ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

「ERP」最新記事一覧

生産や販売、在庫、購買、物流、会計、人事/給与などの企業内のあらゆる経営資源(人員、物的資産、資金、情報)を有効活用しようとの観点から、これらの経営資源を企業全体で統合的に管理し、最適に配置・配分することで効率的な経営活動を行っていこうという経営手法・コンセプト。一般に、「企業資源計画」あるいは「経営資源計画」と訳される。
ERP − @IT情報マネジメント用語事典
-こちらもご覧ください-
ERPパッケージ − @IT情報マネジメント用語事典
ERP製品一覧 − TechTargetジャパン ERP&IFRS
読めば分かる! ERPの基本 − TechTargetジャパン ERP&IFRS
読めば分かる! ERP導入の基本 − TechTargetジャパン ERP&IFRS
ERP − TechTargetジャパン
質問!経営情報システム→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で経営情報システム関連の質問をチェック

製造ITニュース:
個別受注生産型の機能を強化した生産管理アドオンモジュールを発売
システムインテグレータは、個別受注生産方式で製造を行う企業向けに、Web-ERPパッケージ「GRANDIT」生産管理アドオンモジュールの新バージョンを発売した。個別受注生産型機能を大幅に強化した。(2016/7/19)

安田航のエンタープライズ・アーキテクチャ改革論:
マンガで解説「ERPの本質とは?」
ビジネス変革を情シス部がリードするためのIT戦略を、マンガで解説。今回は、「ERP」について、その本質的な意味を探りながら解説します。(2016/7/16)

UI/UX勉強会を開催:
PR:人工知能搭載の次世代型ERPの開発現場から、エンタープライズアプリケーションのUI/UXとエンジニアの在り方を考える
ERPパッケージを開発・販売するワークスアプリケーションズが新たにリリースした「HUE」――世界で初めて人工知能(AI)を搭載し、これまでのエンタープライズアプリケーションとは異なる発想で開発され、ユーザビリティの高さで大きな注目を集めている。「HUE」がどのようなコンセプトで開発され、開発の現場では何が行われているのだろうか。ワークスアプリケーションズの「HUE」の開発部隊の中のUI/UXチームのメンバーに話を伺った。(2016/7/15)

Dynamics CRMとDynamics AXを統合:
マイクロソフト、基幹業務向けの新クラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を発表
マイクロソフトは、ビジネスアプリを提供するクラウドサービス「Microsoft Dynamics 365」を発表した。現行のCRM/ERPアプリケーションを統合し、「Office 365」との互換性も持つという。(2016/7/8)

TIS株式会社提供Webキャスト
「今さら若い人に教えても仕方ない」、ユニチカが脱ホスト化で選んだERPは?
メインフレームを利用したシステムは堅牢性に優れるが、販売系や会計の仕訳作成など業務の基幹部分がビジネスの拡大に迅速に対応できなくなる。そこで、会計基盤の脱ホスト化を実現したユニチカの事例を基に、オープンな会計システムへの移行のヒントを探る。(2016/7/8)

これが情シスの進む道
事例が示す、「全員が使えるBI」で変わる情シスの役割
企業での導入が加速しているBIツール。だが、その多くは操作が難しく業務部門では扱い切れないケースが多い。情シスの負担を削減しつつERPデータの活用を促進した企業の事例とともに、誰でも使えるBIツールを紹介する。(2016/7/1)

製造ITニュース:
製造管理システム機能を追加したソリューションを発売
NECは、IFSのERPパッケージ「IFS Applications」に、製造実行管理システムMESの機能を追加した、製造管理ソリューション「IFS Applications for MES」を発売した。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
IoT時代を勝ち抜く 製造業のノウハウを結集したIT基盤の実現方法とは?
IoTの普及が製造業の現場においてもビジネスモデルの変化を促している。この変化の中で顧客に新たな価値を提供するためには何をすべきだろうか。ERPを核としたビジネス基盤作りをするためのヒントを探る。(2016/6/30)

3社提供ホワイトペーパー
SAPシステムのクラウド移行、必ず確認すべき品質基準とは?
SAP ERPなどのミッションクリティカルな情報システムのクラウド化では、サービスの信頼性を慎重に検討する必要がある。SAPシステムのクラウド移行であれば、品質基準の認定をクリアしているかどうかなどがサービス選びの重要ポイントとなる。(2016/6/30)

きっかけは「オムニチャネル」と「IoT」
今まで使っていたのは「ERPもどき」? クラウドで実現する本当のERPとは
IoTやビッグデータなどをビジネスに生かす「デジタル産業革命」が日本でも叫ばれる中、ERPシステムを見直す動きが広がっているという。その理由を探る。(2016/6/30)

