ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

「Adobe Systems(アドビシステムズ)」最新記事一覧

Animate CCに名称変更:
「コードが書けなくてもレスポンシブデザインは作れる」――アドビ、Muse CCなどWeb関連ツール3製品をメジャーアップデート
アドビシステムズは、「Animate CC(旧Flash Professional)」「Muse CC」「Bridge CC」の計3製品をメジャーアップデート。新機能などを追加する。(2016/2/8)

【Apple、Microsoft、Adobe】社会人も使える?学割サービスで最強の打線を組んでみた!
Apple、Adobe、Microsoft、Amazonなどの学割ってどれくらい安いか知っていますか? あまり知られていませんが、社会人が活用できる学割もありますよ。今回は学割サービスで打線を組んでみました。(2016/2/7)

Skylake-H×GTX 960M×Adobe RGB 4K液晶:
「New XPS 15」徹底検証 豪華スペックの4K狭額縁ノートPCがスゴい
狭額縁デザインで話題の「XPS」シリーズに15.6型ディスプレイを備えた「New XPS 15」が登場。Adobe RGBカバー率100%の4Kディスプレイや第6世代Coreの4コアCPU、NVIDIA GPUを搭載し、クリエイティブ用途にもピッタリだ。その実力をじっくり検証する。(2016/1/22)

Adobe、AcrobatとReaderの脆弱性を修正
AcrobatとReaderの更新版では17件の脆弱性に対処した。悪用された場合、任意のコードを実行され、システムを制御される恐れがある。(2016/1/13)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の1月12日にはMicrosoftの月例セキュリティ更新プログラムも公開される見通し。(2016/1/12)

Adobe Marketing Cloudベースのソリューションとサービスを提供:
アクセンチュアとアドビ、提携拡大し北米および欧州でのデジタルマーケティング変革を推進
アクセンチュアとアドビシステムズは、北米および欧州のライフサイエンス、ヘルスケア、金融サービスの事業者向けにデジタルマーケティングソリューションを開発・提供するために提携を拡大すると発表した。(2015/12/24)

Facebook、動画をデフォルトでFlashからHTML5に移行
「Adobe SystemsはFlashの終了日を宣言すべき」と主張するFacebookが、Facebook上のデフォルトの動画プレーヤーをFlashからHTML5に切り替えたと発表した。(2015/12/21)

Google、「Chrome 47」の脆弱性を修正
「Chrome 47.0.2526.80」ではAdobe Flash Playerを最新バージョンに更新したほか、7件のセキュリティ問題に対処した。(2015/12/9)

Adobe、Flash Playerの更新版公開 78件の脆弱性を修正
特にWindowsとMacでは危険度が高いとされ、Adobeはできるだけ早く最新版に更新して脆弱性を修正するよう呼びかけている。(2015/12/9)

iOS版に続き:
Adobe、Android版「Photoshop Lightroom」をCC登録不要に
Adobeが、Android版無料写真編集アプリ「Photoshop Lightroom Mobile」をアップデートし、Creative Cloud(月額980円から)への登録なしで単独アプリとして使えるようにした(iOS版は10月に無料化済み)。(2015/12/8)

“フォント”に分かって使えてる?:
モリサワフォントが追加されたTypekitのライセンス・価格まとめ
アドビシステムズが提供するフォントライブラリサービス「Typekit」でモリサワフォントの一部書体が使えるようになったが、そもそもTypekitのライセンスや価格はどうなっているのか。モリサワフォントを使う上で問題点はないのだろうか。あらためて確認してみる。(2015/12/2)

アドビ、「Adobe Flash Professional」の名称を「Adobe Animate CC」に
2016年初頭に予定している次のリリースから名称を変更する。(2015/12/1)

Adobe、「Flash Professional」の名称を変更 「Animate」に
約20年に渡って利用されてきたFlash制作ソフト「Flash Professional」の名前が「Animate」に変更される。(2015/12/1)

Adobe、動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を無料公開
Adobe Systemsが、昨年10月にiOS版を公開した動画編集アプリ「Premiere Clip」のAndroid版を公開した。簡単な動画編集やサウンドトラックに合わせた自動編集機能などを搭載する。(2015/12/1)

ブラックフライデーのオンライン売上高は記録更新の27億ドル モバイルのシェアが3割超
Adobe Systemsの毎年恒例のホリデーシーズンのオンライン小売り売上高調査によると、2015年のブラックフライデーのオンライン総売上高は14%増の27億2000万ドルで、モバイルからの購入は34%だった。iOSとAndroidの売上高を比較すると、iOSがAndroidの3倍以上だった。(2015/11/30)

iOS版Dropbox、Acrobat ReaderでPDFへの注釈追加などが可能に(Androidは来年)
Adobe SystemsとDropboxの提携により、iPhoneおよびiPad向けの「Acrobat Reader」でDropbox上のPDFファイルを開いて注釈やコメントの追加ができるようになった。Androidアプリでも来年可能になる見込みだ。(2015/11/25)

