ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アイドル」最新記事一覧

女性大食い界のギャル枠も狙えるな! 大食いアイドルもえのあずき、黒髪パッツン封印で新たな可能性を見いだす
ギャル曽根ポジ狙えるな。(2018/2/16)

なぜ「ちゆ12歳」はバーチャルYouTuberとして復活したのか 「元祖バーチャルネットアイドル」が2018年に思うこと
なぜ突然バーチャルYouTuberになろうと思ったのか、今後はどのような活動を予定しているのかなどを聞きました。(2018/2/16)

バーチャルアイドル「ちゆ12歳」がバーチャルYouTuberデビュー バーチャル芸歴は17年の大ベテラン
インターネット老人会がざわつく。(2018/2/14)

戦闘力はゼロ? 南明奈、春麗コスで衰え知らずのアイドル力を発揮する
ブレイク当時にはなかった大人の魅力。(2018/2/11)

アイマス新作「シャイニーカラーズ」今春公開 スマホ向けブラウザゲーム
バンダイナムコエンターテインメントが、スマートフォン向けブラウザゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ」を2018年春に公開する。(2018/2/7)

アイマス新作「アイドルマスター シャイニーカラーズ」春スタート スマホ向けブラウザゲームに
アイドルを育成して、他のプロデューサーとライブ対戦。(2018/2/7)

ルノワールの絵画に「最強の美少女(センター)」 展覧会のアイドルなキャッチコピーに賛否
ねらいは伝わってくる。(2018/2/6)

スケスケじゃないですか! グラドル朝比奈祐未の「透明に見えるビキニ」が発想の勝利すぎる
あなたにはどう見える?(2018/2/3)

“無期限活動停止”:
アイドル雑誌「Top Yell」休刊 ネット上で感謝の声
竹書房が、アイドル雑誌「Top Yell」を6日発売の2018年3月号を最後に休刊すると発表した。休刊理由は「諸般の都合」という。ネット上では感謝の声が集まっている。(2018/2/1)

アイドル界の逸材現れたな! 永遠の17歳、地下アイドルEmi-chanがいろいろ“アウト”なのは
きゃーのきゃーの。(2018/1/29)

カワウソ界のアイドル・ちぃたん初のフォトブック『カワウソちぃたん』発売
お顔もしぐさもかわいいです。(2018/1/23)

レジェンドグラドル大集合! 山田まりや、かとうれいこ、細川ふみえの3ショットが“俺たちの青春”を呼び覚ます
イエローキャブ懐かしい。(2018/1/17)

2017年度最も愛されたアニメを決める「アニメファン賞」、投票開始! 現在1位は「ユーリ!!! on ICE」
現時点2位は「アイドルマスター SideM」。(2018/1/16)

「アイドルマスター ミリオンライブ!」終了へ 3月19日に幕引き
バンダイナムコが提供しGREEが配信するアイドル育成ゲーム「アイドルマスター ミリオンライブ!」が、3月19日にサービスを終了する。(2018/1/16)

GREE「アイドルマスター ミリオンライブ!」は3月19日に終了 課金は2月15日まで
Pのみなさん、最後まで楽しみましょう……。(2018/1/15)

女の子の足の裏の味を再現したから揚げだと……? アイドル「仮面女子」×から揚げ専門店「天下鳥ます」で爆誕
(からあげが)美味しそう。(2018/1/13)

「ぴったりニットの破壊力」 グラドル菜乃花、巨大化するIカップでファンを釘付けにする
最後まで信じきる純粋なファンも。(2018/1/11)

商店街に活気を:
「口裂け女」を岐阜のアイドルにした、地元経営者の“本気”
岐阜市の「柳ケ瀬商店街」に活気を取り戻すために、地元経営者らが注目したのは昭和の都市伝説「口裂け女」。口裂け女をテーマにしたお化け屋敷が、町おこしの事例として注目されている。どのように人々に受け入れられたのか。(2018/1/9)

nao、妻おかもとまりの過去写真に「丸い、アイドルっぽい」と驚き おかもと「今より3キロ体重ありました…」
ある日突然出て来るんだよね、過去の写真って。(2018/1/7)

