ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アーティスト」最新記事一覧

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた
糸井重里さんに至っては本人が降臨。(2016/5/25)

宇宙人ダダ、世界のアーティストから圧倒的リスペクトを受ける
ダダイズム100周年フェス発表会に乱入! 場違いじゃないんだなこれが。(2016/5/19)

写真に落書きも:
描いた絵が動き出す!? メガハウス「おえかきアーティスト」
メガハウスは幼児用お絵描き専用9型タブレット「おえかきアーティスト」を7月上旬に発売する。価格は2万円。パラパラアニメを簡単に作れる機能も搭載した。(2016/5/18)

歌手のhitomi、妊娠5カ月のぽっこりお腹を披露 「今回は出てくるの早いなぁ〜とゆう印象」
お腹の赤ちゃんは今秋出産予定。(2016/5/18)

描いた絵が動きだす デジタルお絵かきボード「おえかきアーティスト」
描いた絵を動かしたり、パラパラ漫画にできるデジタルお絵かきボード「おえかきアーティスト」が登場。(2016/5/18)

ノンスタ井上がグラミー賞歌手の日本版MVに出演 モテモテのイケメンに成りきり美女を振るポジティブな姿を披露
米女性歌手のメーガン・トレーナーの新曲のMVに、ノンスタ井上がポジティブキャラつながりで登場!(2016/5/17)

ダレノガレ明美が演歌歌手に!? 「ダレよ ダレダレ ダレノガレ」と熱唱
語りが棒読みなのも味。(2016/5/16)

「全力疾走」という病:
音楽家出身のフリーマンCEOがブルーボトルコーヒーのビジネスで成功した理由
2002年に米国西海岸で創業したブルーボトルコーヒーは、国内で着実に店舗拡大するとともにブランド力を高め、2015年2月には初の海外出店として日本に進出を果たした。創業者であるジェームス・フリーマンCEOは元クラリネット奏者のアーティストだ。そんな彼がブルーボトルコーヒーで“表現”したいこととは――。(2016/5/16)

【閲覧注意】アート……? 自分の乳首とヘソを切除したとするアーティストが話題
「フェイクではないか」との声も。(2016/5/11)

アーティストの全方位映像を見ながら歌える 1回300円の「VRカラオケ」がスタート
「カラオケまねきねこ」新宿歌舞伎町1号店で開始。(2016/5/10)

専属アーティストとしての初仕事 許斐剛先生が制作した集英社「JUMP SHOP」のテーマソングが配信決定!
タイトルは「宝じゃんジャンJUMP☆〜JUMP SHOPのテーマ〜」。(2016/5/9)

皆いい笑顔してやがるぜ…… T.M.Rの「HOT LIMIT」“みんなで踊ってみた”ミュージックビデオ公開
お笑い芸人やアーティストも参加。(2016/5/6)

アニソンライブ急成長も、首都圏は会場不足? 閉鎖など相次ぎ、歌手ら懸念
アニソンライブ市場が急成長している。作品の人気に左右されがちで、イベントに使える会場も減るなど問題もある中、さらに成長していけるのか?(2016/5/6)

「少女椿」展、5月に六本木で 等身大みどりちゃん人形の展示や監督らによるトークショーも
原作者・丸尾末広を含めたアーティストたちが「マルヲ・ワールド」を描く。(2016/4/23)

ミュージシャンのプリンスさん死去 57歳で
「世界はクリエイティブな象徴を失った」とオバマ大統領。(2016/4/22)

ポケモン愛がハンパない! 米国アーティストがポケモン1匹1匹のオリジナルソングを制作 すでに100匹完成
がんばれ、あと600匹だ!(2016/4/20)

おいやめろ、ロックスターだぞ フレディマーキュリーのフィギュアをひどい目にあわせる遊びが流行中
ロックスターらしさとのギャップが面白い。(2016/4/18)

紙アーティストの神ワザがすごい! 紙が見事なウィッグやドレスに変身
すべてが白になる……。(2016/4/16)

