ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Dell」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
DELL Power - ITmedia PC USER

デル、最大165Hz駆動/G-Sync対応の24型ゲーミング液晶「S2417DG」
デルは、2560×1440ピクセル表示に対応した24型ゲーミング液晶ディスプレイ「S2417DG」の販売を開始する。(2016/8/18)

デル、静音設計のミニタワー型デスクトップ「New XPS タワー」
デルは、新設計のミニタワー型筐体を採用したデスクトップPC「New XPS タワー」の販売を開始した。(2016/8/17)

企業市場でWindows 10に押されるAndroid
Windows 10の人気が「Androidタブレット」の販売打ち切りを招いた?
HPとDellは「Android」搭載タブレットの大半の販売を打ち切った。企業市場の関心が「Windows 10」デバイスへ移っているからだ。(2016/7/27)

VR/AR/AI、5年後の従業員へのインパクトを考えよ:
ミレニアル世代への福利厚生は、メシよりハイテク?──インテルとデルが「職場と働き方」のグローバル意識調査
インテルとデルが、各国のビジネスパーソンに聞いた職場のIT動向と働き方に関する意識調査「Future Workforce Study 2016」の結果を発表した。従業員の全体の半数以上が、今は“まだ”だが、「5年以内にスマートオフィスで働けるようになる」と期待している。(2016/7/20)

販売数600万本超:
ゼブラ「デルガード」はシャーボ以来のヒットとなるか?
高機能の新商品が相次いで投入され、激しい競争が繰り広げられているシャープペンシル市場。「芯が折れない」をコンセプトとするゼブラの「デルガード」は販売が600万本を超えた。(2016/7/20)

デル、宮崎市で「親子で体験!! デル パソコン組み立て教室」を開催――9月3日
デルは、小中学生を対象としたPC組み立て体験イベント「親子で体験!! デル パソコン組み立て教室2016」の開催を発表した。(2016/7/14)

デルから初の本格的産業用PC、IIoT促進を狙う
世界有数のソリューションプロバイダーであるデルが「同社初」となる産業用PCを投入する。IIoTを構成する要素を自ら手掛けることで、法人向けソリューションビジネスを加速させていきたい考え。(2016/7/11)

NHN テコラス、マネージドセキュリティ市場に参入
Dell傘下のSecureWorksと協業し、セキュリティ監視センターやITインフラサービスなどと組み合わせたセキュリティサービスを展開する。(2016/6/28)

高度な標的型攻撃、始まりから発見まで平均273日
デル傘下のセキュアワークスが、サイバー攻撃の実態解明から再発防止までを支援するサービスを始める。これまでの対応実績から、高度な標的型攻撃は検知できない場合が大半だと指摘した。(2016/6/21)

NTTデータ先端技術、ブロケード、デル、レッドハット:
4社がオープンソースNFVをリアルに検証、通信事業者のスピード向上を支援
NTTデータ先端技術は、ブロケード、デル、レッドハットと共に、OpenStack Tackerを採用したキャリアNFVの共同検証を実施したと発表した。オープンソースを活用し、通信事業者の新サービス展開スピードを高めることが目的という。(2016/6/6)

Dell、PCを4台接続して分割表示できる43型4Kディスプレイを約13万円で発売
Dellが、Windows PCを最大4台接続してそれぞれの画面をシームレスに4分割表示する43インチディスプレイを約13万円で発売した。管理アプリがWindowsのみなので、今のところMacは接続できない。(2016/5/24)

対応DBにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresを追加:
DBレプリケーションツール「SharePlex」に最新版、“Oracleから他社DB”の対応強化
デル・ソフトウェアは、データベースレプリケーションツール「Dell SharePlex」の最新バージョンを提供開始した。対応データベースにSAP HANA、Teradata、EnterpriseDB Postgresが追加された。(2016/5/20)

デル・ソフト、未知のマルウェア対策に参入 後発優位とアピール
UTMで利用可能なマルウェア対策サービスを提供する。他社サービスと同様ながら後発だとして、3段階のサンドボックス解析を採用するなど差別化を図ったという。(2016/5/18)

デル、同社製PC「Inspiron」「ALIENWARE」に個人向けサポートサービス“Dell Premium Support”を提供開始
デルは、同社製PC「Inspiron」「ALIENWARE」に個人向けサポートサービス「Dell Premium Support」を提供を開始したと発表した。(2016/5/17)

従来のデータセンターと比較
ハードウェア更改の仕組みを根本から変える、ハイパーコンバージドの斬新なコストモデル
ハイパーコンバージドインフラによって、ユーザー企業はシステムの成長に合わせてリソースを追加購入できるようになった。従来のように、ハードウェアの更新によってコストがかさむこともない。(2016/5/9)

Dell、EMC買収完了後の社名は「Dell Technologies」に
ラスベガスで開催の「EMC World 2016」の基調講演に登壇したDellのマイケル・デル会長兼CEOは、EMC買収完了後の計画について語り、新しい社名を「Dell Technologies」とすると発表した。エンタープライズ向けサービスは「Dell EMC」ブランドで提供する。(2016/5/3)

