ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

DisplayPort に関する記事 DisplayPort に関する質問

「DisplayPort」最新記事一覧

NECディスプレイ、IPSパネル採用で10ビット入力に対応した27型4Kディスプレイ「MultiSync LCD-EA275UHD-BK」
NECディスプレイソリューションズは、IPSパネルを採用する27型4K液晶ディスプレイ「MultiSync LCD-EA275UHD-BK」を発表した。(2015/7/30)

デル、エントリー液晶「E」シリーズ新モデル6製品を投入
デルは、エントリー向け液晶ディスプレイ「Eシリーズ」のラインアップを刷新、新デザインモデル計6製品を発表した。(2015/7/29)

NXP USB Type-Cソリューション:
認証機能を搭載したUSB Type-Cソリューション
NXPセミコンダクターズジャパンは、認証機能とパワーデリバリー機能を搭載した、包括的なUSB Type-Cソリューションを発表した。認証機能は、デバイスの検証と同時に、個別機能の決定にも利用できる。(2015/7/28)

エイサー、G-SYNC対応の27型WQHD液晶ディスプレイ「XB270HUbprz」など2製品
日本エイサーは、WQHD解像度に対応した27型ワイド液晶ディスプレイ「XB270HUbprz」など2製品の販売を開始する。(2015/7/23)

デザインよし、使い勝手よし、性能はどう?:
これが13.3型“世界最小”モバイルノートの実力だ――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(後編)
アルミとカーボンをぜいたくに使い、狭額縁設計で13.3型ノート“世界最小”ボディを実現した「XPS 13 Graphic Pro」。今回はさまざまなテストを実施し、その実力に迫る。(2015/7/15)

魅惑のアルミ×カーボン×狭額ボディ:
隠れた名機か? 13.3型“世界最小”モバイルノートPC――「XPS 13 Graphic Pro」徹底検証(前編)
デルの「XPS 13 Graphic Pro」は、13型クラスで世界最小をうたうモバイルノートPCだ。その洗練されたボディと性能、使い勝手をじっくりチェックしていこう。(2015/7/13)

古田雄介のアキバPickUp!:
6万円前後の27型4K液晶など、ゲーマー必見モデルが続々登場!
先週はLG電子製の27型4K液晶やAVerMedia製の最上位USBキャプチャユニットなど、ゲームユースで注目度が高い新製品が複数登場している。(2015/7/13)

「Surface 3」の気になるトコロ(7):
これぞ我慢いらずのタブレット?――「Surface 3(4G LTE)」長期レビュー総まとめ
さまざまな角度から「Surface 3」について検証してきた本連載。最終回は各ポイントを振り返りながら、レビューの総まとめをしよう。(2015/7/10)

2015年PC夏モデル:
日本HP、色が変わってCPU温度を合図する「HP ENVY Phoenix 850」などデスクトップPC新モデル発表
手の平サイズのコンパクトPCでは、CPUにCore i5シリーズを採用したハイパフォーマンス構成モデルも登場した。(2015/7/8)

24.1型の測色センサー付属モデルも:
EIZO、“カラマネ初心者”向けの広色域27型ディスプレイ「ColorEdge CS270」
「ColorEdge CS270」は、写真愛好家やグラフィックスデザインの初級ユーザー向けに価格を抑えたカラーマネジメント対応の広色域27型ディスプレイだ。(2015/7/7)

PR:「Surface 3」は企業でどれだけ使えるの? ITmediaの現役情シスが試してみた
このほど発売されたマイクロソフトの最新タブレット「Surface 3」。フルバージョンのWindows 8.1を備えているとはいえ、ビジネスの場でどれほど“使い物”になるのでしょうか。アイティメディア情シス担当者・イシノが徹底検証してみました。(2015/7/6)

キーナンバー“4096”の意義を問う:
大解説! “Fiji”と“HBM”と“Fury”の先進性を知る
GeForce GTX 980 Tiに“迫る”パフォーマンスを実現したAMDの“Fiji”世代のGPUに導入した、将来を先取りしたという新機能とは。(2015/7/2)

ZOTAC、手のひらサイズでファンレス仕様のCeleron搭載ミニPC「ZBOX CI321 nano」
アスクは、ZOTAC製の超小型デスクトップ「ZBOX C」シリーズの新モデルを発表。Windows 8.1 with Bingを導入したエントリーモデルだ。(2015/6/30)

