ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

Adobe Systems(アドビシステムズ) に関する記事 Adobe Systems(アドビシステムズ) に関する質問

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」最新記事一覧

Webサイト作成手順を勉強するまとめ(1):
初心者でもPhotoshopの基本的な使い方が分かる入門記事9選
新社会人のWeb制作者/デザイナー向けにAdobe Creative Cloudの使い方を例に、現場で使える具体的な制作手順とテクニックを学んでいく入門まとめ連載。初回はWeb制作現場で役立つPhotoshopの使い方について。初期設定、レイヤー、シェイプ、レタッチ、スライス、画像アセット機能の使い方、テキストの効果的な見せ方、イラレデータの扱い方から、Edge Reflowと連携したレスポンシブWebデザインまで紹介。(2014/4/22)

Adobe、OpenSSLの脆弱性対応について説明
脆弱性のあるバージョンのOpenSSLを使っていたことが判明したインターネット対応の全サービスについては、影響を緩和する措置を講じたと説明している。(2014/4/21)

デスクライトの新製品も:
EIZO、色域を広げたカラーマネジメント液晶「ColorEdge CG247/CX241」
EIZOは24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247」と「ColorEdge CX241」を4月24日に発売する。いずれもAdobe RGBカバー率99%のIPSパネルを採用した。(2014/4/17)

直観的な操作が売り:
アドビ システムズ、Webコンテンツと顧客体験を最適化するAdobe Targetの新ソリューションを発表
アドビ システムズ(以下、アドビ)は4月15日、Webコンテンツと顧客体験を最適化するAdobe Targetの新しいソリューション「Adobe Target Standard」を発表した。直観的な操作画面を導入したため、作業の簡易化が図れる。(2014/4/16)

Adobe、Android向けReaderの脆弱性を修正
細工を施したPDFをユーザーが開くと、任意のJavaコードが実行され、Readerに保存された文書やSDカードに保存されたファイルが不正アクセスされる恐れがある。(2014/4/16)

Web管理スムーズに:
本田技研工業、サイト運営と管理業務を大幅に効率化へ ―― 「Adobe Experience Manager」採用
アドビ システムズ(以下「アドビ」)は4月10日、新日鉄住金ソリューションズと協業し、本田技研工業に「Adobe Experience Manager」を導入したことを発表した。サイト運営/管理業務を大幅に効率化し、カスタマーエクスペリエンス向上を目指す。(2014/4/11)

Adobe、Flash Playerの深刻な脆弱性を修正
特にWindowsとMacでは危険性が高いとして、直ちに更新するよう促している。(2014/4/9)

実際の使用感を基に厳選
Adobe Readerだけじゃない「iPadでPDFが読める・編集できるアプリ」8選
iPadでPDFファイルを閲覧、編集したいというビジネスパーソンは少なくないだろう。幸いなことに、使えるアプリは充実している。実際に使ってみた感想と併せて、お勧めのアプリ8種を紹介しよう。(2014/4/9)

FUJIFILM X-T1やD4S対応など、「Lightroom 5」最新アップデータ
アドビが「Lightroom 5」最新アップデータを提供開始した。iPadアプリ「Lightroom Mobile」に対応したほか、「FUJIFILM X-T1」「D4S」など最新機種もサポートする。(2014/4/8)

どこでも写真編集、Lightroomと同期 iPadアプリ「Lightroom Mobile」
アドビが「Lightroom 5」と連係するiPadアプリ「Lightroom Mobile」の提供を開始した。外出先からでもLightroom 5に保存した画像の編集が可能で、データはクラウド経由で同期される。(2014/4/8)

Adobe、iPad向けRAW現像ソフト「Lightroom mobile」をリリース
Lightroom 5.4のユーザーは、「Lightroom mobile」をインストールしたiPadでLightroomカタログやカメラロールの写真を閲覧・編集できる。(2014/4/8)

マーケティング再創造:
アドビ、デジタルマーケティングのカンファレンス開催
米Adobe(以下「アドビ」)は現地時間3月25日、米国ユタ州ソルトレイクシティにてグローバルなデジタルマーケティングのカンファレンス「Adobe Digital Marketing Summit 2014」を開幕したことを発表した。(2014/3/28)

Adobe Summit 2014 レポート:
デジタルマーケティングの“再創造”は「Technology」「Customer」「Leader」「Quantative」がカギを握る
アメリカ合衆国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。午前中の基調講演に続いて、午後は企業のマーケティング責任者たちによるパネルディスカッションが行われた。昨年も行われたこのセッション。顔ぶれは違うが、議論の俎上に乗せられた主要なテーマはやはり「CMOとは何者か」だった。(2014/3/26)

