ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「処分」最新記事一覧

ネットで「失礼極まりない」との声:
時事通信、「俳人・金子兜太さん死去」と誤報配信 担当記者に処分の可能性も
時事通信が19日午前、俳人で文化功労者の金子兜太さんが死去したとの誤報記事を配信。約1時間後に記事全文を取り消した。事実関係の確認が不足していたという。時事通信に誤報発生の経緯を聞いた。(2018/2/19)

コインチェックに業務改善命令 再発防止策など2月13日までに報告へ
不正アクセスにより約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出したコインチェックに対し、関東財務局が行政処分。(2018/1/29)

業務停止アディーレ 弁護士会、新興勢力を“断罪” 世代間の対立鮮明に
昨年10月、東京弁護士会がアディーレ法律事務所を業務停止とする懲戒処分を発表し、法曹界に激震が走った。この処分には、東弁と新興勢力との確執もささやかれた。アディーレは若手の「弁護士会離れ」を象徴する存在なのだ。(2018/1/25)

引退競走馬を殺処分から救うためのクラウドファンディング、目標額を達成 「ほとんどが処分される、知ってもらいたい」
一頭でも多くの引退馬に穏やかな余生をすごしてもらうために。(2018/1/11)

事実上倒産か:
ジャパンライフ、資金ショートで銀行取引停止処分
東京商工リサーチによると、健康用品販売のジャパンライフが銀行取引停止処分を受けた。12月20〜21日に手形が不渡りとなったためで、東京商工リサーチは「事実上の倒産」とみている。(2017/12/26)

1年間で4度目の処分:
ジャパンライフに1年間の業務停止命令 目的告げずマルチ商法に勧誘
消費者庁が、健康用品販売のジャパンライフに1年間の業務停止命令を出した。同社が展開するマルチ商法を巡り、さまざまな特定商取引法違反があったため。処分は1年間で4度目。(2017/12/15)

酔っぱらい「ワッフル店に来たら店員が寝てたから自分で焼いたウェーイ!」→店員、1週間の謹慎処分に
頭が悪くなるニュース。(2017/12/6)

大掃除のごみ処分「5.8万円の損失」 メルカリ調査
メルカリが、大掃除で処分されたもの上位3つを合わせると、1人当たり5.8万円ほどの損失になるという調査結果を発表した。(2017/11/24)

「膝までの汚物、大量のハエ」猫50匹放置 市営住宅で「多頭飼育崩壊」の悲劇
市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が強制退去処分を受けた。部屋はいたるところに汚物が染み込み、猫の死骸からは大量のハエやウジ虫がわくなど「地獄絵図」そのものだった。(2017/11/24)

膝までの汚物:
猫50匹放置で“田んぼ”と化した人気市営住宅 「多頭飼育崩壊」の悲劇
神戸市東灘区の市営住宅で猫53匹を放置していた40代女性が神戸地裁から強制退去処分を受け、近隣住民は約8年ぶりに安息の日々を取り戻した。(2017/11/23)

アディーレ「悪質性際立つ」 業務停止処分、理由の詳細判明
「アディーレ法律事務所」の広告が景品表示法違反にあたるとして、東京弁護士会が法人を業務停止処分とした問題で、処分理由の詳細が判明した。(2017/10/31)

処分理由の詳細判明:
アディーレ「手段の悪質性際立つ」と認定 東京弁護士会の懲戒委員会
アディーレ法律事務所の広告が景品表示法違反に当たるとして東京弁護士会が法人を業務停止処分とした問題で、処分理由の詳細が分かった。(2017/10/30)

広告が「極めて悪質」:
アディーレ法律事務所に業務停止2カ月 東京弁護士会
東京弁護士会は、広告を巡り景品表示法違反(有利誤認)で消費者庁から措置命令を受けた弁護士法人・アディーレ法律事務所を業務停止2カ月とする懲戒処分を発表した。(2017/10/11)

これを処分しちゃうのは惜しすぎる……! 亡くなったおじいちゃんが作っていた「鉄道ジオラマ」に感動と称賛の声
おじいちゃんの鉄道模型への思いが感じられる最高の作品です。(2017/10/8)

名古屋市がふるさと納税で犬の殺処分ゼロを達成 猫の殺処分ゼロも目指す取り組みが話題に
称賛の声が集まっています。(2017/10/4)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
2度の行政処分「みんなのクレジット」、わずかに黒字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/15)

