ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出産」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出産」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「ご近所限定SNS」人気の理由 子育て世代にヒット、自治体にも広がる輪
情報過多の時代を反映して、いま注目を集めているのが「地域限定のSNS」である。そのひとつ「マチマチ」に取材をしてみた。(2018/10/16)

「森三中」大島美幸と夫・鈴木おさむが17回目の結婚記念日 「おめでとうー! 自分たち」と喜び爆発
理想の家族像。(2018/10/15)

離乳食を題材にした絵本風「りにゅうこく物語」ママたちから絶賛 離乳食中&これから始める家庭に笑顔をくれる
ゆっくりゆっくり仲良くなっていこうね。(2018/10/15)

全員が手の平に乗ってしまうちっちゃさ ミーアキャットの赤ちゃん5匹がかわいすぎる
ちっちゃい……!(2018/10/14)

紺野あさ美&松丸友紀&秋元玲奈&狩野恵里、“テレ東ママ友会”の親子ショットに「みんなママの顔」の声
子どもたちとのショットに紺野さん「なんだか圧巻!」(2018/10/13)

「可愛すぎてびっくりした」「相変わらず美しい」 ママとなった武井咲、出産後初の雑誌カバーがまるで天使
圧倒的美……!(2018/10/12)

職場怖い話:
「産休者が出ると塩をまいて穢れを落とす」 “女の職場”の本当にあった怖い話
怖いな怖いな〜イヤだなイヤだな〜。(2018/10/12)

U&Iターンの理想と現実(50):
徳島編:IT系イベントは東京比で100分の1――僕がUターンで失ったもの
アイデアソンもねえ、ハッカソンもねえ、勉強会もそれほどやってねえ。AIねえ、ブロックチェーンねえ、たまにあるのはRubyくらい――そんな徳島で僕は絶対的幸福を手に入れました。(2018/10/11)

大沢あかね、第3子妊娠を報告 「大切な家族がまたひとり増える事を嬉しく感じております」
2010年に第1子を、2016年に第2子を出産しています。(2018/10/9)

「あなたがいてくれたから」 須藤理彩、脳腫瘍で亡くなった夫・川島道行と2ショットで思いをはせる
2016年に脳腫瘍で亡くなっていました。(2018/10/9)

「平和で優しい愛に溢れた家庭を」 モデル仁香、16歳下カメラマンに寄り添い笑顔の幸せ2ショットで再婚を発表
お幸せに!(2018/10/9)

「結構激しめです」 妊娠8カ月の辻希美、“ぽこぽこ”跳ねるお腹を動画で公開
第4子を妊娠中の辻さん。出産は12月ごろを予定しています。(2018/10/8)

「毎年一緒にお祝いできて幸せ」 蛯原友里、双子の英里と30代ラストの誕生日ににっこり笑顔ショット
美人双子!(2018/10/6)

何歳になっても全盛期 矢田亜希子&一色紗英&小沢真珠の3ショットにファン「変わらない美しさ」
美しさがまぶしい。(2018/10/3)

陣痛に耐えられなかった体験談に反響 「無痛分娩がもっと一般的になればいいのに」「出産はゴールでなくスタート」の声
自然でも無痛でもママが安心できる出産ならいいじゃないか。(2018/10/3)

東尾理子、いしだ壱成&飯村貴子の第1子誕生に祝福の言葉を贈る わが子は生後約5カ月で“叔母”に
さらににぎやかになるな!(2018/10/2)

Amazonにベビー用品の買い物リスト機能 「Amazon ベビーレジストリ」日本上陸
Amazon.co.jpが哺乳瓶やベビーカーといった出産・育児関連の商品をリストにして公開できるサービス「Amazon ベビーレジストリ」を日本でも開始した。(2018/10/1)

ティーン時代の輝きハンパない! 相武紗季の写真集『10代』『surf trip』がデジタル版で再リリース
初めて見たとき衝撃的だった。(2018/10/1)

「当たり前がどれだけ大切な事か」 MALIA.、元夫・山本KID死去後初のインスタ更新で命について思いをはせる
MALIA.さんと山本さんは2004年に結婚、2008年に離婚していました。(2018/9/28)

