ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「離婚」最新記事一覧

関連キーワード

「音楽家の駆け込み寺になりたい」 音楽専門の無料法律相談団体、弁護士の思いとは
「専門外のことに時間がとられるくらいなら、法律のプロに聞いてすぐ終わらせて、音楽活動に専念した方がいい」。(2018/2/10)

ITはみ出しコラム:
カバー範囲は宇宙、地底、脳内チップ、自動運転、そして火炎放射器まで イーロン・マスクってどんな人?
米TeslaのCEOとして知られるイーロン・マスク氏ですが、それ以外にも幅広い事業を手掛けています。先日はなぜか火炎放射器を発売して注目されたりもしましたが、どんな人なのでしょうか?(2018/2/4)

中島美嘉、バレーボール・清水邦弘との離婚を発表 「家族としての時間を作ることが難しかった」
今後については「お互いの夢を追いかけ、お互いの人生を応援していきたいと思います」と前向き。(2018/2/3)

「恋愛関係でもあります」 事務所独立の小泉今日子、“人間としてのけじめ”と豊原功補との関係について言及
豊原さんもサイト上で説明。(2018/2/1)

豚汁食べ放題かな? 全キャラ石田彰の「3分で分かる彼岸島」が壮大な勘違いを生みそう
豚汁が重要な作品ではありません!(2018/1/24)

「いつみても仲良し家族ですてき」 梅宮アンナ、娘の16歳誕生日を梅宮辰夫らファミリーで祝福
梅宮辰夫さん幸せそう。(2018/1/22)

PR:2018年は「お見せ合い婚」が増える? 今どきの“ネット婚活”事情とは
(2018/1/23)

「離婚したのは事実」 ますおか岡田圭右、「PON!」で離婚報道について言及
8月には別居が報じられていました。(2017/12/27)

ネットで手軽に……クスリに溺れ売人となった母、「因果応報」息子も大麻
ネットの普及とともに、薬物使用者の“裾野”が広がりつつある。覚醒剤の売人になった、2人の子どもを育てるシングルマザーのルポ。(2017/12/26)

「今度はこの時事か」「そろそろ怒られる」 ガリットチュウ・福島、貴乃花親方のモノマネでギリギリを攻める
歩き方もそっくり。(2017/12/25)

漫画家の東村アキコ、4月に離婚していた 仕事の忙しさなど理由に
自身のFacebookページで明かしています。(2017/12/25)

ユニクロ潜入一年:
ユニクロで「アルバイト」したジャーナリストが見た、現場の実態とは
自らスタッフとして企業に潜入し、現場の実態を描く手法を得意とするジャーナリスト・横田増生氏が、ユニクロで1年間アルバイトした体験をまとめたのが「ユニクロ潜入一年」だ。(2017/12/25)

「V6」岡田准一の結婚報道 ネットでは「櫻井翔縁結び神社説」再び
さらに神格化するアイドル、櫻井翔さん。(2017/12/23)

「大きくなったね」「口元そっくり!」 益若つばさが成長した息子と2ショット
すくすく成長中。(2017/12/20)

Facebook、メンタルへの悪影響を認める研究結果とその対策を発表
Facebookが、ソーシャルメディアがメンタルに与える影響に関する研究結果を発表した。「ソーシャルメディアが悪かどうかは使い方次第」だとして、良い使い方をサポートする取り組みも説明し、新機能「Snooze」と「Take a Break」を追加した。(2017/12/17)

船越英一郎と松居一代、離婚成立 「慰謝料、財産分与はありません」
6月から離婚騒動が話題に。(2017/12/14)

「取り返しのつかないことをした」:
20分にわたって妻に暴行、死亡させた夫 猶予付き判決の理由は
夫の暴行により妻が死亡するという衝撃的な事件。裁判所が実刑判決を言い渡さなかった理由とは。(2017/12/13)

「ファンタビ」ジョニ―・デップ降板を望む声に作者J・K・ローリングが正式声明 ファン「本当にがっかり」
元配偶者アンバー・ハードに対するDV報道を理由に。(2017/12/9)

