ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小学校」最新記事一覧

関連キーワード

小学生でもガールズライフを満喫! フェイスフィルター搭載の本格的スマホトイ「Mepod ミー☆ポッド」登場――「ぷっちょ」や「JENNI」とコラボ
(2017/5/29)

仕掛け人に聞く:
“大人”にも人気! 「ベイブレード」が再び大ヒットした理由
1999年に発売されたタカラトミーの玩具「ベイブレード」が、再び大ヒットしている。もともとベイブレードは男子小学生を対象とした玩具だが、20代男性を中心とする大人のユーザーからも人気が高いという。再ブームの仕掛け人に話を聞いた。(2017/5/29)

80年代の小学生の部屋を再現した写真がスゴイ 懐かしさで思わず声出そう
(2017/5/23)

「加害者からさらに精神的被害」:
神戸連続児童殺傷20年 被害者の父、加害男性に「裏切られた」
神戸市で1997年に起きた連続児童殺傷事件で、小学6年だった土師淳君が殺害されてから20年となる。(2017/5/23)

「絶歌」出版でさらに傷つく遺族……土師淳君殺害から20年 父の守さんに聞く
小学6年だった土師淳君が殺害されてから20年。父親の守さんは、遺族に何の断りもなく手記「絶歌」を出版した加害男性への怒りを語った。(2017/5/23)

ちょっとした小学生サイズ!? 身長115センチのコリラックマの超特大ぬいぐるみ 予約受付中
イチゴのぬいぐるみ付きです。(2017/5/16)

漫画違法サイト「フリーブックス」、出版社が連携して法的措置を進行 「移転先教えます」の詐欺行為も続出
小学館も「海賊版サイトはこれを利用すること自体、著作権を侵害する違法行為に当たります」と注意を呼びかけ。(2017/5/9)

エネルギー供給:
年間1億円以上の電力コスト削減、補助金に頼らないエネルギー地産地消が静岡市で
静岡市でエネルギーの地産地消とバーチャルパワープラント(VPP)を活用した注目の事業が始まった。鈴与商事が市内のゴミ処理場で発電した電力を市有施設に供給する他、80カ所の小学校に蓄電池を導入してVPPを構築する。静岡市は年間1億円以上の電力コスト削減が見込める。政府の補助金を活用せず、自治体と新電力が独自で自立したビジネスモデルを構築するモデルケースとして注目の事業だ。(2017/5/2)

「メディアの在り方」など研究:
DeNAと小学館、新デジタルメディアを検討
DeNAと小学館は、新しいデジタルメディアを共同で検討することに基本合意した。(2017/4/20)

Google Blocklyで作成、学習指導案も用意:
まずは普通の小学5年生にFizzBuzz問題を解かせる――みんなのコード、プログラミング教材「プログル」を無料で提供開始
みんなのコードは2017年4月18日、プログラミング教材「プログル」を無料で公開した。まずは小学5年生向けの「公倍数コース」の提供を開始し、2017年夏には「多角形コース」を公開する予定だ。(2017/4/19)

「かけ算九九」を5種類の図で表す方法が美しい 小学生の算数プリントに思わず感動
数学って美しい。※追記あり(2017/4/12)

小学生の将来の夢に「YouTuber」が登場 学研「小学生白書Web版2016」調査結果
「自分らしく楽しいことをしながら稼ぐ、という新時代のビジネスに小学生も注目している」とのこと。(2017/4/6)

ヤフー「週休3日」導入 まず育児・介護中の社員から
小学生以下の子どもの養育、家族の介護・看護をしている正社員・契約社員が対象。(2017/3/31)

あのキャラに花束を:
「私、ろりこんなんだと思います」 止まらないドキドキ“おねロリ”に目覚めた女子高生・野間みみかの迷走
小学生の貴女(柚子森さん)が好きです!(2017/3/31)

将来有望すぎる 「買ってもらえなかったから作った」Nintendo Switchを自作した小学生に絶賛の声
いずれNintendo Switchを超えるゲーム機を作る逸材。(2017/3/29)

すべての例文に“うんこ”が入った小学生向け「うんこかん字ドリル」が話題に 「みんなで少しずつ分担して、うんこを持ち帰ろう」
うんこのパワーで勉強が捗るはず……!(2017/3/20)

