ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新機能」最新記事一覧

組み込みソフトウェア インタビュー:
大型アップデートを果たした「Qt 5.8」、新機能は「8割の軽量化が可能」
UI開発のフレームワーク「Qt(キュート)」の最新版「Qt 5.8」は、従来比で最大80%ものプログラムサイズ削減が可能になる新機能「Qt Lite」を搭載した。日本市場では、自動車、産業機器、IoTデバイスをターゲットに採用拡大を目指す。(2017/2/17)

特集:TypeScript 2.0概説:
TypeScript 2.0/2.1で追加された新機能あれこれ
TypeScript 2.0で追加されたnever型/読み込み専用プロパティなどの機能に加えて、TypeScript 2.1の新機能についても幾つか見てみよう。(2017/2/17)

アーカイブ派も注目の全録マシン! 「おまかせ保存」を搭載した新“レグザサーバー”
東芝映像ソリューションがBlu-ray Discレコーダー“レグザブルーレイ”および全録機能付きレコーダー“レグザサーバー”の新製品、計4機種を発表した。このうちレグザサーバーには新機能の「おまかせ保存」を採用。その機能とは?(2017/2/16)

会議中に“内職”している人も分かる MSの働き方可視化ツールに新機能
Office 365の一部エディションで利用できる業務可視化ツール「MyAnalytics」が強化。グループメンバーの業務内容が他の人からも分かるようになる。(2017/2/16)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「Creators Update」は仕上げ段階に
プレビュー版の新機能ラッシュはほぼ収束し、「Creators Update」の開発は最終段階に入ったと言える。(2017/2/15)

DRBDの仕組みを学ぶ(14):
SDS機能を実装 冗長化支援ツールの最新バージョン「DRBD 9」は何が便利になったのか
DRBDを軸に、データを遠隔地にも即時複製して万が一の事態に備える「冗長化/高可用性システム」の構築テクニックを紹介する本連載。今回は、DRBDの最新版である「DRBD 9」の新機能を解説します。(2017/2/14)

スマートハウス:
電力の最適な使い方を“学ぶ”HEMS、京セラが開発
京セラはHEMSの新製品「NAVIfitz(ナビフィッツ)」の販売を開始した。夏ごろにアップデートで提供される新機能として、AI(人工知能)を活用し、発電量の予測値や実績値などを分析して最適にエネルギー機器を制御する機能も提供する。(2017/2/10)

SOLIDWORKS World 2017:
「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ
「SOLIDWORKS World 2017」の最終日、3D CADツール「SOLIDWORKS」の次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能が発表された。「4つのエコシステム」に対応する新機能に加えて、次世代トップモデラー(トップモデルではない)を目指す4人がプレゼンするリアリティーショーのパロディー寸劇でも新機能が紹介された。(2017/2/10)

特集:HTML 5.1概説:
HTML 5.1で追加されたHTMLフォームの検証メソッドとPromise関連の新機能
HTML 5.1で追加された新機能のうち、フォームの検証に使用できるreportValidityメソッドと、Promiseオブジェクトに関連した新機能を紹介する。(2017/2/10)

Pinterest、リアル世界で画像検索+αできる「Lens」(β)他、2つの新機能を発表
画像共有SNSのPinterestが、スマートフォンで撮影した写真上のアイテムの関連情報や(食品の場合は)レシピなどを表示する「Lens」機能を発表した。(2017/2/9)

「Windows 10」の「Creators Update」に“ながら操作”可能な「Compact Overlay」などの新機能
Microsoftが「Windows 10」のβ版「Build 15031」をリリースし、今春リリース予定の次期アップデート「Creators Update」で追加する予定の「Compact Overlay」や「Dynamic Lock」などの新機能を紹介した。(2017/2/9)

SOLIDWORKS World 2017 CEOインタビュー:
限界の先を目指し進化を続ける「SOLIDWORKS」、CEOが語る4つの戦略とビジョン
SOLIDWORKSユーザーの祭典「SOLIDWORKS World 2017」では、次期バージョンの「SOLIDWORKS 2018」をはじめ、多くの新製品や新機能、新たな取り組みなどが発表された。こうしたアップデートがなされた背景には、3D設計業務の未来を見据えた戦略やビジョンがある。SOLIDWORKSブランドの最高経営責任者(CEO)であるジャン・パオロ・バッシ氏に話を聞いた。(2017/2/9)

