ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「子供」最新記事一覧

オスはメスのタンパク源!? 「交尾後は即別居」 正しいカブトムシの飼い方
お盆休み、子供と一緒にカブトムシやクワガタを捕まえて飼おうという人も多いのではないだろうか。今では昆虫専用のゼリーがあり、クワガタの幼虫を大きく育てるための「菌糸ボトル」もあるという。(2017/8/16)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

子どもが着けると小さなサメさんに 背びれをモチーフにした水泳練習用アイテムがかわいらしい
背中に装着するタイプの浮き具を、サメ風にデザイン。(2017/8/15)

石川温のスマホ業界新聞:
nuroモバイルが深夜時間帯に容量無制限になるプランを投入――トーンモバイルは「深夜に使えない」プラン。時間制は支持されるのか
ソニーネットワークコミュニケーションズの「nuroモバイル」が深夜時間帯に容量無制限で使えるプランを導入する。一方、トーンモバイルの「TONE」では子供のスマホ利用を想定して夜間に使えない仕組みを導入する。時間による利用条件を付与したプランは受け入れられるのだろうか。(2017/8/11)

トキの歌をマネしたり図鑑で調べたり アニメ「けものフレンズ」を観た子どもの反応にほっこり
大人から子どもまでフレンズ化するアニメ。(2017/8/6)

TechFactory通信 編集後記:
ソニーの箱型ロボットが子どもの心に火を付ける
主役はロボットではなく、子どもたちが作ったおもちゃ。(2017/8/5)

身近なヘビの見分け方を説明したイラストがかわいい 「子どもに読ませたい」「小学校の図書館に掲示したい」などの声も
ヘビのことが良く分かる。(2017/8/3)

夏休みの宿題の難関「読書感想文」の攻略漫画が話題に インタビュー形式で子どもと話し要点を引き出す
文末を丁寧語で言い換えて文字数を稼ぐ小技も大事。(2017/8/2)

子どもの頃描いたポケモン151匹の絵、20年ぶりにリメイクしてみた 変わらない情熱と成長した腕前が感慨深い
20年続いたポケモンと、20年描き続けている作者。2つのステキな融合。(2017/8/1)

2017年8月5日開幕「Maker Faire Tokyo 2017」で初公開:
英国で100万人の子どもに配布されたマイコンボード「micro:bit」、日本でも発売
英国発のプログラミング教育向けマイコンボード「micro:bit」が日本でも発売される。プログラミング環境やWebサイトは日本語対応済み。2017年8月5日に開催されるイベント「Maker Faire Tokyo 2017」で初めて公開される。(2017/8/1)

3Dプリンタニュース:
子どもたちのアイデアを3Dペンで形にする自由研究キット
LITALICOは、3Dペンを使って自由にアイテムを作れるキット「ありがとうの自由研究」を発売した。子どもたちが考えた困っている人を助けるアイデアを、3Dペンが持つ造形自由度の高さを生かして形にする。(2017/7/28)

産学官一体で被害防止策を考案:
ネット犯罪から子供を守る LINEなど15社が新団体
LINEなどIT大手6社を中心とする事業団体「青少年ネット利用環境整備協議会」が発足。研究機関や警視庁と協力し、児童がコミュニティーサイトやSNS上で犯罪被害に遭うことを防ぐための取り組みを行っていく。(2017/7/26)

「あのとき助けていただいた鹿です」 昔助けた鹿と思わぬ再会、かわいい子どもも一緒だよ
また会えるなんて!(2017/7/26)

LINEやグリーなどネット事業者が「青少年ネット利用環境整備協議会」を発足 児童被害防止対策の取り組み強化へ
コミュニティーサイトにおける被害児童数が増加しています。(2017/7/26)

「お姉ちゃん」につい頼ってしまう育児の難しさ 母親を支える長女の大変さに気付いたという漫画に共感集まる
どれだけしっかり者でも、他の兄妹と同じ子ども。【※追記】(2017/7/20)

遊びながらプログラミング学べる玩具や教材が続々 ドローンやロボットを動かすプログラム作る
子供たちにプログラミング教育を。そんな国の方針に応じるように、遊びながらプログラミングを覚えていける玩具や教材が続々と登場してきている。(2017/7/20)