森友学園が小学校設立認可申請取り下げ 籠池泰典理事長が会見
取り下げについては「苦渋の決断」。(2017/3/10)

ブロロロロー!  トラウマ必至の70年代特撮「超人バロム・1」がYouTubeで公式配信開始
小学生2人が合体変身する異色特撮、原作は「ゴルゴ13」のさいとう・たかをさん。(2017/3/9)

週刊「調査のチカラ」:
毎年叫ばれ続ける「動画元年」、若年層の本音は?
Z世代の動画広告に対する考え方や小学生の動画視聴実態、動画視聴で“人生を豊かにする”「動画生活者」など、世代やシーンごとに異なる動画に対する意識をデータから探ります。(2017/3/4)

すららネットが提供:
eラーニングで学習障害持つ子を支援 AIが励ます機能も
教育ベンチャーのすららネットが、クラウド学習システムを拡充。小学校低学年の児童と、学習障害を持つ子どもを支援するカリキュラムを提供する。AIの自然対話技術を活用し、受講生にアドバイスする機能も備えている。(2017/3/2)

ノロウイルス集団感染を起こしたのり製品がリコールに 小学校などで1000人超の被害者
和歌山県、東京都で給食に使われ、大規模な食中毒感染を起こしていました。(2017/3/1)

「安倍晋三記念小学校」問題について籠池理事長が経緯を説明 TBSラジオ「Session-22」がログを公開中
荻上チキ氏が渦中の人物にロングインタビューを行った。(2017/2/21)

岸田メルがEテレの小学生向け教育番組の主人公に 「意味不明すぎてすごい」「うんこ我慢できるのか」
4月5日からスタート。(2017/2/16)

ウワサの「小学8年生」は予想以上に面白い! 「子どもだましではない」本格的なその内容
小学館の新たな学習雑誌「小学8年生」が15日、発売される。「子供だましでない本格的な特集をそろえた」と編集長が胸を張るその内容とは。(2017/2/15)

電卓を使ったら二度と人間に戻れない!? 「そろばんで戦うバトル漫画」が熱いあるある展開でかっこいい
小学生の頃、そろばんを使いこなしている友達に憧れた気持ちがいま再び……!(2017/2/12)

スガシカオ、「小学生“以上”入場不可」のライブを開催!? チケットのミスプリントに本人も困惑
スガシカオ「幼稚園児しか入れないっ汗」。(2017/2/12)

サンリオと月刊コロコロコミックがコラボ レッツ&ゴーに学級王ヤマザキ……懐かしのキャラをかわいくデフォルメ
小学生の頃に読んでた作品キャラたちがかわいいグッズに!(2017/2/4)

ベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」無料公開 「高くて買えない」小学生からの声受け
キングコングの西野さんのベストセラー絵本「えんとつ町のプペル」がWebで無料公開。「2000円は高くて買えない」という小学生からの声を受け、無料公開を決めたという。(2017/1/19)

「胸が膨らむ前が好み」 LINEスタンプ“えさ”に女児の裸画像ゲット ロリコントラック野郎が仕掛けたワナ
LINEスタンプと引き換えに、小学生の女児に裸の画像を送らせたとして、トラック運転手の男が逮捕。小学生の女児に狙いを定めて犯行を繰り返していた。(2017/1/17)

休刊した「小学2年生」が「小学8年生」にパワーアップ 増刊号が2月15日発売
1〜6年生が全員楽しめる雑誌に。(2017/1/12)

約2年ぶりの新モデル:
auのジュニアスマホ「miraie f」が1月20日発売 “子供っぽくないデザイン”でGoogle Playも利用可能【画像追加】
auのジュニア(小学校高学年〜中学生)向けスマートフォンに、約2年ぶりの新モデルが登場する。子供が成長しても使い続けられることを目指して、デザイン面に工夫を凝らし、「Google Play」にも対応した。もちろん、miraieならではの安心機能も強化している。(2017/1/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
人工知能を武器にさらに愛されようとするクルマ、愛し過ぎてつらくなりそう
感情を理解するための人工知能を搭載したクルマ、精神年齢は小学校低学年程度になるそうです。だからこんな妄想が盛り上がってしまうのです。(2017/1/10)

トミカが史上初のテレビアニメ化! 小学生が警察・消防・救急の車型変形ロボを操縦して街の平和を守る
タイトルは「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」。4月から放送開始。(2017/1/9)

