ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディスプレイ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

gooSimseller、NFCリーダー内蔵で約1万円のSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」発売
NTTレゾナントは、12月15日に通販サイト「goo Simseller」でSIMフリースマホ「FLEAZ Que +N」を発売。4.5インチディスプレイにNFCリーダー、高性能ジャイロセンサーを搭載している。(2017/12/15)

車載情報機器:
デンソーとBlackBerryとIntelが世界初の「統合HMIプラットフォーム」を開発
デンソーとBlackBerryは、カーナビゲーションシステムやメーター表示などを行うデジタルクラスタ、ヘッドアップディスプレイ(HUD)といったHMI製品を統合的に管理できる「統合HMIプラットフォーム」を共同開発した。Intelも開発に協力している。2019年以降、車両に搭載される予定。(2017/12/15)

スマホのディスプレイに内蔵できる指紋センサー 米Synapticsが量産開始
米Synapticsが、スマートフォンのディスプレイに内蔵できる指紋センサー「Clear ID」を量産。実装されれば、ディスプレイをタッチするだけで認証できる。次期iPhoneやGalaxy Sシリーズに搭載されるか?(2017/12/14)

LG、240Hz駆動対応の27型ゲーミング液晶ディスプレイなど2製品
LGエレクトロニクス・ジャパンは、240Hzの高リフレッシュレートに対応した27型ゲーミング液晶ディスプレイ「27GK750F-B」など計2製品を発表した。(2017/12/14)

明日から使えるITトリビア:
進化するスマートフォンの保護ガラス 「紫外線」で貼り付け、曲面ディスプレイにも対応 実際に試してみた
紫外線ライトで接着剤を固めるユニークな保護ガラスがある。(2017/12/13)

VRニュース:
JDIがVR専用液晶ディスプレイで803ppiを実現、2018年度中に量産予定
JDIはVR HMD専用TFT液晶の開発において、精細度803ppiを実現すると発表。VR HMDの小型・軽量化への要求の高まりと、2020年の5G通信サービス開始による大容量無線通信の実現を見据え、同社では高精細な画像表示技術に取り組む。(2017/12/13)

高精細化のニーズ強まるHMD:
803ppiのVR専用LCDで市場を切り開く、JDIが発表
ジャパンディスプレイ(JDI)が、803ppiの精細度を持つVR(仮想現実)専用の液晶ディスプレイ(LCD)を開発した。VR専用のLCDとしては「世界最高クラス」(同社)だという。まだ初期段階にあるVR市場でのニーズにいち早く対応すべく、開発を完了した。(2017/12/13)

EIZO、27型4K液晶「FlexScan EV2785」ブラックモデルの発売日を再度延期 1月30日に
EIZOは、発売日変更が告知されていた27型4K液晶ディスプレイ「FlexScan EV2785」の発売日をさらに延期した。(2017/12/11)

ベンキュー、sRGBカバー率100%を実現するWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ
ベンキュージャパンは、クリエイター向けをうたったWQHD表示対応の25型ワイド液晶ディスプレイ「PD2500Q」を発表した。(2017/12/11)

BIM/CAD:
現実に建設予定の建物が現る、大東建託が「HoloLens」を全国配備
大東建託は米Microsoft社のヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を全国の建築事業部に配備。顧客に建設する建物の完成イメージなどを3Dで体感してもらい、プレゼンテーションの強化に活用する。(2017/12/11)

車載情報機器:
HUDの奥行きと大画面を両立、マイクロミラーの実装面積縮小も
テキサス・インスルメンツは、車載用のHUD(ヘッドアップディスプレイ)システム向けにディスプレイ技術「DLPテクノロジー」を進化させたチップセット「DLP3030-Q1」と、それをサポートする複数の評価モジュールを発表した。(2017/12/8)

動画を流す垂れ幕も可能に:
有機半導体でLEDディスプレイアクティブ駆動に成功
パイクリスタルとオルガノサーキットは2017年12月8日、有機半導体でLEDディスプレイのアクティブ駆動に成功したと発表した。(2017/12/8)