Adobe Summit 2014 レポート:
アドビとSAPが戦略的なパートナーシップ契約を締結――2014年のテーマは“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”
米国ユタ州ソルトレイクシティで開催中の「Adobe Summit 2014」。米アドビはイベントのテーマに“マーケティング再創造(MARKETING REINOVATION)”を掲げ、最新のテクノロジーが実現するデジタルマーケティングの可能性についてデジタルマーケター、代理店、技術者など5500人以上に向けて発表した。(2014/3/26)

ハッキングコンペ「Pwn2Own」開幕、初日はIE 11やFlashのセキュリティ破りに成功
初日の3月13日はIE、Adobe Flash、Adobe Reader、Firefoxのセキュリティが破られ、挑戦者に合計40万ドルの賞金が贈呈された。(2014/3/14)

Adobe、Shockwave Playerの深刻な脆弱性を修正
WindowsとMac向けのShockwave Player 12.0.9.149までのバージョンにメモリ破損の脆弱性が存在する。(2014/3/14)

Adobe、Flash Playerの更新版公開、「重要」レベルの脆弱性を修正
同一生成元ポリシー迂回の脆弱性と、クリップボードのコンテンツ読み込みに使われる恐れのある脆弱性が修正された。(2014/3/12)

gooスマホ部:
Xperia Z1にFlash Playerをインストールしたい
AdobeのサイトからFlash Playerの最新バージョンをダウンロードしたのですが、インストールできません。(2014/2/25)

高品質なクリエイティブ制作を支援:
Yahoo! JAPANとアドビ、広告クリエイティブ制作分野で業務提携
効率的に広告クリエイティブ業務を進めていくクラウド型ワークフロー管理およびストレージシステム「Yahoo!クリエイティブスタジオ」を開発。今春をめどに提供を開始する。(2014/2/17)

ヤフーとアドビが提携 「アートな広告」クリエイティブ制作を支援する新サービス
ヤフーが広告クリエイターのコンテンツ制作・入稿を支援する新サービス「Yahoo!クリエイティブスタジオ」を発表。アドビシステムズのコンテンツ作成ツールなどを従量料金で提供する。(2014/2/14)

2014年PC春モデル:
外部GPU+高精細液晶搭載モデル、Win 7モデルも用意──東芝ダイレクトWebオリジナルモデルに新シリーズ
東芝の2014年春モデル登場に合わせ、直販サイトのWebオリジナルモデルも発売される。外部GPU搭載、Adobe Photoshop Lightroom付属モデルなど、店頭モデルにはない“ツウ”好みの構成でカスタマイズオーダー可能。Windows 7インストールPCもまだ選べる。(2014/2/12)

Adobe、Shockwaveの脆弱性を修正 最新版の利用を
Shockwave Playerに存在する2件の深刻な脆弱性を修正。直ちに最新版に更新するよう促している。(2014/2/12)

NECディスプレイ、IPSパネル採用で広色域表示に対応した23.8型4Kディスプレイ
NECディスプレイソリューションズは、4K解像度表示に対応した23.8型ワイド液晶ディスプレイ「MultiSync LCD-EA244UHD-BK」を発表。Adobe RGB相当の広色域表示に対応している。(2014/2/7)

最新版へのアップデートを強く推奨:
Flash Playerの脆弱性を狙う攻撃コード、ターゲットにはYahoo! JAPANやniftyの名も
米アドビシステムズは米国時間の2月4日、Adobe Flash Playerに深刻な脆弱性(APSB14-04)が存在することを明らかにし、セキュリティアップデートを緊急公開した。既にこの脆弱性を悪用する攻撃コードが確認されている。(2014/2/6)

Flash Playerの脆弱性を突く攻撃発生、緊急更新を
AdobeがFlash Playerの深刻な脆弱性を修正するセキュリティアップデートを緊急公開した。この脆弱性を突く攻撃が既に出回っているという。(2014/2/5)

Adobe Photoshopのベテラン開発者がGoogleのデジタル写真チーム入り
Adobeで12年間Photoshopの開発に従事してきたベテランのジョン・ナック氏がGoogleに移り、デジタル写真チームで新たなプロジェクトに参加する。(2014/2/4)

