ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

DisplayPort に関する記事 DisplayPort に関する質問

「DisplayPort」最新記事一覧

クアッドチャネルのDDR4も気になる!:
「Core i7-5960X」で8コア16スレッド対応“Haswell-E”の実力を試す
Coreシリーズに8コアの時代がやってきた。DDR4にLGA2011-v3と新規格を取り入れた“Haswell-E”とIntel X99 Expressチップセットの性能を検証する。(2014/8/30)

ASUS、超小型PC「VivoPC」にWindows 7導入の法人向けモデル
ASUSTeKは、超小型デスクトップPC「VivoPC」の法人向けバリエーションモデル「VivoPC VC60」を発表。OSとしてWindows 7 Professional 64ビット版を導入している。(2014/8/28)

ZOTAC、ファンレスヒートシンクを搭載したGeForce GTX 750グラフィックスカード
アスクは、ZOTAC製となるGeForce GTX 750搭載PCI Expressグラフィックスカード「ZOTAC GeForce GTX 750 1GB ZONE Edition」の取り扱いを発表。ファンレスヒートシンクを装備したモデルだ。(2014/8/27)

アドトロン、超短焦点型のWXGA対応DLPプロジェクター「D755WT」
アドトロンテクノロジーは、超短焦点投写に対応したWXGA対応のDLPプロジェクター「D755WT」を発売する。(2014/8/25)

ストーム、EIZOディスプレイ標準付属のゲーミングPC
ストームは、Radeon R9 270XとDevil's Canyon搭載のゲーミングPCを発表した。標準でEIZOのゲーミングディスプレイが付属する。(2014/8/22)

ASUS、“G-SYNC”をサポートした144Hz対応ゲーミング27型液晶「R.O.G. PG278Q」
ASUSTeKは、ゲームプレイ時のカクつきを抑える「NVIDIA G-SYNC」に対応したゲーミング液晶ディスプレイ「R.O.G. PG278Q」を発売する。(2014/8/21)

144Hz駆動、3D Vision 2も利用可能:
日本エイサー、国内初の“G-SYNC”対応27型ゲーミング液晶「XB270HAbprz」
ゲーマーの注目を集めるNVIDIA G-SYNCに対応した液晶ディスプレイが、日本エイサーから登場。国内初の対応製品となる27型モデルを8月22日に発売する。(2014/8/20)

アイ・オー、GeForce GTX 750 Ti搭載グラフィックスカード
DisplayPort接続時で4K60pの動画再生に対応する。(2014/8/20)

送料込みで7万円台から:
実は“隠れた売れ筋”の国産スリムタワーPC――「FMV ESPRIMO DH WD2/R」を試す
Windows XPサポート終了と消費税増税が重なった2014年春、富士通の直販サイトで(なぜか?)デスクトップの「FMV ESPRIMO DH」シリーズがよく売れたという。この夏にモデルチェンジし、さらに買い得感が増した新機種「WD2/R」の実力をチェックする。(2014/8/15)

待望のハイエンドモデルが日本でも:
ASUS、「MAXIMUS VII FORMULA」日本出荷開始
実売予想価格は4万円代半ばとなる見込みだ。(2014/8/14)

AMD、FirePROでミドルレンジからバリューモデルを発表
W9100とW8100に続く下位モデル4モデルが登場した。(2014/8/13)

エルザ、4K出力対応のプロ向けQuadroグラフィックスカード5製品を発売
エルザジャパンは、Quadro採用PCI Expressグラフィックスカードを発表。 Quadro K420搭載のエントリーモデルからQuadro K5200搭載ハイエンドモデルまで5製品を取り揃えた。(2014/8/13)

本田雅一のTV Style:
4K機器の“落とし穴”――4Kプレミアム映像の音に注目
今回は4Kテレビと4Kコンテンツを再生する装置の接続に関する話をしたい。すでにご存知の方もいるだろうが、ここには1つ“落とし穴”があるからだ。落とし穴は存在が分かっていれば、避けることもできる。(2014/8/8)

PC USERアワード:
2014年上半期で盛り上がった「SSD」「小型ベアボーン」
いま、PC DIYで最も注目のパーツといえばSSDと小型ベアボーンだ。2014年上半期で注目を集めた製品を選んでみた(PC USER 20周年特別企画)。(2014/8/8)

