ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Windows Server」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
Windows Server Insider − @IT
質問!Windows系OS→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でWindows系OS関連の質問をチェック

ファイルサーバを見直す最大のチャンス
Windows Server 2008サポート終了までにやっておきたい、ファイルサーバ移行
「Windows Server 2008/2008 R2」の延長サポート終了が2020年1月14日に迫っている。残された時間を、ファイルサーバを見直す最大のチャンスと捉えよう。(2018/6/13)

ハイパーコンバージドインフラ(S2D Ready Node)で一挙解決
目前に迫るWindows Server 2008サポート終了、「HCI」は解決策になるか
Windows Server 2008延長サポート終了目前。移行計画でチェックしたいのが「ただの置き換え」ではないアイデアを組み込んだ成功事例。成功ユーザーの目の付けどころは。(2018/6/6)

「クラウドネイティブ化」支援も:
AWSジャパン、パートナーの力を借りてWindows Serverのクラウド移行を推進
今後のインフラ基盤はAWSと決めている企業が多いものの、社内のWindows ServerのAWSへの移行については踏み出せない企業が存在する。AWSジャパンは、これに対処するための新パートナープログラムについて説明した。(2018/5/29)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(3):
実践「AD FS 2016」を使って「Office 365」とのSSO評価環境構築:Azure環境とAD DSの構築編
Windows Server 2016のAD FSを使って、SaaSとのSSO環境構築方法を紹介する本連載。今回は、AD FS 2016によるOffice 365とのSSO評価環境の構築方法として、Azure環境、Azure Active Directoryドメインサービス(AD DS)の構築方法を紹介します。(2018/5/29)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:モバイル端末管理最新トレンド
特集は、最新動向をふまえたモバイル端末管理。今、何がリスクなのかを解説する。他に、人材採用プロセスに組み込まれつつあるAI、GDPR対応メールセキュリティ対策、Windows Server次バージョンの解説やテープNAS事例などをお届けする。(2018/5/15)

コンテナ関連の機能も充実、「R2」は廃止
「Windows Server 2019」はAzure連携を大幅強化、CALは値上げか
Microsoftの新しいサーバOS「Windows Server 2019」は、同社のクラウドサービス群「Microsoft Azure」との連携を含め、さまざまな点で強化を図る。注目すべき強化点をまとめた。(2018/5/3)

プレビュー版には含まれなかった理由とは
「Windows Server 2019」にリモートデスクトップのRDSH搭載、見えてきた詳細機能
Microsoftは、同社の「リモートデスクトップセッションホスト」(RDSH)を「Windows Server 2019」のプレビュー版と正式版に搭載することを認めた。(2018/4/29)

Windows ServerとWindows 10を管理できるWebツール:
Microsoft、GUI管理ツール「Project “Honolulu”」を「Windows Admin Center」として正式リリース
Microsoftは、「Project “Honolulu”」と呼ばれてきたWindows ServerおよびWindows 10のGUI管理ツールを「Windows Admin Center」として正式リリースした。(2018/4/16)

自分の担当ではないと抵抗するのは時間の無駄
Windows管理者が磨きをかけるべき5つのスキル
企業のWindows Server管理者には、データセンターの管理者と同様に、システム全体のパフォーマンスを向上させるための定期メンテナンスとアップグレードのスキルが求められる。(2018/4/3)

直ちにアップデートを:
Windows 7とServer 2008の臨時アップデート公開 Meltdownの対策パッチで生まれた脆弱性に対処
Windows 7とWindows Server 2008 R2で2018年1月以降にリリースされた更新プログラムをインストールしていた場合は、直ちに今回の更新プログラムをインストールする必要がある。(2018/4/2)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(3):
サーバの役割別に見るWindows Server 2016への移行方法
前回は、Windows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了を見据え、Windows Server 2016へ移行することのメリットを説明した。今回は、既存の環境からWindows Server 2016へ移行するためのステップについて、サーバの役割別に解説する。(2018/4/2)

