ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

Adobe CC、2月12日から値上げ 全部入りは月700円アップ
グループ版に続き、個人版も値上げされる。(2019/1/9)

Adobe FlashとConnect、Digital Editionsのアップデート公開
Flashのアップデートはバグの修正のみ。ConnectとDigital Editionsではそれぞれ1件の脆弱性に対処した。(2019/1/9)

Adobe、AcrobatとReaderの深刻な脆弱性に対処
今回のアップデートでは2件の脆弱性が修正された。悪用されれば任意のコードを実行されたり、権限を昇格されたりする恐れがある。(2019/1/8)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告 米国時間1月3日に公開
セキュリティアップデートは米国時間の2019年1月3日、WindowsとmacOS向けに公開予定。(2018/12/28)

アドビ、CIDフォントのサポート終了へ
アドビシステムズが、同社が開発したフォント形式「CIDフォント」のサポートを終了する方針であることを明らかにした。(2018/12/26)

Adobe CC、グループ版は月額1000円値上げ
アドビは2019年2月初旬からAdobe Creative Cloud(グループ版)の価格を1000円/月値上げする。(2018/12/26)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(68):
Azure Information ProtectionとAdobe Acrobat/Readerのネイティブな統合
Azure Information Protectionの分類と保護に対応したAdobe Acrobat DC/Adobe Acrobat Reader DC向けのプラグインが一般提供され、これらのネイティブアプリケーションを使用したPDFドキュメントの分類、保護、参照が可能になりました。(2018/12/19)

「Adobe Creative Cloud」価格改定へ 2月初旬から
「Adobe Creative Cloud」「Adobe Document Cloud」「Adobe Captivate」製品群の価格が改定される。(2018/12/14)

Adobe、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデート公開 80件以上の脆弱性に対処
Adobe Systemsが、AcrobatとReaderの定例セキュリティアップデートを公開。80件以上の脆弱性に対処した。(2018/12/12)

サードパーティーデータの選択肢が拡大:
Adobe Audience Manager Audience Marketplaceのデータプロバイダーに新たに4社が参画
「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」のデータプロバイダーに新たに4社が参画した。(2018/12/6)

今日のリサーチ:
日本のクリエイターの約7割が「日々の業務の半分以上が非クリエイティブなタスク」と感じている――Adobe調査
人工知能や機械学習といったテクノロジーは、クリエイティブなプロセスにどのような役割を果たすのでしょうか?(2018/12/4)

米サイバーマンデーの支払額は79億ドルで過去最高を更新
Adobe Systemsによると、米国のサイバーマンデー(今年は11月26日)のオンラインでの支出総額は79億ドル(約9000億円)で、過去最高を更新した。(2018/11/28)

米ブラックフライデー、支払額は過去最高を更新 スマホでのアクセスがPCを上回る
米Adobe Systemsが毎年発表する米国のホリデーシーズンのオンライン消費報告によると、ブラックフライデー(感謝祭の翌日)のオンラインでの総支出額は前年比23.6%の62億ドルで過去最高だった。オンラインストアの閲覧に使われた端末として、初めてスマートフォンがPCを超えた。(2018/11/26)

Adobe MAX Japan 2018:
「かわいい明朝体作りたかった」 制作者が明かす「貂明朝」と新フォント「貂明朝テキスト」の裏話
アドビのタイプデザイナーが「貂明朝」と「貂明朝テキスト」の制作裏話を「Adobe MAX Japan 2018」で明かした。(2018/11/22)

Adobe、Flash Player更新版を緊急公開 脆弱性に関する詳細を研究者が事前に公表
脆弱性に関する技術的詳細が既に公表されていることから、直ちにFlash Playerを最新バージョンに更新するよう促している。(2018/11/21)

Adobe MAX Japan 2018:
iPadで描く「Project Gemini」は「真のフリーハンドツール」 Adobeが新イラストアプリで目指すもの
Adobeが2019年にリリース予定のイラスト制作アプリ「Project Gemini」。開発のきっかけと狙いを「Adobe MAX Japan 2018」の基調講演で同社幹部が語った。(2018/11/20)

