ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

Adobe Systems(アドビシステムズ) に関する記事 Adobe Systems(アドビシステムズ) に関する質問

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」最新記事一覧

日本、全体の約25%:
米Adobe、サイバーマンデーのネット売上高が過去最高を記録したことを発表
米Adobe(以下「アドビ」)は米国時間2014年11月28日/12月1日、「サイバーマンデー」と呼ばれる歳末商戦のネット売上高について発表を行なった。(2014/12/11)

Adobe、Flash PlayerやAcrobat/Readerの脆弱性修正
Flash Playerの脆弱性は既に攻撃の発生が確認されており、最優先で対応する必要がある。(2014/12/10)

アドビ、「Elements 13」シリーズを15%オフで提供する値引きキャンペーン――1月4日まで
アドビ システムズは、「Adobe Elements 13」シリーズを対象とした期間限定の値引きキャンペーンを開始した。(2014/12/8)

米ブラックフライデーのネット売上高は24億ドル、iOSがAndroidに圧勝
米国の歳末商戦開始のブラックフライデーのオンライン小売りに関するAdobeとIBMの調査によると、モバイルからの購入はiOSからがAndroidの約4倍で、平均購入価格もiOSの方が高かった。(2014/12/1)

日本企業の課題が浮き彫りに:
アドビ、APAC地域におけるデジタルマーケティング活動の調査結果を発表
アドビ システムズ(以下、アドビ)は11月25日、アジア太平洋地域各国100名以上のマーケティングリーダーを対象に行ったデジタルマーケティング活動についての実態調査「Adobe APAC Digital Marketing Performance Dashboard 2014」の結果を発表した。(2014/11/26)

Adobe、Flash Playerの臨時アップデートを公開
10月14日リリースの更新版で対処した脆弱性について、追加的な対策を講じた。(2014/11/26)

サードウェーブデジノス、「Photoshop CC」動作推奨PCにノートPCモデルを追加
サードウェーブデジノスは、「Adobe Photoshop CC」動作推奨PCのラインアップにノートPCモデル計4製品を追加した。(2014/11/21)

Adobe DRMに代わる電子透かしが急拡大中
ソーシャルDRMとも呼ばれる電子透かしの採用は欧州で拡大している。DRMは今後どういった方向に進むだろうか。(2014/11/18)

Adobe、Flash Playerのセキュリティアップデートを公開
Flash Playerの深刻な脆弱性が多数修正された。特にWindows版とMac版については、直ちにアップデートの適用を促している。(2014/11/12)

過去最高の26億ドルに達する見通し:
アドビ、米サイバーマンデーのネット売り上げに関する予想を発表
Adobe(以下「アドビ」)は11月10日、オンラインショッピングの売り上げが年間で最も伸びるとされる感謝祭明けの月曜日「サイバーマンデー」のネット売り上げに関する予想結果を発表した。(2014/11/10)

Googleドライブのファイルをデスクトップアプリで開けるChrome拡張機能
新Chrome拡張機能を追加すれば、Googleドライブに保存したMicrosoft Office文書やAdobe Photoshopのファイルを、PCあるいはMacのデスクトップにアプリがインストールされていれば、それらのアプリで開いて編集・保存できる。(2014/11/6)

Adobe MAX 2014まとめリポート(4):
Extractを中心にWeb制作を変えるCreative Cloud 2014.1の新機能11選
アドビシステムズが2014年10月6〜8日に開催した「Adobe MAX 2014」に合わせてAdobe Creative Cloudを「2014.1」として一斉にバージョンアップ。Web制作に関わるアプリケーションに絞って、そのアップデート内容を紹介していく。もうすぐ公開予定のOSSのコードエディターのBrackets 1.0の新機能も先行して紹介。(2014/11/4)

六本木のイベントにも登場:
「VAIO Prototype Tablet PC」の国内初披露はソニーストア大阪
米Adobe Systemsのクリエイター向けイベントに登場した「VAIO Prototype Tablet PC」が、ついに国内初披露。大阪と東京、2つのイベントで公開される。(2014/10/23)

マウスコンピューター、広色域表示対応の30型WQXGA液晶「ProLite XB3070WQS」
マウスコンピューターは、Adobe RGB比109%の広色域表示をサポートした高解像度表示対応の30型ワイド液晶ディスプレイ「ProLite XB3070WQS」をiiyamaブランドより発売する。(2014/10/23)

Adobe Digital Editionsの個人情報リスクについて知っておくべきこと
日本ではそれほど利用者は多くないかもしれないAdobe Digital Editionsが個人情報関連でちょっとした騒ぎとなっている。何が起こっていたのか。(2014/10/20)

サードウェーブデジノス、クリエイター向けPC「Raytrek」に“Photoshop CC”動作確認済みモデル
サードウェーブデジノスは、同社製のクリエイター向けPC「Raytrek」シリーズにラインアップに「Adobe Photoshop CC」動作確認済みモデル計3製品を追加した。(2014/10/17)

Adobeの新しい魔法を一足先にチェック:
未来のテクノロジーを垣間見る「スニーク」
Adobe社内で行われている最新の研究成果を先出しでお披露目するのが「スニーク」だ。林信行氏が未来のテクノロジーをリポート。(2014/10/16)

