ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アーティスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アーティスト」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

仮想通貨「エイコイン(AKoin)」:
米人気歌手エイコン、仮想通貨都市建設の構想を語る 目指すはリアル「ワカンダ」
米R&B人気歌手のエイコンは6月18日、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と仮想通貨はアフリカの救世主になるとして、自身が立ち上げを企画する仮想通貨「エイコイン(AKoin)」と仮想通貨都市建設の構想について語った。(2018/6/21)

なにこの豪華フェス感! 映画「音量を上げろタコ!」の楽曲アーティストがロック好きにはたまらない布陣
ある意味カオス。(2018/6/20)

「新しいことに挑戦」 横浜流星がアーティストデビュー! GReeeeNを手掛けるJINがプロデュース
横浜さんは「GReeeeN」の楽曲をベースにした映画「キセキ ―あの日のソビト―」に出演していました。(2018/6/16)

本格的な石窯がそこに! ピザ好き仏アーティスト、スポーツワゴンを「ピザ窯」に魔改造する暴挙に出る
もはや暴挙ってレベルじゃねーぞ!(2018/6/15)

森田童子さんの死、ファンから悲しみの声 「またひとり偉大な歌手が」「青春の1ページでした」
4月に亡くなっていたことが明らかとなりました。(2018/6/12)

故郷を語る:
安室ちゃん涙「25年やってきてよかった」 沖縄県民栄誉賞
歌手の安室奈美恵さんが沖縄県民栄誉賞を受賞。表彰式では涙を拭う場面もあり、引退までの間、「一生懸命活動していこうと思う」とファンに約束した。(2018/5/25)

プロ使って何やってるんですか! 生誕60周年のシーチキン、豪華ミュージシャンを集結させた本気すぎる記念ソングが爆誕
シーシーシーシーシーチキン♪(2018/5/24)

映像や音に動きや匂いのイベント続々 楽しさ広がるエンターテインメント
映画は映像を見て音声や音楽を聞くもの、ライブはアーティストの演奏を見て音楽を楽しむもの。そうした認識が今、大きく変わろうとしている。(2018/5/18)

短時間で1000枚以上のバナーを生成:
AIがバナー広告を自動生成、電通グループ3社が「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発
電通と電通デジタル、データアーティストの3社は、AIを活用したバナー自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」を共同開発した。(2018/5/17)

すっごーい! 「けもフレ」サーバル役の尾崎由香が初写真集、ソロ歌手デビューも発表
ちょっと大人っぽい表情のカットも。(2018/5/16)

多忙、重圧……追い詰められるアーティストたち 華やかな米音楽業界の影
米人気歌手のマライア・キャリーさんが双極性障害を告白。人気DJで音楽プロデューサー、アヴィーチーさんは死去し、自殺との見方も出ている。人知れずストレスや孤独を抱えるスターたちの姿とは……。(2018/5/15)

Spotify、ヘイトコンテンツ削除へ 新ポリシーで
音楽サービス大手のSpotifyが、性的暴力や差別などを含むいわゆるヘイトコンテンツをサービスから排除する新しいポリシーを発表した。アーティストによるヘイト行為もポリシーに抵触する。(2018/5/11)

人生やらなくていいリスト:
ぼくがダメ社員を脱却し、名プロデューサーになれた理由
筆者の前職はレコード会社勤務のアーティストプロデューサー。絢香、Superfly、平井堅、CHEMISTRY、河口恭吾などのアーティストを手掛け、CDの累計売り上げ2000万枚という実績を残すことができた。けれども30歳になるまではまったくのダメ社員だったという……。(2018/5/10)

68歳のおばあちゃん、英オーディション番組でAC/DC「Highway to Hell」を熱唱 観客と審査員が超ノリノリに
完全にロックアーティストの風格……!(2018/5/6)

動画を「ゴッホ風」「印象画風」に一発変換できるPowerDirector用AIプラグイン
サイバーリンクは、アーティストのスタイルをシミュレートして映像を変換できるPowerDirector用プラグイン2製品を発表した。(2018/4/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
背骨、肩甲骨、股関節の調整で良い声を――超体育会系発声法「声トレ塾」
「ボイストレーニング」は、歌手や俳優がするもので、ビジネスパーソンには関係ないと思っていないだろうか。ビジネスパーソンがボイストレーニングをすることで、相手の心をつかみ、コミュニケーション能力を向上させることができる。(2018/4/25)

