ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ファイルサーバ」最新記事一覧

質問!ハードウェア(サーバー)→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でハードウェア(サーバー)関連の質問をチェック

人間と同じ?
ファイルサーバ レコーディングダイエット法の知られざる威力
肥大化するファイルサーバはシステム管理者の頭痛の種。ユーザー部門の意識を高め、リソースの浪費を防ぐために効果的な取り組みを紹介する。(2016/6/1)

個人のファイルはどのフォルダに保存? バックアップは?:
NAS初心者のためのSynologyファイルサーバ使いこなし術
NASを快適に使うためのファイル保存術、および大事なファイルをなくさないためのバックアップ術について見ていこう。(2016/5/31)

放置したらいろんな意味で命にかかわる
無間地獄から情シスを救う、ファイルサーバ肥大化解消の3大ポイント
人間でも企業でも肥大していく先になにもいいことはない。ファイルサーバの肥大化はデータの流れを滞らせ、企業の動きを徐々に、しかし、確実に止めてしまう。そうなる前に適切な治療が必要だ。(2016/5/9)

アクセス権の申請と承認作業を効率化
面倒なファイルサーバ管理の悩みを一気に解消する方法
社内情報が格納され、多くの従業員がアクセスするファイルサーバ。そのアクセス権の管理は情シス部門の作業負荷になりがちだ。こうした作業を自動化できるツールに注目が集まっている。(2016/2/2)

お助けナースが解決よ【バックアップ/リカバリ編】
マンガ:手間とコストで到底無理!? 全拠点のファイルサーバのデータ、どうやって保護する?
DS商事の情報システム部門で働くバリ男(35歳)に、合併先である競合物産も含めた「全拠点のファイルサーバおよびPCデータをバックアップせよ」との指示が下された。お助けナース、リカの助言とは?(2016/1/28)

Tech TIPS:
SMBのマルチチャネル転送機能でファイルサーバーへのアクセス速度を向上させる
SMB 3.0のマルチチャネル機能を使うと、NICを増設するだけでファイルサーバーとのコピー速度を向上できる。その方法と注意点を解説する。(2015/12/25)

ファイル管理の新常識:
PR:“脱・ごみ箱ファイルサーバ”の切り札、NIAS×HP 3PARの実力を探る
社内文書の保管先としてファイルサーバを利用する企業は多いが、使う側に管理が任されることが多く、ややもすると“ごみ箱状態”になりがちだ。そんな管理面の課題を解決するのが、SCSKのデータライフサイクルマネジメント(DLM)ソリューションだ。(2015/11/25)

NEC、マイナンバー保管先のファイルサーバを守るセットを発売
ファイルサーバ内のデータの暗号化やサーバへのアクセス管理など対策を講じられる。(2015/11/18)

データ管理の本質に迫る:
PR:「ビッグデータの正解」、日本発のストレージ製品が欧米で急速に普及し始めている理由
これまでのファイルサーバーではもう限界、増え続けるデータを何とかしたい――。そんな切実な悩みに応える、「目からうろこ」のストレージソフトウエアが、いま欧米で急速に普及しつつある。ハイブリッドクラウドを考える人々にもぴったりな、この製品の実力を探る。(2015/10/21)

ホワイトペーパー:
ソフトバンク・テクノロジーに学ぶ超大量ファイルサーバのリプレース方法
「いかに業務を止めずに大容量のファイルサーバへと拡張するか」。3.5Tバイトに達する超大量のファイルサーバを、ソフトバンク・テクノロジーはどうやってリプレースしたのか?(2015/10/13)

増え続ける仮想環境でのバックアップの課題も解決
ファイルサーバ管理を簡単にする“今どきバックアップ”運用
業務データの共有に非常に便利なファイルサーバだが、データが適切に管理されていないことで多くの問題も発生している。そうした課題解決のベストプラクティスを探る。(2015/9/1)

ホワイトペーパー:
次世代の情報共有「クラウド型オンラインストレージサービス」でビジネス変革
無料のオンラインストレージではセキュリティに不安があるが、ファイルサーバを構築する予算がない。その課題は企業向けのクラウド型オンラインストレージサービスで解決する。(2015/7/23)

棚卸しの手間を省く:
ファイルのアクセス権管理を効率化――NEC、ファイルサーバー管理ソフトの最新版を販売開始
NECは7月9日、ファイルサーバー統合管理ソフトウエア最新版を販売開始。ファイルやフォルダーのアクセス権管理機能が強化された。(2015/7/10)

NEC、情報漏えいを防ぐファイルサーバ管理ソフトを発売
適切に管理されていない“危ない”ファイルも見つけてくれるという。(2015/7/9)