夏休みの自由研究はこれだ!:
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方を紹介する。夏休みの子どもたちの自由研究などに役立てつつ、プログラミングを始めるきっかけにしてみてはいかがだろうか。(2017/7/20)

chibi:bitで電子工作&プログラミング入門:
夏休みの自由研究にマイコンボードで「電子サイコロ」を作ったり、音楽プログラミングをしたりしてみよう
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方を紹介する企画。夏休みの自由研究に「電子サイコロ」を作ったり、音楽プログラミングをしたりしてみよう。(2017/7/24)

FBIが「つながる玩具」に注意喚起、子供が危険にさらされる恐れも
「つながる玩具」は知らないうちに大量の個人情報を流出させる可能性があり、子供のプライバシーや身の安全が危険にさらされる恐れもある。(2017/7/18)

車をママと勘違いして懸命に追いかけるヌーの子ども、一体どうなってしまうの?
最後はハッピーエンド。(2017/7/17)

「ゲームOK」の子の方が勉強に集中し、親との会話も長い……朝日小学生新聞調査
「ゲームOK」の子どものほうが、勉強への集中力が高く、宿題にも自主的に取り組む――朝日小学生新聞がこんなアンケート結果を発表した。【更新】(2017/7/12)

2017年8月に渋谷で開催、参加費1000円:
ソニーの「MESH」を使うプログラミング教室「Swimmy」 親子で参加できる夏休み体験教室を開催
プログラミング教室「Swimmy(スイミー)」で子ども向け体験ワークショップが開催される。小学校2年〜5年生の児童を対象に、ソニーの「MESH」を使ってプログラミングの基礎を遊びながら学べる体験の場を設ける。(2017/7/12)

「子供の科学」の付録が自由研究によさげ つくった装置をプログラミングで動かす工作
夏休みが捗る。(2017/7/12)

「子供の科学」8月号に“電子工作×プログラミング” Scratchでセンサー制御
「子供の科学」8月号で、電子工作×プログラミングを学べる付録が。「ジブン専用パソコン」(別売り)と組み合わせ、「Scratch」を使ったプログラミングが学べる。(2017/7/12)

ぴょんぴょん ママのお腹から初めてお外に出たカンガルーの子ども、大興奮!
わー! 楽しい!(2017/7/8)

江川達也「大事なことは、子どもに自分で考えさせること」 ジャンプ掲載の作品批判めぐり苛評
「いろんなモノを読むことで人は大人になるのだ」。(2017/7/8)

宅配ボックスに子どもが閉じ込められる事故 国民生活センターが注意喚起
夏場は特にご注意を。(2017/7/7)

子どものSNS利用で起きたトラブルは?
トレンドマイクロは、7月6日にSNSを利用している子どもの保護者を対象とした「子どものSNSコミュニケーションに関する実態調査」の結果を発表。利用中のトラブルを経験は子どもは約3割で、トラブルを経験した子どもの保護者ほどセキュリティ対策を実施している。(2017/7/6)

組み込み開発ニュース:
30分間で小学生にどう教える? コミュニケーションロボットのプログラミング
子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」(江東区豊洲)では、コミュニケーションロボットのプログラミング体験がスタートする。ロボットが携帯電話機の販売店で接客する場面を想定。プログラミングツールはNTTドコモが独自に開発したもので、タブレット端末上で50種類のブロックの中から必要なものを組み合わせるだけで完了する。(2017/7/6)

子供がどんどん減っていく――赤ちゃん、今年4万人減?
子供がどんどん減っていく。今年は去年より約4万人減りそうだ。加速する少子化に社会は対応できるだろうか。(2017/7/5)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

水曜インタビュー劇場(うんこ・ちんちん公演):
出版不況なのに、『コロコロコミック』が80万部も売れているヒミツ
出版不況と言われているのに、『コロコロコミック』が好調だ。なぜ子どもたちに支持されているのか。取材を進めていくと「うんこ・ちんちん原理主義」にたどり着いた。聞き慣れないこの言葉、どういう意味かというと……。(2017/6/28)

