ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

DisplayPort に関する記事 DisplayPort に関する質問

「DisplayPort」最新記事一覧

PC USERアワード:
2014年上半期で記憶に残したい「マザーボード」「グラフィックスカード」
“静か”に世代移行が進むCPUとGPU。これまでとは異なる方向に進化した2014年上半期のPCパーツから記憶に残したいモデルを選んでみた(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/29)

60Hz対応/JBLスピーカー内蔵でこの価格:
レノボ、税込7万円台の4K対応28型液晶「Lenovo LI2821 Wide」
レノボ・ジャパンは、4K高解像度表示に対応した28型ワイド液晶ディスプレイ「Lenovo LI2821 Wide」を発売する。(2014/7/29)

ASUS、法人/教育向けの11.6/13.3型Chromebook――デスクトップ“Chromebox”も用意
ASUSは、Chrome OSを採用する低価格PC「ASUS Chrome」シリーズを発表。ノートの「Chromebook」はもちろん、小型デスクトップモデルの「Chromebox」もラインアップした。(2014/7/29)

ASUS、同社製マザー用のThunderbolt 2ポート増設カード「ThunderboltEX II」
ASUSTeKは、同社製のThunderbolt 2ポート搭載マザーボード用となる増設カード「ThunderboltEX II」を発表。Thunderbolt 2ポートを1基増設できる。(2014/7/25)

林信行がMacユーザー視点でSurfaceをチェック:
この夏「Surface Pro 3」は最もクールな“ノートパソコン”――MacBook Airの有力なライバルに
Windowsマシンにこれだけワクワクさせられたのは久しぶりだ。Surface Pro 3は、今、最もクールなガジェットの1つだと思う。(2014/7/24)

NECディスプレイ、4K入力もサポートした大会議室/ホール向けの3LCDプロジェクター6製品
NECディスプレイソリューションズは、WUXGA表示対応の液晶プロジェクター「NP-PA622UJL」など計6モデルを発表。いずれも4K解像度の映像入力をサポートした。(2014/7/23)

ASUS、新ゲーミングシリーズ「STRIX」モデルのハイエンドグラフィックスカード2製品を発表
ASUSTeKは、PCゲーマー向け製品を提供する新シリーズ「STRIX」を発表。第一弾製品となるグラフィックスカード2製品の販売を開始する。(2014/7/18)

ASUS、“TITAN Z”搭載のハイエンドグラフィックスカード「GTXTITANZ-12GD5」
ASUSTeKは、GPUとしてGeForce GTX TITAN Zを採用した最上位グラフィックスカード「GTXTITANZ-12GD5」を発売する。(2014/7/16)

キーワードは黒と赤と竜:
9シリーズマザーフォトレビュー──「MSI Z97 GAMING 9 AC」
9シリーズマザーボードの世界にようこそ! このモデルは、上位シリーズと同じ機能を備えながらも価格を抑えた「お得な」マザーボードなのだ。(2014/7/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ついに入手! 「Surface Pro 3」日本版を速攻レビュー
7月17日の販売開始を直前に控え、「Surface Pro 3」の日本版を試用する機会が得られた。今回はその利用スタイルを3つに分類し、それぞれの使いやすさをレビューする。(2014/7/14)

ASUS、4-way SLI/CrossFireXも可能なZ97採用ATXマザー「Z97-WS」
ASUSTeKは、Z97チップセットを採用したATXマザーボード「Z97-WS」を発表。4-wayカード構成が可能なハイエンドモデルだ。(2014/7/11)

ASUS、OC仕様のGTX 780 Tiグラフィックスカード「MATRIX-GTX780TI-P-3GD5」
ASUSTeKは、オーバークロック仕様モデルとなるGeForce GTX 780 Ti搭載グラフィックスカード「MATRIX-GTX780TI-P-3GD5」を発売する。(2014/7/11)

