ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音楽」最新記事一覧

関連キーワード

カリブ海で「一生に一度の音楽体験」をうたったフェスが開催当日に無期延期 取り残された参加者が悲惨な状況に
こんな一生に一度の体験は嫌だ。(2017/4/29)

テクノ音楽をバックに読経する「テクノ法要」がニコ生で配信 極楽浄土をイメージした光の演出で仏像がキラキラ
「N」を入力すると「南無阿弥陀仏」に自動変換されるありがたいコメント機能も。(2017/4/27)

“全身に音楽響く”ジャケット「LIVE JACKET」 「ライブ会場の迫力を体験」
「LIVE JACKET」は、数十個の小型スピーカーを仕込んだジャケット。「ライブ会場で、全身で音楽を聴いているような体験ができる」という。(2017/4/27)

DMMの動画アプリ、PS VRに対応 音楽ライブ、グラビアなど1200作品以上
動画配信アプリ「DMM.com」がPS VRに対応。(2017/4/27)

Apple製品を使ったスキルアップ講座「Today at Apple」、5月からApple Storeで開催
Appleが、世界のApple Storeでスキルアップ講座「Today at Apple」を開催する。Apple製品を使った、写真、動画、音楽、プログラミングなどを学べる。参加は無料。(2017/4/26)

おかえりジャック! シリーズ最新作「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」ポスタービジュアルが解禁
あの音楽早く聞きたい。(2017/4/25)

ITライフch:
無料で本格的な楽器演奏を学べる「ON-KATSU@home」
EYS-STYLEは、iPhone向けに音楽練習アプリをリリースした。ピアノやサックスなど、39種類の楽器練習に対応。また、プロミュージシャンによる奏法の動画解説、譜面の閲覧とダウンロードが可能となっている。(2017/4/25)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 SONYの挑戦「The WOW Factory」
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポート。今回は、ソニーのブース「The WOW Factory」の“驚き!”満載な展示を紹介します。(2017/4/24)

「Galaxy S8/S8+」、「Google Play Music」がデフォルト音楽アプリに
GoogleとSamsungの協力で、「Google Play Music」が「Galaxy S8」以降のスマートフォンとタブレットのデフォルト音楽アプリになった。Bixbyでも操作できるようになる見込み。(2017/4/24)

懐かしのケータイギャラリー:
SDカード対応で音楽再生もOK 新しいもの尽くしだった「J-SH51」
(2017/4/24)

自分が一匹の鯉になるゲームがPS4で登場 癒される音楽と水彩画のような世界観を泳ぐ鯉がかわいい
小さな鯉になって池や川を泳ぎたい人に。(2017/4/22)

「Google Home」、マルチユーザー対応に
音声認識アシスタント端末「Google Home」が家族の声を聞き分けて、それぞれの相手の予定や音楽を提供するようになった。声の聞き分けにはミリ秒しかかからないとしている。(2017/4/21)

Keynote、Pages、Numbers、iMovie、GarageBandが無料化
Apple版オフィススイートと動画、音楽制作アプリが「実質無料」から「本当に無料」に。(2017/4/19)

柴崎辰彦の「モノづくりコトづくりを考える」:
SXSW 2017観戦記 未来を占う世界最大規模の“フェス”
“IT界のパリコレ”ともいわれる、Music、Film、Interactiveを柱にした世界最大規模のイベント「SXSW 2017」で見聞きし、体験した刺激的なあれこれをレポートします。インタラクティブ部門では、AIやVR、ロボティクスなど、旬のテクノロジーが花盛り!(2017/4/15)

テラダ・ミュージック・スコア、電子ペーパー採用の楽譜専用端末“GVIDO”
テラダ・ミュージック・スコアは、電子ペーパーを採用した「2画面電子ペーパー楽譜専用端末」を発表した。(2017/4/6)

Android版「Apple Music」アプリ、アップデートでデザイン刷新、歌詞表示も
Android版「Apple Music」アプリがバージョン2.0.0にアップデートした。iOS版と同様に、再生中に歌詞が表示される。ユーザーインタフェースもiOS版に近くなった。(2017/4/5)

Spotify、ユニバーサルの新アルバムは2週間有料会員限定に
Spotifyが米大手レーベルUniversal Music Group(UMG)との新たな契約を締結した。これにより、所属アーティストは新アルバムを2週間有料会員限定公開にする選択肢を獲得した。(2017/4/5)

