ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入院」最新記事一覧

朝ドラのような読後感 和菓子が一人一人の人間ドラマに寄り添うマンガ『であいもん』
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第92回。社主が中学生の頃から好きなガンガン出身作家・浅野りん先生の最新作を紹介。(2018/4/16)

「りこちゃん、おめでとう」 すみれ、“27歳差の妹”誕生を家族3ショットで祝福
溺愛すること間違いなし。(2018/4/14)

「妬みから私が」 アイドルのTwitterを乗っ取っていたのは同グループのメンバー 真相を告白
デビュー直前にTwitterが乗っ取られる事件が発生。(2018/4/14)

元SKE48の矢方美紀、乳がんで左乳房全摘出 手術前日には不安な心境吐露
3月から体調不良を理由に活動休止していました。(2018/4/13)

「カブトムシゼリー」「のり」「洗顔ジェル」 「明治禁断の食べるはちみつ」が購入者を虚無の世界へ送り込む
本当に禁断だった。(2018/4/10)

ポケモン好きはグッとくる お下がりのプリンと初めてトレーナーになった女の子の漫画に「電車で泣きそうになった」「尊い」の声
プリンがかわいすぎる……。(2018/4/7)

「私は差別を受けている」:
YouTube本社の銃撃事件、投稿動画の閲覧制限に憤り犯行か
YouTube本社で起きた銃撃事件で、地元警察は、容疑者の投稿動画がYouTube上で閲覧制限を受けていたことへの憤りが犯行動機だったとの見方を示した。(2018/4/5)

相撲協会理事長「不適切な対応」と謝罪 救命処置中の女性に「土俵から降りて」のアナウンス
「人命にかかわる状況には不適切な対応でした」と述べています。(2018/4/5)

「どこまで迷惑かけてしまったか…」 脊髄損傷で入院の滝川英治、いとこクリステルの献身に思いをつづる
ブログタイトルは「いとこ愛」。(2018/4/4)

医療機器ニュース:
IoTでぐっすり眠れる病室に、温度と雑音、光を制御
鹿島建設とNECネッツエスアイは、病院多床室の設備を患者個々の好みに合わせて自動制御する療養環境向上システム「NEM-AMORE」を共同で開発した。空調や照明などを最適化することで、入院患者それぞれに快適な環境を提供する。(2018/4/2)

小鳥飼料に金属片混入? SNSで拡散、メーカーが見解発表 正体は「畑の土に含まれる天然鉱物」
磁石にくっつく欠片が入っているとSNSを中心に不安の声が拡散していました。(2018/3/26)

「体重を隠してばれて飯隠す」 世間の声を代弁したハッシュタグ「クロちゃん川柳」が燃え広がる
ウソ、ダメ、絶対。(2018/3/23)

0.5歩先の未来を作る医療IT
2018年度診療報酬改定における医療現場の「働き方変革」、医師の勤務体制が柔軟に
2018年度診療報酬改定では、医師の勤務体制を改善する取り組みが強化されます。「対面」を算定要件にしていた一部の診療報酬も要件が緩和され、IT活用の範囲が広がります。(2018/3/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清宮の体調はイマイチなのに、日本ハムが一軍にこだわる事情
早くも清宮フィーバーが風前の灯だ。オープン戦7試合に出場して、19打数連続無安打。さらにコンディションを崩して、戦線離脱を強いられることに。それでも日本ハムは清宮を開幕スタメンで起用したいようだ。その理由は……。(2018/3/16)

クロちゃん、入院か 2日連続の鼻血に「入院する事になりました」
医療バラエティー番組「名医のTHE太鼓判!」で2型糖尿病と診断されていました。(2018/3/12)

大阪府、淀川のシジミに貝毒を確認し採取規制を実施 食すと最悪の場合死に至ることも
喫食した1人が入院中。(2018/3/11)

森下悠里、第1子女児を出産 わが子を見つめる2ショットを公開
2017年6月に一般男性と結婚していました。(2018/2/26)

きっかけは入院時に支えてくれた『ジョジョ』 とある育児漫画の激変ぶりが話題に 「何が起きた」「最初はほんわかしてたのに」
よーしよしよしよしよしよしよしよし(褒めて伸ばす)。(2018/2/22)

注目すべき米国の医療ITトレンドを専門家が予測
2018年の医療ITトレンド4選、ブロックチェーンや人工知能はいよいよ実用段階へ
2018年、米国の医療機関はブロックチェーンの応用と人工知能(AI)の活用拡大に備えることになるだろう。電子医療記録(EHR)ベンダーによるデータ分析技術の発展も拡大するかもしれない。(2018/2/21)

