ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

「疲れた」「眠い」は危険のサインだった――子どもの熱中症体験漫画が話題に 「湿度にも気をつけて」
湿度が高いと汗が蒸発しにくく、身体に熱がこもりやすくなってしまいます。(2018/7/19)

アジカンが親子客へ配慮 子どもの耳を守るため「次のツアーから防音用イヤーマフを貸し出す」
あくまでもイヤーマフを忘れた、あるいは存在を知らなかった人への対応で、基本的には自分で用意してほしいとのことです。(2018/7/19)

人の子育てを見学して「親の理不尽」の正体が見えた気がした
親に頼るしかない子どもと、子どもの望み全部には応えられない親。(2018/7/19)

「目の前の友達が! 先生が沈んでいる!」 濁流に飲まれるARアプリに「説得力ありすぎ」
部屋に濁流が流れ込み、実際にいる子どもや家具が飲まれていく――そんなショッキングな光景を体験できるARアプリが、ネット上で話題に。(2018/7/18)

7月19日から:
レゴランド、子ども料金を大幅値下げ 閑散期は3割安く
「レゴランド・ジャパン」を運営するLEGOLAND Japanは7月19日から、1日券の一部を値下げする。繁忙期と閑散期に分けた料金設定を導入し、特に子ども料金を大幅に引き下げる。新しい年間パスポートも発売する。(2018/7/18)

環境省の熱中症予防情報サイトに注目 「水分・塩分を補給」「日傘や帽子の使用」「子どもとお年寄りは特に注意」
気象研究者の呼びかけで広まっています。(2018/7/18)

5歳以下の幼児はご用心 ヒジ関節が外れかけて動かせなくなる「肘内障」レポ漫画、関心集まる
子どもの手、引っ張りすぎは禁物。(2018/7/18)

高校生の約9割が「スマホ学習」経験あり、保護者の6割が賛成 スタディプラスの意識調査
スタディプラスが高校生と保護者を対象としたスマートフォンを使った学習に関する意識調査を実施。約9割の高校生がスマホで勉強したことがあり、保護者の約6割がスマホ学習に賛成と回答。一方、スマホ勉強中に注意をされた高校生は約3人に1人、子どもを疑ったことのある保護者は約8割となった。(2018/7/17)

「信号機」「遮断機」を簡単プログラミングで操る! 鉄道模型ファン向け「Arduinoで楽しむ鉄道模型実験ボード」が発売
これ楽しそう、これなら簡単そう! 子どもの「よいテツ教育&プログラミング教育」にも。(2018/7/17)

「コロコロ」7月号無償公開 豪雨被災の子どものために
西日本豪雨で被災した子どもたちのために、「月刊コロコロコミック」7月号を小学館がWebで無償公開した。同社は熊本地震の際も、コロコロを無償公開している。(2018/7/17)

夏祭りで販売の玩具、子どもの事故に気をつけて 消費者庁が注意喚起
折り曲げると発光するケミカルライトやおもちゃのボタン電池などに注意。(2018/7/16)

子どものおもちゃ、もう使わないけど…… 「思い出の品はなかなか捨てられない」育児イラストにホロッ
こうやって思い出と物は増えていくんだね。(2018/7/14)

ベランダのカギを内側からカチャッ! 漫画:育児あるあるに見舞われたときの心得とは
「つまむ・ひっぱる・おろす」ができるようになった子どもがいるなら要対策!(2018/7/13)

布川敏和、元妻つちやかおり&子どもとの6年ぶり家族写真に感激 「次回いつ撮れるか判らない」
一方、つちやかおりさんのブログでは……。(2018/7/11)

“新作”含む11作品を収録:
「サイゼリヤの間違い探し」が書籍化 “大人も解けない”とネットで話題
サイゼリヤが、子ども向けメニューに掲載している間違い探しを書籍化し、7月13日に発売する。“大人でも解けない”などとネットで話題になっていた。(2018/7/10)

元あいのり桃が離婚 「子供を早く作っていたら良かった」、最後の2ショットも公開
仲が良すぎたために、いろいろと不都合が生まれてしまったようです。(2018/7/10)

ZOZO、豪雨被害の倉敷市に衣料7000点提供 前澤社長「お困りの自治体は連絡を」
西日本豪雨で大きな被害を受けた岡山県倉敷市に対して、ZOZOTOWNが衣類や下着、子ども服など7000点を提供する。「他にもお困りの自治体様は@ZOZOTOWN_CSまでご連絡ください」と社長がTwitterで呼び掛けている。(2018/7/9)

