ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クラウドストレージ」最新記事一覧

日本型セキュリティの現実と理想:
第23回 感染したらどうする? ランサムウェアに身代金を払うことの意味
ランサムウェア感染の被害者は身代金要求に応じるべきか悩む。「拒否すべき」との見解は多いが、当事者にとってはそれ以外に選択肢がないこともあり得るだろう。今回はこの難しい問題にどう対応していくのかについて記す。(2016/5/26)

PR:飲まずにできる「飲みニケーション」!? 上司や同僚との距離をぐっと縮める“秘策”とは
部下や上司、同僚との距離を縮めるには“飲みニケーション”がベスト!――と思っていませんか? しかし今では、お酒を交えなくてもカジュアルなコミュニケーションができる手段が登場しています。創業50年の老舗企業・東邦レオが試してみた“秘策”とは!?(2016/5/30)

シーン別ポイント解説:
PR:ドキュメントスキャナのある生活――「imageFORMULA DR-C240」徹底活用
性能、機能、品質のすべてで高く評価されているキヤノンのドキュメントスキャナ「imageFORMULA DR-C240」。ここでは家庭にDR-C240があると生活がどう便利になるのか、動画を交えながら活用シーン別に解説していく。(2016/5/25)

半径300メートルのIT:
1日5分でできる、ランサムウェア対策
大事なデータを勝手に暗号化し、身代金を要求するランサムウェア。その被害は個人にも及んでいます。今回は、被害にあって絶望しないための対策法を紹介します。(2016/5/24)

100GBのクラウドストレージ付き:
ソフトバンク、「+Style」でNextbit製スマホ「Robin」を1000台限定で販売 価格は3万9980円
ソフトバンクのIoT支援プラットフォーム「+Style」で、NextbitのSIMロックフリーAndroidスマートフォン「Robin」の数量限定販売が始まった。Robinの純正オプションも合わせて販売する。(2016/5/23)

特集:IoT時代のセキュリティログ活用(3):
インシデント発生時のコストを最小限に抑えるデータ運用術
内部不正などのセキュリティインシデント発生時に避けて通れないのが、関連データを洗い出し、解析する「フォレンジック」だ。本稿では、万が一に備えた「データ運用術」を現場の“デジタルフォレンジッカー”が指南する。(2016/5/23)

マルチデバイスで使える強力なコラボレーション機能
Googleは「Google for Work」にどこまで本気? 企業ユーザーを魅了できるか
Googleの「Google for Work」ブランドで数多くの企業向けサービスを提供している。その中のコラボレーションサービスについて、どのような展開を進めているのか紹介する。(2016/5/20)

PCからモバイルへのシフトも加速
医療IT最新調査で明らかになった「セキュリティ対策が全ての投資対象を突き放す」
医療現場のIT活用で注目のキーワードが「ポピュレーションヘルス」だ。現場の効率化を実現する新しいプラットフォームだが、購買担当者は限りある予算を別なものに振り向けようとしている。(2016/5/17)

今度こそ会計業務のペーパーレス化【第3回】
「電子帳簿保存法Q&A」徹底解説:中小企業のペーパーレス会計、こんな時はどうする?
本連載の最終回では、国税庁「電子帳簿保存法Q&A(平成27年9月30日以後の承認申請対応分)」の回答を参照しつつ、中堅・中小企業における会計業務のペーパーレス化で失敗しないためのポイントを解説する。(2016/5/18)

セキュリティ・ダークナイト ライジング(外伝):
「言葉では言い表せない絶望感だった」――ランサムウェア被害者が語る
「サイバー攻撃者の手法」を解説する本連載。今回はその「外伝」として、ランサムウェア被害者へのインタビューをお届けする。感染に気付いてから復旧に至るまでの“ランサムウェア被害の生々しい実態”をぜひ知ってほしい。(2016/5/16)

ASUSTOR NASで解決! 第1回:
もしも漫画家がNASを使ったら――効率的に在宅アシスタントさんとデータをやりとりしたい!(前編)
ASUSTOR NASでできることはたくさんあります。その中には、あなたが困っていることを解決してくれるものがあるかもしれません。(2016/5/10)

どんな暗号化技術よりも信頼できる――
iPhone「iOS」の安全性をITプロが信じるようになった“2010年の転換点”
Appleの「iOS」のビジネスレベルのセキュリティがITプロフェッショナルから称賛されている。iOSは高度なデータ保護機能と暗号化機能を備えた強力なビジネスプラットフォームだという。(2016/5/10)

