ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows」最新記事一覧

質問!Windows→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows関連の質問をチェック

Huawei、クラムシェル型Windows 10ノート「MateBook X」を6月末発売へ
Huawei初のクラムシェル型Windows 10ノートPC「MateBook X」を6月末に発売する。ハイエンドスペックで、価格は1399ユーロ(約17万円)から。(2017/5/24)

「Microsoft Whiteboard」はWindows 10端末で使える手描きコラボアプリ
Microsoftは「Surface Pro」発表イベントで、タッチ対応Windows 10端末で使えるホワイトボードアプリ「Whiteboard」や「Windows Ink」の新機能を紹介した。(2017/5/24)

山市良のうぃんどうず日記(95:特別編):
ランサムウェア「WannaCry」対策で安心してはいけない――いま一度、見直すべきWindowsの脆弱性対策
ランサムウェア「WannaCry」の世界的な感染や、日本国内での感染報告を聞いて、慌ててWindows Updateを実行したユーザーやIT部門の方は多いのではないでしょうか。“セキュリティパッチを当てたからこれで安心”なんて思ってはいけませんよ。(2017/5/24)

「旧OSからの移行に影響」との意見も
Windows XPにも「WannaCry」対策パッチ提供、Microsoftの英断は吉か凶か
ランサムウェア「WannaCry」とその亜種の被害が世界各地に広がっており、Microsoftはその対策として旧システム用の修正プログラム「MS17-010」を提供した。その決断の是非は?(2017/5/24)

#decode17 :
「想定数をすでに超えた」──Acer、Windows Mixed Reality対応HMDを日本で予約スタート 価格は4万円、8月出荷目指す
開発者イベント「de:code 2017」の会場には、実機も展示している。(2017/5/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
EdgeブラウザのChrome対抗策 次なる一手はWindows 10からの分離か
Windows 10世代の新しい標準Webブラウザとして登場した「Edge」だが、度重なるアップデートにもかかわらず、シェアでは苦戦している状況だ。Chromeに対抗するための次の一手とは?(2017/5/23)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(83):
信じてはいけない? Windows 7/8.1の更新ファイルのダウンロードサイズ
Windows 7/8.1やWindows Serverに対する毎月の更新プログラムの提供方法は、2016年10月から大きく変わりました。その影響により、Windows Updateの実行中に示されるダウンロード合計サイズと実際のサイズにズレが生じ、今後もそのズレ幅は拡大していくことになります。(2017/5/23)

FAニュース:
Windows 10対応のファクトリコンピュータ、製造装置に組み込み
NECは、ファクトリコンピュータ「FC-PM」シリーズ2機種について、Windows 10 IoT Enterprise 2016 LTSB対応モデルを発売した。24時間連続稼働で、高いセキュリティが求められるシステムや機器に適している。(2017/5/22)

「TravelMate Spin B1」との組み合わせで見えた可能性
「Windows 10 S」はChromebookから“学校一押しデバイス”の座を奪うか?
Microsoftが教育市場に向けて発表した「Windows 10 S」は、適切なデバイスとの組み合わせで、教育機関からの支持を集める「Chromebook」に取って代わる可能性がある。(2017/5/21)

「WannaCry」感染の98%は「Windows 7」で「XP」はほぼゼロ
Kaspersky Labによると、ランサムウェア「WannaCry」に感染したPCのOSの98%は既にセキュリティパッチが公開されていた「Windows 7」で、「Windows XP」はほとんどなかったという。(2017/5/20)

Azure ハイッ! ここ大事!:
OSを日本語化して、IISをインストールしてみる
Azure上に作成したWindows Server 2016の仮想マシンにIISをインストールしてみます。オンプレミスの場合と大まかな手順は変わりませんが、いくらか違いもあります。(2017/5/18)