森進一、久々帰宅のワンオクTakaとニコニコ2ショット 「仲良すぎる」「Takaが子どもの顔」などの声
裏ピースの違和感のなさ。(2018/7/5)

かわいらしい姿に胸キュン 2本足立ちレッサーパンダ、風太くんの子どもが札幌の動物園で暮らしていた
父親ゆずりの脚力を見せてくれます。(2018/7/5)

「スラム街の暮らしを肌で感じたい!」学生企画に批判 → クラウドファンディング中止に 支援者には全額返金へ
「スラム街の子供は自己満足のためのツールではありません」「勝手に行け」など非難の声が集まっていました。(2018/7/4)

メルカリが5周年 「総取引件数2.8億回」「最高額商品は315万円のダイヤ」など歴史を数字で振り返る
一番「いいね」を集めたのは、子どもが出品した「ドングリ」。(2018/7/3)

親に「子どもに就かせたい仕事」も聞いた:
子どもが「将来就きたい仕事」、エンジニアや看護師が人気 1位は……?
小学校を卒業した子どもが、将来就きたいと考えている仕事は?――クラレ調べ。(2018/7/2)

“タンス生”を全うしたタンス発見 大量に貼られたシールが年輪を感じさせて味わい深い
子どものシール貼りたい欲をしっかりと受け止めた、老境のタンス。(2018/7/2)

「Eテレが思ったより攻めてる」「夜ねむれることの贅沢さ」 “子どもができて知ったこと”のイラストにパパママ大共感
子どもと暮らすということは、新しい発見の連続。(2018/6/27)

ピンクの鼻がとってもキュート! オセロットの子どもがロサンゼルス動物園でもうすぐ公開
猫じゃらしのように揺れる葉っぱへじゃれついています。(2018/7/1)

子どものバレエ発表会でパパ登場 踊れなくなった内気な女の子の隣で一緒に踊る姿に称賛の声
女の子たちと一緒にクルクル回るかわいいお父さんです。(2018/6/25)

「顔は人間の子ども」「4本足でその場でモゾモゾ」正体不明の謎生物の目撃談にTwitter騒然
このいきものはあなたの近くにもいるかもしれない(2018/6/23)

決算資料からも消えていた:
妖怪ウォッチ、「子どもの好きなキャラ」圏外に
妖怪ウォッチが「子どもの好きなキャラ」のトップ10から転落した。年代別でも上位に入らなかった。グッズの売り上げも低迷しており、2018年3月期は決算資料のIP別売上高から消えたことでも話題となっていた。(2018/6/21)

一番大事なのは「先生の教育」――マイクロソフトが取り組むこれからの学校教育とは
日本マイクロソフトは6月20日、同社が取り組む学校教育への取り組みについて報道向けに説明し、「未来を支える人材となる子どもたちの教育に一番大事なのは、先生方の教え方だ」と同社の文教営業統括本部 統括本部長の中井陽子業務執行役員が語った。(2018/6/21)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「子どもを持つことだけが、女性の幸せではない」を描いていく「HUGっと!プリキュア」のすごさ
キュアマシェリとキュアアムール……今年のプリキュアは何もかもが……すごい……尊い……。(2018/6/21)

子ども目線でかっこよさ追求 大人の心も奪った「竜騎士ランドセル」誕生の背景
参考にしたのはドラゴンの像でした。(2018/6/24)

わいせつ自撮り画、要求するだけで犯罪に 都改正条例で初摘発者 取り締まり強化する警察
自らのわいせつな姿を撮影した「自画撮り」画像を18歳未満の子供に出させる行為を罰する条例を全国の自治体に先駆けて施行させた東京都。この条例が適用された初の摘発者が5月下旬に出た。(2018/6/18)

衝撃事件の核心:
自画撮りわいせつ画像、要求するだけで犯罪に 2月施行の都改正条例で初摘発者 取り締まり強化する警察
自らのわいせつな姿を撮影した「自画撮り」画像を18歳未満の子供に出させる行為を罰する条例を全国の自治体に先駆けて施行させた東京都。この条例が適用された初の摘発者が5月下旬に出た。(2018/6/18)

怖そうなヤンキーのパンツに子どもがアイスを! ピンチと思いきや優しい世界が広がる漫画
これは良いヤンキー。(2018/6/15)

