ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スーツ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「新社会人かと思った!」 安達祐実、ドラマ「リーガルV」のフレッシュなスーツ姿がやっぱり若い
時が止まっているようだ。(2018/10/11)

AOKI、スーツのレンタルサービス「suitsbox」の顧客サービス向上に「Salesforce Service Cloud」を活用
AOKIは、月額制のスーツレンタルサービス「suitsbox」の顧客管理基盤として、SalesforceのCRMプラットフォーム「Salesforce Service Cloud」を導入。顧客ごとのサービス最適化を図るとともに、リアルタイムデータを基にしたKPIなどを参照できるようにした。(2018/10/2)

アシストスーツ:
空気圧式の“人工筋肉”を搭載したマッスルスーツ3タイプ、鉄筋工など前屈みの作業をサポート
PALTEKは、イノフェスが開発した空気圧式アシストスーツ「マッスルスーツ」シリーズに、導入しやすい低価格化・軽量化を図った「Edge」モデルが新たに加わり、販売を開始した。マッスルスーツは、これまでに3400台以上が導入されており、今後引き合いの多い建設業界にも本格的にPRしていく。(2018/9/13)

記者も着用、重量物の持ち上げも:
産業向け「パワードスーツ」の黒船、ドイツから到来
ドイツのロボティクス企業であるGBS German Bionic Systems(以下、GBS)は2018年9月11日、同社の産業向けパワードスーツ「Cray X」を日本で販売開始すると発表した。多くの有力企業がひしめく激しい競争下にある日本市場で、GBSはどのような戦略を取るのか。(2018/9/12)

物流業などの利用を想定:
2万円台で0.5キロの“安くて軽い”アシストスーツ登場 腰のサポートに特化
ユーピーアールが、2万5000円〜2万8000円と安価なアシストスーツ「サポートジャケットBb+FIT」を発表。腰のサポートに特化した機能を持つ。0.5キロ〜0.6キロと軽量な点も特徴だ。(2018/9/10)

ZOZOSUITなくても“ぴったりの服“推定 スタートトゥデイが新サービス
スタートトゥデイは、利用者が採寸用ボディースーツ「ZOZOSUIT」で体型を計測したデータがなくても、個々の体型を推定してTシャツなどを提供するサービスを始めた。(2018/9/7)

映画「アントマン&ワスプ」インタビュー前編:
「スーツはウルトラマン、巨大化はゴジラを意識」 映画「アントマン&ワスプ」のペイトン・リード監督、特撮好き歓喜の撮影秘話語る
特撮好きには絶対に見て欲しい一本です。(2018/8/30)

ムーディ勝山のジワるインスタ、ニルヴァーナの名作ジャケット再現に「雰囲気は出てる」など反響
でもスーツは脱がないムーディさん。【訂正】(2018/8/17)

「ZOZO」ブランドで毎週新商品発売 まずはインナー向けTシャツから
スタートトゥデイが、採寸用スーツ「ZOZOSUIT」で計測した結果に合わせて最適なサイズの服を注文できるプライベートブランド「ZOZO」の新商品を拡充する。まずはインナー向けTシャツから始め、毎週新商品を発売予定という。(2018/8/15)

大手住宅メーカーが「ロボット」「アシストスーツ」で作業員の負担を軽減!
大手住宅メーカーが施工現場で、ロボットやアシストスーツを活用して作業負担の軽減化を図る取り組みを進めている。高齢化の進展によって、就業者の数が引き続き減少するのは必至。一連の取り組みは今後加速していくとみられる。(2018/8/9)

スーツのような作業着「ワークウェアスーツ」にライトモデル 約2分の1に軽量化
ジャケットの裏地を付けないことにより軽量化。(2018/8/7)

ZOZOSUITの“ゲリラ配布”も視野:
PBに積極投資のZOZO、「女性用スーツ」など発売へ ZOZOSUITでオーダーメイド
スタートトゥデイが、PB「ZOZO」の今後の戦略を発表。8〜9月にネクタイ、ニット、長袖Tシャツを発売。10月以降は女性用スーツ、コートなどを展開する予定という。(2018/7/31)

ロボットスーツ、被災地活躍の舞台裏 「社内でかき集め、大急ぎでプログラム書き換えた」──西日本豪雨で
西日本豪雨の被害を受けた岡山県で、人の作業負荷を軽減する「ロボットスーツ」が活躍。当時の状況を担当者に聞いた。(2018/7/23)

だらっとしたポーズを描きたい絵描きのためのカタログに新作 スーツ姿のだらっとポーズも収録
描きづらいポーズもこれで大丈夫です。(2018/7/13)

赤いZOZOSUIT、1000着限定で発売 最短で注文した翌日に届く
スタートトゥデイが1000着限定で赤い採寸用スーツ「ZOZOSUIT RED」を発売。価格は2000円(税込)。(2018/7/12)

水曜インタビュー劇場(水道発公演):
なぜ「スーツみたいな作業着」をつくって、しかも売れているのか
スーツのような作業着「WORK WEAR SUIT(ワークウェアスーツ)」が売れている。製造しているのはアパレルメーカーでもなく、作業着メーカーでもない。水道工事などを行っている会社がつくったわけだが、なぜこのような商品を開発したのか。その狙いを聞いたところ……。(2018/7/11)