顧客コミュニケーションの手段として有効だが:
モバイルアプリ特有の課題を解決してROI向上――インターフェイス、OSサポート、メンテナンス……
eMarketerは2014年1月15日、“Mobile Apps Help Lure Customers. Spur Loyalty”(「モバイルアプリが顧客誘導、ロイヤルティ促進を支援」)という記事を掲載した。これは昨年10月、Forbes InsightsとAdobeが収益25万ドル以上の企業の経営層を対象に実施した調査の抄訳記事で、これらの企業がモバイルアプリをリリースするさまざまな理由を分析している。(2014/1/22)

今が買い:
ScanSnap、BCN AWARD受賞でAdobe Acrobat同梱モデル販売へ
自炊ユーザー御用達のドキュメントスキャナ「ScanSnap」。販売するPFUが「BCN AWARD 2014」を4年連続で受賞し、それを記念してScanSnap2機種にAdobe Acrobat XI Standardを同梱したモデルを限定販売する。(2014/1/20)

PFU、ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300i/S1100」にAdobe Acrobat付属の特別モデル
PFUは、同社製ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1300i Deluxe」「同 S1100 Deluxe」にAdobe Acrobat XI Standardを付属した特別モデルを発売する。(2014/1/17)

Adobe Photoshop CCに3Dプリントの新機能、30日間の無料トライアルも
Photoshop CCがメジャーアップデート。3Dプリンタやオンライン3Dプリントサービス向けにデータを出力できる。既存ユーザーも無償トライアルを利用できる。(2014/1/17)

アドビ、マルチデバイス出力に対応した統合オーサリングツール「Technical Communication Suite 5」を提供開始
アドビ システムズは、同社製の統合型オーサリングツール「Technical Communication Suite」の最新版を発表。電子書籍やモバイルアプリ向けフォーマット出力をワンクリックで行なうことが可能となっている。(2014/1/15)

Adobeがセキュリティ更新版公開、AcrobatやFlash Playerなどの脆弱性を修正
Reader、Acrobat、Flash Playerとも、できるだけ早くアップデートを適用するよう呼び掛けている。(2014/1/15)

2014 International CES:
VAIO+本格絵描きシーン、VAIO+リアルニコ動/スカウター的「Smart Eyeglass」の可能性──ソニー
2014 International CESのソニーブースは、新VAIO「VAIO Fit 11A」とAdobe Photoshop+256段階筆圧検知対応デジタイザーペンによるさらなる“クリエイティブ”作業のシーンをプッシュ。“スカウター”のようにカジュアルにヘッドアップディスプレイを活用する、近未来的だがすぐ実現されそうなシーンが展示されていた。(2014/1/14)

Adobe、ReaderとAcrobatのアップデート公開を予告
Windows版、Mac版とも、現在攻撃の対象となっている脆弱性、または攻撃対象になるリスクの高い脆弱性を修正する。(2014/1/14)

Adobeライセンスキー送付を装う詐欺を確認、添付は開かず削除を
Adobe製品のライセンスキーと称する不正メールの添付ファイルを開くと、マルウェアに感染する恐れがある。(2013/12/24)

よりパーソナライズされた顧客体験を提供:
新生銀行、Adobe Marketing Cloudを導入
アドビシステムズは12月12日、新生銀行にAdobe Marketing Cloudのコンポーネントである「Adobe Analytics」を導入したことを発表した。(2013/12/16)

3分LifeHacking:
同じPDF内の離れたページを同時に参照したい場合
Adobe ReaderやAdobe Acrobatの「分割」機能を使えば、1つのPDFファイルを上下2つの画面で表示するので、離れたページを同時に参照できる。左右に分割したい場合は「新規ウィンドウ」で2画面を左右に並べる方法がおすすめだ。(2013/12/16)

Adobe、Adobe DPSの.folioフォーマットを年明けに無償ライセンス化
電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」のデータフォーマットを無償ライセンス化、2014年第1四半期に無償で公開予定。(2013/12/12)

組織的導入で効果を最大化
Adobe Acrobatでカンタン実現! 生産性と安全性を向上するペーパーレスオフィス
長年にわたり経営者や総務担当者、IT管理者の頭を悩ませる業務・オフィスのペーパーレス化。生産性と安全性を向上させる“ペーパーレスオフィス”の実現のコツは、身近なツールの活用にある。(2013/12/12)

