ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「入院」最新記事一覧

40年前から教育にICTを活用 人口増にも貢献するつくば市の実践とは?
先進的な教育を実践するつくば市には、全国から教育関係者などがひっきりなしに訪れている。特に今、注目を集めているのが「ICT教育」だ。同市のユニークな取り組みを見てみよう。(2016/8/25)

「ほんとにあった怖い話」にベーシストKenKenさんそっくりの幽霊登場 → クソコラ祭りでTwitterトレンドに
本人もノリノリのご様子。(2016/8/21)

タレント・志村けんさんが肺炎で入院 舞台「志村魂」大阪公演は急きょ中止に
17日から体調不良を訴え、肺炎と診断されていたとのこと。(2016/8/20)

原因はホタテ貝ではなく「貝柱(イタヤ貝)」だった 元気寿司、A型肝炎蔓延でハワイ11店舗営業停止
日本の店舗には流通していないとのことです。(2016/8/18)

人工知能、患者の命救う 国内初か IBM「Watson」、白血病のタイプ10分で見抜く
膨大な医学論文を学習した人工知能が、60代の女性患者の白血病が治療などが難しい特殊なタイプだと10分で見抜き、適切な治療法の助言で回復に貢献していた。(2016/8/5)

「自分の心臓じゃ生きられない」 「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が心臓移植の必要性を報告
7月2日に病名を「特発性拡張型心筋症」だと発表していました。(2016/7/28)

偏見を助長しないよう配慮した報道を NPOが相模原市の障害者施設殺傷事件を受け要望書提出
事件の背景や動機などの詳細が不明な段階での報道被害を懸念。(2016/7/27)

輸液ポンプのアラームにイライラすることもなくなる
IoTは患者満足度を高め、治療への主体的な参加を促す――経験者が語るこれだけの理由
医療業界でのIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用テクノロジーとしての地位を確立しているが、今や患者満足度の向上でも活躍している。院内の位置情報把握や、生体情報の遠隔モニタリングなどだ。(2016/7/26)

あるエンジニア、かく語りき2(1):
50歳のハローワーク
プログラマーがプログラマーとして人生をまっとうできたら……それは幸せなことかもしれない。(2016/7/21)

“凶器”と化したエアバッグ 「時速300キロ」の衝撃 3歳女児圧迫死の背景
軽乗用車が電柱に衝突し、助手席の女児(3)が死亡する事故があった。エアバッグの衝撃で胸を圧迫され死亡した可能性が高いことが判明。身を守るはずのエアバッグが逆に“凶器”となった。(2016/7/12)

名古屋医療センター、DB統合機能を持つWeb型電子カルテシステムを導入
名古屋医療センターは、富士通のWeb型電子カルテシステム「HOPE LifeMark-HX」を導入、約1300人の職員が利用を始めた。(2016/7/11)

コグニティブとデジタル変革で企業に競争力を MSの平野社長
7月1日に新たな会計年度を迎えた日本マイクロソフト。平野社長は2017年度の方針として、デジタルトランスフォーメーションとコグニティブで企業の競争力向上を支援することを挙げた。(2016/7/7)

zenmono通信:
きっかけは居候の若者!? ――町工場発のモノづくり拠点「Garage Sumida」の誕生前夜
モノづくり特化型クラウドファンディングサイト「zenmono」から、モノづくりのヒントが満載のトピックスを紹介する「zenmono通信」。今回は、潜水艦や電気自動車の開発、モノづくり拠点の運営など、ワクワクする新しい取り組みに積極的に取り組む町工場・浜野製作所の浜野慶一氏に話をお伺いした。(2016/7/4)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が退院を報告 「助かったのは奇跡です」
病名は特発性拡張型心筋症だったそうです。(2016/7/2)

投票日は7月10日:
投票先に迷っている人へ 「参院選2016」が分かるポイントまとめ
各政党や候補者を選ぶためのポイントから、期日前投票の仕方まで、役立つサイトや情報を紹介する。(2016/7/2)