2年を切った! 移行までのタイムリミット:
PR:Windows Server 2008 R2のサポート終了で対応を急がなければならない3つの理由
「2020年1月14日」のWindows Server 2008/2008 R2の延長サポート終了まで、残り2年を切った。それまでに新たな環境へ移行を完了しなければ、多くのリスクを抱えることになるため、今から対応を進めることが重要となる。では、なぜ移行を急がなければならないのか、その理由とは。(2018/3/28)

Windows Insider Programでプレビュービルドが利用可能に:
Microsoft、「Windows Server 2019」を2018年後半にリリース
Microsoftが2018年後半に正式リリースする「Windows Server 2019」は、ハイブリッドクラウド、セキュリティ、アプリケーションプラットフォーム、ハイパーコンバージドインフラといった分野をはじめとした多くの新機能を提供する。(2018/3/26)

EoS対応をソフトウェア資産管理へのファーストステップへ:
PR:「無償ツール」と「非機能要件アセスメント」でサポート終了を迎えるOS/データベースの移行を支援する日本マイクロソフト
製品のサポート終了まで2年を切ったSQL Server 2008とWindows Server 2008。過去のWindows Server 2003やWindows XPでの対応を踏まえて、前倒しで検討を進める企業は少なくない。だが、ソフトウェア利用状況の可視化や移行のプランニングといった最初のステップで課題に直面する担当者も多いのが現状だ。そうした状況を支援するため、日本マイクロソフトが無償ツールと診断サービスを提供する。(2018/4/10)

専門家がOSスリム化の流れを説明
コンテナはWindows Serverを全く違うものに変えるかもしれない
アプリケーションのコンテナ化の影響により、MicrosoftはWindows Serverを大幅に見直し、最低限必要な機能だけを搭載したバージョンを投入する可能性がある。(2018/3/13)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(2):
Windows Server 2016への乗り換えのススメ
前回は、2020年の延長サポート終了後もWindows Server 2008/2008 R2を使い続けるリスクについて解説した。しかし、サーバOSの移行に当たっては、何を考慮し、何をすべきかなど、検討すべきポイントは多い。今回は、最新のサーバOS「Windows Server 2016」へスムーズに移行できるよう、OSの特徴とそれを生かせるような移行方法を解説する。(2018/3/7)

サーバOSのサポート終了は見直しと最適化の好機:
PR:ファイルサーバ移行の“カギ”はスリム化とセキュリティ強化
2020年1月に延長サポートが終了するWindows Server 2008/2008 R2。企業はOSサポート終了前の確実な移行が求められる。その中でファイルサーバは多くの企業で導入されており、今回ファイルサーバの移行を検討している企業もあるだろう。ただ、ファイルサーバの重要データを適切に管理できていない中で、ファイルサーバのデータや環境を”そのまま”移行すると、当然、情報漏えいのリスクも引き継がれることになる。サーバOSのサポート終了は、こうしたファイルサーバの課題を見直し、最適化する絶好のチャンスとなるだろう。(2018/3/7)

マウス、Windows Server 2016 Standardを導入した法人向けコンパクトサーバ
マウスコンピューターは、4ベイ搭載コンパクト筐体を採用する法人向けデスクトップサーバ「MousePro SV230ST」を発売する。(2018/2/28)

Windows Server 2008のサポート終了に備えよ(1):
サポートが終了するサーバOSを使い続けるリスクを考える
Windows Server 2008/2008 R2のサポート終了日まで後2年を切った。今後、さまざまなところでサポート終了に関するトピックを目にする機会が増えるだろう。そもそも、サーバOSのサポートが終了する影響とは、どのようなものなのだろうか。本連載では、Windows Server 2008/2008 R2を新しいサーバOSへ切り替える必要性やメリットなどを解説する。(2018/2/16)