リアルタイムな経営判断とグローバル化の壁を越えるには
世界を攻める中堅・中小企業の経営に、クラウド型ERPが“効果あり”な理由を探る
ERPを経営の意思決定に役立つツールとして捉え直している企業が増えている。その背景にはクラウドコンピューティングをはじめとする技術革新がある。中堅・中小企業におけるERP活用の最新事情とは。(2016/6/22)

製造IT導入事例:
国内アウトドアメーカーが顧客エンゲージメント強化のため、次世代ERPを導入
SAPジャパンは、アウトドアメーカーのスノーピークが、同社の次世代ERP「SAP S/4HANA」、オムニチャネルコマースの「SAP Hybris」、機械学習エンジンの「SAP Predictive Analytics」の採用を決定したと発表した。(2016/6/3)

デジタル時代のERP再考(4)
マルチデバイス対応だけでは不十分、デジタル時代にあるべきERPの形
ERPシステムによってビジネスの効率化が進んだが、よりリアルタイム性の高いビジネスを実現するには、多様化するモバイルデバイスをうまく生かすことが重要だ。だが、ただデバイスを導入すればよいわけではない。(2016/5/26)

IBMやCiscoなどとも提携
今度は「iPadでSAP ERP」、法人市場を狙ったAppleの“iOS提携”はそろそろ真価を問われる
AppleとSAPが提携を結ぶことで合意した。その内容はAppleとIBMとの提携に似ている。SAPは自社の技術を「iOS」用アプリで利用できるようにするといったものだ。両者は顧客企業のアプリ開発の支援でも協力する。(2016/5/19)

SuiteWorld 2016 Report:
夢の高速移動システム「Hyperloop」構想も、クラウドERPが後押し
シリコンバレーのど真ん中、サンノゼでクラウドERPの雄、NetSuiteの年次カンファレンス「SuiteWorld 2016」が開幕した。夢の高速移動ネットワーク「Hyperloop」を開発するベンチャー企業も顧客としてステージに上がった。(2016/5/18)

SAPのさらなる高速化にIn-Memoryの活用も検討:
PR:ライオンがSAP ERPや基幹系のDB基盤をOracle Exadata X5 & Oracle Database 12cに更改 性能が4〜20倍向上
ライオンは先頃、Oracle Exadata V2で運用してきたSAP ERPや基幹系のデータベース基盤をX5に移行。併せてRDBMSもマルチテナントを活用したOracle Database 12cにアップグレードし、処理性能が4〜20倍向上した。同社は今後、Oracle Database In-Memoryの活用も検討しているという。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2016/4/7)

単純移行からS/4 HANA化まで“コストと開発期間”の適正化
SAPユーザーが注目するクラウド移行、成功の鍵は「影響分析」と「テスト」
クラウドの信頼性向上で注目される“SAP ERP on クラウド”。特に既存Windows環境と親和性が高い「Microsoft Azure」は移行先の有力候補だ。だが、一般的にSAP ERPの移行やアップグレードは高リスク。プロはこの課題をどう解決しているのか。(2016/3/30)

脱オンプレミスを第3のクラウドで、コスト3割減を見込む
SAPユーザーが選ぶべき、パブリックでもない、ホスティングでもない“本気の基幹用クラウド”とは
「SAP ERP」をクラウドで検討するケースが増えてきた。オンプレミスに可用性や安心感を求めてきたユーザーは、パブリッククラウドでもない、ホステッドクラウドでもない“第3のクラウド”に注目している。(2016/3/30)

パフォーマンス、可用性、導入後の運用
ERPのクラウド化、「不安解消」のために知っておきたいこと
クラウドファーストの今日、“最後の足かせ”となっているのがERP。ミッションクリティカルな基幹系システムだけにオンプレミスから移行させることに不安を抱く企業も多い。どうすればいいのか。(2016/3/29)

Azure上のサービスとの親和性も:
ERP導入、設計、構築、運用の手間を削減する「Dynamics AXクラウド」
日本マイクロソフトは、クラウド型ERPアプリケーションの最新版「Dynamics AXクラウド」の提供を開始した。(2016/3/23)

製造ITニュース:
「国内ユーザーの半数は製造業」、マイクロソフトのERPがクラウド化
日本マイクロソフトがクラウドベースのERP「Microsoft Dynamics AX クラウド」を発表。クラウド「Microsoft Azure」上でERPの全機能を利用できるようにするとともに、ライセンス形態をユーザー単位の月額課金となるサブスクリプションモデルに変更した。(2016/3/23)