“プロの仕事”がどこでもできる:
クリエイターをデスクから解放するモバイルワークステーション徹底検証
サイコムが販売するMSIの15.6型ノートPC「WS60 2OJ-018JP」は、クリエイティブワークに特化したGPUを採用するモバイルワークステーションだ。今なら初回20台限定でメモリを16Gバイトに無料アップグレード!!(2015/6/29)

サンワ、4K出力にも対応したUSB 3.0外付けディスプレイアダプタ
サンワサプライは、DisplayPort出力対応のUSB 3.0外付けディスプレイアダプタ「500-KC009DP」の取り扱いを開始する。(2015/6/29)

PCベンダー、「Radeon R9 Fury X」モデルを発表
ベンダーからの発表があり次第、順次こちらでまとめる予定(2015/6/25)

ユニットコム、“イシュガルド推奨”15型ゲーミングノート「15GSX7200-i7-RSB-FFXIV」
ユニットコムは「iiyama PC」ブランドの製品として、「ファイナルファンタジーXIV」推奨PCのラインアップに15型ノートPCを追加、パソコン工房で販売を開始した。(2015/6/24)

AMD、“Fiji”搭載「Radeon R9 Furyシリーズ」の仕様と性能を公開
4K設定におけるゲームタイトルベンチマークテストではGeForce GTX 980 Tiに対して有利なスコアを示している(AMD調べ)。(2015/6/24)

20型タブレットを外に持ち出す理由とは:
HDMI入力に対応したTOUGHPADで4K映像撮影が変わる
HDMI 2.0映像入力インタフェースを搭載した20型ディスプレイ搭載TOUGHPADが登場。博報堂のプロが、TOUGHPADで変わる4K屋外撮影の可能性を示した。(2015/6/23)

iiyama、ピボット対応スタンドを備えた24型フルHD液晶
マウスコンピューターは、iiyamaブランド製となる24型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite B2483HSU」の販売を開始する。(2015/6/22)

サイプレス USB Type-Cアダプターソリューション:
USB Type-CとHDMI/DVI/VGAが接続可能なアダプタードングル向けソリューション
サイプレス セミコンダクタは、USB Type-CノートブックPCをHDMI/DVI/VGAディスプレイに接続できる、EZ-PD CCG1をベースとした「HDMI/DVI/VGA用USB Type-Cアダプターソリューション」を発表した。(2015/6/22)

競合GeForceとのベンチマーク比較も:
AMD、メモリ8Gバイト、バス幅512ビットを実現したRadeon“300”シリーズの仕様を公開
AMDがE3に合わせて行ったイベント「A New Era of PC Gaming」で“Fury”と同時に発表した300シリーズのスペックとベンチマークテストスコアを明らかにした。(2015/6/18)

5分でわかる最新キーワード解説:
電源コンセントが劇的に変わる!「USB PD(Power Delivery)」
USBで最大100Wの給電を可能にする「USB PD」。本格普及が迫るUSB 3.1にも含まれており、コンパクトなType-Cコネクタの可能性とともに、新しい給電方式として注目される。(2015/6/18)

デュアル“Fiji”で最速GPUの座を奪う:
E3現地で“Fiji”世代「Radeon R9 Fury X」「Radeon R9 Nano」の実物をチェックする
米AMDが発表した次世代GPU「Radeon R9 Fury」ファミリーの姿とHBMをはじめとする新技術の概要を会場から報告する。(2015/6/17)

液冷搭載“Fury X”の北米価格は649ドルから:
AMD、HBM採用の“Fiji”世代GPU「Radeon R9 Fury」シリーズをE3で発表
出荷開始は6月24日から。液冷ユニットを搭載した最上位モデル「R9 Fury X」や6インチとコンパクトサイズの「R9 Fury Nano」などが登場する。(2015/6/17)

USB3.1試験の課題(2):
Type-Cケーブル、相互接続動作を評価するには?
3回にわたって、最新USB規格である「USB3.1」に対応するための試験について解説していく本連載。第2回は、USB3.1デバイス対応として設計された新しいリバーシブル型コネクタType-Cである。全ての機能を1種類のサイズで提供するType-Cケーブルだが、設計や試験の観点からみればさまざまな問題がある。ケーブルとコネクタに対する新コンプライアンス試験について紹介しよう。(2015/6/18)

「ネットブックとは違うんだよ」
「Surface 3」、使って分かった抜群の高性能と“やっぱりな限界”
Microsoftの新型タブレット「Surface 3」は、同シリーズの中でも最高の柔軟性と携帯性を誇っている。Atom x7を搭載する新端末は、果たしてどれほどの実力を備えているのだろうか。(2015/6/17)

