ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小学校」最新記事一覧

小学生の「プログラミング教育」その前に:
2016年、手で触るプログラミングおもちゃが続々登場
「プログラミングの考え方」を身に付けるのに、PCやキーボードを使う必要はない。小学生になる前でも“おもちゃ”を通じて「プログラミングの考え方」を身に付けられることを目指した製品が、2016年になって続々と発表されている。(2016/6/27)

府中市郷土の森博物館、旧府中尋常高等小学校校舎を当面見学中止に 「無許可の撮影があったため」
平日の2階部分の見学を中止しています。(2016/6/25)

なぜ日本の学校にITが必要なのか【中編】
小学校の「プログラミング教育必修化」が必要なこれだけの理由
小学校での必修化の検討が進む「プログラミング教育」。なぜ必修化が必要なのか。世界の動向も含めてプログラミング教育を取り巻く状況を整理し、その理由を探る。(2016/6/23)

新連載・意外と知らない教育現場のいま:
小学校のプログラミング必修化は本当に必要か
昨今はブームとも呼べる教育のICT化。ITツールを使えば、果たして学びは劇的に変わるものなのか。そして、小中でのプログラミング授業必修化は正解だったのだろうか――ジャーナリストの鈴木隆祐が読み解く。(2016/6/21)

小学生にキュン萌え! アニメ「12歳。」セカンドシーズンが10月から放送決定
JSのバイブル・テレビアニメ!(2016/6/20)

ジョーシス:
小学生にも分かる、情シス用語解説「出口対策」
「出口対策」について、あなたは“きちんと伝わる”説明ができるだろうか? “ITに明るくない人”に伝えるコツを紹介します。(2016/6/9)

「教育ITソリューションEXPO」レポート
堺市の小学校がWindowsタブレット2000台で使う「校務・授業連係システム」とは?
市内の全小学校に対して2000台のタブレットを導入した堺市教育委員会。教員が日常的にITを活用できる環境を構築し、授業支援と校務支援を連係させた新たなシステムを構築した。その中身を探る。(2016/6/9)

新連載・繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
ランドセルがじわじわと値上がりしている理由
平均単価は約5万円、中には15万円を超えるランドセルも。数年前から小学生向けランドセルの高価格化が進んでいます。そしてまた、値段が高くても売れているのです。その背景にはどのような消費トレンドがあるのでしょうか。(2016/6/8)

高須院長、小学館の書き直し要請を「断固拒否!」 絶版・回収決まり、ネットオークションで価格高騰
高須院長が、パートナーの西原理恵子さんとの共著「ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲」について、書き直しを要請されたことに激怒し、絶版にした。新刊が発売直後に絶版となる異常事態だ。(2016/6/2)

高須克弥院長が小学館の書き直し要請を「断固拒否する!」
「高須クリニック」の高須院長が、パートナーの漫画家・西原理恵子さんとの共著『ダーリンは70歳・高須帝国の逆襲』について、版元の小学館から表現に不適切な部分があり、書き直しを要請されたことに激怒し、絶版にしたことを個人ブログで明らかにした。(2016/6/2)

夏休み恒例:
マウスコンピューター、「2016年度親子パソコン組み立て教室」の応募受付を開始
毎年恒例、小学6年生を対象とした「親子パソコン組み立て教室」の参加者募集が始まった。開催は7月23日。(2016/6/1)

熊本地震の避難所にPepper派遣、会話やゲームでストレス軽減狙う
ソフトバンクは熊本地震の被災地支援として、避難所となっている小学校にPepperを派遣する。ロボットとの会話やゲームを通じてのストレス軽減を狙う。(2016/5/30)

熊本地震の避難所に「Pepper」派遣 会話やゲームで娯楽を提供
ソフトバンクが熊本地震の避難所の小学校に「Pepper」を派遣。会話やゲームで娯楽を提供し、避難所生活のストレスを軽減する狙いだ。(2016/5/30)

小学生が“ボカロ”で作曲? 教育向け「VOCALOID」で音楽の授業が変わる
小中学校へのタブレット導入が進むなか、ヤマハが小中学校向け教育パッケージ「VOCALOID Education」を開発している。楽譜が読めない子供でも、タブレットで手軽に作曲でき、創作活動の楽しさを味わえるという。(2016/5/23)

「小学校でプログラミング教育必修化」「3年以内にドローン配送」 新成長戦略素案
政府の新しい成長戦略の素案には、小学校でのプログラミング教育必修化や3年以内のドローン配送実現などが盛り込まれている。(2016/5/20)