3万円のおもちゃに予約殺到 「藤井四段が遊んだ」効果で入手困難に
藤井聡太四段が子供の頃に遊んだ玩具が今、飛ぶように売れている。気になる天才を育んだ玩具とは――。(2017/6/27)

自傷行為に罰も:
ケアより規律 被虐待児童が直面する一時保護所問題
日本では緊急避難シェルターを必要とする子どもたちが年間2万人以上、「一時保護所」と呼ばれる児童相談所の付属施設に身を寄せている。(2017/6/27)

『青少年アシベ』って本気か! 少年アシベ新作が『月刊アクション』で連載へ、作画は森下裕美指名のBL作家
アシベとスガオが……。(2017/6/24)

コメディー要素どこ行った! 映画「妖怪ウォッチ」最新作映像公開、子どもが違う意味で震えちゃいそう
やっぱり私の知ってるジバニャンじゃなかった。(2017/6/23)

子どもが好きなキャラ調査 アンパンマン3年ぶりの首位に コナンが初のTOP10入り、高学年に人気
「ドラえもん」も初のTOP3入りなど、親の世代にも人気のキャラが支持率上昇。(2017/6/23)

「『ものを大切に』100回言われるより、1回つくるほうが、身につく」 ボンドの広告が名言と絶賛の声を集める
「モノづくりの楽しさ」を今の子どもたちにも知ってもらいたい、という気持ちで作成されました。(2017/6/21)

深海生物の生態をゆる〜い4コマ漫画で紹介 大人も子どもも楽しめそうな「深海生物図鑑」が登場
深海クラスタ集まれ〜。(2017/6/21)

BASICも学べるワンボード子どもパソコン「SkyBerryJAM」 栃木工業高校から
県立栃木工業高校が開発したプログラミング学習向きのワンボードPC「SkyBerryJAM」が提供中となっている。(2017/6/19)

アライグマの子どもたちになつかれたおじさん 歩くと付いてきて、体にワイワイと登られる姿が目撃される
アライグマとフレンズになったおじさん。(2017/6/18)

週刊「調査のチカラ」:
「キッズウイーク」導入、子を持つ親の反応は?
お小遣い、受験、将来。日本の青少年は今、何を思うのか。そして彼らを取り巻く社会の在り方は? 調査データから探ります。(2017/6/17)

子供が車のハンドル操作? ネット上で騒動に 茨城県警が捜査
茨城県内とみられる道路で、子供が車のハンドルを握り、運転をしている様子を撮影した動画がネット上に投稿され騒動になっている。(2017/6/15)

森尾由美、ドラマ「五つ子」元子役たちからの誕生日祝いに感激 「さすが我が家の子供たち!」
拓也と紀香は仕事で来られず、「いつか いつかでいいからみんな揃って集まりたいね〜」と森尾さん。(2017/6/13)

「SPAJAM2017」東京C予選が開催 最優秀賞はアプリ「コツクリ」を開発したチーム「むっちり」
6月10日〜11日にかけて「スマートフォンアプリジャム2017(SPAJAM2017)」の東京C予選が開催された。「子ども」というテーマでアプリ開発を行い、最優秀賞にはチーム「むっちり」のアプリ「コツクリ」が選ばれた。(2017/6/12)

減る体罰、変わる教育:
大人に「ぶたれた」経験のある子どもの数、過去最低に
1970年からの20年間で、大人たちによる教育方法と子どもたちの価値観はどう変わったのだろうか――博報堂生活総合研究所調べ。(2017/6/12)

「起きるんだワン!」(ぐいぐい) 起きない子どもを起こすワンコ
親にとっては助かるけど、子どもにとっては……。(2017/6/11)

ワシ「わしが育てた」 タカの子どもに巣でエサを与えて育てるワシが目撃され話題に
ワシはタカの子どもを育てたかった?(2017/6/10)

週刊「調査のチカラ」:
現代人の時間の価値 オンタイムは3669円、オフタイムは6298円
生活者の時間に対する意識、子どもの意識の20年間における変化など、「時間」をキーワードに関連調査データを集めてみました。(2017/6/10)

「安定した企業で働いてほしい」:
子供の就活に関心持つ親が増加中 約半数が日程把握
子供の就職活動について、親はどこまで知っている?――マイナビ調べ。(2017/6/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。