ソフトバンク、法人向けスマホ「AQUOS sense basic」を発売へ IGZOディスプレイ×大容量バッテリーで長時間利用可能
ソフトバンクが2018年2月中旬に法人向けスマホ「AQUOS sense basic」を発売する。消費電力を抑えるIGZO液晶ディスプレイを搭載し、画面に水滴がついても快適に利用可能で、VoLTE(HD+)にも対応している。(2017/12/7)

ソニーの第2世代「wena wrist」は2機種に 有機ELディスプレイで着信やLINEメッセージを確認
ソニーはバンド部分に機能を内蔵したスマートウォッチ「wena wrist」の新製品2機種を発表した。腕の内側に有機ELディスプレイを備え、電話の発信者やLINEメッセージを確認できる。(2017/12/7)

2モデルに:
ソニー、スマートウォッチ「wena wrist」第2世代を発表 バンドに有機EL
ソニーが、腕時計のバンド部分にセンサーなど必要な機能を集約したスマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」の2代目モデルを発表。有機ELディスプレイをバンドに搭載する。(2017/12/7)

ベンキュー、HDR10にも対応したフォトグラファー向け27型4Kディスプレイ「SW271」
ベンキュージャパンは、ハードウェアキャリブレーション対応のフォトグラファー向け27型4K液晶ディスプレイ「SW271」を発表した。(2017/12/7)

省エネビル:
プラズマディスプレイ技術を応用した断熱ガラス、パナソニックが開発
パナソニックは、プラズマディスプレイのパネル技術を応用することで、約6mmの薄さで約3cmのトリプルガラスと同等以上の断熱性能を持つ真空断熱ガラスの開発と量産化に成功したと発表した。(2017/12/7)

ベンキュー、疲れ目防止機能も備えたHDR10対応の27型フルHD液晶「EW277HDR」
ベンキュージャパンは、HDRコンテンツ再生にも対応する27型フルHD液晶ディスプレイ「EW277HDR」を発売する。(2017/12/5)

山根康宏の中国携帯最新事情:
中国Gioneeの新スマホ8機種 全モデルのディスプレイが18:9の理由
アスペクト比が18:9のワイドディスプレイを採用するスマートフォンが増えている。中国のGionee(ジオニー)は11月に2018年向けの新製品を大量に発表。全てのモデルが18:9のアスペクト比を持つディスプレイを採用している。(2017/12/5)

iiyama、極細ベゼルデザインを採用した23.8型フルHD液晶
マウスコンピューターは、IPSパネルを採用した23.8型フルHD液晶ディスプレイ「ProLite XU2492HSU-2」など2製品を発表した。(2017/12/4)

シャープ、小規模ミーティングにも向く50型タッチディスプレイ
シャープは、2人〜6人での小規模ミーティングに適したタッチ操作対応の50型ディスプレイ「PN-L501C」を発表した。(2017/12/4)

壊れた後では手遅れ
iPadが壊れる悲劇の前に知っておきたい、修理代、保険、保護ケース
タブレットのディスプレイが割れることを想定している人はいない。だが、これは起こり得ることだ。壊れた「iPad」を「App Store」に持ち込むことを計画するだけでは備えは不十分だ。もっと良い選択肢がある。(2017/12/3)

GoogleのVR HMD「Daydream View」、日本発売
Googleは、同社が開発するスマートフォン用VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Daydream View」を日本国内のGoogleストアで発売する。(2017/12/1)

ASUS、165Hz表示対応の曲面27型WQHD液晶ディスプレイ「ROG SWIFT PG27VQ」など3製品
ASUS JAPANは、曲面デザインの27型ワイド液晶ディスプレイなど計3製品の発表を行った。(2017/12/1)

