ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  V

「VMware」最新記事一覧

顧客に最適なクラウド環境を提供するために:
PR:最新のクラウドを使いやすい形で、いち早く顧客に届ける――アイネットとヴイエムウェアが創造する新たなクラウドの価値とは
「Software-Defined Data Center」を掲げ、統合ハイブリッドクラウドによる顧客価値向上を図るヴイエムウェアと、ヴイエムウェアの最新技術を駆使したデータセンター/クラウドサービスを展開するアイネットがパートナーシップを強化。両社のタッグはユーザーにどのような価値をもたらすのか――アイネットの田口勉氏とヴイエムウェアの神田靖史氏に話を聞いた。(2016/5/20)

業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【最終回】
Horizon 7、XenDesktop 7.8、MS VDI、注目の新機能をピックアップ
主要デスクトップ仮想化製品の「VMware Horizon 7」「Citrix XenDesktop 7.8」、そしてサーバOS「Windows Server 2016」のデスクトップ仮想化機能について最新情報をまとめた。(2016/5/16)

注目が高まるハイパーコンバージド
仮想デスクトップに最適な「HCI」、これから伸びるベンダーは?
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)とVDI(仮想デスクトップインフラ)は、切っても切れない関係だ。VDI利用企業はHCIの導入をどう判断すべきか? VMware vExpertが解説する。(2016/5/6)

ホワイトペーパー:
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
社内のVMware環境を「Amazon Web Services」(AWS)のクラウドと連係したいという企業は多い。だが、そこには数々の難問が立ちはだかる。FlightStatsやGetty Imagesといった企業は、この難問をいかにしてクリアしたのか。(2016/4/27)

ホワイトペーパー:
VMware vSphereとMicrosoft Hyper-Vを比較、ユーザーが注目すべき違いは?
定番の仮想化技術「VMware vSphere」と「Microsoft Hyper-V」のどちらを利用すべきか。当コンテンツでは、両技術の基本的な違いから価格に現れない差異、ユーザーニーズの強いディザスタリカバリ機能などについて解説する。(2016/4/26)

Martin Casado氏が、今だから話せること(2):
「OpenFlowの父」が語るVMware NSXの今後、オープンソース、最高の判断と後悔
Martin Casado(マーティン・カサド)氏の、OpenFlowからNicira、ヴイエムウェアに至る、SDNをめぐる旅を振り返る2回連載。今回は、VMware NSXの成功の要因と今後、これからのエンタープライズIT市場とオープンソース、これまでにおける最高の判断と後悔、テクノロジストが起業するということについて聞いた部分をお届けする。(2016/4/26)

ホワイトペーパー:
2大仮想化製品を機能面から徹底比較
サーバ仮想化導入時の製品選定に重視すべきポイントは何か。2大仮想化プラットフォーム「VMware vSphere 5.5」と「Microsoft Windows Server 2008 R2 Hyper-V」をさまざまな角度から比較して、最適な製品を探る。(2016/4/25)

IT部長さんのための技術トレンド【第8回】
1回で分かる:仮想マシンを丸ごとバックアップする「VADP」の仕組み
VMwareが提供するバックアップのAPIである「VADP」。仮想マシンを丸ごとバックアップする機能として多くの製品が対応している。このVADPの仕組みやバックアップ動作について詳しく解説する。(2016/4/21)

Martin Casado氏が、今だから話せること(1):
「OpenFlowの父」が振り返る、Niciraでの苦悩とヴイエムウェアに買収された理由
OpenFlowを開発した後、SDNベンダーNiciraを創業。ヴイエムウェアでSDN事業を年間売上6億ドル規模にまで育てたMartin Casado氏に、これまでを振り返ってもらう2回連載。今回は、Niciraの起業から、VMwareに買収されるまでを語ってもらった部分をお届けする。(2016/4/18)

エキスパートが語る
始めよう、自治体ITシステムにおけるセキュリティ強化とクラウドの活用
マイナンバーの運用が開始された今、自治体は何をすべきか。本稿ではデルとヴイエムウェアの共催セミナーから、サーバ、ストレージ仮想化に加え、ネットワーク仮想化によるセキュリティ強化などの対策を紹介する。(2016/4/13)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:Microsoftが米国政府と全面対決
巻頭特集は、メールサービス市場におけるOffice 365とGoogle Appsのシェア争いの現状を紹介。また、仮想環境の構築に際して「VMwareは複雑で高すぎる」として不採用を決めたSaaSプロバイダーの事例、ユーザーデータをめぐってMicrosoftが米国政府を訴えた件について、同社担当者に話をきいた。(2016/4/11)