エキスパートが語る
始めよう、自治体ITシステムにおけるセキュリティ強化とクラウドの活用
マイナンバーの運用が開始された今、自治体は何をすべきか。本稿ではデルとヴイエムウェアの共催セミナーから、サーバ、ストレージ仮想化に加え、ネットワーク仮想化によるセキュリティ強化などの対策を紹介する。(2016/4/13)

人工知能が99%の脅威を入り口で検出し、セキュリティ対策全体のコストを削減:
PR:PCセキュリティにも訪れる“人工知能”の時代
シグネチャベースの対策では侵入を防げない―――そんな事実を前に、事後対策への注目がにわかに高まっている。だが、事前の防止策は本当に“限界”を迎えているのだろうか? 人工知能を活用して未知の脅威を高い精度で検出する新たなエンドポイントセキュリティ製品を、デルが提供している。(2016/4/13)

最新コラボレーションソリューション「Dell OptiPlex 7040 Micro」無料モニターキャンペーン
ご応募いただいた方の中から抽選で10社様に、デルの最新コラボレーションソリューション「Dell OptiPlex 7040 Micro」を無料でお貸し出しいたします。モニターに当選された方には、モニター期間終了時にデル、インテルの担当者によるインタビューを予定しています。(2016/4/6)

250名様にQUOカード500円分が当たる!
Dell「IT投資動向調査アンケート」
簡単なアンケートにご協力いただいた方の中から抽選で250名様に「QUOカード(500円分)」をプレゼント。(2016/4/1)

北米地域のヘルスケア業界に強み:
デルのITサービス事業をNTTデータが買収
NTTデータが北米地域を中心にサービスを展開するDell Servicesを約3500億円で獲得、グローバルビジネスの拡大を進める。(2016/3/29)

Dell、ITサービス事業をNTTデータに売却 30億ドル超
DellがITサービス部門をNTTデータに30億ドル超で売却する。(2016/3/28)

NTTデータ、DellのITサービス事業買収を正式発表
株式取得および事業譲り受けは概算で30億5500万ドルになるとしている。(2016/3/28)

NTTデータ、Dell Services部門買収
3社については100%株取得。(2016/3/28)

NTT、DellのIT部門を約4000億円で買収か──米報道
EMC買収の資金調達で苦戦するDellが、NTTにIT部門を約35億ドルで売却することを間もなく発表するとRe/codeが報じた。(2016/3/28)

「すごい」「気分転換になる」――新オフィスに驚きの声
米国式の「ひろびろデスク」はもう古い? デルがオフィス環境をゼロから見直した理由
デルは2016年1月にオフィスの大改装に踏み切った。ワンフロア全体を1つの業務空間と見立て、さまざまなビジネスシーンに合わせてオフィス空間を設計したという。大規模リニューアルに込めた狙いを聞いた。(2016/3/22)

暗号化方式も強化:
デル、LyncやSkypeにも対応するVDI構築ソリューションを提供開始
デルはXenDesktop向けに2種類のソリューションを提供する。通信暗号化方式を強化した他、LyncやSkype、他社製ビデオ会議システムにも参加できるという。(2016/3/15)

Open Compute Summit 2016:
米マイクロソフト、オープンソースのネットワークソフトウェア「SONiC」を発表
米マイクロソフトは2016年3月9日(米国時間)、Open Compute Project(OCP)のOpen Compute Summit 2016で、米アリスタネットワークス、米ブロードコム、米デル、米メラノックスとともに開発したオープンソースのネットワークソフトウェア、「SONiC(Software for Open Networking in the Cloud)」を、OCPに提案したと発表した。(2016/3/10)

写真と動画で外観をチェック:
12.5型で4K・IGZOパネル搭載「New XPS 12 2-in-1」は、Surfaceと似ているようで似ていない?
デルが、12.5型の2in1タブレットPC「New XPS 12 2-in-1」を発売した。持ち運びしやすいコンパクトなボディでありながら、広々使える4Kディスプレイを搭載しているのが特徴だ。まずは写真と動画で実機インプレッションをお届けする。(2016/2/29)

デル株式会社提供Webキャスト
ハイパーコンバージドアプライアンスがもたらすシンプルかつスケールアウトによるIT環境の革新
サーバとストレージを同じアプライアンス内の仮想環境上に実装することで、システム管理者は、新しいワークロードを迅速かつシンプルに導入できる。Nutanixのソフトを搭載する「Dell XC Webスケールコンバージドアプライアンス」による仮想化やVDI用途の使用イメージを見てみよう。(2016/2/23)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/2/6)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:EMCの買収でDellに何が起きる?
巻頭特集は、Dellのマイケル・デルCEOインタビュー。EMCを買収したデル氏の本音を直撃。EMCとDellの統合はうまくいくのか? 他にパスワード廃止に向けてさらに前進したFIDO標準の現状、オブジェクトストレージ導入事例、企業の生産性が向上しない理由などの記事をお届けする。(2016/2/1)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/30)

