ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「たばこ」最新記事一覧

きっかけはTV番組「アメトーク」:
フィリップモリス、加熱式たばこiQOSの販売戦略
従来のたばこに代わる製品に──とフィリップ・モリスが社運を賭ける「iQOS」。最初の市場として日本を、そして意外な場所──名古屋を選んだ、(2017/12/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
受動喫煙防止法の廃案が逆に飲食店を苦しめる?
厚生労働省が受動喫煙防止法案を骨抜きにする代替案の検討を開始するなど、同法案が事実上の廃案となる可能性が出てきた。飲食店の経営を守るというのが建前だが、一連の動きは、別な形で外食産業に影響を与える可能性がある。それはデリバリービジネスの急拡大である。(2017/12/28)

臨床試験に不備か:
加熱式たばこiQOS、臨床試験に科学者が問題点を指摘
米食品医薬品局(FDA)は、フィリップモリスが開発する加熱式たばこ製品の発売を承認するかどうか検討を行っている。(2017/12/27)

日本のアニメ抗争を刑事ドラマにした海外動画がCrazy 「人質は抱きまくら」「地下遊戯王カードで死ぬ」
タバコ代わりにポッキーをくわえる世界。(2017/12/26)

駅と電車内のマナーに関するアンケート結果が発表 「迷惑行為ランキング」で1位となった迷惑行為は?
「喫煙」「車内での化粧」などもランクインしています。(2017/12/23)

人気過熱の加熱式たばこは“安全”か? 専門家「発がん物質は含まれている」
「iQOS」などの加熱式たばこが人気を集めている。煙が出ず、有害な化学物質の発生量が少ないといった特徴が人気の理由だが、その有害性をめぐり、専門家からは「発がん性物質が含まれている」「ニコチン依存から脱却できない」などの指摘もある。(2017/12/20)

なんで1000円も? 「森林環境税」という名の増税 消費増税で所得はウン十万の目減り
年末の税制改正に向けて増税論議のオンパレードだ。年間千円の税金を徴収する「森林環境税」と呼ぶ増税案が決まる見通しだ。そのうえ、サラリーマン世帯の給与所得控除の削減やたばこ税の増税までも実施される方向だ。(2017/12/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
こういう煙草もあり? 空想世界の煙草をまとめた同人誌『ドルゼムカン架空煙草図鑑』
妄想が捗る。(2017/11/26)

加熱・電子タバコは「紙巻きタバコと同じく推奨できない」 呼吸器学会が見解表明
タバコには変わらないことを意識して使うべきでしょう。(2017/11/20)

乳幼児による「加熱式たばこ」の誤飲事故に国民生活センターが注意喚起
たばこ葉部分が誤飲しやすい形状だとしています。(2017/11/18)

『賭博黙示録カイジ』と電子タバコ「eS magic」がコラボ……! 圧倒的電子タバコっ……!
カイジも体を気にする時代。(2017/10/23)

最多は「完全分煙」:
社内喫煙「全面禁止」は約2割 規制を不安視する声も
日本企業で禁煙制度の導入はどれほど進んでいるのか?――帝国データバンク調べ。(2017/10/17)

都が「受動喫煙」防止条例の基本方針発表 屋内は居酒屋含め全面的に禁煙 開始は2019年秋までに
食堂や居酒屋など「飲食店」は、喫煙専用室ならOKという「原則禁煙」に分類。(2017/9/8)

年上女性への憧れがここに……! 美人な先輩さんと童貞の後輩君が出会う漫画「シガレット&チェリー」の連載がスタート
喫煙所で始まる恋があってもいいじゃない。(2017/8/29)

iQOS追撃:
英BATの加熱式たばこ「glo」、10月2日から全国販売
British American Tobacco(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ)の日本法人は、加熱式たばこ「glo(グロー)」の全国販売を10月2日に開始する。(2017/8/24)

インタビュー:
東京都、受動喫煙防止策制定へ=小池都知事
小池都知事は、都で受動喫煙防止条例の制定に向け作業中であることを明らかにした。(2017/8/8)

