ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「テレビ」最新記事一覧

映画「虐殺器官」の公開を記念して、「屍者の帝国」「ハーモニー」がテレビ初放送決定! 中村悠一によるプロモーション映像も放送
「屍者の帝国」が1月28日26時20分から、「ハーモニー」が2月4日26時20分から、それぞれフジテレビで放送予定。(2017/1/17)

シンプルにテレビやPCの音をアップグレード――DALIからアンプ内蔵スピーカー「ZENSOR AX」シリーズ
ディーアンドエムホールディングスは、デンマークDALIのスピーカーシステム「ZENSOR(センソール) AX」2機種を2月上旬に発売する。シンプルなシステムでテレビやPCの音質をアップグレードできるアクティブタイプだ。(2017/1/17)

IoTは「データを集めて可視化/分析する」までをワンセットで考える:
PR:IoTを活用した古河電工の見守りサービス「CATI」が少人数/短期間で実現できた理由がコレ! 肝となるデータ分析環境はOracle BI Cloud
国内企業においてIoTへの取り組みが加速している。古河電気工業は先頃、対話型ロボットとパブリッククラウドを活用したケーブルテレビ事業者向けシステム「CATI」のデモンストレーションを披露した。ロボットからクラウドに送られる各種データの分析基盤には「Oracle BI Cloud Service」を利用している。[ビッグデータ][Big Data](2017/1/17)

動画配信だけではない:
なぜフジテレビの「FOD」は急成長中なのか?
海外プレイヤーが参入するなど、競争が激化する日本の動画配信サービス市場。そうした中でフジテレビが運営する「FOD」が好調だ。その理由とは……。(2017/1/16)

2016年に最も多くの4Kテレビを売った会社は?――「BCN AWARD 2017」
BCNがデジタル家電やPCなどの年間販売台数ナンバー1を表彰する「BCN AWARD 2017」の受賞社を発表した。今年で18回目を迎える同アワード。今回は全121部門で58社が受賞した。(2017/1/12)

「アベマTV、早くも曲がり角」とする報道をサイバーエージェント社長が否定 「事実誤認させてしまう」内容と指摘
悲観的な内容が見られる前半部分が、まとめサイトで記事化されています。(2017/1/12)

「AbemaTVは曲がり角」報道、藤田社長がブログで反論
「AbemaTV、早くも曲がり角」――こんな記事に、サイバーエージェントの藤田社長が反論した。(2017/1/12)

「魔法陣グルグル」約17年ぶりに新作テレビアニメ化 ニケとククリの冒険物語が帰ってくるよ!
気になる2人のキャストは、1月21日発売の最新刊で発表。(2017/1/12)

別物じゃねーか! 「ひかりTV」4K映像の説明がすがすがしいほどの誇張表現
4Kはやっぱすげえや!(2017/1/12)

東芝、初の4K有機ELテレビ発表 3月発売へ
東芝初の4K有機ELテレビ「X910シリーズ」が3月上旬に発売へ。(2017/1/11)

東芝が初の4K有機ELテレビ「X910」シリーズを発表――あの「KURO」と同じ映像モードを搭載
東芝が4K/HDR対応の大画面有機ELテレビを国内で発表した。「真実の“黒”を求めて辿り着いたのが4K有機ELレグザ」という画質重視モデルだ。しかも高画質テレビとして知られるパイオニア「KURO」と同じ映像モードを搭載したという。(2017/1/11)

CES 2017:
216枚の有機ELテレビに包まれる新体験 韓国LGが技術力アピールで一歩リード(動画あり)
有機ELディスプレイをトンネル状に設置した、韓国LG Electronicsブースの鑑賞型アトラクションがすごい。(2017/1/10)

トミカが史上初のテレビアニメ化! 小学生が警察・消防・救急の車型変形ロボを操縦して街の平和を守る
タイトルは「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド 機動救急警察」。4月から放送開始。(2017/1/9)

スマホゲーム「戦姫絶唱シンフォギアXD」のテレビCM 一部画像が不適切だったとして修正へ
Webで公開されていたCMの動画は削除された。(2017/1/8)

ITはみ出しコラム:
Amazonの音声操作できるテレビに期待すること
GoogleもAppleもいまひとつ攻略できていない「テレビ」ですが、Amazonに勝算はあるのでしょうか。(2017/1/8)

ビジネスギア探訪:
ちょっと前に流行ったスティックPCはビジネスに使えるか?
2014年頃に「スティックPC」が登場しました。今では家庭のテレビなどにつなげて動画サービスを楽しむといった用途が中心です。これを仕事の場合なら、どう活用できるのかを検証してみます。(2017/1/7)

ソニー、有機ELテレビに再参入 4K対応、画面が震えて音声出力
ソニーが「CES 2017」で、4K有機ELテレビを発表。日本を含む世界で年内に発売する。(2017/1/6)

