ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入院」最新記事一覧

関連キーワード

「隠してるつもりもなく」 井上和香、入院の理由を明かす
現在は退院しています。(2017/9/19)

飯田圭織、第3子女児の出産を報告 「命の大切さを改めて感じました」
「妊娠初期は重い悪阻、妊娠後期は切迫早産で自宅安静や入院もしていた」との告白も。(2017/9/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(45):
もう誰も死なせない――IT業界で働くエンジニアに必要な「勇気」
長時間労働が習慣化しやすいIT業界。部下や同僚を過労死させない、そして自分が倒れてしまわないために、エンジニアや管理職は何をすればよいのだろうか。IT訴訟事例を解説する本連載、今回は「エンジニアの過労死」が争われた判例を解説する。(2017/9/19)

「完全にガリガリの健康体だ」 安田大サーカスHIRO、30キロの減量の松村邦洋を祝福
松村さんをまねたスーツでの1枚も。(2017/9/18)

「やめ時が分からなくなっていた」 井上和香、入院をきっかけにやめたこと
娘の成長は早いな。(2017/9/14)

離ればなれになった元飼い主の声を猫は覚えているのか? 「猫は三年の恩を三日で忘れる」は本当かどうか検証してみた動画がニャンとも泣ける
離れていても、覚えている……かも。(2017/9/12)

出川哲朗「とにかくめちゃめちゃ痛い」 胆管炎での入院明かす
「早く治して、また大暴れする」と復活を誓っています。(2017/9/10)

高齢破産も……マンション経営「サブリース契約」トラブル続出「長期借り上げ保証はエサ」
高齢者らが「相続税の節税になる」などの“甘い言葉”に誘われて賃貸アパートを建てたものの、経営に行き詰まり自己破産などに至るトラブルが相次いでいる。(2017/9/7)

医療技術ニュース:
がん治療薬の副作用で発症する重症筋無力症、重篤になりやすく入院長期化の傾向
慶應義塾大学は、がんに有効な治療薬「オプジーボ」を原因として発症する重症筋無力症の特徴を明らかにした。重症筋無力症を副作用として発症する頻度は低いが、薬によらない重症筋無力症と比べて、重篤になる確率が高いことが分かった。(2017/9/7)

300人を超える新規加入:
ビッグデータ分析で生活習慣病の入院リスクを予測 第一生命が保険の加入範囲を拡大
第一生命保険と日立製作所が、8大生活習慣病に起因する入院の可能性と日数を予測する定量評価モデルを開発。従来は対象外だった人も生命保険に申し込めるよう、引き受け基準を見直した。(2017/9/1)

コンサルは見た! 与信管理システム構築に潜む黒い野望(2):
頓挫したプロジェクトに5000万円支払うのは、“普通”なのか?
箱根銀行の与信管理システムはバグだらけだった。粗い要件定義書、荒ぶるユーザー担当者、銀行業務に明るくないシステム開発会社、プロジェクト失敗の原因はどこにあったのか?――ITコンサルタント白瀬と江里口は事件を解決できるのか?(2017/8/31)

川崎希とアレクサンダーに第1子誕生 不妊治療乗り越え
おめでとうございます!(2017/8/29)

Over the AI ―― AIの向こう側に(14):
開き直る人工知能 〜 「完璧さ」を捨てた故に進歩した稀有な技術
音声認識技術に対して、長らく憎悪にも近い感情を抱いていた筆者ですが、最近の音声認識技術の進歩には目を見張るものがあります。当初は、とても使いものにはならなかったこの技術は、なぜそこまでの発展を遂げられたのか――。そこには、「音声なんぞ完璧に聞き取れるわけない!」という、ある種の“開き直り”があったのではないでしょうか。(2017/8/29)

製造業がサービス業となる日:
医師や看護師の改善に向けた熱意を生み出す、GEの医療データ分析サービス
GEヘルスケア・ジャパンは「Applied Intelligence医療データ分析サービス」を発表した。病院内の医療ITシステムから得られるさまざまなデータを可視化、分析した結果を用いて、病院経営や部門運営の最適化に生かすためのサービスである。(2017/8/14)

お守りがボロボロになった理由に涙 漫画「おじいちゃんのお守り」にTwitterで感動の声集まる
電車での閲覧注意です。(2017/8/11)