スーツにこだわる層を増やしたい:
自分専用スーツの“レンタル”サービス レナウンの「着ルダケ」
レナウンが「スーツを所有しないで利用する」をコンセプトにした「着ルダケ」のサービスに本腰を入れる。自分専用のスーツを“レンタル”できるのが特徴で、5年間で1万人以上のユーザー獲得を目指している。(2018/7/10)

胸板が盛り上がって見えるインナー「Funkybod」 スーツの中に着れば誰でも007に
ジェームズ・ポンドのようなカッコいいスーツスタイルに。(2018/7/6)

自分にピッタリのスーツが家で買えるZOZOSUITを「NEWS TV」で議論した
(2018/7/3)

初のフォーマル商品:
「ZOZO」ブランドにビジネススーツ登場 「ZOZOSUIT」計測でぴったりフィット
「ZOZO」に初のフォーマル衣料が登場。「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」を7月3日午後6時に発売する。「ZOZOSUIT」 で計測したデータを基に、一人一人の体形に合わせて仕立てる。(2018/7/3)

7月3日午後6時30分ごろ放送:
【番組予告】ZOZOSUITでビジネススーツを注文? 「NEWS TV」で試してみる
(2018/7/3)

「ZOZO」ブランドで「ビジネススーツ」発売 ZOZOSUIT活用で「肩傾斜や体形の左右差も考慮」
スタートトゥデイは、プライベートブランド「ZOZO」の商品ラインアップを拡充する。メンズの「ビジネススーツ」「ドレスシャツ」のセットを2万4800円で提供する。(2018/7/3)

ビジネスの裏側:
ちょっと1着どう? 上司が買うと部下はタダ「スーツおごりサービス」
「ちょっと一杯」の飲みニケーションはもう古い?。上司がオーダースーツを購入すると、部下の分のスーツ代が無料になる「スーツおごりサービス」が話題を呼んでいる。(2018/6/28)

一流の営業マンはやっている:
サラリーマンが5分でできる、簡単な服装チェック術
「大事な商談があるのに、どんな服装にすればいいのかよく分からない」「いつもと同じスーツで」といった人も多いのでは。身だしなみに自信を持てない人はどのようにすればいいのか。スタイルアドバイザーのたかぎ・こういち氏が、たった5分でできるチェック術を紹介する。(2018/6/25)

積水ハウスが開発した「会話する施工ロボット」と「アシストスーツ」の実機デモ
積水ハウスは、住宅施工現場での作業負荷軽減を目的に、「天井石こうボード施工ロボット」をテムザックと、「上向き作業用アシストスーツ」をダイドーと、それぞれ共同開発した。ロボットは、ゼネコンなどで導入されている産業用ロボットと異なり、AIを搭載し、互いに通信でコミュニケーションを取りながら施工する珍しいタイプ。アシストスーツは、作業者の腕をサポートし、長時間の辛い上向き作業を楽にする。(2018/6/19)

夏目の「経営者伝」:
コナカの「Tシャツのように洗えるスーツ」は、こうして生まれた
株式会社コナカの湖中謙介社長は、「たびたび同じ悪夢を見る」という。連結売上高700億円の企業に成長したのに、なぜ悪夢を見るのか。話を聞いてみると……。(2018/6/18)

夏目の「経営者伝」:
優秀なバイヤーは一番高い価格で買う コナカ社長の考え方
「紳士服のコナカ」「SUIT SELECT」などを全国に展開し、年間約700億円を売り上げる株式会社コナカ。2016年にはカスタムオーダースーツを3万5000円から買える店「DIFFERENCE」の展開するなど、ユニークな会社だ。同社の湖中謙介社長にインタビューした。(2018/6/14)

スーツ型作業着「ワークウェアスーツ」に夏コレクション 高い通気性と軽量化により、夏の作業に最適化
(2018/6/12)

自転車通勤や営業にぴったり?:
「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデル登場 社長「パリコレ目指す」
ネットで賛否両論を呼んだ「スーツに見える作業着」に軽量の夏モデルが登場。裏地をなくすなどの工夫によって軽量化と通気性の向上を実現したという。開発元に意気込みと今後の目標を聞いた。(2018/6/12)

ZOZOSUITは計8サイズ 「サイズ『2』以外は発送遅れている」
採寸スーツ「ZOZOSUIT」新型も発送遅れ。「1」〜「8」の8種類あるサイズのうち「サイズ『2』」以外は発送が遅れているという。(2018/6/11)

「ZOZO」ブランドに「ボタンダウンシャツ」登場 首回りや肩幅調整OK、ぴったりサイズに
採寸用スーツ「ZOZOSUIT」で身体を計測した結果に応じて最適なサイズの衣服を注文できる「ZOZO」の新商品として、「オックスフォードシャツ」が登場。3900円。(2018/6/6)

「好物は生肉」「鳴き声大きめ」 “with B”コージ、ヒト科代表で動物園に展示されてしまう
スーツは着たまま。(2018/5/30)