18歳の元アイドルがTwitterで妊娠報告 「相手はマネージャー」にファン騒然、これからも活動は継続
2年の交際の末に妊娠。出産は来年6月ごろの予定です。【訂正】(2017/12/28)

「崎陽軒シウマイ弁当」の食べ方をガチ取材した同人誌第2弾が冬コミに アイドル・もえのあずき、声優・安元洋貴の食べ方とは?
今回はいろんな分野の人たちに取材しています。(2017/12/24)

「V6」岡田准一の結婚報道 ネットでは「櫻井翔縁結び神社説」再び
さらに神格化するアイドル、櫻井翔さん。(2017/12/23)

日本は「いつのまにかアニメ後進国」:
アイドルが登場するのは「ガンダムファンが嫌いそうだから」 「マクロス」河森監督の企画論
「アイドル×ロボット×戦争」で“ロボットアニメ観”に風穴を開けた「マクロス」シリーズ。河森正治監督はいかにしてマクロスを生み出したのか? キーワードは「ガンダムじゃないもの」だ。(2017/12/22)

雑誌『AERA』が再びネコ化 グラビアも特集記事もネコちゃんだらけの1冊に
「石破茂・元防衛大臣が政界で一番ネコに好かれてる」説も検証します。(2017/12/21)

ITりてらしぃのすゝめ:
「許されるデマ」はあるのか? 人気アイドルの訃報で“揺れる”Twitterへの違和感
「情報は正確に。ソースも明示しよう」という考えはもう古いのか? 「感情共有サービス」としての側面が目立ち始めたTwitterについて考える。(2017/12/20)

『週刊朝日』が丸ごと1冊ネコ特集 岩合光昭さん撮影のネコちゃんが表紙とカレンダーに
グラビアやコラム、連載漫画にもネコが登場します。(2017/12/19)

「イブの夜に来てくれないかな」 熊田曜子、ミニスカサンタコスで“クリぼっち”メンズに夢を見せる
さすがグラビア界のレジェンド。(2017/12/16)

先行発売で1000個完売! 爬虫類界のアイドル「レオパードゲッコー」がカプセルトイになって登場!
そんな瞳で見つめないで! そろえたくなっちゃう…っ!(2017/12/15)

ビールを1500日飲み続けたグラドル、笑顔しかないインスタがとっても幸せそう
すごいね人体。(2017/12/14)

「みんなが繋いでくれた20年」 モー娘。オリメンが18年ぶりに復活、本番後のブログで思いを明かす
なっちのアイドル力すごすぎた。(2017/12/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
なぜスシローは「スイーツ」に力を入れるのか
下校時間、部活帰りにスシローへ来店する学生たち(特に女子大生)が増加しており、ランチとディナーの間のアイドルタイムの集客力が上がっている。なぜなのか。今回はスシローが注力する商品改革について考察する。(2017/12/12)

セガ、新作「アイドル育成」ゲームアプリ開発
セガゲームスが、アイドルを育成する新作スマートフォンアプリを開発。(2017/12/11)

神企画じゃないですか! 欅坂46長濱ねるの「50音チャレンジ」が全打席ホームラン級のアイドル力
ら行が難しそう。(2017/12/9)

「欅坂46」など台頭:
恒例「オタク市場」調査 新スター登場でアイドル市場は拡大
矢野経済研究所が恒例の「オタク市場」調査結果を発表。アイドル市場は「ジャニーズ」「AKB48」が支えるとともに、新スターの台頭もあり、拡大傾向にある。(2017/12/5)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グラドルの“例のポーズ”ほど緩くない赤字が続くソフマップ
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/12/4)

「カイジ」を実写化した年末特番、出場者がガチすぎてざわ……ざわ…… 地下アイドル「きらら」など12人
最多借金8億円。【訂正】(2017/11/30)

転職バーのハルカさん(5):
PR:悩んでたって始まらない――ジャンプするのよ、「グラスホッパー」のように
「シュウヘイ」は煮え切らない男。転職活動で内定をもらっても、グズグズ迷ってチャンスを逃してしまう。そんなシュウヘイを見かねた「転職バー」のバーテンダー「ハルカさん」は、彼に巣鴨限定アイドル「ファンシーメタル」のプロデュースを持ち掛ける。夢に向かってチャレンジする彼女たちを見て、シュウヘイ発奮!……できるかな?(2017/11/30)

