ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイルサーバ」最新記事一覧

質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(45):
「Azure Backupエージェント」による「システム状態」のバックアップが正式サポート
これまでプレビュー提供だった「Azure Backupエージェント」による個別サーバの「システム状態」のクラウドへのバックアップが、正式にサポートされました。これにより、オンプレミスのActive Directoryドメインコントローラー、ファイルサーバ、IISサーバのデータとシステム構成を、追加のバックアップサーバやバックアップ装置なしで、クラウドだけで保護できるようになります。(2017/11/15)

WikiLeaks、CIAのファイルサーバ潜入ツール「Pandemic」に関する文書を公開
感染したファイルサーバにリモートユーザーがアクセスすると、ファイルが攻撃コードを仕込んだ別のファイルに入れ替えられて、パンデミックを引き起こす。(2017/6/5)

ファイルサーバ管理の2大課題を1つで解決
「継続的に効率よく」管理できるファイルサーバ管理ツールを見つけるチェックリスト
使って当たり前といえるほどに普及しているファイルサーバは、メンテナンス負荷が意外と高い。効率的かつ継続した管理を可能にするツールを見つけるポイントを紹介する。(2017/5/26)

スモールスタート可能な構成を破格の値段で
ファイルサーバのメンテが不要、スケールアウトNASの“常識破り”とは
データが増えても運用の手間が増えず、ノード追加で容易に拡張できるスケールアウトNASに手頃な価格のパッケージが登場。ファイルサーバに最適な理由とは?(2017/5/11)

アカウント管理の日々から解放
社外とも簡単データ共有、「東映アニメーション」のアニメ制作を下支えするツールとは
数々の人気アニメーションや映像作品を手掛ける東映アニメーションは、ファイルサーバの運用管理やバックアップに課題を抱えていた。その課題をどのように解決したのだろうか。(2017/4/12)

多くの企業が払い過ぎ?
クラウドストレージの容量契約の見極め方
今やほとんどの企業がファイルサーバを運用している。その運営コストや労力を削減するためにクラウド移行を検討するとき、たまりにたまった“無駄”が邪魔をすることになる。(2017/3/9)

CADニュース:
クラウドとオンプレミスの利点を生かすファイルサーバ環境を構築
SCSKは、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMの「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。複数の拠点から同じファイルシステムにアクセス可能なグローバルファイルシステムを構築できる。(2017/2/13)

製造IT導入事例:
CADデータを一元管理するファイルサーバ環境をクラウド基盤上に構築
NTTコミュニケーションズは、竹中工務店の本店・支店、全国の建設現場でCADデータなどを共有・管理するためのファイルサーバ環境をクラウド基盤上に構築した。2017年度にかけて、全国の建設現場へ展開していく。(2016/12/8)

基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](8):
Sambaでファイルサーバーを構築しよう
本連載は、Linuxサーバーに初めて触れる人、基本から学習したい人に向けて、「CentOS 7」をベースにLinuxサーバーの基礎を解説していきます。今回は、Sambaを使ってファイルサーバーを構築する方法を解説します。(2017/3/27)

基礎から理解するLinuxサーバー[Cent OS 7.0編](7):
Sambaの基本を知っておこう
本連載は、Linuxサーバーに初めて触れる人、基本から学習したい人に向けて、「CentOS 7」をベースにLinuxサーバーの基礎を解説していきます。今回は、LinuxサーバーをWindowsから利用可能なファイルサーバーにできるSambaについて見ていきます。(2017/3/23)

BIM/CAD:
竹中工務店が8割の作業所にクラウド導入、工程表やCADデータを集約
竹中工務店は建設工事現場の作業所に設置したファイルサーバのクラウド化を開始した。工事現場や出先、本支店事業所など、場所を問わずに図面や工程表、CADデータなどにPCやタブレット端末からアクセスできるようにする。国内の全作業所の約8割に展開する予定だ。(2016/11/22)

職場管理の5SはITにも効く
肥大化抑制に効果あり、ファイルサーバ管理の5Sとは
「5S」とは製造業やサービス業で定着している職場環境の維持改善スローガンだ。その効果はIT環境でも変わらない。特に意識しないと破綻しやすいファイルサーバの維持管理について5Sの効果を説明しよう。(2016/11/1)