ホラー映画「SAW」のようにユーザーを脅迫するランサムウェア「JIGSAW」の手口 トレンドマイクロが解析
ビリーがファイルを支配し身代金を要求とか怖すぎ。(2016/4/26)

「AWSに見劣りしない」は本当?
DisneyがGoogleクラウドを選んだ理由とは
「Amazon Web Service」が依然としてトップを走る一方、「Google Cloud Platform」も大きな成長を見せ、ユーザー企業が再検討するほど魅力的な機能を備えるようになっている。(2016/4/26)

ランサムウェアのJIGSAW、恐怖映画「SAW」を使ってユーザーを脅迫
恐怖心をあおって感染先のユーザーに金を支払わせる手口がますます悪質化している。(2016/4/25)

顧客データ保存めぐる対立で:
Appleの電気自動車事業からBMWとDaimlerが撤退?
Appleは、「Project Titan」で進める自動運転機能付き電気自動車開発プロジェクトでBMWおよびDaimlerと交渉していたが、プロジェクトの主導権と顧客データ収集をめぐって対立し、決裂したと独メディアが報じた。Appleはカナダの自動車OEM企業Magnaと交渉中という。(2016/4/25)

ヴァイナス V-HPC Network:
FOCUSと外部データセンター間の専用回線/クラウドストレージを受注
ヴァイナスは、FOCUSと外部データセンターを結ぶための専用回線とクラウドストレージを提供。パブリッククラウドコンピュータの普及に伴う計算機需要の増加に対応するため計算能力の向上を図る。(2016/4/21)

仮想化されているのは半分以下
世界24カ国の上級管理職1140人に聞いた、サーバ仮想化の現実
世界24カ国の上級管理職1140人を対象に、可用性に関するアンケート調査を実施した。その結果、サーバ仮想化の現状、投資意向、バックアップや災害復旧の体制が見えてきた。(2016/4/21)

新人のための「クラウド」基礎講座(1):
「クラウド」とは何か
あなたは、「クラウド」を本当に正しく理解していますか? 新卒エンジニアやいきなり業務で必要になった若手、IT業界で働く営業担当者などのために、“やさしい先輩”が順番に「クラウド基礎講座」をお届けします。「そんなの知ってるよ」という人も、あらためて知識を確認・整理してみてはいかがでしょうか。(2016/4/22)

身代金を支払ってしまったケースも
病院がランサムウェアに狙い撃ちされる“簡単で奥深い”理由
ランサムウェアは、コンピュータシステムをフリーズさせ、復旧と引き換えに身代金を要求する不正プログラムだ。米国では春先から、ランサムウェアの被害に見舞われる病院が増えている。(2016/4/20)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【後編】
オンプレミスとの比較も忘れずに、クラウドアーカイブの4大“懸念事項”
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドアーカイブのデメリットや懸念事項はないだろうか。(2016/4/19)

1分1秒でもバッテリーを持たせるために――すぐにスマホを充電できない状況下ですべきこと
大規模災害が発生する度に、問題となることが多い携帯電話やスマートフォンの「バッテリー持ち」。特に消費電力の大きいスマートフォンでは深刻な問題です。そこで、少しでもスマホのバッテリーを“長持ち”させる方法をご紹介します。(2016/4/18)

クラウドアーカイブを始める前に考えること【前編】
IT部門の救世主――データ移行先にクラウドアーカイブを検討すべき4つの理由
クラウドアーカイブはクラウドストレージの中核を担うと考えられている。だが、クラウドアーカイブを使い始める前に考えておきたいことがある。クラウドでアーカイブすべき理由とは何だろうか。(2016/4/18)

スマホ版アプリにも新機能:
OneDrive for Businessに“春のアップデート”、新同期クライアントを公開
米マイクロソフトは、「OneDrive for Business」の新たな同期クライアントを発表。幾つかの新機能も随時追加する。(2016/4/14)

プライマリーストレージほどフラッシュを活用
「HDDはいつ消えるか?」が議論に、ハイエンド製品で進むSSD全面移行
2016年に入ってオールフラッシュアレイが数多く登場している。それどころか、プライマリーストレージの選択肢がフラッシュだけになりつつある。かつての主役HDDの居場所はコールドストレージにしかもうない。(2016/4/13)