ターゲットは“未来のユーザー”?
新OS「Windows 10 S」と「Surface Laptop」に賛否両論の訳
Microsoftは「Windows 10」を軽量化した新しいOS「Windows 10 S」と、これを搭載した新しいノートPC「Surface Laptop」を発表した。だが、専門家が示した意見は厳しいものだった。(2017/5/18)

本物のアーケード筐体でPCゲームを楽しめる「パソケード」
いっとくは、Windows搭載PCを内蔵したアーケード筐体販売サービス「パソケード」の提供を開始した。(2017/5/17)

Apple、iOSやMac向けのアップデートを公開
iOSとmacOS、OS X、watchOS、Safari、Windows版のiTunesとiCloud、tvOSを対象とするアップデートが公開され、深刻な脆弱性が多数修正された。(2017/5/17)

「WannaCry」大規模攻撃発端のShadow Brokers、新たな流出情報の提供を予告
WannaCryに利用されたNSAのハッキングツールを暴露した集団が、Windows 10の新しいエクスプロイトなどの情報を、会員向けに毎月有料で公開すると発表した。(2017/5/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
「Windows 10 S」「Surface Laptop」に対する期待と不安
日本での発表も期待される「Windows 10 S」と「Surface Laptop」。今回は戦略的な意義と今後の可能性から、これらを考えてみる。(2017/5/17)

セキュリティパッチ適用詳説:
今すぐできるWannaCry対策
猛威を振るうランサムウェア「WannaCry」。必ずしも管理が行き届いていない企業内システムで、Windowsに対策パッチを急いで適用する方法は? 脆弱性の見つかったSMBv1を無効化する方法を追記。(2017/5/23)

標準OSになってこそ得られるメリット
Windows 7を忘れられない人でも「Windows 10」をしぶしぶ認めざるを得ないのはなぜか
「Windows 7」の寿命が迫り、「Windows 10」への移行が秒読みに入った。デバイス管理や生体認証など、Windows 10の新機能を利用しない手はない。(2017/5/17)

パナソニック、タブレット端末のバッテリー発火で無償交換へ
パナソニックのWindowsタブレット「FZ-G1」シリーズのバッテリーが相次いで発火。原因は製造過程で異物が混入したためという。(2017/5/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10本命アップデート「Fall Creators Update」の気になる中身
毎年恒例となったMicrosoftの開発者会議「Build」。2017年はクラウドとAIへの注力がより鮮明になったが、まずは身近なWindowsの話題から見ていこう。(2017/5/16)

山市良のうぃんどうず日記(94:緊急特別編):
ランサムウェア「Wanna Cryptor」に対し、異例のセキュリティパッチをWindows XPに提供する意味
世界的に猛威を振るっているランサムウェア「Wanna Cryptor」に対し、マイクロソフトはサポートが既に終了しているWindows XP、Windows Server 2003、Windows 8(8.1ではない)向けに緊急のセキュリティ更新プログラムの提供を開始しました。(2017/5/16)

サイコム、Windows 7の導入にも対応するミニタワーPC「Radiant VX2300B85」を200台限定で再販
サイコムは、ビジネス用途にも向くミニタワー型デスクトップPC「Radiant VX2300B85」の販売再開をアナウンスした。(2017/5/15)

日本マイクロソフト、ランサムウェア攻撃に関する対策状況を告知――Windows XP/8用の更新プログラムも“例外的”に提供
日本マイクロソフトは、5月12日より各国で発生しているランサムウェアによるサイバー攻撃への対策状況をアナウンスした。(2017/5/15)

2017年後半にリリース予定のWindowsの次期大型アップデート:
「Windows 10 Fall Creators Update」に搭載される新機能まとめ
マイクロソフトはWindowsの次期大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」を2017年後半にリリースすると発表。Windows MRやiOS/Androidも包括したマルチプラットフォーム対応など、コンシューマー/技術者それぞれに向けた新機能を多数リリースする。(2017/5/15)

