ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アーティスト」最新記事一覧

「ガールズ&パンツァー」コンサート出演予定歌手が緊急入院 出演を取りやめ
台湾で開催される「Anisong World Matsuri Presents「Lantis Party 2017 〜UTAHIME LIVE〜」への出演もとりやめに。(2017/6/22)

BGMはバンプの新曲? 日清カップヌードル新CMで窪之内英策と林原めぐみがさわやかな青春模様描く
参加アーティストの調和がすごい。(2017/6/9)

ITライフch:
Spotifyが新機能「Release Radar」の提供開始 お気に入りアーティストの最新曲が毎週届く
音楽ストリーミングサービス「Spotify」に新機能「Release Radar(リリース・レーダー)」が追加された。お気に入りのアーティストの最新曲などをまとめたプレイリストが、毎週金曜日に届けられる。(2017/6/2)

Googleさん:
GoogleのDaydreamビリーバーはHoloLensロックスターに対抗できるか?
Microsoftの“HoloLensの父“、アレックス・キップマンさんほどにはキャラ立ちしていませんが、クレイ・ベイバーさんは、その永遠のライバルとして注目しておくべき、GoogleのVR/ARの明日を担う若きリーダーです。その人物像を紹介しましょう。(2017/5/29)

マンチェスター出身の音楽家、爆破事件にSNSで思い寄せる ギャラガー兄弟、ニューオーダー モリッシーは国への批判も
中には娘がコンサート会場にいたことを明らかにしたアーティストも。(2017/5/24)

自爆犯の可能性も:
A・グランデの英コンサート会場で爆発音、19人死亡
米歌手アリアナ・グランデさんがコンサートを行っていた英マンチェスターの会場で大きな爆発音が聞こえた。警察によると、少なくとも19人が死亡。(2017/5/23)

清水富美加、所属事務所が専属芸術家契約終了を報告
幸福の科学側も清水さん名義で報告。(2017/5/20)

Google、「Allo」に顔写真からオリジナルスタンプを作るニューラルネットワーク機能
Googleのメッセージングアプリ「Allo」に、自撮り顔写真から似顔スタンプを自動作成する機能が加わった。Googleの研究ラボが、ニューラルネットワーク技術とアーティストのイラストを組み合わせて構築した。(2017/5/12)

サンドアート世界大会で日本人アーティストが優勝! 砂像「宮本武蔵」に「度肝抜かれた」の声続々
ヒーローというテーマで選んだのは、侍。(2017/5/8)

「すごく満足いくものを作れた」 悠木碧、ソロアーティスト活動休止を発表
これからも正々堂々オタク街道を歩んでいってほしい。(2017/4/28)

ITライフch:
無料で本格的な楽器演奏を学べる「ON-KATSU@home」
EYS-STYLEは、iPhone向けに音楽練習アプリをリリースした。ピアノやサックスなど、39種類の楽器練習に対応。また、プロミュージシャンによる奏法の動画解説、譜面の閲覧とダウンロードが可能となっている。(2017/4/25)

10年ぶり:
再び関西ミュージシャンの「聖地」に? 「バナナホール」復活
大阪・キタの老舗ライブハウス「バナナホール」が10年ぶりに復活した。旧ホール時代、まだ無名だったシャ乱Qやコブクロも出演するなど、関西の新人バンドの登竜門として知られた。再び関西ミュージシャンの「聖地」となるか。(2017/4/21)

米国と北朝鮮を巡るニュースを受け、海外ミュージシャンが無許可で出国 日本でのライブは「キャンセルせざるを得ない状況」
こんなことあるんですか……。(2017/4/14)

Spotify、ユニバーサルの新アルバムは2週間有料会員限定に
Spotifyが米大手レーベルUniversal Music Group(UMG)との新たな契約を締結した。これにより、所属アーティストは新アルバムを2週間有料会員限定公開にする選択肢を獲得した。(2017/4/5)

目の粘膜までアイメークするのは危険? 医師、化粧品メーカー、メークアップアーティストを取材
ネット上ではマイボーム腺という器官を塞いでしまうと言われています。(2017/4/8)

「マクロスΔ」カナメ役の安野希世乃がソロ歌手デビュー? マネージャー「そんなこと聞いてないです」
どっちなんだ!(2017/4/1)