CAEニュース:
FOCUSが専用回線「V-HPC Network」とクラウドストレージを導入
ヴァイナスがFOCUSと外部データセンターを結ぶための専用回線とクラウドストレージを受注。ここ数年のパブリッククラウドコンピュータの普及に伴った計算機需要の増加に対応するための計算能力向上を狙う。(2016/4/8)

既に技適など取得済み:
Nextbitの「Robin」、ソフトバンクの「+Style」で販売へ 価格は4万円台を予定
米国のベンチャースマートフォンメーカーが手がけるAndroidスマートフォンが、ソフトバンクの「+Style」で販売される予定だ。価格は4万円台になる見通し。(2016/3/30)

ネットギア、クラウド録画に対応した無線ネットワークカメラ「Arlo Q」
ネットギアジャパンは、クラウド録画に対応するWi-Fiネットワークカメラ「Arlo Q」を発表した。(2016/3/30)

クラウド社会とデータ永久保存時代の歩き方:
第12回 オブジェクトストレージを上手に使うチェックリスト(後編)
オブジェクトストレージをいざ使うとなると、具体的にどんな方法を選択すべきか悩んでしまいます。前回に引き続きオブジェクトストレージを上手に使うための10項目をご紹介します。(2016/3/23)

128GBが欲しかった?:
iPhone SEを買うなら選択肢は「64GB」しかない
「iPhone SE」の登場は、小さいスマホが好きなユーザーに朗報です。しかし、問題となるのはやはりストレージ容量でしょう。(2016/3/22)

Synologyで始めるNAS生活:
NASを使ったほうがいい人、使わないほうがいい人
「最近NAS(ナス)ってよく聞くけど、そんなにイイモノなの?」と考えているNAS初心者に向けて、導入するメリットや、類似サービスとの比較、製品選びのポイントを紹介。(2016/3/18)

重要なのはエンドユーザーのニーズを知ること
熟練PCユーザーが自信をなくすiPhone、Androidの“3大セキュリティリスク”
モバイル時代のセキュリティ対策は、クライアントPCでの対策とは別物だ。IT部門が知るべき3大モバイルセキュリティリスクに対する最善の対策とは。(2016/3/18)

特選プレミアムコンテンツガイド
AWSすら青ざめる? 中国“アリババストレージ”の衝撃
中国Alibaba Groupのインフラエンジニアが公開したコールドストレージエンジンでは、SDS(ソフトウェア定義ストレージ)の性能や容量の課題解決に向けた改良を進めている。(2016/3/18)

求められた拡張性、可用性、高速性能
毎日2万枚発生する放射線画像を管理、米医療機関が選んだハイパーコンバージドとは
CarePoint Healthは医療データ増大を見越し、ハイパーコンバージドシステムを導入した。ローカルSANの拡張とともに、クラウドストレージに医療データを移動してコストを削減した。(2016/3/16)

Dropbox、登録ユーザー数が5億突破と発表
クラウドストレージサービスのDropboxが、登録ユーザー数が5億人を突破したと発表した。有料版採用企業は15万社に上るとしている。(2016/3/8)

「Office Online」内での「Skype」チャット・内容保存が可能に
Microsoftは、オンラインオフィススイート「Office Online」で、文書を共同編集しながらSkypeでグループチャットできるようにした。チャットの内容は文書と一緒に保存される。(2016/3/8)

過度の期待は禁物
そこは変だよ、クラウドベースのバックアップ
クラウドバックアップにはメリットがあるものの、その技術が企業などの“組織”にとっていつも都合がいいものとは限らない。オンプレミスのバックアップが信頼できるケースはまだまだある。(2016/3/8)

「Office 365」を激変させる3つのポイント(前編)
クラウド化したOfficeが今、大きく変わろうとしている。WordやExcel、PowerPointといったおなじみのツールが、他のツールと連携することで、これまでとは異なる価値を生むものになっているのだ。新たな機能は業務現場とIT部門の運用管理にどんな変化をもたらすのか。(2016/3/4)

戦いはまだ始まったばかり:
WindowsスマホはPC代わりになる? 「Continuum」をNuAns NEO/VAIO Phone Bizで試す
Windows 10 MobileスマートフォンをPCっぽく使える「Continuum」機能。最新のワイヤレスアダプターと、2台の注目スマホ「NuAns NEO」「VAIO Phone Biz」で試してみた。(2016/3/3)

