ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アーティスト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アーティスト」に関する情報が集まったページです。

元歌手と判別できないレベルのAI歌声合成、名古屋工業大学と音声ベンチャーが開発
聴いてみればわかるが、人間の歌だ。上手い人は上手く、それなりの人はそれなりに。(2018/12/14)

アイドルというキャリア:
「毎日コツコツと努力を重ね、ついに見えてきた夢」 AKB48・岡田奈々の信念
小さいころから歌手になりたいと思っていた岡田奈々さんは、14歳でAKB48に入り、アイドルという仕事に就いた。プロとして働く中でさまざまな経験を積み、自らの生きがいや新たな夢を見いだしたという。(2018/12/12)

キズナアイ、中田ヤスタカとコラボ オリジナル楽曲制作開始
人気VTuberのキズナアイと、人気ミュージシャンの中田ヤスタカさんが、コラボ楽曲の制作を始めていることが12月11日に明らかになった。(2018/12/11)

ゴラムやヴェノムをスイカから削り出すフルーツカービングが魔法のよう 緑と赤のコントラストに注目
作者のイタリア人アーティスト(日本漫画愛好家)に話を聞きました。(2018/11/30)

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」
ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!(2018/11/30)

これは幻じゃない! 相棒“シャブ山シャブ子”役で脚光浴びた江藤あやが歌手デビュー
そうか……シャブ山シャブ子なんて最初からいなかったんだ……。(2018/11/27)

「ブランドのパンフレットみたい」 福山雅治、オシャレアーティストの肖像に違和感なくなじむ眼鏡ショット
エゴン・シーレとバスキアに挟まれても見劣りしない福山さん。(2018/11/26)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

「かなり顔出てる」 “顔出しNG”のアーティスト・そらるが「ZIP!」に登場、朝から尊いと興奮の声
(30)要らなくない?(2018/11/15)

BTS落選、韓国からはTWICEのみ:
紅白出場歌手42組が決定 初出場に「純烈」ら6組
NHKは14日、大みそかに放送される第69回NHK紅白歌合戦の出場歌手を発表した。紅白計42組が出場し、紅組ではあいみょんさん、DAOKOさん、白組では「King&Prince(キング・アンド・プリンス)」「純烈」ら計6組が初出場。今月再始動した人気グループ「いきものがかり」が2年ぶり、松任谷由実さんが7年ぶりに紅白に復帰する。最多出場は、白組の五木ひろしさんで48回目。これとは別に特別企画枠で椎名林檎さんと宮本浩次さんが出場し、デュエット曲を歌う。(2018/11/15)

平成最後の「紅白歌合戦」出場歌手発表! あいみょん、King&Princeらが初出場決定 DA PUMPは16年ぶり
数年ぶりに出場果たすアーティストにも注目。(2018/11/14)

歌手・成田賢さんが肺炎で死去 「サイボーグ009」「電子戦隊デンジマン」主題歌など
「デンジマンを…009『誰がために』をありがとうございました…」。(2018/11/13)

iPhoneの読み上げ機能で作曲する天才音楽家登場 アレンジバージョンを作る野生の職人も集うネット音楽祭へ
頭の中で一生流れ続けるやつ。(2018/11/6)

黒いページを火であぶると読めるようになる 特殊仕様の『華氏451度』
仏アーティスト集団Super Terrainが作成しました。(2018/10/31)

「オペラ歌手」「すばらしい」 すてきな歌声で癒やしてくれるロバさんが目撃される
澄んだ歌声にウットリ。(2018/10/28)

講師陣・奨学金を強化:
東京藝大、19年度から授業料20%値上げ 標準額上回るも「優秀な芸術家育てる」
東京藝大が2019年度から学部、20年度から大学院の授業料を約20%値上げする。学費はともに、文科省が定める標準額を超える年間約64万円となる。講師陣や奨学金を拡充し、優秀な人材を育成する狙い。(2018/10/26)

TikTokが音楽配信「AWA」と提携 年内に500万曲利用可能に
音楽定額配信サービス「AWA」が動画共有アプリ「TikTok」と業務提携。TikTok内での楽曲利用など両サービスの連携を進める他、新人アーティストの発掘やオリジナル楽曲の制作にも取り組む。(2018/10/22)

「人生が続く限り芸術家の活動は続く」 芸術家を“あしながおじさん”が月額で支援 ピクスタが新サービス
ストックフォトサービスを運営するピクスタが芸術家の継続的な創作活動を支援するサービス「mecelo」(メセロ)の提供を開始した。芸術家が継続して活動できるよう“小さなあしながおじさん”を募る。(2018/10/18)