先生「どういう動きか教えて」生徒「プログラムに書いてあるからそれ見て」――大阪の小学校で「たこ焼き型ロボット」を使った実証実験
この授業を見てちょっとしたジェラシーを感じたのはここだけの秘密である。(2016/12/26)

指原莉乃+モーニング娘。=「サシニング娘。」爆誕! 「一曲限りのことなので楽しみたい」
小学生の頃からモーヲタだった指原さん。喜びもひとしお!(2016/12/26)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(19):
秋田編:ノマド制度を利用して地元に拠点を開設――人口減少の最先端で“余白”に挑め
小学校も中学校も1校ずつ、65歳以上人口45%超の過疎地で何ができるのか……。U&Iターンの理想と現実をつづる本連載。秋田編は五城目町の廃校を利活用したオフィスで創造的な仕事に取り組む男の奮闘記です。(2016/12/16)

朝日小学生新聞の「ジャンケンポン」が1万5000回 同一タイトルの新聞連載まんがの最多回数記録を更新中
1969年から休刊日をのぞきほぼ連載され続けている。(2016/12/15)

鉄道イラストびっしり! 鉄ちゃんが小学生の時に書いた列車研究ノートがスゴイ
現在はアフリカの鉄道に興味をもっているそうです。(2016/12/11)

特集:小学生の「プログラミング教育」その前に(5):
テクノロジーの力を次の世代のために――プロのエンジニアもプログラミング教育に協力を
政府の新たな成長戦略の中で小学校の「プログラミング教育」を必修化し2020年度に開始することが発表され多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は一般社団法人「みんなのコード」の代表理事を務める利根川裕太氏。(2016/12/8)

国内と海外の動向を整理
「小学校プログラミング教育必須化」の正体とは? 有識者会議の委員が明かす
2020年を目標に小学校における必須化の方針が示されたプログラミング教育。今後はどのような展開をみせるのか。現状と課題について、プログラミング教育有識者会議の委員に聞く。(2016/12/7)

ちょっと男子ー キリン「SPECIAL STUDENT」の小学生あるあるが全部あんたたちのことじゃない
デュクシ! デュクシ! バリヤー!(2016/12/6)

岸田メルがブログを開設 初日から小学生みたいな記事を公開しファンのボルテージをブチ上げる
1983年生まれの女子中学生。(2016/12/1)

「3.9+5.1=9.0」は減点対象 小学校算数の奇習に茂木健一郎が苦言“子どもたちへの虐待である”
「文科省にもきちんとした対応をとっていただきたい」。(2016/11/22)

ジョーシス:
「IT苦手」な経営層にも分かってもらえる、IT用語解説「サンドボックス」
標的型攻撃などに対応するセキュリティ技術に「サンドボックス(sandbox)」がありますが、ITが苦手な経営層や業務部門の人にも“伝わる”ように説明できるますか? この解説を読めば、小学生でも分かるように説明できます!(2016/11/17)

バザーに出品したら売れすぎて増刷 70部完売した小学6年生の漫画が「コミケでも難しい販売数」と話題に
表紙を見ただけで思わず読みたくなる良作。(2016/11/9)

一宮市が「ポケモンGO」利用制限を求める要望書 市内で起きた小学生事故死を受けて
市長はポケモンGOに限らず「ながらスマホ」自体が危険とし、「ながらスマホ」の危険性の周知・啓発も行うとしています。(2016/11/5)

小学生事故死を受け愛知県警がポケモンGO規制を求める要望書 ネットでは「まず運転中スマホを規制しろ」の声
2日に行われた一斉取締では568件が摘発されましたが、運転中にポケモンGOをプレイしていた人は1人もいませんでした。(2016/11/4)

「結婚したくない」若者、全体の2割超す 主要因は「経済的困難」と「1人が楽」
小学生まで「人間的なふれあい」の経験が多い人ほど、既婚者が多いとのデータも。(2016/11/2)

小学1年生が「13−9=4」をどう解いたか説明する問題が「数学序論より難しい」と話題 どうなってんだこれ……
大人には意味がわからない。(2016/10/18)

「小学二年生」が休刊、趣味趣向の多様化に応えられず 残るは「小学一年生」のみに
来春には小学2〜4年生向けの新たな学習増刊を立ち上げるとも。(2016/10/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。