Adobe、Flash Playerなどの更新版公開 Acrobat/Readerは優先度高
Windows版のAcrobatとReaderに存在する脆弱性は、既にコンセプト実証コードが公開されているという。(2018/11/14)

ブランドセーフな動画広告在庫の取引へ:
CCIとアドビ、SpotXが動画広告でのプログラマティック配信で連携
サイバー・コミュニケーションズとアドビ システムズおよびSpotXが動画広告取引で連携。(2018/11/9)

Dropboxに電子サイン機能が実装 Adobeが提供
米Adobeは、Dropbox上で電子サインの署名スペースを挿入できる新機能を発表した。(2018/11/7)

Dropbox内で画像編集やデジタル署名が可能な「Dropbox Extensions」
Dropboxが、保存した動画の編集や契約書へのデジタル署名などをDropboxを離れずに可能にする各種拡張機能の提供を月末に開始する。AdobeやVimeo、Pixlrなどの機能が使える。(2018/11/7)

「The Marketing Nation Summit 2018」開催:
Marketoはこれからどこに向かうのか? Adobeによる買収後初の年次イベントで示されたこと
Adobe Systemsによる電撃的な買収で注目されるMarketoの年次イベントが日本で開催された。本稿ではそこで語られたMarketoの今後の戦略を、製品アップデートを軸に紹介する。(2018/11/5)

今日のリサーチ:
企業のデジタル化におけるマーケティング課題、1位は「組織の整備」――アドビ システムズ調査
日本企業のデジタル変革に関する実態調査から、組織にまつわるレポートを紹介します。(2018/10/31)

Apple新製品イベントの前に知っておきたい2年以上にわたる取り組み
10月30日23時(日本時間)に始まるAppleのスペシャルイベントでは何が発表されるのか。その内容はこれまでAppleとAdobeが取り組んできたことに大きな関わりがあるようだ。(2018/10/30)

マシン買い替え? Adobe CCの必要メモリが一部倍増
Adobe CCの2019年アップデートで主要アプリの必要メモリ要件が引き上げられている。(2018/10/23)

Adobe MAX 2018:
AppleとAdobeが組んだら何が起きた? iPad版フル機能Photoshop、ARのProject Aero
3年ぶりとなるAdobe + Apple合同イベントレポートをお届けする。(2018/10/18)

Adobe MAX 2018に、Appleのフィル・シラー氏が登場
「こんじる」とフィル・シラー氏との関係が明らかに。(2018/10/16)

Adobe MAX 2018:
オールインワンのビデオ制作ツール「Adobe Premiere Rush CC」正式リリース
ビデオ制作の新しいオールインワンアプリが登場。オンラインでマルチデバイスによるビデオ編集が実現する。(2018/10/15)

製造ITニュース:
Microsoftなど3社がデータモデルを共通化、データの縦割り解消へ
Microsoftは、Adobe、SAPと共同でOpen Data Initiativeを発表した。データの縦割り状態を解消し、顧客の単一視点を獲得することを目指すもので、企業は自社データに対する統制力を強め、プライバシーやセキュリティなどへの対応力を向上できる。(2018/10/15)

PR:意外と知らないPDF作成の落とし穴 「Adobe Acrobat DC」を選ぶ5つの理由
ビジネス現場で多用されるPDFファイル。その作成ツールには、Adobe Acrobat DC以外にも無料のものや安価なサードパーティー製品がある。どれも同じだから安いのでいい――それは大きな間違いだ。(2018/11/1)

PhotoshopとPremiereはどこが変わった? Adobe Elements 2019を試す
Adobe Sensei AIが導入されたコンシューマー向けソフトはどこがどう違う?(2018/10/9)

AcrobatとReaderに86件の脆弱性、Adobeがアップデートで対処
86件の脆弱性のうち、半数以上が「クリティカル」に分類されている。(2018/10/3)