テレビ朝日「題名のない音楽会」でディズニー音楽特集 「テーマ曲メドレー」「美女と野獣メドレー」など
山崎育三郎さんも出演。(2017/4/3)

TR-808、JUPITER-8、DTM、MIDIを生んだ梯郁太郎氏が死去
世界の音楽を大きく変えた、電子楽器の巨星が亡くなった。(2017/4/2)

小倉唯、石原夏織の声優ユニット「ゆいかおり」が6月30日で音楽活動休止 石原さんはシグマセブンを退所
「これからも私たちゆいかおりは変わらない関係」(2017/3/31)

上海問屋、メディアプレーヤー機能も備えた120型投写対応のエントリープロジェクター
ドスパラは、単体での動画/音楽再生も可能なエントリープロジェクター「DN-914728」の取り扱いを開始した。(2017/3/30)

音楽・動画も快適サクサク! 「arrows M03」のネットワーク機能をチェックする
富士通コネクテッドテクノロジーズのSIMロックフリースマートフォン「arrows M03」は、上位機種と同等のネットワーク機能を備えている。さっそくチェックしてみよう。(2017/3/30)

「音楽教室から著作権料取らないで」 署名集めスタート
6月末までに50万人を目標に集める。(2017/3/28)

アメコミ界の巨匠スタン・リーが製作総指揮 アニメ「THE REFLECTION WAVE ONE」7月放送開始
「蟲師」「惡の華」などを手がけた長濱博史さんが監督を、イギリスの音楽プロデューサー、トレヴァー・ホーンさんが音楽プロデュースを担当。(2017/3/25)

アニソン聴き放題「ANiUTa」登場 大手レコード会社らが新会社 「ファン人口、減るのが一番怖い」 その狙いは
アニメファン長年の悩み「定額制音楽配信サービスはアニソンが少ない」に福音か。(2017/3/24)

バーチャルバンドGorillaz、6年ぶりの新アルバム「Humanz」から4曲をYouTubeなどで公開
Gorillazが新アルバム「Humanz」を4月28日にリリースすると発表。Apple Music、Spotify、YouTubeで4曲を先行公開した。(2017/3/24)

「ふむ、これはいい音楽だ」 ライブ映像に見入る粋なニャンコ
(2017/3/23)

CCCが徳間書店の子会社化を発表 映像・音楽事業と連携した出版物の刊行に取り組む
14日に一部報道により傘下に入ることが伝えられていた。(2017/3/21)

なにこれたーのしー! 「けものフレンズ」OPをインバーターで演奏した動画
最近はモーターで音楽も奏でられるのですね……。(2017/3/19)

「Apple Musicでの2週間先行ストリーミングは50万ドルだった」とチャンス・ザ・ラッパーがツイート
インデペンデントなアーティストはストリーミング競争を利用して稼ぐことで自分を守るべきだと、「Coloring Book」をApple Musicで2週間先行ストリーミングしたチャンス・ザ・ラッパーが語った。この契約でAppleから50万ドル支払われたことも開示した。(2017/3/19)

3月18日は睡眠の日! プロが教える「寝る前儀式」とは?
寝る前30分〜1時間の間にもうけたいリラックスタイム。照明や音楽、アロマなどを取り入れて、寝つきをよくする方法をスリープアドバイザーに伺いました。(2017/3/18)

iOS版「Amazon App」に音声アシスタント「Alexa」追加(米国で)
Amazon.comが、米国のiOS版「Amazon App」に音声アシスタント機能「Alexa」を追加した。Amazon Echoなどを持っていなくても、iPhoneやiPadから音声で発注、音楽再生、天気予報などの質問、1万件以上のskillの利用が可能になる。(2017/3/17)

パーソナライズドラジオのPandora、初のオンデマンドサービスを月額9.99ドルで開始
気に入った曲に傾向の似た曲を流し続けるオンラインラジオの米Pandoraが、2015年に買収したRdioの技術を統合したオンデマンド音楽サービス「Pandora Premium」を米国で提供開始した。価格はApple Musicなどと同じ月額9.99ドルだ。(2017/3/14)

ターゲットは「自宅リア充」 AWAやSpotify対応のWi-Fiスピーカー、デノンが発売
定額制音楽ストリーミングサービスに対応するWi-Fiスピーカーをデノンが発売する。(2017/3/14)

