ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「脱退」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「脱退」に関する情報が集まったページです。

「スパイス・ガールズ」6年ぶりに再結成 不参加のヴィクトリアはメンバーにエール
「Yo!! くぁwせdrftgyふじこlp」。Wannabe懐かしすぎる。(2018/11/6)

続出する「退職トラブル」:
詐術、脅迫、暴力、洗脳 「辞めたくても辞めさせないブラック企業」急増の真相
「会社を辞めたいのに辞めさせてくれない」という人の相談が増えている。厚生労働省の調査では、会社に辞めたいと伝えても辞めさせてくれない「自己都合退職」の相談が2番目に多く、3万8945件(相談件数の12.8%)もあった。「退職トラブル」の実態とブラック企業への対策を探る。(2018/11/6)

「でんぱ組.inc」夢眠ねむが卒業、芸能界引退を発表 手書きのコメントも「アイドル最後の日まで全力で頑張ります」
まじか……。(2018/10/13)

1年半ぶりの“イカスミボーイズ”だ! 尾上松也、城田優&山崎育三郎から唇を真っ黒に染める洗礼を受けてしまう
舞台やミュージカルで共演の多い3人。(2018/10/2)

元DA PUMPのYUKINARI、5カ月間で18キロ減量! ビフォーアフターに「人ってこんなに変わる」と驚きの声
キレッキレじゃないですか!(2018/9/4)

「楽しませてあげれなかった」 「でんぱ組.inc」脱退から1年たった最上もが、約3カ月ぶりのブログで“ファン離れ”を実感
近況も明かしています。(2018/9/1)

ついにクライマックス「PRODUCE48」! アイドルたちの汗と涙と友情の“名場面”を振り返る
彼女たちの“夏”が終わる。(2018/8/30)

「ファンと言えばなんでも有りなのだろうか」 最上もが、ファンの待ち伏せ&サイン攻めに傷心 転売目的の可能性も?
サインや写真撮影はイベント特典で行っているもがさん。(2018/8/20)

熱きシニアたちの「転機」:
「Amazonとは違う世界を」 古書店に眠る本を“検索”で蘇らせた元リコー社員
定年後を見据えて「攻めの50代」をどう生きるのか。新天地を求めてキャリアチェンジした「熱きシニアたち」の転機(ターニングポイント)に迫る。3回目は古書の検索サイト運営会社を起業した元リコー社員の河野真さん(62)。(2018/8/20)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシング連盟・山根明氏の辞任に脅える、「東京五輪不出場」のシナリオ
日本中を騒がせていた日本ボクシング連盟の山根明氏が辞任を表明した。会長職を辞めることになったので一応の区切りをつけた形だが、これで一件落着とはいかない。どういうことかというと……。(2018/8/9)

最上もが、個人事務所「スプレマシー」へ円満移籍 「でんぱ組.inc」脱退から1年
もう1年か。(2018/8/5)

オウム死刑執行 遺骨争いに聖人扱い 公安、6人も神格化懸念
オウム真理教の元幹部、岡崎(現姓・宮前)一明死刑囚ら6人の死刑が執行され、公安当局は6人の遺体の神格化を懸念し、警戒を強めている。(2018/7/26)

アルコ&ピース、アベンジャーズ・ファルコンへのイジり企画に批判の声殺到 愛ゆえの企画との説明も
ネット上では物議を醸しています。(2018/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
日大アメフトの首謀者は「時間切れ」を狙っているのか
日大アメフト部の炎上が続いている。いまだ誰もが納得するような落としどころが見えてこないが、日大はどのように考えているのか。大学関係者によると「日大は玉虫色のままの時間切れを狙っているのでは?」という声がある。(2018/6/2)

eスポーツチーム「PENTAGRAM」、在留カード問題でコメント発表 「カード預かりは入国管理局の指導」「選手に圧力かけた事実はない」
海外でも報道されるなど大きな問題になっていましたが……。(2018/5/30)

高度なAIの前で人間は「責任」を取れるのか? 「自動運転車による死亡事故」が投げかけるもの
法律でも、倫理でもないもの。(2018/5/27)