PR:これぞスマートフォンの最高峰! AIチップを搭載した「HUAWEI Mate 10 Pro」の真価
Huaweiの最新SIMロックフリースマートフォン「HUAWEI Mate 10 Pro」が登場。色鮮やかな6型の有機ELディスプレイと、AI処理回路「NPU」を搭載したプロセッサ「Kirin970」を搭載したことが大きな特徴。この冬一番の注目スマホMate 10 Proの実力を見ていこう。(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2017/12/1)

NTT-X Storeで4万円を切る4K対応32型液晶ディスプレイが限定販売
NTTレゾナントは、ドウシシャ製の32型4K液晶ディスプレイ「OD4K-32B1」の取り扱いを開始する。(2017/11/29)

VRニュース:
VRやHDR動画に適した統合型ディスプレイソリューションを発表
英Armは、統合型ディスプレイソリューション「Arm Display Solution」を発表した。ディスプレイプロセッサとシステムIP、ディスプレイ管理コアの3つの要素を連携させることで、現在のディスプレイ技術の課題を解消する。(2017/11/29)

MSI、GTX 1060を搭載したミドルレンジ15.6型ゲーミングノート
エムエスアイコンピュータージャパンは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵するゲーミングノートPC「GP62MVR 7RFX-827JP」を発表した。(2017/11/28)

Philips、USB Type-C接続も可能なHDR10/WQHD表示対応の31.5型ワイド液晶など4製品
MMD Singaporeは、Philipsブランド製の液晶ディスプレイ計4製品の国内取り扱いを開始する。(2017/11/28)

ドン・キホーテ、1万9800円のWindowsノートPCを12月1日に発売
14.1インチディスプレイなのに約1200g、約7時間駆動というモバイル性。(2017/11/27)

2画面搭載の折り畳みスマホ「MEDIAS W N-05E」(懐かしのケータイ)
2つのディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「MEDIAS W N-05E」は、閉じてスマホ、開いてタブレットのような使い方ができたほか、それぞれの画面に別のアプリを表示できる「マルチウィンドウ」にも対応していました。(2017/11/26)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
iPhone 8 Plusと徹底比較 「iPhone X」のカメラは何が進化したのか
iPhone Xのカメラ機能レビュー第2弾では、iPhone 8 Plusや7 PlusとXを比べながらチェックしてみたい。カメラの起動からシーン別の画質、ディスプレイまで、計11ポイントを見る。(2017/11/20)

PR:EIZOディスプレイを編集部に5台導入して分かったこと
EIZOのオフィス向けディスプレイ「FlexScan」シリーズ5台をPC USER編集部に導入し、大はしゃぎで日々の編集作業に使ってみたところ、大きな悩みを抱える結果となってしまった。その理由とは……。(2017/11/20)

Arm Display Solution:
新Maliを中心とした統合ディスプレイソリューション、VRやハイエンドスマホに
ArmがVRヘッドセットやハイエンドスマートフォンなどの利用に適する、ディスプレイプロセッサやシステムIPを組み合わせたディスプレイソリューション「Arm Display Solution」を発表した。(2017/11/15)

「ディスプレイ」「カメラ」「バッテリー」――大手キャリアのフラグシップスマホを購入する理由(前編)
MVNOが提供する「格安SIM」や、家電量販店で販売されている「格安スマホ」が世間の注目を集めるに至った今日この頃。そんな中でも、大手キャリア(MNO)のフラグシップスマートフォンを買う人も少なくない。何に魅力を感じて購入するのだろうか?(2017/11/14)

2018年の次期iPhoneは「iPhone X Plus」(仮)を含む3モデル構成に──KGI予測
Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏によると、次期iPhoneはOLEDディスプレイの大小2モデルと、液晶で6.1インチの低価格モデルの3モデルになるという。(2017/11/14)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
2018年にはディスプレイを折り曲げられるスマホが登場する?
ドコモの「M(Z-01K)」で再び注目を集めるようになった折りたたみ型の2画面スマートフォン。一方、折り曲げられるディスプレイの開発も進んでいます。2018年は、折り曲げられるディスプレイを搭載したスマートフォンが登場するかもしれません。(2017/11/11)