Adobe、タブレット端末からのタッチ編集にも対応した「Adobe Acrobat DC」最新版
アドビ システムズは、「Adobe Acrobat DC」の最新版を発表した。(2018/10/2)

Adobe Acrobat/Readerに脆弱性、Adobeがセキュリティアップデート公開を予告
セキュリティアップデートは米国時間の2018年10月2日に公開され、複数の脆弱性の修正を予定している。(2018/9/28)

今日のリサーチ:
米国におけるスマートスピーカー所有率が年内に約50%と予測――Adobe調査
Adobe Systemsが米国におけるスマートスピーカーに関するトレンドについて調査結果を発表しました。(2018/9/28)

Adobe、マーケティングオートメーションのMarketoを48億ドルで買収
ビジネスソフト分野の拡大に取り組むAdobe Systemsが、マーケティングオートメーションのMarketoを47億5000万ドルで買収すると発表した。Adobeとしては過去最高規模の買収になる。(2018/9/21)

Adobe、AcrobatとReaderの定例外セキュリティアップデートを公開
任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性を含め、7件の脆弱性を修正した。(2018/9/20)

Adobe、Flash PlayerとColdFusionの脆弱性を修正
AdobeがFlash PlayerとColdFusionのセキュリティアップデートを公開した。(2018/9/12)

今日のリサーチ:
約6割のビジネスパーソンが2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答――アドビ システムズ調査
企業からのコンタクトはソーシャルメディアより電子メールが好まれるという、意外(?)な事実が判明しました。(2018/9/7)

「Adobe Analytics」を活用:
電通アイソバー、B2Bサイト特化のWeb行動データ分析サービスを提供
電通アイソバーは、アドビ システムズのデータ管理基盤である「Adobe Analytics」のB2Bサイトへの導入から運用・活用に特化した「Quick Win for Analytics BtoB」の提供を開始した。(2018/9/3)

Adobe、Photoshop CCの深刻な脆弱性を修正
WindowsとMac向けに公開されたPhotoshop CCのバージョン19.1.6と同18.1.6で、脆弱性が修正された。(2018/8/23)

Adobe、Acrobat/ReaderやFlashの脆弱性を修正
Acrobat/ReaderとFlash Player、Creative Cloud Desktop Application、Experience Managerのセキュリティアップデートが公開された。(2018/8/15)

Adobeがセキュリティアップデートを予告、今週はMicrosoftの月例も
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の8月14日に公開予定。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。(2018/8/13)

今日のリサーチ:
「Amazon Prime Day」の期間、米国の大手EC売り上げが54%増加――アドビ調べ
アドビは、「デジタルドルレポート(Digital Dollar Report)」で、米国におけるオンラインショッピングのトレンドを公開しました。(2018/7/26)

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に:
アドビがデータ流通と売買を実現するマーケットプレースを提供、KDDIの事例では集客コストを大幅削減
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が日本国内で利用可能になったと発表した。その具体的な用途と事例について解説する。(2018/7/23)

今日のリサーチ:
就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表しました。(2018/7/13)

AcrobatやReader、Flash Playerなどの脆弱性に対処、Adobeがアップデートを公開
AcrobatとReaderの更新版では100件余りの脆弱性に対処。Flash Playerの更新版では2件の脆弱性を修正した。(2018/7/11)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
米国時間の2018年7月10日(日本時間11日)には、Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2018/7/6)

そのPDFの“墨消し”ちゃんと消せてる? 正しい方法をアドビが指南
アドビは、PDF文書への「墨消し」を確実に行う方法をブログで公開した。(2018/7/4)

アドビ、「Adobe Acrobat」生誕25周年に明かすAcrobat誕生秘話
アドビは、「Adobe Acrobat」の生誕25周年を記念したブログを公開した。(2018/6/21)

アドビ、オンライン動画ツール「Project Rush」を発表
モバイル、デスクトップ版どちらも用意されている。(2018/6/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。