IDフェデレーションのあらゆる要素を管理
「IDフェデレーション管理」とは何か、なぜ必要なのか
ID連携を実現する「IDフェデレーション」は比較的新しい技術であり、課題もある。導入に苦労しないために理解しておきたい手段が「IDフェデレーション管理」だ。(2018/5/23)

芸能考察:
関ジャニ∞TOKIO、2つの“異例”会見から見えるもの 「偶像」から「実像」へ変化するアイドル 
この1カ月ほどの間、2つの芸能ニュースが世間をにぎわせた。1つは関ジャニ∞の渋谷すばるさんのグループ脱退とジャニーズ事務所の退所発表。もう1つは、TOKIOのメンバーだった山口達也さんが強制わいせつ容疑で書類送検され、起訴猶予処分となり、事務所が契約解除した件だ。(2018/5/21)

「やっぱこのメンツよね」 Dream Amiの誕生日にかつてのメンバーが集結、ファンもほっこり
変わらず仲良し。(2018/5/11)

福島県、4人となったTOKIOを今後もPRに起用 「共に悩みながら苦しみながら一緒に活動してきた」
定例記者会見で福島県知事が意向を発表しました。(2018/5/7)

赤い公園、新ボーカルに元アイドルネッサンス石野理子が加入! 「心を揺るがすような素敵な音楽を」
「VIVA LA ROCK 2018」でお披露目。(2018/5/4)

山口達也さん、ジャニーズ公式サイトから写真削除
「Johnny's net」の「TOKIO」のプロフィールページから、不祥事を起こした山口達也さんの写真が削除された。(2018/5/2)

特集・音声言語インタフェース最前線:
“ほんやくコンニャク”の実現はいつ? 音声認識・翻訳技術は「言語」の壁を取り払うか
未来のひみつ道具を実現する最新テクノロジー。(2018/4/20)

常見陽平のサラリーマン研究所:
ジャニーズと日ハムに学ぶ、人材輩出企業の正しい在り方
優秀な人材を世に輩出する、いわゆる「人材輩出企業」ってどこ? このように聞かれると、リクルート、マッキンゼー、P&Gなどを挙げる人が多いのでは。筆者の常見陽平氏はジャニーズ事務所と北海道日本ハムファイターズを挙げる。なぜかというと……。(2018/4/20)

メンバーカラー「赤」の脱退率が話題 関ジャニ∞渋谷すばる脱退で拡散も「縁起でもない」と賛否両論
ファン心理としては……。(2018/4/15)

関ジャニ∞、渋谷すばるがジャニーズ退所 「海外で音楽を学び、更に自分の音楽を追究していきたい」
夏のコンサートツアー「関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST」から6人体制に。(2018/4/15)

「一つの旅を終えた」 KalafinaのKeikoが所属事務所退社、ネットではKalafinaの今後に心配の声
デビュー10周年を迎えたばかりでした。(2018/4/13)

海外医療技術トレンド(33):
欧州NIS指令が医療規制対応にもたらすインパクト
欧州連合(EU)では、2018年5月から適用開始予定の一般データ保護規則(GDPR)に注目が集まっているが、その一方で、サイバーセキュリティのNIS指令がもたらすインパクトも大きい。特に、医療規制対応では、GDPRに加えてこのNIS指令に注目すべきだろう。(2018/3/16)

毎秒100本以上のペース:
Google、1年間で悪質な広告32億本を削除 2016年から倍増
マルウェア感染サイトに誘導する広告や、ユーザーをだましてクリックを誘う広告などが、毎秒100本以上のペースで削除されている。(2018/3/15)

「有り難みの極み!」 でんぱ組.inc、7人体制になって初のMVにファンから大歓声
やったー!(2018/3/11)

最上もが、歌って踊るソロMVでコスプレ七変化! グループ脱退後初の歌声にファン感動
歌詞ももがさんに合わせた内容に。(2018/3/1)

た、大変だぁ〜〜! アニメ「DYNAMIC CHORD」のサントラ発売、伝説の「追いピアノ」も収録される
「DYNAMIC PIANO」。(2018/2/16)

