ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「掃除・清掃」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「掃除・清掃」に関する情報が集まったページです。

ロボット×ビルメンテナンス:
三菱地所がソフトバンクのAI清掃ロボット「Whiz」を100台導入、ビルメン業務の“働き方改革”に
三菱地所は、ソフトバンクロボティクスが開発したBrainOS搭載のバキューム清掃ロボット「Whiz(ウィズ)」を2019年4月より国内で初めて導入する。先立つこと1月17〜23日には実証実験を行い、省人化の効果や導入に向けた最適な利用箇所を検証する。AI清掃ロボットが実用化となれば、ビルメンテナンス業界が直面している人手不足の解決に期待がかかる。(2019/1/18)

太陽光:
太陽光の電力で自律走行、トリナ・ソーラーが清掃ロボットを開発
中国の大手パネルメーカーであるトリナ・ソーラーが、自律走行する清掃ロボットを開発。太陽光発電の電力を充電する仕組みで、脱炭素化を目指す企業向けに提案を進めるという。(2018/12/20)

565万円相当を稼いだ人も:
読んだら報酬、中国ニュースアプリ赤字覚悟の拡大策
上海で清掃員として働くカイ・リーさんは、中国ニュースアプリの「趣頭条(Qutoutiao)」にどっぷりはまっている。その魅力はセレブのゴシップ記事と、それを読むことで得る現金収入だ。(2018/12/12)

処罰軽すぎとの批判:
中国ホテルで衝撃の衛生管理 使用済みタオルでコップ拭く……
中国の五つ星ホテルが、客が使ったタオルでコップやトイレの便器を清掃している実態を人気ブロガーが暴露し、波紋を広げている。中国では社会的な反響が大きい事件は当局が情報統制を行うのが常だが、官製メディアもこの問題を大きく報道した。一消費者の告発というよりも、さながら国策キャンペーンの様相を呈している。(北京 西見由章)(2018/11/30)

「朝礼と掃除は仕事じゃないからタイムカードは今から切ります」 実話に基づいた「ブラック企業体験イベント」が完全にホラーだった
「残業は1日10時間まで」「ノルマ未達成だから罰金10万円」……パワーワードが多すぎる。(2018/11/26)

法人向けの小型ロボ:
ソフトバンク、Pepperに続く2代目ロボット発表 自動運転の掃除ロボ「Whiz」
ソフトバンクとソフトバンクロボティクスが、自律走行が可能な清掃用ロボット「Whiz(ウィズ)」を発表。人型ロボット「Pepper(ペッパー)」に続く2代目。人・壁・障害物を自動で避けながら汚れを吸い取る点が特徴。(2018/11/19)

ソフトバンク、Pepperに次ぐ「Whiz」発表 自律走行する清掃ロボット
ソフトバンクロボティクスが、オフィス向けの清掃ロボット「Whiz」を発表。人間が一度、清掃ルートを覚えさせると、その後は自律走行で掃除する。(2018/11/19)

メルカリの出品方法教える片付けサービス登場 「大掃除で不要品処分したい」ニーズに応える
自宅を片付けるだけでなく、不要品をメルカリに出品できるようサポートする片付けサービスが登場した。(2018/11/14)

ルンバの「間取りデータ」利用でGoogleとiRobotが提携「次世代スマートホームのために」
掃除ロボット「ルンバ」のiRobotとGoogleが提携を発表した。最新モデル「Roomba i7+」搭載の間取りデータをGoogleのスマートホームエコシステムで利用することで、より高度なスマートホーム構築を目指す。(2018/11/1)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

キレイなお部屋がうれしいニャ 猫と暮らす部屋のお掃除テクニックをまとめたフォトブックが登場
マネをしたいアイデアがいっぱい。(2018/10/12)

マクニカ/Avidbots:
広範囲なフロア清掃を行う自動清掃ロボット「Neo」、関西国際空港に導入
マクニカは、関西エアポートが運営する関西国際空港に、Avidbots(アヴィドボッツ)の自動清掃ロボット「Neo」を導入したことを発表した。(2018/10/12)

耳の中の映像を見ながらお掃除 サンコーの「スマホでWiFi耳かきスコープ」
サンコーは、スマホの画面に耳の中を映しながら耳掃除ができる「スマホでWiFi耳かきスコープ」を発売。先端にカメラを搭載し、リアルタイムの映像確認や写真・動画の撮影も行える。明るさを切り替えられる6個のLEDを備え、無線だけでなく有線接続にも対応する。(2018/9/13)