Adobe、FlashとShockwaveのアップデート公開 攻撃発生の脆弱性に対処
ユーザーをだまして悪質なFlashコンテンツ(.swf)を仕込んだMicrosoft Wordファイルを開かせようとする手口の攻撃が報告されているという。(2013/12/11)

米サイバーマンデーのオンライン売上高、約23億ドルで過去最高──Adobe Systems調べ
11月28日の感謝祭からスタートした米国のホリデーシーズン。感謝祭、ブラックフライデー、サイバーマンデーのいずれもが過去最高の売り上げで、サイバーマンデーが最も高かった。(2013/12/4)

Webブラウザの4割に深刻な脆弱性、原因はプラグインに
脆弱性はWebブラウザそのものに原因があるとは限らず、問題の大部分は、Adobe ShockwaveやOracle Javaなどのプラグインに起因していた。(2013/12/3)

3分LifeHacking:
PDFを翻訳して読むには(Adobe Reader編)
Windows用のAdobe Readerに「Weblio英和辞典プラグイン」を組み込んでおけば、PDF上の英単語の意味をポップアップ表示できるようになる。オンラインのWeblio英和・和英辞典と連携して最大4000文字までの翻訳も可能だ。(2013/12/3)

米ブラックフライデーのオンライン売上高は約20億ドル──Adobe Systems調べ
Adpbeの調査によると、感謝祭と翌日のブラックフライデーの2日間のオンラインショップの売上高は約30億ドルで、そのうち約4億ドルはiPadからの購買だった。(2013/12/2)

Windows XPとServer 2003に未解決の脆弱性、標的型攻撃も発生確認
XPおよびServer 2003に存在する権限昇格の脆弱性に、Adobe Readerの脆弱性を組み合わせ、ユーザーに不正なPDFファイルを開かせる手口の攻撃が発生しているという。(2013/11/29)

小学館の電子雑誌戦略――Adobe DPS採用のワケ
『CanCam』『AneCan』など小学館発行の女性ファッション誌9誌が9月から電子雑誌でも配信開始となった。これから進むとみられる雑誌の電子化、小学館はどういった戦略の下、パートナーとしてAdobeを選んだのか。Adobe DPS採用の理由と合わせて聞いた。(2013/11/28)

Lightroomでクリエイティブな写真編集――Adobeのエバンジェリストが教えるテクニック
米アドビシステムズでシニアエバンジェリストとして活動するJulieanne Kost(ジュリアン・コスト)氏が来日した。Lightroomのメリットと使いこなしについて話を聞く機会を得たので、お届けする。(2013/11/27)

無料でCreative Cloudを使い倒せ(17):
Web屋が知らないと残念過ぎるDreamweaver拡張機能のインストールと変換、管理
Dreamweaverの拡張機能の使い方や管理の仕方、便利な拡張機能、旧式のファイルからの変換方法、そしてAdobe Exchange/Extension Managerを紹介する。(2013/11/27)

日本・アジア地域 デジタルマーケティング活動実態調査(アドビ/CMOカウンシル):
経営層/マネージメントにデジタルマーケティングのChampion(エキスパート、責任者、推進者)はいますか?
アドビとCMOカウンシルが共同実施した「デジタルを活用したマーケティング活動についての実態把握」(日本およびアジア地域)によると、日本は4カテゴリー(意識、活用状況、組織体制、スキル)全てでAPAC平均値を下回った。(2013/11/23)

半径300メートルのIT:
敵をあざむくなら、まず自分から――「パスワードのヒント」に本当のヒントを入れるな!
先日、米Adobeのサイトから少なくとも3800万人分のパスワードが流出しました。暗号化されていたとはいえ、同時に流出した「パスワードのヒント」を手がかりに次々と解読されているようです。(2013/11/18)



オープンソースのSSL/TLS実装である「OpenSSL」に深刻な脆弱性が見つかった。エンドユーザーが解決できる問題ではないが、利用しているサービスの対応状況の確認や対応後のパスワードの変更など、慎重な姿勢が求められる。便乗するスパムメールにも注意が必要だ。

通信キャリアのMVNOとして月額1000円を切る格安SIMを提供するサービスが増加している。これまで日本ではほとんど存在感がなかったSIMフリーの端末にも、この動きに合わせて注目が高まっている。

ソフトバンク傘下で6月に合併予定のイー・アクセス、ウィルコムを、同じタイミングでヤフーが買収することとなった。これまでのサービスを引き継ぎつつ、Android端末を中心に展開し、自社のサービスとの連携を図っていくようで、「インターネットキャリア」を標榜している。