ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音楽」最新記事一覧

音楽専科社が事業停止 声優専門誌「Pick-up Voice」など発行
アニメ声優専門誌「Pick-up Voice」やビジュアル系音楽誌「SHOXX」などを発行する音楽専科社が事業を停止し、自己破産申請の準備に入った。(2016/9/21)

宇多田ヒカル「ほぼ6年間歌っていませんでした」 休止から初のテレビ出演で「人間活動」の中身語る
19日に音楽特番「MUSIC STATION ウルトラFES」に登場、司会のタモリさんとトークを繰り広げました。(2016/9/19)

パリピに朗報 音楽に合わせて激しく光りもむと音を奏でる“ノリノリなブラジャー”登場
いつの日か商品化されるかも……!(2016/9/16)

音楽を聴きながら「J-POPでよく出る単語」を取り合うかるた「狩歌(かるうた)」発売 ありがちな歌詞が新しいゲームに変貌する!
歌詞が凡庸であればあるほど激しいバトルが展開される。(2016/9/17)

二度寝を防ぐから「ニドネン」 体重をかけるまで止まらない目覚ましマットは二度寝クラスタの救世主となるか?
好きな音楽で起きられます。(2016/9/16)

PR:家中が本格的なオーディオルームに!?――ヤマハ「WX-010」と「RX-A2060」で分かった「MusicCast」の実力
ヤマハの「MusicCast」は、ハイレゾ音源の配信まで対応する独自のネットワークオーディオ技術だ。しかも、オーディオファンの潜在的なニーズをくみ取った新提案になっている。同社のハイクラスAVアンプ「RX-A2060」と小型ワイヤレススピーカー「WX-010」で試用した。(2016/9/16)

Spotifyの有料会員数が4000万人を突破(Apple Musicは1700万人)
「Apple Music」の会員数が1700万人とティム・クックCEOが発表した数日後、Spotifyのダニエル・エクCEOが有料会員数が4000万人を超えたとツイートした。(2016/9/15)

猫っぽい振り付けがかわいい! ヤマト運輸が「ネコふんじゃった」をダンスミュージックにリメイク
MVには本物の黒猫さんも登場。(2016/9/15)

「iOS 10」配信開始――メッセージ、Siri、マップなど変更点多数
日本時間の9月14日、「iOS 10」の配信がスタートした。iOS 10では、ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。主な変更点をまとめた。(2016/9/14)

音楽を楽しむインテリア、ヤマハ“Restio”に小型の「ISX-18」が登場
アートフレームのように棚や壁に飾って音楽を楽しむ“Restio”(レスティオ)に新製品が登場。ヤマハ独自の「MusicCast」に対応した。(2016/9/13)

「チケット高額転売反対」共同声明にアーティスト56組が加わり172組に 「主張に反対するアーティストは1組もいない」
最適価格設定やリセールも検討へ。賛同する国内音楽イベントも2つ増え、合計26イベントに。(2016/9/11)

一足先に「ハロウィーン」!:
目玉は「手下」に「音楽会」? 2016年ディズニー・ハロウィーンを一足先に体験してきた
東京ディズニーランド/東京ディズニーシーでスペシャルイベント「ディズニー・ハロウィーン」が開催。今年もヴィランズの「手下」は健在です。(2016/9/8)

iPhone 7は充電しながら音楽聴けるの?
「iPhone 7/7 Plus」からイヤフォンジャックがなくなった。これって結構困らない?(2016/9/8)

快挙だぜアニキ! 緒方恵美、アニメ「魔法少女育成計画」で初の魔法少女役に
森の音楽家クラムベリー役で出演、10月放送開始。(2016/9/8)

「iOS 10」、9月13日から配信
iOSデバイス向けの最新OS「iOS 10」の配信日が9月13日(日本時間では14日)に決定。iPhone 5以降が対象。ロック画面、Siri、写真アプリ、マップアプリ、Apple Music、メッセージアプリなどが拡張される。(2016/9/8)

近未来っぽいかっこよさ! ユーザーの動きを光や音で演出するスマートフットウェア「Orphe」一般発売
音楽作成ソフトと連携、ゲームのコントローラーとして使うことも可能。(2016/9/8)

すぎやまこういち、84歳292日で「最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家」としてギネス認定
現在開発中の「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも作曲を担当しています。(2016/9/5)

YouTubeが著作者をあべこべに判断 音源を無断使用された音楽家の動画が再生できなくなるトラブルが発生
MVの制作会社は、著作権侵害を見つけ対処するシステム「Content ID」で、自動的に申し立てしていたと見られています。(2016/9/2)