IoTはレゴで学べ? 子供向けプログラミング教材「レゴWeDo 2.0」を見てきた
最近のレゴブロックはプログラミングを学べる教材に進化しているのをご存じだろうか。センサーを組み込んだモデルをプログラムで制御し、課題を解決する過程を遊びながら体験できる。小学生向けの教材ながら、ちょっとしたIoTを学ぶことができそうだ。(2016/5/19)

太陽光:
運動場を発電所に、北海道の小学校跡地にメガソーラー
日本アジアグループの国際航業は北海道滝川市において「滝川ソーラーウェイ」太陽光発電所を建設し、このほど完成したと発表した。(2016/5/11)

スマートシティ:
「ネット・ゼロ・エネルギー」の街が誕生、3つの電池で実現
大和ハウス工業が富山県富山市の小学校跡地を活用し、一次エネルギー消費量が差し引きゼロになる「ネット・ゼロ・エネルギー・タウン」の開発に着手する。分譲住宅全戸に太陽光発電システムと蓄電池、家庭用燃料電池を設置し、HEMSも導入する。2017年後半に完成する予定だ。(2016/5/2)

SMAP中居さん、熊本の小学校へ炊き出しに現れ元気を与える
ピラフを作って振る舞う。(2016/4/24)

地域で違う? 小学校にあった“あの”休み時間の呼び名
(2016/4/23)

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ
いろは出版の担当者に聞きました。(2016/3/29)

伝説のナンバーワン女性実況者「obasan」が約5年ぶりに復活 「ずっと待ってました!」「当時は小学生だった」と喜びの声
ニコニコ超会議のユーザー記者として新しい動画を投稿するとのこと。(2016/3/28)

女子小学生のスマホ使用率、初のPC超え 2015年の2倍に
3月18日、アスキー・メディアワークスは角川アスキー総合研究所と共同で調査した、「子どもライフスタイル調査2016春」の結果を発表。調査開始以来、女子小学生のスマホ使用率が初めてPCを超えた。(2016/3/18)

「環境出前授業」で分かったタブレットの可能性
シャイな児童の“隠れた名答”を可視化、洗足学園小学校で見たタブレット授業の効果とは?
タブレット導入を検討する洗足学園小学校は本格採用に先立ち、タブレット活用の可能性を探る取り組みを進めている。その一環として実施した特別授業の様子をレポートする。(2016/3/22)

奈良で常識「マラソンタオル」って? ネットで話題沸騰
奈良では常識の「マラソンタオル」。小学生がランニングをする際に体操服の下に着込む汗取り用のタオルだ。近隣府県でも活用されているのか、調べてみた。(2016/3/10)

子供の“スマホトラブル”を回避するには?――ドコモの「スマホ・ケータイ安全教室」で見えたこと
スマートフォンは子供にとっても便利なツールである一方、一歩間違えるとトラブルや犯罪に巻き込まれる危険性をはらんでいる。そこで、ドコモは携帯電話を安全に使ってもらうための「スマホ・ケータイ安全教室」を実施している。都内の小学校で行われた教室を見学してきた。(2016/3/9)

小学生向け「ゲームクリエイター奨学金」 サイバーエージェントが募集
ゲームクリエイターを目指す小学生向けの「ゲームクリエイター奨学金」をサイバーエージェントが始める。(2016/3/8)

週刊「調査のチカラ」:
コンビ二で健康的な食生活は可能? 「そう思う」が約7割
ビジネスパーソンの副業の実態から小学生の交友関係、コンビ二食の評価まで、ノンジャンル5本勝負で興味深いネタをお届けします。(2016/3/5)

女子小学生のリアルな恋心を描く……だと? ちゃおで連載中の「12歳。」がアニメ化
同世代の女の子たちに向けた作品です。(2016/3/3)

青年誌に男子グラビア? 小学館「ヒバナ」にイケメン“2.5次元”俳優・佐藤流司さん登場
青年誌でまさかの企画が実現。発売日は3月7日。(2016/3/2)

これを独学で!? 中学3年生が自主制作した映像作品がハイクオリティすぎて将来性の塊
小学1年生のときに見た「ALWAYS 三丁目の夕日」がきっかけなのだとか。(2016/2/29)

ITと子ども:
小学生がiPadで制作した映像をアップルストアで上映
アップルストア心斎橋で、同志社国際学院初等部の5年生が奈良をテーマにiPadで撮影・制作した映像作品の発表会が開かれた。映画って本当にいいものですねぇ。(2016/2/17)

ウルトラマンと武将のフュージョン「ウルトラ十勇士」爆誕 「限定グッズ」がもらえるスペシャルクイズがゼットン級の難易度だった件【PR】
クイズは楽しかった(小学生並の感想)。(2016/2/15)

