ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「音楽」最新記事一覧

ディスクジョグ初搭載! 音楽・動画再生対応ケータイ「mova SO505iS」(懐かしのケータイ)
ソニー・エリクソンの代名詞だった「ジョグダイヤル」に代わり、円盤型の「ディスクジョグ」を搭載したSO505iS。新たに動画再生機能を備えるなど、AV機能に特化したケータイでした。(2018/4/21)

赤ちゃんの泣き声は聞き逃さない 騒音に応じてイヤフォンの音量を自動調節する「Novo」、クラウドファンディング開始
スマートフォンや音楽プレーヤーの音量をコントロールするウェアラブルデバイス「novo」がクラウドファンディング開始。音楽を聞いている間も、玄関のチャイムや赤ちゃんの泣き声を聞き逃さないという。(2018/4/20)

「題名のない音楽会」で「ファイナルファンタジーVII」音楽特集 植松伸夫さんが選んだ厳選5曲を吹奏楽サウンドで披露
楽しみすぎる!(2018/4/20)

洋楽ロック誌「ミュージック・ライフ」がネットで“復刊”
洋楽ロックの専門誌「ミュージック・ライフ」が、20年ぶりにWebで“復刊”。「往年のファンのためのロックのアミューズメントパークを目指す」と森田敏文編集長(60)も意気込んでいる。(2018/4/19)

Apple、全サービスをサブスクリプションへ?
Apple Musicに続き、日本ではまだ公開されていないNewsアプリをサブスクリプション対応にする予定。(2018/4/18)

ケンドリック・ラマーの「DAMN.」にピュリッツァー賞
2018のピュリッツァー賞音楽部門がラッパーのケンドリック・ラマーのアルバム「DAMN.」に贈られた。公益賞は「#MeToo」のきっかけを作ったNew York TimesおよびNew Yorkerが、国内報道賞は大統領選へのロシア政府介入を報じたWashington PostおよびNew York Timesが受賞した。(2018/4/17)

これベッキー? 美しい一枚絵のモデル、J Soul Brothers今市も注目の輝きを放つ
サンミュージック「本人です」。(2018/4/17)

音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始
教育の保護か、権利の保護か――。JASRACによる音楽教室からの著作権料徴収が4月から始まったが、音楽教室の反発は根強い。両者ともそれぞれの目的を「音楽文化を普及させるため」と説明するが……。(2018/4/16)

月謝の値上げは?:
音楽文化の発展か衰退か JASRACが音楽教室での著作権料徴収開始
教育の保護か、権利の保護か−。音楽教室での演奏に対する著作権使用料徴収を認めた文化庁長官の裁定を受け、日本音楽著作権協会(JASRAC)による徴収が4月から始まった。(2018/4/16)

関ジャニ∞、渋谷すばるがジャニーズ退所 「海外で音楽を学び、更に自分の音楽を追究していきたい」
夏のコンサートツアー「関ジャニ’sエイターテインメント GR8EST」から6人体制に。(2018/4/15)

定額制音楽配信サービス、利用者トップは? ICT総研調査
定額制音楽配信サービスで最も利用者が多いのは……ICT総研がアンケート調査を実施。(2018/4/13)

Spotify、音楽使用料支払いシステムのLoudrを買収
Spotifyが、ストリーミングする音楽のライセンス保有者を特定し、支払うシステムを提供する非公開企業Loudrを買収した。(2018/4/13)

「Apple Music」の会員数が4000万人超──Variety報道
Apple Musicの会員数が4000万人を超えたと、Varietyが入手したエディ・キュー上級副社長のメモの情報として報じた。音楽ストリーミングシェア1位のSpotifyは7000万人だ。(2018/4/13)

Equifaxの個人情報流出事件で紛糾した議論
セキュリティ責任者にはコンピュータサイエンスの学位が必須?
Equifaxの個人情報流出事件で、同社のCISO(最高情報セキュリティ責任者)が音楽の学位を修めていたことが批判を浴びた。情報セキュリティのプロフェッショナルがどのような教育を受けているべきか、専門家の見解は。(2018/4/13)

Spotify、Huluバンドルで月額13ドルの音楽+動画プランを米国で開始
Spotifyの米国での新プラン「Premium and Hulu」は、Premium+3ドルでHuluのコンテンツも視聴できる。(2018/4/12)

“音楽”と“周囲の音”を同時に聞けるイヤフォン「Xperia Ear Duo」発売 使い勝手は?
ソニーモバイルが、耳をふさがないイヤフォン「Xperia Ear Duo」を4月21日に発売する。周囲の音も聞きながら音楽を楽しむ「デュアルリスニング」スタイルを提案。国内向けには、音声でLINEのメッセージを送信できる機能を搭載した。(2018/4/12)

音楽と周りの音をデュアルリスニング 耳をふさがないイヤフォン「Xperia Ear Duo」 LINEの送受信にも対応
ソニーモバイルコミュニケーションズが耳をふさがない左右独立型ワイヤレスイヤフォンを発売する。(2018/4/11)

