ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」最新記事一覧

野生のTOKIOか……! YouTubeのチュートリアル動画で勉強してゼロから家を作った女性がすごい
協力した子どもたちの学習能力の高さにも驚き。(2017/1/21)

イクメンってそっちかよ! うどん県(香川)、赤ちゃんが食べやすいうどん「イク麺」を生み出す
そもそも香川県のうどん屋には、子ども用に麺を短く切るはさみが置いてあることもあるそうな。(2017/1/19)

ソフトバンク、「みまもりケータイ4」を3月上旬に発売 GPS+GLONASSでより正確な測位が可能に
ソフトバンクが、主に低年齢の子供に持たせることを想定した「みまもりケータイ」の新モデルを約3年半ぶりに発売する。GPSに加えてGLONASSを使った位置測位、VoLTE通話対応など、時代に合わせた進化を遂げている。(2017/1/17)

IKEA鶴浜、犯行予告で一時騒然も「神対応」に絶賛の声 上着を子どもに渡し、売り物の毛布を配布
現場のスタッフ判断がすばらしい。(2017/1/16)

子ども用車椅子「もっと知ってほしい」――利用者が拡散呼びかけ ベビーカーと誤解されることも
バギータイプと呼ばれるタイプで、ベビーカーと誤解されやすいことから苦労も多いそう。(2017/1/13)

「34年間ありがとう」 東京ディズニーリゾート「グランドサーキット・レースウェイ」閉鎖に別れを惜しむ声が続々
子どもから大人まで楽しめるアトラクションとしてファンに愛されていたアトラクション。(2017/1/12)

約2年ぶりの新モデル:
auのジュニアスマホ「miraie f」が1月20日発売 “子供っぽくないデザイン”でGoogle Playも利用可能【画像追加】
auのジュニア(小学校高学年〜中学生)向けスマートフォンに、約2年ぶりの新モデルが登場する。子供が成長しても使い続けられることを目指して、デザイン面に工夫を凝らし、「Google Play」にも対応した。もちろん、miraieならではの安心機能も強化している。(2017/1/11)

LEGO、「マインドストーム」より若年層向けのプログラミング学習セット「BOOST」を160ドルで発売へ
プログラミング学習の「マインドストーム」で知られるLEGOが、7歳以上の子どもを対象とする「LEGO BOOST」を発表した。Android/iOSアプリで書いたプログラムでブロックで作ったロボットを操作できる。(2017/1/6)

ロボット開発ニュース:
パナソニックが卵型の卓上ロボットを開発、卵の殻を開閉してコミュニケーション
パナソニックは、人とのコミュニケーション機能を持った卓上パートナーロボットを開発した。卵の殻を開いたり閉じたり、子どものような声を使ったりして、現実に存在する生き物のような雰囲気を実現したという。自然言語生成技術を利用した会話も可能だ。(2017/1/5)

2歳の子どもがタンスの下敷きに 兄弟が助ける動画が話題呼ぶ
対策の必要性を訴えるために動画を投稿。(2017/1/4)

雪にはしゃぐフェレットちゃんがかわいい かき出してもぐって顔を出しての大はしゃぎ!
子供のころを思い出して一緒に遊びたくなってくる……!(2016/12/26)

初めての雪に大はしゃぎ! 駆け回って遊ぶシロクマの子ども
わあ〜、雪って楽しい!(2016/12/24)

創業者ですら驚いた:
教育・ホビーから産業用途へ、ラズパイ5年目の進化
“ラズパイ”の名で親しまれている超小型コンピュータ「Raspberry Pi」。2012年の発売当初は、“子どもたちにプログラミングを学んでもらうための楽しいおもちゃ”という位置付けだったが、今では販売台数の約半数が産業用途で使われているという。ラズパイの開発者であるEben Upton(エベン・アプトン)氏に話を聞いた。(2016/12/22)

“歌う5児父”つるの剛士が子どもたちの七五三ショットを公開! 和装で並ぶ5きょうだいがカワイイ
ライブ後、7歳の三女のためにそのまま写真館へ向かったそうです。(2016/12/21)