Adobe、Flash PlayerとColdFusionをアップデート 脆弱性を修正
Flash Playerでは3件の深刻な脆弱性を修正した。特にWindowsとMacについてはできるだけ早く更新を適用するよう促している。(2014/10/15)

林信行が見た「新型VAIO」:
「VAIO Prototype Tablet PC」はクリエイター市場を揺さぶるモンスターになれるか
Adobe MAX 2014で披露された新生VAIOの高性能タブレットPC「VAIO Prototype Tablet PC」を林信行氏が現地からリポート。(2014/10/10)

アドビのデジタルペン&定規「Ink&Slide」の使い心地は? 発売前に体験できるイベント開催
アドビが発売するiPad用筆圧感知ペンと定規「Ink&Slide」。発売前にその描き具合や使い心地を体験できる一般向けイベントが10月12日まで開かれる。(2014/10/10)

Adobe MAX 2014まとめリポート(3):
開発者とデザイナーはぶつからない。DreamweaverとFlashも他ツールとぶつからない。
アドビシステムズが2014年10月6〜8日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2014」。新製品・新技術の発表ばかりに注目が集まったが、プロの制作現場には既存製品の機能追加も気になるところ。インタビューも交えてWeb制作ツールの今とこれからを考えてみたい。(2014/10/10)

Adobe MAX 2014まとめリポート(2):
Webデザイナー/クリエイターが「未来的過ぎてビビる」新技術動画13連発
アドビシステムズは、2014年10月8日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2014 Sneak Peeks」で、13の新技術を披露。一番盛り上がったのは、写真の時間を変えるという夢のようなエフェクトだった。(2014/10/9)

「この昼の写真、夜にしてよ」→ できるんです! Adobeの新技術発表会「Sneak Peeks」で発表された技術群がすごい
ぼくの知っているPhotoshopじゃない……。(2014/10/9)

林信行が見た「Adobe MAX 2014」:
すぐ試したい“アドビマジック”満載――クラウドを生かしたスマホ/タブレットの新しい可能性
米Adobeが開催しているクリエーター向けのイベント「Adobe MAX 2014」を林信行氏が現地リポート。(2014/10/9)

タブレットに“超高性能”という新提案:
「VAIO Prototype Tablet PC」を濃密にチェックする
4コア/8スレッド対応の第4世代Core Hプロセッサ、Iris Pro、PCIe SSD、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶、ワイヤレスキーボード、筆圧ペン……新生VAIOが放つ超高性能タブレットの試作機に込められた数々のこだわりを追う。(2014/10/8)

Adobe MAX 2014まとめリポート(1):
全ての人をモバイルクリエイティブの世界へ誘う9つの無料アプリとCreative SDK
アドビシステムズは、2014年10月6〜8日(現地時間)で開催中の年次カンファレンス「Adobe MAX 2014」の基調講演で、9つのモバイルアプリとCreative SDKのiOS向けベータ版を公開。即座に利用可能とした。(2014/10/7)

Adobe、iPad用デジタルペン&定規「Ink&Slide」国内発売
Adobeが発表したiPad用の描画ツール「Ink&Slide」の国内発売が決まった。(2014/10/7)

Adobe、Creative Cloudと連係するiOSアプリ9種を公開
AdobeがCreative Cloudのアップデートに合わせ、9種類のiOSアプリをアップデート/新規公開した。動画編集の「Premiere Clip」やブラシ作成ツール「Brush CC」など、いずれもデスクトップアプリと連係する。(2014/10/7)

Adobe、デスクトップとモバイルの連係を強化する新Creative Cloud発表
AdobeがCreative Cloudの新バージョンとiOS版の多数の新アプリ、さらにサードパーティー向けの「Creative SDK」のプレビュー版を公開した。(2014/10/7)

動画で360度チェック:
次の一手か!? VAIOの“モンスタータブレット”にじっくり触れてみた
米国で開催中のイベント「Adobe MAX 2014」で展示された、VAIOの次期モデルと予想される“モンスタータブレット”。プロトタイプとはいえ、高い完成度に舌を巻いた。(2014/10/7)

Adobe MAX 2014で初披露:
「VAIO Prototype Tablet PC」公開――4コアCPU、Iris Pro、Adobe RGB対応の12.3型“2560×1704”液晶を備えた超高性能タブレット
クリエイター向けイベント「Adobe MAX 2014」でVAIOが公開した試作機は、クリエイターが外に持ち出してプロレベルの作業を可能にする圧倒的な高性能タブレットだった。(2014/10/7)

アドビ、「DPS Export for PowerPoint」を発表――パワポデータからデジタルカタログを簡単作成
PowerPointで作成したプレゼン資料などをインタラクティブ要素もそのままにDPSに変換可能に。(2014/10/2)

GoogleとAdobe、Chromebookで稼働する「Project Photoshop Streaming」を発表
「Project Photoshop Streaming」は、Chromebookの他、Windows版Chromeブラウザでも利用できるWebアプリ版Photoshop。β版ではGPU利用機能やプリント機能が利用できないが、通常版のPhotoshopとほぼ同じ機能を搭載するとしている。(2014/9/30)