セキュアかつ柔軟なID連携でマルチクラウドによる高付加価値サービスを創出:
PR:サービス連携は数時間で完了――リコーのセンシングソリューションビジネスにおけるID管理、“柔軟性とセキュア”を両立できた理由とは
リコーはマルチクラウド環境を用いたセンシングソリューションで、エンドユーザーにとっての利便性向上と強固なセキュリティを両立したID管理基盤を実現した。プロジェクト担当者に、実現方法や取り組む上でのポイントを聞いた。(2018/2/21)

「何で生きてるの」「二足歩行が下手」 ハッシュタグ「ドクターに言われた衝撃的な言葉」が数度目の流行
ヤブか名医か、耳を疑う言葉の数々。(2018/2/20)

従業員の健康管理は重要な経営課題
次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり
少子高齢化の時代、従業員の健康管理は企業の重要課題といえよう。チャットbotやウェアラブルデバイス、DNA検査キットなど、テクノロジー主導の健康増進プログラムについて、次に来そうなトレンドを紹介する。(2018/2/20)

クローン有田量産計画かな? とろサーモン久保田が投稿した“3つ子の有田”写真が完全にドッペルゲンガー
世の中は広いな。(2018/2/19)

「素顔のマツコ・デラックスです」 志村けんの誕生日に顔を隠す人物、モト冬樹がブログで説明
気になる……。(2018/2/19)

男女を犯行に駆り立てたものは:
押し入れに4年、日常的な暴力 滋賀・堺監禁事件の異様さ
住宅街の一角で続いていた凄惨な犯行。犯人たちを駆り立てたものは何だったのか。(2018/2/16)

因果関係は:
犬の鳴き声で「病気になった」、飼い主は「関係なし」 裁判所の判断は
「犬の鳴き声がうるさくて体調不良になった」。こんな「ご近所トラブル」が争われた裁判が大阪地裁であった。(2018/2/15)

IoTとLPWAネットワークで患者のバイタルサインを収集 最適な医療を提供――名大病院、シスコが実証研究へ
ICTの活用による医療サービスの向上を目指して「スマートホスピタル構想」を進める名古屋大学医学部附属病院(名大病院)は、シスコシステムズと共同でIoTデバイスとLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークを活用した、医療現場のIoT化に関する実証研究を開始した。(2018/2/14)

「妻が女の子に……」:
小室哲哉さんが明かした家族追い詰める「高次脳機能障害」
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した際、くも膜下出血で倒れて療養中の妻で歌手のKEIKOさんが「高次脳機能障害」であることを明かした。(2018/2/14)

医療用コネクテッドデバイス市場も拡大
医療現場のIoT活用が医療の質も病院経営も改善する、5つのメリットとは
医療現場でIoT(モノのインターネット)を利用するメリットは、患者の生体情報を遠隔モニタリングしたり、院内の医療機器の場所を追跡したりと、さまざまだ。特筆すべき5つのメリットについて解説する。(2018/2/13)

「ウソと診断します」 クロちゃんの食生活をチェックし続ける森田医師、分析スキルがもはや刑事並
完全にクロだしん!(2018/2/7)

「病院行ったらイキナリ手術」 安田大サーカスHIRO、突然の宣告にびっくり
そんなこともあるんだ。(2018/2/7)

入院時に役立つグッズは……? 経験者85人が選んだグッズランキングがとても参考になる
全力でメモしました。(2018/2/4)

常磐線で昼下がりに:
JR車内で女児出産 「本人」など続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産──千葉県内を走るJR常磐線の車内で起こった突然の出来事。(2018/2/2)

給付金の査定・支払を自動化――朝日生命、「IBM Watson Explorer」を活用した給付金支払査定システムを導入
朝日生命保険は、「IBM Watson Explorer」を活用し、支払査定から送金手配までを自動で行う「給付金支払査定システム」を構築。査定の簡易な事案であれば、診断書などの情報が到着後、最短30分程度で支払査定と送金手配が完了するという。(2018/2/1)

JR車内で女児出産も異例なら「本人」はじめ続々ツイートの異例の展開に
電車内で突然女性が破水し、出産――JRの車内で起こった突然の出来事。出産した女性を名乗るTwitterアカウントから居合わせた乗客らに感謝の投稿がなされるなど、異例の出来事は大きな反響を呼んでいる。(2018/2/1)

