ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テレビ」最新記事一覧

iPhoneが懐かしのブラウン管テレビみたいに レトロなスタンドがかわいらしい
オシャレなインテリアに。(2017/9/17)

Macの「iTunes 12.7」でiOS端末アプリストアなくなる
Macの「iTunes」アプリがバージョン12.7にアップデートし、「ミュージック、ムービー、テレビ番組、Podcast、およびオーディオブックに重点」を置いたアプリになった。最も大きな変更は、iOSアプリの購入・ダウンロードができなくなったことだ。(2017/9/13)

Apple、4K/HDR対応の「Apple TV 4K」を発表
米Appleは9月12日(現地時間)、スペシャルイベントで、「Apple TV 4K」を発表した。フルHDの4倍の解像度を持つ4KとHDRをサポート。「かつてない高画質を実現した」という。(2017/9/13)

4K、HDR対応の新「Apple TV」発表
米Appleが第5世代となる新「Apple TV」を発表した。4K解像度とHDRに対応する。【更新】(2017/9/13)

うちの猫もCMに!? お家で簡単に「CIAOちゅ〜る」CM風動画が作れるアプリがにゃんともかわいい
テレビ<ちゅ〜る ちゅ〜る CIAOちゅ〜る〜。(2017/9/12)

Amazon、4K/HDR対応でAlexa搭載のハイエンド「Fire TV」年内発表か
Appleが9月12日のイベントで新しい「Apple TV」を発表するとうわさされる中、Amazonも2年ぶりに「Fire TV」をアップデートするとAFTVnewsが報じた。4K/HDRをサポートし、音声アシスタント「Alexa」を搭載するのでリモコンがなくても操作できるという。(2017/9/12)

シルバニアファミリー、ついにテレビアニメ化 10月7日から毎週土曜朝テレ東で
さまざまな形で映像化されてきましたが、テレビシリーズとしては初。(2017/9/7)

「ドラクエX」が“地上波史上最長”6分のCM 「FNS27時間テレビ」内で一夜限りの放送
5分番組より長いCM。(2017/9/6)

蓄電・発電機器:
家電も動くハンディ蓄電池、ホンダが発売
ホンダはハンディタイプの蓄電機の販売を開始した。交流による電力供給が可能で、テレビなどの家電も利用できる。(2017/9/6)

「大企業のPR」の声も?:
ドコモ、鹿島……NHK「サラメシ」の社長特集が話題に
NHKが8月23日に総合テレビで放送した「サラメシ」の特番が話題になっている。(2017/9/5)

「ピングー」の新しいテレビシリーズ放送決定 10月からEテレで
クレイアニメからCGアニメに。(2017/9/5)

損害賠償1億3200万円要求:
日亜化学、東芝子会社を提訴 液晶TV部品の特許侵害で
東芝の連結子会社東芝映像ソリューションが、精密化学品開発の日亜化学から提訴された。テレビ2製品で使用している部品が、特許2件を侵害しているためという。(2017/9/4)

PR:大切な人へのプレゼントにも――テレビの音を手元で聞けるワイヤレススピーカーの選び方
テレビの音が聞こえにくいと感じたことはありませんか? オーディオテクニカの「SOUND ASSIST(サウンドアシスト)」シリーズは、日常の音にまつわる問題を解決してくれるテレビ用のワイヤレススピーカー。タイプの異なる3製品を紹介します。(2017/9/4)

テレビアニメ「ツヨシしっかりしなさい」 アニマックスで再放送
ソフト化されていない幻のアニメ。(2017/9/2)

オーディオの設計思想をテレビに、新生オリオン電機から「極音」登場
オリオン電機は、液晶テレビの新シリーズ「極音」(きわね)を10月に発売する。オーディオ製品の設計思想を持ち込み、薄型テレビの音質改善に取り組んだ意欲作だ。(2017/9/1)

シャープ、初の8K対応テレビ「AQUOS 8K」発表――70V型で100万円
シャープが世界初の8K対応テレビ“AQUOS 8K”の70V型「LC-70X500」を発表した。2018年12月にNHKが開始する「8K実用放送」に先駆け、日本では2017年12月1日に発売する。(2017/8/31)

「サンリオのデザインノウハウを生かす」:
「バッドばつ丸」が「幽☆遊☆白書」とまさかのコラボ
サンリオの「バッドばつ丸」とTVアニメ「幽☆遊☆白書」がコラボ。「キャラクターデザインのノウハウを生かし、両者の新しい魅力を引き出したい」という。(2017/8/31)

