ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」に関する情報が集まったページです。

Adobe、マーケティングオートメーションのMarketoを48億ドルで買収
ビジネスソフト分野の拡大に取り組むAdobe Systemsが、マーケティングオートメーションのMarketoを47億5000万ドルで買収すると発表した。Adobeとしては過去最高規模の買収になる。(2018/9/21)

Adobe、AcrobatとReaderの定例外セキュリティアップデートを公開
任意のコード実行に利用される恐れのある深刻な脆弱性を含め、7件の脆弱性を修正した。(2018/9/20)

Adobe、Flash PlayerとColdFusionの脆弱性を修正
AdobeがFlash PlayerとColdFusionのセキュリティアップデートを公開した。(2018/9/12)

今日のリサーチ:
約6割のビジネスパーソンが2年後も今と同様に電子メールを利用すると回答――アドビ システムズ調査
企業からのコンタクトはソーシャルメディアより電子メールが好まれるという、意外(?)な事実が判明しました。(2018/9/7)

「Adobe Analytics」を活用:
電通アイソバー、B2Bサイト特化のWeb行動データ分析サービスを提供
電通アイソバーは、アドビ システムズのデータ管理基盤である「Adobe Analytics」のB2Bサイトへの導入から運用・活用に特化した「Quick Win for Analytics BtoB」の提供を開始した。(2018/9/3)

Adobe、Photoshop CCの深刻な脆弱性を修正
WindowsとMac向けに公開されたPhotoshop CCのバージョン19.1.6と同18.1.6で、脆弱性が修正された。(2018/8/23)

Adobe、Acrobat/ReaderやFlashの脆弱性を修正
Acrobat/ReaderとFlash Player、Creative Cloud Desktop Application、Experience Managerのセキュリティアップデートが公開された。(2018/8/15)

Adobeがセキュリティアップデートを予告、今週はMicrosoftの月例も
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の8月14日に公開予定。この日はMicrosoftも月例セキュリティ更新プログラムを公開する見通し。(2018/8/13)

今日のリサーチ:
「Amazon Prime Day」の期間、米国の大手EC売り上げが54%増加――アドビ調べ
アドビは、「デジタルドルレポート(Digital Dollar Report)」で、米国におけるオンラインショッピングのトレンドを公開しました。(2018/7/26)

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に:
アドビがデータ流通と売買を実現するマーケットプレースを提供、KDDIの事例では集客コストを大幅削減
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が日本国内で利用可能になったと発表した。その具体的な用途と事例について解説する。(2018/7/23)

今日のリサーチ:
就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新卒採用で企業が重視するスキルについて」の調査結果を発表しました。(2018/7/13)

AcrobatやReader、Flash Playerなどの脆弱性に対処、Adobeがアップデートを公開
AcrobatとReaderの更新版では100件余りの脆弱性に対処。Flash Playerの更新版では2件の脆弱性を修正した。(2018/7/11)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告
米国時間の2018年7月10日(日本時間11日)には、Microsoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2018/7/6)

そのPDFの“墨消し”ちゃんと消せてる? 正しい方法をアドビが指南
アドビは、PDF文書への「墨消し」を確実に行う方法をブログで公開した。(2018/7/4)

アドビ、「Adobe Acrobat」生誕25周年に明かすAcrobat誕生秘話
アドビは、「Adobe Acrobat」の生誕25周年を記念したブログを公開した。(2018/6/21)

アドビ、オンライン動画ツール「Project Rush」を発表
モバイル、デスクトップ版どちらも用意されている。(2018/6/20)

バウハウスの失われたフォント、アドビが復刻
アートに多大な影響を与えたバウハウス。その歴史に埋れていたタイポグラフィがアドビの手により復活。Creative Cloudで利用できるようになった。(2018/6/12)

Adobe、小売りサイト構築パッケージのMagentoを約17億ドルで買収
AdobeがECサイト構築ツール提供のMagentoを買収し、企業向けクラウドAdobe Experience Cloudに統合する。買収総額は約17億ドルだ。(2018/5/22)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
優先度はいずれも「1」と位置付けられ、差し迫った悪用の危険があることをうかがわせている。(2018/5/14)

Adobe、Flash Playerなどの脆弱性を修正
Flash PlayerとCreative Cloud Desktop Application、及びConnectの脆弱性を修正するセキュリティアップデートが公開された。(2018/5/9)