Android版Googleマップに新機能 1タップでリアルタイムに通勤情報が見られる
即座に最短ルートを見られるように。(2017/2/8)

直感的な動作で潜在顧客を開拓:
メディア型ECモール「kabukiペディア」が360度画像や8秒動画などの新機能を実装
KABUKIは、次世代型ECモール「kabukiペディア」に、指タッチで画像を360度回転させる「Luqur(ルクル)」や8秒間の動画で商品の世界観を語る「Story TV(ストーリーティービー)」など新機能の提供を開始した。(2017/2/7)

日立ソリューションズ東日本 SynViz S2:
計画変更を検知し必要な情報を即座に取得できるプロジェクト管理ツール
日立ソリューションズ東日本は、プロジェクト管理統合プラットフォーム「SynViz S2」に新機能を追加した、最新バージョン「SynViz S2 2.4」の提供開始を発表した。(2017/2/7)

反復アプリケーションの消費電力を抑制:
小型化するFPGAがモバイルシステムにもたらす利点
これまでになくインテリジェントとなっている現在のモバイルシステム。新機能が増えることで、システムの電力が大幅に消費される可能性がある。この問題に対処するため、CPUやGPUの代わりにFPGAで細分化された処理を実行することで、システムの機能を最適化する開発者が増加している。(2017/2/7)

SOLIDWORKS World 2017:
SOLIDWORKSユーザーの祭典LAで開幕――3D設計業務の未来を見据えたさらなる進化に期待
世界中から5000人以上の参加者が集まる3D設計ソリューション「SOLIDWORKS」の年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS World 2017」が米国カリフォルニア州ロサンゼルスで開幕した。SOLIDWORKSのキーマンによる講演やキーノートスピーチの他、先進的なユーザー事例の数々を見聞きすることができる。また、次期バージョンで搭載予定の新機能について披露されるスニークプレビューも注目。今回はどのような新機能や新たなソリューションを提案してくれるのか注目していきたい。(2017/2/6)

Qt 5.8:
メモリフットプリント最大60%削減、組み込みに適したQt 5.8
「Qt」の最新版「5.8」が提供開始された。最新版ではマルチプロセス対応の新機能やステートマシン開発ツールへの統合などが行われた他、カスタマイズ性を高めることで「最大で60%のメモリフットプリントを削減」可能だ。(2017/2/6)

PS4の「サスケ」アップデートで8TBまでの外付HDDをサポート、PSVRでのブルーレイ3Dサポートなど
ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が「PlayStation 4」(PS4)の次期アップデート「バージョン4.50(コードネーム:Sasuke)」で追加する予定の新機能の一部を発表した。8TBまでの外付けHDDにアプリやゲームをインストールできるようになり、PSVRでブルーレイ3Dコンテンツを楽しめるようになる。(2017/2/4)

「新たなタブ管理機能」「VR対応」などを実装:
Windows 10 Creators Updateで改良される「Edgeの新機能」まとめ
2017年春リリース予定の「Windows 10 Creators Update」に搭載される「Microsoft Edge」には、多くの新機能が備わり、機能改善も行われる。(2017/2/2)

太陽光:
太陽光発電シミュレーションソフトを半額に、新機能も
ラプラス・システムが太陽光発電システムシミュレーションソフトウェア「Solar Pro」を約50%値下げ。また新機能として需要が拡大しているソーラーシェアリングへの対応や、より簡単に設計・シミュレーションを行える機能を追加した。(2017/2/2)

不正通信を自動遮断、オリゾンシステムズがシスコ連動の新機能
フローベースでネットワーク監視する「Flowmon」を強化し、不正通信を検知するとシスコ製スイッチと連係して遮断する。(2017/2/1)

「スーパーマリオラン」に新機能「かんたんモード」 タイムとシャボンが無限に
難しいコースを時間をかけて攻略できます。(2017/1/31)

通行人の様子を記録し関心を数値化・分析:
屋外広告の効果測定システム「ESASY」にデータ分析パッケージが登場
クレストは、通行人の視線を測定し、店頭ディスプレイへの関心度を測定するシステム「ESASY(エサシー)」に新機能を追加。また、目的別のパッケージプランの提供を開始した。(2017/1/24)

