ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「動画共有サービス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!動画サービス→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で動画サービス関連の質問をチェック
ニコ生、Ustreamの厳選動画番組表/ITmedia ライブガイド

YouTube、ゲームコンテンツでTwitch対抗強化、「YouTube Gaming」アプリは終了へ
YouTubeがゲームコンテンツの新しいポータル「YouTube Gaming」をまずは米国で開設した。iOSおよびAndroid版YouTube Gamingアプリは2019年3月に提供を終了し、YouTubeアプリに1本化する。(2018/9/19)

Verizon、5Gサービス一番乗り 10月1日から「5G Home」をロサンゼルスなどでスタートへ
米通信大手のVerizonが、家庭向け5Gサービスをロサンゼルスなど一部地域で10月1日から提供開始する。最初の3カ月は無料で「YouTube TV」も利用可能。その後は月額50ドル/70ドル。(2018/9/12)

ポール・マッカートニー、YouTubeでコンサートを日本時間9月8日にライブ配信へ
ポール・マッカートニーが9月7日にニューヨークで開催するコンサートをYouTubeでライブ配信する。日本でも視聴できる見込み。(2018/9/6)

輝夜月が“VRライブ”開催 ライブビューイングで5000人を動員
バーチャルYouTuberの輝夜月がVR空間で音楽ライブを実施した。(2018/9/3)

YouTube、“動画で募金”支援ツール「YouTube Giving」提供開始
YouTubeが、クリエイターや非営利団体自体が動画を通じて募金するためのツール「YouTube Giving」の提供をまずは北米で開始した。視聴者は「Donate」ボタンのタップで支援したい団体に寄付できる。(2018/8/31)

ウェアラブルニュース:
熟練工の技術を動画でマニュアル化する技術継承ソリューション
JMACSとイノベーションプラスは、スマートグラスによる遠隔作業支援と、スマートフォン動画共有サービスを連携させた技術継承ソリューション「EyePlus」を発売した。多くの製造業が抱える、技術継承についての課題解決を目指す。(2018/8/31)

Facebook、YouTube対抗動画サービス「Watch」を日本を含む世界で提供開始
Facebookが昨年8月に米国で立ち上げた動画配信サービス「Watch」を、日本を含む世界で提供開始した。FacebookアプリやApple TVでクリエイターの動画を視聴できる。(2018/8/30)

“本命”ついに降臨 ハローキティがYouTuberデビュー
「時には『仕事を選ばない』などという声もいただきましたが」すみませんすみません……。(2018/8/30)

ハローキティがYouTuberに 公式チャンネル開設
ハローキティが公式YouTubeチャンネルを開設。子供から大人まで幅広いターゲットに向け、社会課題や教育にも目を向けた多岐にわたるコンテンツを配信するという。(2018/8/30)

ソフトバンク、SNSや対象動画サービスが使い放題になる「ウルトラギガモンスター+」を発表 YouTube、Huluなどが見放題に
動画が見まくれる。(2018/8/29)

ソフトバンク、SNSや動画サービス“使い放題”の「ウルトラギガモンスター+」 月額3480円から
ソフトバンクが新料金プラン「ウルトラギガモンスター+」を発表した。YouTubeなどの動画サービス、LINE、InstagramなどのSNSは“使い放題”にする。9月6日から申し込みを受け付ける。(2018/8/29)

Blue Microphones、ユーチューバー向きなコンパクトUSBマイク「Yeti Nano」を100ドルで発売
Blue Mircophonesが、YouTubeやPodcasterに人気のUSBマイク「Yeti」の小型版「Yeti Nano」を99.99ドルで発売した。(2018/8/29)

YouTubeアプリ、使いすぎ防止機能「視聴時間」スタート
YouTubeのAndroidおよびiOSアプリに実際の視聴時間を表示する「視聴時間」機能が追加された。使いすぎていないかどうか確認する助けになる。(2018/8/28)

「動画ひどい」「税金の無駄遣い」と話題 環境省発の萌キャラ「君野イマ&ミライ」は本当に“無駄”なのか話を聞く
YouTubeでの再生数は3桁のものも多数。しかしそれだけが全てというわけではないようで……?(2018/8/27)

YouTubeの「スキップできない動画広告」、全クリエイターが利用可能に
利用するか否かは任意なので、スキップ不可の広告が入る動画ばかりになるわけでもないかも?(2018/8/27)

YouTube、「スキップ不可の動画広告」を全パートナーに開放へ
これまで一部のクリエイターのみが利用できた「スキップ不可の動画広告」を、YouTubeパートナープログラムに参加しているすべてのクリエイターが利用できるようになる。(2018/8/26)

Google、不正利用のアカウント削除を発表 イランが関与と判断
Googleが失効させたYouTubeやBlogger、Google+のアカウントは、イランの利益に沿った政治コンテンツを拡散させていたとされる。(2018/8/24)