期日までにファイルサーバを移行せよ
肥大化ファイルサーバのお引越し、期間1カ月で40%容量削減に成功した理由とは
「老朽化、肥大化したファイルサーバを、1カ月以内に移行せよ」という“無理難題”に挑んだIT担当者は、一体どんな方法でこの問題を解決したのだろうか。(2016/9/1)

ファイルサーバの秩序を取り戻せ:
PR:大事な情報を管理できていますか? ITmediaのファイルサーバで確認してみると……
内部不正対策は、さまざまな業務データが置かれるファイルサーバの状況を可視化し、ポリシーやルールに基づく利用や管理がなされているのかを把握することが肝心。しかし、その作業はあまりに煩雑である。そこで今回は、NECのファイルサーバ統合管理ソフト「NIAS」を使ってITmediaのファイルサーバを可視化してみた。その効果はいかに――。(2016/9/1)

社内ファイルサーバからの脱却:
PR:今の企業ビジネスシーンにふさわしい「ファイル共有」のあり方とは?
社内ファイルサーバやメール添付に始まり、グループウェアや社内SNSの活用、さらにはビジネスチャット、オンラインストレージへとファイル共有の方法は進化を続けてきた。その結果、さまざまな仕組みが新旧混在し、企業によって状況がバラバラというのが現状だ。そこから浮かび上がる企業課題と、その先の展望などを考えたい。(2016/8/23)

PR:ファイルサーバを社外から利用したい! その「現実解」とは
他社との競争が激しさを増す中、社員間のコラボレーション強化が企業の経営課題になっている。その対応に向け、社内外を問わないファイル共有が強く求められているが、その中でも社内文書を管理するファイルサーバは、現状では社外からの利用には制限が多い。この状況を打破するための現実的な方策について探りたい。(2016/8/23)

“トラブル一歩手前”の状態をケーススタディーで紹介
あなたの会社は大丈夫? ファイルサーバの“アブない”使われ方
ファイルサーバの利用にルールを決めて運用している企業は少なくないが、置いてはいけないデータがあったり、消さないといけない古過ぎるデータが残っていたりと、トラブル寸前の使い方をしていないだろうか?(2016/8/1)

社内の放置ファイルにどう対処する
最大で44%の容量削減を実現、手間いらずのファイルサーバスリム術
企業内で、一定期間以上更新や使用されていないファイルは少なくない。だが、それらを放置するとファイルサーバの負担になる。手間をかけずに削除する方法を探る。(2016/7/1)

人間と同じ?
ファイルサーバ レコーディングダイエット法の知られざる威力
肥大化するファイルサーバはシステム管理者の頭痛の種。ユーザー部門の意識を高め、リソースの浪費を防ぐために効果的な取り組みを紹介する。(2016/6/1)

個人のファイルはどのフォルダに保存? バックアップは?:
NAS初心者のためのSynologyファイルサーバ使いこなし術
NASを快適に使うためのファイル保存術、および大事なファイルをなくさないためのバックアップ術について見ていこう。(2016/5/31)

放置したらいろんな意味で命にかかわる
無限に続く地獄状態から情シスを救う、ファイルサーバ肥大化解消の3大ポイント
人間でも企業でも肥大していく先になにもいいことはない。ファイルサーバの肥大化はデータの流れを滞らせ、企業の動きを徐々に、しかし、確実に止めてしまう。そうなる前に適切な治療が必要だ。(2016/5/9)

アクセス権の申請と承認作業を効率化
面倒なファイルサーバ管理の悩みを一気に解消する方法
社内情報が格納され、多くの従業員がアクセスするファイルサーバ。そのアクセス権の管理は情シス部門の作業負荷になりがちだ。こうした作業を自動化できるツールに注目が集まっている。(2016/2/2)

お助けナースが解決よ【バックアップ/リカバリ編】
マンガ:手間とコストで到底無理!? 全拠点のファイルサーバのデータ、どうやって保護する?
DS商事の情報システム部門で働くバリ男(35歳)に、合併先である競合物産も含めた「全拠点のファイルサーバおよびPCデータをバックアップせよ」との指示が下された。お助けナース、リカの助言とは?(2016/1/28)

Tech TIPS:
SMBのマルチチャネル転送機能でファイルサーバーへのアクセス速度を向上させる
SMB 3.0のマルチチャネル機能を使うと、NICを増設するだけでファイルサーバーとのコピー速度を向上できる。その方法と注意点を解説する。(2015/12/25)