太陽光:
太陽光パネルの大型清掃ロボ、香川大発のベンチャー企業が量産へ
香川大学発のベンチャー企業の未来機械が、総額役7億円の第三者割当増資を実施。2019年上半期から海外向けの大型太陽光パネル清掃ロボットの量産を開始する。(2018/9/10)

警備・清掃・運搬にAI活用、実用化へ 三菱地所がロボ運営管理、全国の物件で順次実用化
人工知能などを搭載した計4台の警備・清掃・運搬ロボットを活用。(2018/9/6)

山市良のうぃんどうず日記(134):
アップグレードを繰り返してきたWindows 10 PC、たまにはお掃除を
Windows 8以降、Windowsは新バージョンへのアップグレードが無料で提供されるようになったため、PCユーザーの多くはプリインストールされたOSから最新のWindows 10までアップグレードを繰り返してきたと思います。たまには、インストール済みのアプリケーションを再確認して、使っていないものを削除したり、新バージョンに更新したり、無駄なディスク使用を改善したりすることをお勧めします。(2018/8/21)

トイレのカビ、どうやって掃除すれば落とせるの?
トイレのカビを取る掃除方法、予防策をご紹介します。(2018/8/20)

キーボード掃除にも便利なUSB卓上クリーナー
ドスパラは、USB電源駆動式の小型卓上クリーナーの取り扱いを開始した。(2018/8/2)

「床掃除ロボ」と「窓ふきロボ」:
マンション住民全員で「お掃除ロボ」をシェア “ほしいけど高い”を解決
東京・品川区の賃貸マンションで、入居者全員で掃除用ロボットをシェアできる取り組みがスタートした。「あると便利だし使いたいけれど、価格が高い」との悩みを解決する狙い。(2018/7/11)

W杯敗戦の日本代表、更衣室を清掃し、ロシア語で「ありがとう」のメモ Twitterで称賛
W杯でベルギーに惜敗した直後の日本代表の更衣室の写真が、FIFAのスタッフによりTwitterに投稿され、称賛を集めている。きれいに清掃され、ロシア語で「ありがとう」と書かれたメモが残されていたという。(2018/7/3)

丁寧にフキフキ「気持ちいいニャン!」 優しい鼻掃除にウットリなネコちゃん
鼻掃除は大事だニャン!(2018/6/17)

お風呂のイヤな臭い、何とかならないの? 原因別の対策方法まとめ
臭いの発生原因5つと、それを解消する掃除の仕方をご紹介します。(2018/6/15)

洗濯機に黒いカビが……洗濯機の掃除方法を教えて!
(2018/5/11)

何が悪かったのか:
戦う相手が強すぎて衰退した東京チカラめし
急速に店舗数を増やして大いに注目された東京チカラめし。しかし、衰退するのも早かった。理由として「店舗の急拡大にオペレーションが追い付かなかった」「店舗の清掃が行き届いていなかった」などが挙げられるが、本当にそれだけが原因なのだろうか?(2018/4/27)

ポケモンGOの清掃イベント、世界中で4000人参加 江の島を掃除してきた
掃除するのは気持ちが良い。(2018/4/24)

FM:
商業施設をロボットで清掃、三井不動産が実践導入
三井不動産は2018年3月からショッピングセンターに清掃ロボットの導入を開始した。施設管理業務の省人化や効率化に生かすという。(2018/4/20)

キッチンの排水口の掃除の仕方、教えて!
汚れがたまりやすいキッチンの排水口。日々の掃除から、しっかり洗浄する方法までご紹介します。(2018/4/19)

ロボット開発ニュース:
清掃ロボがエレベーターに自律乗降、オフィスビル清掃の共同事業を推進
CYBERDYNEと住友商事は、清掃ロボットの自律的なエレベーターの乗降を可能にするなど、オフィスビル清掃の効率化のための共同検証を進めていく。(2018/4/13)

浄化が必要に:
東南アジアで相次ぐリゾート地閉鎖 観光客膨張で極限状態
フィリピンの人気観光地ボラカイ島が、同国のドゥテルテ大統領から「下水のたまり場」と呼ばれたことを受け、清掃のため6カ月間閉鎖されることになった。(2018/4/11)