「Adobe Digital Experience Insights 2018」開催:
元メジャーリーガーのアドビ システムズ新社長がイベント初登板……ではなく初登壇
アドビ システムズはデジタルマーケティングカンファレンス「Adobe Digital Experience Insights 2018」を開催した。(2018/5/7)

「Adobe Digital Experience Insights 2018」レポート:
デジタルはアナログを殺すのか? ドミノ・ピザ ジャパンCMOが語る「統合マーケティング」の考え方
「Adobe Digital Experience Insights 2018」におけるドミノ・ピザ ジャパン 執行役員 CMO 富永朋信氏とアドビ システムズ STAACコンサルティング部 部長 櫻井秀一氏の対談要旨を紹介する。(2018/5/8)

デジタルエクスペリエンスで世界を変えるために:
Adobeトップが講演 「プラットフォーム連携強化でマーケターとクリエイターの協働を促す」
Adobe Systems 会長・社長・CEOのシャンタヌ・ナラヤン氏が「Adobe Summit 2018」の基調講演で語った同社のエクスペリエンスビジネスの概要を紹介する。(2018/4/9)

サードウェーブ、「raytrek-V Adobe CC」に第8世代Core搭載モデルを追加
 サードウェーブは3月23日、クリエイター向けPCブランド「raytrek」で展開する「raytrek-V Adobe CC」推奨モデルに、第8世代Coreを搭載したモデルを追加し、同日販売を開始した。(2018/3/23)

スマホが文書スキャナーになる「Adobe Scan」、PDFの修正や整理が可能に トリミングもアプリから
アドビシステムズが無料スキャンアプリ「Adobe Scan」のアップデートを発表した。複数ページにわたるPDFデータの修正や整理が可能になった他、Adobe Document Cloudで保存したPDFデータのトリミングや画像補正もアプリでできるようになったという。(2018/3/23)

キーワード入札を自動調整:
Adobe、人工知能で検索エンジンマーケティングのROIを改善する「Adobe Advertising Cloud Search」を提供
Adobe Systemsは、検索連動型広告管理ツール「Adobe Media Manager Search」の名称を変更し、「Adobe Advertising Cloud Search」として提供開始した。(2018/3/12)

声で買い物「一強」のAmazonに、Adobeは対抗できるか
企業が顧客向けにシンプルな音声インタフェースを作成できるよう支援するツールをAdobeが発表した。(2018/3/1)

最新版「Adobe Experience Manager 6.4」の特徴:
人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴をまとめた。(2018/2/16)

Adobe、AcrobatとReaderの深刻な脆弱性を修正
Adobe Acrobat/Readerのセキュリティアップデートでは、多数の深刻な脆弱性に対処した。(2018/2/14)

北朝鮮からの攻撃?:
Flash Playerに未解決の脆弱性、Windows狙う攻撃に利用
Adobeも未解決の脆弱性を突く標的型攻撃の発生を確認、修正のためのアップデートを2月5日の週にリリースすると予告した。(2018/2/2)

【連載】「Adobe Analytics」を使いこなす 最終回:
Adobe Analyticsの「異常値検出」と「貢献度分析」で脱“勘と経験”、Web解析はこう変わる
最終回となる今回は「Adobe Analytics」の重要機能である「異常値検出」と「貢献度分析」をどのように活用すべきかを解説する。(2018/1/31)

地域プロジェクト「Adobe Design Jimoto」:
「気仙沼の課題をデザインで解決する」中学生41人の挑戦
アドビシステムズの地方活性化の取り組み「Adobe Design Jimoto」が宮城県気仙沼市で開催。中学校2年生が「デザイン体験」に挑戦した。取り組みの意味とは?(2018/1/30)

Adobe、Flash Playerの脆弱性に対処 悪用されれば情報流出の恐れ
脆弱性を悪用されれば情報流出の恐れがあるとされ、緊急度は同社の3段階評価で中間の「重要」、優先度は「2」と位置付けている。(2018/1/10)

Adobe予測、2018年の写真・動画トレンドは?
Adobeが、「2018年の写真・動画トレンド」を発表。その「6つのトレンド」を紹介していく。(2018/1/2)