プロセッサの脆弱性、Microsoftの対策パッチでパフォーマンス大幅低下も
Microsoftによると、2015年代以前のプロセッサを搭載したPCや、Windows Serverでは、対策パッチを適用すると、パフォーマンスに相当な影響が出ることが分かった。(2018/1/10)

Microsoftの2018年を占う【後編】
Windows Serverの新GUI追加から量子コンピューティングまで、最新技術トレンドを探る
Microsoftのテクノロジーは多くの領域にわたる。後編は、クラウドやコンテナに関心の高いユーザーに向けた情報をお届けする。(2017/12/14)

AD FSを使ったSaaSとのSSO環境構築(2):
Windows Server 2016によるオンプレミスとクラウドサービス間でのSSO環境の構成
業務で活用が増えている「SaaS」。そのまま使うのではなく、ID管理システムと連携することで、ユーザーの利便性は上がり、システム管理者は運用管理が容易になる。本連載では、AD FSを使ったSaaSとのシングルサインオン環境の構築方法を説明する。(2018/1/22)

見えてきたWindows Server次バージョン
Windows Server 2018(2019?)でオンプレミスとクラウドの融合が加速
次期Windows Serverの新機能が明らかになってきた。Windows Server 2018(2019?)では、オンプレミスとクラウドの融合がさらに推し進められ、シームレスに管理できるようになる。(2017/11/16)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(44):
Azure Marketplaceで「Windows Server バージョン1709」が利用可能に
2017年10月第3週に「Windows Server バージョン1709」がリリースされましたが、少し遅れて2017年11月1日より、Microsoft AzureのMarketplaceでこのバージョンのWindows Serverイメージが利用可能になりました。(2017/11/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(96):
Windows Server 2016の次は「1709」? いえ、2016の次はまだ出ていません!
Windows 10 Fall Creators Update(バージョン1709、ビルド16299)が一般向けにリリースされた同じ日に、Windows Serverの最新バージョン「Windows Server バージョン1709」もリリースされました。Windows Serverの最新バージョンであることには違いありませんが、“Windows Server 2016の次のバージョン”というのは正確ではありません。Windows Server 2016向けの「機能更新プログラム」では決してありません。“Windows Server 2016とは別の製品の新(初)バージョン”といった方がいいかもしれません。(2017/11/7)

マウス、4ベイ搭載小型筐体を採用する法人向けデスクトップサーバ「MousePro SV230ES」
マウスコンピューターは、OSとしてWindows Server 2016 Essentialsを導入した法人向けの小型デスクトップサーバ「MousePro SV230ES」シリーズを発表した。(2017/10/31)

Windows Serverの「半期チャネル」による初リリース:
「Windows Server version 1709」のダウンロード配布が開始――Microsoft
Microsoftは、Windows Serverの「半期チャネル」による初のリリースとなる「Windows Server version 1709」のダウンロード配布を開始した。コンテナやマイクロサービス関連など、多くの新機能を提供する。(2017/10/20)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第13回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──ファイル共有プロトコルSMB編
Windows Server 2016の改良点の1つに新しいSMB 3.1.1の実装がある。SMBは、Windowsのファイル共有プロトコル。SMB 3.1.1の改良点や注意点をお伝えする。(2017/10/6)

LinuxとDockerコンテナにも新たに対応し、多数の新機能を提供:
Microsoft、「SQL Server 2017」を正式リリース
Microsoftはデータプラットフォームの最新版「SQL Server 2017」を正式リリースした。クラウドでもオンプレミスでも利用でき、Windows ServerだけでなくLinuxとDockerコンテナにも新たに対応している。(2017/10/5)

山市良のうぃんどうず日記(105):
IaaSクラウド上でWindows Server 2016のWindows Updateはハイリスク?
本連載第96回「Windows UpdateとIaaSクラウドは忍耐が試される?」では、クラウド(Microsoft Azureなど)上の仮想マシンでWindows Updateやシャットダウンを行う場合の注意点(特に、Windows Server 2016)を取り上げましたが、2017年9月の定例更新で過去最大(筆者史上)の忍耐を強いられることになりました。本連載の過去記事と重複する部分もありますが、トラブルシューティングの参考になるかもしれないのでまとめました。(2017/9/19)