NIWeek 2014:
現場の声に応える“4スロット”「CompactDAQ」「CompactRIO」――6製品を発表
National Instruments(ナショナルインスツルメンツ)の年次テクニカルカンファレンス「NIWeek 2014」(米国・オースチン、2014年8月4〜7日)において、「CompactDAQシリーズ」と「CompactRIOシリーズ」の新製品が発表された。(2014/8/8)

構造設計の工夫で携帯性と堅牢性を両立:
「ThinkPad 10」を支える新技術に迫る
レノボ・ジャパンが7月に発表したタブレット端末「ThinkPad 10」は、構造設計を工夫することで携帯性と堅牢性を両立させつつ、最新のプロセッサを搭載することでノートPCに匹敵する処理性能を実現している。ThinkPad 10に搭載された新技術の一端が明らかになった。(2014/8/7)

マウスコンピューター、Quadro K1100M搭載で税込み14万円台からのモバイルWS
マウスコンピューターは、MouseProブランド製の15.6型フルHD液晶内蔵モバイルWSを発売する。(2014/8/7)

入力端子は何と6つ!:
マウスコンピューター、iiyamaブランドで4Kディスプレイを発売
マウスコンピューターは28型ワイドの4Kディスプレイを発売する。(2014/8/6)

EIZOからついに4Kが出る!:
EIZO、4K対応の31.5型IPS液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」
各社から4K液晶ディスプレイが登場しているが、このメーカーの製品を待っていたという人も多いだろう。EIZOが4K対応の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「FlexScan EV3237」を発表した。(2014/7/31)

Google Atmosphere Tokyo 2014:
日本未発表のChromebookも――Atmosphere会場の展示から
グーグルは現在開催中のイベントにChromebookを並べて展示していた。日本未発表のものなど、目を引くものを紹介する。(2014/7/30)

15万円でテレビ会議システムを:
グーグル、手軽なテレビ会議システム「Chromebox for Meetings」を日本でも販売
遠く離れたところにいる相手とも、お互いにディスプレイを見ながら話し合える。テレビ会議システムを使えばこんなことも簡単にできる。グーグルはChrome OSを利用したテレビ会議システムを売り出す。(2014/7/30)

Surface Pro 3徹底検証(1):
「Surface Pro 3」に死角ありか?――パフォーマンス、スタミナ、発熱、騒音をテスト
本特集では人気の「Surface Pro 3」をじっくり検証していく。第1回は薄型軽量ボディで気になるパフォーマンス、バッテリー駆動時間、ボディの発熱、騒音を調べる。(2014/7/30)

PC USERアワード:
2014年上半期で記憶に残したい「マザーボード」「グラフィックスカード」
“静か”に世代移行が進むCPUとGPU。これまでとは異なる方向に進化した2014年上半期のPCパーツから記憶に残したいモデルを選んでみた(PC USER 20周年特別企画)。(2014/7/29)

60Hz対応/JBLスピーカー内蔵でこの価格:
レノボ、税込7万円台の4K対応28型液晶「Lenovo LI2821 Wide」
レノボ・ジャパンは、4K高解像度表示に対応した28型ワイド液晶ディスプレイ「Lenovo LI2821 Wide」を発売する。(2014/7/29)

ASUS、法人/教育向けの11.6/13.3型Chromebook――デスクトップ“Chromebox”も用意
ASUSは、Chrome OSを採用する低価格PC「ASUS Chrome」シリーズを発表。ノートの「Chromebook」はもちろん、小型デスクトップモデルの「Chromebox」もラインアップした。(2014/7/29)

ASUS、同社製マザー用のThunderbolt 2ポート増設カード「ThunderboltEX II」
ASUSTeKは、同社製のThunderbolt 2ポート搭載マザーボード用となる増設カード「ThunderboltEX II」を発表。Thunderbolt 2ポートを1基増設できる。(2014/7/25)