使わなくなった自転車って、どうやって処分するの?
いくつかある自転車の処分方法。具体的なやり方についてまとめました。【追記あり】(2017/8/30)

殺処分寸前だったピットブルが警察犬に 犬種に対する悪印象から1年半ものあいだ引き取り手が現れず
闘犬用に誕生したことから、危険と思われがちな犬種。(2017/5/31)

アキバ特価リポート:
アキバでNASキット処分市 QNAPの「TS-269 Pro」が税込み2万5000円に
オリオスペックが恒例のNASキットアウトレットセールを27日土曜日に実施する。今回は先着順販売と抽選販売の2タイプを用意しており、両買いも可能だ。(2017/5/27)

神戸大学事務職員が事務室内でアダルトサイト閲覧し停職2カ月処分 1年間で約150時間
50歳代の男性職員でした。(2017/5/11)

勤務中にアダルトサイト閲覧 神戸大、職員を処分
業務用PCで年間150時間、アダルトサイトを閲覧していたという。(2017/5/10)

自然エネルギー:
廃棄物の処理熱で5000世帯分の電力、ベトナムで初実証
日立造船はベトナム初となる廃棄物焼却発電プラントの建設、試運転を完了し、2017年4月1日から実証実験を開始したと発表した。1日当たり75トンを安全に焼却処分し、排熱回収により1930kW規模の発電を行うという。この発電量は、一般家庭約5000世帯に相当する。(2017/4/25)

パナソニック、プラズマディスプレイ関連資産の処分を終了
(2017/3/17)

キュレーションメディア問題を受け:
「事業再開は白紙」DeNAの2時間会見
DeNAは3月13日、キュレーションメディア事業についての記者会見を行った。守安功代表取締役社長、南場智子代表取締役会長、小林賢治執行役員が出席し、把握している問題点、今後の対応、関係者の処分、事業再開のめどなどについて語った。記者からの質問は相次ぎ、会見は2時間にわたった――。(2017/3/13)

DeNA、キュレーション問題で関係者処分 「iemo」村田マリ氏・「MERY」中川綾太郎氏辞任
DeNAがキュレーションメディア問題をめぐり関係者を処分。村田マリ氏は役員を辞任するという。(2017/3/13)

法制度・規制:
原子力発電の廃棄物を最終処分する候補地、選定の要件と基準がまとまる
原子力発電によって生まれる高レベルの放射性廃棄物は数万年かけてリスクを低減させなくてならない。現在のところ地下300メートルよりも深い地層の中に閉じ込める方法が有力で、日本でも候補地の選定に向けた作業が進んでいる。要件と基準は固まってきたが、最終決定は20年以上も先になる。(2017/3/3)

インフル罹患で格闘技イベント無期限出場停止 「健康管理がなってない」「処分が厳しすぎる」ネットで賛否両論
運営に裁定の背景を聞いてみました。(2017/2/8)

0.5歩先の未来を作る医療IT
電子カルテへの期待と現実のギャップを埋める3つの方法
電子カルテの導入がうまくいかない理由は、紙カルテの業務フローが現場に残っているせいかもしれません。解決のヒントは「紙は残さない」「電子カルテ操作はクラークに任せる」「過去カルテの処分」です。(2017/1/30)

将棋棋士の三浦九段が将棋連盟に不満の意 「休場の申し出はしていない」「元の状態に戻してほしい」
“出場停止処分を妥当”としたことには「将棋連盟に寄り添ったものであり、極めて不当」とコメント。(2016/12/27)

三浦九段の将棋ソフト“不正使用疑惑”は「証拠なし」 ただし出場停止処分は「やむを得なかった」
プロ棋士の三浦九段が対局中に将棋ソフトを不正使用した疑いで、第三者調査委員会が「不正行為に及んだと認めるに足る証拠はない」と判断。(2016/12/26)

不起訴のASKAさん、ブログ更新 「すべての行動には、理由があります」
不起訴処分となり釈放された歌手のASKAさんがブログを更新。「不起訴でした。」という見出しだ。(2016/12/20)

電通が「自浄能力がない」とNHK取材に答えた社員を懲戒処分か 「やはり自浄能力がないのでは」の声多数
電通広報はノーコメントでした。(2016/12/1)

「スマホ不正疑惑」で騒動続く三浦九段、処分後初の不戦敗が確定 将棋連盟「第三者委の判断を待つしかない」
第三者委は調査を進めているとのこと。(2016/11/18)