週明け始業時、不審なメールに注意 ランサムウェア「WannaCry」世界で猛威、日本でも拡大のおそれ
古いWindowsの脆弱性を悪用した「WannaCry」が世界規模で猛威をふるっており、「週明けに日本でも感染が拡大する可能性がある」としてIPAなどが注意を呼び掛けている。(2017/5/15)

山市良のうぃんどうず日記(93):
Windows 10 Creators UpdateのWindows Updateに追加された新機能「更新の一時停止」を試す
Windows 10 Creators Updateでは、Windows Updateに「更新の一時停止」という新機能が追加されました。この機能を使えば、急いでいるときや都合の悪いときに、更新のためにPCが再起動されることを回避できます。早速試してみました。(2017/5/15)

クライアント環境の新たな姿
「Windows 7」から「Windows 10」への移行が楽になる「データレスPC」の実力
「Windows10」への移行は端末内のデータをいかに移行するか、8カ月ごとの大型アップデートにどう備えるかが大きな課題だ。この課題を解消する新しいクライアント環境とは。(2017/5/12)

世界規模のランサムウェア攻撃でMicrosoftが異例の「Windows XP」パッチ公開
5月12日に世界規模で発生した「WannaCry」攻撃を受け、Microsoftが同日、既にサポート対象外になっている「Windows XP」や「Windows 8」向けのパッチも公開した。(2017/5/14)

Microsoft、Googleの「マテリアルデザイン」のような「Fluent Design System」発表
「Fluent Design System」は、「Windows 10」の9月の「Fall Creators Update」でお目見えする見込みの新しいデザインシステム。Googleの「マテリアルデザイン」のように、UWPアプリ開発者はこのシステムに準拠することになる。(2017/5/12)

サードウェーブデジノス、10.1型Windowsタブレット「Diginnos Tablet」にストレージ64GBモデルを追加
サードウェーブデジノスは、同社製10.1型Windowsタブレット「Diginnos Tablet」のラインアップに64GBストレージ搭載モデルを追加した。(2017/5/12)

「Windows 10」と「MR」が中心:
「Build 2017」2日目基調講演まとめ
Microsoftの年次開発者会議「Build 2017」の「Windows 10」と「複合現実(MR)」に関する基調講演で発表されたことを時系列にまとめた。(2017/5/12)

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」発表 新デザイン、スマホ連携強化、タイムライン機能など
Windows 10の次期大型アップデートの名前は「Fall Creators Update」。(2017/5/12)

ESEC2017&IoT/M2M展:
Windows 10 IoTに新機能、IoTデバイスのワイヤレスUSB接続が可能に
日本マイクロソフトは、「第6回 IoT/M2M展」において、組み込み機器向けOS「Windows 10 IoT」に関する展示を行った。2017年4月に提供を始めた「Creators Update」で追加された新機能「MA-USB」をアピールした。(2017/5/12)

Tech TIPS:
Windows 10のPCをWindows 7にダウングレードする
会社によっては、Windows 7に統一して運用しているところもあるようだ。しかし、量販店などでWindows 7を搭載したPCを購入することが難しくなっている。そのような場合、Windows 10をダウングレードして、Windows 7にすればよい。その条件や方法を紹介する。(2017/5/12)

特選プレミアムコンテンツガイド
Windowsパンデミックがやってくる? パッチも効かないその深刻度とは
「AtomBombing」という新たな攻撃手法が登場した。Windowsの根幹を担う仕組みを悪用したこの攻撃は、パッチの提供すら困難だという。その脅威からシステムを守れるのか? “旧式”Windows 7のセキュリティ対策と共にチェックする。(2017/5/12)