レーシック手術が激減! ピーク時の9分の1 なぜ?
視力を矯正できると人気のレーシック手術の件数が、6年で9分の1に激減している。その真相は――。(2016/6/27)

手術件数はピーク時の9分の1:
視力を矯正するレーシック手術が激減 その真相を探ってみた 
近視などで悩む人にとって、メガネなしの生活が送れるようになると人気のレーシック手術。平成20年に約45万件だった手術件数は、26年には約5万件と激減している。その真相とは――。(2016/6/27)

豪華すぎぃ! 声優・原田ひとみさんが入院中作ったカオスゲーがリニューアルされて夏コミで頒布へ
声優に丹下桜さんや平川大輔さんなど。おっぱいマウスパッドまで作っているようです。(2016/6/17)

“美人すぎる料理研究家”森崎友紀が第1子出産 「安堵と感動でずっと泣いてました」
赤ちゃんは3500グラムで、性別は明かされていません。(2016/6/16)

スマホで子どもの精神疾患・自傷が増える? 欧米で議論沸騰
「16歳以下にはスマホを与えてはいけない」「スマホで子どもの精神疾患や自傷が増えている」――欧米でこんな議論が浮上している。(2016/6/16)

釈由美子に第一子誕生 ダブルバースデーに「一生忘れられない」
おめでとうございます!(2016/6/13)

患者の予後の改善にも、もちろんコストダウンにも
医療の質の向上に貢献するBIツール、病院経営に効果の大きい3つの使い道
病院のビジネスインテリジェンス(BI)活用には多くの使いどころがある。例えば予測分析を利用して、患者の再入院の回数を減らしたり、スタッフやベッドを適切に割り当てたりすることもできる。(2016/6/13)

エンケンことミュージシャンの遠藤賢司さん、ガンのため闘病中であることを公表
「治療をしながら音楽は続ける」とのこと。(2016/6/11)

「貞子vs伽椰子」はハートフル百合ムービー 白石晃士・金田淳子「貞子vs伽椰子」そして「コワすぎ!」を語る
聞き手はやおい・ボーイズラブ・同人誌研究家の金田淳子先生にお願いしてみました。(2016/6/10)

川西 カラクリ屋敷の春本さん
世の中には、作らずにはいられない人たちがいる。役に立つとか評判になるとかを超越して、“自作”せずにはいられない人たちが。新連載「孤高のD.I.Y.」第1回。(2016/6/2)

芋洗坂係長、母の死去ブログで報告 「熊本地震のショックで急性心筋梗塞」
「あまりにも急な別れを受け容れられず絶望と後悔の日々」(2016/6/1)

名状しがたきおねショタのようなもの Web漫画「姉なるもの」がクトゥルフのウ=ス異本の新書を生み出しそう
また罪深きクトゥルフの書が世に放たれる。(2016/5/17)

マネーの達人:
新社会人の皆さんへ FPの立場から生命保険のアドバイス
新社会人の皆さんに生命保険についてのアドバイス。本稿では、生保についての大切な知識と考え方をしっかり身に着けてもらえればと思います。(2016/5/16)

「とくダネ!」キャスター小倉智昭さん、膀胱がんだと番組で報告 1週間のお休み
血尿を発見し検査して分かった。(2016/5/13)

演出家・蜷川幸雄さんが死去 80歳
俳優への厳しい指導で知られていました。※追記(2016/5/12)

ゴールデンボンバー鬼龍院翔さん、声帯ポリープ切除手術成功 「沈黙の引きこもり生活」へ
術後の経過も順調とのこと。(2016/5/12)

妊娠7カ月の吉澤ひとみ、突然の“絶対安静”宣告 「できる事をやるしかない! 赤ちゃんを守ります!!」
子宮頸管の長さが通常より短いとのこと。(2016/5/11)