「※個人の感想です」は広告表示における免罪符になるのか? 9割が気付かない“極小文字”の注意書き 消費者庁の見解は
消費者庁が考え方を発表。(2017/8/9)

がん患者はなぜ、民間療法という“幻想”に陥るのか
がん患者は「民間療法」という幻想に陥りやすい。科学的根拠が乏しく、費用もかさむ民間療法になぜ飛びつくのか――。(2017/7/28)

消えるがん 消えないがん:
がん患者が陥りやすい民間療法という“幻想”
がん患者が陥りやすい“幻想”がある。も民間療法を選ぶ患者がいるのはなぜか。(2017/7/27)

「口に口が入ってきた!」病院で性的虐待被害、90代女性が怒りの提訴 「異性介護」の顛末
「口に口が入ってきた!」――大阪府内の病院で、入院中の90代女性が男性職員にわいせつな行為をされたとし、病院と職員に慰謝料200万円を求め、大阪地裁に訴訟を起こした。(2017/7/27)

機密性とセキュリティも改善
臨床医も満足、看護師主導で開発されたモバイルアプリ
英国の医療機関では、看護師が開発を主導したモバイルアプリが成果を挙げている。病棟全体の状態を簡単に確認できるようになり、臨床医の診察にも活用されているという。(2017/7/25)

東大ラノベ作家の悲劇ーーティッシュ配りの面接に行ったら全身入れ墨の人がきて、「前科ついても大丈夫だから」→結果:<後編>
配っていたのはティッシュか、それとも。(2017/7/23)

「F1優勝」目指す11歳女子レーサー 「怖いと言っていたらなれない」
「夢は日本人初の女性F1レーサーになって、優勝すること」――元F1ドライバーの野田英樹さんの11歳の次女・樹潤さんが歩みを進めている。(2017/7/14)

PR:「もう油ものがつらい」という人に胃もたれが起こる仕組みを「ブラック企業」に例えてみた
うわっ……私の体内、ブラック企業かも……?(2017/7/3)

「ガールズ&パンツァー」コンサート出演予定歌手が緊急入院 出演を取りやめ
台湾で開催される「Anisong World Matsuri Presents「Lantis Party 2017 〜UTAHIME LIVE〜」への出演もとりやめに。(2017/6/22)

「なんで車が飛んでくるのか……悲鳴」 添乗員、事故の瞬間を語る 運転手の夫は重傷
東名高速で乗用車が観光バスと衝突した事故で、バス添乗員で運転手の妻・山本梅予さんが記者会見し、当時の状況を振り返った。(2017/6/15)

UberのカラニックCEO、期間未定の休職へ
セクハラ問題発覚後、社外に内部調査を依頼したUberがその結果報告および改善案を全社会議で発表する前に、トラヴィス・カラニックCEOが休職を宣言した。(2017/6/14)

財津和夫「大腸がん」を公表、チューリップ45周年公演を中止し治療専念
来年には活動を再開する意気込みも。(2017/6/2)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)

IPAが「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催、申し込みは2017年5月29日まで:
サイバー犯罪対策の最前線に立つキャンプ特別講義が伝える「“技術”とは何か」
IPAが「セキュリティ・キャンプ全国大会2017」を開催。2017年5月29日12時まで参加者を募集している。全国大会では、実機を用いた実習やディスカッションに加え、サイバー犯罪対策の最前線に立つプロフェッショナルによる講演なども行われる。(2017/5/23)

スピン経済の歩き方:
海外の富裕層が押しかける「診療所」をほとんどの日本人が知らない理由
関西国際空港の近くにある病院を目指して、わざわざ海外からやって来る人が増えている。病院名は、IGTクリニック。がん治療専門のクリニックに、なぜ外国人の患者が増えているのか。その理由は……。(2017/5/23)

米ミシシッピ大学の地下から約7000もの遺体が発見 調査費に3億円以上
慰霊碑と研究施設を併設予定。(2017/5/19)

「奇跡的と言われる程の早期発見」 中村獅童、初期の肺腺がんを発表
入院・手術のため、6月の博多座と7月の歌舞伎座を休演するとしています。(2017/5/18)

YOSHIKI、人工椎間板置換の緊急手術は成功 術後間もなくスタジオに向かう執念
頚椎人工椎間板置換の緊急手術は数時間におよんだものの、容体は安定。(2017/5/17)

