network Service

質問!SNS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でSNS関連の質問をチェック
「SNS」に関する調査データ一覧 | 調査のチカラ

神はいた! 行方知れずだったB’z“幻のギター”、20年ぶりに発見される「SNSによる奇跡を実感」
松本に相談だ!(2018/4/23)

これがSNSの暖かさ 捜索中の迷い犬が無事保護、情報提供呼びかけたともさかりえや石田ゆり子らも安堵
先日もぐたろうと奇跡の再会を果たした江口ともみさんも喜びの声。(2018/4/23)

マストドンつまみ食い日記:
ActivityPub対応国産SNS「Misskey」、LTLも実装
非常に凝った作りのTwitterライクなSNS「Misskey」がActivityPub、ローカルタイムラインに対応。マストドンユーザーもそのリッチなUIに興味を持ちそうだ。(2018/4/17)

米スタバ、店内で人を待っていた黒人男性の逮捕めぐり謝罪 SNSで動画拡散
逮捕の様子を写した動画がSNSで拡散されていました。(2018/4/15)

SNSの奇跡を信じて…… 「B'z」が20年前に消えた“幻のギター”の捜索を開始
見つかってくれ……。(2018/4/14)

政府、海賊版サイトブロッキング推奨声明で「Anitube」がトレンド1位に SNSではブロッキングを悲しむ声も
むしろ漫画村より話題に。(2018/4/13)

SNS投稿から災害状況を把握するシステム、防災訓練に活用へ 慶応大などがガイドライン公開
慶応義塾大学、情報通信研究機構(NICT)、防災科学技術研究所(NIED)が、災害発生時に国や地方公共団体などがSNSの情報を確実に利用できるよう、防災訓練にAI(人工知能)を導入するためのガイドライン(暫定版)を公開した。(2018/4/13)

看板直撃で重傷の仮面女子・猪狩ともか、手術終了も「絶対安静」 メンバーがSNSで続々エール
神谷えりな「向日葵みたいなとびきりの笑顔で帰ってくるの待ってる」(2018/4/13)

AIによる災害情報のSNS分析、確実な運用に備え、防災訓練にも――慶大、NICT、NIEDが訓練ガイドライン策定
慶応義塾大学の山口真吾研究室、情報通信研究機構(NICT)、防災科学技術研究所(NIED)は、災害時に発信されるSNS情報をAIで分析し、応急対策に活用する仕組みを防災訓練に取り入れ、確実な運用体制を築くためのガイドラインを策定した。(2018/4/13)

マストドンつまみ食い日記:
セックスワーカーのためのSNS「Switter」が急成長
SwitterはTwitterライクな名前だが、実はマストドンのインスタンスだ。(2018/4/12)

デル株式会社提供ホワイトペーパー
業務生産性と運用効率を両立、働き方改革を支援する企業が選んだPCとは
働き方改革を支援するビジネスSNSを展開するSansanは、社内改革にも積極的だ。その同社が、営業スタッフの生産性向上と効率化に役立ったと語るのが2-in-1ノートPC。柔軟な働き方を支えているという新デバイスの活用法を聞いた。(2018/4/23)

「ダンダムちゃん」、大地に立つ ファッション特化SNSで異彩を放つ段ボールロボ娘を直撃したらガチな人だった
めっちゃスタイルいいけど頭はチープな工作のロボ。いったい誰なんだろう……。(2018/4/11)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
「炎上対策」に力を入れている企業は業績が良い?――ホットリンク調査
ホットリンクは「企業のSNS炎上に関する調査」を発表しました。そこで分かってきたこととは……。(2018/4/10)

マストドンつまみ食い日記:
ブロックチェーンSNS「Numa」とは何か?
hivewayと似たようで全く違う。こちらには未来がありそうだ。(2018/4/5)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
2018年入社の新卒は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」、その心は?──産労総合研究所
新入社員の初々しい姿に、心癒されたり、背筋が伸びたりする季節がやってきました。2018年の新入社員には、どういう傾向があるのでしょうか。産労総合研究所が発表したデータを紹介します。(2018/4/5)

水曜インタビュー劇場(ゴロッと公演):
街中で食べることができない、知られざる「JALカレー」の話
空港のラウンジでしか食べることができない「JALカレー」をご存じだろうか。SNSでJALカレーをアップしている写真をよく見かけるが、一体どのような味をしているのか。試食をしながら、JALの担当者に裏話を聞いてきた。(2018/4/4)