コミケ運営がサークルチケット、駐車場券の転売に警告 要請に応じない場合、コミケ入場禁止処分も
1〜3万円の高額で交換されているもよう。(2016/11/2)

環境だけではなくユーザー企業のコスト削減にも効果
買い取られた中古スマートフォンはどのように活用されているのか? その意外に多様な活用法
新しいスマートフォンの発売に合わせ、まだ使える従来モデルを処分する企業は少なくない。スマートフォンのリサイクルは環境だけでなく、コスト削減においても大きな効果がある。(2016/10/20)

「将棋ソフト不正使用の疑い」に三浦九段が反論 「適正な手続きによる処分とは到底言い難い」
騒動をめぐって年内の出場停止が決まっていました。(2016/10/18)

将棋棋士の「スマホ不正」疑惑と「出場停止処分」について思うこと
将棋界で起きてはならないことが起きた。棋士の不正疑惑とその影響を考える。(2016/10/13)

墓場まで持ってけ、黒歴史! 司法書士がオタクの死後、同人グッズやPCデータを処分してくれるサービスを開始
今後はSNSに特化したサービスの展開も検討しているとのことです。(2016/10/7)

「市職員が格ゲー世界大会で優勝」掲載の朝日・上毛新聞が記事を削除し謝罪 今後の処分などは検討中
出来心でついたうそで引くに引けず……。(2016/9/28)

ホーム飛び降り車掌の処分撤回を求める嘆願書に賛同者4万人 近鉄に対応を聞いた
車掌の処分撤回を求める署名運動がインターネット上で行われている。これに対し近畿日本鉄道の対応は?(2016/9/27)

高架下飛び降りの車掌に寛大な処分を求める声 近鉄「そもそも処分を行うかどうかすら未定」
回復次第車掌から話を聞く予定とのことです。(2016/9/23)

週末アキバ特価レポート:
今回は早い者勝ち! オリオが「ストレージ処分市」を開催
9月10日、オリオスペックが大量のNASキットやRAIDカードを放出特価で売り出す「ストレージ処分市」を開催する。恒例のアウトレットセールと違い、今回は早い者勝ちでいくとのこと。(2016/9/10)

運転台に足を上げた姿勢で新幹線を運転 JR東海、運転士を処分へ
東海道新幹線の運転士が、運転台に足を上げた状態で運転をしていたとしてJR東海が「厳正に対処」。(2016/9/8)

Fukase「親の影響があるのかもしれない」 SEKAI NO OWARIが動物殺処分ゼロプロジェクトを立ちあげ
「自分がやれることで誰かが喜んでくれるのは楽しい」とFukaseさん。(2016/9/2)

Twitterにユーザーの個人情報を故意に書き込み 大炎上の「ゴルスタ」が謝罪 担当者は減給処分に
「極めて軽率な行動で弁解のしようもないもの」と謝罪しています。(2016/8/31)

「ポケモンGO」処分受けたアカウントを一部停止解除 外部マップツール利用に関連
外部のマップツールを使用していて停止措置を受けたアカウントが解除の対象となる。(2016/8/30)

「第三者保守×中古IT機器買取」で生まれる価値:
PR:そのIT機器の処分・廃棄、ちょっと待った! ハードウェア保守会社が提案する、新たな資産活用のカタチ
近年、仮想化やクラウド化の広がりで、使われなくなったIT機器が急増している。そうした機器はコスト負担を覚悟で処分するのが一般的だが、新たな価値を提供してくれる企業があるのをご存じだろうか?(2016/8/22)

「千羽鶴の処分費に毎年1億円」は事実誤認 宝島社「ボランティアという病」重版分からは修正へ
「千羽鶴の処分に本当に1億円もかかるのか」など一部で指摘されていました。※追記(2016/8/19)

自然エネルギー:
木質バイオマス発電で3万世帯分の電力、リニア新幹線の残土処分地に
山梨県の大月市で大規模な木質バイオマス発電所の建設工事が始まった。市内を走るリニア新幹線の実験線の工事で発生した残土の処分地を活用する。2年後の2018年8月に運転を開始して、年間の発電量は3万世帯分に達する見込みだ。燃料の木材は周辺地域の剪定枝や間伐材を調達する。(2016/8/15)

「ポケモンGO」 位置情報の偽装など不正プレイに一斉処分か
「アカウント停止に対する申し立て」ページを公開しています。(2016/8/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。