LINEモバイル、2017年初夏をめどに通話定額サービスを提供へ MUSIC+プランのカウントフリー対象も拡大
LINEモバイルが、2017年初夏をめどに「通話定額オプション」の提供を開始する。また、「MUSIC+プラン」のカウントフリー対象の音楽配信サービスも拡大する。(2017/3/14)

JASRACの「音楽教室から徴収」どう考える? 「当然の権利」「公益性問われる」……専門家の見方
JASRACが、音楽教室での演奏から著作権料を徴収する方針を示したことが議論を呼んでいる。著作権法の解釈について、専門家2人に聞いた。(2017/3/13)

格安SIMに「SNS・動画は通信量カウントなし」続々 「通信の秘密」に抵触も?
格安スマホ事業者の提供するSNSや動画、音楽試聴アプリなどをデータ通信量のカウント無しで利用できる「ゼロ・レーティング」が注目を集めている。(2017/3/13)

受講料収入の2.5%を検討:
JASRAC、音楽教室の演奏で著作権料を徴収へ
日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室での演奏から著作権料を徴収する方針を示したことが議論を呼んでいる。著作権法の解釈について、東京大教授でJASRAC外部理事の玉井克哉氏と弁護士の福井健策氏に聞いた。(2017/3/13)

工場ニュース:
インドネシアとインドに電子楽器の新工場を建設
ヤマハは、インドネシアに製造子会社PT. Yamaha Musical Products Asiaを2017年3月に設立し、工場を新設する。また、インドの連結子会社であるYamaha Music Indiaに増資を行い、工場を新設する予定だ。(2017/3/10)

ネットで誰でも自分の本屋が開ける 講談社が電子書籍販売プラットフォーム「じぶん書店」を立ち上げ
将来的には講談社以外の本、動画、音楽なども取り扱う可能性が。(2017/3/9)

既存サービスのユーザー基盤生かす:
LINE、新サービス続々登場 「MOOK」「RECORDS」
LINEは新スマホメディア「LINE MOOK」の正式ローンチと音楽レーベル「LINE RECORDS」の設立を発表。「LINE」「LINE MUSIC」など、既存サービスのユーザー基盤をもとに、コンテンツを幅広い層に届け、相互のシナジーを狙う。(2017/3/8)

YouTubeで日本のMVの多くが海外から視聴できず 背景にはGoogleとの規約問題、国内レーベルの葛藤
エイベックスなど大手音楽レーベル、ネットの著作権問題に詳しい福井健策弁護士に取材した。(2017/3/12)

LINE、独自の音楽レーベル「LINE RECORDS」設立
LINEは、レコード製作や楽曲管理などを行う音楽レーベル「LINE RECORDS」を設立した。(2017/3/8)

声優ユニット「スフィア」が音楽活動を一時休止 10周年に向けた充電期間
豊崎さん「スフィアという存在を残していくために前向きに考えたひとつの道です」。(2017/3/5)

Spotifyの有料会員数が5000万人を突破
音楽ストリーミングサービスSpotifyの有料会員数が5000万人を超えた。競合のApple Musicの昨年12月時点の有料会員数は2000万人だ。(2017/3/3)

需要激減:
ギターが絶滅危惧種になるかもしれない
ギターは絶滅危惧種になるのでは――。音楽ファンの間でこんな懸念がささやかれ始めた。なぜかというと……。(2017/3/1)

ギターは時代遅れの楽器に? ワシントン条約と需要激減で“絶滅危惧種”に
ギターは絶滅危惧種になるのでは――。音楽ファンの間でこんな懸念がささやかれ始めた。(2017/3/1)

SIM通:
「Spotify」がBIGLOBEのエンタメフリーオプションに追加
BIGLOBE SIMの「エンタメフリーオプション」に、定額制音楽ストリーミングサービスの「Spotify」が追加。「YouTube」「Apple Music」などに加え、Spotifyの通信量もカウントせず、定額で利用できる。(2017/3/1)

「作品の対価が音楽文化の発展に寄与する」 JASRACが楽器教室からの著作権料徴収について概要を解説
一部報道やSNS等において事実と異なる情報も広がっている状況を鑑みて解説したもの。(2017/2/28)

スタジオアルタ、せりふのない音楽劇を楽しむ「オルタナティブシアター」開業へ “銀座の夜の過ごし方”提案
パフォーマンスのSNS配信許可なども検討。(2017/2/28)

PR:音楽ダウンロードはドワンゴ 音楽ダウンロードは着信音・着メロ取放題のドワンゴ



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。