AIが「自分の性格に似た本」選ぶ SNS投稿を分析 近畿大のスマホアプリ
近畿大学が、SNSの投稿内容を分析してその人の性格に合った本をAIがおすすめする機能をスマホアプリに実装した。(2018/4/3)

朝日新聞、就活生に「リクルートスーツで来ていただく必要ありません」と宣言 SNSでは賛否両論
真面目なイメージの会社が呼びかけるとインパクトがあります。(2018/4/3)

ガチャピン&ムック、誕生日にSNS閉鎖を報告 歩き去る後ろ姿にファンから悲しみの声
誕生日にお別れだなんて。(2018/4/2)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン(コーヒー豆)登場
ロックバンドでもSNSでも戦隊メカでもなく、コーヒー豆のマストドン。(2018/3/28)

「下着、制服、画像売ります」 一度出回ると無限に拡散……それでも自画撮りしてしまう心理
元手がかからないし、なんぼでも稼げる――自画撮りは、撮影者が自発的に発信したり、SNSで無防備に相手に送ったりと、その類型は多岐にわたる。(2018/3/28)

2018年度の新入社員は「SNSを駆使するチームパシュートタイプ」 チームワークとスピードに強み
過労死問題やパワハラ問題から、働くことに対し不安を抱く声も。(2018/3/27)

高校生の約半数がTwitterを実名で利用 MMDとマカフィーの調査
MMD研究所とマカフィーは、3月27日に「高校生、大学生、社会人20代・30代のSNS利用に関する意識調査」の結果を発表した。高校生Twitter利用者の52.7%は実名で、うち41.1%は「すべての人」に情報を公開。投稿内容が問題になったことがある高校生は約2割で、そのうち8割以上が「問題になると思わなかった」と答えている。(2018/3/28)

半径300メートルのIT:
個人情報流出事件をきっかけに、“Facebook漬け”の生活を見直した話
5000万人のユーザーデータを流出させてしまったFacebook。普段からSNS中毒を自覚している私も、少しFacebookと“距離を置こう”と考えました。とはいえ、いきなりアンインストールするのも現実的ではありません。何から始めればいいのでしょうか。(2018/3/27)

小鳥飼料に金属片混入? SNSで拡散、メーカーが見解発表 正体は「畑の土に含まれる天然鉱物」
磁石にくっつく欠片が入っているとSNSを中心に不安の声が拡散していました。(2018/3/26)

ITはみ出しコラム:
Facebookのデータ不正流用問題で考えたい、個人情報をSNSにさらすリスク
米国で大きな問題になっている「Facebookデータスキャンダル」。日本のSNSユーザーにとっても人ごとではない、この問題の経緯や自衛策をまとめました。(2018/3/25)

マストドンつまみ食い日記:
連合型動画SNS PeerTubeを音ゲ丼が導入
ActivityPubに対応するPeerTubeの導入例が出た。(2018/3/19)

皆ガチャで大当たりしているように錯覚する理由を氷山に例えたイラストに同意の声 「当たりはもっと小さい」
SNSの功罪。(2018/3/18)

「ITしぐさ」にツッコミ隊:
「撮影OKならSNS投稿もいいでしょ」はトラブルの元? スマホ撮影のマナーを考える
「写真撮影がOKなら、当然SNS投稿してもいいだろう」。この考えは果たして当たり前なのだろうか。(2018/3/17)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
30〜40代の約6割が「SNS映え消費」を経験──SMBCコンシューマーファイナンス調査
今日のお題は、30〜40代の「SNS映え消費」。実は20代より積極的?(2018/3/16)

従わなければ賠償金も――「auひかり ホーム」設備撤去義務化&値上げ なぜ?
KDDIが中部・関西・沖縄エリア以外で提供している戸建て住宅向け光ファイバーインターネットサービス「auひかり ホーム」。3月に行ったある“改定”が、SNS上で波紋を呼んでいる。一体何があったのか。【回答編リンク追加】(2018/3/14)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
Facebookの継続利用率は案外低い? 主要SNSの利用実態──アライドアーキテクツ調査
Facebook、TwitterなどをはじめとするSNSの利用実態はどうなっているのか。「調査のチカラ」より、気になる調査データを紹介します。(2018/3/12)

SNSにアップした月の写真から、撮影場所が割り出される可能性はある?
1月末の皆既月食で撮影した人は多いはずですが……。(2018/3/12)

