ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「芸能人」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!国内芸能人・タレント→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で国内芸能人・タレント関連の質問をチェック

「100年大学 お金のこと学部」の開学イベントで:
「1000円からできるなら投資してみたい」――生駒里奈さん
日本証券業協会が東京大学とコラボレーションしてスタートする「100年大学 お金のこと学部」の記念特別講座が行われた。元乃木坂46のタレント生駒里奈さんも登壇し、投資についてコメントした。(2018/10/4)

「芸能人であろうが普通の人間」 川口春奈、“四重苦”のボロボロショットで親近感が急上昇する
何も隠さない川口さん好き。(2018/10/3)

ブログやSNSは“ネットの空気”をどう変えたのか? 平成最後の夏、「ネット老人会」中川淳一郎が振り返る
この平成、オタクのものだったネットはブログやSNSの登場でどのように一般、芸能人のものになっていったのか。サイバーエージェント・藤田晋社長に取材しながら、中川淳一郎が振り返る。(2018/9/22)

焼き鳥のCMでは効果大:
客単価は平均の2倍以上 ファミマが香取慎吾を引っ張り出して狙う“上顧客”とは?
ファミリーマートは2018年度下期に、タレントの香取慎吾さんを起用し、客単価が平均の2倍以上ある“上顧客”を狙う戦略を打ち出した。平均客単価が約500円なのに、倍以上使うお客とはいったいどんな人たちなのだろうか。(2018/9/18)

「ひたすら祈っております」 里田まいや大泉洋、GLAYのTERUら北海道出身芸能人が地震受けメッセージ
どうか北海道の皆さんが無事でありますように。(2018/9/6)

「VRoid Studio」活用したバーチャルタレント創出プロジェクト始動 ピクシブがSHOWROOMなどと共同で
3Dキャラクターを作れる無料ソフト「VRoid Studio」を活用するバーチャルタレント創出プロジェクト「AVATAR2.0」をピクシブなど3社が共同で開始した。(2018/9/5)

「anicas」が展開:
ペットタレントが撮影現場で「粗相」「機材を破壊」しても、最大5億円を補償するサービス登場
ペットタレント事務所「anicas」などを運営するピーリンク(東京都目黒区)は9月3日から、ペットタレントが撮影現場で起こした事故を補償する「anicas補償サービス」を始めた。(2018/9/4)

障害者はただの「数字」なのか:
障害者雇用水増しに「怒りより痛み感じて」 車いすの歌姫の叫び
障害者雇用水増し問題に障害者タレントが本音を語った。自分たちが企業から受けた差別を踏まえ「やっぱりそうなのか」。「私たちの痛みを自分のことと感じて」と話す。(2018/8/30)

「もう興奮が止まらない」 佐々木希ら秋田出身タレント、“103年ぶり決勝進出”に沸く金足農業に続々エール
決勝は21日14時から。(2018/8/21)

Microsoft Focus:
日本一身近で、“エモい”、国民的AIタレントになる!――女子高生AI「りんな」が“歌”で共感力を磨くわけ
MicrosoftのAIチャットbot「りんな」が、人との“共感”を重視し、文脈を理解してより人間らしく会話ができるように進化。さらに、自然で表現力に富んだ“歌声”に磨きをかけ、国民的AIを目指すという。進化するりんなの“野望”とは……。(2018/8/18)

今泉佑唯、欅坂46からの卒業を発表 夏の全国アリーナツアーには不参加、今後は「タレント活動を続けていきたい」
ブログでは自身の言葉で卒業を選んだ経緯を語っています。(2018/8/7)

スピン経済の歩き方:
剛力彩芽が叩かれる背景に、日本人の国民性
タレントの剛力彩芽さんが、ネット上で壮絶なリンチにあってしまった。交際宣言したスタートトゥディの前澤友作社長と同じタイミングで、ロシアW杯を観戦した写真をInstagramにあげたところ、批判が殺到したのだ。それにしても、なぜこのような「いじめ」が後を絶たないのか。(2018/7/31)

中の人などいない? いえ、います:
Hikakinを超える日も!? アンリアルな謎の人気者「Vチューバ―」を追う
3Dのキャラクターがユーチューバーになる「Vチューバ―」が若年層に人気。特に5人のキャラが台頭しているが世界観の乏しさが課題で、コンテンツとしてもタレントとしても成立する必要がある(2018/7/30)

「ホテルニューアワジ」のCMが10年ぶりリニューアル 朝比奈彩を起用、タレント出演は57年の歴史で初
めっちゃ爽やかになった。(2018/7/26)

