ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入院」最新記事一覧

消えるがん 消えないがん:
がん患者が陥りやすい民間療法という“幻想”
がん患者が陥りやすい“幻想”がある。も民間療法を選ぶ患者がいるのはなぜか。(2017/7/27)

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が怒りの提訴 「異性介護」の顛末
「口に口が入ってきた!」――大阪府内の病院で、入院中の90代女性が男性職員にわいせつな行為をされたとし、病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こした。(2017/7/27)

機密性とセキュリティも改善
臨床医も満足、看護師主導で開発されたモバイルアプリ
英国の医療機関では、看護師が開発を主導したモバイルアプリが成果を挙げている。病棟全体の状態を簡単に確認できるようになり、臨床医の診察にも活用されているという。(2017/7/25)

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

「F1優勝」目指す11歳女子レーサー 「怖いと言っていたらなれない」
「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」――元F1ドライバーの野田英樹さんの11歳の次女・樹潤さんが歩みを進めている。(2017/7/14)

PR:「もう油ものがつらい」という人に胃もたれが起こる仕組みを「ブラック企業」に例えてみた
うわっ……私の体内、ブラック企業かも……?(2017/7/3)

「ガールズ&パンツァー」コンサート出演予定歌手が緊急入院 出演を取りやめ
台湾で開催される「Anisong World Matsuri Presents「Lantis Party 2017 〜UTAHIME LIVE〜」への出演もとりやめに。(2017/6/22)

「なんで車が飛んでくるのか……悲鳴」 添乗員、事故の瞬間を語る 運転手の夫は重傷
東名高速で乗用車が観光バスと衝突した事故で、バス添乗員で運転手の妻・山本梅予さんが記者会見し、当時の状況を振り返った。(2017/6/15)

UberのカラニックCEO、期間未定の休職へ
セクハラ問題発覚後、社外に内部調査を依頼したUberがその結果報告および改善案を全社会議で発表する前に、トラヴィス・カラニックCEOが休職を宣言した。(2017/6/14)

財津和夫「大腸がん」を公表、チューリップ45周年公演を中止し治療専念
来年には活動を再開する意気込みも。(2017/6/2)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)

IPAが「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催、申し込みは2017年5月29日まで:
サイバー犯罪対策の最前線に立つキャンプ特別講義が伝える「“技術”とは何か」
IPAが「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催。2017年5月29日12時まで参加者を募集している。全国大会では、実機を用いた実習やディスカッションに加え、サイバー犯罪対策の最前線に立つプロフェッショナルによる講演なども行われる。(2017/5/23)

スピン経済の歩き方:
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
関西国際空港の近くにある病院を目指して、わざわざ海外からやって来る人が増えている。病院名は、IGTクリニック。がん治療専門のクリニックに、なぜ外国人の患者が増えているのか。その理由は……。(2017/5/23)

米ミシシッピ大学の地下から約7000もの遺体が発見 調査費に3億円以上
慰霊碑と研究施設を併設予定。(2017/5/19)

「奇跡的と言われる程の早期発見」 中村獅童、初期の肺腺がんを発表
入院・手術のため、6月の博多座と7月の歌舞伎座を休演するとしています。(2017/5/18)

YOSHIKI、人工椎間板置換の緊急手術は成功 術後間もなくスタジオに向かう執念
頚椎人工椎間板置換の緊急手術は数時間におよんだものの、容体は安定。(2017/5/17)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回
IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

対策は国の安全保障問題:
感染危機 薬が効かない:「聖なる大河」に漂う耐性菌
インドのガンジス川で高濃度の耐性菌遺伝子が見つかったとの研究が発表された。抗菌薬、いわゆる抗生物質が効かない耐性菌が人類の脅威となりつつある。(2017/5/8)

「惜しかったな、後1本で10本やったのに」 木から落下し骨折の間寛平に村上ショージが愛あるイジリ
早く回復しますように。(2017/5/5)

「今までの人生の中で一番の幸せ」 近藤千尋、第1子女児出産を報告
ジャンポケ太田「妻に感謝の気持ちで一杯」(2017/5/4)

稀有な病「CAEBV」で逝去した声優・松来未祐さん 「世界仰天ニュース」で闘病生活を特集
所属事務所「放送を機により多くの方々にCAEBVを知っていただける事を願っております。」(2017/5/3)

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──訪問看護師、対策急務
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

「グレーちゃんです」 相棒のAIBOをかわいがる黒柳徹子が何だかかわいい
「あたしに会ってうれしい?」(無言で首を横に振るAIBO)。(2017/4/15)

引きずり降ろされた際に負傷:
ユナイテッド航空の被害男性、提訴の公算 鼻骨折し歯2本折る
ユナイテッド(United)航空の被害男性は同社を提訴する公算が大きい。(2017/4/14)

UEMのトレンドに逆らうApple製品管理ベンダー
「iPhone」「Mac」さえ管理できれば「統合エンドポイント管理」(UEM)は不要なのか?
クライアント環境が多様化する中、さまざまなデバイスを一括管理できる「統合エンドポイント管理」(UEM)の重要性を指摘する声がある。一方で、Apple製品管理に特化し続ける企業も存在する。(2017/4/7)

音声認識で医師のオーダーを確認
電子カルテの入力ミスが3割減、AIアシスタントは医師をどう支えているのか
医師は多くの業務に追われ、必要なオーダーを出し忘れることがある。こうした状況を改善すべく、人工知能(AI)を導入し、医療ミスの回避に役立てている米国の長期急性期病院の事例を紹介する。(2017/4/6)

