ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」最新記事一覧

関連キーワード

EIZO、映像制作のプロ向け液晶「ColorEdge CG247X」
EIZOは24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247X」を6月3日に発売する。Adobe RGBカバー率は99%の他、DCI-P3カバー率も98%を実現した。(2016/5/20)

早急に最新版へのアップデートを:
Flash Playerに脆弱性、JPCERT/CCが注意喚起
JPCERT/CCが、Adobe Flash Playerの脆弱性に関する注意喚起情報を告知。最新版への早急なアップデートが推奨される。(2016/5/16)

Adobe、Flash Playerのアップデート公開 攻撃発生の脆弱性を修正
今回のアップデートでは25件の脆弱性を修正した。うち1件については攻撃の発生が確認されていることから、直ちに対応する必要がある。(2016/5/13)

Flash Playerに脆弱性、悪用攻撃も Adobeがアップデートを予告
Adobeは早ければ米国時間の5月12日にもセキュリティアップデートを公開し、攻撃に悪用されている脆弱性を修正する意向だ。(2016/5/11)

Adobe AcrobatとReader、ColdFusionに脆弱性、アップデートで修正
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートでは、Windows版とMac版に存在する100件近い脆弱性が修正された。(2016/5/11)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを米国時間の5月10日に公開する。(2016/5/6)

スマホで便利な環境構築手順書:
Adobe AIRをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Adobe AIRとは何か、Adobe AIRのインストールとアンインストールについて。(2016/5/6)

Adobe XD開発担当者に聞く:
アドビがInVisionを買収せずに、競合となるUXプロトタイピングツールを作った狙いとは
UXプロトタイピングでは、既に複数のツールが市場に存在し、現場で利用しているユーザーも多い。そうした中、Adobe XDを提供する目的は何か。また、正式リリースに向けて、どのような機能強化が予定されているのか。(2016/4/28)

Flash用のAdobe Analyticsツールに脆弱性、更新版で対処
「Adobe Analytics AppMeasurement for Flash Library」の脆弱性を修正するアップデートが公開された。(2016/4/22)

スマホで便利な環境構築手順書:
Adobe Flash PlayerをWindowsにダウンロードしてインストール、アンインストールする
本連載では、さまざまなソフトウェアのインストール、実行するためのセットアップ設定、実行確認、アンインストールの手順を解説する。今回は、Adobe Flash Playerとは何か、Flash Playerのインストールとアンインストールについて。(2016/4/21)

WebGLで実現:
VR/360度動画コンテンツ撮影、編集、配信ソリューションの発表が相次ぐ――日本ベンチャー、アドビ、フェイスブック
VR用動画や360度動画に関するサービスや撮影・編集に関する発表が相次いでいる。日本ベンチャーであるカディンチェやエージェンテック、アドビ システムズ、フェイスブックの発表をまとめてお伝えしよう。(2016/4/18)

Adobe、Creative Cloud Desktop Applicationなどの脆弱性を修正
Adobeは「Creative Cloud Desktop Application」と「RoboHelp Server」の脆弱性に対処した。(2016/4/13)

デバイス最適化とコンテンツの収益化をサポート:
アドビ、プレミアム動画配信事業者向け製品「Adobe Primetime」を国内で本格展開
アドビシステムズは放送局や有料テレビサービスプロバイダー業界向けのプレミアム動画配信製品「Adobe Primetime」の国内市場での本格展開を開始したことを発表した。(2016/4/11)

Adobe、Flash Playerの更新版公開 24件の脆弱性を修正
脆弱性を突く限定的な攻撃が確認され、ユーザーに最優先での適用を呼び掛けている。(2016/4/8)

(続報)Flash Playerの脆弱性を突く攻撃発生、Adobeが緊急パッチを準備
バージョン21.0.0.182以降に更新することで、一時的に攻撃を回避できるとしている。(2016/4/6)

Project Cometがベールを脱いだ:
プロトタイピングツール「Adobe Experience Design CC」のプレビュー版が登場
UI設計のためのプロトタイピングツールのプレビュー版が登場。IllustratorやPhotoshopとの連携も考慮されている。(2016/3/18)

ハッキングコンペのPwn2Own、韓国と中国チームがFlashやChrome破りに成功
Apple Safari、Adobe Flash、Google Chromeが相次いでハッキングされ、Microsoft Edgeも2日目で破られた。Mozilla Firefoxは対象外とされた。(2016/3/18)

Adobe、Flash Playerの緊急パッチ公開 攻撃も発生
脆弱性を突く「限定的な標的型攻撃」の発生が確認され、特にWindowsとMacでは更新を急ぐよう呼び掛けている。(2016/3/11)

