ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「復帰」最新記事一覧

自動運転技術:
自動運転中のドライバーが手動運転に復帰できるか見分けるには?
自動運転車のステアリングを開発する上で、ドライバーが手を添えたことを検知するセンサーが重要になりそうだ。自動運転車では、自動運転システムからドライバーに運転を切り替える場面が発生する。このとき、安全に余裕を持って運転をバトンタッチする必要があるからだ。(2016/6/29)

織田信成、ケガから復帰した羽生選手にエール「しっかり治そ、無理しなくていい」
木曜レギュラーを務めるTBSテレビ「あさチャン」で。(2016/6/23)

ソフトバンク、アローラ氏の後任に宮内氏 1年ぶり代表取締役に復帰
ソフトバンクグループは、ニケシュ・アローラ氏に代わり、同社取締役でソフトバンク社長の宮内謙氏を代表取締役副社長に選定したと発表した。(2016/6/22)

ベッキー仕事復帰へ 今度は「人を傷つけない恋愛したい」
BSスカパー!の音楽番組「FULL CHORUS 〜音楽は、フルコーラス〜」でまずはレギュラー復帰予定。(2016/6/10)

自動運転技術:
ドライバーの状態をカメラとAIで把握する車載センサー、オムロンが開発
オムロンは、ドライバーが安全運転に適した状態かを判別する「ドライバー運転集中度センシング技術」を搭載した車載センサーを開発した。カメラで撮影したドライバーの顔と動作の映像をディープラーニングで処理し、ドライバーが自動運転から手動運転に復帰できるか判断する。2019〜2020年に販売される自動運転車などへの採用を目指す。(2016/6/7)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
清原被告の“復帰”は難しい、これだけの理由
プロ野球界の“元番長”に審判が下った。覚せい剤取締法違反の罪に問われていた清原被告は、国側の手助けを受けることなく、今後は自力で更生の道を歩むことになった。しかし、本人が望んでいるプロ野球界に復帰することはできるのだろうか。(2016/6/2)

北川みゆき「せいせいするほど、愛してる」実写ドラマ化 タッキーと武井咲の禁断の恋!?
滝沢秀明さんは7年ぶりのTBSドラマ復帰。(2016/5/25)

Nokia、携帯市場に復帰 鴻海と協力
Nokiaが鴻海と協力し、携帯電話市場に再参入する。(2016/5/19)

「金スマ」ベッキー復帰で視聴率24.0% 番組史上最高記録を更新
瞬間最高視聴率は26.6%でした。(2016/5/16)

「ゲスの極み乙女。」川谷絵音がベッキー復帰放送を受けブログ更新 不倫関係を認め謝罪
「週刊文春さんで報じられたLINEの内容は全て本物です。かつベッキーさんと友達関係だと最初のFAXでお伝えしましたが、あれは嘘であり、恋愛関係にありました」(2016/5/14)

ベッキーが公式ブログを元旦以来の更新 一連の件について謝罪
復帰した「金スマ」放送直前の更新でした。(2016/5/13)

ベッキー「金スマ」で“心を入れ替えて”復帰 涙声で謝罪し番組に合流
目をうるませ「私事でご迷惑おかけして申し訳ありませんでした」と謝罪しました。(2016/5/13)

ベッキー復帰にTwitterで賛否 「うれしすぎ」VS「あざとい」 なぜかショーンK待望論も
ベッキー復帰が発表された12日、Twitterには賛否両論の投稿が相次いだ。(2016/5/13)

モデル・西山茉希、1日限りの仕事復帰に賛否両論 産後1カ月“スピード復帰”の真意を打ち明ける
子どもを持つママたちから激励の声も。(2016/5/10)

「椅子に座れる幸せ」と冨樫さんが復帰にコメント 「HUNTER×HUNTER」1年8カ月ぶり連載再開
来週号にも掲載されるよ!(2016/4/18)

ミツミ電機 MM1897:
ラッチアップ解除機能を内蔵したLDOレギュレーターIC
ミツミ電機は、自動復帰のシーケンスを有するラッチアップ解除機能を内蔵した、LDOレギュレーターIC「MM1897」を発表した。(2016/4/13)

ミツミ電機 MM1897:
ラッチアップ解除機能内蔵のLDOレギュレーターIC
ミツミ電機は、自動復帰のシーケンスを有するラッチアップ解除機能を内蔵した、LDOレギュレーターIC「MM1897」を発表した。ラッチアップによるマイコンの破壊防止に貢献するという。(2016/3/31)

クックパッド穐田氏が代表退任 創業者佐野氏、執行役に復帰 「料理に集中」
クックパッド穐田氏が代表を退任。創業者の佐野氏は執行役に復帰した。今後は料理を柱とした事業に集中するという。(2016/3/25)