林信行がMacユーザー視点でSurfaceをチェック:
この夏「Surface Pro 3」は最もクールな“ノートパソコン”――MacBook Airの有力なライバルに
Windowsマシンにこれだけワクワクさせられたのは久しぶりだ。Surface Pro 3は、今、最もクールなガジェットの1つだと思う。(2014/7/24)

NECディスプレイ、4K入力もサポートした大会議室/ホール向けの3LCDプロジェクター6製品
NECディスプレイソリューションズは、WUXGA表示対応の液晶プロジェクター「NP-PA622UJL」など計6モデルを発表。いずれも4K解像度の映像入力をサポートした。(2014/7/23)

ASUS、新ゲーミングシリーズ「STRIX」モデルのハイエンドグラフィックスカード2製品を発表
ASUSTeKは、PCゲーマー向け製品を提供する新シリーズ「STRIX」を発表。第一弾製品となるグラフィックスカード2製品の販売を開始する。(2014/7/18)

ASUS、“TITAN Z”搭載のハイエンドグラフィックスカード「GTXTITANZ-12GD5」
ASUSTeKは、GPUとしてGeForce GTX TITAN Zを採用した最上位グラフィックスカード「GTXTITANZ-12GD5」を発売する。(2014/7/16)

キーワードは黒と赤と竜:
9シリーズマザーフォトレビュー──「MSI Z97 GAMING 9 AC」
9シリーズマザーボードの世界にようこそ! このモデルは、上位シリーズと同じ機能を備えながらも価格を抑えた「お得な」マザーボードなのだ。(2014/7/15)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ついに入手! 「Surface Pro 3」日本版を速攻レビュー
7月17日の販売開始を直前に控え、「Surface Pro 3」の日本版を試用する機会が得られた。今回はその利用スタイルを3つに分類し、それぞれの使いやすさをレビューする。(2014/7/14)

ASUS、4-way SLI/CrossFireXも可能なZ97採用ATXマザー「Z97-WS」
ASUSTeKは、Z97チップセットを採用したATXマザーボード「Z97-WS」を発表。4-wayカード構成が可能なハイエンドモデルだ。(2014/7/11)

ASUS、OC仕様のGTX 780 Tiグラフィックスカード「MATRIX-GTX780TI-P-3GD5」
ASUSTeKは、オーバークロック仕様モデルとなるGeForce GTX 780 Ti搭載グラフィックスカード「MATRIX-GTX780TI-P-3GD5」を発売する。(2014/7/11)

仕事にもUltrabookを:
タフでなければ仕事はできない――米軍調達基準の14型Ultrabook「HP EliteBook 1040 G1」
アルミボディの薄いデザインが目を引くUltrabookでありながら、米軍調達基準をクリアする堅牢性を確保した“お仕事マシン”、それが「HP EliteBook 1040 G1」だ。(2014/7/10)

東芝、15.6型4K液晶を内蔵したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」
東芝は、4K表示対応の15.6型ワイド液晶を標準搭載したモバイルWS「dynabook Satellite WS754」を発表。ほか企業向けノートPCのラインアップ拡充も行なわれた。(2014/7/8)

手ごろな4Kディスプレイがまた1つ登場:
マウスコンピューター、4Kディスプレイの試作機を出展──8月下旬に発売予定
TNパネルを使った、手ごろな価格の4Kディスプレイの発売が相次いでいる。マウスコンピューターは展示会会場で8月出荷開始予定の製品の試作品を出展していた。(2014/7/2)

プロフェッショナルなあなたのために:
EIZO、4K「ColorEdge」の試作機を出展──2014年度中に2機種発売へ
4K動画を映せるテレビが人気だ。4K動画を編集する環境も充実させていきたいところだろう。EIZOは4K動画の編集などに向けた大型液晶ディスプレイの試作品を公開した。(2014/7/2)

ASUS、“DirectCU II”クーラー採用のRadeon R9 270グラフィックスカード
ASUSTeKは、GPUとしてRadeon R9 270を採用するPCI Expressグラフィックスカード「R9270-DC2OC-2GD5」を発売する。(2014/7/2)

鞄の中のデジモノ百科(最終回):
自社サービスを使い倒すGoogle営業マンの仕事道具
多くの企業で導入されている「Google Apps for Buisiness」の営業担当・長谷川一平さんは、自社サービスを使いこなし、自らがサンプルとなっている。そんな彼のカバンの中身とは?(2014/7/2)