スター歌手ショーン・メンデスの「モノマネ」が新宿で路上ライブ……ってあれ!? 本人だこれ!
世界的なスターがこっそり路上ライブ。(2017/3/21)

「Apple Musicでの2週間先行ストリーミングは50万ドルだった」とチャンス・ザ・ラッパーがツイート
インデペンデントなアーティストはストリーミング競争を利用して稼ぐことで自分を守るべきだと、「Coloring Book」をApple Musicで2週間先行ストリーミングしたチャンス・ザ・ラッパーが語った。この契約でAppleから50万ドル支払われたことも開示した。(2017/3/19)

TERU「ムッシュ(T . T)」 ムッシュかまやつさんの訃報に際し、ミュージシャンを中心に追悼ツイート続々
3月1日18時5分に亡くなりました。78歳でした。(2017/3/2)

さすがロックアーティスト アンドリューW.K.「パーティー系アプリ出した」 → どんな写真でも鼻血まみれに
俺たちの知ってるパーティーは、もっと安全だぜ!(2017/2/24)

もう「カー」だけではないApple Music向けCarpool Karaoke、最初の4回分ゲスト判明
Apple Musicではもうすぐ毎週豪華アーティストによる「カラオケ」が楽しめる。その中身をいち早く紹介しよう。(2017/2/20)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニー初のロボットプログラミング教材「KOOV」で学んでみた
ソニー・グローバルエデュケーションからロボットプログラミングの学習ツール「KOOV」(クーブ)が発売された。今回は開発者インタビューと、タッチ&トライの両方でKOOVの魅力に迫る。はたしておっさんはブロックアーティストになれるのか?(2017/2/19)

ブルゾンちえみ「マジかよ!!!!」 「キャリアウーマン」の曲を歌う歌手からの感謝ツイートに大興奮
海を越えて感謝のツイート!(2017/2/16)

お腹を結んで「ギュッ」とスリムに! ボディペイントアーティストのメイキング動画がすごい
ものすごいくびれてます……!(2017/2/12)

「音楽家としても一人の人間としても転機を迎えた」宇多田ヒカル、ソニー・ミュージックへの移籍を報告
「これからも新しいことに挑戦し続けていきたいと思います」(2017/2/9)

宇多田ヒカルさん「無料で使ってほしい」 「JASRACが音楽教室から著作権料」に意見続々
JASRACが音楽教室から著作権料を徴収する方向で検討していることについて、宇多田ヒカルさんなどアーティスト側からも反対意見が出ている。JASRAC理事は「宇多田さんのような考え方は少数」とコメント。(2017/2/6)

ビヨンセ、Instagramで双子妊娠を発表
アーティストのビヨンセ(35)が双子を妊娠したことを、バラの花を背景にベールをかぶった姿のInstagramで発表した。(2017/2/2)

コスプレ推しで突き進め! 剛力彩芽、今度は原宿系ファッションや巫女服、魔女っ娘コスプレを披露
モデルでミュージシャン・タレントとしても活躍中のIVANさんも出演。(2017/2/1)

「あの夏で待ってる」「凪のあすから」などのアニソン歌手・Rayが活動休止を発表 「もう一つの大きな夢」への挑戦のため
2016年は「ろんぐらいだぁす!」の主題歌なども担当。(2017/1/25)

20周年:
ピンクのクマ「ポストペット」がVRに進出
ピンクのクマがメールを運んでくれる楽しさで人気となった電子メールソフト「ポストペット」がVRに“進出”する。生みの親でアーティストの八谷和彦氏が所属するペットワークスが開発に乗り出した。(2017/1/25)

国立西洋美術館で「アルチンボルド展」開催 代表作品「春」「夏」「秋」「冬」4点が国内初展示
シュルレアリスム以後のアーティストたちに大きな影響を与えた画家アルチンボルド。(2017/1/22)

野外にスピーカーでできた鳥居あらわる Bluetoothで好きな音も出せて気持ちよさそう
徳島県神山町におけるアートプロジェクト「神山アーティスト・イン・レジデンス事業」の一環。(2017/1/12)

ソニー、参加した音楽ライブの映像を会場で購入できるサービス発表 好きなシーンを画像として保存する機能も
アーティストの楽屋での様子なども配信される予定。(2017/1/12)