激動の2015年を経て
これだけ読めば大丈夫、ストレージベンダー主要12社の行方
EMCとDellは2016年、総額670億ドルに上る合併のプレッシャーに直面することになる。他のストレージベンダーにとっても、販売減や分割などの厳しい環境の中、極めて重要な年になる。(2016/1/27)

デル株式会社提供Webキャスト
ビジネスニーズに応じたシステム基盤を構築する「次世代統合アーキテクチャ」とは
既存のITインフラを活用しながら、ビジネスのニーズに合わせて計算ノード、ストレージ、管理、I/Oなどを汎用サーバで構築する次世代統合アーキテクチャ「Dell PowerEdge FX」。その特長をプロダクトマネジャーが対話形式で明らかにする。(2016/1/29)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
Dell、EMC、VMwareはどうなるのか?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2016/1/24)

デル、“世界最薄”ベゼルを実現した23.8型フルHD液晶「U2417H」
デルは、ベゼル幅5.3ミリのスリムデザイン筐体を採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「U2417H」を発表した。(2016/1/20)

日本上陸:
Surfaceの一歩先を行くモンスタータブレット――デル、4Kディスプレイ搭載の「New XPS 12 2-in-1」発売
デルが、米国で先行発表していた4K表示対応の12.5型の2in1タブレットPC「New XPS 12 2-in-1」を日本国内で1月19日より発売する。(2016/1/19)

495億ドルの負債をどうするのか?
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/18)

オールフラッシュ軸に進む業界再編
ストレージ業界で何が起きているのか? 巨額買収だけではない大激変の“予兆”
2015年はデータストレージ業界にとって変化と新技術に富んだ1年となったが、中でも最大のディスラプション(創造に向けた破壊)は米Dellによる670億ドルでの米EMCの買収だった。(2016/1/14)

Computer Weekly:
「事業を売却することはない」──マイケル・デル氏に聞くDellとEMCの今後
DellによるEMCの買収は業界に驚きをもたらした。この買収がDellとEMCの事業に及ぼす影響とは? デル氏に同社の今後をインタビューした。(2016/1/6)

2015年クラウド業界10大ニュース【前編】
クラウド業界の大型買収や統廃合を振り返る、あのサービスはどうなった?
2015年もクラウド業界は目まぐるしく変化した。前編では、DellによるEMCの買収、HPのパブリッククラウド撤退、GoogleとVMwareとの提携といったビッグニュースをまとめた。(2015/12/25)

Lenovoのサポートソフトに深刻な脆弱性、東芝とDellにも問題か
Lenovoの「Lenovo Solution Center」の脆弱性を発見した研究者は、Dellと東芝のPCにプリインストールされているソフトウェアについても同様の脆弱性を指摘している。(2015/12/8)

OpenStackのメリットをユーザー、ベンダーが議論:
あらためて考えるプライベートクラウドの価値と、“OpenStack、3つの誤解”とは?
「Dell Solutions Roadshow 2015」で行われたパネルディスカッション「いまさら聞けない、OpenStack 3つの誤解」をリポートする。(2015/12/3)

Microsoft、Dellの証明書を無効化
Microsoftは証明書信頼リスト(CTL)の更新版を配信し、脆弱性が指摘されたDellの証明書を失効させる措置を取った。(2015/12/2)

DellのPCに不審なルート証明書、LenovoのSuperfishと同じ問題か
Dellのマシンにプリインストールされている自己署名ルート証明書の「eDellRoot」について、危険を指摘する声が相次いでいる。(2015/11/24)

Dellのセキュリティ製品にAI搭載、攻撃防御率「99%」
「従来のようなウイルス定義ファイルを使ったマルウェア対策では、もはや顧客のニーズに適切に対応できなくなった」とDellは指摘する。(2015/11/18)

DellのEMC買収に暗雲? 1兆円以上の課税リスクも
DellのEMC買収計画は追加の課税リスクによって難航する可能性もある――と米メディアが伝えている。(2015/11/12)

まるでリアルCTF?:
Dell SecureWorks、「あらゆる手段で」顧客組織を疑似攻撃するセキュリティ演習サービス「Red Team Testing」を国内で提供開始
Dell SecureWorksは2015年11月11日、企業のセキュリティレベルやインシデント対応能力を評価するサービス「Red Team Testing」の提供を開始した。あらゆる方法を駆使して顧客の「目標」を狙うことで、顧客のセキュリティ対策やインシデント対応力の診断を行う。(2015/11/11)

クラウドサービスの新会社についても聞いた:
ゲルシンガー氏が語った、デルによる買収でヴイエムウェアがこれまでと変わらない理由
「デルによる買収で、これまでと変わることはない。ヴイエムウェアにとってポジティブなことしかあり得ない」。VMware vForumのため来日した米ヴイエムウェアのCEO、パット・ゲルシンガー(Pat Gelsinger)氏は、少数の記者による質問に応じ、こう語った。クラウドサービスの新会社についても聞いた。(2015/11/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。