デル株式会社提供Webキャスト
オートデスク、アドビなどISV認定、プロ向けワークステーションの実力を探る
ワークステーションとPCの違いはどこか? 同じ仕様でもパフォーマンスの違いを示すワークステーションの実力をさまざまな角度から解説する。3DCADや解析ソフトなどに最適なワークステーションに求められる、要件について探ってみよう。(2015/11/25)

Microsoftに続いて容量無制限を終了:
Adobe、写真用クラウドサービス「Revel」を終了へ 月額980円のプランへの移行を推奨
Adobe Systemsが、年額5200円で容量無制限の写真用クラウドストレージサービス「Adobe Revel」の提供を、容量2Gバイトの無償版とともに2016年2月23日に終了する。同社はユーザーに、月額980円で容量2Gバイトの「Adobe Creative Cloud フォトグラフィプラン」への移行を推奨している。(2015/11/24)

Adobe、ColdFusionとLiveCycle DS、Premiere Clipの脆弱性を修正
ColdFusionの脆弱性を悪用された場合、反射型クロスサイトスクリプティング(reflected XSS)攻撃を仕掛けられる恐れがある。(2015/11/18)

「iPad Pro」をiFixitが解剖──メモリは(やっぱり)4Gバイト
Appleが11月11日に発売した同社最大のタブレット「iPad Pro」をiFixitが分解し、詳細なリポートを発表した。搭載RAMはAdobeがうっかり明かしたように4Gバイト。32GバイトのFlashメモリは東芝製だった。(2015/11/12)

Google Chromeの更新版公開、深刻な脆弱性を修正
最新版となる「Chrome 46.0.2490.86」では複数のセキュリティ問題を修正したほか、Adobe Flash Playerを最新版に更新した。(2015/11/12)

Adobe、Flash Playerで脆弱性17件を修正
特にWindowsとMac版では差し迫った危険があるとされ、直ちにFlash Playerを最新版に更新する必要がある。(2015/11/11)

物理デスクトップとの比較も今やナンセンス
Adobe、Googleが成功事例 “オンプレミスPC”が不要になる日
仮想デスクトップは、物理的なデスクトップと同等のパフォーマンスを実現しなければ、ユーザーの負担になる。現在では、多くの企業が十分なバックエンドリソースで高速VDI接続を活用している。(2015/11/9)

アドビ、イケメン過ぎるゴリラ「シャバーニ」とタレント契約 「イケメンゴリラ年賀状」チュートリアル&写真素材を公開
2016年の年賀状はゴリラで決まりだな!(2015/11/3)

ゲーム実況の「Twitch」に創作実況コーナー登場 Adobeが公式スポンサーに
Amazon.com傘下のゲーム実況サービス「Twitch」が、ゲームではなく絵画やアニメーション、果ては作曲などの創作過程を実況するコーナー「Twitch Creative」を立ち上げた。Adobe Systemsがチャンネルを持ち、PhotoshopやIllustratorでの創作実況を配信する。(2015/10/30)

Adobe、Shockwave Playerの脆弱性を修正
攻撃発生の可能性は高いとされ、Adobeではできるだけ早く更新するよう促している。(2015/10/28)

林信行が振り返るAdobe MAX:
Adobeはクリエイターの働き方をどのように変えるのか
「Adobe MAX 2015」で披露された最新技術によって、クリエイターのワークスタイルはどのように変化するのか。林信行が解説。(2015/10/21)

Adobeが「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の技術実現度を調査 ソーシャル上での言及数をもとに分析
11項目にわけて実現度を評価。(2015/10/21)

Adobe、Flash更新版を前倒し公開 攻撃発生の脆弱性に対処
米セキュリティ機関は「Adobeが今回のパッチをリリースした後も、また新たな脆弱性がすぐにも利用されるだろう。パッチが1つ増えたところで根本的には何も変わらない」と指摘する。(2015/10/18)

今年の魔法は?:
林信行が振り返るAdobe MAX――11月までに現実になる「Adobe MAGIC」5選
Adobe製品の新機能を披露する恒例の祭典「Adobe MAX」。現地取材を行った林信行が注目する2015年の「アドビ・マジック」を振り返る。(2015/10/16)

機械学習で画像処理はここまで変わる:
顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成――デザイナー/クリエイターが茫然自失で拍手喝采な最先端技術動画11連発
アドビ システムズは、2015年10月6日(現地時間)に開催した「Adobe MAX 2015 Sneak Peeks」で、11の新技術を披露。顔写真3Dモデル化、絶対フォント感、複数画像検索、観光写真無人化、陰影分離、簡単フォント自作、消失点自動作成naなど、今回もデザイナー/クリエイターのみならず、日常的にデジカメやスマホで写真を撮る人でも欲しくなるような機能が多数見られた。(2015/10/16)

Adobe、Flash Playerの未解決の脆弱性を確認 アップデートで対応へ
脆弱性は最新版の「Flash Player 19.0.0.207」にも存在する。修正のためのアップデートは10月19日の週に公開予定。(2015/10/15)

Adobeが密かに進める「PROJECT COMET」が実現するもの
エリアを増やせば自動で複製。(2015/10/14)

Flash Playerに未修正の脆弱性 最新版にも影響
Adobe Flash Playerの更新版が公開されたばかりだが、ゼロデイの脆弱性を悪用する攻撃が報告されている。(2015/10/14)