SDN時代の幕開け(2):
データセンターに訪れる“新たなステージ”の話
「VMware」や「OpenStack」の登場により、大きく変化しつつあるデータセンターインフラの世界を探訪する本連載。第2回では、初回のSDNからさらに視野を広げ、「SDDC(Software-Defined Data Center)」をめぐる動きをたどる。(2016/4/11)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
社内のVMware環境を「Amazon Web Services」(AWS)のクラウドと連係したいという企業は多い。だが、そこには数々の難問が立ちはだかる。この難問をいかにしてクリアできるのだろう。(2016/4/8)

Hyper-Vはそもそも対象外
VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが選んだ仮想環境とは?
データアナリティクスサービスを提供するSaaSプロバイダーのPiは、システムの全面入れ替えを決断。その際、定番のVMware vSphereはコストと複雑性を理由に導入しなかったという。同社が選んだ製品とは?(2016/3/24)

EMCジャパン、VMwareと共同開発のハイパーコンバージドシステムを発表
基幹業務システムの統合化などに対応する「VCE VxRail Appliance」を発表した。既存のVMware環境からの容易な移行を実現するという。(2016/3/15)

SDN時代の幕開け(1):
あまたのサーバエンジニアが頭を抱えた「3年間の革新」の話
近年、「VMware」や「OpenStack」といった技術の登場により、データセンターを構成するインフラをめぐる状況が、大きく変化してきています。本連載はそんな中でも特に「データセンターにおけるネットワークアーキテクチャの変化」に注目し、データセンターネットワークの世界で今何が起きているのか、そして、今後どんな変化が待ち受けているのかについて解説していきます。(2016/2/26)

IBM InterConnect 2016 Report:
IBMとVMwareとAppleが一堂に会する意味――AWS対抗に変化
IBMがモバイルやクラウドの最新施策を明らかにする「InterConnect 2016」が開幕した。ラスベガスの会場にはVMwareとAppleも一堂に会し、IBMのクラウド/モバイルが企業ITに与える未来像を示した。(2016/2/23)

SAP HANA+vSphere 6+XtremIO:
SAP HANA on vSphereの運用性能を検証、ベストプラクティスを“確立”
ヴイエムウェアなど4社はSAP S/4 HANAに関する共同検証を実施した。vSphere 6上でSAP HANAおよびSAPアプリケーションを稼働させる際のベストプラクティスを確立したとしている。(2016/2/22)

VxRailの数時間前に発表:
米Nutanix、ソフトウェア新機能でVMwareへの依存度低下をさらに推進
米Nutanixは2016年2月16日(米国時間)、米EMCによるVxRail発表の数時間前に、同社のハイパーコンバージドインフラ製品用ソフトウェアの新バージョン、「Acropolis 4.6」を発表した。同社製品のユーザーは無償でアップグレードできる。(2016/2/17)

Virtual SAN 6.2は重複除外に対応:
ヴイエムウェア、Virtual SAN強化でハイパーコンバージドインフラの選択肢広げる
ヴイエムウェアは2016年2月12日、ソフトウェアストレージ製品の最新版「VMware Virtual SAN 6.2」を第1四半期中に出荷すると発表した。フラッシュ利用時の実質コストを下げる新機能を備える。また、「Virtual SAN Ready Node」に関連し、ハイパーコンバージドインフラ利用の選択肢を広げる発表を行った。(2016/2/15)

VDIのハイブリッド運用も実現:
ヴイエムウェア、クライアント関連製品群を一挙に発表、モバイル対応を進化
ヴイエムウェアは2016年2月10日、デスクトップ仮想化の「VMware Horizon」や、これをモバイルデバイス管理製品「VMware AirWatch」などと統合したスイート製品で、新製品を一挙に発表した。総じて、モバイル端末への対応強化がポイントとなっている。(2016/2/12)

数秒でアプリケーションを配信
専用の仮想デスクトップはもう不要? 「VMware App Volumes」の仕組み
「VMware App Volumes」を使用すると、IT管理者は、非永続的な仮想デスクトッププールから永続的なアプリケーションを配信できる。本稿では、App Volumesの仕組みを紹介する。(2016/2/9)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/30)