Linux向けSQL Serverの早期検証も可能:
マイクロソフトの次期SQL Server早期検証プログラム「SQL EAP」とは何か
マイクロソフトが、次期SQL Server早期検証プログラム「SQL Server v.Next Early Adoption Program(SQL EAP)」を開始。顧客やパートナーがLinux版も含む「SQL Server」の次期バージョンを早期に利用できるようにし、新機能検証やソリューション開発をしやすくする。(2017/1/24)

東芝レグザに「niconico」の人気動画をすぐに楽しめる「みるコレ」新機能
東芝映像ソリューションがテレビ向けのクラウドサービス「TimeOn」の「みるコレ」をアップデート。レグザ「Z700X」「M500X」の両シリーズ向けに提供している「ニコニコ動画」へのアクセスを容易にした。(2017/1/23)

ソフトバンクの「Xperia X Performance」「Xperia XZ」がAndroid 7.0に
ソフトバンクから発売されたXperia2機種が、Android 7.0にバージョンアップする。OSの新機能が使えるようになるほか、メーカー独自の改善や不具合修正も行われる。(2017/1/20)

特集:HTML 5.1概説:
HTML5とHTML 5.1、それらの新機能
2016年11月に2年ぶりのバージョンアップを果たしたHTMLの言語仕様。その目指すところと、HTML 5.1の新機能を幾つか見てみよう。(2017/1/20)

商業施設や観光地での集客、回遊を促進:
ARを活用したスタンプラリーを簡単に実現、スターティアラボ「COCOAR」に新機能
スターティアラボは、企業向けAR制作ソフト「COCOAR」に、AR(拡張現実)を活用したスタンプラリーが可能になる新機能を1月23日から提供すると発表した。(2017/1/19)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第2回】
Windows Server 2016で登場した難解「コアライセンス」を把握する
新サーバOS「Windows Server 2016」への移行を検討しているIT担当者にとって、新機能やその使い方以上に重要かつ苦労するのが「ライセンス」の扱いだ。微妙に変わってかえって間違いやすいこの問題をチェックする。(2017/1/19)

「Google+」に写真のズームや低品質コメント非表示機能
Googleが、ソーシャルサービス「Google+」について久しぶりに言及した。「以前のGoogle+に戻す」オプションを1月24日に終了し、写真ズーム機能など幾つかの新機能を追加する。(2017/1/18)

「Windows 10」の次期大型更新で「Game Mode」などゲーム関連新機能
Microsoftのゲーム担当責任者が、今春実施予定の次期大型アップデート「Creators Update」で追加する実況機能「Beam」やPCでのゲーム性能を強化する「Game Mode」などの新機能について説明した。(2017/1/16)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Windows Server 2016のココが凄い
特集は、Windows Server 2016の各種新機能紹介。第2特集はNASのパフォーマンス問題解決法。事例は、ダンキンドーナツの徹底したデータアナリティクス戦略。他に、各社のブロックチェーンへの取り組み状況、英国のスマートウォッチ禁止命令について紹介する。(2017/1/16)

ドコモの「Xperia X Performance」「Xperia XZ」がAndroid 7.0に
NTTドコモから発売されたXperia2機種が、Android 7.0にバージョンアップする。OSの新機能が使えるようになるほか、メーカー独自の改善や不具合修正も行われる。(2017/1/12)

「駅すぱあと」の「酔っ払いモード」に新機能 終電を諦めた人のための「始発カウントダウン」
「酔っ払いモード」強化……だと?(2017/1/11)

CES 2017:
新機能「Beautifyモード」を搭載――DJIのスマホ用ハンディスタビライザー「Osmo Mobile Silver」
DJIは、1月4日に映画のような映像を簡単に撮影できるスマートフォン用のハンディスタビライザー新製品「Osmo Mobile Silver」と、既存のOsmoシリーズに取り付けられる「ZENMUSR M1ジンバル」を発表した。(2017/1/5)

iPhoneに続いてPCの音声端子もなくなる? 知っておきたい2017年の注目技術
PCの外部拡張端子はUSB Type-Cに集約する方向が定まったが、今後は新機能も盛り込みつつ、それが加速しそうだ。2017年のPC製品に影響を与えそうな注目技術をまとめた。(2017/1/2)

