ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小学校」最新記事一覧

プロ級の演出! 「くちぱくコンテスト」で女子小学生3人が披露した“レリゴー”に歓声が鳴り止まない
少しも妥協はないわ。(2017/11/21)

森口博子、“大ファン”若林豪と35年ぶり2ショット 中学時代に撮った写真も
小学生のころに「Gメン'75」の立花警部補に痺れたと森口さん。渋いな。(2017/11/15)

小学生でも解けるけど超難問? □に入る数字はなんでしょう
Q2が難しい。(2017/11/12)

毒キノコに誤って「食用」記載 小学館のキノコ図鑑が謝罪・回収へ
「ヒョウモンクロシメジ」の説明で。(2017/10/20)

小学生向けプログラミング学習アプリ、DeNAが無料公開 iOS/Android/Windows対応
小学校低学年向けのプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」をDeNAが公開した。楽しみながらプログラミングの概念などを習得できるという。(2017/10/19)

小学生でもわかる「割り算で0で割ってはいけない」理由
小学生でもわかる考え方で説明してみました。(2017/10/19)

「小学校庭で侵入グマ射殺」がなぜ非難される……現場の「やむを得ない判断」に“第3者”から反発の声
岐阜県の小学校にツキノワグマが侵入し、猟友会が射殺した。地元では「児童の安全を考えるとやむを得ない」との受け止め方だが、県外の人から「小学校で射殺とは……」と非難の声が寄せられ、市や学校側は困惑している。(2017/10/13)

作中の“発明キット”を展開:
バンダイ、「未来のAmazon」が登場する新作アニメ
バンダイが小学生向けの新作バラエティ番組を18年1月から放映。Amazonが演出に協力し、作中の発明キットを実際に商品展開する。(2017/10/11)

54の事例を紹介:
新刊『バカ売れ法則大全』 出ました!
ITmedia ビジネスオンラインの人気記事をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』を刊行します。東京の中心部で赤い自転車に乗っている人が増えているワケ、『コロコロコミック』が小学生男子のハートをつかんでいる秘密などに迫っています。(2017/10/11)

お道具箱? 引き出し? 小学校の“机の中に入れていたもの論争”を巡って二大勢力に別れる
私はお道具箱でした。(2017/9/28)

あのキャラに花束を:
『とっても優しいあまえちゃん!』巨乳女子小学生あまえちゃんのバブみは、温かい天国か、無限回廊か
妄想が過ぎるぞ(褒め言葉)。(2017/9/27)

先進校の取り組みから見えた可能性と課題
「プログラミング教育」を一般教科にどう盛り込むか? 前原小学校の実践から探る
2016年からプログラミング教育に取り組む小金井市立前原小学校は、一般教科の中にプログラミングを盛り込む試みを始めた。次期学習指導要領を先取りしたこの取り組みから、プログラミング教育の可能性と課題を探る。(2017/9/25)

IoTセキュリティ:
IoTセキュリティ基盤の有用性を複数分野で検証
NTTコミュニケーションズとNTTPCコミュニケーションズは、タイムズレスキュー、TOTO、小金井市立前原小学校と協業し、「IoTセキュリティ基盤」の有用性に関する検証を2017年12月より開始する。(2017/9/22)

「EM菌でプール掃除」「花粉症が治った人も」山形県小学校ブログ、科学的根拠なく炎上 学校ではなく町単位での取り組み
小学校と町に聞きました。(2017/9/20)

小学生の「プログラミング教育」その前に(6):
国語、算数、英語――教科学習にどのように取り入れたらプログラミングを楽しめるのか? 公立小学校の教諭がプレゼン
政府の新たな成長戦略の中で、小学校の「プログラミング教育」を必修化して2020年度に開始することが発表され、多くの議論を生んでいる。本特集では、さまざまな有識者にその要点について聞いていく。今回は一般社団法人「みんなのコード」が開催した「プログラミング教育明日会議 in 東京」から先行事例報告の内容を中心にレポート。小学校におけるプログラミング教育の授業事例や課題などに迫る。(2017/9/20)

ものになるモノ、ならないモノ(74):
ボーカロイド教育版と「プログラミング的思考」は“AIリテラシー”を育むか
文部科学省が小学生向けの「プログラミング教育」で使い出した「プログラミング的思考」とは何なのか。国算理社といった既存教科で養えるものなのか。AI時代を見据えた教育はどうあるべきか。本稿では、音楽の授業における「ボーカロイド教育版」の利用例なども紹介しつつ、10年後、20年後の日本を担う小学生向けのプログラミング教育について考えてみたい。(2017/9/14)