シャープのライバルは「アクオス」 米市場で“強敵”自社ブランドに挑む
シャープが米国市場で自社の液晶テレビブランド「アクオス」を敵に回し戦うことを決めた。米国での同ブランドの使用権を中国企業に譲渡してしまったため、新ブランドを掲げて再参入する方針だ。(2017/8/31)

1000万台達成に自信:
シャープのライバルはアクオス 米市場で"強敵"自社ブランドに挑む
シャープが米国市場で自社の液晶テレビブランド「アクオス」を敵に回し戦うことを決めた。米国での同ブランドの使用権を中国企業に譲渡してしまったため、新ブランドを掲げて再参入する方針だ。(2017/8/30)

「24時間テレビ」マラソンランナーを追う「24時間マラソン追跡団」はどんな人たち? メンバーに聞いてみた
結成のきっかけや24時間テレビのスタッフとの交流について聞きました。(2017/8/29)

パナソニック、有機ELテレビに77V型の「TH-77EZ1000」を追加
パナソニックは、有機ELテレビ「EZ1000」シリーズに77V型の「TH-77EZ1000」を追加する。受注生産で9月22日に発売予定。(2017/8/28)

パナソニックが目指した“最高峰のリビングテレビ”とは? 1.8倍も明るくなった「EX850シリーズ」登場
パナソニックは4K対応液晶テレビの上位機「EX850」シリーズを10月に発売する。「リビングルームに置くテレビの最高峰を目指した」という意欲作だ。(2017/8/28)

あの「どーもくん」がロボットになった! 二足歩行やダンスもOK、テレビでもお披露目へ
「東京パフォーマンスドール」とコラボした「東京パフォーマンスどーも(TPDomo)」としてダンスも披露。(2017/8/28)

24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議 視聴者から非難の声
ぜん息は死亡例もある病気。(2017/8/27)

ソニーの有機ELテレビ「KJ-65A1」と比べて分かった“液晶の限界”
4社から登場した有機ELテレビ。今回はソニー「KJ-65A1」を取り上げる。液晶フラグシップ「Z9D」も一緒にチェックしたが、改めて液晶タイプの画質面の限界を思い知ることになった。(2017/8/25)

タツノコヒーロー共闘アニメ「Infini-T Force」、早くも映画化決定! 2018年2月公開予定
テレビアニメは2017年10月から放送。Huluでは先行配信も。(2017/8/25)

「Apple TV」、米国市場でのシェア減少──Parks Associates調べ
Appleのストリーミング端末「Apple TV」は米国のストリーミング端末市場で2015年から4位だが、2017年第1四半期にさらにシェアを落とした。トップはRokuで、Amazon、Googleと続く。(2017/8/25)

ピクセラ、Mac用USB外付けテレビチューナーにダブル録画対応モデルを追加
ピクセラは、Mac用外付けテレビチューナー「PIX-DT195」の上位モデルを発表。ダブルチューナー搭載モデルとなっている。(2017/8/25)

新「Apple TV」、4Kやライブサポートで9月のiPhoneイベントで発表か
Appleが9月の次期iPhone発表イベントで、新「Apple TV」も発表するとBloombergが報じた。4K、HDR、ライブをサポートするという。(2017/8/25)

各社の違いはココだ! 麻倉怜士の有機ELテレビ画質比較教室
2017年はLGエレクトロニクスに加え、ソニー、東芝、パナソニックから有機ELテレビが発売された。各製品の画質はどう違うのか。OLEDの勃興から現在に至る汗と涙の進化を見つめ続けた“OLEDエヴァンジェリスト”麻倉怜士氏がズバッと回答。(2017/8/22)

ネットのPR動画はなぜ「炎上」するのか テレビCMとの違いとは
企業や自治体のインターネット動画で、表現が問題視される例が増えている。表現を理由に削除に追い込まれた動画は少なくない。一方で、奇抜さが成功を呼んだ例もある。一線を分けるのは何か。(2017/8/22)

PR:夏休みの思い出をいつでもどこでも 「AS3102T」で始めるデジタルアルバム
NASがあれば家族や親戚がどこからでも閲覧できる共有のフォトアルバムを簡単に作成できる。スマホやテレビで夏の思い出を楽しもう。(2017/8/21)

リテルヒューズ SP2555NUTGシリーズ:
2.5pFの低キャパシタンスTVSダイオードアレイ
リテルヒューズは、保護力を強化した低キャパシタンスTVSダイオードアレイ「SP2555NUTG」シリーズを発表した。静電気放電、ケーブル放電事象、電気的ファーストトランジェント、雷サージに対する保護を強化している。(2017/8/17)