CES 2017:
ソニー初の4K有機ELテレビを発表、平井社長は“HDRワールド”の広がりを強調
ソニーが「CES 2017」に先駆けて新製品を発表。特に注目したいのが、4K有機ELテレビ「BRAVIA OLED A1E Series」。平井社長は以前から掲げている「ユーザーに感動をもたらし、人々の心を刺激する会社であり続ける」ことの継続を約束した。(2017/1/6)

CES 2017:
日本でも販売へ!――ソニーの有機ELテレビ「A1E」を見てきた
ソニーが“有機ELブラビア”「A1E」シリーズをはじめとする薄型テレビ製品群を発表した。それぞれにどんな“ソニーの最新テレビ”なのか、現地で発表された製品を取材して分かったことをまとめてみよう。(2017/1/6)

CES 2017:
後ろもスゴいぞ! ソニー、4K有機ELテレビ「A1Eシリーズ」をお披露目
ソニーが4K/HDR対応の有機ELテレビ「A1E」シリーズをお披露目。日本国内での販売も予定しているという久しぶりの自発光テレビだ。しかもスピーカーレス。(2017/1/5)

CES 2017:
LGエレが“壁紙テレビ”を発表――有機ELテレビの新製品「OLED TV W」シリーズ
LGエレクトロニクスが「CES 2017」で薄型テレビの新製品を大量に発表。コンセプトが「“Wallpaper” TV」という、薄くて軽量な「OLED TV W」シリーズも披露した。(2017/1/5)

CES 2017:
「Google Assistant」が「Android TV」や「Android Wear」にやってくる
Googleの音声認識AIアシスタント「Google Assistant」が「Android TV」搭載テレビやSTBで利用できるようになる。(2017/1/5)

「天才テレビくんMAX」伊藤元太が8月に逝去していた 友人との川遊びで水難事故に
18歳の若さでした。(2017/1/5)

CES 2017:
今度こそ日本発売も! パナソニックの有機ELテレビはここがスゴい
パナソニックが欧州と日本のメディア向けに記者会見を開催し、4K有機ELテレビ「EZ1000」シリーズを発表した。今回は、「日本での展開も視野に入れて開発を進めているテレビ」という。映像処理プロセッサーも最新世代の「Studio Colour HCX2」を搭載する。(2017/1/4)

CES 2017:
Amazon、4Kテレビに進出 「Alexa」で操作できるテレビを中国メーカーが年内発売へ
Amazonの「Fire TV」を組み込んだ、「Alexa」で音声制御できる4Kテレビが年内に米国で発売される。同社と提携する中国のテレビメーカーが最大65インチのテレビをAmazon.comなどで発売する見込みだ。(2017/1/4)

CES 2017:
パナソニックが最新世代の有機ELテレビとUHD BDプレーヤーを発表
アメリカのラスベガスで世界最大のエレクトロニクスの展示会「CES 2017」が1月5日から始まる。それに先駆け、現地時間3日の夜にパナソニックが欧州と日本のメディア向けに記者会見を開催。第3世代となる4K対応の有機ELテレビ「EZ1000」シリーズと、Ultra HD Blu-rayプレーヤー3機種を発表した。(2017/1/4)

テレビアニメ版「学園ハンサム」のLINEスタンプ登場 美剣先輩のセクシーなRIKISHI STYLEも!
元旦から配信スタート。(2017/1/4)

電子ブックレット:
TV事業に固執し続ける日本メーカー
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、日本のTVメーカーに対するオピニオン記事を紹介します。(2016/12/30)

年間記事ランキング2016 【取材レポート編】:
「Coke ON」「AbemaTV」「Pepper」他、ITmedia マーケティング読者が2016年に注目したトピックは?
「マーケ×IT」の最新潮流を伝えるITmedia マーケティング。2016年に公開した全記事の中から最もよく読まれた記事をランキング形式で紹介します。今回は取材レポート編です。(2016/12/29)

鍵アカウントのツイート内容をテレビで放送するのはアウト? 弁護士に聞いてみた
プライバシーはどこまで守られるのか。(2016/12/29)

ライダー俳優・椿隆之、事件後初のテレビ出演 ブログでは「1秒でも前へ」と復帰へ意欲
“記憶が飛んでいる”こと、“寝ている時に恐怖で目覚めてしまう”ことを告白。(2016/12/27)

Mobile Weekly Top10:
「逃げ恥」ヒットの理由/「ポケモンGO」人気、再び?/今時スマホはカメラが命
TBSテレビのドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が終わってしまいました。さまざまな面で話題となったこのドラマは、なぜヒットしたのでしょうか?(2016/12/27)