日本一きれいなママ! 後藤真希、アニー風パーマにイメチェンで「めちゃかわいい」「外国人の子供みたい」
ため息が出るかわいさ。(2016/12/10)

赤ちゃんコアラが顔にべったり 2匹の子どもを抱えたママコアラが大変そう
育児は大変。(2016/12/10)

アップルPickUp!:
「その1時間がすべてを変える」 子どもがディズニーの教材で楽しくプログラミング
プログラミングを学ぶ子どもたち。(2016/12/6)

ガチャピンの“闇落ち感”はんぱない写真に「怖すぎ」「ホラー画像」の声 トラウマ曲「たべちゃうぞ」を思い出す人も
子どものころのトラウマがよみがえってくる……。(2016/12/5)

赤ちゃん名前ランキング 今年の1位は?
明治安田生命が、2016年の子供の名前ランキングを発表した。(2016/11/29)

「3.9+5.1=9.0」は減点対象 小学校算数の奇習に茂木健一郎が苦言“子どもたちへの虐待である”
「文科省にもきちんとした対応をとっていただきたい」。(2016/11/22)

競技人口60万人:
「ボルダリング」人気急上昇 歌って登れるカラオケ店も
2020年東京五輪の追加種目の1つにスポーツクライミングが初採用され、その一種である「ボルダリング」が人気を集めている。仕事帰りのサラリーマンや子供、高齢者らにも愛好者が増え、街のボルダリングジムは大盛況だ。(2016/11/22)

Apple、子どものための無料プログラミング教室「Hour of Code」をApple Storeで開催へ
Appleが、12月5〜11日に日本の店舗を含む世界のApple Storeで、「Swift Playgrounds」を使った子供向け無料プログラミングワークショップを開催する。予約受付中だ。(2016/11/18)

「sexyショットじゃねぇぞw」 木下優樹菜の入浴写真にママたちから共感の声
子どもとソックリな自身の七五三の写真も公開。(2016/11/17)

交通事情で死ぬほどパンが余った北海道のパン屋さん 「おいパン食わねぇか」の呼びかけで大逆転売り切れを果たす
子どもたちもおいで〜。(2016/11/9)

おでんそっくりだけど食べられません 子ども向け入浴剤「びっくら?たまご」の新シリーズ発売 
子ども向け入浴剤「びっくら?たまご」シリーズの新商品。(2016/11/8)

子供の写真共有、iCloudやGoogleフォトより“家族アルバムアプリ”がオススメの理由
お子さんをお持ちの皆さんは、子供の写真をどうやって夫婦や両親と共有しているだろうか? 筆者が利用しているのが家族アルバムアプリ。iCloudやGoogleフォトよりもオススメの理由とは?(2016/11/7)

空中に絵を描ける3Dペン「3Doodler」に子ども向けモデル登場 素材が低温で溶けるので安全
従来製品とは異なるコードレス仕様。(2016/11/3)

銀行システムのバグ悪用して“預金操作”、11億円詐取 三井住友銀元副支店長、若い愛人に億ションプレゼント
銀行システムの穴を突き、現金をかすめ取っていた三井住友銀行の元行員の男。顧客の預金は、数字の操作によって愛人のマンションと子供の教育費に消えていった。(2016/11/2)

子どもが描いた生き物を編集でリアルに再現するInstagramがシュール ヘンテコな動物が量産される
大人には不思議な世界。(2016/10/31)

子どもがまねしてあわや火事 人気YouTuber、「ノートをレンジでチン」動画削除 「注意が足りなかった」と謝罪
「電子レンジでノートをチンしたら文字が消えた」という動画を子どもがまねし、ノートが黒焦げになった――こんなブログが話題に。動画を投稿した人気YouTuberは、「注意が足りなかった」として動画を削除した。(2016/10/31)

子どもがYouTuberのまねをしてぼや騒ぎに 黒焦げになったノートに父は「子どもとネットの付き合い方を考えるきっかけになれば」
子どもはショックを受けたものの、同YouTuberのことは今でも嫌いになったりはしていないとのこと。(2016/10/28)

TBS「オール芸人お笑い謝肉祭'16秋」がBPO審議入り 「内容が下品」などの意見集まり討論に
視聴者から「子どもに説明できないような番組はやめてほしい」との声。(2016/10/26)