Windows Serverインスタンスもサポート:
オラクル、「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaSを発表 Oracle RAC/FastConnectなどに対応
オラクルが「Oracle Cloud Platform」の次世代IaaSを発表。Oracle RAC、Oracle FastConnectサービスの他、Windows Server、RHEL、CentOSインスタンスなどに対応する。(2017/5/11)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureとは? まずは仮想マシンを作ってみる
オンプレミス一筋のWindows管理者が一念発起してMicrosoft Azureを初体験! あくまでもオンプレ管理者視点で、大事だと思ったことを記していきます。まずは勝手知ったるWindowsサーバを仮想マシンで立ててみます。(2017/5/11)

新機能のメリットと導入リスクのトレードオフ
「Windows Server 2016」へのアップグレード、決断を後押しする新機能とは
企業は旧バージョンの「Windows Server」から「Windows Server 2016」へのアップグレードを検討し始めている。その場合の重要なポイントは新しいコンテナ機能とアプリケーションの互換性だ。(2017/5/11)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
特定業務向け端末の世界でWindowsを浸食しつつあるAndroid
PC以外でWindows OSが強みを発揮しているのが、KIOSKやサイネージ、POSといった特定業務向け端末の世界だ。しかし、この市場でも変化が起きつつある。(2017/5/10)

Adobe、「Flash Player」の脆弱性を修正
Flash Playerの更新版となるバージョン25.0.0.171では、計7件の脆弱(ぜいじゃく)性が修正された。特にWindowsやMacでは更新を急ぐ必要がある。(2017/5/10)

Microsoft、5月の月例セキュリティ更新プログラム公開
OfficeやWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性は、狙った相手に不正なWord文書を電子メールで送り付ける標的型攻撃に利用されていた。(2017/5/10)

Microsoft、マルウェア対策エンジンの重大な脆弱性を修正
MicrosoftがGoogleの研究者が「最悪」と評していたWindowsの脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。同社が月例セキュリティ更新プログラム公開の前日にこうした対応を取るのは極めて異例。(2017/5/10)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第5回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──準備編
この連載は、体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を実際に試しながら覚えてもらうのが、そもそもの目的だ。しかし、その導入にはちょっとしたコツが要る。(2017/5/10)

「Windows Defender」などで使用のマルウェア対策エンジンに脆弱性 MSが緊急更新で対応
マイクロソフトのマルウェア対策エンジンに脆弱性が見つかり、急きょセキュリティー更新プログラムが公開された。(2017/5/9)

Windowsに新たな未解決の脆弱性、Google研究者が「最悪」と報告
米Microsoftは5月9日(日本時間の5月10日)に月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通しだが、今回の脆弱(ぜいじゃく)性への対処は間に合わない可能性もある。(2017/5/9)

Windows PowerShell基本Tips(14):
Get-ADUserコマンドレット――Active Directoryのユーザー一覧を参照する
本連載は、Windows PowerShellコマンドレットについて、基本書式からオプション、具体的な実行例までを紹介していきます。今回は「Get-ADUser」コマンドレットです。(2017/5/9)

Google、デスクトップ向け「Chrome 58」の脆弱性を修正
現在64ビットのWindowsで32ビット版のChromeを使っている場合、今回のアップデートの間に64ビット版のChromeに切り替わる。(2017/5/8)

「モバイル・ファースト」時代のWindows最前線:
Windows 10 Mobileは2020年まで生き残れるのか? HPは端末開発に意欲
新機種を見かけることがなくなったWindows 10 Mobileだが、まだ諦めていないのがHPだ。同社が見据えるのは2020年のWindows 7サポート終了に伴う、法人需要への期待だ。Elite x3の後継機は「ミドルレンジ」を狙うという。(2017/5/7)

「Surface Laptop」は「Windows 10 S」搭載で999ドル、6月15日発売
Microsoftは「Windows 10 S」搭載の13.5インチのオリジナルノートPC「Surface Laptop」を発表した。(2017/5/3)

文教向け「Windows 10 S」発表 搭載PCは189ドルから
米Microsoftが「Windows 10 S」を発表。米国の新学期にあわせて2017年夏に搭載PCが各社から登場する。(2017/5/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。