「観光名所ニット」を自作して観光名所で自撮りする アメリカのおもしろアーティストが登場
1999年から編み物の修行を開始したそう。(2017/1/11)

“アーティスト全員ほんとはクソオタク!” クラブイベント「オタクパリピカケイカク」が開催
メインは4人組アイドルユニット「謎ノプルプルガキテル」のデビューイベント。(2017/1/8)

ソニー、“アニソン海外発信”新レーベル「SACRA MUSIC」発足 Kalafina、ClariS、花澤香菜さん所属
ソニー・ミュージックレーベルズが、音楽レーベル「SACRA MUSIC」を4月に発足。Kalafina、ClariSなど、国内外を問わず活躍するアーティストを集める。(2017/1/6)

石野卓球プロデュース! “孤高のピン芸人”ハリウッドザコシショウが歌手デビューするも曲名は「ゴキブリ男」
「嘘なのに」とツイートしていたのにー!(2017/1/6)

紅白に落選したゴールデンボンバー、「裏紅白歌合戦」をニコ生で開催 “豪華歌手らしきもの”が登場予定
ちなみに最終回です。(2016/12/29)

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリを見せる会社に警告文を送るも、逆に訴えられる……だと?
似ているってレベルじゃなかった。(2016/12/22)

MAX・LINA「私なりのプロフェッショナル論」:
MAXのチームワークがどんどん強まった理由
どんな仕事であってもチームワークがなければ最大限のパフォーマンスは出ないと思います。特に私たちアーティストにとってそのことを強く感じるのがライブです。MAXはライブを通じていかにチームワークを強くしていったのでしょうか。(2016/12/22)

「なぜ僕が、尿をお茶にすり替えたか」 ASKAさん、ブログで語る
「なぜ、僕が検尿で、お茶にすり替えたのか?」――歌手のASKAさんが、警察による検尿を受けた際、尿をお茶にすり替えた経緯などをブログで明かした。(2016/12/20)

不起訴のASKAさん、ブログ更新 「すべての行動には、理由があります」
不起訴処分となり釈放された歌手のASKAさんがブログを更新。「不起訴でした。」という見出しだ。(2016/12/20)

ケータイ向け「着うた」「着うたフル」が12月15日いっぱいで終了 「嗚呼、青春の日々の終わり」と公式
15年分のランキングのアーティスト1位はEXILE、楽曲1位はGReeeeNの「キセキ」。(2016/12/13)

テイラー・スウィフト、ぶっちぎりで「2016年最も稼いだミュージシャン」に 米Forbes誌が発表
ピコ太郎は? ピコ太郎は(わくわく)?(2016/12/10)

英プログレバンド・ELPのグレッグ・レイクが逝去 キング・クリムゾンにも参加した世界的ミュージシャン
3月には同バンドのキース・エマーソンも亡くなっていました。(2016/12/8)

SWの内装設計デザイナーやコミック版バットマンの作者も 東京コミコンにはビッグアーティストが大集合!
アメコミファン垂涎のアーティストが集結しています!(2016/12/3)

ASKA容疑者乗せたタクシー映像をマスコミ提供 チェッカーキャブが謝罪 「厳罰で対応」へ
歌手のASKA容疑者が逮捕直前に乗ったタクシー車内の映像がテレビで放送され、「プライバシー侵害では」と物議をかもしている件で、このタクシー会社が加盟するチェッカーキャブ無線協同組合が30日、「マスコミに映像提供をした社に厳罰で対応する」と発表した。(2016/11/30)

星野源さん「過労による体調不良」 今夜の「ベストアーティスト」出演辞退
星野源さんが過労でダウン。今夜の「ベストアーティスト」出演を辞退すると発表した。(2016/11/29)

星野源、日テレ系「ベストアーティスト2016」を出演辞退 理由は「過労による体調不良」
11月28日のラジオでも体調が悪そうだったというファンの証言も。(2016/11/29)

2016年紅白出場歌手発表! RADWIMPSや宇多田、RADIOFISHなど初10組 SMAP、和田アキ子は不出場
「君の名は。」が大人気のRADWIMP……何を演奏するか気になるところ。(2016/11/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。