初の「Windows Serverの半期チャネル」リリース、2017年秋公開:
「Windows Server version 1709」では、Nano Serverコンテナイメージサイズが80%縮小
Microsoftの公式ブログで、2017年秋に投入予定の「Windows Server version 1709」で注目されるNano ServerおよびLinuxコンテナ機能が紹介された。(2017/9/15)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第12回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──仮想ベースセキュリティ編
今やサーバ機能も仮想マシンで動く時代となった。しかし、物理サーバだろうと仮想サーバだろうとセキュリティは盤石でなければならない。仮想サーバのためのセキュリティ機能を確認する。(2017/9/12)

山市良のうぃんどうず日記(104):
そのNano Serverのインストール、ちょっと待った!
Windows Server 2016には、従来のGUI環境と「Server Core」と呼ばれるCUI環境に加え、新たに「Nano Server」という最小インストールオプションが追加されました。Nano Serverは、Hyper-Vなど幾つかのサーバの役割を実行できますが、現行バージョンの本番環境への導入はお勧めしません。なぜなら初代Nano Serverは、ある意味、一代限りのはかない存在になりそうだからです。(2017/9/8)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第11回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──Active Directory管理編
ユーザー管理を確実かつ容易に行うActive Directoryはサーバにとって不可欠な機能だ。Windows Server 2016ではその機能を強化した。今回は、その強化ポイントについて解説する。(2017/9/8)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(40):
Marketplace内のWindows仮想マシンイメージのSMB v1が「既定で無効」に
Azure Marketplaceで利用可能なWindows Serverイメージで「SMB v1」が既定で無効化される措置が行われました。SMB v1の無効化は、2017年8月以降にMarketplaceのイメージを使用して作成されたWindows Server仮想マシンに適用されます。(2017/9/1)

前の前の管理者に聞かないと設定が分からない?:
PR:ネットワーク“大前提”時代のサイレントキラー。重要で厄介なDNS/DHCPを考える。
ある日、「ネットワークに接続できない」という苦情が相次いだ。果たして原因はどこにあるだろうか? 先ず疑うべきはネットワーク機器の故障や設定ミスだろうが、もしかすると、Windowsサーバやルータの付属機能で動作させていたDNS/DHCPサービスのトラブルかもしれない。地味だがネットワークに不可欠なDNS/DHCPを安定運用するには何が必要だろうか?(2017/8/30)

山市良のうぃんどうず日記(103):
最近のWindows Updateは、本当にどうかしている(と思う)
2017年8月の定例のWindows Update後、Windows 10 バージョン1607とWindows Server 2016の「更新の履歴」が消えるという事象に遭遇しました。その翌週には、これらのOSに対し、累積的な更新プログラムが提供されました。その累積的な更新を数台の仮想マシンにインストールしようとしたら、丸一日かかってしまいました。(2017/8/24)

Red HatとMicrosoftが共同発表:
OpenShift Container Platformは2018年にWindows Serverコンテナをサポートへ
Red Hat OpenShift Container Platformは2018年にWindows Serverコンテナをサポートする。また、Microsoft Azure上での OpenShift Dedicatedの稼働、Azure StackにおけるRed Hat Enterprise Linux(RHEL)のサポート、RHELおよびOpenShift上でのSQL Serverの稼働も実現するという。(2017/8/23)

Microsoft、8月の月例更新プログラムを公開 48件の脆弱性に対処
IE 9〜11とEdge、Windows 7〜10、Windows Server 2008〜2016の各製品に、最大深刻度が4段階で最も高い「緊急」の脆弱(ぜいじゃく)性が存在する。(2017/8/9)