成功する動画広告、メディア別の傾向と対策:
Facebookの動画広告はYouTubeとどう違う? 目指すべき方向性とクリエイティブのポイント
今回はFacebookでの動画広告活用について解説します。(2018/8/22)

サントリー初の公式VTuber「燦鳥ノム」119歳、きょうデビュー
サントリーコミュニケーションズが、サントリー初の公式バーチャルYouTuber「燦鳥ノム」(さんとりのむ)のデビューを発表し、キャラクタービジュアルを公開した。8月17日午後6時にデビュー動画を配信する。(2018/8/17)

米Google、サービス悪用の手口発見も報奨金の対象に
YouTubeやGmailといった傘下のサービスで、詐欺やスパムの対策を迂回する手口を発見した研究者に対して報奨金を支払う。(2018/8/17)

今日のリサーチ:
バーチャルYouTuberが半年で4000人以上に――ユーザーローカル調べ
ユーザーローカルはCyberVと協力し、バーチャルYouTuberの市場成長ついて分析しました。(2018/8/14)

YouTube大量削除問題……ネット上の表現規制、どう考える? 村井純氏・町村泰貴氏に聞く
YouTube動画が大量に削除される騒ぎがあった。匿名掲示板での呼びかけをきっかけに、運営事業者が削除を行い、20万本以上の動画が閲覧できなくなったとみられる。多様な意見が飛び交うインターネット上の表現規制はどうあるべきか。村井純教授と町村泰貴教授に聞いた。(2018/8/13)

『週刊少年ジャンプ』50周年記念公式YouTubeチャンネル開設 歴代掲載作品のアニメ版を無料公開
2019年3月31日まで、80タイトル以上を随時配信。最初のラインアップは「キン肉マン」「北斗の拳」「SLAM DUNK」「幽☆遊☆白書」。(2018/8/10)

「週刊少年ジャンプ」公式YouTubeチャンネル開設 アニメ80作品以上を無料公開
集英社が「週刊少年ジャンプ」創刊50周年を記念してYouTubeチャンネルをオープン。少年ジャンプ作品のテレビアニメ80タイトル以上を、2019年3月末まで無料で公開する。(2018/8/10)

街角で突撃! 「永田町のYouTuber」 国民民主・玉木雄一郎共同代表、手応えも……知名度に冷や汗
国民民主党の玉木雄一郎共同代表が「永田町のYouTuber」を宣言し、YouTubeに公式チャンネルを開設した。玉木氏による街頭突撃インタビュー映像を配信し、党勢低迷打開と自身の知名度アップを狙うが、効果のほどは?(2018/8/9)

TwitterのドーシーCEO、陰謀論者のアカウントを凍結しない理由をツイートで説明
Apple、Facebook、YouTube、Spotifyが次々と陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏のコンテンツやアカウントを締め出す中、その流れに乗らないTwitterのジャック・ドーシーCEOがその理由を説明した。(2018/8/8)

Apple、YouTube、Facebookなど、陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏を締め出す
陰謀論者として知られるアレックス・ジョーンズ氏のPodcastをAppleがアプリから削除し、YouTubeは同氏のチャンネルを、Facebookは同氏のページを停止した。Twitterは今のところアカウントを停止していない。(2018/8/7)

バーチャルYouTuber、半年で急増 181人→4475人に
バーチャルYoutuberは今年1月末から7月末までの約半年間で急拡大。181人から4475人と、4000人以上増えた。1日当たり平均約20人デビューしている計算だ。(2018/8/7)

YouTubeの保守系チャンネルが相次ぎ閉鎖 「削除の基準、不透明」と批判
差別発言の撲滅か、言論の自由の侵害か――。YouTubeで5月以降、中国や韓国に批判的な保守系動画投稿者の利用停止が相次いでいる。背景には「差別的な動画」への通報運動の盛り上がりがあるが、投稿者らは「削除基準が不透明」として反発を強めている。(2018/8/7)

「閃乱カグラ」新作発表会まさかの配信停止 YouTubeが“性的なコンテンツ”と認識
……。(2018/8/4)

「艦これ」が好きな広報系VTuber登場 DMMがバーチャルYouTuber「星名こむ」を20周年キャンペーンの応援大使に
ゲームで興奮し過ぎるかわいい広報社員さんです。(2018/8/3)

特定YouTuberの動画を視聴したユーザーを対象に計測:
YouTuber動画のブランドリフト効果測定、サイバーエージェント子会社が提供
CA Young Labはインフルエンサープロモーションの最適化システム「iBOS」においてYouTuber動画のブランドリフト効果を測定する新機能を提供開始した。(2018/8/2)