テレビ業界にも「働き方改革」の波 現場スタッフを悩ます芸人とは……
国会で可決・成立した「働き方改革関連法」。残業時間の上限が定められることになったが、残業なんてあってないようなテレビ業界にもその波が押し寄せている。しかし、残業を減らせといわれる現場スタッフを悩ませている芸能人がいるというのだ。(2018/7/20)

「角でパンをくわえて待機する」バイトで1万円ゲットだと……!? へんてこ仕事で一気に稼げる「神マッハバイト」爆誕
コラボ企業&タレントも募集中です(2018/7/5)

番宣に特化した広告商品:
Ameba、芸能人・有名人ブログポータルでテレビ局向けの広告商品を提供
サイバーエージェントが運営する「Ameba」は、IPGと共同で開発したテレビ番組訴求に特化した広告メニュー「Ameba SP TVAD」の正式販売を2018年7月より開始した。(2018/7/3)

「パッと見、本人かと」 ものまねタレントみかん、「Missデビル」菜々緒メイクで悪魔的美女に変身する
しっかり特徴とらえてる。(2018/6/17)

Apple、オリジナルコンテンツでオプラ・ウィンフリー氏と契約
Appleが、トーク番組の司会者として人気のタレント、オプラ・ウィンフリー氏とオリジナルコンテンツ制作で契約した。(2018/6/16)

TGC2018 S/S:
桐谷美玲が紹介して人気沸騰の“ハーフ美少年”翔、11歳で堂々ランウェイデビュー 好きな芸能人は「櫻井翔」
Instagramでかっこよすぎると話題に。(2018/4/3)

radiko、ジャニーズタレント番組がエリア&タイムフリーに対応
ラジオのネット配信サービス「radiko.jp」が提供する2つのサービスでジャニーズ事務所所属タレントの番組が聴取可能になる。(2018/3/27)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
YouTuberのタイアップ起用ランキング、売れっ子の基準は?──サイバーエージェント子会社とエビリーが調査
テレビCMの出演社数はタレントの人気を占う1つのバロメーター。そのYouTuber版といえるのがタイアップ動画起用社数。2017年の動向は?(2018/3/20)

吉本興業「eスポーツ」参入 プロチーム発足、ゲーム実況配信、大会開催も
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「よしもとゲーミング」としてプロチームを複数運営するほか、ゲーム実況に特化したタレントを育成。eスポーツイベントも主催する。(2018/3/8)

おかもとまりがタレント引退を発表 「元々30歳までには引退予定」「早まったのには“とある理由”が」
“とある理由”については代理人を通して説明するとのこと。(2018/3/5)

放送前にテレビCMの広告効果を予測――野村総研、AIを活用した効果予測モデルを開発
野村総合研究所(NRI)は、AIを活用したテレビCMの効果予測モデルを開発。放送前にテレビCMの広告効果を高精度で予測し、色彩、タレントや商品の表示時間、BGM、カット数などを変更した場合にどの程度効果が改善するかについてシミュレーションできるという。(2018/2/7)

おぎやはぎを起用したプロモーションも開始:
「b→dash」が大規模アップデート、月額5万円から使える中小企業向け新製品も発表
フロムスクラッチはマーケティングプラットフォーム「b→dash」の大規模アップデートと新製品「b→dash Lite」、タレントのおぎやはぎを起用したプロモーション展開などについて発表した。(2018/2/6)

芸能人が胸元につけている「ピンマイク」がアクセサリーに カプセルトイで登場
300円で芸能人気取りできます(2018/1/22)

ものまねタレントのみかん、ばっちりメイクで安室奈美恵に変身 「すごい!」「そっくりです」
青春時代からのファンだったそうです。(2017/12/28)

オネエタレントのゆしん、整形をカミングアウト 10年前にまぶたを二重に
「やっと悩んでた日々も超えて自分らしく生きれてる」(2017/12/24)

PR:自撮りするぺこ&りゅうちぇるがめっちゃ楽しそう! 動画アプリ「Tik Tok」を芸能人たちが体験したら絆深まる番組に
濱口優さん、池田美優(みちょぱ)さん、紗蘭さん、内藤秀一郎さんがチャレンジします。(2017/12/22)

「百恵ちゃん」「モンローみたい」「マドンナor浜崎あゆみ」 きゃりーの“バブリー姿”が色んな芸能人に見えてくる
引き出しの多さスゴい。(2017/12/17)

恐るべし格付けチェック! GACKT、深刻なプレッシャーから高熱ダウン&5キロ減を明かす
一流芸能人にのしかかるプレッシャー。(2017/12/14)