スピン経済の歩き方:
インフル大流行は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせい?
インフルエンザが猛威を振るっている。大流行している要因として、「ワクチン不足があった」「A型とB型が同時に流行した」といった意見が出ているが、筆者の窪田氏は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせいではないかという。どういうことかというと……。(2018/1/30)

医療機器ニュース:
腕帯不要の血圧測定技術を開発、臨床レベルの精度も確保
名古屋大学が腕帯(カフ)を必要としない血圧測定技術を開発した。このカフレス血圧測定技術により、これまでは測定困難だった条件下での血圧変化を「見える化」できる。検証によって同技術が臨床応用可能な精度を有することも確認できた。(2018/1/25)

第8回 Device2Cloudコンテスト決勝大会レポート:
IoTシステムを作り出す学生コンテスト、勝負の分け目は「誰のために何を作るか」
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「Device2Cloudコンテスト」。第8回は、AI(人工知能)が注目される中で開催された。入賞チームの企画/開発したシステムを中心に決勝大会の模様をレポートする。(2018/1/24)

「自撮り」の悲劇 中国・超高層ビル転落死の波紋
自撮りをめぐる問題が世界各地で起きている。中国では超高層ビルから転落死した男性が、自撮り動画で病気の母の治療費を稼ごうとしていたと報じられた。インドでは、野生ゾウに押しつぶされる事件が頻発している。(2018/1/16)

「私、失敗しないので」女性医師のレベルの高さ証明 日本人の論文が世界3位に
全米の急性期病院で働く女性医師の診察・治療の質の高さを、患者の死亡率や再入院率の低さから証明した論文が、2017年に世界で最も反響の大きかった学術論文ランキングの第3位に入った。日本人医師による研究だ。(2018/1/11)

【増補】真説・人工知能に関する12の誤解(14):
人工知能時代にこそ、「ベーシックインカム」は必要だ(前編)
「人工知能に人間の仕事が奪われる」という可能性が論じられている今、政府が一律に所得を支給する「ベーシックインカム」が注目されています。人工知能時代にこそ、必要な施策だと主張する人が増えているのをご存じですか?(2018/1/11)

既に始まっているコンピュータによる意思決定(後編):
ニューラルネットが導き出した「とんでもない結論」
機械学習やAIによる「自動意思決定」に期待がかかるが、そこには人間による偏り(バイアス)が入り込む余地があることに注意する必要がある。あるニューラルネットは、学習の結果驚くべき結論を導き出してしまった。(2018/1/10)

特集「Connect 2018」:
2018年、フリーランスになってみる?――PE-BANK・櫻井社長
企業とフリーランスのエンジニアをつなぎ、フリーランスエンジニアの活躍を支えるPE-BANK代表取締役社長 櫻井多佳子氏に、フリーランスエンジニアを取り巻く状況や、向き/不向きなどを伺った。(2018/1/9)

道端アンジェリカ、純白の韓国伝統服姿に称賛の声 「素敵」「旦那様も喜んでるでしょうね」
2017年12月25日に韓国籍男性との結婚を発表していました。(2018/1/4)

「メンヘラの孤立を解消したい」 支援団体のデータベース作成を目指すクラウドファンディングが実施中
目標は、当事者と支援者のリアルなつながり。(2017/12/29)

医療機器ニュース:
心疾患患者の再入院リスクをAIで高精度に予測、医療費削減に
日立製作所は、AI(人工知能)技術を用いて、心疾患の入院患者が退院後30日以内に再入院するリスクを高精度に予測することに成功した。AIが再入院リスクの根拠を提示するとともに、患者の再入院リスクを高精度に予測できることを確認した。(2017/12/26)

井上和香の長女が4針縫うケガ 保育園からの連絡に「ビックリし過ぎて頭が真っ白」
痛かっただろうな。(2017/12/25)

道端アンジェリカ、韓国籍男性との結婚を発表 「辛い思いをすべて忘れさせてくれる大切な存在」
おめでとうございます!(2017/12/25)

「お酒をあまり飲まない私が」 腹部激痛でダウンのPUFFY大貫亜美、肝障害レベルの数値に驚き
12月20日の限定Ustream配信には出演予定。(2017/12/21)

安田大サーカス・HIRO、ブログでも復帰報告 「今日で188日・・・・やっと復帰しました」
復帰、おめでとう!(2017/12/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。