Uber、行き先として場所ではなく人を指定できる新機能
Uberの行き先として、連絡先に登録している相手の現在地を指定できるようになる。連絡先をUberアプリと連係させ、相手もUberアプリユーザーで、相手が現在地通知を承諾すれば可能だ。(2016/12/22)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第1回】
Windows Server 2016の導入前に検討したい「エディション」を把握する
新世代サーバOS「Windows Server 2016」が登場した。移行を検討しているIT担当者にとって新機能やその“使い方”の学習はひと苦労だろう。この連載がその苦労を軽くするはず。(2016/12/22)

Instagram、「ストーリーズ」にスタンプなどの新機能 クリスマス限定版も
Instagramの「ストーリーズ」の画像や動画に期間限定スタンプを追加できるようになった。また、これまで1カ所にしか追加できなかったテキストが複挿入できるようになった。(2016/12/21)

FacebookメッセンジャーのカメラにSnapchatのような3Dマスクなどの新機能
Facebook Messengerのカメラに新機能が追加された。セルフィー画像にSnapchatのように3Dマスクを追加したり、スティッカーやフレームを追加できる。(2016/12/16)

Instagram、MAUが6億人突破 2年間で倍増、半年で1億人増は過去最速
Facebook傘下のInstagramの月間アクティブユーザー数が半年で1億人増え、6億人を突破した。新機能の大量投入で、成長速度が加速した。(2016/12/16)

「AQUOS ZETA SH-04H」がAndroid 7.0にバージョンアップ 「エモパー5.0」に対応
NTTドコモの「AQUOS ZETA SH-04H」が、Android 7.0にバージョンアップする。マルチウィンドウ機能の追加など、OSバージョンアップによる新機能に加えて、「エモパー5.0」への対応を始めとするメーカー独自の変更もある。(2016/12/15)

Instagram、人の投稿を“後で見る”にできる新機能
Instagramに、Pinterestのように気に入った投稿に“しおり”を付けて後で見る機能が追加された。AndroidおよびiOSの最新版で利用できる。(2016/12/15)

ナビタイム&KDDI、カーナビアプリで「地図自動更新機能」提供開始
KDDIとナビタイムジャパンは、12月13日に「au助手席ナビ」「auカーナビ」「カーナビタイム」などのカーナビアプリで新しい道路を地図に自動反映する「地図自動更新機能」を提供開始。最短で道路開通の翌日からルートの検索やナビゲーションが可能となる。(2016/12/14)

Webブラウザ方式には弱点も
AWSのDaaSが対応、Webブラウザで自分のアプリやデスクトップにアクセス可能に
仮想デスクトップサービス「Amazon WorkSpaces」の新機能「Web Access」を利用すれば、ユーザーは任意のPCからWebブラウザを通じてクラウド上のデスクトップとアプリケーションにアクセスできる。(2016/12/9)

自然言語処理技術でWebページを解析:
ブレインパッド、「興味キーワード」ごとに自動的にWeb閲覧者のセグメントを作成する新機能を開発
ブレインパッドは、レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」のサポートツール「DeltaCube」に、「興味キーワード」でセグメントを作成できる新機能を追加した。(2016/12/7)

Instagramにコメント無効化やフォロワー削除など、快適に使うための新機能追加
Facebook傘下のInstagramが、投稿によってコメントできなくしたり、非公開アカウントであればフォロワーを密かに削除したりできるようにした。(2016/12/7)

CAEニュース:
周波数応答解析を分かりやすくするCAE「MSC Apex Fossa」
エムエスシーソフトウェアがリリースした新製品「MSC Apex Fossa」の新機能で、特に注目したいのが「周波数応答におけるパラメータスタディ」だ。従来のツールでは直感的に分かりづらかった周波数応答の結果データを、1画面にまとめて、3Dデータやグラフを交えて分かりやすく表現することが可能だ。パラメータの修正はリアルタイムで結果に反映できる。(2016/12/1)

Enterprise IT Kaleidoscope:
次期Windows 10のCreators Update 3D機能は企業にメリットあり?
Windows 10の次期アップデート「Creators Update」の新機能は一見企業ユースとは無縁だが、意外な可能性を秘めるかもしれない。2017年の展望も占ってみたい。(2016/11/30)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。