ママ予備軍も知っておきたい――妊娠・出産から職場復帰をサポートする「カムバ!」
女性にとって「妊娠・出産」は人生の一大イベントの1つです。さらに、出産後も働き続けたいと考えているなら、職場復帰は大きな課題。そんな初めてのことばかりで戸惑う生活を少しでも手助けしてくれるのが「カムバ!」です。(2016/3/23)

みのもんた、2年半ぶりにキャスター復帰 ネット生放送「よるバズ!」放送
4月11日より本開局するネットテレビ局「AbemaTV」内のニュース番組で。(2016/3/15)

一度聞いたら依存症? 美しいハーモニーで下ネタ歌う「ブリトラ」が16年ぶりメジャー復帰
知る人ぞ知るフォークデュオ「ブリトラ」が、16年ぶりに再メジャーデビュー。(2016/3/2)

IBM InterConnect 2016 Report:
ホンダのF1復活への布石、データでIBMと組む理由とは?
2015年にパワーサプライヤーとしてF1に復帰したホンダ。年々厳しくなるF1のルールに対応すべく、日本IBMとデータ分析システムを構築した。開幕が近づく2016年シーズンに向けた取り組みを聞く。(2016/2/23)

文字数制限を1万字に拡大:
米ツイッターで内紛か お騒がせ創業者の復帰で幹部社員が一斉退社
短文投稿サイトの米ツイッターが文字数制限を1万字へ拡大すると話題を呼んでいる。経営の混乱と業績低迷で“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻したが、今度は主要幹部が一斉退社するという「非常事態」に陥った。(2016/2/9)

米Twitterで内紛か お騒がせ創業者の復帰で幹部社員が一斉退社 起死回生「140字→1万字」の成算はいかに?
「つぶやいている」場合じゃない?――Twitterが非常事態だ。一度は放逐した“お騒がせ”創業者をトップに呼び戻したが、今度は主要幹部が一斉退社。文字数制限は1万字に拡大されるとの観測だ。(2016/2/8)

モータースポーツ:
「復帰と言うよりも初参戦」、18年ぶりのWRCに向けて動き出したトヨタ
トヨタ自動車は東京都内で会見を開き、2016年のモータースポーツ活動計画を発表した。2016年は、18年ぶりの参戦となる2017年の「FIA 世界ラリー選手権(WRC)」に向けた準備の1年となる。また、「FIA 世界耐久選手権(WEC)」には新開発のハイブリッドシステムを搭載した「TS050 HYBRID」で挑む。(2016/2/5)

リクルート、女性の妊娠/出産から職場復帰まで応援するアプリ「カムバ!」リリース
リクルートホールディングスは女性の子育てと仕事の両立をサポートするアプリ「カムバ!」をリリース。妊娠中のアドバイスや出産前・職場復帰前の時期に応じた「やることリスト」などを提供する。(2016/2/2)

浦島太郎にならないために:
PR:10年超のブランクを克服して現場復帰したエンジニアは、空白期間に何をしていたのか?
「ドッグイヤー」と言われるほど変化の早いIT業界では、たった数年IT業界から離れていただけで取り返しがつかないことになる場合がある。一方、10年以上現場を離れていても、ITの仕事に復帰するエンジニアもいる。その差はどこにあるのだろうか。(2016/1/29)

ニコン好調続く「D5500 ダブルズームキット」が4週ぶりの1位に
3週連続1位のキヤノン「EOS Kiss X7 ダブルズームキット」に替わって、ニコン「D5500 ダブルズームキット」が12月以来の1位に復帰した。(2016/1/25)

イトーヨーカ堂がトップ人事 亀井前社長が再登板
業績が低迷するイトーヨーカ堂が異例のトップ人事。戸井社長に代わり、同社前社長で、顧問を務めていた亀井氏が復帰した。(2016/1/12)

お金がない生徒にただでご飯をあげて解雇された学校職員、仕事に戻れることに
学区側が仕事に復帰させることを申し出たとのこと。(2015/12/25)

お前がカーチャンになるんだよ! NEETを社会復帰させる最大の自宅攻防戦が「闘会議2016」で開催
題して「自宅警備員立てこもり事件突入大作戦」。激闘の予感。(2015/12/11)

山形県民「いがったいがった」 NHK山形のお天気お姉さんが番組復帰
戻ってきてくれてこっちも号泣。(2015/12/7)

Androidの父が再び子ども(Androidスマホ)の元に帰ってくる?
Androidの生みの親であり2年前までその事業を率いていたアンディー・ルービンがAndroidスマートフォンベンダーを立ち上げて復帰するかもしれない。(2015/12/3)