富士通と千葉工大が支援:
レゴで学習 町立小学校で「ロボットプログラミング授業」が開始
千葉県一宮町の小学校2校で、レゴ マインドストームを教材に使う「ロボットプログラミング授業」が開始される。タブレットによるICT環境を富士通が構築した。(2016/2/12)

あのころのポケモンマスターたちに捧ぐ 「ポケットモンスター 赤・緑」のドット絵がグッズになって登場!
今の小学生には分からないやつだ……。(2016/2/9)

大声、殴る蹴る……小学校の“暴力教室”なぜ急増 ネット利用のストレスも?
大阪府内の暴力行為発生件数は全国ワーストクラス。急増の背景には、貧困など家庭環境の悪化に加え、ネットの普及も指摘されている。(2016/2/3)

教育機関iPad活用お悩み相談【後編】
小学生には「iPad Pro」より「iPad mini」? iPad導入のプロが教える選定のコツ
iPad導入を決断した教育機関は、多様な機種やモデルの中から何をどう選べばよいのか。運用時のノウハウとは。iPad4000台の納入実績を持つスペシャリストに聞く。(2016/1/25)

レゴでプログラミングが学べる「レゴWeDo 2.0」 小学校・理科と関連
レゴ エデュケーションが、小学校向けのプログラミング教材「レゴWeDo 2.0」を発売する。(2016/1/20)

男の子の夢「警察官」「運転士」が上昇
今の子どもたちは、大人になったらどんな職業に就きたいと思っているのだろうか。3歳〜小学6年生の男の子に聞いたところ……。第一生命調べ。(2016/1/8)

14歳のときわ藍さん、小学館新人コミック大賞を受賞 アイドルの奮闘描く
3月発売の「ちゃお」に掲載される予定です。(2015/12/25)

「あそぶ!ゲーム展」体験レポ その2:
小学生からのプログラミング――Scratchでゲーム作りを楽しんだ週末
「あそぶ!ゲーム展」で子ども向けプログラミング教室を体験。脱レトロゲー初心者を目指すテクニックも紹介しよう。(2015/12/24)

学校で「モデ1GP」を! 生徒自ら企画:
広尾学園、3次元CADと3Dプリンタを活用した体験型モノづくりイベント開催
広尾学園 中学校 高等学校は、1970年代に小学生の間で大流行した「スーパーカー消しゴム」を題材に、小さなクルマを無償3次元CADでモデリングし、それを3Dプリンタで出力してノック式ボールペンで弾いて遊ぶイベント「モデ1GP」を開催した。(2015/12/21)

「i和design-Programming Festival」リポート
ゲーム「Minecraft」でプログラミング授業? 多摩市立愛和小学校が挑戦
小中学生に圧倒的な人気を誇るゲーム「Minecraft」。海外を中心に、その教育利用が進みつつある。そんな“最先端”の授業を実践する多摩市立愛和小学校の取り組みを紹介する。(2015/12/3)

飲むかまぼこに、かまぼこロボ 小学生考案の“夢のかまぼこ”を実際に作ったサイトに無限の可能性感じる
かまぼこ誕生1000周年となる2115年では、かまぼこは飲み物。(2015/11/18)

「アプリ甲子園2015」リポート
世界のアレルギー患者を救いたい――小学6年生が熱意で作ったスマホアプリとは?
小中高生が開発したスマートフォンアプリのコンテスト「アプリ甲子園2015」の決勝大会が開催された。応募総数1334作品の中から頂点に輝いたアプリとは?(2015/11/12)

福岡市の小学生ミニバス大会決勝で奇跡のスーパープレイ ラスト2秒はまばたきダメ、絶対!
「泣いた」「鳥肌立った」など、国内外から絶賛のコメントが寄せられています。(2015/11/7)

文章中の漢字が小学何年生で習うものなのかを調べられる「こども漢字チェッカー」が画期的
セリフなどのリアリティが増しますね。創作にも使えそう! (2015/11/2)

ロボット×クラウド:
レゴをVisual Studioで制御しデータをAzureで分析、小学生でも取り組める教育カリキュラム
レゴとマイクロソフトが、ロボットを題材にしたプログラミング教育カリキュラムを共同で提供。「ビッグデータ時代のIoTの基本」を遊びながら学べる内容だ。(2015/10/27)

「マインクラフト」が公立小学校の授業に初導入! 「算数」「社会」「理科」「図工」などで活用の可能性探る
デジタルネイティブ世代の「プログラミング教育」に注目。(2015/10/27)

マリオメーカーでゲーム作りを学ぼう 小学生向けのゲームクリエイター講座、任天堂が無料開催 
任天堂の現役開発者がゲーム作りを教えてくれるぞ。(2015/10/23)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。