PR:部下の遅刻に「ゆとり乙w」、上司にスタンプも当たり前 社会人たちの“お仕事チャット”の中身がすごかった
(2016/3/1)

標的型攻撃やランサムウェアの手口をデモで紹介:
PR:サイバー攻撃の最前線、「エンドポイント」を守る術は?
標的型攻撃やランサムウェアなどの最近の脅威は、メールやWebといった経路を通じてエンドポイントをダイレクトに狙ってくる。こうした攻撃を全てを防ぎ切るのは困難だ。従って、速やかに脅威を検知し、情報漏えいなどの深刻な被害に至る前に食い止めることが重要となる。「攻撃者視点で明かす、エンドポイントの脆弱性」と題する勉強会では、その勘所が紹介された。(2016/3/1)

クラウドERPで経営を可視化:
PR:Soup Stock Tokyoが選んだMicrosoft Dynamics® AXの新しい魅力とは?
変化と競争のスピードが激しい飲食業界。「Soup Stock Tokyo」を運営するスマイルズは、経営の可視化を目指してMicrosoft Dynamics AXを選択した。最新クラウドERP導入の舞台裏とメリットを紹介する。(2016/3/9)

PR:本格化する企業のデータ活用 AI時代のデータ分析に必要な武器とは?
データ活用を経営の武器として実業務に取り込む機運が本格的に盛り上がりはじめた。ただし、その具体的な道筋はいまだ明確にはなっていない。いま、どのような仕組みの整備が求められているのだろうか。IDC Japanが2016年2月10日に開催した「Japan Storage Vision 2016」では、その問いかけへの“解”ともいえる講演が行われた。(2016/2/29)

Windowsとクラウドの新時代【後編】
クラウドでWindowsを動かすのに“見なかったふり”はできない問題
企業のIT部門が社外サーバにWindowsベースのワークロードを積極的に移行しようとしている。そこで問題になるのがWindowsのライセンスと既存パブリッククラウドとの“相性”だ。(2016/2/29)

リセラーのクラウドビジネス収益化を支援
DaaS、Office365、Dropboxで商機をつかむ、ソフトバンクC&Sのクラウドビジネス戦略
IT商材の流通だけでなく、クラウドサービス、通信サービスなど、幅広い分野を取り扱うソフトバンクコマース&サービス。同社はクラウドビジネスのどこにフォーカスしているのか。溝口泰雄氏に聞いた。(2016/2/24)

用途に合わせた選択のススメ
NAS vs. オブジェクトストレージ:大容量ストレージ選びのポイント
注目度上昇中のオブジェクトストレージと従来型のNAS、どちらを選ぶべきなのか。両者の特長から、NASを使うべき用途、オブジェクトストレージに向いている用途を紹介する。(2016/2/26)

Android版Adobe Lightroom、RAW(DNG)形式での撮影が可能に
Adobeの無料写真編集アプリ「Adobe Photoshop Lightroom」のアプリ内カメラで、RAW形式(Adobeが提唱するDNG形式)での撮影が可能になった。(2016/2/24)

電子カルテや検査機器にアクセスできず
「身代金は9000ビットコイン」、ハリウッドの大病院がランサムウェア被害
米連邦捜査局(FBI)とロサンゼルス市警は、ハリウッドの大病院が受けたランサムウェア攻撃の捜査に乗り出した。この攻撃によって病院では、過去の患者データにアクセスできない事態に陥った。(2016/2/24)

ユーザーの状況・行動パターンを未来予測したレコメンドも:
PR:ビッグデータ、機械学習を誰でも手軽にビジネス活用できるようにする、SI現場の知見が詰まったクラウドサービスで何ができるのか
オープンストリームが、リアルタイムデータ収集・蓄積プラットフォーム「LogStream(ログストリーム)」を2015年11月から提供を開始。その概要や、開発の狙い、その活用例として、開発中のビッグデータのモデリング・解析・通知サービスについて担当者に聞いた。(2016/3/4)

画像認識機能が使えるAPI:
Google Cloud Vision APIのパブリックβ版が公開
米グーグルは2016年2月18日、「Google Cloud Vision API」のパブリックβ版を公開した。APIコールのみで画像の特徴的な要素や一般的なランドマークなどをラベル付けしたり、多様な言語の文字認識(OCR)機能を利用できる。(2016/2/19)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。