フォークシンガー加川良さん死去、69歳 長男・gnkosaiさんは父との2ショットを公開
「急性骨髄性白血病」を患っていました。(2017/4/5)

TechFactory 1周年記念特別企画:
どうしても気になる! ニッポン製造業のガラパゴス化問題と「Nintendo Switch」採用技術
「TechFactory」開設1周年を記念して、サイトがオープンした2016年4月4日から2017年4月3日までの期間で掲載されたTechFactoryオリジナルコンテンツの人気/注目記事ランキングを発表します。きっと気になる記事が見つかるはず!?(2017/4/4)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准がまさかのシンガーデビュー!? 特設サイト上で本人による新曲が公開
やだ、かっこいい……。(2017/4/1)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

「アニメは後でいいでしょ!」 ご主人が大好きなワンコの構ってビーム
(2017/3/14)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療クラウドと遠隔診療の規制緩和は医療のIT化を後押しするのだろうか?
クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。(2017/3/15)

人工知能ニュース:
「AIの民主化」掲げる米国ベンチャーが日本進出、機械学習の結果も説明可能に
米国のAIベンチャー・データロボットが、「AIの民主化」を掲げ、日本市場での事業展開を本格化する。既に東京オフィスを開設しており、2017年度末までにデータサイエンティストを中心に人員を10人以上に増員する計画だ。(2017/3/1)

加護亜依が第2子男児出産を報告 「小さな小さなこの命を大切に」
おめでとうございます。(2017/2/23)

加護亜依、第2子出産に備えて入院を報告 「遂に....来たような気がします」
18日には、ビヨンセならぬ“カゴンセ”ショットを投稿していました。(2017/2/23)

“分身ロボット”で遠隔地から結婚式“参列” 「OriHimeブライダル」正式スタート
結婚式に参列できない人が、分身ロボット「OriHime」を使って式に“参加”できるサービスが正式にスタートした。(2017/2/22)

医療機器ニュース:
リハビリセンターでウェア型生体センサーの実証実験を開始
藤田保健衛生大学は、東レ、NTT、NTTドコモとともに、ウェア型生体センサー「hitoe(ヒトエ)」を活用した「リハビリ患者モニタリングシステム」の有効性を検証する共同実験を開始した。(2017/2/20)

部屋から波が打ち寄せてくる……! リアルすぎる仮想現実の海に「なんだこれ」「ドラえもんの道具みたい」の声集まる
名古屋造形大学の卒業制作展にて展示され、作品を撮影した動画がTwitterで話題になっています。(2017/2/18)

難病の親友を救うためギャグをかまし続ける女子高生 漫画「NKJK」がコメディなのに切ない
漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第81回。幼馴染のためにピエロになりきる彼女は救われるのか。(2017/2/18)

「しっかりと話し合いたい」 C.W.ニコル、娘の逮捕に心痛のコメント
自身も直腸ガンの手術のために入院しており、テレビで逮捕を知る。(2017/2/10)

クラウドで薬剤給付管理システムを最適化
高額医療費問題をどう解決? Apple元CEOジョン・スカリー氏の挑戦
AppleとPepsiCoでCEOを歴任したジョン・スカリー氏は、クラウド技術を活用してスペシャリティドラッグ(専門医薬品)の価格を抑え、医薬品の流通とビジネスサイクルを最適化することを目指しているという。(2017/2/8)

「hitoe」活用:
“着るセンサー”で治療の質向上へ ドコモなど実証実験
東レ、NTT、NTTドコモが、医療型ウェアラブルセンサーの実証実験をリハビリ施設で行う。患者の生体情報を取得し、治療の質の向上につなげる。(2017/2/6)

「節分の豆は3歳ごろまで食べないで」――窒息の恐れ、消費者庁が注意喚起
豆まきをする節分に合わせ、消費者庁が3歳ごろまでの子どもには乾いた豆を食べさせないように注意喚起。豆の破片が気管に入り窒息する恐れがあるという。(2017/2/3)

優木まおみが第2子となる女児を出産 ブログには赤ちゃんの写真も
優木さんは2013年に結婚、翌年長女を出産しています。(2017/1/26)

“いま”が分かるビジネス塾:
飲食店の全面禁煙は仕方ないのか
政府は、東京オリンピックに向けて飲食店の全面禁煙(喫煙室の設置は可)を目指すなど、諸外国(先進国)並みの受動喫煙対策を実施しようとしている。飲食店などからは反対意見が相次いでいるが、今回のタイミングを逃してしまうと、本格的な受動喫煙対策の導入は困難とも言われている。国会審議の行方に目が離せない。(2017/1/25)

俳優・松方弘樹さん脳リンパ腫のため死去 昨年から闘病続ける
1991年「江戸城大乱」で日本アカデミー賞主演男優賞受賞。(2017/1/23)

元お笑いコンビ「バッチグー」のモックン 入院患者や飲食中の客など一般人を巻き込む迷惑ドッキリ動画で炎上
「会計前に店内で商品を食べる」「店内で隣になった人の注文した料理を勝手に食べる」「知らない人の病室に侵入して勝手にお見舞いする」などの迷惑動画で炎上しています。(2017/1/17)

「auスマートパスプレミアム」が1月20日スタート 既存サービス+αのサービスで月額499円
「auスマートパス」に上位プランが登場する。“コト”にフォーカスした曜日別特典を受けられるほか、スマホ利用時の安心サービスも提供する。(2017/1/11)

謎の囲碁棋士「Master」の正体は「AlphaGo」 Googleが発表
年末年始にかけてネット上で非公式テストを行っていた。(2017/1/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。