「消しゴムマジック」などの編集機能、ほぼ全ての「Google フォト」ユーザーに解放

» 2024年04月11日 11時40分 公開
[金子麟太郎ITmedia]
GooglePixel 消しゴムマジック Google フォト

 Googleは2024年5月15日から、「Magic Eraser(消しゴムマジック)」などの編集機能を全ての「Google フォト」ユーザーに提供する。もともと「Google Pixel」シリーズ限定だった機能が、ほぼ全てのGoogle フォトユーザーに解放される格好だ。

 対象機能は消しゴムマジックの他、「Photo Unblur(ボケ補整)」「Portrait Light(ポートレートライト)」など。具体的には次の項目となる。

  • 消しゴムマジック
  • ボケ補正
  • 空(サンセットやストーミーなどで空模様を変更できる)
  • カラーポップ
  • 写真と動画のHDR
  • ポートレートのぼかし
  • ポートレートライト
  • シネマティックモード
  • コラージュのスタイル
  • 動画のエフェクト
  • 編集マジック

 例えば、消しゴムマジックは被写体に写り込んでしまったモノや人を消すことができる機能。あたかもモノや人が最初からいなかったかのように修正できるため、撮影時に修正のしづらさを気にせず利用できるという。その拡張版として登場したのが「編集マジック」。足りない部分を生成AIで補うことで、より自然な背景に見せる。

GooglePixel 消しゴムマジック Google フォト 消しゴムマジックは写り込んでしまった被写体を消せる機能
GooglePixel 消しゴムマジック Google フォト ボケ補整はその名の通り、ぼかし具合を調整できる機能

 Google フォトのAI編集機能はもともとGoogle独自スマートフォン「Google Pixel」シリーズでのみ使えるものだったが、一部の機能が他のAndroidスマートフォンや、「Googleドライブ」の有料版「Google One」でも利用できるようになり、対応デバイスが徐々に拡大された。今回の発表は、条件を満たせばiOS、ChromeOS、PCでも、これらのAI編集機能を利用できるようになった点がトピックとなる。

GooglePixel 消しゴムマジック Google フォト もともとGoogle フォトのAI編集機能はもともと「Google Pixel」シリーズでのみ使えるものだった。画像は「Pixel 8 Pro」
GooglePixel 消しゴムマジック Google フォト Pixel 8 Proの背面

 利用条件はこうだ。Android/iOS端末の場合はAndroid 8.0/iOS 15以降のOSが必要になる。PCはWebアプリで使える機能が「ポートレートライト」などに限定される。ChromeOSはOSのバージョンが118以降のChromebook Plusで、メモリが3GB以上確保されている必要がある。

 なお、Android/iOS端末でGoogle フォトを利用する人は、月に10回まで消しゴムマジックで編集した写真を保存できるが、制限なく利用するにはPixelスマートフォンかプレミアムGoogle Oneプラン(2TB以上)の契約が必要となる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  4. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  5. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  6. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  7. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  8. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  9. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年