ゴールデンボンバー鬼龍院翔さん、声帯ポリープ切除手術へ
3年半前に発症した発声障害についても語っています。(2016/5/8)

玉置浩二さん、「憩室炎」で5月のライブ中止に
6月の公演から活動再開。(2016/5/6)

須田剛一作品「シルバー事件」がPC用にHDリメイク 初の海外ローカライズも実現
グラスホッパー・マニファクチュアの処女作が、最新の技術で復活。(2016/5/6)

おめでとおおおおお! “マナカナ”の三倉佳奈、第2子となる男の子を出産 双子の姉・茉奈も立ち会い
「ふたりっ子」を見ていた人は孫が生まれた心境か。(2016/4/29)

MEDTEC Japan 2016:
動いてる間でも正確に脈拍を測定、ルネサスがスマートアナログマイコンで実現
ルネサス エレクトロニクスは、「MEDTEC Japan 2016」において、高精度に脈拍を測定できるソリューションを展示した。(2016/4/22)

おかもとまり、入院に「子供達が愛しくて心苦しい」 ブログでは夫の連れ子とのこれまでをつづる
すぐ退院できるとしており、心配はなさそう。(2016/4/20)

【連載コラム】医療ITの現場から
2016年度診療報酬改定、「医師事務作業補助体制加算」で勤務医は楽になるか?
「医師事務作業補助体制加算」の導入が医師の負担軽減に一定の効果が見られるというアンケート結果を受け、2016年度改定で同加算の見直しが行われる。具体的な変更点はどのようなものだろうか?(2016/4/20)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(11):
第7話 ある「AI」技術者の告白
結婚詐欺(?)事件を調査中の「ミスズ」がミニスカ調査員「ユカリ」を送り込んだのは、依頼主が勤める会社の社長の病室。トーマス社長の口から真相は語られるのか……?(2016/4/15)

全国の国立病院のデータ集積基盤が完成
国立病院機構が全国で運営する病院で運用する電子カルテシステムなどの診療情報を一元的に収集・蓄積する。(2016/4/13)

モデルの西山茉希さん、第2子を無事出産 切迫早産の危機乗り越え
予定日より早かったものの、推測より大きい体とのこと。(2016/4/11)

「モバイルで実現したい目標は何か」を整理しよう
「攻めの予防医学」にモバイルデバイスをどう使うか?
医療の現場ではモバイルデバイスの採用が着実に進んでいる。だが専門家によれば、まだ解決すべき課題もあるという。何がしたいのかを明確にし、効果的なデータ活用を実現すれば、医療の質の向上につながる。(2016/4/8)

写真展:
「花とハナ −My Flowers & My Cat−」「The Best of Y.Aoyagi」
(2016/4/5)

モデルの西山茉希、臨月を迎えた第2子のマタニティフォトを公開 切迫早産の危機乗り越えた
多くの祝福と応援の声が寄せられています。(2016/3/28)

いっこく堂、軽度の「外傷性くも膜下出血」「両側前頭葉脳挫傷」のため入院
現状、手術の予定はないとのこと。(2016/3/23)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)
最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。(2016/3/10)

女性芸人のまぁこさんが第1子を出産 「本当に、奇跡・奇跡・奇跡」
3258グラムの男の子です。(2016/3/5)

「Key」所属のシナリオライター・麻枝准が入院を報告 以前から体調不良を訴えていた
具体的な病名は未公表。(2016/3/1)

PR:タブレットとVDIで医療現場を変えた、青森県立中央病院の挑戦
モバイル端末とデスクトップ仮想化の活用は、チームで行う現場業務について、正確性と効率を担保し、サービスの質の向上につながる可能性を秘めている。これを医療の世界で実践しているのが青森県立中央病院だ。同病院では、電子カルテを現場の医療従事者のための、リアルタイム情報共有基盤に進化させている。(2016/2/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。