振る操作やなぞる操作にも対応 全画面ケータイ「FULLFACE 2 921SH」(懐かしのケータイ)
ディスプレイ面に物理キーを搭載しない「FULLFACEスタイル」のスライド式ケータイ「921SH」は、モーションセンサーやタッチセンサーを新たに搭載。初代よりも操作性を向上しました。(2017/11/11)

「iPhone X」が寒いと反応が鈍る問題、Appleがアップデートでの対処を約束
「iPhone X」を急に寒い環境に持ち出すと数秒間ディスプレイの反応がなくなるという複数の報告を受け、Appleが今後のソフトウェアアップデートで対処すると発表した。(2017/11/10)

iPhone 8 Plusを更新:
iPhone XのBOMコスト、過去最高の370ドル
IHS Markitは「iPhone X」を分解し、BOM(Bills of Materials)を370.25米ドルと見積もった。最もコストが掛かっているのは、iPhoneで初めて採用した有機ELディスプレイを含むディスプレイモジュールの部分だ。(2017/11/10)

わが社の仕事環境改善計画:
40インチ超級4K大画面ディスプレイ導入のポイント
10万円を切った40インチ超4Kディスプレイを編集部に導入。大きいことはいいこと、だけど、ちょっと注意もあるゾ(2017/11/10)

CRYORIG、ディスプレイ台として使える省スペース横置きPCケース「Taku」
ディラックは、台湾CRYORIGのMini-ITXマザー対応コンパクトPCケース「Taku」の取り扱いを開始する。(2017/11/9)

「Face ID」搭載の狭額縁「iPad」が2018年に登場か──Bloomberg報道
Appleが2018年中にも「iPhone X」の新機能の多くを搭載するiPadを発売すると、Bloombergのマーク・ガーマン記者が報じた。ただしディスプレイはOLEDにはならないと予想している。(2017/11/9)

エイサー、HDR10にも対応した31.5型4K液晶ディスプレイ
日本エイサーは、VAパネルを採用した4K表示対応の31.5型ワイド液晶ディスプレイ「ET322QKwmiipx」を発売する。(2017/11/8)

EIZO、4K表示に対応した手術室向け31.1型ディスプレイ
EIZOは、手術室内での利用も想定した4K UHD表示対応の31.1型液晶ディスプレイ「CuratOR EX3140」を発売する。(2017/11/8)

いったいどれを買えばいい?:
Windows Mixed Reality対応ヘッドマウントディスプレイの選び方 各社製品を横並びでチェック
各社からWindows Mixed Realityに対応したヘッドマウントディスプレイ(HMD)がでそろった。製品選びのポイントをチェックしていこう。(2017/11/8)

エプソンダイレクト、第7世代Coreプロセッサを搭載する15.6型スタンダードビジネスノート
エプソンダイレクトは、15.6型ワイド液晶ディスプレイを搭載したビジネスノートPC「Endeavor NJ4100E」を発表した。(2017/11/7)

ディスプレイ面にも十字キー! ビデオデッキ代わりにもなる「SH901iC」(懐かしのケータイ)
PCを使わずにテレビ番組を録画できた「FOMA SH901iC」。十字キーをディスプレイ面にも備えていて、ディスプレイを表にして閉じた状態でも、開いたときに近い操作が行えます。(2017/11/5)

文字通りの「最高級」スマホ
Samsung「Galaxy Note8」徹底解説、スタイラスペンや音声支援に漂う王者の風格
Samsungの「Galaxy Note8」は、最高峰を求めるパワーユーザーも満足するスマートフォンだ。ずばぬけたスペック、美しいディスプレイ、組み込みのスタイラスなど、数々の便利な機能を徹底的に解説する。(2017/11/3)

シャープ、SIMフリーの「AQUOS sense lite SH-M05」を12月上旬に発売
シャープが「AQUOS sense lite SH-M05」を12月上旬に発売する。ドコモとau向け「AQUOS sense」とスペックはほぼ同じ。5型フルHDのIGZOディスプレイを搭載している。(2017/11/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。