「母の教えがあったから」 書道家の武田双雲、小学1年生の“字”が既に達筆!
これより上手く書ける自信ないです……。(2017/9/12)

テストで100点取れるかも!? 小学一年生10月号の付録はドラえもんの「アンキパン メーカー」
欲しい……欲しすぎるよ、ドラえも〜ん!(2017/9/3)

バイオリン、7000円の廉価品と3100万円のビンテージでどっちの音色がきれい? プロ奏者が「格付けチェック」めいた実験を披露
あらためてGACKTはすごいと思いました(小学生並みの感想)。(2017/9/3)

斬新な蚊避けスプレー噴射アイテム 小学4年生の女の子が開発した「自動虫シュッシュ」がクラウドファンディング中
毎日のスプレープッシュの面倒を解決してくれる便利アイテムです。(2017/9/1)

小型ロボットが『小学8年生』の付録に 自動でiPad Proの上を走ってアプリを操作するすごいやつだよ
底面に配された突起がタッチパネルに作用し、専用アプリを操作できる。(2017/8/30)

iPadの上で動くロボットが付録になった「小学8年生」
小学館は、手のひらサイズの小型エデュケーションロボットを付録にした学習雑誌「小学8年生」特別号を発売する。2020年に小学校でプログラミング学習が必須化されることを受けて企画した。(2017/8/30)

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタブームは去っていない! 「ファブ3Dコンテスト 2017」開催
ファブ地球社会コンソーシアムは「ファブ3Dコンテスト2017」を開催。小学生から大人まで楽しめる5部門を設置し、3Dプリンタおよび3Dデータを活用した作品の投稿を全国から募る。優秀作品として選出されると賞金と副賞の3Dプリンタが贈られる。応募受付は2017年10月10日まで。応募予定者には、造形後でも形状を自由に変更できるユニチカの「感温性フィラメント」も無償提供する。(2017/8/29)

PR:プレゼン好きの「小学生」がITに出会い、エバンジェリストになるまで
さまざまなITベンダーから登場している「エバンジェリスト」という職種。彼らがその道を選んだ理由はさまざまだが、幼少期に芽生えた「プレゼンが好き」という思いを貫き、エバンジェリストになった人がHPEにいるという。(2017/8/21)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

身近なヘビの見分け方を説明したイラストがかわいい 「子どもに読ませたい」「小学校の図書館に掲示したい」などの声も
ヘビのことが良く分かる。(2017/8/3)

「新しい『MERY』誕生を目指す」 DeNAと小学館「株式会社MERY」共同設立
DeNAと小学館がデジタルメディア事業を行う共同出資会社「株式会社MERY」を設立。「新しい『MERY』の誕生を目指す」という。(2017/8/3)

刷新して再出発:
小学館とDeNA、共同出資会社「MERY」設立 新「MERY」運営へ
小学館とDeNAがデジタルメディア事業を運営する共同出資会社「株式会社MERY」を設立。新「MERY」を運営する。(2017/8/3)

缶の「高さ」と「周」、長いのはどっち? 10秒で答えが分かる方法
実は小学生でもできる!(2017/7/27)

「16×4は?」「68−4だから64」 小学1年生の掛け算の計算方法が斬新だと話題に
発想が見事。(2017/7/25)

テレビの信頼度は過去最高、ネットは最低に――博報堂「こども20年変化」
テレビの信頼度は過去最高、ネットは過去最低に――博報堂がこのほど行った、小学4年生〜中学2年生を対象にした調査「こども20年変化」で、こんな結果が出た。(2017/7/19)

小学校のテスト結果をAIで分析、最大6万種類の個別教材を提供 DNPから
DNPは、小学校のテストの結果をクラウドでAI分析し、能力や特性に合った個別教材を提供するサービスを開始。個別教材は、紙教材かタブレット端末向けのデジタル教材で提供する。(2017/7/19)

AIが答案分析、理解度別に復習教材――奈良市立の小学校が導入
学校のテスト結果をAIが分析し、生徒ごとの理解度に応じた復習教材を用意するサービスを、大日本印刷が提供。奈良市立の全小学校で、4年生の算数を対象に導入する。(2017/7/18)

ルールを決めてゲームを遊ぶ子は勉強も効率的? 今どきの小学生の実態調査
ゲームを通じて「いろんな知識が身についた」「漢字を覚えた」との回答も多数。(2017/7/15)