Specialなのにキャンペーンで13万8000円(税別):
わずか1キロなのにマグネシウムリチウム&カーボンで頑丈な「HP EliteBook Folio 1020 G1 Special Edition」徹底チェック(前編)
12.5型2560×1440ピクセル表示ディスプレイにCore Mを搭載したファンレス1キロのノートPCが登場した。その“Special Edition”な機能と品質に迫る。(2015/6/16)

GALAX、GeForceGTX960 EXOC WHITEを発売
静音性能を重視した2連ファンと2本のヒートパイプを組み込んだオリジナルクーラーファンを採用する。(2015/6/12)

ASUS、ゲーム画面配信ソフト付きのGTX 980 Tiグラフィックスカード
ASUSTeKは、GeForce GTX 980 Ti搭載PCI Expressグラフィックスカード「GTX980TI-6GD5」の販売を開始する。(2015/6/12)

ETWest 2015:
サイプレス、IoTに向けたBLE対応製品「PSoC 4 BLE」を披露
サイプレスが「組込み総合技術展(ET Wset 2015)」に出展、プログラマブルSoCの最新製品「PSoC 4」にBluetooth Low Energy対応の無線機能を集積した「PSoC 4 BLE」のデモを披露した。(2015/6/12)

「Surface 3」の気になるトコロ(1):
USBが2つ同時に使えるってホント?――「Surface 3(4G LTE)」をSurface Pro 3ユーザーがチェックした
まもなく日本国内で発売となる「Surface 3」のLTEモデルを、一足早く編集部で入手! 本連載では、製品の特徴やスペックをSurface Pro 3と比較しながら「ぶっちゃけ、買いなの?」という疑問を解消する。今回は外観やインタフェースの違いをみていこう。(2015/6/12)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Acerのブースで発見した未発表2in1 PC「Aspire Switch 10“V”」をチェックする
4月のニューヨークイベントでも登場しなかった“V”な2in1 PCをAcerブースで発見。ほかにも鉛筆対応タブレットにASUSのSkylake対応超小型PCも紹介。(2015/6/10)

メモリ/OSは“別売”:
ASUS、薄型デザイン筐体採用の小型ゲーミングPC「R.O.G. GR6」など3製品
ASUS JAPANは、本体幅60ミリのスリム筐体を採用したゲーミングPC「R.O.G. GR6」を発表した。(2015/6/10)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ASRock、デュアルチャネルメモリ対応で4K再生を実現したNUCサイズの「Bee BOX」発表
独自検証でデュアルチャネルを利用可能に。トラベルルータを内蔵するゲーミングルータも登場した。(2015/6/9)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! X99マザーの“GODLIKE”なイルミネーションをMSIブースで直撃
“かわいい”製品担当者が1分半でレクチャー。ほかにも、デスクトップPC用最強グラフィックスカードを搭載できてしまうディスプレイ一体型PCも出現した。(2015/6/8)

液晶ペンタブに新時代が到来!:
Cintiq使いの漫画家が「VAIO Z Canvas」を真剣にレビューする
プロの絵描きが使うなら、液晶ペンタブレットは「Cintiq」しかあり得ない、いや「VAIO Z Canvas」ならあり得る! ネットでそんな論争を見かけるが、実際はどうなのか? PC USERでおなじみの漫画家(Cintiq愛用)がVAIO Z Canvasの製品版をチェックする。(2015/6/7)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ECS、Skylakeな「One」にCore Mな「LIVA Core」を公開
搭載するチップセットは、Intel B150 Express、または、vProに対応するIntel Q170 Express。Windows 10対応でCortanaも利用可能だ。(2015/6/6)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Intelが「Thunderbolt 3」を発表――USB 3.1 Type-Cとの共存で延命へ【詳報】
新しいMacBookがコネクタをUSB-Cに集約したことで、Thunderboltの存続が危ぶまれる声もあるが、「Thunderbolt 3」はUSBコネクタとの共通化により生き残りを図る。(2015/6/3)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
ASUSTek、ZenFoneタブレット版「ZenPad」に自撮特化「ZenFone Selfie」など2015年投入モデルを公開
COMPUTEX TAIPEI 2015開幕前日にASUSTekが新モデルを公開した。“高級そうな”デザインとともに、64ビット対応Snapdragonに“SoFIA”Core x3などにも注目だ。(2015/6/2)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
GTA Vが4K&最高画質で快適に動く! 「GeForce GTX 980 Ti」の“微妙”な立ち位置を考察する
GeForce GTX 980の1つ上にある「GeForce GTX 980 Ti」が登場。“Ti”に期待する一方で“微妙”な仕様が気にところだ。果たして実力はいかほどなのか?(2015/6/1)