ソニーから耳をふさがないワイヤレスイヤフォン「Xperia Ear Duo」が発売 周囲の音と音楽をブレンドする新体験
音楽を聴きながらスムーズに会話ができちゃう。(2018/4/11)

耳をふさがないスマートなワイヤレスイヤフォン ソニーモバイルが「Xperia Ear Duo」発売
ソニーモバイルコミュニケーションズが左右独立型のスマートヘッドセット「Xperia Ear Duo」を発表。耳をふさがない構造により音楽や音声情報を聞きながら、周囲の音にも注意が向けられる。(2018/4/11)

人気音楽ビデオが相次いで改ざん被害、YouTubeのVevoチャンネルでハッキング
視聴回数トップの「Despacito」をはじめ、人気アーティストの音楽ビデオが相次いで改ざんされた。(2018/4/11)

Spotify、NYSEに直接上場 終値は参考価格を上回る149ドルに
スウェーデンの音楽ストリーミングサービスSpotifyがニューヨーク証券取引所に上場した。新たな株式を発行しない「直接上場」で、初値は165.90ドル、終値は149ドルだった。(2018/4/4)

音楽配信「AWA」にFire TV専用アプリ登場 Alexa対応スキルも
音楽定額配信サービス「AWA」で、ストリーミング端末「Fire TV」専用アプリが登場。音声アシスタント「Alexa」のスキル「AWAステーション」の提供も始まった。(2018/4/2)

DMMが音楽レーベル参入 「DMM music」、声優アーティスト生み出す
DMM.comが音楽レーベル設立。既存のアニメ・ゲーム事業と連携し、声優や声優アーティストの卵を発掘する。(2018/4/2)

ヤマハの音楽教室を空き時間に貸し出し 会議室シェアリングサービスと共同トライアル
防音室の貸し出しトライアルも実施します。(2018/4/2)

PR:初めてのNASはQNAPで! 新生活にぴったりな「TS-228A」徹底活用術
NASと書いてナスと読む。このNASという機器は、ビデオ、音楽などのファイルをスマートに管理してくれるHDDのような製品だ。スマホで撮りっぱなしの写真をスッキリきれいに整理したい人にぴったり!(提供:QNAP株式会社)(2018/4/2)

DMMグループのシナジー生かす:
DMM、音楽レーベル「DMM music」設立 声優や声優アーティストを発掘
DMM.comが音楽レーベル「DMM music」を設立。声優や声優アーティストの発掘・育成を中心とする事業で、グループのアニメやゲーム事業と提携する。(2018/3/30)

楽器教室の空き時間を貸し出し ヤマハとスペイシーが試験導入
ヤマハとスペイシーが、楽器演奏を行える部屋のシェアリングサービスを試験的に始めた。ヤマハ音楽教室の空き時間の他、商業ビルに設置した防音室も貸し出す。(2018/3/30)

Amazon Musicが「Alexa」対応 話し掛けるだけで音楽再生可能に
アマゾンジャパンは3月30日、「Amazon Music」アプリ(iOS/Android)で音声アシスタント「Alexa」が利用可能になったと発表した。スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズと同じように、音声操作で音楽の検索や再生が行えるという。(2018/3/30)

「ウタエル」リリースも収益減:
人気アプリ「つみネコ」旧運営元が破産 音楽アプリ参入が裏目に
人気ゲーム「つみネコ」旧運営元のビースリー・ユナイテッドが破産。負債総額は約4688万円。同タイトルとライセンスビジネスで成長したが、音楽事業参入に伴う投資が大きな負担となり、資金繰りが悪化した。(2018/3/28)

Apple、教師向け無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」今秋提供開始へ
Appleが無料教育カリキュラム「Everyone Can Create」を今秋提供開始する。教師が授業にiPadを使ったスケッチや音楽などのスキルを取り込むのをサポートする。宿題管理アプリ「Schoolwork」も発表した。(2018/3/28)

「クネクネ踊る3D折り鶴」動画が謎の破壊力 音楽付きで再投稿されるなどTwitterで人気に
キモカワ。(2018/3/26)

ボーズが肩にのせるウェアラブルスピーカー発売 SiriやGoogleアシスタントも
ボーズは、肩にのせるウェアラブルスピーカー「SoundWear Companion speaker」を3月29日に発売する。スマートフォンとBluetooth接続し、音楽再生や通話の他、SiriやGoogleアシスタントへのアクセスも可能だ。(2018/3/23)

「黙ってろクズ」「陰キャがなに期待してんの?」――対話型AI「罵倒少女」再び ソニーと丸井がコラボ
罵倒してくれる対話型AI「罵倒少女」が復活する。ソニー・ミュージックエンタテインメントと丸井グループが3月23日、罵倒少女・素子とチャットできるWebサイトを公開。(2018/3/22)

「ギョーザは中にたくさん野菜が入ってるからサラダ」 パンダが屁理屈をこねながら夜食をドカ食いするイラストに共感しかない
パンダ「から揚げを噛むとサクサク音がでるからから揚げは音楽。音楽で太るわけないよね」。(2018/3/20)