Androidの「時計」アプリ、アラーム音としてSpotifyの楽曲設定可能に
Androidの「時計」アプリのアラームで、Spotiryの楽曲をアラーム音に設定できるようになった(現在ローリングアウト中)。将来的には「YouTube Music」も追加される見込みだ。(2018/8/1)

私が起業した理由:
YouTuber教育プログラムで子どもたちに教えている、動画の撮り方より大切なこと
子どもたちのやりたいことを叶えたいという思いから「YouTuber Academy」の運営を始めたFULMA代表の齊藤涼太郎さん。彼が考える、子どもたちに身に付けてほしい、変化の激しい時代を生き抜くのに必要な力とは何だろうか?(2018/8/1)

YouTube Music、日本では9月から?
YouTube Musicが日本でスタートするとしたら、YouTube Redはどうなる? Google Play Musicは?(2018/7/30)

YouTube、デスクトップでの縦長や4:3など非標準アスペクト比の動画表示を改善
YouTubeが、PCのWebブラウザでの動画表示で、これまで上下や左右に黒い帯を入れて表示していた16:9以外のアスペクト比の動画の表示を改善した。(2018/7/30)

「シン・エヴァンゲリオン劇場版」特報、YouTubeで公開 盗撮UPには「厳しく対処」「匿名でも特定」
「シン・エヴァンゲリオン劇場版」の特報がYouTubeで正式に公開された。この特報を映画館で盗撮した映像がネットで出回っているが、「盗撮した映画本編をアップロードすることは著作権侵害に当たる」と指摘。「厳しく対処する」としている。(2018/7/27)

フジロック初のYouTube生配信、ラインアップ47組発表 N.E.R.D、VAMPIRE WEEKEND、サカナクション、cero等
ありがてぇ……。(2018/7/26)

フジロックのYouTube生配信、エレカシやサカナクションなど40組以上が登場
「フジロックフェスティバル'18」のパフォーマンスをYouTubeで生視聴できるアーティストが決まった。エレファントカシマシやサカナクションなど40組以上をライブ配信する。(2018/7/23)

生物史の最新研究CG動画「全地球史アトラス」新作 「カンブリア紀の生命大進化」など
情報・システム研究機構国立遺伝学研究所と東京工業大学は7月19日、生命誕生や進化に関する最新の研究仮説を盛り込んだ動画「全地球史アトラス」の新シリーズをYouTubeに公開した。(2018/7/19)

米YouTube本社に導入されたデジタルサイネージ管理システム、「顔認識」で次の一手
紙器・パッケージの製造販売を行うサガシキは、日本で独占販売契約を結んでいるオープンプラットフォームのデジタルサイネージ管理システム「ENPLUG(エンプラグ)」に、新機能として顔認識システムを追加した。(2018/7/18)

ガチャピン、YouTuberになる UUUMと契約し「ガチャピンちゃんねる」開設 メントスコーラ等に挑戦
HIKAKINやはじめしゃちょーの後輩となる期待の大型新人に。(2018/7/18)

YouTubeのAndroidアプリに履歴を残さない「シークレットモード」
Android版YouTubeアプリで、GoogleのChromeブラウザにあるような「シークレットモード」が使えるようになった。有効にすると、閲覧や検索の履歴が残らない。(2018/7/11)

バーチャルYouTuberが4000人を突破 一部の県なら町が作れる数
Vtuber町。(2018/7/11)

YouTube、信頼できる動画提供のための「Top News」やWikipedia表示を開始
YouTubeが、特に速報動画についての信頼性を高めるために、「ホーム」タブにニュースコーナーを設置し、検索結果によってはWikipediaなどの用語解説を表示するようになる。(2018/7/10)

今日のリサーチ:
TwitterとInstagramが「動画視聴のきっかけ」でYouTubeに迫る――モバーシャル調べ
モバーシャルは、「第5回スマートフォンの動画視聴実態調査」を実施しました。(2018/7/9)

フランスの原発に「スーパーマン」ドローン激突 グリーンピースが動画投稿
グリーンピースがスーパーマンの格好をした無人機を原子力発電所に激突させた。(2018/7/5)

コメント内容などモニタリング:
サイバーエージェント子会社、YouTuberプロモーションにおける動画配信リスク探知ツール「Risk Hack」を提供
サイバーエージェントの連結子会社CA Young Labは、YouTuberプロモーションにおける動画配信のリスク探知ツール「Risk Hack」の提供を開始した。(2018/7/4)

フジロックフェスティバル'18、YouTubeで一部ライブ配信
公式YouTubeチャンネルにて、ライブ配信だけでなくアーティストのインタビューも。(2018/7/3)

フジロック、YouTubeでライブ配信
「フジロックフェスティバル'18」のライブパフォーマンスの一部をYouTubeで生配信する。(2018/7/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。