仕事にもUltrabookを:
タフでなければ仕事はできない――米軍調達基準の14型Ultrabook「HP EliteBook 1040 G1」
アルミボディの薄いデザインが目を引くUltrabookでありながら、米軍調達基準をクリアする堅牢性を確保した“お仕事マシン”、それが「HP EliteBook 1040 G1」だ。(2014/7/10)

東芝、15.6型4K液晶を内蔵したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」
東芝は、4K表示対応の15.6型ワイド液晶を標準搭載したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」を発表。ほか企業向けノートPCのラインアップ拡充も行なわれた。(2014/7/8)

手ごろな4Kディスプレイがまた1つ登場:
マウスコンピューター、4Kディスプレイの試作機を出展──8月下旬に発売予定
TNパネルを使った、手ごろな価格の4Kディスプレイの発売が相次いでいる。マウスコンピューターは展示会会場で8月出荷開始予定の製品の試作品を出展していた。(2014/7/2)

プロフェッショナルなあなたのために:
EIZO、4K「ColorEdge」の試作機を出展──2014年度中に2機種発売へ
4K動画を映せるテレビが人気だ。4K動画を編集する環境も充実させていきたいところだろう。EIZOは4K動画の編集などに向けた大型液晶ディスプレイの試作品を公開した。(2014/7/2)

ASUS、“DirectCU II”クーラー採用のRadeon R9 270グラフィックスカード
ASUSTeKは、GPUとしてRadeon R9 270を採用するPCI Expressグラフィックスカード「R9270-DC2OC-2GD5」を発売する。(2014/7/2)

鞄の中のデジモノ百科(最終回):
自社サービスを使い倒すGoogle営業マンの仕事道具
多くの企業で導入されている「Google Apps for Buisiness」の営業担当・長谷川一平さんは、自社サービスを使いこなし、自らがサンプルとなっている。そんな彼のカバンの中身とは?(2014/7/2)

10万円切って高機能、しかも4K:
ここから選ぶ! これなら買える「4K対応ディスプレイ」
10万円を切る製品も増えてきた解像度「3840×2160ピクセル」対応ディスプレイ。これまでに登場している製品をまとめてみた。(2014/6/27)

USBから4K画像を引き出します:
世界初! アイ・オー、4K対応のUSBグラフィックスアダプタ
USB接続のグラフィックスアダプタといえば、低い解像度にしか対応しないなどの制限があることが普通だ。その制限を承知で、小さい液晶ディスプレイとの接続に使っている人もいる。アイ・オー・データ機器は4Kの解像度の画像を出力できるUSBグラフィックスアダプタを発表した。(2014/6/25)

お手頃価格の4Kディスプレイ:
アイ・オー、入力端子を5つ備える4K液晶ディスプレイ
4K対応の液晶ディスプレイが各社から登場している。アイ・オー・データ機器は多数の入力端子を持つ製品を投入する。(2014/6/25)

ASUS、IGZOパネルを採用した4K対応の31.5型ワイド液晶「PQ321Q」
ASUSTeKは、3840×2160ピクセルの高解像度表示に対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「PQ321Q」を発売する。(2014/6/25)

AMD、大容量メモリ搭載のWS用ハイエンドカード「AMD FirePro W8100」を発表
エーキューブは、AMD製となるプロ向け最新グラフィックスカードカード「AMD FirePro W8100」の取り扱いを発表した。(2014/6/24)

3画面出力も可能:
すごく小さい“お仕事マシン”――「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」
日本HPの「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」は、容積わずか1.05リットルのコンパクトボディにハイパフォーマンスなCPUを搭載できるのが魅力。映像出力を3系統備え、ビジネスマシンにぴったり!!(2014/6/24)

鞄の中のデジモノ百科:
Surface活用でカバンの中身はコンパクト――Microsoft社員の仕事術
Microsoftの藤本恭史さんは、仕事でもプライベートでもSurface Pro 2をフル活用している。おかげでカバンの中身は軽くなっているというが……?(2014/6/23)