FOMA初のジョグダイヤル搭載! 自立スタンドも付いた「FOMA SO905i」(懐かしのケータイ)
十字キーと組み合わせてパワーアップしたジョグダイヤルを搭載したSO905i。ソニーが「BRAVIA」や「ウォークマン」で培った技術を取り入れ、ワンセグの画質や音楽再生機能を強化したケータイでした。(2018/3/17)

音楽ストリーミングサービス「AWA」とe☆イヤホンが提携 有料会員登録で割引も
イヤフォン・ヘッドフォン専門店のe☆イヤホンは、音楽ストリーミングサービスのAWAと提携することを発表した。e☆イヤホンの店舗でAWAの有料会員登録をすると、購入商品から最大2000円を割り引くという。(2018/3/16)

Spotify、ユーザーが曲情報について指摘できる「Line-In」スタート
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、曲のジャンルやアーティスト情報について、ログインすれば誰でも指摘できるツール「Line-In」を開始した。(2018/3/13)

エド・シーランやレッド・ツェッペリンも所属:
FacebookでWarner Music Groupの音楽もBGM利用可能に
Facebookが3大レーベルの1つ、Warner Music GroupとFacebookやInstagramでの楽曲の使用を可能にする総合的なパートナーシップを結んだ。FacebookはUniversal Music Groupとソニーとも同様の契約を既に結んでいる。(2018/3/11)

JASRAC、音楽教室から著作権料徴収 4月1日分から
JASRACが音楽教室からの著作権料徴収を4月1日分から始める。音楽教室側が徴収の保留を求めていたが、文化庁長官が「保留を行わない」との裁定を出したため。(2018/3/8)

複数のEchoで同じ曲再生も Alexaに「マルチルームミュージック機能」
「Amazon Alexa」の新機能として、自宅にある複数のEchoで同じ曲を再生したり、特定のEchoで指定した楽曲を再生したりできる「マルチルームミュージック機能」がスタート。(2018/3/7)

神戸の街に伺いますニャ 野良出身の旅猫・ニャン吉の写真展&猫の音楽会 3月10日、11日に神戸で開催
音楽会には本物のニャン吉さんが登場予定です。(2018/3/7)

JASRACの徴収「保留せず」答申に、音楽教室側は「大変残念」 行政指導求める
JASRACが音楽教室から著作権使用料を徴収する方針に対し、音楽教室側が保留を求めたところ、文化庁の文化審議委員会は「保留を行わない」との答申。音楽教室側は「大変残念」とし、文化庁長官に「行政指導を求める」としている。(2018/3/6)

LINE MUSIC、月額1400円で6人まで聴ける「ファミリープラン」開始
LINEは、定額制オンデマンド型音楽配信サービス「LINE MUSIC」へ最大6人まで聴き放題になる「ファミリープラン」、10カ月分の料金で1年間聴き放題になる「年割プラン」を提供開始した。(2018/3/1)

Spotify、ニューヨーク証券取引所に「直接上場」へ ティッカーは「SPOT」
音楽ストリーミングサービスのSpotifyがニューヨーク証券取引所への直接上場を申請した。先日上場申請したDrdopbox同様に赤字だが、有料会員数は順調に伸びている。(2018/3/1)

世界を読み解くニュース・サロン:
なぜ伝説のプロデューサーは天才たちをディスりまくったのか
最近、米国で著名人たちのインタビューが物議を醸している。インタビューの中で最も強烈な発言をしたのは、伝説的な米音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズだ。とんでも主張の数々に、後に本人がことの重大さに気付いて謝罪するという事態になっている。(2018/3/1)

ポッドキャストを録音・編集・配信できるiOS/Androidアプリ「Anchor 3.0」登場
iPhoneやAndroid端末でポッドキャストを録音・編集・配信できるアプリ「Anchor 3.0」が無料で公開された。グループでの録音や音楽の追加もサポートする。完成したポッドキャストはAppleやGoogle、Spotifyのサービスで公開できる。(2018/2/23)

立ちどまるよふりむくよ:
「ピアノToy-Con」に至る任天堂音楽ソフトの歴史
4月20日のNintendo Laboまで待てない人向けに、任天堂音楽ソフトのこれまでの流れをまとめてみた。(2018/2/23)

Spotifyがオリジナルスマートスピーカー開発へ? 「ハードウェア担当マネジャー」求人中
音楽ストリーミング大手のSpotifyが、「初のハードウェア製作中」として担当者を求人している。概要に「コネクテッドなハードウェアでSpotify体験を提供する」という記述もある。(2018/2/21)

1枚の画像が音楽に自動変換! 元・三木道三のDOZAN11が開発した音楽ソフト「PhotoMusic 2」が斬新すぎる
画像の明るい色はメジャーコード、暗い色はマイナーコードに。(2018/2/20)

「Galaxy S9」(仮)の着信音「Over the Horizon」はクラシカルアレンジ(動画公開)
Galaxyシリーズで毎年変わるデフォルトの着信音「Over the Horizon」の2018年版が公開された。「Galaxy S9」(仮)に搭載される見込みの新着信音はクラシック音楽のようなアレンジだ。(2018/2/20)

PR:音楽ダウンロードはドワンゴ 音楽ダウンロードは着信音・着メロ取放題のドワンゴ



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。