ファイルサーバの「アクセス権管理」にお困りの担当者へ贈る
厄介な「アクセス権管理」の問題を解決する“情シスお助けツール”
ファイルサーバへのアクセス権の設定・変更作業は、人事異動の時期などに大量に発生する。人力では情報システム部門への負担がかかる。憂鬱な気分で作業するのは止めて、もっと楽してみませんか。(2015/6/19)

ファイルサーバの利用に関する調査リポート
ファイルサーバの容量でお困りの企業は7割、その実態に迫る
TechTargetジャパン会員を対象に、「企業のファイルサーバ利用に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/6/1)

「Windows Server 2003のファイルサーバ探します」 NECが無償サービス
社内で把握されないまま稼働するWindows Server 2003のファイルサーバを調査し、移行を支援する。(2015/4/7)

「クラウドファースト」への最初の一歩
“ストレージのクラウド化”でファイルサーバ管理が激変、容易・低コスト・柔軟な仕組みとは
企業が注目する「クラウドファースト」。しかしシステム全体を一度にクラウド化するのはリスクが高い。リスクを抑えながらクラウドのメリットを得るには、まずストレージのクラウド化を検討するのが良いだろう。(2015/3/31)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(6):
BranchCacheで遠隔地からのファイルアクセスを高速化
「BranchCache(ブランチキャッシュ)」は、ブランチオフィスでのファイルサーバーへのアクセスを高速化するWindows Serverの標準機能である。今回は、BranchCacheを解説する。(2015/3/24)

Microsoft Azureと併せて利用したいストレージ
ファイルサーバもDR対策も1台で実現する“クラウド一体型ストレージ”の魅力
多くの企業は、増え続けるデータ量に対し、ストレージコスト削減やデータ保護といった課題を突き付けられている。安全で最適なデータ管理手法とは? クラウドを活用した現実的なアプローチを紹介する。(2015/3/20)

半径300メートルのIT:
「売上報告_最新_最終版コピー(2)_old決定版.xlsx」の悩み
ファイルサーバの中にある同じような名前を持つエクセルファイル。「決定版の最新版」よりも「編集中のコピー(2)」のほうが最新版だなんてこと、ありませんか?(2015/3/16)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(5):
乱立するファイルサーバーはDFSで一元管理
「分散ファイルシステム」(DFS)は、ファイルサーバーへのアクセスを簡素化したり、高可用性や負荷分散などを提供したりするWindows Serverの標準機能である。今回は、DFSを解説する。(2015/3/16)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】ファイルサーバに関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「ファイルサーバの利用・管理」についてお伺いします。(2015/3/9)

愛知、東京、札幌で遠隔バックアップを構築
眼科医療機器大手ニデックが社内のファイルサーバを大幅統合、ストレージ選びの決め手は?
部門ごとに設置されているファイルサーバをしっかり管理したい。眼科医療機器大手のニデックはこの問題の解決を目指し、先進的なストレージの導入を検討した。製品選びの決め手は何だったのだろうか。(2015/3/2)

基礎から学ぶサーバーマネージャーの使い方(4):
ファイルサーバー管理の強力な助っ人、FSRMを使いこなそう
ファイルサーバーはサーバー利用の基本だが、その運用管理は意外と面倒だ。今回は、ファイルサーバーの管理を楽にする「ファイルサーバーリソースマネージャー(FSRM)」を紹介する。(2015/2/19)

利用部門任せで乱立していませんか?
IT部門の永遠の課題「ファイルサーバ管理」、ストレージとソフトウェアの組み合わせが実現する効率化とは
IT部門の悩みとなっているのがファイルサーバの管理だ。ファイルサーバはさまざまな部門が利用していて、容量管理などが煩雑だ。だが、最新ストレージとソフトウェアを活用することで管理工数を劇的に下げることができるのだ。(2015/2/17)

「止められないサーバ」をどうする?
Windows Server 2003、こじらせた「移行の悩み」を解消する奥の手
さまざまな理由で「システムを止められない」と、移行が進まず悩むIT担当者へ。古いファイルサーバを稼働させたまま簡単にデータを移行する方法があるのをご存じだろうか。(2015/1/30)

ファイルサーバーはWindows Serverだけじゃない!:
PR:部門サーバーはWindows Server 2003から高い信頼性を実現する「QNAP Turbo NAS」へアップグレードしませんか
部門や少人数で利用しているファイルサーバー、アップグレードだけじゃない選択肢を検討したことはあるだろうか。シンプルなファイルサーバーに、プラスαの利便性を盛り込んだ製品を取材した。(2015/1/27)