アドビが公開した最新のセキュリティアップデートを適用していても影響:
Flash Playerにゼロデイ脆弱性の報告
アドビシステムズは米国時間の2015年10月13日(日本時間14日)、「Adobe Reader」「Acrobat」と、「Adobe Flash Player」向けのセキュリティアップデートを公開した。しかし同日、Flashのゼロデイ脆弱性を悪用する攻撃も確認されたという。(2015/10/14)

Adobeがセキュリティ更新公開 AcrobatやReader、Flash Playerに
Flash Playerについては直ちにアップデートを適用するよう勧告している。(2015/10/14)

Adobe、AcrobatとReaderのアップデートを予告
米国時間の10月13日に公開するセキュリティアップデートでは、複数の深刻な脆弱性を修正する予定だ。(2015/10/9)

「社員のアイデアに1000ドルを掛けられないなら、雇わない方がいい」――Adobeが提唱する「Kickbox」とは
ロサンゼルスで開催中のイベント「AdobeMAX」で、Kickboxを考案したAdobeのMark Randall氏に話を聞いた。(2015/10/8)

Adobe MAX 2015基調講演:
Dreamweaver、Photoshop、Muse、Creative Sync、Typekit、Project Comet――アドビが示したUXデザイン/Web制作ワークフローの未来とは
アドビ システムズが2015年10月5日(米国時間)に開催した年次カンファレンス「Adobe MAX」の基調講演の模様をUXデザイナー/Web制作者向けにリポートするのに加え、Adobe MAXで毎回アドビが発信しているメッセージについて考えてみたい。(2015/10/7)

モリサワと協力、追加費用なし:
アドビ、フォントライブラリサービス「Typekit」にモリサワフォントの一部書体を追加
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、フォントライブラリサービス「Adobe Typekit」にモリサワ書体とTypeBank書体の一部を追加したと発表。20書体が追加費用なしで日本でも利用できるようになっている。(2015/10/6)

2016年早めのリリースを予定:
アドビ、InVision、Prott対抗プロトタイピングツールのProject Cometを発表
アドビ システムズは2015年10月5日(米国時間)、UXデザイン向けプロトタイピングツール「Project Comet」を発表。現在開発中で、2016年早めのリリースを予定している。(2015/10/6)

Adobe、iOS向け無料「Photoshop Fix」他、多数の新製品を発表
Adobeが「MAX 2015」を開催し、モバイル向け新アプリ「Photoshop Fix」や3Dモデリングツール「Adobe Fuse」など、多数の新製品や既存製品のアップデート、Typekitへのモリサワフォントの追加などを発表した。(2015/10/6)

アドビ、「Adobe Typekit」に独自開発でない初の日本語フォント導入 「モリサワ書体」など20書体
10月6日より提供。(2015/10/6)

Adobe、Flash Playerの脆弱性を修正
特にWindowsとMacでは脆弱性を悪用される危険が高いとして、できるだけ早く更新するよう呼び掛けている。(2015/9/24)

「生みの親の1人」が語る:
B2CでもB2Bでも「Adobe Campaign」が日本のマーケティングオートメーションで有力な選択肢になる理由
米Adobe Systemsのクロスチャネルキャンペーンマネジメント(CCCM)ツール「Adobe Campaign」が日本で本格展開を開始。製品の特徴と競合優位性などを製品担当のトップに聞いた。(2015/9/21)

デジタルマーケティング基盤をトータルサポート:
ソフトバンク・テクノロジー、Microsoft Azureで「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始
ソフトバンク・テクノロジーとミラクル・リナックスは2015年9月14日、「Asianux Server」を活用した「Adobe Experience Manager on Azure」の提供を開始すると発表した。(2015/9/14)

デジタルサイネージ:
ミラクル・リナックス、「Adobe Experience Manager」向けデジタルサイネージコンテンツ配信機能
ミラクル・リナックスとソフトバンク・テクノロジーが、デジタルサイネージのコンテンツ管理を行う「Adobe Experience Manager連携サービス」の提供を開始した。(2015/9/11)

「iPad Pro」のRAMは4Gバイト──Adobeが公式ブログで言及(その後、削除)
Appleはモバイル端末の搭載RAMの容量を公表しないが、Appleの発表イベントでアプリのデモを披露したAdobeが公式ブログでうっかり「4Gバイト」と書いてしまい、しばらくしてその部分を削除した。(2015/9/11)

Adobe、Shockwave Playerの脆弱性を修正
「Shockwave Player 12.2.0.162」では2件の深刻な脆弱性が修正された。(2015/9/9)

新Apple TV登場でさらに伸びるか:
Apple、米有料動画ストリーミング視聴端末ランキングで圧倒的首位──Adobe Systems調べ
有料動画ストリーミングサービスの米国での利用で最も使われている端末はAppleのiPadで、iPhoneやApple TV、Macも合わせると、Appleの端末が全体の6割以上を占めることがAdobe Systemsの調査で明らかになった。うわさの新Apple TVが登場すれば、さらにシェアが伸びそうだ。(2015/9/7)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。