KAT-TUN再始動! 「ジャニーズカウントダウン 2017-2018」で発表
電撃発表となりました。(2018/1/1)

「また6人でステージに立ちたかった」 最上もが、でんぱ組への“心残り”を明かす
グループは7人体制での活動を発表。(2017/12/31)

スピン経済の歩き方:
ネスカフェで「ダバダ」と「違いがわかる男」が消えた理由
「ネスカフェ ゴールドブレンド」のダバダ〜ダバダ〜というCMソングを覚えている人も多いのでは。商品が誕生して今年で50周年を迎えるのに、なぜこの懐かしいCMを流さないのか。ネスレ日本に問い合わせてみたところ……。(2017/12/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「横綱、白鵬」を野放しにしてきた責任は誰にあるのか
元横綱・日馬富士の傷害事件に関連して、横綱・白鵬に対するバッシングが止まらない。「大横綱」として持ち上げられていたときにも、白鵬の言動や品格について横審から異論が出たことはあったはず。それなのになぜ野放しにしてきたのか。(2017/12/22)

「m-flo」に初代ボーカルLISA復帰! 15年ぶりにオリジナルメンバーで新曲リリースへ
みんなの青春が帰ってくる。(2017/12/15)

こぶしファクトリー・田口夏実が契約解除 「自覚と責任を欠く行動」理由に
グループは5人での活動を続けていくとのこと。(2017/12/7)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「なんだあの動きは?」「板岡錦だ!」 プリキュアがカッコよく動く、アニメーター板岡錦の世界
板岡錦さん、初の作画監督、おめでとうございます。(2017/12/7)

広瀬すず、菅田将暉、星野源…… 2017年にTwitterで話題になった役者たち
新垣結衣さんやブルゾンちえみさんらも。(2017/12/5)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
貴乃花の1人クーデターによって、“パンドラの箱”は開くのか
大相撲の横綱日馬富士が引退届を提出した。貴ノ岩に対する暴行問題の責任を取る形で引退を表明したわけだが、貴ノ岩の師匠である貴乃花の行動は吉と出るのかそれとも……。(2017/11/30)

「スケジュールとはいえ反省」 指原莉乃がSTU48からスピード脱退、劇場支配人の立場も終了へ
ファンからは労いの言葉が多く届いています。(2017/11/26)

チャットモンチーが“完結”を発表 「正直、不安と期待が同じくらい」
元旦に再度発表があるとのこと。(2017/11/24)

コトリンゴ、12月のライブで「キリンジ」から脱退 「ずっと悩んできました」
2013年からメンバーとして活動していました。(2017/11/20)

「会いたかったもん」森且行、稲垣・草なぎ・香取と21年ぶり共演、暴露話に花を咲かせる
「森くん」の単語はTwitterのトレンドワード世界1位に。(2017/11/4)

SNSを使ってニートを脱却 「モテクリエイター」を名乗るゆうこすとは何者?
「SNSの恋人」を公言する彼女に、SNSとの上手な付き合い方について聞いてみた。(2017/11/4)

企業のマーケッターも注目:
「モテクリエイター」ゆうこすが語る、好きなことをやり続ける勇気
さまざまなSNSで女性からカリスマ的な支持を得ている、“ゆうこす”こと菅本裕子さん。元アイドル、元ニートという鮮烈な人生を歩み、今では好きなことだけが仕事になっているという彼女の転機とは――。(2017/11/2)

最上もが、安藤なつと “手繋ぎショット”で久々の笑顔! 「元気そうでよかった」「もがちゃんの笑顔が大好き」
やっぱり笑顔がいちばんだな!(2017/10/14)

「忘れられてるのではと不安」「みんなに会いたい」最上もが、約2カ月ぶりにSNS更新し心境明かす
グループ脱退後から投稿が途絶えていました。(2017/10/3)

「人生を後悔したくない」 私立恵比寿中学・廣田あいか、転校を発表
転校後も芸能活動は続けるとしています。(2017/9/1)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。