デーモン閣下が「アニサマ」に初光臨! 北宇治カルテット、Pile、petit miladyら追加アーティストも発表
さいたまスーパーアリーナに悪魔の歌声が響き渡る。(2016/4/15)

「デジモン」主題歌・和田光司さん死去 10年以上の闘病
アニメ「デジモンアドベンチャー」の主題歌「Butter-Fly」で知られるアニソン歌手、和田光司が亡くなった。42歳だった。(2016/4/8)

「Butter-Fly」などで知られるアニソン歌手・和田光司さん(42) 上咽頭がんのため死去
4月下旬にファンに向けたお別れ会を設ける予定。(2016/4/8)

アナログレコード人気復活 パナなどレコードプレーヤー新機種を久々に投入
アナログレコードの人気が復活。若い世代にも注目され、ここ数年は右肩上がりで市場が拡大。国内外の著名アーティストによるアナログ盤リリースも相次ぐ。(2016/4/7)

聖飢魔IIが「貞子vs伽椰子」の主題歌アーティストに デーモン閣下「大変な事態なので吾輩が特別要請した」
人類最凶の敵であるロックバンドの姿を借りた悪魔の集団と、世界中に呪いを撒き散らしてきた霊界の二大ヒロインが異例のコラボ。(2016/4/6)

テイラー・スウィフト、「Apple Music」のCM動画に出演(痛そう)
かつてAppleのアーティストの扱いに抗議し、和解したアーティストのテイラー・スウィフトが、「Apple Music」のCM動画に出演し、自身のTwitterで紹介した。(2016/4/2)

約1万3000枚のポケモンカードがピカチュウに! 20周年記念の巨大モザイク画がギネス記録
英国のアーティストの協力により、約70平方メートルの大作が完成。(2016/3/24)

英日OKな米国人男声ボーカルシンセ「Bones」登場へ
米国在住ボカロPによる、バイリンガル仮想歌手が、Alter/Egoで出るらしい。(2016/3/15)

ミュージシャンのキース・エマーソンさん亡くなる
エマーソン・レイク・アンド・パーマーのキース・エマーソンさんが死去。(2016/3/12)

ついにキタ! 声優林原めぐみさん、初のニコニコ生放送出演決定
歌手活動25周年記念の一環として放送されます。(2016/3/7)

東京都現代美術館で「ピクサー展」開催 アーティストたちの創作活動にフォーカス 500点もの貴重なアートワークを展示
これを東京で観られるなんてすごい。(2016/3/5)

ビー玉2000個がメロディーを奏でる“ピタゴラ楽器”「Marble Machine」
2000個のビー玉が鉄琴やベースを鳴らす楽器「Marble Machine」を、スウェーデンのミュージシャン、マーティン・モーリンさんが制作した。(2016/3/3)

PTC Creo活用事例 ―高峰楽器製作所―:
PR:日本が世界に誇るギターブランド“タカミネ”に認められた「PTC Creo」
国内外の大物アーティストに選ばれる“タカミネ”ギターの設計開発、製造にPTCの統合3次元CADソフトウェア「PTC Creo(以下、Creo)」と、CAMオプション「PTC Creo Prismatic and Multi-Surface Milling Extension」が活用されている。職人による伝統的なギター製作技術と、3次元ツールを活用した設計・加工技術の融合により、高峰楽器製作所は高品質なギターの量産を実現する。(2016/2/24)

歌手の村田和人さん死去 クリス松村さん「残念です・・・本当に信じられません・・・」
大腸がんからの転移性肝臓がんのため。62歳でした。(2016/2/23)

TRIGGER新作アニメ「キズナイーバー」は4月から放送 TOKYO MXなどで
キャスト第3弾、主題歌担当アーティストも発表。(2016/2/10)