デジタル時代の消費行動に関する調査結果:
「企業からの情報は関心から遠い」、消費者の8割が回答――アドビ調査
アドビ システムズは、「Adobe Digital Marketing Discovery 消費者行動調査2016」の調査結果を発表した。(2016/3/10)

Adobe、AcrobatやReaderの脆弱性を修正 Flash Playerも近日更新へ
Adobe AcrobatとReaderおよびDigital Editionsの深刻な脆弱性が修正された。Flash Playerのセキュリティアップデートは数日中に公開される予定だ。(2016/3/9)

Adobe、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデートを予告
アップデートは米国時間の3月8日に公開され、Acrobat/Readerの深刻な脆弱性に対処する。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開予定。(2016/3/4)

ついに就職!? 「おそ松さん」ニートだった6つ子たちがアドビの宣伝担当にまさかの就任
働いたら負け……じゃなかったのか!?(2016/3/3)

Android版Adobe Lightroom、RAW(DNG)形式での撮影が可能に
Adobeの無料写真編集アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」のアプリ内カメラで、RAW形式(Adobeが提唱するDNG形式)での撮影が可能になった。(2016/2/24)

素材撮影から加工までスマホで完結:
スマホでRAWデータ素材を撮影できる「Lightroom on Android」に新バージョンが登場
Adobe Photoshop LightroomのAndroidアプリ版バージョン2.0が公開された。色調補正などの機能が強化されているので、スマホで素材撮影を完結できる。(2016/2/24)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(52):
WindowsとFlash Playerの関係、そして空白の1カ月
Windows 8.1/10のInternet Explorer、およびWindows 10のMicrosoft Edge用の「Adobe Flash Player」はOSに標準搭載されており、Windows Updateを通じて更新されます。あまり知られていませんが、Windows Server 2012以降も同様です。これらの環境では2016年1月〜2月にかけて、不具合の修正バージョンの提供が滞りました。(2016/2/23)

2月22日は猫の日。:
Adobeが「スマホで撮る猫モテ写真」講座 Photoshop Mixアプリで加工も
2月22日は猫の日。Adobeモバイルアプリ「Photoshop Mix」を使って、猫と仲良くしながら上手に猫写真を撮るコツをレクチャーいただいた。(2016/2/22)

アドビPhotoshopアプリ公式が猫の日でにゃん化される 「猫画像をにゃん倍も楽しく」とPR
アドビ「Photoshop Mix」アプリ公式ページが「我輩でも簡単にできるにゃん!」とにゃん化された。(2016/2/22)

Adobe、Flash PlayerやPhotoshopの脆弱性を修正
Flash Playerの更新版では危険度の高い脆弱性が多数修正された。特にWindowsとMacではできるだけ早く更新するよう促している。(2016/2/10)

スマホカメラとタッチで変わる制作現場(4):
モバイルファーストに効く、Photoshopによるワイヤフレーム/デザインカンプの作り方
Adobe Creative CloudとスマートデバイスでWebデザインのワークスタイルはどう変わるのかを検証する連載。今回は、モバイル用サイト、PC用サイトのワイヤフレーム/デザインカンプを作り込むのに有効なPhotoshopの新機能を紹介しよう。(2016/2/10)

Animate CCに名称変更:
「コードが書けなくてもレスポンシブデザインは作れる」――アドビ、Muse CCなどWeb関連ツール3製品をメジャーアップデート
アドビシステムズは、「Animate CC(旧Flash Professional)」「Muse CC」「Bridge CC」の計3製品をメジャーアップデート。新機能などを追加する。(2016/2/8)

【Apple、Microsoft、Adobe】社会人も使える?学割サービスで最強の打線を組んでみた!
Apple、Adobe、Microsoft、Amazonなどの学割ってどれくらい安いか知っていますか? あまり知られていませんが、社会人が活用できる学割もありますよ。今回は学割サービスで打線を組んでみました。(2016/2/7)

Skylake-H×GTX 960M×Adobe RGB 4K液晶:
「New XPS 15」徹底検証 豪華スペックの4K狭額縁ノートPCがスゴい
狭額縁デザインで話題の「XPS」シリーズに15.6型ディスプレイを備えた「New XPS 15」が登場。Adobe RGBカバー率100%の4Kディスプレイや第6世代Coreの4コアCPU、NVIDIA GPUを搭載し、クリエイティブ用途にもピッタリだ。その実力をじっくり検証する。(2016/1/22)

Adobe、AcrobatとReaderの脆弱性を修正
AcrobatとReaderの更新版では17件の脆弱性に対処した。悪用された場合、任意のコードを実行され、システムを制御される恐れがある。(2016/1/13)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2016/1/12)