うぉぉマジで「U.S.A.」! 光岡さんすげぇ、古き良きアメ車風の“新型車”「ロックスター」を発売
NDロードスターが60年代のアメ車に大変身。【写真24枚】(2018/10/10)

「想像するだけで涙が出てくる」 ZOZO前澤社長、月周旅行への思い
ZOZOの前澤友作社長が、世界的なアーティストと共に月を周回する「#dearMoon」プロジェクトの記者会見を行い、記者からの質問に答えた。(2018/10/9)

ZOZO前澤社長、世界初の月旅行へ イーロン・マスクのSpaceX搭乗者に選ばれる
最大8人のアーティストと共に旅立つとのこと。(2018/9/18)

SpaceXで初の月周回旅行をするのはZOZOTOWNの前澤友作氏
SpaceXが2023年に計画している初の月周回旅行の乗客を発表した。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長だ。同氏はすべての座席を買い占め、世界中のアーティストを招待するという。(2018/9/18)

なんて細かいペン画なんだ……! 英アーティストが描く高密度な風景画が圧倒されるすごさ
全体から漂う哀愁のような雰囲気も魅力になっています。(2018/9/16)

「平成の歌姫」の生きざま:
なぜ安室奈美恵は私たちの心を揺さぶり続けるのか?
歌手の安室奈美恵さんが引退する。メジャーデビューから26年、「平成の歌姫」と呼ばれた彼女は、全力で歌い、踊り続け、多くの人たちから愛されてきた。引退を目前に控えて、今再び安室フィーバーが起きている。安室さんの何がここまで私たちを引き付けてやまないのだろうか。(2018/9/15)

引退目前「安室フィーバー」 CD、DVDなど大ヒット 沖縄のホテル予約殺到
16日の引退を発表している沖縄出身の歌手、安室奈美恵さん(40)への注目度が高まっている。最後のツアーを収めたDVDとブルーレイは音楽映像作品では史上初のミリオンセラーを達成(オリコン調べ)。引退前日の15日にライブを行う故郷・沖縄ではホテルの宿泊予約が殺到している。最後の日に向けて「安室フィーバー」が吹き荒れそうだ。(2018/9/3)

フジロックのYouTube生配信、エレカシやサカナクションなど40組以上が登場
「フジロックフェスティバル'18」のパフォーマンスをYouTubeで生視聴できるアーティストが決まった。エレファントカシマシやサカナクションなど40組以上をライブ配信する。(2018/7/23)

うな重おいしそー! ……え、これCG!?  CGアーティストが放つ実写同然の作品に心が躍る土用丑の日
……ゴクリ。(2018/7/20)

フジロックフェスティバル'18、YouTubeで一部ライブ配信
公式YouTubeチャンネルにて、ライブ配信だけでなくアーティストのインタビューも。(2018/7/3)

ダークファンタジーのラスボス感ある……! 海外のアーティストが作った巨大な幽霊船が思わず息をのむかっこよさ
恐怖を感じる優美な“終末の方舟”に圧倒されよ!(2018/6/25)

「チョコ」「ジェシカ」など登場:
LINEに“動く”無料スタンプ120種追加 人気歌手とコラボの「BT21」も
「LINE」に動く無料スタンプが120種類追加される。公式キャラクターが80種類、韓国の人気歌手とコラボしたキャラクター「BT21」が40種類。動くスタンプを無料提供するのは同社初。(2018/6/22)

仮想通貨「エイコイン(AKoin)」:
米人気歌手エイコン、仮想通貨都市建設の構想を語る 目指すはリアル「ワカンダ」
米R&B人気歌手のエイコンは6月18日、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と仮想通貨はアフリカの救世主になるとして、自身が立ち上げを企画する仮想通貨「エイコイン(AKoin)」と仮想通貨都市建設の構想について語った。(2018/6/21)

なにこの豪華フェス感! 映画「音量を上げろタコ!」の楽曲アーティストがロック好きにはたまらない布陣
ある意味カオス。(2018/6/20)

「新しいことに挑戦」 横浜流星がアーティストデビュー! GReeeeNを手掛けるJINがプロデュース
横浜さんは「GReeeeN」の楽曲をベースにした映画「キセキ ―あの日のソビト―」に出演していました。(2018/6/16)

