カーナビでYouTubeやアプリが使えるクラウドSIM搭載のAI BOX「APPCAST III」発売 約5万円

» 2024年04月22日 18時00分 公開

 慶洋エンジニアリングは、4月22日にMAYA SYSTEMと共同開発したAI BOX「APPCAST III(AN-S129)」を発売した。価格は4万9800円(税込み、以下同)で、データ容量10GBが付属する。

APPCAST III AI BOX「APPCAST III(AN-S129)」

 本製品は最適な通信会社を自動で選んで接続するクラウドSIMを採用し、SIM契約や月額料金不要で利用できる。付属のUSBケーブルで車に接続すれば利用でき、データ容量は専用サイトからプランを選んで追加購入可能だ。1日/1GBが200円、7日/5GBが715円、30日/10GBが1210円など全16プランを用意し、180日や365日プランも提供する。

1日

  • 1GB→220円

7日

  • 5GB→715円
  • 10GB→935円

30日

  • 10GB→1210円
  • 30GB→2750円
  • 60GB→4290円

60日

  • 40GB→3520円
  • 60GB→4620円
  • 80GB→5500円

90日

  • 50GB→4620円
  • 100GB→6600円

180日

  • 100GB→7400円
  • 180GB→1万3800円

365円

  • 100GB→8200円
  • 365GB→2万4800円
  • 500GB→3万1800円
APPCAST III プラン価格

 Android 12を搭載し、カーナビでYouTubeやGoogleマップなどのアプリを利用可能。ヘッドレストにモニターを設置してHDMIケーブルで接続すれば後部座席でも映像を楽める他、付属のエアマウスを使えば後部座席のモニターを直接操作ができる。バッテリーレスのため発火や発熱などの心配もない。

APPCAST III 利用イメージ

 有線接続のApple CarPlayやタッチパネルに対応するディスプレイオーディオ、車に給電ではなく通信用のUSB差込口(USB Type-AまたはUSB Type-C)が搭載されいる車種で利用できる。ワイヤレスApple CarPlay接続のみの車両には対応しない。純正の後席用フリップダウンモニターは、後席で動画を走行中に出力できないため、HDMIケーブルが差し込める後付けのモニターを推奨している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月29日 更新
  1. イオンモバイルのお得度を検証 “大容量を家族でシェア”がお得、ただし損する場合も (2024年05月26日)
  2. 日本通信が「ネオキャリア」で実現するサービスとは? 福田社長が語る“音声接続”で広がる可能性 (2024年05月27日)
  3. 「iPhone 13 mini」販売終了で小型スマホ派はどうすべき? 4つの選択肢を考えた (2023年09月29日)
  4. 「Leitz Phone 3」を今、選ぶべき理由 ライカの“濃厚な世界観”に浸れるのはこの機種の特権だ (2024年05月28日)
  5. Honda「CIVIC TYPE R」のスマホケースに「FL5」カラーを追加 「FREED」「NSX Type S」ケースも (2024年05月27日)
  6. ダイソーが“激安スマホアクセサリー”を女性向けに展開したワケ 1100円のオーディオ製品はどうやって生まれた? (2024年05月28日)
  7. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  8. “コンパクトスマホ”は絶滅するのか? 変わりゆく「小型の定義」と「市場ニーズ」 (2024年05月26日)
  9. iPhoneの背面に装着できるMagSafe対応ポータブルSSD発売 1TBと2TBを用意 (2024年05月27日)
  10. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年