女子高校生の約7割がSNSの“裏アカウント”を所持 理由は「誰にも知られたくない感情がいえるから」など
裏では一体どんな会話が行われているのか。(2018/3/8)

日本エンブレースに出資:
KDDIがヘルスケア事業に参入 医療用SNSの普及支援
KDDIが、日本エンブレースと資本・業務提携を締結。医療用SNS「メディカルケアステーション」の普及を支援する。マーケティングやサービス開発などを手掛ける。(2018/3/7)

マストドンつまみ食い日記:
マストドンの問題はぼくらが解決する ブロックチェーンSNSのhiveway CEOが語る
脱中央集権の連合型SNSであるマストドンをベースにブロックチェーンSNSを構築しようとしているhivewayのCEOがマストドンの問題点とその解決策を提示する。(2018/3/6)

SNSユーザーの通信速度制限の経験率は66%――「LINEモバイル」のSNSユーザー調査
LINEモバイルは、スマートフォンでのSNS利用者を対象とした「SNS利用環境に関する意識調査」を実施。通信速度制限の経験率は66%で、カウントフリー機能を認知しているLINEモバイル利用者の83%がその効果を実感している。(2018/3/6)

「いいね!」が欲しい理由は人それぞれ:
「リア充アイドル」他、承認欲求の4類型とは?
セールスフォース・ドットコムは、SNSを利用する一般消費者の「承認欲求」に関する調査結果を発表した。ここで明らかになった4つのペルソナと、それらへのアプローチとは。(2018/3/5)

マストドンつまみ食い日記:
ブロックチェーンSNS「hiveway」とマストドンとの関係
あのジョン・マカフィー氏が関わる新興SNSの実態はマストドンとそっくり。その理由は?(2018/3/5)

ネットと「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ」どれを一番信用する? 女子高生が考える「マスメディアの信頼度」
「SNSは信用できない。だって私も“盛ってる”し」(2018/3/4)

AI活用でSNSやブログから“市民の声”を抽出――NTTデータとSocial Coin、地域理解ソリューションの開発で協業
NTTデータとスペインのスタートアップ企業Social Coinは、AIを活用した「地域理解ソリューション」を共同開発する。ソーシャルメディアやブログなどから得た“市民の声”をAIで解析し、地域やコミュニティーに潜在する意識やニーズを抽出し、社会課題や地域課題の解決につなげる。(2018/2/26)

「GLAY」TERUのSNSに異常事態発生! アイコンが“白塗りのバケモノ”にジャックされる
TERUさんノリノリ。(2018/2/24)

平昌オリンピック中継で炎上多数 米NBCの失策はSNS時代ならでは
米NBCはオリンピック解説者の「日本は韓国の重要なモデル」発言で韓国の怒りを買った。それだけではない。(2018/2/22)

約3億人のデータを保持する「Twitter」は、人工知能をどう活用しているのか
先進的なIT企業では、ビジネスやサービスに人工知能を使うのが当たり前になりつつあるが、アクティブユーザーが3億以上という老舗SNSの「Twitter」では、どのように活用しているのだろうか。(2018/2/22)

口コミマーケティングのアジャイルメディア、マザーズ上場へ
ブログ・SNSを活用した口コミマーケティング事業を手掛けるアジャイルメディア・ネットワークがマザース上場へ(2018/2/21)

トランプ氏への支持も抗議も:
FacebookやInstagramを使い、米大統領選に介入 ロシア人13人を起訴
起訴されたロシア人13人はSNSに虚偽のアカウントを開設し、「米国に対する情報戦争」を展開していたとされる。(2018/2/19)

pixivのTwitterアカウント、乗っ取られる
イラストSNS「pixiv」の公式Twitterアカウントが2月16日午前、何者かに乗っ取られ、英語のツイートが多数投稿された。(2018/2/16)

SNSでよく見るテレビ番組のキャプチャー画像、著作権上の問題は?
何気なく行われていることですが、実は……?(2018/2/16)

「用がなければ休業を」福井知事が企業に異例の要請 SNSで拡散、話題に
大雪に見舞われている福井県。西川知事は12日、県内の企業に対し「県民生活の維持に不可欠なものを除き、できるだけ操業やオフィスの営業を控えていただくようお願いします」と要請。SNSで話題になった。(2018/2/14)

pixiv、登録ユーザー3000万人突破 開始から10年半 海外ユーザー増加
小説を投稿できるSNS「pixiv」の登録ユーザー数が3000万人を突破。米国・中国など海外のユーザーも増えている。(2018/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。