ホワイトペーパー:
データアクセス時間を短縮せよ 実機検証結果で選んだWAN高速化製品の実力
全国約180店舗のフラワーショップを運営する日比谷花壇では、データセンターに集約したファイルサーバのデータアクセスに遅延が発生するという課題を抱えていた。複数製品を比較した結果、同社が選んだWAN高速化ソリューションの導入効果を見ていこう。(2014/12/16)

ホワイトペーパー:
災害対策が未実施の企業は46.6%、ファイルサーバ管理者161人の回答が示す「ファイルサーバ管理」の現状
ネットワールドが2012年に実施した「ファイルサーバ市場調査アンケート」では、サーバ管理者が抱える多くの課題が浮かび上がった。回答結果の詳細を紹介するとともに、具体的な課題解決法を提示する。(2014/12/5)

長年のアライアンスを生かした多様なソリューションを提供:
PR:パッケージ提供から手組みシステムの移行までをトータルでサポートする富士通
富士通は、サーバー移行をきっかけとして自社システムを「モダナイズ」「イノベート」するための多様なソリューションを提供。また、富士通マーケティングでは、ファイルサーバーやメールサーバーを「簡単に、速く、安く」移行できるよう支援する二つのサービスを提供する。(2014/10/31)

「ファイルサーバが限界」をどうする?
不動産情報大手「アットホーム」がスケールアウトNASを選択した理由
社内ネットワークに接続するファイルサーバの運用管理に苦労する管理者は少なくない。データ量と管理労力は右肩上がり。そんな悩みをどう解決するか。不動産情報大手「アットホーム」の事例に学ぶ。(2014/10/30)

管理運用機能が充実したNASストレージ:
PR:手間をかけずに簡単にファイルサーバーを移行する“決め手”は安価で高機能なストレージ
Windows Storage ServerベースのNAS製品「WINAS」シリーズを展開するロジテック。Windows Server 2003のサポート終了対応には、「ファイルサーバーの移行」「バックアップ」「サーバー仮想化」の三つのシナリオを提案する。WINASシリーズは独自の機能と移行に適したソフトウェアを標準搭載し、ファイルサーバーの移行とさらなる利活用を支援する。(2014/10/22)

豊富なラインアップで多彩なニーズに応えるNASストレージ:
PR:ファイルサーバー移行の“最適解”となるWindows Storage Server搭載NASで、さらなる利便性の向上を
バッファローでは、ファイルサーバーに最適なWindows Storage Server 2012 R2搭載のNAS製品「テラステーションWSS」を提供。目的や予算に合わせて選択できる豊富なラインアップで、Windows Server 2003のファイルサーバーを利用している企業の移行を支援する。(2014/10/21)

小規模事業所に向けたファイルサーバーソリューション:
PR:大企業並みのサポートをSMB市場にも提供し、トータルでIT運用を支援
サクサの「SB2000」は、自動バックアップや自己診断・通知機能により、IT管理者のいない小規模な事業所でも安心して利用できる5年間無償機器保証のNASファイルサーバーだ。また、情報システム部門がない中小企業には、ビジネスホンからクラウドまでをトータルで提供するサービス「OfficeAGENT」で支援していく。(2014/10/7)

ワンストップのファイルサーバ運用管理ソリューション:
PR:ファイルサーバをスリム化して、移行にかかる全体費用を大幅削減!
いまだ、多くのWindows Server 2003が稼働していると言われているファイルサーバ。2015年7月に迫っているサポート終了に向けて、日立製作所は、ファイルサーバの移行準備から、移行方法、更にクラウド活用までをワンストップで提供する「ファイルサーバ運用管理ソリューション」を提供。これは、第一に移行を契機としたファイルサーバ運用のコスト削減・見直しを考慮し、移行準備に向けたデータのスリム化や、オンラインデータ移行、クラウドストレージの活用などを提供するソリューションだ。事例によると、不要ファイルを約3割以上も削減できた例や、移行後のファイルサーバ購入金額を数百万円も抑えることができたケースがある。(2014/10/20)

料金はほぼ半額に値下げ:
IIJのPaaS「MOGOK」、ファイルサーバ機能を追加
IIJ GIO MOGOKに、既存アプリケーションに改変を加えずデータを保存できるファイルサーバ機能が加わった。データベースではPostgreSQL、mongoDBが追加。料金の値下げ、最大2ヶ月間の無償利用キャンペーンも発表した。(2014/10/2)

IT導入・活用事例:
兵庫県伊丹市、約1400人の市職員が利用するストレージを統合
庁内情報系システムの安定稼働のためにファイルサーバシステムとサーバ仮想化基盤を構築し、これを支えるストレージ基盤は統合ストレージを活用している。(2014/9/26)