ふわふわの綿毛を閉じ込めた「たんぽぽハーバリウム」 ヴィレヴァンに登場
子どもの頃の夢がかなうかも。(2018/6/14)

「子どもが落ち着くには周囲の大人に余裕が必要」 「元子ども嫌い」が寛容になれた理由とは
子どもはどうしても泣き止まないことだってありますしねえ……。(2018/6/14)

「男女逆なら良かった」大人の何気ない一言が子どもの心に傷 かばってくれたおばあちゃんの漫画に共感集まる
すてきなおばあちゃんがいてよかった。(2018/6/13)

スピン経済の歩き方:
日本の親が子どもを「モノ」扱いしてしまう、根本的な理由
東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(5)が虐待の末に死亡した。痛ましい事件が起きた原因として、専門家からは「児童相談所と警察がきちんと連携していなかったからだ」「児相の人員が不足しているからだ」といった声が出ているが、筆者の窪田順生氏は違う見方をしている。それは……。(2018/6/12)

こんなに大きくなったよー 上野動物園のジャイアントパンダの子ども・シャンシャンが1歳に
お誕生日おめでとう!(2018/6/11)

「幼少期のTERUさん可愛すぎ」 GLAYのTERU、誕生日に子どものころのレア写真を連投
6月8日に47歳の誕生日を迎えたTERUさん。(2018/6/11)

今も思い出して「怖っ」 子どもの頃の思い出漫画に「足が痛くなってきた気がする」「ヒエッ……」と恐怖する声
街には意外と危険(尖ったもの)が潜んでるんだよね。(2018/6/11)

政界徒然草:
3人の子持ち記者が議員の「3人以上産んで」発言を考えた
「3人以上の子供を産み育てていただきたい」などと発言した自民党の加藤寛治衆院議員(72)=長崎2区、当選3回=に批判が集中し、発言の撤回に追い込まれた。(2018/6/11)

じゃれたり登ったり 絶滅危惧種のアムールヒョウの子ども2頭が元気に遊ぶ様子がいとおしい
太いあんよがたまりません。(2018/6/11)

お父さんたちに朗報! 赤ちゃんや子どもによる“不意の攻撃”から股間を守るパンツが登場
お父さんたちの“レガシー”を守るために……!(2018/6/10)

ITはみ出しコラム:
AppleとGoogleが「テック中毒」対策を発表 スマホ使いすぎ問題は意外と深刻?
AppleとGoogleの開発者会議では、どちらもテクノロジー中毒対策の新機能が発表されました。スマホの使いすぎ問題(特に子どもの使いすぎ問題)は深刻な問題として話題となっています。(2018/6/10)

宿題をやると“やる木”が育つIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」 コクヨが開発プロジェクトを始動
コクヨは、子どものやる気を育てるIoTペン「しゅくだいやる気ペン(仮)」の開発に着手した。鉛筆に取り付けて筆記量を計測し、筆記量に応じてスマホアプリ内の“やる木”が育つ仕組みで、子どもが自発的に宿題に取り組めるように支援する。(2018/6/8)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
子どもを持つのは国のため? 「3人以上産んで」発言に潜む“幻想”
加藤寛治衆議院議員の「3人以上子どもを産んで」発言。「何が問題なのか」という声も聞こえますが、こうした発言が繰り返される理由を理解しておく必要があります。そこには、戦時中から変わらない「価値観」がはびこっていて……。(2018/6/8)

第3回生活のたのしみ展:
コクヨ、勉強しただけ“やる木”が育つIoT文具 「しゅくだいやる気ペン」開発中
「宿題なんてやりたくない!」という子どもに「やる気」を出してもらおうと、コクヨが“IoT文具”「しゅくだいやる気ペン」を開発している。書いた分だけ「やる気パワー」をチャージ。スマホアプリで植木鉢に入った「やる木」にチャージしたパワーを与え、育てていく。(2018/6/7)

ユニバーサルに怒られそう! くっきー、魔改造したミニオンズのコスプレで子どもたちを泣かせにかかる
大人でも泣くレベル。(2018/5/29)

ロボホンが絵本を読み聞かせ 子どもの会話で展開が変わる
NTTデータなどが「ロボホン」向けの絵本読み聞かせアプリケーションを開発した。ロボホンが絵本の投影、ストーリーの読み上げを行う。物語の途中で選択肢を提示し、子どもが選んだ内容に合わせ、ストーリーが変わるという。(2018/5/28)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。