大人も子供も、おねーさんも……にゃんこも!? ねこが人気ゲーム「MOTHER2」をプレイ
にゃんこだってゲームしたいニャ!(2016/10/24)

浦沢直樹、「バンド・デシネ」の著名ベルギー人作家と対談 デビュー当時の原稿料もぼそり
手塚作品をマネした子ども時代から、カラーページに苦労したデビュー後の話まで。(2016/10/24)

外にいても子供の帰宅が分かる――防水・抗菌の「キッズケータイ F-03J」
ドコモが「キッズケータイ F-03J」を2017年2月に発売する。通話や防犯機能に特化した小型ケータイ。本体を傷つけても色がはげないよう、樹脂の色をそのまま生かしている。(2016/10/19)

「たまごっちのパチモン」から学んだ“田舎の外の世界”
社会現象にまでなった「たまごっちブーム」も、もう20年前のこと。品薄で手に入れられなかった子どもたちは、あの頃……。(2016/10/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
子どもの写真をアップしまくって大丈夫なのか 親が知らない「本当の危うさ」
子供の写真をネット上にアップしたことがある、親も多いのでは。セキュリティーやプライバシーなどの問題があると言われているが、オーストリアで自分の子供時代の写真を両親が許可なく掲載した、として訴えを起こす騒動があった。さて、結末は……?(2016/10/13)

子どもが離れたら教えてくれるスマート活動量計「MOVE LIFE」
子どもたちの行動に手を焼いているお父さん、お母さんたちに紹介したいのが、台湾Quanta Computer Inc,の「MOVE LIFE」(ムーブライフ)。活動量計にもなるスマートリストバンドだ。(2016/10/12)

全国のお父さんが共感? ぐずる子供にはコレが効く
子供が泣きやむYouTube。(2016/10/12)

おにぎりの写真1枚投稿するだけで5食分の寄付に アフリカ・アジアの子どもたちに給食が届くSNS企画
その名も「おにぎりアクション2016」。(2016/10/11)

「ブラクラ」を踏んで電源コードを引っこ抜いていた頃のこと
当時のネットに氾濫していた、子供じみた悪意について。(2016/10/11)

海老蔵、笑顔で長女を抱く小林麻央の写真を公開 「最近の中で一番幸せな日でした」
子供たちの優しさに、ほろりときてしまうエピソードも。(2016/10/10)

「お兄ちゃんのマネするワン!」 子どもをまねてしゅーっと床を滑るワンコ
一緒に遊んで楽しそう。(2016/10/10)

「歯磨きイヤイヤ」をあっさり卒業!? 「ソニッケアー キッズ」を4歳児に使わせてみた
幼児期の“イヤイヤ”といえば歯磨きというくらい全国(万国)共通の悩み。わが家でも子供の歯磨きは悩みのタネだった。せめて毎日の歯磨き習慣だけでもつけさせてやりたいと思っていたところ、フィリップスから幼児でも使える電動歯ブラシが登場した。(2016/10/6)

「家族の人数より1枚だけ少ない旅行券」をもらったら子どもは誰を選ぶ? 意外な選択に全親が涙する動画
なんていい話なんだ……。(2016/10/5)

子供時代の憧れを体験! 巨大な現実のマシンを操縦できる「重機シミュレーションゲーム」がSteamで登場
渋い。だがそれがいい。(2016/10/5)

CEATEC JAPAN 2016:
「ビーム! はいバリアー、ききませーん!」 子どものころ夢見た世界がARで実現 新感覚スポーツ「HADO」
ARを使ったスポーツアトラクションが楽しめるプラットフォーム「HADO」がCEATEC JAPAN 2016で体験できる。(2016/10/3)

親子愛にほっこり フェンスを一生懸命乗り越えようとする子どもコアラと、その子を受けとめる母親コアラ
もう少しだがんばれ!(2016/10/2)

この息子、ノリノリである YouTuberになりきる小3
子供にとっては常識?(2016/10/2)

勝手にタブレットで日本地図を覚えちゃった4歳の息子
子供の成長はすごい。(2016/10/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。