Googleドライブ活用:
Googleドライブをファイルサーバーとして活用するノウハウ教えます
企業ユーザーでもファイルサーバーとしてGoogleドライブなどを活用する例が増えている。オンラインストレージを利用することで、社外からでもスマートフォンを利用してデータにアクセスできるなど、利便性も向上する。本稿では、Googleドライブを例にオンラインストレージをファイルサーバーとして活用する際の手順や留意点などを紹介する。(2014/9/17)

住友電装、BCP強化でデータセンター建設――NECが実施
住友電装がデータセンター新棟を建設。各部門が個別に導入していたファイルサーバを統合した。(2014/9/12)

ホワイトペーパー:
理想の文書管理はファイルサーバの徹底活用から
文書管理システムが有効に機能しない大きな理由は、ファイルサーバの“混沌”にある。この問題解決にエンタープライズコンテンツ管理(ECM)ソリューションの導入が有効だ。(2014/8/5)

カスペルスキー、小規模オフィス向けのセキュリティパッケージ発売
新製品は最大でPCとAndroid端末をそれぞれ10台、Windowsのファイルサーバ1台を保護する。(2014/7/17)

今から始めるWindows Server 2003移行のススメ(4):
Windows Server移行ツール/FSMTでファイルサーバーを移行する
ファイルサーバーの移行とは、単純に考えるとファイル/フォルダーのコピーである。ただし、適切なアクセス権や共有の設定は必須だ。こうした作業を楽にするツールが提供されているので、その使用方法を紹介する。(2014/7/3)

スペックだけでは選ばない
4つの用途で考える、Windows Server 2003移行のサーバ選び
Windows Server 2003移行でおろそかになりがちなサーバ選定。代表的な4つの用途(ファイルサーバ、サーバ仮想化、バックアップ/DR、VDI)を想定し、Windows Server 2012を最大限に活用するためのサーバ選びのノウハウを解説する。(2014/6/30)

@IT編集部が徹底検証!最新サーバーはこんなにイイ!:
PR:Windows Server 2003からの移行に NEC Express5800シリーズを選ぶワケ
今でもWindows Server 2003ベースの古いファイルサーバーを運用しているならば、できるだけ速やかに新しいサーバーへ移行することをお勧めしたい。その理由はハードウェアの故障率の高まりや製品サポート終了によるセキュリティリスクの増大の問題だけではない。最新環境に移行することで、ファイルサーバーの性能とデータ格納効率は向上し、社員のPC環境を大幅に改善できるからだ。(2014/6/23)

中小企業やブランチオフィスに最適なバックアップとは
NAS+クラウドで安価で高度なBCPを “一挙三徳”のファイル管理手法
ファイルサーバは企業にとって不可欠である。だが、運用負荷やコスト高を理由に、そのデータ保護がおろそかになっている企業は多い。求められるのはBCP(事業継続計画)に最適化した低コストのバックアップ手法だ。(2014/6/9)

ファイルサーバ管理に関する調査リポート
「容量不足」「ハードウェア障害」に悩むファイルサーバ管理者へ、解決の糸口は?
TechTargetジャパン会員を対象に、「ファイルサーバ/ファイルサーバ管理に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、読者の勤務先で導入しているファイルサーバの種類や運用管理における課題をまとめている。(2014/5/30)

日立システムズがオススメする「StorSimple」
クラウドの拡張性とオンプレミスの安心を両立させた次世代ファイルサーバとは
ファイルサーバのクラウド移行が注目されている。だが、クラウドストレージを直接使用することは、性能やセキュリティに不安が残る。クラウドとオンプレミスの両方のメリットを生かしたファイルサーバの実現とは?(2014/5/30)

ファイルサーバの集約と分散のいいとこ取り:
PR:データ管理の負担をなくし、“無意識”にバックアップできるクラウドソリューションとは
日を追って増大し続けるさまざまな業務データに対し、多くの企業ではファイルサーバの管理がますます複雑化している。そのためにかかるコストの問題も然ることながら、運用や管理の負荷が重みを増し、システム担当者は悲鳴を上げている。こうした運用管理の問題を解決するとともに、データのバックアップをも容易に実現できるクラウドソリューションが存在する。それが日立製作所のクラウドストレージソリューション「Cloud on-Ramp」だ。(2014/5/27)

もう専任の担当者は必要ない?:
PR:バックアップからの解放――「Cloud on-Ramp」でクラウドバックアップのススメ
メール、画像、プレゼン資料……日々の業務でどんどん増えていくファイル。ファイルサーバを導入しても、データ容量が増えるにつれて運用管理コストが増すばかり。専任の管理者を置く余裕もない……そんな企業の悩みを解決するのが、日立製作所のクラウドストレージソリューション「Cloud on-Ramp」だ。(2014/5/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。