ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出産」最新記事一覧

「自慢のお母さんですね」 あびる優、 “美人ママ”との2ショットで娘に戻る
何歳になっても娘は娘。(2017/10/16)

もうすぐ公開 劇場版「世界ネコ歩き」に登場するネコちゃんたちをまとめてみた
みんなかわいくて個性的。(2017/10/14)

福原愛、第1子女児を出産 「無事に産まれてきてくれたことにホッとしています」
感慨深い。(2017/10/13)

上野動物園でパンダに続きニシゴリラの赤ちゃんが誕生 お姉さんゴリラも興味津々
おかあさん、だっこー。(2017/10/11)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタによる胎児モデルの造形サービス、出産の記念に
丸紅情報システムズは、大阪市の産婦人科医院と協業して3Dプリンタによる3D胎児モデル造形サービスを開始する。出産の記念に、妊婦や家族に胎児の3Dモデルを提供する新たな付加価値サービスとなる。(2017/10/10)

「千晃ちゃんの笑顔は世界一」 元AAA伊藤千晃、マタニティ写真集で神秘的な美しさを魅せる
卒業後の伊藤さんが詰まった1冊。(2017/10/6)

芸人まぁこ、1歳息子が「川崎病」で入院 「改めて、息子の存在の大きさに気づきました」
現在入院8日目とのこと。(2017/10/5)

懐かしいぃぃ! 「プッチモニ」時代の市井紗耶香&後藤真希&保田圭の3ショットが胸熱
「ちょこっとLOVE」めっちゃ聴いてた。(2017/9/28)

“いま”が分かるビジネス塾:
需要増す「プチ労働」 人手不足解消のカギとなるか
深刻化する人手不足問題――。労働条件を柔軟に設定した、いわゆる「プチ労働」を拡大させることが解決のカギになるかもしれない。(2017/9/27)

「チビひな可愛い」 吉川ひなの、娘との “親子ヨガショット”でファンの心を温める
もうすぐ1人増えるのかな?(2017/9/26)

飯田圭織、第3子女児の出産を報告 「命の大切さを改めて感じました」
「妊娠初期は重い悪阻、妊娠後期は切迫早産で自宅安静や入院もしていた」との告白も。(2017/9/19)

これが20年近く前だと…… 吉川ひなの、いまと変わらない10代後半の姿に驚き
現在37歳の吉川さんは第2子を妊娠中。(2017/9/18)

「人生で一番痛くて人生で一番長く感じた時間」紺野あさ美が第1子出産を報告
こんこんがママに。(2017/9/15)

「やめ時が分からなくなっていた」 井上和香、入院をきっかけにやめたこと
娘の成長は早いな。(2017/9/14)

「赤すぐ」「妊すぐ」休刊も:
結婚後も「ゼクシィ」 新ブランド「ゼクシィBaby」展開
結婚情報誌の「ゼクシィ」ブランドが出産・育児領域に拡大。「ゼクシィBaby」を新たに立ち上げる。(2017/9/13)

メカ設計メルマガ 編集後記:
学生フォーミュラ10年のドラマ
気が付けば10年も追いかけていましたが、まだまだです。(2017/9/12)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
配車アプリ「全国タクシー」のJapanTaxi、1.1億円の赤字
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/11)

川崎希、第1子出産後の体重減でふらふら アレク「沢山食べてもらってんのにな、、」
54.5キロから48.3キロに。(2017/9/10)

後藤真希、「LOVEマシーン」でデビューしてからの18年を振り返る 「歌うにはまだ色々と勇気が必要ですが」
駅でファンに声をかけられてあたふたしたことなど、当時の思い出も。(2017/9/10)

スタイル良すぎるプレママだ 木口亜矢、「あやカーブ」健在なマタフォト披露
現在は妊娠8カ月目。(2017/9/9)

絶滅危惧種のユキヒョウ、野生の子ども2頭発見 小さくてモフモフ
モンゴルの自然保護区で発見されました。(2017/9/8)

「心が震えるほど感動しました」 釈由美子、息子のある“寝言”に子育ての疲れが吹き飛ぶ
これはうれしい……。(2017/9/7)

ファミリーフレンドリー休業制度:
日本マイクロソフト、6週間有給の育児・養子休業制度
日本マイクロソフトが「ファミリーフレンドリー休業制度」を導入。出産・育児・介護休業を有給で取得できる制度。(2017/9/6)

育休を6週間まで「有給」に 日本マイクロソフトが新制度
育児休業や介護休業などを一定期間「有給」で取得できる新制度を日本マイクロソフトが導入した。(2017/9/6)

「ガルパン」秋山優花里などを演じる声優・中上育実が次男を出産 「スーパー安産」母子ともに元気と報告
「思っていたよりも早めにお仕事に復帰出来そうです」とコメント。(2017/9/5)