Adobe、Flash Playerのアップデート公開 リグレッションの脆弱性に対処
今回のリグレッション問題では、グローバル設定プリファレンスファイルが意図せずリセットされる可能性がある。(2017/12/13)

「お支払いが確認できませんでした」――Adobeかたるウイルスメール出回る
「Adobe Document Cloud チーム」をかたる不審なメールが出回っていると、アドビシステムズや警視庁が注意喚起。件名は「お支払いが確認できませんでした」。(2017/12/7)

モリサワフォントを使った「フォントドレス」、Adobeイベント会場に 約1カ月かけて制作
アドビシステムズ主催のクリエイター向けイベント「Adobe MAX Japan 2017」の展示ブースに、「フォントドレス」が登場した。(2017/12/5)

年賀状作りを手伝うワン SNSで人気の「柴犬まる」アドビの宣伝部長に就任
まるのオリジナル画像がもらえます。(2017/12/4)

米サイバーマンデーの売上高は66億ドルで過去最高、Amazonで最も売れたのは「Echo Dot」
今年のサイバーマンデー(11月27日)のオンライン売上高は過去最高の約66億ドル(Adobe調べ)。Amazonでブラックフライデーからサイバーマンデーの4日間で最も売れたのは「Echo Dot」だった。(2017/11/29)

アドビから新書体「貂明朝」 小動物のイメージが込められた愛らしい手書き風
鳥獣戯画のような貂(てん)の記号も隠されています。(2017/11/28)

アドビの人工知能「Adobe Sensei」、API公開へ
アドビシステムズは、同社の人工知能「Adobe Sensei」のAPI公開に向けて準備を進めているようだ。キーマンへの単独インタビューで明らかになった。(2017/11/28)

「鳥獣戯画」などから着想:
アドビが新日本語フォント「貂明朝」発表 “かわいく、あやしい”
アドビが日本語向けの新フォント「貂明朝」を発表。「かわいくも妖(あや)しい」がコンセプトで、「鳥獣戯画」など日本の伝統美術の要素を取り入れたという。(2017/11/28)

「Adobe Analytics」に新機能:
「Adobe Analytics」がプライベートDMPとの連携を強化、何が変わるのか?
アドビ システムズは、「Adobe Analytics Cloud」に含まれる分析ソリューション「Adobe Analytics」とプライベートDMP「Adobe Audience Manager」が双方向の連携を実現したと発表。記者向けの説明会を実施した。(2017/11/28)

アドビ、鳥獣戯画からインスパイアされた新フォント「貂明朝」発表 Typekitに追加
アドビシステムズはAdobe Typekitにアドビオリジナルの和文書体「貂明朝」(てんみんちょう)を追加した。(2017/11/28)

米国ブラックフライデーのオンライン売上高は過去最高の50億ドル超──Adobe調べ
米国のオンライン販売のピークの1つであるブラックフライデー(今年は11月24日)のオンライン売上高は予測を上回る前年比16.9%増の50億3000万ドルと記録を更新した。(2017/11/26)

マーケティングプラットフォーム主要3社が勢ぞろい:
Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。「Japan IT Week 秋」の講演のポイントを紹介する。(2017/11/22)

Flash PlayerやAcrobat、Readerなどのアップデート一挙公開 深刻な脆弱性に対処
AdobeはFlash PlayerやAcrobat、Reader、Photoshop CCなど多数の製品を対象とするセキュリティアップデートを公開し、多数の脆弱性を修正した。(2017/11/15)

Adobe、AcrobatとReaderのセキュリティアップデートを予告 11月14日に公開
AcrobatとReaderのセキュリティアップデートは米国時間の11月14日に公開される。この日はMicrosoftの月例セキュリティ情報も公開される見通しだ。(2017/11/10)

CRMとコンテンツ管理を強化:
「Adobe Experience Manager」と「Microsoft Dynamics 365」の統合が実現
Adobe Systemsは、「Adobe Experience Manager」とMicrosoftが提供する統合型CRMアプリケーションサービス「Microsoft Dynamics 365」の統合を実現したと発表した。(2017/11/9)

太田智美がなんかやる:
スマホカメラで文字を撮ると「フォント」認識 「Adobe Capture」アプリがすごい
スマホカメラで撮影するだけで、気になる街中の看板や商品ラベルのフォントが分かる。(2017/10/31)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。