Windows 10との連携が鍵に:
PR:企業のモバイル活用時の課題、「利便性」と「セキュリティ」をどう両立する?
昨夏にリリースされたMicrosoftの最新OS「Windows 10」がコンシューマーのみならず、企業にも急拡大している。背景には業務でのモバイル活用の普及がある。その領域において定評あるソリューションを持ち、Windows 10ユーザーの支援にも積極的な姿勢を見せているのがヴイエムウェアだ。(2016/2/5)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/24)

管理コンソールにも着目
モバイル管理製品比較、AirWatchとXenMobileをどう評価する?
VMwareの「AirWatch」とCitrixの「XenMobile」を評価する場合、MDMやMAM、モバイル電子メール機能も考慮する必要がある。また、管理コンソールも見過ごしてはならない。(2016/1/20)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
VMware vSphereと互角になったHyper-Vの災害復旧機能(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/17)

ユーザーの操作性に影響
Citrix vs. VMware、デスクトップ仮想化のプロファイル管理ツールを比較する
CitrixとVMwareのユーザープロファイル管理はいずれも、Windowsの基本的な移動プロファイルよりも仮想デスクトップのデータ保護やログイン/ログオフ時のレイテンシ削減に役立つ。両者の違いは?(2016/1/14)

トポロジカル振る舞い分析と独自技術で問題を分析:
VMware環境向けパフォーマンス分析ツールにサイオスの機械学習技術を採用――トレンドマイクロ
トレンドマイクロは、VMware環境でのパフォーマンス問題の原因分析に向けて、サイオステクノロジーの機械学習技術を導入したIT運用分析ソフト「SIOS iQ」を採用した。(2016/1/13)

専業ベンダーに加えて大手ITベンダーも攻勢
これだけは押さえておきたい「ハイパーコンバージド」技術の2015年まとめ
2015年のハイパーコンバージドシステム市場では、アプライアンス「EVO:RAIL」を販売する米VMwareのパートナーや、パイオニア企業に加え、新参の大手ITベンダーが顧客獲得にしのぎを削った。(2015/12/28)

2015年クラウド業界10大ニュース【前編】
クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?
2015年もクラウド業界は目まぐるしく変化した。前編では、DellによるEMCの買収、HPのパブリッククラウド撤退、GoogleとVMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。(2015/12/25)

仮想化とディザスタリカバリ
徹底解説:Hyper-Vの災害復旧(DR)機能
Hyper-Vはバージョンアップを重ねてVMware vSphereとそん色ないレベルになった。バックアップやスナップショット、ライブマイグレーション、VMレプリケーションなど、各種機能を詳しく解説する。(2015/12/25)

日本DC開設から1年:
PR:ヴイエムウェアのクラウドサービス「VMware vCloud Air」はどう使われているか
vCloud Airが日本にデータセンターを開設し、日本国内で同社クラウドサービスを提供し始めてから1年が経った。特に2015年後半にかけて、同サービスの利用を検討する国内企業が急増してきたという。では、先駆的な国内ユーザーは、どのような理由で、どうvCloud Airを使っているのか。これを追った。(2015/12/25)

VMware、Apache Commons Collections関連の脆弱性を修正
「vRealize Orchestrator 6.x」「vCenter Orchestrator 5.x」を対象とするパッチが公開された。(2015/12/21)

フラッシュストレージの最下位機種も発表:
ティントリジャパン、VVOL対応製品が増えても同社の優位性が保てる理由を説明
「仮想環境専用ストレージ」のティントリジャパンは2015年12月14日、同社ストレージ製品「Tintri VMstore」の新ストレージOS「Tintri OS 4.1」を発表。この中で、競合製品が「VMware vSphere Virtual Volumes(以下、VVOL)」への対応を進めているが、Tintri VMstoreの優位性は揺るがないと説明した。(2015/12/15)

米証券取引委員会に通知:
米ヴイエムウェア、米EMCとのクラウド合弁会社設立取りやめを発表
米ヴイエムウェアは米EMCとクラウドサービスの合弁会社「Virtustream」を設立することになっていたが、2015年12月14日(米国時間)、同社はこれを取りやめることを明らかにした。(2015/12/15)

アプリケーション配信技術、RDSHとは
リードするCitrixと追うVMware、「XenApp 7.6」と「Horizon 6」のRDSH機能を比較
アプリケーションのリモート配信製品市場では、XenAppが依然としてトップの座を占めているが、VMwareもHorizon 6にリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)を追加して差を縮めている。(2015/11/25)