Adobe Marketing Cloudベースのソリューションとサービスを提供:
アクセンチュアとアドビ、提携拡大し北米および欧州でのデジタルマーケティング変革を推進
アクセンチュアとアドビシステムズは、北米および欧州のライフサイエンス、ヘルスケア、金融サービスの事業者向けにデジタルマーケティングソリューションを開発・提供するために提携を拡大すると発表した。(2015/12/24)

Facebook、動画をデフォルトでFlashからHTML5に移行
「Adobe SystemsはFlashの終了日を宣言すべき」と主張するFacebookが、Facebook上のデフォルトの動画プレーヤーをFlashからHTML5に切り替えたと発表した。(2015/12/21)

Google、「Chrome 47」の脆弱性を修正
「Chrome 47.0.2526.80」ではAdobe Flash Playerを最新バージョンに更新したほか、7件のセキュリティ問題に対処した。(2015/12/9)

Adobe、Flash Playerの更新版公開 78件の脆弱性を修正
特にWindowsとMacでは危険度が高いとされ、Adobeはできるだけ早く最新版に更新して脆弱性を修正するよう呼びかけている。(2015/12/9)

iOS版に続き:
Adobe、Android版「Photoshop Lightroom」をCC登録不要に
Adobeが、Android版無料写真編集アプリ「Photoshop Lightroom Mobile」をアップデートし、Creative Cloud(月額980円から)への登録なしで単独アプリとして使えるようにした(iOS版は10月に無料化済み)。(2015/12/8)

“フォント”に分かって使えてる?:
モリサワフォントが追加されたTypekitのライセンス・価格まとめ
アドビシステムズが提供するフォントライブラリサービス「Typekit」でモリサワフォントの一部書体が使えるようになったが、そもそもTypekitのライセンスや価格はどうなっているのか。モリサワフォントを使う上で問題点はないのだろうか。あらためて確認してみる。(2015/12/2)

アドビ、「Adobe Flash Professional」の名称を「Adobe Animate CC」に
2016年初頭に予定している次のリリースから名称を変更する。(2015/12/1)

Adobe、「Flash Professional」の名称を変更 「Animate」に
約20年に渡って利用されてきたFlash制作ソフト「Flash Professional」の名前が「Animate」に変更される。(2015/12/1)

Adobe、動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を無料公開
Adobe Systemsが、昨年10月にiOS版を公開した動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を公開した。簡単な動画編集やサウンドトラックに合わせた自動編集機能などを搭載する。(2015/12/1)

ブラックフライデーのオンライン売上高は記録更新の27億ドル モバイルのシェアが3割超
Adobe Systemsの毎年恒例のホリデーシーズンのオンライン小売り売上高調査によると、2015年のブラックフライデーのオンライン総売上高は14%増の27億2000万ドルで、モバイルからの購入は34%だった。iOSとAndroidの売上高を比較すると、iOSがAndroidの3倍以上だった。(2015/11/30)

iOS版Dropbox、Acrobat ReaderでPDFへの注釈追加などが可能に(Androidは来年)
Adobe SystemsとDropboxの提携により、iPhoneおよびiPad向けの「Acrobat Reader」でDropbox上のPDFファイルを開いて注釈やコメントの追加ができるようになった。Androidアプリでも来年可能になる見込みだ。(2015/11/25)

デル株式会社提供Webキャスト
オートデスク、アドビなどISV認定、プロ向けワークステーションの実力を探る
ワークステーションとPCの違いはどこか? 同じ仕様でもパフォーマンスの違いを示すワークステーションの実力をさまざまな角度から解説する。3DCADや解析ソフトなどに最適なワークステーションに求められる、要件について探ってみよう。(2015/11/25)

Microsoftに続いて容量無制限を終了:
Adobe、写真用クラウドサービス「Revel」を終了へ 月額980円のプランへの移行を推奨
Adobe Systemsが、年額5200円で容量無制限の写真用クラウドストレージサービス「Adobe Revel」の提供を、容量2Gバイトの無償版とともに2016年2月23日に終了する。同社はユーザーに、月額980円で容量2Gバイトの「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」への移行を推奨している。(2015/11/24)

Adobe、ColdFusionとLiveCycle DS、Premiere Clipの脆弱性を修正
ColdFusionの脆弱性を悪用された場合、反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2015/11/18)

「iPad Pro」をiFixitが解剖──メモリは(やっぱり)4Gバイト
Appleが11月11日に発売した同社最大のタブレット「iPad Pro」をiFixitが分解し、詳細なリポートを発表した。搭載RAMはAdobeがうっかり明かしたように4Gバイト。32GバイトのFlashメモリは東芝製だった。(2015/11/12)

Google Chromeの更新版公開、深刻な脆弱性を修正
最新版となる「Chrome 46.0.2490.86」では複数のセキュリティ問題を修正したほか、Adobe Flash Playerを最新版に更新した。(2015/11/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。