ロックバンド「DOES」が無期限休止へ 「自分の音楽により向き合う」
アニメ「銀魂」「NARUTO -ナルト- 疾風伝」のOP曲などを担当。今度は個人の活動へ。(2016/9/1)

まさかの「歩きスマホ」推奨 ソニー、パノラマ視点対応の“没入型ミュージックビデオ”公開
「歩きスマホ」すると映像が再生される没入型ミュージックビデオが登場。(2016/9/1)

音楽のエクスペリエンスが変わる:
ケツメイシ15周年記念ライブで実現、ライブ×スマホ×カラオケの「O2O2O」プロモーション
激変する音楽業界で「ライブ」の価値が再評価される中、ここを起点に周辺ビジネスも新たな価値を生み出そうと試行錯誤している。本稿ではスマートフォンアプリを使った第一興商のユニークな試みを追う。(2016/8/30)

「スタジオアルタ」跡地に「ALTA THEATER」がオープン決定 アーティストの3D映像などを上映
昼は3Dシアター、夜はミュージックカフェ&バーとして営業。(2016/8/26)

ドミノピザが北陸民以外には鬼畜すぎるキャンペーン開始 現在地から石川までの距離をリアルでスワイプしないと応募不能
チケットが当たる音楽フェス「OTONOKO」会場までのリアル歩数分をスクロール……!(2016/8/26)

業界最大級に――レコチョクがハイレゾ音源の配信をスタート
レコチョクは8月25日、音楽配信サービス「レコチョク」において、ハイレゾ音源の配信を開始した。アニソンから邦楽、洋楽、クラシック、ジャズまで幅広い楽曲をラインアップ。(2016/8/25)

チケット高額転売に反対――人気アーティストなど共同声明 「音楽の未来を奪う」と
「音楽の未来を奪うチケット高額転売に反対します」――嵐やMr.Childrenなど100組以上のアーティストの賛同を得た声明が、Webサイトや新聞に掲載された。(2016/8/23)

「チケット高額転売」へ反対する大規模な共同声明 音楽業界4団体、アーティスト116組、イベント24団体が発表
賛同アーティストには嵐、Perfume、サザンなど著名なグループの名がずらり。(2016/8/23)

Samsung、米国のGalaxyシリーズ専用音楽サービス「Milk Music」を終了へ
Samsungが2014年に米国のGalaxyユーザー向けに立ち上げた音楽ストリーミングサービス「Milk Music」を9月に終了する。“パートナーモデル”に移行するとしている。(2016/8/22)

初めてのウォークマンは脳みその中で音楽が鳴ってるみたいだった
それまでの音楽の聴き方を一変させてしまった「ウォークマン」。自分だけのオリジナルカセットテープ作りも、また楽しみな時間でした。(2016/8/20)

劇場アニメ「傷物語」の舞台あいさつに神谷浩史、櫻井孝宏ら アフレコは原作とのニュアンスの違いに悩み
音楽を担当した神前暁さん、プロデューサーの久保田光俊さんも登壇しました。(2016/8/20)

コンパクトでも本格派、マランツ「Music Link」シリーズにCDプレーヤーが登場
マランツブランドのコンパクトオーディオ「Music Link」シリーズに、CDプレーヤー「HD-CD1」が追加される。「フルサイズコンポーネントに匹敵する本格的なサウンドを省スペースで実現する」(同社)という。(2016/8/19)

エンターテイメント特化型マーケティングレーベル「Modern Age」が支援:
トライバルメディアハウス、サマーソニックでVRライブをプロデュース
トライバルメディアハウスのマーケティングレーベル「Modern Age」は音楽フェスティバル「サマーソニック」において、VR映像を活用した視聴体験の企画とディレクション、プロデュースを担当したと発表した。 (2016/8/18)

App StoreやiTunesで「auかんたん決済」利用可能に
App Store、Apple Music、iTunes、iBooksが「auかんたん決済」(キャリア決済)に対応した。(2016/8/17)

音楽機能に優れたオススメのSIMフリースマホまとめ
(2016/8/17)

タイムアウト東京のオススメ:
音楽天国を攻略する
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2016/8/16)

Sony Music UK、英Ministry of Sound Recordingsを買収
ソニーは、子会社のSony Music UK Ltd.(SME UK)が英国の有力な独立レーベル、Ministry of Sound Recordingsの買収を8月10日に完了したと発表した。(2016/8/15)