Apple、iMac Pro使ったクリエイティブ作品を公開
6組のアーティストがiMac Proを使った作品の動画を公開した。(2018/4/17)

人気音楽ビデオが相次いで改ざん被害、YouTubeのVevoチャンネルでハッキング
視聴回数トップの「Despacito」をはじめ、人気アーティストの音楽ビデオが相次いで改ざんされた。(2018/4/11)

DMMが音楽レーベル参入 「DMM music」、声優アーティスト生み出す
DMM.comが音楽レーベル設立。既存のアニメ・ゲーム事業と連携し、声優や声優アーティストの卵を発掘する。(2018/4/2)

TGC2018 S/S:
山下智久、欅坂46、セリーヌ・ファラクがアーティストステージに登場 大トリBLACKPINK「光栄です!」
3万人に「Rock you!!」(2018/4/1)

DMMグループのシナジー生かす:
DMM、音楽レーベル「DMM music」設立 声優や声優アーティストを発掘
DMM.comが音楽レーベル「DMM music」を設立。声優や声優アーティストの発掘・育成を中心とする事業で、グループのアニメやゲーム事業と提携する。(2018/3/30)

ソニーの犬型ロボット「aibo」、テクノミュージシャンとコラボ 鳴き声や足音をリミックス
ソニーは犬型ロボット「aibo」とテクノミュージシャンのコラボ楽曲を発表した。(2018/3/26)

VRChatの住人に聞く「現実は不便」のリアル(前編) バーチャルはリアルと置き換えられる
前編では、「リアルアバター」で話題になったメディアアーティストの坪倉氏にインタビュー。(2018/3/15)

Spotify、ユーザーが曲情報について指摘できる「Line-In」スタート
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、曲のジャンルやアーティスト情報について、ログインすれば誰でも指摘できるツール「Line-In」を開始した。(2018/3/13)

浮いて見える3Dアートが楽しい! ハンガリーの人気アーティストによるトリックアートが目を見張るクオリティー
メイキングも公開しています。(2018/2/19)

有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも
店の事情をよく知るアーティストにお話を聞きました。(2018/2/14)

「妻が女の子に……」:
小室哲哉さんが明かした家族追い詰める「高次脳機能障害」
音楽プロデューサーの小室哲哉さんが引退を表明した際、くも膜下出血で倒れて療養中の妻で歌手のKEIKOさんが「高次脳機能障害」であることを明かした。(2018/2/14)

「音楽家の駆け込み寺になりたい」 音楽専門の無料法律相談団体、弁護士の思いとは
「専門外のことに時間がとられるくらいなら、法律のプロに聞いてすぐ終わらせて、音楽活動に専念した方がいい」。(2018/2/10)

“別人の声”が出せる「アニメガホン」登場 コンサート会場なら「歌手の声で」警備・案内可能に
声を通すと別人の声にリアルタイムで変換するメガホン「ANIMEGAPHONE」が登場。コンサート会場で「歌手の声」で警備や案内をするなどの利用シーンを想定している。(2018/2/8)

藍井エイル、2018年春に歌手活動再開 新曲「約束」MVも発表
2016年11月の日本武道館ライブから活動を休止していました。(2018/2/8)

SME、アナログレコードの自社生産を復活 第1弾は大滝詠一とビリー・ジョエル
2人は世界初の商業用CDを発売したアーティストでもあります。(2018/1/27)

Apple、ミュージシャン向け解析ツール「Apple Music for Artists」のβ版提供開始
Appleが、インディーアーティストでも自分で音楽の売れ行きやファン層を解析できるツール「」のβ版の提供を開始した。春には「Apple Music」および「iTunes」で楽曲を提供している数百万のアーティストがこのツールを使えるようになる見込みだ。(2018/1/23)

熟練アーティストが人体の描き方を教える書籍『コンセプトアーティストのための人体ドローイング』刊行
著者は有名映画やゲームの制作に携わったアーティスト。(2018/1/22)

落ち葉に絵を刻むリーフアートがステキ アーティストが落ち葉に命を吹き込む
なんという器用さと繊細さ!(2018/1/20)