入場無料:
銀座ソニービルで「ハイレゾロックフェス2016」を開催――ハイレゾサウンドと200インチスクリーンを堪能
L'Arc〜en〜Cielなど8組のアーティスト、全15曲のライブ映像が無料で楽しめる「Hi-Res ROCK FES 2016 Powered by Ki/oon Music in GINZA」が銀座ソニービルで開催される。2月16日〜3月6日まで。(2016/2/2)

福山雅治、4月放送の連ドラ「ラヴソング」で主演に 「ガリレオ」以来3年ぶりのドラマ出演
音楽業界を引退した元プロミュージシャンを演じます。(2016/2/1)

歌手・Faylanさん(旧芸名:飛蘭)、自己免疫疾患で長期休養へ
「未来日記」OPの「Dead END」や「探偵オペラ ミルキィホームズ」の「本能のDOUBT」など。ファンクラブも再開未定の休止へ。(2016/1/27)

R25スマホ情報局:
「LINE LIVE」開始1カ月で4300万人視聴
アーティストやタレントの映像をライブ配信する「LINE LIVE」。2015年12月のリリースから約1カ月で累計視聴者数が4300万人を超えるほどの人気となっています。(2016/1/26)

歌手・川田まみさん、年内引退へ 「本当に感謝でしかありません」
「ヨルムンガンド」OPの「Borderland」もよかった。(2016/1/25)

人間椅子の和嶋さんも出演 ミュージシャンの自主制作アニメ「女子高生エフェクターを買いに行く!!」シリーズ新作公開
ギター初心者の女子高生がスタジオに行く物語。(2016/1/22)

CD不況を予測、音楽を証券化 先見の人だったデビッド・ボウイ 死去で注目集める意外な功績
10日に死去した英ロック歌手、デビッド・ボウイさん。金融ビジネスの分野でも先駆的な存在だったとして、その功績が改めて注目を集めている。(2016/1/18)

「20世紀で最も影響力のあるアーティスト」デヴィッド・ボウイさん死去
69歳でした。(2016/1/11)

ペンと紙の使い心地にどれだけ近づいたのか
徹底レビュー:プロアーティストが絶賛、「Apple Pencil」でiPad Proはどう変わる?
米Appleは「iPad Pro」と併せて「Apple Pencil」を発売した。Apple Pencilが持つ実力がどのようなものなのかをプロのアーティストにも協力してもらいレビューしてみた。(2016/1/10)

おにぎりのトトロやピカチュウがかわいすぎ タイのフードアーティストの作品がすごい
かわいすぎて食べられない!(2016/1/9)

紅白歌合戦、ツイート数1位は小林幸子さん復活 話題の歌手に副音声出演の西川貴教さん
Twitter Japanが「第66回紅白歌合戦」の関連ツイート数のピークと、話題になった出演歌手のランキングを発表した。(2016/1/5)

NHK紅白歌合戦、Twitterで話題になった出演歌手は?
“話題になった出演歌手”1位は、やっぱりあの人。(2016/1/3)

「e-onkyo music」で2015年にもっとも売れた曲は?――シングル・ランキングは、あの紅白出場アーティストが席巻
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは12月25日、ハイレゾ音源配信サイト「e-onkyo muisc」の2015年年間ランキングを公開した。(2015/12/25)

平野レミさん「もともとはシャンソン歌手だったのよ」 クリスマスソングを投稿
聞いて納得。(2015/12/24)

ミスチル「抱きしめたい」に歌詞そっくり CDを回収
歌手の平浩二さんの楽曲「ぬくもり」歌詞が、Mr.Childrenの「抱きしめたい」と酷似しているとネットで指摘が相次いだことを受け、販売元がCD回収を決めた。(2015/12/14)

スチームパンクっぽい! “ドール型ロボット”を育成するアプリ「真空管ドールズ」制作開始
科学者兼アーティストであるJohnHathway(ジョンハサウェイ)が全面監修。(2015/12/10)

「火垂るの墓」作者の野坂昭如さん亡くなる
作家のほか、歌手やタレント、政治家としても活躍していました。(2015/12/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。