IT導入・活用事例:
奈良県教育委員会、全県立学校にAdobe Creative Cloudを導入
県立学校のICT教育環境の整備としてAdobe Creative Cloud エンタープライズ版を採用し、教育現場でのICT活用のレベルアップを図る。(2014/9/25)

一家に1セット:
アドビ、Photoshop Elements 13とPremiere Elements 13を発売
アドビ システムズはアマチュア向けフォトレタッチソフトと、ビデオ編集ソフトの新版を発売する。(2014/9/24)

ブラック案件駆逐法(終):
Web制作のプロが知らないともったいない作成ソフトの使い分け方まとめ
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【最終回の話】連載のこれまでを振り返り、プロのWeb制作現場におけるCCアプリの使い分け方についてまとめてみる。サンプルコード/PSDもあるので実際に試してほしい。(2014/9/18)

DuoかFitかTapの後継? それとも……:
次のVAIOは「高性能なタブレット」――Adobe MAXで試作機を展示
現在、VAIO Pro 11/13、VAIO Fit 15EとクラムシェルノートPCのみを展開しているVAIO株式会社だが、開発中のタブレットをAdobe MAXで公開することが明らかになった。(2014/9/17)

VAIO、クリエイター向けタブレットPCを「Adobe MAX」で展示
VAIOがクリエイター向けタブレットPCの試作機を「Adobe MAX」で展示することが分かった。(2014/9/17)

Adobe、ReaderとAcrobatの脆弱性を修正
Adobeは問題が見つかって延期していたReaderとAcrobatのセキュリティアップデートを公開した。(2014/9/17)

Adobe、Flash Playerの脆弱性を修正、ReaderとAcrobatは公開延期
Flash Player更新版では12件の脆弱性を修正した。ReaderとAcrobatのアップデート公開は9月15日の週に延期された。(2014/9/10)

ブラック案件駆逐法(4):
PSDファイルを基にしたリリースレベルのレスポンシブデザインの作り方
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】Webの流行に詳しいクライアントから「それ、レスポンシブにならないの?」とひと言。PhotoshopとEdge Reflowならリリースレベルのものがすぐに作れる?(2014/9/9)

Adobe、Creative Cloudのビデオツール更新でRetina Displayをサポート
Adobe Creative Cloudの、PremiereやAfter Effectsなどのビデオ編集ソフトが向こう数週間中にアップデートされ、Retina Display対応やユーザインタフェース改善などが加えられる。(2014/9/9)

Adobe、ReaderとAcrobatのセキュリティアップデート公開を予告
アップデートは米国時間の9月9日に公開される予定。Windows版とMac版に存在する深刻な脆弱性に対処する。(2014/9/8)

デル、動画/画像編集向けPC「Dell Graphic Pro」付属ソフトに「Photoshop Lightroom 5」を追加
デルは、クリエイター向けPC「Dell Graphic Pro」の付属ソフトを強化、新たに「Adobe Photoshop Lightroom 5」を追加した。(2014/9/2)

ブラック案件駆逐法(3):
コーディングの手腕がないデザイナーだけでWebページ制作をしてみた件について
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】コーダー不在時にクライアントから新たなページ追加のお願いが……。PhotoshopとMuseを使えば「デザインさえあれば何とかなる!」(2014/8/22)

アドビ、「Aperture」から「Lightroom」への移行をサポートする日本語クイックガイドを公開
アドビ システムズが、Appleの写真管理ソフト「Aperture」や「iPhoto」から、「Photoshop Lightroom」へ移行するための日本語ガイドを公開。写真を移すツールも開発しているという。(2014/8/21)

Androidユーザーをだまし続けるFlash Playerの詐欺アプリ
正規アプリはAdobeの公式サイトから無償ダウンロードできるが、ユーザーに金銭を要求する詐欺アプリが後を絶たない。(2014/8/14)

Adobe ReaderとFlashの脆弱性が修正される、Windows版を狙う攻撃も
Windows版のReaderを標的とする「限定的な」攻撃が発生しているとされ、Adobeでは直ちに更新を適用するよう呼び掛けている。(2014/8/13)

AndroidにID偽装の脆弱性が存在、アプリ特権を悪用可能に
この脆弱性を利用すればサンドボックスをかわすことができ、発見者によれば、例えばAdobeになりすましてトロイの木馬を仕込んだり、Google WalletになりすましてNFCの決済情報にアクセスしたりできる。(2014/7/30)

ブラック案件駆逐法(2):
HTML5のVideoとCanvasを使って神速でランディングページに動きを付ける
とある小さなWeb制作会社を舞台に、クライアントからのさまざまなブラック案件を、Adobe Creative Cloud 2014を使って解決していくストーリー。ムチャ振りするクライアント、安請け合いするメンバー、それに振り回される制作者。果たして、無事にブラック案件を駆逐できるのか!?【今回の話】LPを無事納品したところクライアントがひと言「ファーストビューの一部を動かしたい」という。Edge AnimateかFlash Proの新機能なら何とかなるか?(2014/7/30)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。