夢アド京佳、パワードスーツで剛腕仕様に魔改造 「剛腕アイドル握手会」開催へ
「心をわしづかみにするアイドルの誕生です」。(2017/11/24)

46周年、46人、46作品:
講談社「乃木坂文庫」フェア好調 「46」尽くしのコラボ
講談社の「乃木坂文庫」フェアが好調。創刊46周年を記念しアイドルグループ「乃木坂46」とコラボした「46」尽くしの企画。販売担当者に反響の大きさを聞いた。(2017/11/21)

借金重ね、地下アイドルに注ぐ 「成功支えたい」が、ファンが増えると「嫉妬」
ファンとの距離が近い秋葉原の地下アイドルに癒やしを求めたある男性会社員。カードローンに手を出し、消費者金融でも借金を重ねた。(2017/11/21)

依存〜歪んだアイドル崇拝(5):
「ファンで1番に」借金重ね 彼女の夢は自分の夢 「情移った」
野本博樹(35)=仮名=はファンとの距離が近い東京・秋葉原の地下アイドルに癒やしを求めた。しかし約7年前に手を出したのがカードローンだった。(2017/11/21)

依存〜歪んだアイドル崇拝(4):
“触れあえる”地下アイドルだけが「日常忘れさせてくれた」
今夏のある日。東京の大型ショッピングモールの野外会場に、会社員の野本博樹(35)=仮名=はいた。視線の先には女性アイドルがいた。(2017/11/20)

依存〜歪んだアイドル崇拝(3):
39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 不満忘れられる夢の空間「すべて嵐」
3人の子供を育てながら学校給食の配膳のパートで働く大阪市の女性(39)。は年がいもなく、人気アイドルグループ「嵐」にのめり込む自分がやや常軌を逸しているという自覚はあるという。(2017/11/17)

“触れあえる”地下アイドルだけが「日常忘れさせてくれた」
「地下アイドル」に入れ込んだ男性。ライブチケットを大量に買い込んだり、プレゼントをしたり……。気づけば負債額は500万円に。既に返済したが、長期延滞でクレジットカードは今も使えない(2017/11/17)

765プロのアイドルが見事なパンケーキアートに ハッシュタグ「ホットケーキ裏返しチャレンジ」にプロ降臨
イタリア料理店「レストラン ラ・リチェッタ」の店長が本気出したぞーっ!(2017/11/16)

依存〜歪んだアイドル崇拝(2):
中年男 待ち伏せ、つきまとい 非難、逆上「これが注いだ愛情の答えですか」
個人活動も含めると2千組近くに上るとされるアイドルに「愛情」を注ぎ込むあまり、行為がどんどんエスカレートし、ついには犯罪行為へとつながるケースも少なくない。(2017/11/16)

39歳主婦「夫がもう少し構ってくれたら」 「嵐」にのめり込む理由
3人の子供を育てながら学校給食の配膳のパートで働く大阪市の川上潤子(39)=仮名=は、人気アイドルグループ「嵐」にのめり込む自分がやや常軌を逸しているという自覚はあるという。(2017/11/16)

中年男 アイドルにつきまとい、逆上……「これが注いだ愛情の答えですか」
アイドルに「愛情」を注ぎ込むあまり、行為がどんどんエスカレートし、ついには犯罪行為へとつながるケースも少なくない。(2017/11/15)

依存〜歪んだアイドル崇拝(1):
「AKB商法」ファン暴走 のめり込み、ストーカー・万引き
アイドルは個人活動も含めると2千組近くに上るとされ、身を崩すほどのめり込むファンも少なくない。なぜ彼らは“崇拝”するのか。(2017/11/14)

D2Cと資本業務提携:
BNK48が登場、東南アジアのインフルエンサーマーケティング企業「Gushcloud」が日本法人を立ち上げ
D2CとGushcloud Japanは、Gushcloud Japanのオープニングイベントを開催。女性アイドルグループ「BNK48」のメンバーなど、東南アジアのインフルエンサーも登壇した。(2017/11/13)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。