「僕が妻を偉いと思うところです」 洗濯ものの干し方にこだわりを持つということは?
「わしは赤ちゃんやぞ!」(原文ママ)(2017/11/27)

「いつの間にやら独身になった3人」 スザンヌ、小倉優子、相沢まきが10年目の“ポニ会”で笑顔
いろいろありましたね……。(2017/11/20)

ねっと用語知ったかぶり:
他人の不幸で飯がうまい 「メシウマ」起源は「2ちゃんねる」の野球板
メシウマは人間のダークな概念を表しているのかも知れません。(2017/11/19)

「全面的に争う」 松居一代、ホリプロからの提訴認める
第1回の口頭弁論は欠席。(2017/11/18)

いしだ壱成、“ツインソウル”な新恋人と真剣交際を発表 まさかの将来設計も
壱成さんデレデレ。(2017/11/16)

『電影少女』が実写ドラマに テレ東で1月放送 原作の25年後が舞台
原作漫画の主人公・弄内洋太の甥がドラマの主役。野村周平さんが演じます。(2017/11/1)

MVNOに聞く:
薄利のMVNO事業で、なぜ「エックスモバイル」は生き残れたのか
MVNO業界の慣習にとらわれない“やんちゃぶり”で話題となったエックスモバイル。サービス開始当初は「超絶赤字」だったそうだが、ついに債務超過をクリア。淘汰(とうた)が進むMVNOで、なぜエックスモバイルは生き残れたのか。木野社長に聞いた。(2017/10/16)

妻らから非難ごうごう:
「働き方改革」でも真っすぐ帰らない「フラリーマン」
「働き方改革」が叫ばれる中、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。(2017/10/13)

まっすぐ帰らない「フラリーマン」 妻らから非難ごうごう
「働き方改革」が叫ばれるなか、仕事が終わっても真っすぐ家に帰らない人たちが増えているという。NHKが“フラリーマン”として特集するとネットでは非難の声があがった。(2017/10/13)

AbemaTV初のオリジナル連ドラ「#声だけ天使」2018年1月放送! “声優志望”の若者たちを描く青春群像劇
総制作費は3億円以上。キャストは全てオーディションで選んだとのこと。(2017/10/11)

“男余り”中国、婚活サイトの罠 「結婚後に妻豹変」IT起業家の自殺が波紋
あるIT起業家の死が中国社会で波紋を呼んでいる。男性は婚活サイトで知り合った女性と結婚したが、わずか1カ月余りで離婚。その後、インターネット上に女性の非道を訴える“遺書”を残して自殺した。(2017/10/5)

口元がそっくり 14歳の誕生日を迎えた窪塚洋介の長男、キメ顔に確かな面影
これはイケメン化の予感(2017/10/4)

袴田吉彦、河中あいとの離婚を報告 「娘の事を第一に考え、まい進していきます」
父親としての責任を果たす機会をもらっているとのこと。(2017/9/21)

当初は不正否定:
転落の始まりは今井絵理子議員との“ロマンス疑惑” 政活費不正にまみれた期待のホープ「ハシケン」
当初は否定していた政活費の不正受給疑惑について、追い詰められる形で認め、神戸市議の職を追われた橋本健氏。(2017/9/19)

ERAが「武井咲の違約金10億報道」に関する声明 「違約金10億円は到底考えられない」
「タレントたちに対して不当な圧力を与え、結婚、妊娠を始めとする人間として大切な自由と権利を不当に制限する原因となりかねない」(2017/9/7)

依存〜溺れるネット世界:
覚醒剤打ち一睡もせずネット株取引 「心の穴」埋めてくれる
覚醒剤を打ちながら月曜の朝から一睡もせずに画面をにらんだ。食事はほとんどとらない。金曜に気を失い、2〜3日眠って、月曜からまたネットトレードを始めた。(2017/8/25)

