ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「離婚」最新記事一覧

関連キーワード

「虐待をここに告発します」 泰葉、元夫・春風亭小朝に受けたという虐待行為をブログで告白
“金髪豚野郎”のインパクトは忘れられない。(2017/4/24)

干ばつと紛争:
ソマリアの少女、飢える一族救うため失った自由と夢
乾ききった低木地の広がるソマリア南部の村では、井戸が涸れ、家畜が死んでいった。家族を飢餓から救うために残された最後のチャンスは、14歳の娘の美貌だった。(2017/4/21)

「思い出の父はいつも酔っている」 アルコール依存症から始まる実録漫画「酔うと化け物になる父がつらい」がつらい
身近に潜むアルコール依存の怖さが描かれています。(2017/4/18)

「6人家族となり益々にぎやか」 元モー娘。市井紗耶香、第4子となる女児出産
かつて「母さん」と呼ばれたのに恥じない子だくさんぶり。(2017/4/14)

週刊「調査のチカラ」:
プロ野球のサービス満足度、「神ってる」のはどのチーム?
寒過ぎず暑過ぎず、体を動かすにはちょうど良いこの季節。一方、プロ野球も開幕して観戦の楽しみもあり。今回は健康や運動にまつわる調査データをお届けします。(2017/4/8)

正気か 伝説のクソゲー「たけしの挑戦状」がスマホで復活決定
「こんな げーむに まじに なっちゃって どうするの」(2017/4/5)

40歳の私が楽しんだ「ファイナルファイト」を11歳の息子が楽しめなかったわけ
「かつての思い出を息子に求めることは、老害というそしりを受けてもおかしくはない」(2017/4/4)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

シン・ゴジラのスクリプターが語るiPad Pro&Apple Pencil仕事術
iPad ProとApple Pencilを使ったプロの仕事術を紹介。(2017/3/30)

ともさかりえ、スネオヘアーとの離婚をブログで認める 12歳の息子に対しては「本当に申し訳なく」
ともさかさんは、これが2度目の離婚。(2017/3/29)

まだ明らかになっていない謎も 今夜最終回のドラマ「カルテット」ストーリーを振り返る
【ややネタバレ注意】最終回が気になって1週間ずっと“みぞみぞ”してた。(2017/3/21)

「予定より少し早かったけど」 土屋アンナ、第3子となる女児を出産
いろいろあったけど、いろんなカタチの幸せがある。(2017/3/11)

じんたんと順はいかに生まれたのか? 脚本家・岡田麿里さんの自伝「学校へ行けなかった私が『あの花』『ここさけ』を書くまで」発売
アニメと現実は少しだけ地続きです。(2017/3/9)

TBSドラマ「カルテット」の“時間軸ズレてる問題”に終止符 「私達の単純なミスです」と異例の謝罪周知ツイート
考察するのも楽しみの1つとはいえウワサが拡散されすぎた?(2017/3/2)

窪塚洋介、妻・PINKYの第1子妊娠を報告 「We are sooooo Happy」
窪塚さんと元妻・長男とは現在も交流があるもよう。(2017/3/1)

加護亜依が第2子男児出産を報告 「小さな小さなこの命を大切に」
おめでとうございます。(2017/2/23)

加護亜依、第2子出産に備えて入院を報告 「遂に....来たような気がします」
18日には、ビヨンセならぬ“カゴンセ”ショットを投稿していました。(2017/2/23)

「KANA-BOON」飯田祐馬、清水富美加との不倫認め謝罪 妻との離婚をほのめかしたことも
バンドオフィシャルサイトで謝罪文を発表しています。(2017/2/21)

PR:タラレバ娘がボートレースに目覚めてしまったタラ イケメンボートレーサー品定めの第4出動に参加できるぞ!
KEY「ボートレースも男の見極め方もろくに知らないで何して年取ってきたんだよ」。アッハイ。(2017/2/7)

実はTwitter嫌い……トランプ大統領の内面を知る「10のキーワード」
「予測不可能」とも評されるトランプ氏の内面を知るのに役立ちそうな10のキーワードを、欧米メディアの報道などをもとに紹介する。(2017/1/30)

PR:携帯電話がない時代のデートってどうしてた? 30年前の恋愛について両親に聞いてみた
意外と親のことって知らないものです。(2017/1/31)

ねとらぼレビュー:
ドラマ「バイプレイヤーズ」第3話 文春が引き続き大不倫キャンペーン中! 芸能人スキャンダル問題にヒヤヒヤしっぱなし
ウミガメの生命の営み。(2017/1/28)

「芸能界を引退させていただく所存」 江角マキコさん、芸能界引退を発表 
代表作に「ショムニ」など。(2017/1/23)

妻は突然キレるわけじゃない! 夫が妻の言うことを聞き流した結果大爆発した実話マンガで肝が冷える
奥様的「あるある」ですが、悪化すると離婚の危機に。(2017/1/19)

山口もえ、妊娠5カ月であることを報告 「家族皆で心待ちにしております」
初夏に出産予定とのこと。(2017/1/8)

女優・米倉涼子が離婚を発表「新たな気持ちで自分らしく」 記者会見は予定せず
所属事務所は「離婚したという事実以外は何もお応えすることが出来ません」としています。(2016/12/30)

最大の課題はエンドユーザーの安心
2017年の「Windows 10」はどうなる? 3人の専門家が予測する次の注目機能
2017年、「Windows 10」のセキュリティ機能やアップデートはどうなるのだろうか。企業のIT管理者のために、3人の専門家が予想した。(2016/12/15)