10万円切って高機能、しかも4K:
ここから選ぶ! これなら買える「4K対応ディスプレイ」
10万円を切る製品も増えてきた解像度「3840×2160ピクセル」対応ディスプレイ。これまでに登場している製品をまとめてみた。(2014/6/27)

USBから4K画像を引き出します:
世界初! アイ・オー、4K対応のUSBグラフィックスアダプタ
USB接続のグラフィックスアダプタといえば、低い解像度にしか対応しないなどの制限があることが普通だ。その制限を承知で、小さい液晶ディスプレイとの接続に使っている人もいる。アイ・オー・データ機器は4Kの解像度の画像を出力できるUSBグラフィックスアダプタを発表した。(2014/6/25)

お手頃価格の4Kディスプレイ:
アイ・オー、入力端子を5つ備える4K液晶ディスプレイ
4K対応の液晶ディスプレイが各社から登場している。アイ・オー・データ機器は多数の入力端子を持つ製品を投入する。(2014/6/25)

ASUS、IGZOパネルを採用した4K対応の31.5型ワイド液晶「PQ321Q」
ASUSTeKは、3840×2160ピクセルの高解像度表示に対応する31.5型ワイド液晶ディスプレイ「PQ321Q」を発売する。(2014/6/25)

AMD、大容量メモリ搭載のWS用ハイエンドカード「AMD FirePro W8100」を発表
エーキューブは、AMD製となるプロ向け最新グラフィックスカードカード「AMD FirePro W8100」の取り扱いを発表した。(2014/6/24)

3画面出力も可能:
すごく小さい“お仕事マシン”――「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」
日本HPの「HP EliteDesk 800 G1 DM/CT」は、容積わずか1.05リットルのコンパクトボディにハイパフォーマンスなCPUを搭載できるのが魅力。映像出力を3系統備え、ビジネスマシンにぴったり!!(2014/6/24)

鞄の中のデジモノ百科:
Surface活用でカバンの中身はコンパクト――Microsoft社員の仕事術
Microsoftの藤本恭史さんは、仕事でもプライベートでもSurface Pro 2をフル活用している。おかげでカバンの中身は軽くなっているというが……?(2014/6/23)

これなら4Kの世界へ手が届く?:
「ThinkVision Pro2840m Wide」徹底検証――7万円台で“4K/60Hz”表示の28型ディスプレイ
予想外のスピードで低価格化が進み、注目を集めているPC向け4Kディスプレイだが、この波にレノボ・ジャパンも乗ってきた。「ThinkVision Pro2840m Wide」は、7万円台という低価格を実現しながら、4Kの60Hz表示に対応した28型ワイド液晶ディスプレイだ。(2014/6/22)

私の価格は65万円です:
まさに“ぼくのかんがえた、さいきょうのノートPC”――「NEXTGEAR-NOTE i1110PA1-SP3」がすごすぎる
最高のCPUを搭載し、最高のGPUを2基内蔵。そして1TバイトSSDを4発積んで超高速なRAID 0システムを構築――そしてお値段65万円。マウスコンピューターさん何考えてるの……。(2014/6/21)

ASUS、Z97チップセット採用のスタンダードATXマザー「Z97-A」
ASUSTeKは、Intel Z97チップセットを採したATXマザーボード「Z97-A」の販売を開始した。(2014/6/20)



いよいよ日本にも正式に上陸するChrome OS搭載端末。まずは企業、教育機関向けとなるようだが、アメリカでの販売台数が市場の予想を超えて伸びていることが伝えられており、ネット中心の利用に必要十分かつ廉価な端末として日本でも受け入れられるのか、注目したい。

統合型リゾートという形で日本にもカジノがオープンする見込みが立ってきた。東京オリンピックも見越して、経済効果を期待する政府のみならず、地方自治体、観光、エンタメ業界、広告代理店など関係する多くの業界で熱が高まってきている。

名称も未定ながら、9月発売が噂される次世代iPhone。例によって多くの真偽不明情報が流れているが、今よりもサイズの大きいバージョンが発売される確率は高そうだ。