超絶ナイスバディーなロシア人モデルが国内外で話題に スタイルが良すぎてもはや漫画キャラみたい
サッカーコロンビア代表との不倫疑惑 → 真相はともかく、むっちゃ美しい。(2017/8/17)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

『未成年だけどコドモじゃない』実写映画化 中島健人と平祐奈が“高校生夫婦”役、知念侑李との三角関係を演じる
奇しくも姉と同じ年に花嫁姿となった平祐奈さん。(2017/7/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
上西、松居騒動になぜトランプが登場するのか
上西小百合議員のTwitter暴言と、松居一代氏の離婚問題騒動が盛り上がっている。興味深いのは、両ケースとも米国のトランプ大統領とからめた話が出ていることだ。なぜ大統領の名前が出てくるかというと……。(2017/7/27)

松居一代、YouTubeで「別宅の真相」を“手紙”と“特殊なシール”とともに明かす
著名な脚本家の署名が入った手紙などを披露。(2017/7/13)

「船越英一郎と全面戦争、はじまりますよ」 渦中の松居一代、ブログで宣戦布告
週刊文春では4ページにわたって一連の問題を取り上げています。(2017/7/6)

インターネットを席巻する“フリー素材の巨乳美女”は何者か フリーランスのグラドル「茜さや」さんに話を聞いた
“フリー素材美女”のバックボーンを探りつつ、フリーランスとしての苦労や、フリー素材としての実情などを聞いてみました。(2017/7/15)

「トイ・ストーリー」ウッディは死んだアンディの父からのプレゼントだった? 新証言にオリジナル脚本家が反論
海外ファンの間で話題になっています。(2017/6/26)

セーラー服おじさん、ついに映画デビューを果たす 教祖になっても「にゃんっ♪」
怪しい人だらけのナンセンス娯楽活劇!(2017/6/22)

庭山一郎の「欧州マーケティング紀行」 【前編】:
英語の国で生まれたB2Bマーケティング、欧州各地の最新事情
「InterDirect Managers Meeting 2017」に参加するため2017年5月に欧州に出張したシンフォニーマーケティング代表取締役の庭山一郎氏。かの地におけるB2Bマーケティングの現状を解説する。(2017/6/20)

「負担と不安の裏返しとしての爆発」:
「自分爆発レディ」? 命名の意図、博報堂に聞く
「自分爆発レディ」という言葉が物議を醸している。子育てを終えて自分の時間を楽しむ40〜60代女性について博報堂が命名したもので、ネットで話題に。反発の声も大きいこの言葉には、どのような意図があるのか? 博報堂の担当者に話を聞いた。(2017/6/9)

元・モー娘。市井紗耶香、4児出産後の初仕事で学生服姿に 「長女がこの姿を見たらどう思うんでしょう」
33歳の紗耶香ママ。(2017/6/5)

Over the AI ―― AIの向こう側に(11):
おうちにやってくる人工知能 〜 国家や大企業によるAI技術独占時代の終焉
今回のテーマは「おうちでAI」です。といっても、これは「AIを自宅に実装すること」ではなく、「週末自宅データ分析およびシミュレーション」に特化したお話になります。さらに、そうなると避けては通れない「ビッグデータ」についても考えてみたいと思います。そして、本文をお読みいただく前に皆さんにも少し考えていただきたいのです。「ビッグデータって、いったいどこにあるのだと思いますか?」(2017/5/31)

週刊「調査のチカラ」:
メルカリ、フィンテック、宅配便再配達問題…… EC時代の生活者インサイトはどうなってる?
利便性がもたらす社会のひずみについて考えさえられる今日このごろ。各種の調査データから見えてくる生活者の今の気分とは?(2017/5/27)

覚せい剤で刑務所に7年間入った田代まさしの現在を追ったVR動画「A Day of 薬物依存症」 NHKが公開
薬物依存リハビリ施設で共同生活を送っています。(2017/5/25)

「LINEで勧誘された」 SNSで広がるマルチ商法、その問題点と“法律で全面禁止”されない理由
法律で禁止されない理由は。(2017/5/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。