これなら4Kの世界へ手が届く?:
「ThinkVision Pro2840m Wide」徹底検証――7万円台で“4K/60Hz”表示の28型ディスプレイ
予想外のスピードで低価格化が進み、注目を集めているPC向け4Kディスプレイだが、この波にレノボ・ジャパンも乗ってきた。「ThinkVision Pro2840m Wide」は、7万円台という低価格を実現しながら、4Kの60Hz表示に対応した28型ワイド液晶ディスプレイだ。(2014/6/22)

私の価格は65万円です:
まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――「NEXTGEAR-NOTE i1110PA1-SP3」がすごすぎる
最高のCPUを搭載し、最高のGPUを2基内蔵。そして1TバイトSSDを4発積んで超高速なRAID 0システムを構築――そしてお値段65万円。マウスコンピューターさん何考えてるの……。(2014/6/21)

ASUS、Z97チップセット採用のスタンダードATXマザー「Z97-A」
ASUSTeKは、Intel Z97チップセットを採したATXマザーボード「Z97-A」の販売を開始した。(2014/6/20)

鞄の中のデジモノ百科:
日本中どこででも仕事可能なChatWork社員の仕事術
自社のクラウドサービス「チャットワーク」普及のために、各地を飛び回りほとんど事務所にいない谷川さん。広報スタッフの参考になるようなカバンの中身とは?(2014/6/20)

安くなりました:
iMacに10万8800円のエントリーモデル追加
新しいiMacが登場。21.5型モデルが10万円台で購入できる!!(2014/6/18)

テスト/計測 オシロスコープ:
分解能12ビット/8ch入力でパワー解析に最適、レクロイのオシロスコープ
テレダイン・レクロイ・ジャパンは、アナログ入力8チャネルを備え、垂直分解能が12ビット、周波数帯域が最大1GHzのオシロスコープ「HDO8000」を発表した。太陽光/風力発電システムやHEV/EVシステムの駆動システムなど、高速化する三相パワーエレクトロニクス解析の用途に向ける。(2014/6/18)

ベンキュー、144Hz駆動に対応したゲーミング27型フルHD液晶「XL2720Z」
ベンキュー・ジャパンは、リフレッシュレート144Hz動作をサポートした27型フルHD液晶ディスプレイ「XL2720Z」を発表した。(2014/6/13)

EIZO、疲れ目に配慮した27型WQHD液晶「FlexScan EV2736W-Z」
EIZOは「FlexScan EV」シリーズの27型WQHDモデルをマイナーチェンジ。新スタンドを採用した。疲れ目の抑制や省電力に配慮した設計を継承している。(2014/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
ASUSTeKが投入する4Kディスプレイをまとめてチェック
価格も下がってきて、本格普及の兆しが見える4Kディスプレイ。台湾ベンダーもCOMPUTEX TAIPEIに合わせてラインアップをそろえてきた。(2014/6/11)

古田雄介のアキバPickUp!:
512GバイトSSDが2万4000円――クルーシャル「MX100」がデビュー
M.2型SSDのリテール品が登場するなか、それ以上に注目を集めていたのがSATA SSD「MX100」だ。圧倒的に安い容量単価から、「SSDの容量のトレンドを変えるかも」とまで評価されている。(2014/6/9)

COMPUTEX TAIPEI 2014:
ZOTAC、「球体」なコンパクトベアボーンを公開
思わず、「ZOTA“Q”」といってしまいます。(2014/6/6)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第3回):
即戦力の「プロジェクター」を利用シーンごとに選んでみた
会議や取引先へのプレゼンに欠かせないプロジェクター。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を提案する本連載の最終回は、3つの利用シーンごとにおすすめ製品例を紹介しよう。(2014/6/5)

タイコ エレクトロニクス USBコネクタ:
USB3.1対応の携帯端末向けコネクタ、形状はMicro USB2.0と同じ
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、携帯/ウェアラブル端末向けのコネクタ製品「ハイスピード・マルチプルI/Oコネクタ」を発表した。標準のMicro USB2.0と同じ7.52mmのレセプタクルで、USB3.1の信号を転送することが可能。(2014/6/3)