ファイル管理の新常識:
PR:“脱・ごみ箱ファイルサーバ”の切り札、NIAS×HP 3PARの実力を探る
社内文書の保管先としてファイルサーバを利用する企業は多いが、使う側に管理が任されることが多く、ややもすると“ごみ箱状態”になりがちだ。そんな管理面の課題を解決するのが、SCSKのデータライフサイクルマネジメント(DLM)ソリューションだ。(2015/11/25)

NEC、マイナンバー保管先のファイルサーバを守るセットを発売
ファイルサーバ内のデータの暗号化やサーバへのアクセス管理など対策を講じられる。(2015/11/18)

データ管理の本質に迫る:
PR:「ビッグデータの正解」、日本発のストレージ製品が欧米で急速に普及し始めている理由
これまでのファイルサーバーではもう限界、増え続けるデータを何とかしたい――。そんな切実な悩みに応える、「目からうろこ」のストレージソフトウエアが、いま欧米で急速に普及しつつある。ハイブリッドクラウドを考える人々にもぴったりな、この製品の実力を探る。(2015/10/21)

ホワイトペーパー:
ソフトバンク・テクノロジーに学ぶ超大量ファイルサーバのリプレース方法
「いかに業務を止めずに大容量のファイルサーバへと拡張するか」。3.5Tバイトに達する超大量のファイルサーバを、ソフトバンク・テクノロジーはどうやってリプレースしたのか?(2015/10/13)

増え続ける仮想環境でのバックアップの課題も解決
ファイルサーバ管理を簡単にする“今どきバックアップ”運用
業務データの共有に非常に便利なファイルサーバだが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生している。そうした課題解決のベストプラクティスを探る。(2015/9/1)

ホワイトペーパー:
次世代の情報共有「クラウド型オンラインストレージサービス」でビジネス変革
無料のオンラインストレージではセキュリティに不安があるが、ファイルサーバを構築する予算がない。その課題は企業向けのクラウド型オンラインストレージサービスで解決する。(2015/7/23)

棚卸しの手間を省く:
ファイルのアクセス権管理を効率化――NEC、ファイルサーバー管理ソフトの最新版を販売開始
NECは7月9日、ファイルサーバー統合管理ソフトウエア最新版を販売開始。ファイルやフォルダーのアクセス権管理機能が強化された。(2015/7/10)

NEC、情報漏えいを防ぐファイルサーバ管理ソフトを発売
適切に管理されていない“危ない”ファイルも見つけてくれるという。(2015/7/9)

ファイルサーバの「アクセス権管理」にお困りの担当者へ贈る
厄介な「アクセス権管理」の問題を解決する“情シスお助けツール”
ファイルサーバへのアクセス権の設定・変更作業は、人事異動の時期などに大量に発生する。人力では情報システム部門への負担がかかる。憂鬱な気分で作業するのは止めて、もっと楽してみませんか。(2015/6/19)

ファイルサーバの利用に関する調査リポート
ファイルサーバの容量でお困りの企業は7割、その実態に迫る
TechTargetジャパン会員を対象に、「企業のファイルサーバ利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/6/1)

「Windows Server 2003のファイルサーバ探します」 NECが無償サービス
社内で把握されないまま稼働するWindows Server 2003のファイルサーバを調査し、移行を支援する。(2015/4/7)

「クラウドファースト」への最初の一歩
“ストレージのクラウド化”でファイルサーバ管理が激変、容易・低コスト・柔軟な仕組みとは
企業が注目する「クラウドファースト」。しかしシステム全体を一度にクラウド化するのはリスクが高い。リスクを抑えながらクラウドのメリットを得るには、まずストレージのクラウド化を検討するのが良いだろう。(2015/3/31)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(6):
BranchCacheで遠隔地からのファイルアクセスを高速化
「BranchCache(ブランチキャッシュ)」は、ブランチオフィスでのファイルサーバーへのアクセスを高速化するWindows Serverの標準機能である。今回は、BranchCacheを解説する。(2015/3/24)

Microsoft Azureと併せて利用したいストレージ
ファイルサーバもDR対策も1台で実現する“クラウド一体型ストレージ”の魅力
多くの企業は、増え続けるデータ量に対し、ストレージコスト削減やデータ保護といった課題を突き付けられている。安全で最適なデータ管理手法とは? クラウドを活用した現実的なアプローチを紹介する。(2015/3/20)