SNSに振り回される現代人を描く……本谷有希子さんの作品集「静かに、ねぇ、静かに」
本谷有希子さんの芥川賞受賞後初の作品集『静かに、ねぇ、静かに』(講談社)は、「インスタグラム」を始めとするSNSに翻弄される人々を描く。(2018/9/28)

「沢山の想いを胸にボクテの最後を演じました!!」 「半分、青い。」電話でユーコの状況伝える志尊淳の名演技に「表情とか背景見えた」の声
「『鈴愛ちゃん? ボクテ』この一言だけで分かった」という人も。【ネタバレあり】(2018/9/26)

ぺえ、“親友”前田敦子の妊娠を祝福 お祝い続きに「私の周りで幸せが起き続けている」
りゅうちぇる&ぺこ夫婦の出産に続き。(2018/9/16)

鳴っているか分からないぐらいでいい―― 名曲を生み出してきた下村陽子がアニメ「ハイスコアガール」で目指した意外な曲作り
「キングダム ハーツ オーケストラ ワールドツアー」中の下村陽子さんを直撃しました。(2018/9/14)

声優・能登麻美子が結婚&妊娠を発表! 緒方恵美や日高のり子など声優陣も祝福「風花さん、本当ですか!?」
おめでとうございます!(2018/9/14)

「胎動も大きくなってきた」 杉浦太陽&辻希美、ぽっこりお腹に重ねた“指輪が光る手”が幸せの極み
なんて幸せな光景なんだ!(2018/9/13)

佐々木希&アンジャッシュ渡部に第1子となる男児誕生 ファンからは2000件超のお祝いの声
おめでとうございます!(2018/9/13)

「新しい命の誕生を楽しみにしています」 加藤夏希、第2子妊娠を発表 長女との不思議なエピソードも
現在は安定期に入り、体調も良好とのこと。(2018/9/12)

「私の永遠のタカラモノ」 元SKE48木下有希子、“52時間の陣痛”乗り越え第1子を出産
美人親子になりそう。(2018/9/11)

元モー娘。吉澤ひとみさん、飲酒運転ひき逃げで逮捕の報道にネット衝撃 2017年9月には衝突事故
フジテレビ系「プライムニュース イブニング」などが報道。(2018/9/6)

グラドル黄金メンバー! 安田美沙子、ほしのあき、熊田曜子の“ママ友”ショットが色あせない輝き
みんなキレイなまま。(2018/9/5)

ネット予約が難しすぎる「伝説の家政婦」の正体は? レシピ本も話題
「伝説の家政婦」と呼ばれる女性がいる。タサン志麻(しま)さん(39)。家事代行を仲介するウェブサイトで依頼が殺到し、なかなか予約ができないことからいつしかそう呼ばれるようになった。「作り置き料理」の手際の良さが人気の秘密だが、伝説の家政婦とは何者か。(2018/9/4)

「大丈夫だと思うけど念のため」が奏功 「妊娠中、自覚症状がないけど大変だった」経験を描いた漫画に反響
ちょっとでも違和感があったら病院に相談することが大切。(2018/9/4)

「3人めの新しい命が来てくれました!」 矢沢心、第3子妊娠で夫・魔娑斗が喜び爆発
おめでとうございます!(2018/9/3)

はじめましてー クリクリおめめがかわいいオットセイの赤ちゃん 京都水族館で特別公開
京都にちなんだ名前も募集します。(2018/8/31)

常見陽平のサラリーマン研究所:
あえて言おう。私は「家畜」である
小さな子どもの育児や家事に追われている父親はどんな悩みを抱えているのだろうか。筆者の常見陽平氏もそのひとり。育児や家事に追われる日々を送ることで、どんなことが分かってきたのか。(2018/8/31)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
大規模リストラで契約終了されなかった派遣エンジニアの特長
高い技術力ではないそうです。(2018/8/30)

PR:“子育て女性”のグループも“普通”に働き高実績。ファンケル流は何が違うのか?
ファンケルでは、子育てに追われる女性たちが、高いパフォーマンスを発揮するグループの中核メンバーとして活躍している。限られた働く時間の中で、なぜグループのパフォーマンスを高く保てるのか。秘訣を当事者たちに伺った。(2018/8/30)