ロボット単体も売ってくれ、の声多数:
ASUS、グラフィックスカード20周年を記念したオリジナルロボットが付属する「GOLD20TH-GTX980-P-4GD5」を発売
ASUSTeKは、オリジナルロボットフィギュア「R.O.G.ロボット」が付属する金色のグラフィックスカード「GOLD20TH-GTX980-P-4GD5」を20枚限定で発売する。(2015/5/29)

4KとフルHDのモデルも投入:
日本HP、プロ向け“5K”液晶ディスプレイ「HP Z27q」を税別12万8000円で発売
日本HPが、5K/4K/フルHDのプロ向け液晶ディスプレイを発売。5Kモデルは税別12万8000円で購入できる。(2015/5/28)

小さくても高性能:
サイコム、第5世代Core i7を搭載できるNUC「Radiant SPX2450NUC」
「Radiant SPX2450NUC」でBroadwell世代のCore i7が選択可能に。(2015/5/27)

迫力大画面なのにスリムなボディ:
ゲーミングノートにあるまじき薄さ! 「G-GEAR note N1760J」の実力を問う
大画面ディスプレイとGeForce GTX 965Mを搭載したこの新モデルは、スマートなデザインも魅力。“イケメン”ゲーミングノートの実力を検証する。(2015/5/27)

2015年PC夏モデル:
新デザインボディを大幅導入した日本HP個人向けデスクトップPCが登場
多くのシリーズでボディデザインを一新。同時発表のディスプレイでは“テクニカラー認証基準”をクリアしたモデルが登場する。(2015/5/27)

“らしくないもの”はVAIOでない:
500社のユーザーと第一線クリエイターの意見で「VAIO Pro 13|mk2」「VAIO Z Canvas」の“どこ”が変わった?
VAIO Cafeの事前公開を兼ねた新製品説明会でVAIOの開発スタッフが新モデルのコンセプトと改善点を“ディープ”にアピール。VAIO Cafe限定グッズも登場した。(2015/5/25)

VAIO Z/Pro 13と横並び比較:
「VAIO Z Canvas」の圧倒的パフォーマンスを徹底検証する
数あるPCブランドでも高性能なモバイルPCに定評あるVAIO。モンスタータブレットこと「VAIO Z Canvs」は、既存の「VAIO Z」や「VAIO Pro 13」といった人気モデルに比べてどれくらいの性能を実現できているのだろうか? 横並びで徹底検証した。(2015/5/22)

3連ファンで4コアCore i7を放熱:
「VAIO Z Canvas」受注開始――クリエイター向け“怪物タブレット”の全容が明らかに【詳報】
VAIOは、クリエイターに最適化した超高性能Windowsタブレット「VAIO Z Canvas」の受注を開始した。試作機の初公開から7カ月半の月日を経て、ついに発売となる。(2015/5/21)

しっかり分かる“USB パワーデリバリ”入門:
ついにやってきたUSB Power Delivery(USB PD)とは
USB Power Delivery(USB PD)をご存じでしょうか? 100Wまでの給電を全てUSBケーブルで行ってしまうという新しいUSB規格。既にUSB PDの仕組みを搭載したPCも発売されています。ここでは、あらゆる機器の給電スタイルを一新する可能性のあるUSB PDがどのような規格で、どんなことができるかなどを解説していきます。(2015/5/21)



国民ひとりひとりに番号を割り当てて行政手続きに利用する電子化施策。一般企業も行政とのやりとりのために、従業員やその家族のマイナンバーを把握・管理しなければならず、2016年1月のスタートに向けて対応が本格化している。

テレビ等のHDMI端子に差すだけで使えるスティック型のPC。マウスコンピューターのm-Stickの登場以降、各社から同様の製品が発表されており、Lenovoも提供を決めるなど注目が高まっている。

ヤフオクが強いC2C分野だが、スマホでは新興のフリマアプリも存在感を持っている。ネットオークションの独特の作法からは距離を置いた、シンプル/直観的な使い心地が女性に好まれているようだ。