専門知識とハードワークが必要
AWSとVMwareのハイブリッドクラウドってどうなの? FlightStatsとGetty Imagesの事例
ハイブリッドクラウドに関する問題は手ごわい。だが、AmazonとVMwareのクラウド環境で構成されたハイブリッドクラウドで見事に問題を解決した企業も存在する。本稿ではその事例を紹介したい。(2015/11/24)

「シリコンバレーの伝説」:
元ヴイエムウェアCEOのダイアン・グリーン氏は、グーグルのクラウドをどう変えるか
米ヴイエムウェアの共同創立者兼元CEO、ダイアン・グリーン氏が、米グーグルのクラウドビジネス担当シニアバイスプレジデントになる。2015年11月19日(米国時間)にブログポストで明らかにされたこのニュースで、グーグルのクラウド事業は新たな側面から注目されることになった。(2015/11/23)

Google、新設クラウド部門責任者にVMware共同創業者、ダイアン・グリーン氏を指名
Googleが、クラウドビジネス急拡大に対応する目的で、Google for Worksなどのビジネス部門を統合し、責任者としてVMwareの共同創業者でGoogleの取締役でもあるダイアン・グリーン氏を迎えた。(2015/11/20)

VSANの性能向上に期待:
VMware Virtual SANでNVMeフラッシュを選択可能に
VMware Virtual SAN(VSAN)でNVMeフラッシュが正式に利用可能に。性能評価の資料を含む情報をJohn Nicholson氏がブログで公表した。(2015/11/19)

フォーティネット、VMware NSXに統合可能な仮想FWを投入
仮想化データセンター基盤への次世代ファイアウォールの導入・展開や効率的な運用を実現するという。(2015/11/17)

ハイブリッドクラウドへの道は険しい
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド連係に立ちはだかる数々の難問
ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。それどころか、社内のVMware環境をAWSに連係する作業を進めることで、新たな問題が次々と出現するのだ。(2015/11/12)

ヴイエムウェアとの協業拡大:
富士通の新クラウドサービス「K5」はOpenStackベース、だがそれだけではない
富士通は2015年11月10日、クラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」に関連して、ヴイエムウェアとの協業を発表した。K5はOpenStackベースだったはずなのに、VMware vSphereを活用していくというように読める。なぜなのだろうか。(2015/11/11)

クラウドサービスの新会社についても聞いた:
ゲルシンガー氏が語った、デルによる買収でヴイエムウェアがこれまでと変わらない理由
「デルによる買収で、これまでと変わることはない。ヴイエムウェアにとってポジティブなことしかあり得ない」。VMware vForumのため来日した米ヴイエムウェアのCEO、パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は、少数の記者による質問に応じ、こう語った。クラウドサービスの新会社についても聞いた。(2015/11/11)

ハイブリッドクラウド運用へのニーズに対応:
富士通とヴイエムウェアが協業を拡大
ヴイエムウェアが富士通との協業を拡大。ヴイエムウェア製品は富士通のクラウドサービス「FUJITSU Cloud Service K5」向けに最適化され、VMware vSphere Integrated Containersを使ったK5のPaaS機能拡張も行われる。(2015/11/10)

vSphere Integrated ContainersとPhoton Platform:
ヴイエムウェアのコンテナインフラ技術を、NTT Comが採用に向け検討と発表
NTTコミュニケーションズとヴイエムウェアは2015年11月9日、ヴイエムウェアが開発中のコンテナインフラ技術「VMware vSphere Integrated Containers」および「VMware Photon Platform」について、NTT Comがその採用の検討を進めると共同で発表した。NTT Comでは、一般企業向けのコンテナ環境は、セキュリティと性能に関するニーズに応える必要があるとしている。(2015/11/10)

Cisco ACI×Microsoft/Red Hat/VMware後編:
PR:クラウドはネットワークで初めて完結する、Cisco ACIと主要仮想化基盤の連携を解説
 仮想化/クラウド基盤の運用で大きな課題となりやすいのは、ネットワークだ。Cisco ACIはネットワークセグメント分割から高度なネットワークセキュリティに至るまで、これをマルチベンダーで実現できる、稀有なツールだ。シスコが9月8日に東京都内で開催した 「Microsoft/Red Hat/VMware クラウド基盤の最前線とCisco ACIご紹介セミナー」における、レッドハットとヴイエムウェアのプラットフォーム戦略、およびCisco ACIと3社の仮想化/クラウド基盤の具体的な連携についての講演をレポートする。(2015/11/30)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。