アレク&川崎希、1歳を迎えた愛息と再現した約35年前の“バースデー写真”に「そっくりじゃん」
世代をまたいだコスプレ。(2018/8/29)

働く女性は悩みが豊富:
日本人の約半数に「不眠症の疑い」あり 夫婦仲にも影響か……
寝具などを販売する西川産業は8月28日、睡眠に関する調査結果を発表した。国際基準に照らしてみても日本人の不眠症の疑いがある人が多いといい、日本人が十分な睡眠を取れていない実態が浮き彫りになっている。(2018/8/28)

【マンガ】のし袋の右上に付いてるアレ、昔は海で採れる“あの食べ物”だった
いいおつまみになりそう。(2018/8/29)

労働環境も先進的な、あの企業:
IT・通信業界の「働きやすい企業」ランキング 2位はマイクロソフト 1位は……?
情報・通信業界の中で働きやすい企業は?――グローバルウェイ調べ。(2018/8/27)

私は「物流エンジニア」:
PR:思い通りにキャリアをデザインできる「フリーランスエンジニア」という働き方
会社員でも派遣社員でもないフリーランスという働き方。しかし「ハードルが高い」「将来が不安」「自信がない」などの理由で、踏み切れないエンジニアもいるだろう。その心配は的を射たものなのか、会社員と比べて、どのようなメリットとデメリットがあるのか、現役フリーランスエンジニアたちに話を伺った。(2018/8/27)

「役所の非難」では何も始まらない:
「障害者雇用の水増し」で露呈する“法定雇用率制度の限界”
複数の中央省庁が、障害者の雇用率を長年水増ししてきた疑いが浮上している。障害者雇用の現場で、一体何が起きているのか。自身も脳性麻痺(まひ)の子を持ち、障害者雇用に詳しい慶應義塾大学の中島隆信教授に、国と地方自治体による水増しの背景と、日本の障害者雇用の問題点を聞いた。(2018/8/24)

目標設定が課題に:
日本企業で「女性活躍」は進んでいる? 600社に聞いた結果は……
日本企業で「女性活躍」は進んでいるのか?――エン・ジャパン調べ。(2018/8/23)

サラリーマン、プリキュアを語る:
3分に及ぶ「出産シーン」 「HUGっと!プリキュア」が子どもたちに伝えたかった“母の強さ”と”父の責任”
いつだって子どもに誇れる大人でありたいですよね。(2018/8/23)

CEDEC 2018:
「ずっと愛してくれる」 キャラからの愛を“真実”にする方法 女性向けアプリ「MakeS -おはよう、私のセイ-」の場合
イケメンコンシェルジュが生活をサポートしてくれる目覚ましアプリ「MakeS -おはよう、私のセイ-」には、女性にとって「コンシェルジュが本当に愛してくれている」と感じてもらえる工夫が凝らされているという。(2018/8/22)

「今は心身ともに健康」 押切もえ、子宮頚がん検診で「異形成」診断の過去明かす
検診って大事だな。(2018/8/22)

実は「女医にかかれば長生きする」 明るみに出た医学界の闇、構造変革できるのか
医学界は男尊女卑の闇に包まれていたのか。東京医大の入試で、女子受験生を一律減点していた問題は、一大学の不正にとどまらず、医学界全体に波及しつつある。構造変革は急務な情勢だ。(2018/8/22)

弱点は相互にカバー:
ベンチャー「チーム型」広がる 代表複数が困難共有、短時間で事業軌道に
創業の際、親しい仲間とチームを組むことで負担を小さくする「チーム型創業」という選択肢が増えている。複数人による経営は「考え方や方針の違いから対立を招きやすい」などと批判されがちだが、創業時の困難の共有や、個々の強みを武器にできれば、事業を成功に導くことができる。(2018/8/22)

「生理は病気じゃない」けれど……病気でもないのに地獄が毎月やってくるつらさを描く漫画に共感集まる
同性にも伝わらないことが……。(2018/8/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。