32歳女性社長がひらめいた! スーツに見える作業服「ワークウェアスーツ」人気
作業服なのにスーツに見える「ワークウェアスーツ」が、工事や技術関連の現場仕事に従事する人たちに人気だ。3月に発売するやいなや注文が殺到し、最初の1カ月だけで売り上げ目標の5倍を達成した。(2018/5/28)

「これ困りますよね」 磯山さやか、スーツ姿での“巨乳あるある”がうらやましすぎる悩み
巨乳も困ってる。(2018/5/23)

機能性も十分:
32歳女性社長がひらめいた! スーツに見える作業服「ワークウェアスーツ」人気
東京・池袋の水道工事関連会社が売り出した作業服なのにスーツに見える「ワークウェアスーツ」が、工事や技術関連の現場仕事に従事する人たちに人気だ。(2018/5/23)

筑波大発ロボットスーツ、記者が装着し25キロの箱を持ち上げてみると……
腰の動きをサポートするロボットスーツ「HAL腰タイプ」。全国の建設現場や介護施設などで活用され、従業員らから好評を博している。使用感を、産経記者が体験した。(2018/5/9)

ZOZOSUIT、注文履歴からキャンセル可能に 「仕様変更で残念な思いさせた」と前澤社長
「ZOZOSUIT」の仕様が大幅に変更され、予約者の中には「新仕様のスーツは不要だ」という人も。そんな声を受け、スタートトゥデイはこのほど、注文済みの「ZOZOSUIT」のキャンセルを注文履歴画面から行えるようにした。(2018/5/8)

ロボット開発ニュース:
住宅メーカーが全国9工場へロボットスーツを導入、作業者の負担を軽減
大和ハウス工業は、技術者の作業負担を軽減するため、CYBERDYNEのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9カ所の工場に導入した。腰部にかかる負荷を軽減し、腰痛などの発生リスク低減につなげる。(2018/5/7)

注目を集める「スーツに見える作業着」の女性用が発売 「かがんだときに背中が見えないように」という配慮も
女性らしいデザインと機能性を目指して開発されました。(2018/5/3)

男性用はネットで話題:
「スーツに見える作業着」に女性用登場 現場でもデートでも使える?
オアシススタイルウェアが、スーツ型作業着「WORK WEAR SUIT」の女性用を5月7日に発売する。作業着にジャケット風の襟などを設けてスーツに見えるよう仕立てた点が特徴。建設業者などで働く女性がターゲットで、通勤、作業現場、営業現場、デートなど、幅広いシーンで着用できるという。(2018/5/2)

配送遅れた「ZOZOSUIT」、マーカー方式の新型に 「7月中旬に届ける」
スタートトゥデイが、全身を瞬時に採寸できるスーツ「ZOZOSUIT」の新型を発表した。(2018/4/27)

採用事例:
大和ハウス工業が全国9工場にロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を導入
大和ハウス工業は、サイバーダインのロボットスーツ「HAL腰タイプ作業支援用」を全国9工場、計30台導入し、技術者(職方)の作業負荷軽減に取り組むという。(2018/4/23)

見た目はスーツ、実は作業着 「ワークウェアスーツ」はなぜ生まれたか
「スーツの代わりに着たい」という声もあがるなどさまざまな反響が。開発元に聞きました。(2018/4/13)

はるやま商事、スーツ姿によく似合うフォーマルな「レザースニーカー」発売 営業さんの心強い味方に
長時間歩くビジネスマン向け。(2018/4/5)

朝日新聞、就活生に「リクルートスーツで来ていただく必要ありません」と宣言 SNSでは賛否両論
真面目なイメージの会社が呼びかけるとインパクトがあります。(2018/4/3)

「スーツに見える作業着」が登場 人手不足にあえぐ清掃・設備・建設業界のイメージ改善を目指して
伸縮性や防水、多収納など、作業着に求められる機能を完備。(2018/3/28)

ZOZOSUITはなぜ生まれた? 配送はいつ? スタートトゥデイの前澤社長に聞いてきた
身体のサイズを一瞬で計測できるというセンサー内蔵ボディースーツ「ZOZOSUIT」。なぜこのようなスーツを開発したのか、そしてユーザーの手元にはいつ届くのか。スタートトゥデイの前澤社長に聞いた。(2018/3/20)

ディルバート(545):
「パワハラ対策スーツ」の謎
新手(?)のハラスメント対策を勧めるボス。本当に着るべき人は他にいそうですが……。(2018/3/15)

イケメン乃木坂、スーツ姿で「はるやま」新CM発表会に登場! 20thシングル「シンクロニシティ」も初披露
卒業を発表した生駒さんについてもコメント。(2018/2/7)

転職バーのハルカさん(6):
PR:クレイジーフォーユー――狂おしいほど好きよ、タコ
そこそこのエンジニア「シュウヘイ」が「転職バー」で「ブラッディ・シーザー」を飲んでいると、男物のスーツを着た美女が現れた。「自分はスパイだ」と名乗る彼女、何やら大変な秘密があるようで……。(2018/2/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。