電力供給サービス:
”再エネ×新電力”でエネルギー地産地消、スマートシティを目指す小田原市
小田原市で、再生可能エネルギー電源と新電力を活用したエネルギーの地産地消が進んでいる。市と湘南電力、エナリス、ほうとくエネルギーが協定を結び、太陽光発電で発電した電力を地域の幼稚園や小学校に供給。蓄電池も活用し、エネルギーを最適に管理するエネルギーマネジメントシステムも構築する。(2017/7/14)

「ゲームOK」の子の方が勉強に集中し、親との会話も長い……朝日小学生新聞調査
「ゲームOK」の子どものほうが、勉強への集中力が高く、宿題にも自主的に取り組む――朝日小学生新聞がこんなアンケート結果を発表した。【更新】(2017/7/12)

2017年8月に渋谷で開催、参加費1000円:
ソニーの「MESH」を使うプログラミング教室「Swimmy」 親子で参加できる夏休み体験教室を開催
プログラミング教室「Swimmy(スイミー)」で子ども向け体験ワークショップが開催される。小学校2年〜5年生の児童を対象に、ソニーの「MESH」を使ってプログラミングの基礎を遊びながら学べる体験の場を設ける。(2017/7/12)

YouTuberの生活ってどんな感じなの? 小学生と父、親子で投稿を続ける「まえちゃんねる」に聞いてみた
YouTuberを見る側の親子が、作る側の親子に疑問をぶつけてみました。(2017/7/10)

組み込み開発ニュース:
30分間で小学生にどう教える? コミュニケーションロボットのプログラミング
子ども向けの職業体験施設「キッザニア東京」(江東区豊洲)では、コミュニケーションロボットのプログラミング体験がスタートする。ロボットが携帯電話機の販売店で接客する場面を想定。プログラミングツールはNTTドコモが独自に開発したもので、タブレット端末上で50種類のブロックの中から必要なものを組み合わせるだけで完了する。(2017/7/6)

天の川をみたことがある小学生は9%との調査結果 親世代でも3割未満
都市部で星空が見にくくなったのも影響。(2017/7/5)

水曜インタビュー(算数公演):
大人になったら使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学ぶのか
社会人になって「微分・積分や二次関数」を使ったことがある人は少ないはず。いや、ひょっとしたら、小学校の低学年で学ぶ「分数の足し算」も使ったことがないのでは。大人になっても使わないのに、なぜ私たちは「分数」を学んできたのか。その理由は……。(2017/7/5)

これでYouTuberになれる? 自由研究にもお役立ちな「なりきり!YouTuber実験 小学生」
将来の夢はYouTuberという少年少女のネタ本にいかが?(2017/7/2)

来年度「道徳」の教科書の表紙が話題に 元ジブリアニメーターで現在スタジオコロリドの新井監督が手掛ける
これは小学生がうらやましい。(2017/7/1)

「放射能検査」偽り女児の身体触る 妻子ある男が……漫画模倣? 警察の対応めぐり“場外戦”も
放射能の検査を装って女子小学生の家に侵入し、体を触るなどの犯行を繰り返していた男が、成人向け漫画同人誌を読み模倣したと供述していたことから、埼玉県警が漫画の作者に配慮を求め、波紋を呼んでいる。(2017/6/29)

柳の下のドジョウは何匹?:
小学館が「やせるおかず」そっくりと激怒した類似本事情
小学館「やせるおかず 作りおき」と酷似しているとして他社に販売停止などを求めた騒ぎ。法的にはシロかクロかの明確な基準はないものの、「柳の下にドジョウは3匹までいる」という出版界の事情もある。(2017/6/28)

「そっくり本」に小学館激怒……類似本、どこまでなら許される?
「やせるおかずの作りおき」という料理本の題名や表紙デザインが自社の本に酷似しているとして、小学館が販売停止などを求める騒ぎがあった。一体どこまでの類似なら許されるのか?(2017/6/28)

あのキャラに花束を:
人としてそれはどうなのか 小学生女子のお金でガチャを回す『今日から俺はロリのヒモ!』という脳みそハッピーライトノベル
大富豪・二条藤花とクズ男・天堂ハルの華麗なる生活。(2017/7/1)

小学生が作った「長さを測って切れるテープ台」が秀逸 三平方の定理を応用し歯から目盛りまでの長さを正確に
もの作りが大好きな小学生が、4年生のときに夏休みの宿題で製作。(2017/6/26)

1分間で大縄跳び225回の新記録! 静岡の小学生14人をギネス世界記録に認定
実は日本は縄跳び大国だった?(2017/6/25)

小学生でも解けそうなのに引っ掛かる人が続出!? ある学校で配布された算数クイズが秀逸と話題に
計算自体は簡単なのですが……。(2017/6/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。