保田圭、第1子の性別判明でウキウキ! 「名前も考えなきゃ」「ベビー用品買いたくなっちゃう」
幸せが伝わってくる。(2017/9/3)

「家族みんなで待望のベイビー」 吉川ひなのが第2子妊娠
長女もうれしそう。(2017/9/2)

武井咲とEXILE TAKAHIROが結婚 「来春には大切な家族がひとりふえることに」
ドラマ「戦力外捜査官」の共演がきっかけ。(2017/9/1)

声優の米澤円、結婚&第1子妊娠を報告 「けいおん!」平沢憂役など
仕事については、「変わらず今後も続けていきますので、温かい目で見守っていただけますと嬉しいです」とつづっています。(2017/8/30)

川崎希とアレクサンダーに第1子誕生 不妊治療乗り越え
おめでとうございます!(2017/8/29)

6年前の鈴木えみに「ギャルっぽい」と反響 濃いめメークにポニテ姿がかわいすぎ!
いまはママになり、ファッションやメークも落ち着いた雰囲気に。(2017/8/27)

「あの頃私たちは女子高生だった」 榮倉奈々ら元Seventeenモデルが久しぶりの再会で変わらぬ笑顔
15年たってもかわいい。(2017/8/24)

加藤貴子が第2子出産 46歳、2度目の高齢出産を乗り越える
よかった……。(2017/8/23)

神戸蘭子、息子が「手足口病」に “足にプツプツ”で病院へ
幸い、症状は軽かったもよう。(2017/8/21)

ウエストすっきり! PINKY、産後の骨盤矯正ビフォーアフターが一目瞭然
体形を戻すのは一つの楽しみのようです。(2017/8/20)

ネコによる糞尿被害の効果的な防止策を発見 行動原理を利用したヒトとネコの共存可能な方法へ
ある習性を利用した画期的な方法です。(2017/8/19)

セカオワSaoriが第1子妊娠を報告 「近い将来、小さな家族も一緒にツアーを回れたら」
おめでとうございます!(2017/8/18)

友人限定で資金募れるアプリ「polca」 クラウドファンディング「CAMPFIRE」が提供
知人・友人を対象に資金を集めるスマホアプリ「polca」を、クラウドファンディングサイトを運営するCAMPFIREがリリース。友人の誕生日プレゼントや同僚の出産祝いなど、少額の資金集め需要に応える。(2017/8/10)

劇場版「世界ネコ歩き」の新場面写真が公開! コトラが出産した子ネコたちのあどけない表情がいっぱい
津軽といえば真っ赤なりんごと“コトラ家族”。(2017/8/9)

イケメン確定? 元「モー娘。」吉澤ひとみ、親子そっくりな息子の笑顔にほっこり
これはそっくり。(2017/8/5)

声優・寺崎裕香、第1子出産を報告 「イナズマイレブンGO」松風天馬役などで活躍
ダブルでめでたい。(2017/8/4)

「女性活躍推進」の流れはあれど……:
8割の女性「男性の方が仕事の機会に恵まれている」
8割の女性が「女性より男性の方が仕事の機会に恵まれている」と考えている――エン・ジャパン調べ。(2017/8/1)

「ずーーーっと待ち望んでいた」 元モーニング娘。保田圭、妊活経て第1子妊娠を報告
おめでとうございます!(2017/7/28)

キャリアニュース:
テレワーク経験者の67%が「引き続きテレワークで働きたい」と回答
転職支援サービス「エン転職」が、「テレワーク」についての調査結果を発表。テレワーク経験者は5%だった。通勤時間が有効活用でき、育児や介護との両立がしやすいことなどを理由に、経験者の67%が引き続きテレワークで働きたいと回答した。(2017/7/28)

月イチ“タラレバ会”で仲良し3人娘が集結! 榮倉奈々の出産でほっこりエピソードも
ママ友(ママではない)。(2017/7/27)

「テレワーク・デイ」に「働き方改革」のおいしいところを考える
官民あげての「テレワーク・デイ」が、日本でも初めて実施された。「働き方改革」がうたわれる中で、どのような役割を果たしていくのだろうか。(2017/7/25)

今年は中堅ヤギさんが総動員 5年目となるAmazonの環境活動「エコ除草」の季節到来
仕事内容:草を食べる。(2017/7/22)

加藤貴子、妊活で体重18キロ増 「56.8キロありました」
9月に第2子を出産予定。(2017/7/20)

「お姉ちゃん」につい頼ってしまう育児の難しさ 母親を支える長女の大変さに気付いたという漫画に共感集まる
どれだけしっかり者でも、他の兄妹と同じ子ども。【※追記】(2017/7/20)

「小さな小さなそして大きな宝物」 元AAA・伊藤千晃が第一子出産
ちあちゃん、おめでとう!(2017/7/19)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。