半径300メートルのIT:
「売上報告_最新_最終版コピー(2)_old決定版.xlsx」の悩み
ファイルサーバの中にある同じような名前を持つエクセルファイル。「決定版の最新版」よりも「編集中のコピー(2)」のほうが最新版だなんてこと、ありませんか?(2015/3/16)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(5):
乱立するファイルサーバーはDFSで一元管理
「分散ファイルシステム」(DFS)は、ファイルサーバーへのアクセスを簡素化したり、高可用性や負荷分散などを提供したりするWindows Serverの標準機能である。今回は、DFSを解説する。(2015/3/16)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】ファイルサーバに関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「ファイルサーバの利用・管理」についてお伺いします。(2015/3/9)

愛知、東京、札幌で遠隔バックアップを構築
眼科医療機器大手ニデックが社内のファイルサーバを大幅統合、ストレージ選びの決め手は?
部門ごとに設置されているファイルサーバをしっかり管理したい。眼科医療機器大手のニデックはこの問題の解決を目指し、先進的なストレージの導入を検討した。製品選びの決め手は何だったのだろうか。(2015/3/2)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(4):
ファイルサーバー管理の強力な助っ人、FSRMを使いこなそう
ファイルサーバーはサーバー利用の基本だが、その運用管理は意外と面倒だ。今回は、ファイルサーバーの管理を楽にする「ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)」を紹介する。(2015/2/19)

利用部門任せで乱立していませんか?
IT部門の永遠の課題「ファイルサーバ管理」、ストレージとソフトウェアの組み合わせが実現する効率化とは
IT部門の悩みとなっているのがファイルサーバの管理だ。ファイルサーバはさまざまな部門が利用していて、容量管理などが煩雑だ。だが、最新ストレージとソフトウェアを活用することで管理工数を劇的に下げることができるのだ。(2015/2/17)

「止められないサーバ」をどうする?
Windows Server 2003、こじらせた「移行の悩み」を解消する奥の手
さまざまな理由で「システムを止められない」と、移行が進まず悩むIT担当者へ。古いファイルサーバを稼働させたまま簡単にデータを移行する方法があるのをご存じだろうか。(2015/1/30)

ファイルサーバーはWindows Serverだけじゃない!:
PR:部門サーバーはWindows Server 2003から高い信頼性を実現する「QNAP Turbo NAS」へアップグレードしませんか
部門や少人数で利用しているファイルサーバー、アップグレードだけじゃない選択肢を検討したことはあるだろうか。シンプルなファイルサーバーに、プラスαの利便性を盛り込んだ製品を取材した。(2015/1/27)

ホワイトペーパー:
データアクセス時間を短縮せよ 実機検証結果で選んだWAN高速化製品の実力
全国約180店舗のフラワーショップを運営する日比谷花壇では、データセンターに集約したファイルサーバのデータアクセスに遅延が発生するという課題を抱えていた。複数製品を比較した結果、同社が選んだWAN高速化ソリューションの導入効果を見ていこう。(2014/12/16)

ホワイトペーパー:
災害対策が未実施の企業は46.6%、ファイルサーバ管理者161人の回答が示す「ファイルサーバ管理」の現状
ネットワールドが2012年に実施した「ファイルサーバ市場調査アンケート」では、サーバ管理者が抱える多くの課題が浮かび上がった。回答結果の詳細を紹介するとともに、具体的な課題解決法を提示する。(2014/12/5)

長年のアライアンスを生かした多様なソリューションを提供:
PR:パッケージ提供から手組みシステムの移行までをトータルでサポートする富士通
富士通は、サーバー移行をきっかけとして自社システムを「モダナイズ」「イノベート」するための多様なソリューションを提供。また、富士通マーケティングでは、ファイルサーバーやメールサーバーを「簡単に、速く、安く」移行できるよう支援する二つのサービスを提供する。(2014/10/31)

「ファイルサーバが限界」をどうする?
不動産情報大手「アットホーム」がスケールアウトNASを選択した理由
社内ネットワークに接続するファイルサーバの運用管理に苦労する管理者は少なくない。データ量と管理労力は右肩上がり。そんな悩みをどう解決するか。不動産情報大手「アットホーム」の事例に学ぶ。(2014/10/30)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。