4Kの画質を体感しよう:
日立、65型の4K液晶テレビを発売、HDMI 2.0に対応
日立リビングサプライから4Kテレビが登場した。HDMI 2.0に対応し、4Kを映像を1秒間に60コマ(4K60p)転送できる。(2014/6/2)

第4世代Core搭載の12型で9.1ミリ厚、約800グラム:
「Surface Pro 3」は日本で7月17日に発売――9万1800円から【詳細版】
日本マイクロソフトは12型Windowsタブレット「Surface Pro 3」を7月17日に国内で発売する。価格は9万1800円(税別)から。※発表会の写真や製品の詳細を追加。(2014/6/2)

ベンキュー、144Hz駆動対応の“FPS向け”24型ゲーミング液晶「XL2420Z」
ベンキュージャパンは、144Hz駆動対応に対応した24型フルHD液晶ディスプレイ「XL2420Z」を発表した。(2014/5/30)

マウスコンピューター、144Hz入力に対応した27型ゲーミング液晶「ProLite GB2773HS-2」
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製となる27型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite GB2773HS-2」を発売する。(2014/5/29)

5年保証の安定重視:
リニュアルしたゲーミングマザーの最高峰──「GIGABYTE Z97X-Gaming G1 WIFI-BK」
GIGABYTEのゲーミングマザーといったら「目に鮮やかな蛍光グリーン」だった。そのテーマカラーを一新して生まれ変わったG1のハイエンドモデルをチェックする。(2014/5/27)

SOHO/中小企業に効く「プロジェクター」の選び方(第1回):
今さら聞けない「プロジェクター」選びのポイント(その1)
大画面を手軽に投写できるプロジェクターはプレゼンの強い味方だ。そんなビジネス用プロジェクターの選び方を紹介する本連載の第1回は、製品選びの基本をチェックしていく。(2014/5/23)

ASUS、水冷構成にも対応したGeForce GTX 770グラフィックスカード「POSEIDON-GTX770-P-2GD5」
ASUSTeKは、空冷/水冷のいずれでも利用可能な「DirectCU H2O」クーラーを搭載したGeForce GTX 770グラフィックスカード「POSEIDON-GTX770-P-2GD5」など2製品を発売する。(2014/5/23)

8万円切り:
ASUS、10億色/60Hz表示に対応した28型4K液晶「PB287Q」
ASUSは、TNパネルを採用した4K表示対応の28型ワイド液晶ディスプレイ「PB287Q」を発表した。(2014/5/22)

日本では8月末までに発売:
Microsoft、9.1ミリ厚/800グラムの12型Windowsタブレット「Surface Pro 3」発表【詳細版】
これまで画面サイズが10.6型のみだったMicrosoft純正Windowsタブレット「Surface」だが、初の12型モデル「Surface Pro 3」を投入する。「Surface Pro 2」から画面を大型化しながら、薄型軽量ボディに進化した(詳細情報を追記)。(2014/5/21)

エアフローも自由自在:
9シリーズマザーフォトレビュー──「ASUS SABERTOOTH MARK I」
ASUSTeKが9シリーズチップセット登場に合わせて日本に投入するTUFマザーボードが「SABERTOOTH Z97 MARK I」だ。その“よろい”は一層強力になった。(2014/5/16)

日本HPが小型PCやWindows 8搭載タブレットなどビジネス向け製品を投入
日本HPは、容量約1リットルの小型デスクトップPCや、WUXGA表示の10.1型Windowsタブレットなど、ビジネス向け製品を順次発売する。(2014/5/16)

MSI、OC機能搭載のZ97チップセット採用ATXマザー「Z97 MPOWER」など2製品
アスクは、MSI製となるZ97/H97チップセット採用のATXマザーボード2製品「Z97 MPOWER」「H97 GAMING 3」の取り扱いを開始する。(2014/5/16)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。