天真らんまんさが人気のあの人:
2017年に最も「テレビCM」に出演した芸能人は……?
2017年に最もテレビCMで起用された芸能人は?――メディア分析を手掛けるニホンモニター調べ。(2017/12/6)

紛失した父の日のプレゼントがTwitterの力で持ち主のもとへ 女性タレントが「似顔絵入りお守りを拾った」とツイート
5年間持ち歩いていた思い出のお守り。(2017/10/17)

レジェンドホイホイだこれ! “ユーミンバー”に久保田利伸&天海祐希&清水ミチコら豪華タレントが来店
アルバム「宇宙図書館」のコンサートツアーが9月22日まで開催。(2017/9/22)

ドラマ「トットちゃん!」のPRで活用:
黒柳徹子さんそっくりのロボット登場 しぐさや声も再現
電通など4社が、タレントの黒柳徹子さんにそっくりなロボット「totto(トット)」を共同開発した。(2017/9/14)

「スタッフに向けエアガン発砲」 ジャニーズが公開した「やめてほしい過激な追跡行為」にネット騒然
最悪の場合タレントが公共交通機関を利用できなくなる恐れもあるとして、注意を呼び掛けています。(2017/9/13)

ERAが「武井咲の違約金10億報道」に関する声明 「違約金10億円は到底考えられない」
「タレントたちに対して不当な圧力を与え、結婚、妊娠を始めとする人間として大切な自由と権利を不当に制限する原因となりかねない」(2017/9/7)

トップオブトップのインフルエンサーとタイアップ:
山田孝之氏も参画、トランスコスモスがライブコマースを手掛ける新会社設立
トランスコスモスは、芸能人をはじめとするインフルエンサーのプレミアムコンテンツをライブ動画で販売する新会社ミーアンドスターズの設立を発表した。同社取締役には俳優の山田孝之氏も名を連ねる。(2017/9/5)

タレントの椿姫彩菜が改名 「姫」が付いていることに「疲れました」
「なかなか変換でも出づらい」とも。(2017/8/29)

古坂大魔王、15歳下のタレント安枝瞳と結婚 ピコ太郎の“愛する妻”も初公開で祝福4ショット
ピコ太郎さんの妻も初公開!(2017/8/4)

アニメ「ポケモン」の思い出に残るエピソードを10回限定で再放送
芸能人、著名人が思い出に残るエピソードを選出して再放送します。1週目は第1話「ポケモン!きみにきめた!」。(2017/7/21)

今のはやりは「SNS」:
「BOOWY」「あいのり」知る10代は約3割 変わる流行
過去に一世を風靡(ふうび)したテレビ番組や芸能人などについて、今の10代はどの程度知っているのだろうか――マクロミル調べ。(2017/7/12)

「メルカリチャンネル」開始 ライブ配信で商品販売
開始を記念してタレントたちによるライブ配信も予定。(2017/7/6)

中国で注目のライブ動画を導入:
「メルカリチャンネル」スタート ライブ動画×ECで取引促進
メルカリの新機能「メルカリチャンネル」がスタート。タレントやインフルエンサーによるライブ動画で商品の販売・購入ができる機能で、さらなる取引促進を目指すという。(2017/7/6)

メルカリ、ライブ配信で販売「メルカリチャンネル」開始
メルカリが、ライブ配信で商品を販売できる「メルカリチャンネル」を7月6日に始める。当面はタレントなどが番組を配信し、全ユーザーが視聴できる。(2017/7/6)

ゆとり記者が聞く:
「生配信で月1000万円の子も」 “努力が実る”SHOWROOMにアイドルのタマゴが殺到する理由
アイドルやタレントのタマゴが集まる仮想ライブ空間「SHOWROOM」。中には「月に1000万円売り上げる子もいる」という。SHOWROOMの「努力が実る」仕組み作りについて、前田社長に聞いた。(2017/7/5)

理想の面接官は桜井翔さんら:
就活生に聞く、面接官だったら怖い芸能人 1位は?
「面接で出てきたら手ごわそうな芸能人」「理想の面接官」は誰?――テクノプロコンストラクション調べ。(2017/6/15)

芸能人の権利を守る擁護団体、弁護士が設立 芸能人の法知識向上やセカンドキャリアまで支援
田中聖さんや橋爪遼さんの逮捕に際しては、「犯人前提の報道がないよう求める」と声明。(2017/6/6)

「業界No.1」「芸能人が来院」はNG ダメな医療機関Webサイトの見分け方教えます
厚労省のガイドラインを解説。(2017/6/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。