ライセンスや利用条件を比較
実は2つあるWindows Server 2016の中堅向け「Essentials」、違いを比較した
Microsoftの「Windows Server 2016 Essentials」を利用する際、違いが分かりにくい2つの方法がある。だがこの2つには、利用できる環境や条件に大きな違いがある。(2017/8/8)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第10回】
Windows Server 2016の新機能をチェックする──コンテナ編
「Windows Server 2016」の新機能で多くの関係者が関心を寄せているのがコンテナ機能の導入だ。ほぼLinux環境限定だったコンテナ機能をWindows Server 2016で使うために確認しておきたいポイントを紹介する。(2017/8/8)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(88):
増殖するOperatingSystemSKU(その2)――Windows Serverのインストールオプションの識別あれこれ
Windows VistaおよびWindows Server 2008以降では、SKU(Stock Keeping Unit)という番号で「エディション」を識別できることをご存じでしょうか。Windows Serverの場合は、インストールオプションでSKUが区別されることもあります。前回は、クライアントOSのSKU番号の謎解きでしたが、今回はWindows ServerのSKU番号の謎解きです。(2017/8/1)

運用:
Google Chrome活用に役立つ記事一覧
Windows Server Insiderで公開している記事の中から、Google Chromeに関するものをまとめて紹介する。Google Chromeの設定やトラブル解決に関するものなど、Chromeを使いこなすための情報が見つかるはずだ。(2017/7/28)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第9回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──Active DirectoryでDNSの設定編
体験版=評価版のWindows Server 2016で「サーバーマネージャー」から「Active Directory」を設定する。今回はDNSの設定まで覚えてみよう。(2017/7/21)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(37):
Azure仮想マシンの最新v3シリーズは、Broadwell世代でHyper-Vのネストにも対応
Microsoft AzureのIaaSで、Azure仮想マシンの第三世代となるDv3およびEv3シリーズが利用可能になりました。Dv2に代表される第二世代はHaswellベースでしたが、第三世代はBroadwellベースです。また、新たにWindows Server 2016仮想マシンでは「入れ子構造の仮想化」がサポートされ、Hyper-V仮想マシンやHyper-Vコンテナの実行が可能になります。(2017/7/20)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(87):
増殖するOperatingSystemSKU(その1)――WMIクエリの謎解き
Windowsのエディションは「SKU」という番号で識別できることをご存じでしょうか。Windows Serverの場合は、インストールオプションでSKUが区別されることもあります。このSKUに関連して、今回はDirectAccessのセットアップで登場するWMIクエリの謎を解きます。(2017/7/18)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第8回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──Active Directory設定編
体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためにサーバーマネージャーの使い方を覚えたら、次はActive Directoryの設定だ。(2017/7/12)

山市良のうぃんどうず日記(98):
Windows Server 2016の今後の“更新”が怖い
テスト環境として構築したWindows Server 2016の物理サーバと仮想マシン。その一部でWindows Updateやシャットダウンに異様に時間がかかるといった現象に遭遇しました。そんな中、Windows Serverの次期バージョンに関する新方針の発表もあって、いろいろな面で“更新”に対する不安が高まっています(筆者の個人的な感想)。(2017/6/27)

「Windows Server 2016」の機能
Windows Serverコンテナ、Hyper-Vコンテナ、Hyper-V VM、3つ違いを比較
Microsoftの「Windows Server」コンテナと「Hyper-V」コンテナでは、分離レベルが異なる。Hyper-VコンテナではHyper-V VMを利用するが、この2つには大きく違う点が幾つかある。(2017/6/26)

体験版で知るWindows Server 2016操作テク【第7回】
Windows Server 2016評価版をインストールする──サーバーマネージャー設定編
体験版=評価版を使ってWindows Server 2016の新機能を試すためのインストール作業が終わったら、「サーバーマネージャー」で設定に取り掛かろう。小規模システムならこれ1つで十分だ。(2017/6/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。