R25スマホ情報局:
【iPadPro】「スリープ死」に困惑
iPad Proが充電後にフリーズして復帰できなくなるというトラブルの報告がツイッター上で続出。強制終了などの操作で一時的に対応している人が多いようです。(2015/11/25)

gooスマホ部:
ひつじの執事復帰させるには
間違ってひつじの執事をアンインストールしてしまいました。(2015/10/14)

界王さまの声優・八奈見乗児さんが療養のため「ドラゴンボール超」降板 復帰は今後の状況を鑑みて
北の界王およびナレーターは、第12話の放送より龍田直樹さんが務める。(2015/9/25)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ちかぢか48歳。ゴン中山は“奇跡”を起こせるのか
47歳の元日本代表FW・中山雅史氏が現役復帰に向けて動き出した。3年近くのブランクを経て、再びプロのピッチに立つことはできるのか。(2015/9/10)

声優の中村繪里子さん、病気療養からの復帰を報告
この1週間ほど入院と自宅療養を続け、仕事を休んでいました。(2015/8/19)

大山のぶ代さんが舞台「ダンガンロンパ」で声優復帰 認知症公表後初の仕事
モノクマの声を舞台用に新録です。(2015/7/24)

ジャポニカ学習帳から消えた「昆虫」、人気投票で復刻 “本格復帰”の可能性を聞いてみた
「ジャポニカ学習帳」表紙の人気投票で昆虫のデザインが上位を独占。復刻が決まった。一般販売されているジャポニカ学習帳からは12年以降、昆虫の表紙が消えているが、復活の可能性はあるだろうか。(2015/7/7)

冥王星に迫るNASA探査機「ニューホライズンズ」、7日にセーフモードから復帰へ
冥王星への最接近目前にして探査機ニューホライズンズに障害が発生したが、原因は判明して7日には通常の状態に復帰できる見通しに。(2015/7/6)

「名探偵コナン」連載再開へ 「完全復帰!」と作者の青山剛昌さんコメント
作者入院により連載はお休みしていた。(2015/7/1)

彗星着陸機「フィラエ」、7カ月の休眠から目覚める
史上初の彗星着陸を果たした着陸機「フィラエ」がバッテリー切れによる休眠状態から復帰した。(2015/6/15)

TECHNO-FRONTIER 2015:
外部センサーを使わず原点復帰! バッテリーも不要なステッピングモーター
オリエンタルモーターは「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア)2015」で、ステッピングモーターユニット「αSTEP AZシリーズ」を展示。同社独自開発のバッテリーレスな機械式センサーの搭載により、外部センサーを使わずに高精度な原点復帰を可能にしている。(2015/5/29)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
“給料泥棒”が続く、松坂大輔に残された引退までのタイムリミット
日本球界に復帰した、元メジャーリーガーの松坂大輔投手が苦しんでいる。開幕して2カ月以上が経過したが、公式戦一軍マウンドにはいまだ立てていない。周囲からはそろそろ“結論”を出すころではないか、といった声も聞こえてくる。(2015/5/25)

ベネッセ社員が産休から復帰しても“浦島太郎”にならないワケ
出産や育児で長期間、会社を離れていると、社会から取り残された気分になり、自分のスキルが通用するのか不安になる――。そんな産休・育休中の女性社員が、自宅にいながらにして会社と接点を持ち続けられる仕組み作りに取り組んでいるのがベネッセだ。(2015/5/19)

「まだできる」 浅田真央さん「試合復帰」を決意 ブログで「完全復活したい」
今季休養し、現役復帰の可能性を「ハーフハーフ」と語っていたフィギュアスケーターの浅田真央さんが18日、公式ブログで復帰に向けて練習しているとを明らかにした。(2015/5/18)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
かつてのスーパースター・清原和博氏は、球界に復帰することができるのか
TBS系『中居正広の金曜日のスマたちへ』に登場した清原和博氏が、自身の現況について語った。週刊誌で薬物疑惑などが報じられ、イメージが悪くなってしまったが、かつてのスーパースターは球界に復帰することができるのだろうか。(2015/4/23)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
注目されているカープの中で、注目されていない監督に迫る
今年もプロ野球が開幕する。ヤンキースからOBの黒田投手が復帰したことで、広島カープは12球団の中で最も注目されているが、今季から指揮をとる緒方監督のことはあまり報じられない。気になったので、調べてみると……。(2015/3/26)

広島カープに電撃復帰した黒田投手のマンガ 3月13日より無料配信
黒田博樹選手の激闘と今年への決意を描いた。(2015/3/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。