一緒に「よろしくお願いしまぁぁぁすっ!!(ポチッ)」 「サマーウォーズ」テレビ放送との連動サイト開設
放送に合わせて、スマホで一緒に暗号を解いたり「こいこい」したりもできるぞ。(2017/8/16)

ガラケーからiPhoneへの切り替えキャンペーン、日本オリジナルCM連動で開始
テレビでスタートした日本独自CMと連動し、Apple Storeでのケータイ下取りキャンペーンがスタートした。(2017/8/12)

「は?」 テレビアニメ「ポプテピピック」3カ月放送延期に 理由は「キングレコードの勘違い」
アタイ……ゆるせへんっ!!(2017/8/11)

Facebook、動画配信サービス「Watch」スタート
動画に力を入れるFacebookが、Facebook上の新たな動画配信コーナー「Watch」を立ち上げた。Snapchatの「Discover」に似ているが、Apple TVやChromecastでも視聴できる。将来的には広告を表示してパートナーと売り上げを分配する計画。(2017/8/10)

伊藤潤二作品が2018年冬テレビアニメ化 監督に田頭しのぶ、伊藤潤二「原作を愛してくださっている」
『伊藤潤二傑作集』『魔の断片』を原作とするようです。(2017/8/10)

カナダのTV番組、ドアップで映り込んだ「巨大カモメ」が放送されるハプニング → 連続発生して開き直る
もう笑うしかない。(2017/8/13)

医療機器ニュース:
透視画像処理技術とネットワーク機能を強化したX線TVシステムを発売
島津製作所は、X線TVシステム「FLEXAVISION HB package eXceed edition」「FLEXAVISION FD package eXceed edition」を発売した。新しい透視画像処理技術によってクリアな画像を取得し、ネットワーク機能の強化で効率的なシステム運用ができる。(2017/8/9)

Disney、動画配信サービス立ち上げへ Netflixとの契約は終了
Walt Disney Companyも動画配信サービスに参入する。DisneyやPixarの映画やテレビ番組を独占配信するDisneyブランドのサービスを2019年に米国で立ち上げる。Netflixへのコンテンツ提供は2018年に終了する。(2017/8/9)

テレビアニメ「だがしかし」2期決定! 2018年に放送
またほたるさんに会えるぞ!(2017/8/9)

JASRACがテレビCM 「店舗でBGM利用には手続き必要」と呼び掛け
JASRACがテレビCMを開始。JASRAC管理楽曲を店舗でBGM利用する場合、著作権の手続きが必要であることを周知する。(2017/8/8)

「ダ・ゾーン」、ついにPS4とPS3に対応――大画面でスポーツ観戦
スポーツ専門のライブストリーミングサービス「DAZN」(ダ・ゾーン)が8月8日から「PlayStation 4」および「PlayStation 3」をサポート。大画面テレビでもスポーツコンテンツを楽しめる。(2017/8/8)

VRの世界広がる未知の市場 「一家に1台。テレビ以来のイノベーション」
技術や競技性が鍵を握る「ゲーム新時代」に向けた業界の現状と展望を探る。(2017/8/8)

auのLTE対応ケータイ「MARVERA」「かんたんケータイ」、8月10日に発売 「テレビde写真」も提供
KDDIは、8月10日に4G LTE対応の折りたたみ型ケータイ「MARVERA KYF35」「かんたんケータイ KYF36」を発売。ケータイの写真を自宅のテレビに映して楽しめる「テレビde写真」も提供を開始する。(2017/8/7)

アニメ「食戟のソーマ」、薙切えりな役の声優が変更 種田梨沙から金元寿子へ
療養から復帰したばかりで、体調を考慮しながらの仕事再開となること、長期にわたるテレビシリーズであることなどを理由に。(2017/8/7)

懐かしのケータイギャラリー:
2軸回転に大画面 FMラジオ(録音対応)付きのWINケータイ「W21SA」
BREWアプリに初対応したWINケータイの1つとして登場した「W21SA」は、auでは初めて2軸回転ボディーを採用した製品です。録音機能に対応したFMラジオや、写真やムービーをテレビに映して楽しめるエンタメ系ケータイでした。(2017/8/6)

黄金を巡る冒険サバイバル漫画『ゴールデンカムイ』がテレビアニメ化決定!
テレビから「ヒンナヒンナ」。(2017/8/3)

ジャンプの名作『封神演義』 再びテレビアニメ化決定!
朗報。(2017/8/3)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。