Facebookで使える音楽拡大──ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーも
Facebookが複数の著作権管理団体と契約し、ユーザーがアーティストの著作権を侵害せずに使える楽曲を拡大すると発表した。ブルーノ・マーズやポール・マッカートニーの楽曲をFacebookだけでなく、Instagram、Oculus、メッセンジャーなどで使えるようになる見込み。(2018/1/15)

FacebookとUniversal Musicが契約締結 権利気にせず利用可能に
Facebookが米大手レーベルUMGと複数年のグローバル契約を締結。まずはUMGアーティストの楽曲を、Facebook、Instagram、Oculusに投稿する動画のBGMとして使ったり、友だちとシェアしたりできるようになる。(2017/12/22)

増えるおじさんが頭の中でループする……! ロシアのミュージシャンのMVが危険なほどクセになるシュールさ
かっこいい音楽とサイケなビデオにやられる。(2017/12/17)

複数シナリオの自動実行と効果検証で高速PDCAを実現:
マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を開始した。(2017/12/13)

ソニー「FES Watch U」がコラボ展開 第1弾はタツノコプロ
ソニーは、電子ペーパー搭載のディスプレイウォッチ「FES Watch U」でアーティストやコンテンツとのコラボレーション商品を展開する。第1弾はタツノコプロ。「マッハGoGoGo」や「ヤッターマン」といった往年の人気作がモチーフだ。(2017/12/11)

『バットマン・ビヨンド』のライアン・ベンジャミン“激レア原稿入り福箱”に行列……! アメコミ界の巨匠がそろい踏みの東京コミコン、編集部厳選アーティスト特集
アメコミ版『ゴジラ』のマット・フランク先生はデスゴジを描いてくれました……!(2017/12/3)

台湾の“安室奈美恵” 人気歌手・蔡依林のドレス姿に「まるで女神」と絶賛の声
2015年には安室奈美恵さんとMVで共演しています。(2017/11/26)

Spotify、音楽共有サービスのSoundtrap買収 コラボ機能強化へ
音楽ストリーミングサービス大手のSpotifyが、作曲・音楽共有サービスの新興企業Soundtrapを買収した。Soundtrapは自社サービスを継続しつつ、Spotifyのアーティスト支援チームに参加する。(2017/11/19)

2017年紅白出場歌手決定! 初出場はSHISHAMO、TWICE、エレカシ、竹原ピストルら計10組、安室奈美恵は不出場
TWICEやLittle Glee Monster、WANIMA、トータス松本らも。(2017/11/16)

「才能の塊が帰ってくる」 小川範子が歌手デビュー30周年でベストアルバム、往年のファンがそわそわ
これで44歳だと……?(2017/11/15)

SoftBank SELECTION、「HIROCOLEDGE」とコラボした幾何学模様のiPhone Xケースを発売
SoftBank SELECTIONは、着物アーティストの高橋理子氏が手掛けるブランド「HIROCOLEDGE」とコラボレーションしたiPhone Xケースを発売。円と直線のみで構成された幾何学模様のデザインを取り入れた2種をラインアップする。(2017/11/9)

おれたちが知ってる「ドラえもん」があんな姿やこんな姿に 28組の現代アーティストが描く「ドラえもん展」六本木で開幕
「あなたのドラえもん」を現代のアーティスト28組30人が制作した企画展「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が11月1日からスタート。内覧会の様子を紹介。(2017/11/1)

ミュージシャンの「メジャーデビュー」って何? インディーズとの違いは?
メジャーデビューのややこしい裏側。(2017/10/30)

美しすぎてInstagramがダウンした伝説の持ち主 米国の歌手セリーヌ・ファラクさんに会ってきた
もうこの人、美の神様の生まれ変わりってことでよくないですか(提案)。(2017/10/6)

TBS、レディビアードさんを「アニメの世界観を一切無視したとんでもないアニソン歌手」と紹介して炎上 所属事務所は今後の対応を弁護士に委任
事務所とTBSを取材しました。(2017/10/6)

歌手の安室奈美恵、来年9月で引退へ デビュー25周年の節目に決意
2018年9月16日に引退する。(2017/9/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。