MSがクラウドERPをリリース、“使いやすさ”訴求でシェア拡大を狙う
ERP製品「Dynamics AX」の最新版の提供を開始した。Windows Azureベースとなったことで、柔軟性の高いシステムの構築や変更、BI連携やモバイルフレンドリーなUIなどの特徴を訴求する。(2016/3/22)

製造業IoT:
製造業IoTは、業務アプリケーションとの連携で回収期間が短縮する?
製造業向けERPシステムを展開するIFSは、IoTへの取り組みについて紹介。製造業を中心にIoT活用への関心が高まる中「業務アプリケーションと連携する価値」についてあらためて訴えた。(2016/3/17)

クラウドERPで経営を可視化:
PR:Soup Stock Tokyoが選んだMicrosoft Dynamics® AXの新しい魅力とは?
変化と競争のスピードが激しい飲食業界。「Soup Stock Tokyo」を運営するスマイルズは、経営の可視化を目指してMicrosoft Dynamics AXを選択した。最新クラウドERP導入の舞台裏とメリットを紹介する。(2016/3/9)

製造IT導入事例:
マイナンバー制度対応の新人事システムにERPパッケージを導入
ワークスアプリケーションズは、同社のERPパッケージ「COMPANY」シリーズの「COMPANY 人事・給与」「COMPANY Web Service」「COMPANY 就労・プロジェクト管理」を、日本触媒が新人事システムに採用したと発表した。(2016/2/25)

製造ITニュース:
基幹業務向けERPの導入・拡張を支援するソリューション13種を提供開始
日本オラクルは、パートナー企業9社が、企業の基幹業務向けクラウド・サービス「Oracle Enterprise Resource Planning Cloud」の導入・拡張を支援する、13種のソリューションを提供開始すると発表した。(2016/2/23)

「SAPの構築・運用の世界に風穴を」:
テラスカイが設立するSAPクラウドSI企業、ビーエックスが目指すもの
テラスカイは2016年2月15日、SAPのクラウド上への移行を行う新会社、ビーエックスの設立を発表した。クラウド専業として、SAPのコスト効率の高いクラウドへの移行と運用サポートを提供するのが、新会社の第一の目的。さらにSAPを、疎結合的なクラウドERPに進化させていくことを狙っている。(2016/2/15)

特選プレミアムコンテンツガイド
「定番2大ERP vs. 第三のERP」 結局どのERPが良いの?
ERP業界のツートップである独SAPと米Oracle、第3の注目ERPパッケージともいわれるWorkday。それぞれどのような強みや機能を持っているのだろうか。(2016/1/22)

デジタル時代のERP再考(3)【後編】
IoTで変わるビジネス、求められる未来のERPの形とは
企業がIoTをビジネスに生かすためには、ERPにも変革が求められる。製造業や農業を例に、ERPの将来像を考える。(2016/1/20)

PR:海外進出を成功に導くERPの条件は――スーパーストリームCTOに聞く選定のポイント
国内市場の縮小が深刻化する中、日系企業が生き残りを賭けて新興市場への進出に踏み切っている。そこで重要になるのが“スピード経営”に必要な情報の可視化。グローバル経営を成功させるために必要なERPの機能とはどんなものなのか――。スーパーストリームCTOの山田誠氏に聞いた。(2015/12/25)

即席!3分で分かるITトレンド:
【図解】コレ1枚で分かる「ERPと他の手法との関係」
ERPの他にも、経営や業務の全体最適を目指す手法があります。その代表的なものを、製造から物流・販売、人事、財務といった一連の企業活動に沿って整理しながら解説します。(2016/1/18)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「2層ERP」
企業活動のグローバル化に伴って、経営資源もグローバルに統合管理することが求められるようになったいます。その方策として有効なのが「2層ERP」。今回は、「2層ERP」のニーズと導入効果について解説します。(2016/1/12)

製造IT導入事例:
ターボ機械専業メーカー、ERP導入で個別受注型生産管理システムを統合
日本オラクルは、ターボ機械専業メーカーの荏原エリオットが、オラクルのERP「Oracle E-Business Suite」を導入し、プライベートクラウド環境でグループ企業の個別受注型生産管理システムを統合したと発表した。(2016/1/12)

PR:スピード経営時代、企業が選ぶべきクラウドERPは?
 2016年は、ERP市場が大きく動く年になるかもしれない。これまでオンプレミスが当たり前だったERPのクラウド利用が、いよいよ本格化し始めているからだ。激しいシェア争いを繰り広げるグローバル対応ERPベンダー各社の最新動向を追った。(2016/1/12)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ERPシステムのメリット」
ERPシステムによって業務運営や経営にもたらされる3つのメリットと、そしてそれをパッケージとして導入するメリットについてまとめます。(2015/12/28)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ERPとERPシステムとERPパッケージの違い
今回は、ERPの3つのワード「ERP」「ERPシステム」「ERPパッケージ」について、それぞれの歴史的な背景を踏まえながら違いを説明します。(2015/12/21)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ERPシステム」
ERPシステムは、企業内のあらゆる経営資源を統合的に管理し、経営活動をより効率化する手法としてとして注目されてきました。具体的にどんなメリットがあるのか、従来型システムと比較しながら見ていこう。(2015/12/14)