【連載】IT部門のためのアナリティクス入門 第4回
IoT時代のビッグデータアナリティクスは今までと何が違うのか?
ビッグデータアナリティクスのビジネス活用において、IT部門が果たす役割とは何か。アナリティクスの本質と必要なツールについて、分かりやすく解説します。(2017/5/18)

「痛い、痛い!」至福のはずの整体が地獄に 腰椎骨折で怒りの提訴
「痛い、痛い!」。整体院のベッドに横たわっていた女性は、あまりの痛苦に悲鳴を上げた。(2017/5/11)

対策は国の安全保障問題:
感染危機 薬が効かない:「聖なる大河」に漂う耐性菌
インドのガンジス川で高濃度の耐性菌遺伝子が見つかったとの研究が発表された。抗菌薬、いわゆる抗生物質が効かない耐性菌が人類の脅威となりつつある。(2017/5/8)

「惜しかったな、後1本で10本やったのに」 木から落下し骨折の間寛平に村上ショージが愛あるイジリ
早く回復しますように。(2017/5/5)

「今までの人生の中で一番の幸せ」 近藤千尋、第1子女児出産を報告
ジャンポケ太田「妻に感謝の気持ちで一杯」(2017/5/4)

稀有な病「CAEBV」で逝去した声優・松来未祐さん 「世界仰天ニュース」で闘病生活を特集
所属事務所「放送を機により多くの方々にCAEBVを知っていただける事を願っております。」(2017/5/3)

暴力を受けた経験5割:
暴言にセクハラ、性的被害──訪問看護師、対策急務
1人で患者宅に赴き、看護や介護にあたることが多い訪問看護師が患者や家族から受ける被害が後を絶たない。(2017/4/28)

「グレーちゃんです」 相棒のAIBOをかわいがる黒柳徹子が何だかかわいい
「あたしに会ってうれしい?」(無言で首を横に振るAIBO)。(2017/4/15)

引きずり降ろされた際に負傷:
ユナイテッド航空の被害男性、提訴の公算 鼻骨折し歯2本折る
ユナイテッド(United)航空の被害男性は同社を提訴する公算が大きい。(2017/4/14)

UEMのトレンドに逆らうApple製品管理ベンダー
「iPhone」「Mac」さえ管理できれば「統合エンドポイント管理」(UEM)は不要なのか?
クライアント環境が多様化する中、さまざまなデバイスを一括管理できる「統合エンドポイント管理」(UEM)の重要性を指摘する声がある。一方で、Apple製品管理に特化し続ける企業も存在する。(2017/4/7)

音声認識で医師のオーダーを確認
電子カルテの入力ミスが3割減、AIアシスタントは医師をどう支えているのか
医師は多くの業務に追われ、必要なオーダーを出し忘れることがある。こうした状況を改善すべく、人工知能(AI)を導入し、医療ミスの回避に役立てている米国の長期急性期病院の事例を紹介する。(2017/4/6)

フォークシンガー加川良さん死去、69歳 長男・gnkosaiさんは父との2ショットを公開
「急性骨髄性白血病」を患っていました。(2017/4/5)

TechFactory 1周年記念特別企画:
どうしても気になる! ニッポン製造業のガラパゴス化問題と「Nintendo Switch」採用技術
「TechFactory」開設1周年を記念して、サイトがオープンした2016年4月4日から2017年4月3日までの期間で掲載されたTechFactoryオリジナルコンテンツの人気/注目記事ランキングを発表します。きっと気になる記事が見つかるはず!?(2017/4/4)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准がまさかのシンガーデビュー!? 特設サイト上で本人による新曲が公開
やだ、かっこいい……。(2017/4/1)

「スケベ」「汚い」「お説教臭い」を払拭 「おっさんレンタル」はなぜ5年間客が途絶えないのか、創業者を取材
「イケてると勘違いしているおっさん」が1時間1000円でレンタルできるサービス。(2017/3/25)

「アニメは後でいいでしょ!」 ご主人が大好きなワンコの構ってビーム
(2017/3/14)

0.5歩先の未来を作る医療IT
医療クラウドと遠隔診療の規制緩和は医療のIT化を後押しするのだろうか?
クラウドとタブレットの普及によって、医療現場のIT活用が浸透しつつあります。診療報酬による評価やさまざまな規制緩和は、このムーブメントに対してどのような効果をもたらすのでしょうか。(2017/3/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。