キッチンのシンクをピカピカにする掃除方法、教えて!
汚れの種類に合わせた掃除の仕方を解説します。(2018/3/29)

「スーツに見える作業着」が登場 人手不足にあえぐ清掃・設備・建設業界のイメージ改善を目指して
伸縮性や防水、多収納など、作業着に求められる機能を完備。(2018/3/28)

マンションやアパートのベランダ掃除のやり方、教えて!
集合住宅のベランダ掃除では水が使いにくいので、ちょっと工夫が必要です。(2018/3/15)

エアコンの室外機って掃除した方がいいの?
エアコンの効果を保つ室外機の掃除の仕方、注意点などをご紹介。(2018/3/8)

掃き掃除をする姿がかわいい チンチラさんに手作りホウキを持たせてみたら放課後の居残り生徒になった
なんとも言えない良い表情をしています。(2018/3/2)

ロボット開発ニュース:
自律走行と清掃機能を強化した清掃ロボットの新モデル、2018年3月に発売
CYBERDYNEは、サイバニクス技術で自律走行と高い清掃能力を持たせた次世代型清掃ロボットの新モデル「CL02」を2018年3月から販売する。(2018/2/28)

「胸をはれ 頼りにしてるぞ」 荒みきった社畜の心を癒やす“掃除のおっさん漫画”がグッとくる
おっさんのまさかの正体にビックリ……!(2018/2/25)

ドイツ大使館スタッフが椅子でカーリングごっこ 楽しそうな動画にほっこり
小学生の掃除の時間によく見る光景。(2018/2/24)

スパルタでいくわよ! iPhoneを大掃除してスッキリ年を越す方法(データ&ハード編)
年末年始の大掃除。(2017/12/31)

スパルタでいくわよ! iPhoneを大掃除してスッキリする方法(ホーム画面編)
「不要なものを捨てる」と失敗する理由。(2017/12/28)

掃除にも美容にも役立つ「お風呂の重曹活用術」
重曹とクエン酸のコンビで、お風呂掃除から気持ちいい炭酸風呂まで。(2017/12/22)

頑固な油汚れが、小麦粉できれいになる? キッチンの換気扇に掃除に使える洗剤
油汚れがこびりついた換気扇掃除に使える4つのアイテムをご紹介。(2017/12/20)

TechFactory通信 編集後記:
「産業用Pepper」の可能性
ロボット「Pepper」を手掛けるソフトバンクロボティクスが、自律型の業務用清掃ロボットを2018年夏に販売します。Pepper頼みからの脱却を狙いますが、蓄積したノウハウは生かされるのでしょうか。(2017/12/2)

大掃除のごみ処分「5.8万円の損失」 メルカリ調査
メルカリが、大掃除で処分されたもの上位3つを合わせると、1人当たり5.8万円ほどの損失になるという調査結果を発表した。(2017/11/24)

AmazonやAlibabaがけん引役に:
「産業ロボットはさらに進化」 ルンバ生みの親
ロボット工学分野の先駆者で、掃除ロボット「Roomba(ルンバ)」の開発者でもあるRodney Brooks氏が、産業用ロボットの将来について語った。(2017/11/21)

ロボット開発ニュース:
ソフトバンクが業務用清掃ロボット事業に参入
ソフトバンクロボティクスは業務用清掃ロボット事業に参入する。2018年夏から搭乗式床洗浄機を発売する。(2017/11/21)

17年は「移動ロボット」に注力 ソフトバンクロボティクス、業務用清掃ロボット事業に参入
ソフトバンクロボティクスが、2018年夏に業務用床洗浄機を発売する。(2017/11/20)

シャープのお掃除ロボ「COCOROBO」に脆弱性 第三者による操作や情報漏えいの危険、アップデートを呼びかけ
対策しましょう。(2017/11/16)

風呂釜の掃除ってどうやるの?
追いだきなどで汚れた配管の洗浄方法を解説します。(2017/11/16)

焦げつき、油汚れが気になる魚焼きグリル 効果的な掃除のやり方は?
魚焼きグリルは「掃除が面倒」と思われがち。でも、上手にきれいにする方法があります。(2017/11/9)

ハロウィン後のゴミ掃除をマウスがアキバで実施した理由
11月1日の朝、アキバに黄色いシャツを着た集団が……。(2017/11/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。