ダース・ベイダー(反乱軍絶対殺すマン)降臨! シリーズ最新作「ローグ・ワン」新着映像で
あの音楽、あの息づかい。(2016/8/15)

人工知能ロボットは“音楽”の良さが分かるのか?
(2016/8/14)

ITはみ出しコラム:
Apple Musicを仕切るノリノリの女性“Boz”はどんな人?
Apple幹部らしからぬビジュアルとパフォーマンスでWWDC 2016の会場を盛り上げたApple Music担当の女性“Boz”に迫ります。(2016/8/13)

もうすぐ日本上陸のSpotifyにゲーム音楽カテゴリ登場
音楽ストリーミング最大手のSpotifyが、ゲーム音楽専用カテゴリ「Spotify Gamers」を公開した。日本からも人気ゲームのサウンドトラックやゲームプレイ用のプレイリストを聴くことができる。(2016/8/13)

「クソ豚!」「エロい目でジロジロ見んじゃねえよ、このクズ」――“ドS”人工知能「罵倒少女」開発の狙いは? ソニーに聞く
制服姿の美少女AIに罵詈雑言を浴びせてもらえるWebサービス「罵倒少女」が話題に。プロジェクトの狙いをソニー・ミュージックエンタテインメントの担当者らに聞いた。(2016/8/12)

Logitech、スマートホームの操作を3つまで登録できる「Pop Home Switch」
Logitechがスマートホーム製品を制御する物理的なボタン「Pop Home Switch」を米国で発売する。価格はボタンが2つ入ったスターターキットで約100ドル。例えばPhillips Hueの照明を暗くしてSonosのスピーカーから音楽を流すといった複合的なプログラムを1つのボタンにつき3種類登録できる。(2016/8/12)

ヘッドフォンに注力するローランド――「V-MODA」を傘下に収め、海外ブランド製品の輸入販売も開始
ローランドがヘッドフォンメーカー「V-MODA」を子会社化した。また新規事業として、海外ブランドのヘッドフォンやイヤフォンの輸入販売も開始。電子楽器と合わせ、トータルな音楽環境を提供する構えだ。(2016/8/9)

「Yes I can(私はできる)」 アスリート達のパフォーマンスを軽快にまとめたパラリンピックトレイラー
音楽もカッコイイ。(2016/8/8)

音楽フェスのライブ中に子どもがダイブ バンド側がブログで危険性を訴える
滋賀県の音楽フェス「EAT THE ROCK」にて、親と一緒にいた子どもがライブ中にダイブしたとされています。(2016/8/7)

○○放題:
「定額制」書籍やゲームに拡大 インフラ整備追い風、作品「お試し」も
音楽や動画で先行していた定額制サービスが、書籍やゲームにも広がってきた。大容量のデータを通信できるインフラの整備や、スマートフォンなど高機能端末の普及を背景に利便性の高いサービスが実現され、人気になっている。(2016/8/5)

「ウゼェんだよ! 見んなハゲ!」「なに品定めしているんだ変態」――対話型人工知能「罵倒少女」現る ソニーが開発
ユーザーの言葉に対して、罵詈雑言を浴びせる「罵倒少女」の人工知能(AI)が登場。ソニー・ミュージックエンタテインメントなどが開発したAI「PROJECT Samantha」が使われている。(2016/8/4)

楽天が定額制音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」リリース 気に入ったCDをすぐに購入できるよう設計
最初の約1カ月間は無料です。(2016/8/4)

楽天、定額音楽配信に参入 30日980円「Rakuten Music」スタート CD・DVD購入も5%オフに
楽天が定額制音楽聴き放題サービス「Rakuten Music」を開始した。約300万曲の邦楽・洋楽が聴けるほか、楽曲に関連するCDやDVDを「楽天ブックス」で購入しやすい仕組みにした。(2016/8/4)

「定額制」書籍やゲームに拡大 インフラ整備追い風、作品「お試し」も
音楽や動画で先行していた定額制サービスが、書籍やゲームにも広がってきた。アマゾンジャパンは3日、電子書籍の読み放題サービスを開始した。(2016/8/4)

家中の音源を活用――ヤマハ独自のネットワークオーディオ技術「MusicCast」とは?
ヤマハが独自のネットワークオーディオ機能「MusicCast」(ミュージックキャスト)に対応する新製品4機種を発表した。多彩なタイプの機器をそろえ、さまざまな音楽をシェアできる新しいネットワークオーディオとして訴求する構えだ。(2016/7/28)

PR:音楽ダウンロードはドワンゴ 音楽ダウンロードは着信音・着メロ取放題のドワンゴ



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。