タバコの焦げ跡や染みをデザインした「ドキッとするしおり」商品化 「本への愛情」求めて
何気なく挟んだしおりにドッキリ。(2017/7/24)

火山島の煙をあおぎながら「機内禁煙」 ニュージーランド航空の機内安全ビデオが壮大なスケール
シートベルトや酸素マスクの使いかたも、ニュージーランドの美麗な景色を舞台に展開。(2017/7/13)

先行するiQOS追撃:
JT、加熱式たばこの都内販売開始へ メリット強調し巻き返し
JT は、火を使わない新型たばこ「プルーム・テック」の東京での販売を開始する。(2017/6/28)

紙巻きから100万人切り替え:
「IQOS」がLINEと提携 盛り上がる加熱式たばこ市場
加熱式たばこ「IQOS」を展開するフィリップモリスジャパンがLINEと提携。ユーザーとのコミュニケーションにLINEを活用する。加熱式たばこ市場は参入企業が相次ぎ、盛り上がりを見せている。(2017/6/8)

スピン経済の歩き方:
日本の生産性が低いのは「たばこ後進国」だから?
数年ほど前から「日本企業の生産性が低い」といった話をよく耳にする。労働時間を短縮したり、効率化を図ったり、さまざまな取り組みをしているが、喫煙者の問題はあまり話題にならない。仕事中に「ちょっと一服」と言って、何度も離席する人は生産性がいいのだろうか。(2017/6/6)

競争激化へ:
BAT、加熱式たばこ「glo」販売を東京・大阪・宮城へ拡大
BATは加熱式たばこ「glo(グロー)」の販売地域を、7月3日から東京都、大阪府、宮城県全域に拡大する。(2017/5/30)

インタビュー:
新型たばこ、18年末に200億本の生産体制へ=JT社長
JTの小泉社長は、火を使わない新型たばこ「プルーム・テック」について、2018年末までに約500億円を投資し、紙巻きたばこ換算で約200億本の生産体制を整えると述べた、。(2017/5/30)

18年上期には全国展開:
JT、「プルーム・テック」専門店を銀座や新宿で展開へ 
JTは、無煙たばこ「プルーム・テック」のデバイスと専用たばこカプセルの東京での販売開始に際し、専門店を銀座や新宿などに展開する。(2017/5/23)

受動喫煙対策強化の方針で:
飲食店での完全禁煙化、賛成? 反対?
飲食店での完全禁煙化、どう思う?――インテージ調べ。(2017/4/20)

「わかば」「エコー」など旧3級品たばこが30円値上げへ 200円台は「ゴールデンバット」のみに
今後もたばこ税率の引き上げの都度、段階的に価格を見直すようです。(2017/1/30)

4月1日から:
JT、「わかば」など30円値上げ
日本たばこ産業は、旧3級品の国産6銘柄を、4月1日から1箱(20本入り)30円値上げする。(2017/1/27)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

厚生労働省が受動喫煙対策法案を提出へ 飲食店など原則禁煙、オリンピックに向けて
2020東京オリンピックのおもてなし、受動喫煙防止強化で禁煙エリアの規制などはどう変わる?(2017/1/17)

北九州モノレールの線路に中学生が立ち入り 寝そべり・喫煙など動画投稿で炎上
北九州モノレール「警察に報告・相談中です」(2017/1/14)

渋谷ハチ公前の喫煙所が撤去されタバコのポイ捨て激増 ネットで賛否両論、渋谷区は「喫煙者のマナーの問題」
喫煙所の撤去そのものを批判する声に対し、ポイ捨てそのものが悪いとする声も。(2016/12/21)

西宮市長が「中高生の頃タバコを吸っていた」発言について、ブログで経緯説明 撤回・謝罪は行わない意向
「きれいごとじゃない話をしないと彼らへの敬意を欠いていることになる」。(2016/12/20)

禁煙の重要性高まる 喫煙で“遺伝子の突然変異”増加と国立がん研究センターなどが発表
たばこの発がん物質によって“間接的に”変異が誘発されるがんも発見されています。(2016/11/4)