常見陽平氏の人生相談所:
僕ら“40男”が抱えているこれだけの憂鬱
「就職氷河期世代」「ロスジェネ」とも呼ばれる世代が40代になり始めている。昭和という時代の恩恵を受け、楽しい10代を送ったものの、社会の変化に常に直面しつつ生きてきた世代だ。常見陽平氏がさまざまな憂鬱(ゆううつ)を抱えている“40男”に提案したいこととは?(2016/12/12)

あざとかわいいオーランド・ブルームのウサ耳姿が女性たちのハートを撃ち抜く 「心が砕け散った」
イケメンはウサ耳の取り扱いにくれぐれも注意してほしい。(2016/11/30)

松たか子、満島ひかり、高橋一生、松田龍平ら実力派俳優が楽器に挑戦 2017年1月放送のドラマ「カルテット」
松たか子さんは5年ぶりの連続ドラマ出演。(2016/11/30)

V6・長野博&白石美帆結婚! 会報でファンに報告後直筆サイン入りFAXで発表
長野マン、ご結婚おめでとうございます!(2016/11/29)

最大10万円もらえる「同棲解消ホケン」誕生! ただし破った同棲届をSNSにアップする必要が?
まずは同棲で結婚の練習を。(2016/11/21)

LINEスタンプを作ったのが縁で結婚 しかも23歳差! 不思議ななれ初めをインタビューしてみた
埼玉県深谷市のゆるキャラ「ふっかちゃん」のLINEクリエイターズスタンプを作ったことから出会いが――珍しい結婚のケースを取材しました。(2016/11/20)

安達祐実、ブログで結婚記念日を報告 「もうだいぶ長いこと一緒にいるようなしっくり感。安心感。ほっこり感」
今この時の幸せをかみしめる。(2016/11/14)

土屋アンナが第3子妊娠&一般男性との交際を発表 「家族ともども、この素敵なニュースに喜んでいます」
おめでとうございます!(2016/11/9)

銀行システムのバグ悪用して“預金操作”、11億円詐取 三井住友銀元副支店長、若い愛人に億ションプレゼント
銀行システムの穴を突き、現金をかすめ取っていた三井住友銀行の元行員の男。顧客の預金は、数字の操作によって愛人のマンションと子供の教育費に消えていった。(2016/11/2)

世界を読み解くニュース・サロン:
素顔は意外に優しい? 暴走するフィリピンの「暴言大統領」
10月25日、フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領が来日する。彼の「暴言」がニュースになることが増えているが、一体どんな人物なのか。破天荒な言動の一方で、国民からは……。(2016/10/25)

歌手のhitomi、40歳で第3子となる男児を出産 「不安は少しありましたが…」
元気に産まれてきました。(2016/10/23)

CODE BLUE 2016 Report:
18分で会社が作れる、エストニアのデジタル社会インフラ事情
情報セキュリティの国際会議「CODE BLUE 2016」では、電子政府化を推進するエストニアの取り組みが紹介された。利便性と安全性を両立するデジタル社会インフラとして注目されている。(2016/10/21)

「離婚されちゃう! お願いカビゴン引き取って!」 誤ってでか過ぎるぬいぐるみを購入した男、妻に怒られ悲しみのフリマ出品
無事売れたそうでよかったよかった。(2016/10/14)

AAAタイトルは開発者を破壊する 「アンチャーテッド」ディレクターが語る過酷な「デスマーチ」事情
海外では“Crunch”と呼ばれ問題視されているようです。(2016/10/13)

Facebookで「ブラピ追悼」のデマ拡散、不正アプリへ誘導
「R.I.P Brad Pitt」というリンクをクリックすると、ユーザーをだまして個人情報を盗む不正なアプリに誘導されるという。(2016/9/29)

Over the AI ――AIの向こう側に(3):
笑う人工知能 〜あなたは記事に踊らされている〜
AI(人工知能)に関する記事は、メディアにあふれ返っています。私は「これらの記事では“人工知能”のことがさっぱり分からん」との結論に至りましたが、では、人工知能を技術的に理解している人は実際どれだけいるのでしょうか。ざっくり推定すると、なんと、例えば「深層学習」を理解している人は50万人のうち4人、という結果を得たのです。(2016/9/28)

テニスプレイヤーの伊達公子が離婚 「16年間共に過ごしてきた中で、2人の人生に変化が出てきた」
今後もサポートし合う仲であることには変わりないそうです。(2016/9/27)

ガイドブックにない生々しい京都満載 京都出身による京都漫画「はんなりギロリの頼子さん」
京都ロケ地作品への違和感、「いけず」文化……「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第75回は、京都生まれ滋賀育ちの社主が心揺さぶられる「京都漫画」を紹介。(2016/9/25)

「和解しがたい不和」 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、離婚の衝撃
「ブランジェリーナ」は存在しなくなってしまうのか……。(2016/9/21)

乙武洋匡さんが離婚を発表 不倫報道から半年、「家族それぞれにとって最善」の結論
3月の不倫報道時は妻に「やり直そう」と言われ、再スタートを表明していました。(2016/9/14)

千秋、人生初の結婚式をセドナで! 羽根の付いた白い王冠を被ったウエディングドレス姿が個性的
セドナは米国屈指のパワースポットです。(2016/9/13)

「4人に1人が本気で自殺したい」「5人に1人が身近な人を自殺でなくす」――日本財団が自殺に関する調査結果を発表
「自己有用感」「社会問題解決能力」「共感力」が自殺のリスクを抑える要因との分析も。(2016/9/8)

4人に1人が「本気で自殺したい」 日本財団が調査 自殺未遂経験者、推計53万人 
過去1年以内に自殺未遂を経験した人は推計53万5000人――。本気で自殺したいその理由とは?(2016/9/8)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。