NHK、テレビ設置「申告制」提示 受信料制度を改革へ
NHK改革で受信料に関する制度が変わりそうだ。受信契約を結んでいない世帯にテレビの設置状況を申告させる案を示している。(2016/12/27)

山本浩司の「アレを観るならぜひコレで!」:
HDRが起こした映像革命――2016年のAVシーンを振り返る
AVシーン今年最大のトピックは、Ultra HD Blu-rayとHDR (ハイダイナミックレンジ)の登場と断言していい。今回は、その再生に必要な4Kテレビやプロジェクター、プレーヤーの動向を振り返り、印象に残った製品をピックアップしていこう。(2016/12/27)

テレビアニメ「魔法少女まどか☆マギカ」TOKYO MXで一挙放送 26日から30日まで
26日から29日は各2話放送。30日は4話放送。(2016/12/26)

「信頼している情報源」は? トップはNHK 低いSNSやまとめサイト
「メディアリテラシーに関する実態調査」で、全国紙とテレビが5割前後と大きな支持を得た。(2016/12/26)

元旦から“国奪り”であるか…… アニメ「ドリフターズ」1月1日にAbemaTVで一挙配信決定
島津豊久の可動フィギュアのプレゼント企画も。(2016/12/25)

「メイドインアビス」がテレビアニメ化 アビス(=大穴)を探窟する少女と少年型ロボットの物語
「ブラック・ブレット」「おしりかじり虫」の小島監督×キネマシトラスのタッグでファンタジックな世界観をアニメ化。(2016/12/22)

CCC AIR、Wi-Fiルータ機能も備えたスティック型Android TV端末「Air Stick」
CCC AIRは、Android OSを導入したスティック型端末「Air Stick」の取り扱いを開始する。(2016/12/21)

SIM通:
BIGLOBE SIMのエンタメフリー・オプションに「AbemaTV」が追加
BIGLOBE SIMは、エンタメフリー・オプションの対象サービスに「AbemaTV」を追加した。リリース時の「YouTube」「Google Play Music」「Apple Music」に加え、AbemaTVもデータ通信量を気にすること無く楽しめるようになる。(2016/12/21)

PR:初代Simejiさん、テレビCM、顔文字大賞――Simejiのプロモーション戦略を聞く
バイドゥは2016年、文字入力アプリとしては異例のテレビCMを展開。トレンディエンジェルを起用して、大きなインパクトを与えた。累計2400万ダウンロードを誇るSimejiのプロモーションを強化した理由とは?(2016/12/21)

東芝、青梅のPC・テレビ開発拠点を野村不動産に売却
東芝が、PC・テレビの開発拠点として操業していた青梅事業所の土地を野村不動産に100億円で売却。同事業所は2017年3月末に閉鎖する。(2016/12/20)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(11):
初代ファミコンとクラシックミニのチップ解剖で見えた“半導体の1/3世紀”
家庭用テレビゲーム機「任天堂ファミリーコンピュータ」の発売からおおよそ“1/3世紀”を経た2016年11月にその復刻版といえる「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売された。今回は、この2つの“ファミコン”をチップまで分解して、1/3世紀という時を経て、半導体はどう変わったのかを見ていく。(2016/12/20)

フジテレビ社員が反社会的勢力へ利益供与か 「取材対象者から過剰な接待を受け……」“不適切な取材”で謝罪
この社員は記者職から既に外され、捜査当局にも報告済みだとのこと。(2016/12/19)

世界最小のスティック型Android TV端末「Air Stick」――e☆イヤホンで先行販売開始
(2016/12/19)

競技クイズ漫画「ナナマルサンバツ」がテレビアニメ化! 作者「あの特殊な競技をどう映像化していくのか……」
作者・杉基イクラさんによる描き下ろしイラストも公開。(2016/12/19)

「BLACK LAGOON」広江礼威&「Fate/Zero」あおきえい監督によるテレビアニメ「Re:CREATORS」が発表 2017年内に放送
制作は「アルドノア・ゼロ」「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のTROYCA。(2016/12/19)

クリスマスは「嫁探し」だ! ニコ生、12月24日0時から「ごちうさ」「きんモザ」「のんのんびより」「うまる」など9作品全話一挙放送
ちなみにAbemaTVでは、「School Days」「WHITE ALBUM」を一挙放送。(2016/12/17)

「ヒロアカ」テレビアニメ第2期、2017年4月からの放送が決定! 新キービジュアルとPVも公開
にぎやかでアツい連中がテレビに帰ってくるよ!(2016/12/17)

ASKAの車内映像流出はフジテレビが求めたもの……東京交通新聞報じる 送迎などで9時間半、フジテレビは“正当な取材活動の範囲内”
他のテレビ局に流出した詳細な経緯は語られていません。(2016/12/16)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。