厚労省、建物内は原則禁煙&違反者に罰金の方針で検討 ホテルや飲食店から「喫煙席」無くなるか
公共施設の屋内は、分煙すら認めない原則禁煙となるかも。(2016/10/13)

「受動喫煙は気配りではなく、健康被害の問題」 受動喫煙に対するJTコメントにがん研究センターが反論
「たばこの煙にさらされることは、人々の健康に危害を与えることと、社会全体に強く認識されるべき」と語っています。(2016/9/28)

牙突しなさそう? 新選組・斎藤一の肖像写真が初公開 家族写真など5点が展示される
個人的には煙草と牙突のイメージでした。(2016/9/16)

受動喫煙の肺がんリスク約1.3倍に高まると国立がん研究センター リスク評価を「ほぼ確実」から「確実」に引き上げ
複数の論文を統合、解析し、統計学的に有意な関連があることを発表。(2016/8/31)

受動喫煙の肺がんリスク評価「ほぼ確実」から「確実」へ 国立がん研究センター発表
国立がん研究センターは8月31日、日本人の受動喫煙による肺がんリスク評価を「ほぼ確実」から「確実」へアップグレードした。(2016/8/31)

イケメンゴリラのシャバーニ、ネギをくわえる食事風景がたばこをふかしているようでやっぱりイケメン
今年の10月には20歳になります。(2016/8/23)

コンビニ探偵! 調査報告書:
どうなる? コンビニのたばこ販売
2016年4月、JTが主力ブランドの「メビウス」と旧3級品のたばこを値上げした。今回は、たばこの値上げがコンビニの売り上げにどう影響するのかを分析してみよう。(2016/8/23)

男性の喫煙者率、初めて3割切る 健康意識の高まりなど要因
JTによると、男性の喫煙者率が3割を下回った。(2016/7/28)

JT、エチオピアのたばこ最大手に出資 海外事業を強化
日本たばこ産業はアフリカ・エチオピアのたばこ会社、National Tobacco Enterprise Ethiopia(NTE)の株式40%を5億1000万ドル(約540億円)で取得した。(2016/7/19)

いつになったらできるんだよ! 狩野英孝またもタバコ手品に失敗して「アッチィッ!」
約1か月ぶり、2回目の失敗(2016/6/26)

中国のたばこ販売数量、過去20年で初めての減少 ユーロモニター調べ
世界のたばこ消費の45%を占める中国が減少に転じ、世界市場に大きな影響を与える可能性があるのだという――。ユーロモニター調べ。(2016/6/23)

たばこのパッケージ 画像付きの警告表示に7割が賛成
警告表示の面積拡大や画像付きで警告することに賛成だった人が7割――国立がん研究センターの調査で分かった。(2016/5/30)

「アッチッ!」 狩野英孝さん、タバコ消しマジックにドヤ顔で挑戦するも悲しい結末を迎える
途中まではノリノリだったのに。(2016/5/25)

コンビニ探偵! 調査報告書:
コンビニオーナー的にはちょっとうれしい「たばこのオマケ中止」
先日、たばこのオマケが中止になるという報道があった。オマケとは、ライターや缶コーヒーなどだが、なぜたばこのオマケは駄目なのだろうか。(2016/5/23)

何この禁煙強制マシン! 一定時間経つまでタバコが取り出せない魔道具「タバコ禁庫」が発売
我慢できぬならいっそのこと封印というスタイル。(2016/4/25)

1箱1500円の「ピース・クラシック」発売
日本たばこ産業(JT)は1箱1500円の「ピース・クラシック」発売する。(2016/4/12)

コンビニ探偵! 調査報告書:
2020年、コンビニから「エロ本」「タバコ」が消えてしまうかもしれない
コンビニはたくさんの商品を扱っているが、消えていく商品も数多い。販売不振で撤去されるだけでなく、「反社会的なモノを置いていていいのか!」といった世論の声を受けて、消えていく商品もあるかもしれない。それは……。(2016/3/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。