本格的な石窯がそこに! ピザ好き仏アーティスト、スポーツワゴンを「ピザ窯」に魔改造する暴挙に出る
もはや暴挙ってレベルじゃねーぞ!(2018/6/15)

森田童子さんの死、ファンから悲しみの声 「またひとり偉大な歌手が」「青春の1ページでした」
4月に亡くなっていたことが明らかとなりました。(2018/6/12)

故郷を語る:
安室ちゃん涙「25年やってきてよかった」 沖縄県民栄誉賞
歌手の安室奈美恵さんが沖縄県民栄誉賞を受賞。表彰式では涙を拭う場面もあり、引退までの間、「一生懸命活動していこうと思う」とファンに約束した。(2018/5/25)

プロ使って何やってるんですか! 生誕60周年のシーチキン、豪華ミュージシャンを集結させた本気すぎる記念ソングが爆誕
シーシーシーシーシーチキン♪(2018/5/24)

短時間で1000枚以上のバナーを生成:
AIがバナー広告を自動生成、電通グループ3社が「ADVANCED CREATIVE MAKER」(β版)を開発
電通と電通デジタル、データアーティストの3社は、AIを活用したバナー自動生成ツール「ADVANCED CREATIVE MAKER」を共同開発した。(2018/5/17)

すっごーい! 「けもフレ」サーバル役の尾崎由香が初写真集、ソロ歌手デビューも発表
ちょっと大人っぽい表情のカットも。(2018/5/16)

Spotify、ヘイトコンテンツ削除へ 新ポリシーで
音楽サービス大手のSpotifyが、性的暴力や差別などを含むいわゆるヘイトコンテンツをサービスから排除する新しいポリシーを発表した。アーティストによるヘイト行為もポリシーに抵触する。(2018/5/11)

人生やらなくていいリスト:
ぼくがダメ社員を脱却し、名プロデューサーになれた理由
筆者の前職はレコード会社勤務のアーティストプロデューサー。絢香、Superfly、平井堅、CHEMISTRY、河口恭吾などのアーティストを手掛け、CDの累計売り上げ2000万枚という実績を残すことができた。けれども30歳になるまではまったくのダメ社員だったという……。(2018/5/10)

68歳のおばあちゃん、英オーディション番組でAC/DC「Highway to Hell」を熱唱 観客と審査員が超ノリノリに
完全にロックアーティストの風格……!(2018/5/6)

動画を「ゴッホ風」「印象画風」に一発変換できるPowerDirector用AIプラグイン
サイバーリンクは、アーティストのスタイルをシミュレートして映像を変換できるPowerDirector用プラグイン2製品を発表した。(2018/4/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
背骨、肩甲骨、股関節の調整で良い声を――超体育会系発声法「声トレ塾」
「ボイストレーニング」は、歌手や俳優がするもので、ビジネスパーソンには関係ないと思っていないだろうか。ビジネスパーソンがボイストレーニングをすることで、相手の心をつかみ、コミュニケーション能力を向上させることができる。(2018/4/25)

Apple、iMac Pro使ったクリエイティブ作品を公開
6組のアーティストがiMac Proを使った作品の動画を公開した。(2018/4/17)

人気音楽ビデオが相次いで改ざん被害、YouTubeのVevoチャンネルでハッキング
視聴回数トップの「Despacito」をはじめ、人気アーティストの音楽ビデオが相次いで改ざんされた。(2018/4/11)

DMMが音楽レーベル参入 「DMM music」、声優アーティスト生み出す
DMM.comが音楽レーベル設立。既存のアニメ・ゲーム事業と連携し、声優や声優アーティストの卵を発掘する。(2018/4/2)

TGC2018 S/S:
山下智久、欅坂46、セリーヌ・ファラクがアーティストステージに登場 大トリBLACKPINK「光栄です!」
3万人に「Rock you!!」(2018/4/1)

DMMグループのシナジー生かす:
DMM、音楽レーベル「DMM music」設立 声優や声優アーティストを発掘
DMM.comが音楽レーベル「DMM music」を設立。声優や声優アーティストの発掘・育成を中心とする事業で、グループのアニメやゲーム事業と提携する。(2018/3/30)

ソニーの犬型ロボット「aibo」、テクノミュージシャンとコラボ 鳴き声や足音をリミックス
ソニーは犬型ロボット「aibo」とテクノミュージシャンのコラボ楽曲を発表した。(2018/3/26)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。