増え続ける従業員で人事部が破綻
Oracle製品ではなくWorkdayのサービスを選んだOpera Softwareの本音
従業員の急増で従来のERPに限界を感じたOpera Softwareは、人事管理サービスの刷新を決断してWorkdayを導入。有力候補だったOracle製品を選ばなかった理由とは?(2015/12/10)

即席!3分で分かるITトレンド:
毎週3分、情シスドリル コレ1枚で分かる「ERP登場の歴史」
ERPは1990年代に登場し、企業の基幹系システムとして普及してきました。この背景には、IT技術の進化と業務管理の需要の変化がありました。今回は、その歴史をひも解きながら、ERPのポイントを解説します。(2015/12/7)

デジタル時代のERP再考(2)
インメモリやクラウドが経営を変える ERPの「リアルタイム経営」が生み出す新たな価値
インメモリやクラウドなどの技術の登場により、リアルタイムアナリティクスが可能になりつつある。リアルタイムアナリティクスによって、私たちの仕事や生活はどのように変わるのだろうか。(2015/11/19)

NECがERPを大刷新 2016年度の稼働を目指す
SAPの最新ERP「S/4HANA」を基幹システムのプラットフォームに採用し、自社製品・クラウドサービス基盤で稼働させる。(2015/11/5)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、SaaS「Oracle ERP Cloud」に新機能 適用業務領域を拡充
クラウドERP製品「Oracle ERP Cloud」へ190以上の新機能が追加。適用業務領域も拡張する(2015/10/28)

特選プレミアムコンテンツガイド
「SAP on AWS」はもはや常識? 基幹システムをクラウド化するメリットとは
代表的なERPパッケージである「SAP ERP」を「Amazon Web Services(AWS)」で稼働させる企業が増えている。2社の導入事例から基幹システムをクラウド環境で構築するメリットを明らかにする。(2015/10/23)

製造ITニュース:
ERPとのデータ連携を容易にするiPaaSを提供開始
NECは、セールスフォース・ドットコムのSaaSとForce.com上のカスタムサービスをERP連携する、iPaaS「Enterprise Gateway」の提供を開始した。セールスフォース・ドットコムとの連携を強化し、同サービスをグローバルに販売する。(2015/10/22)

デジタル時代のERP再考(1)
情報技術の“ルネサンス期”、ERPの在り方とは?
ソーシャルやモバイル、アナリティクスをはじめとする新技術がビジネスのデジタル化を加速。企業の基幹業務をサポートする情報システムも大きな変化を遂げようとしている。これからのERPシステムの在り方を考察する。(2015/10/14)

CTC、SAP、Virtustream、3社共同で基幹系特化型クラウドサービス 2016年4月開始
CTC、SAP、Virtustreamが、3社共同でERPに特化したクラウドサービス「CUVICmc2」を2016年4月に開始する。(2015/10/9)

NEC、クラウドERP連携iPaaSを提供 グローバル販売でSaleforce.comと連携を強化
NECがSalesforceのサービスとERP連携を容易に実現するiPaaS「Enterprise Gateway」を提供する。(2015/10/7)

製造ITニュース:
グローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」に加盟
NECは、SAPパートナー企業による、グローバルなアライアンスネットワーク「United VARs」への加盟を発表した。今後はパートナー企業と連携し、SAPのクラウド型ERPサービス「SAP Business ByDesign」のグローバル導入を支援するという。(2015/10/7)

オラクル、クラウドERP/EPM製品の中堅企業向け短期導入支援サービス 850万円から
日本オラクルが、クラウド型基幹業務システムを850万円から導入できる低価格短期導入支援サービス「ERP/EPM Cloud導入サービス」を始めた。日本の会計業務に合わせたテンプレートを用意し、迅速なグローバル進出促進などを支援する。(2015/10/6)

製造IT導入事例:
インダストリー4.0に向け、データを統合管理する統合基幹業務システムを採用
田淵電機は、インダストリー4.0に向けたシステム革新のため、新世代ERP(統合基幹業務システム)「SAP S/4HANA」を採用した。システム導入により、業務課題の解決に加え、基幹システム外の各種機器からのデータの統合管理も可能になる。(2015/9/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。