ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディスプレイ」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

Adobe RGBカバー率100%:
レノボ、「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルを2016年夏に発売 約32万円から
「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルが、いよいよ登場する見通しだ。標準構成モデルの直販価格は約32万円(税別)となる。(2016/6/30)

ディスプレイに貼り付けて使える――「android/iOS対応 スマホ・タブレット用ジョイスティック」
上海問屋が、スマートフォンやタブレットに装着可能なジョイスティックを発売した。価格は599円。(2016/6/29)

製造ITニュース:
見える、見えるぞ! みんなで一緒に!! VR空間の複数人同時体験が可能に
ソリッドレイ研究所は、VR(仮想現実)システムの新製品「オメガシップ」を発表した。最大の特徴は、ヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着した複数人の間で同じVR空間を同時に体験できることだ。(2016/6/28)

CADニュース:
3D映像を広画角・高精細で再現するMRシステムの新製品
キヤノンは、現実映像とCGをリアルタイムに融合するMR(複合現実感)システム「MREAL」の新製品「MREAL Display MD-10」を発売した。従来機種と比べて画角やディスプレイ上に映し出す面積が拡大し、解像度も大幅に向上している。(2016/6/27)

次期Nexus端末の小さい方(コードネーム:Sailfish)は5インチ?
今秋登場とみられる「Android N」搭載の新Nexus端末は2台ともHTC製で、小さい方は5インチディスプレイになると、現行モデルの予測で実績のあるAndroid Policeが報じた。(2016/6/26)

日本でも「Thunderbolt Display」は販売終了へ Appleはもう外付けディスプレイを作らないのか?
しばらく新モデルが出ていなかったApple純正の外付けディスプレイ製品。ついに「Thunderbolt Display」の販売終了が告知された。(2016/6/24)

Apple、Thunderbolt Displayのディスコンを認める──ディスプレイ市場から撤退か
うわさされていた「Apple Thunderbolt Display」の販売終了を、Appleが正式に認めた。「Macユーザーには素晴らしいサードパーティー製ディスプレイがある」としており、ディスプレイ市場から撤退するのかもしれない。(2016/6/24)

EIZO、消費電力を25%削減した広視野角の19型SXGA液晶
EIZOの「FlexScan S1934-T」は、文教市場や検査装置への組み込みなどを想定した長期供給モデルの19型スクエアIPS液晶ディスプレイ。ブルーライト低減などの疲れ目対策機能を備えている。(2016/6/23)

上海問屋、USB 3.0ポートも備えたガススプリング式ディスプレイアーム
ドスパラは、USBポート付きディスプレイアーム「DN-913774」の取り扱いを開始した。(2016/6/22)

自動運転技術:
自動運転中に快適に過ごせる車内とは?
Robert Boschは、自動運転車の車内を自宅と職場に次ぐもう1つの居住空間にしようとしている。2021年には、HMI(ヒューマンマシンインタフェース)を通じて、車内の照明の色やディスプレイ表示を変えるだけでなく、運転中に必要なサポートまでドライバーに最適化する。また、自動運転中にテレビ会議を支障なく行えるまで通信できるようにする。(2016/6/22)

3キャリアから発売、「Xperia X Performance」の価格を比較する
「Xperia X Performance」が6月24日に3キャリアから発売される。価格はどれだけ違うのだろうか? ディスプレイ面と背面の外観も比較してみた。(2016/6/21)

CADニュース:
従来機比47%小型化した、オールインワン型ワークステーションを発表
日本HPは、ディスプレイを一体化したオールインワン型ワークステーション「HP Z1 G3 Workstation」を発表した。23.6インチのアンチグレアUHD 4Kディスプレイを採用し、従来機に比べて47%小型化した。(2016/6/21)

モバイル液晶ディスプレイ好きの皆さん、お集まりください:
2万円で自作する?――2K表示対応の6型液晶「PC用 DIY液晶モニター」
上海問屋が、PCの外付けディスプレイとして利用できる6型液晶ディスプレイを発売中だ。価格は19999円。(2016/6/18)

シャープ元専務をJDIが引き抜き 人材流出が加速する可能性も
シャープで液晶事業のトップを務めた元専務執行役員の方志氏をジャパンディスプレイが引き抜いた。(2016/6/17)

なんだか“ドラレコ”なヤツを試してみよう:
見た目よし、画質よし、使い勝手よし、価格は8999円! 「高感度ドライブレコーダー」に上海問屋の本気を見た
上海問屋から、2.31型のディスプレイを備えるハイスペックなドライブレコーダーが8999円というお手頃価格で登場した。「安かろう悪かろうじゃないの?」実際に試したら……。(2016/6/17)

将来のiPhoneは全面が曲面ディスプレイになるかも?
Appleが巻き付け型ディスプレイに関する特許を取得。(2016/6/16)

レノボ、10点タッチに対応した23型フルHD液晶ディスプレイ
レノボ・ジャパンは、タッチパネル操作にも対応する23型フルHD液晶ディスプレイ「ThinkVision T2364t Touch Wide モニター」の販売を開始する。(2016/6/14)

「Lenovo Tech World 2016」現地レポート:
「パーソナルコンピューティングは廃れてきている」――総合ITメーカーへ舵を切るLenovoの行方
米国サンフランシスコでLenovoの製品発表イベント「Tech World 2016」が開催された。Project Tango対応スマートフォンやウルトラフレキシブルディスプレイ搭載デバイスを披露したほか、CEOヤン氏の「パーソナルコンピューティングは廃れてきている」といった発言にも注目だ。(2016/6/13)

邪魔しないでくれ、私は1人になりたいんだ:
目の前に80インチの大画面が広がる――「ゴーグル型 ウェアラブルHDMIディスプレイ」
上海問屋が、HDMI接続可能なゴーグル型ディスプレイを発売した。価格は1万9499円。(2016/6/10)

よりパワフルになり業務を強力にサポートする「Endeavor ST180E」:
PR:デジタルサイネージ、フロントデスク――エプソンの省スペースデスクトップPCが業務の“即戦力”になる理由とは?
商業施設の案内情報や広告をディスプレイに表示するデジタルサイネージや、オフィスの管理端末など、さまざまな環境で利用されるシステムで大事なものとは? エプソンダイレクトの考える省スペースデスクトップPCについて解説しよう。(2016/6/9)

auの「AQUOS SERIE SHV34」も6月10日発売 価格は一括8万円台前半(税込)
auのハイエンドシャープスマホ「AQUOS SERIE SHV34」が6月10日に発売される。価格は一括8万4240円。丸みを帯びたデザインに、ハイスピードIGZO対応の5.3型フルHDディスプレイを搭載する。カメラは「夜景シーン認識」「花火モード」が利用可能になった。(2016/6/8)

アイ・オー、10点タッチに対応した21.5型フルHD液晶「LCD-MF224FDB-T」
アイ・オー・データ機器は、10点タッチパネル操作をサポートした21.5型フルHD液晶ディスプレイ「LCD-MF224FDB-T」を発売する。(2016/6/8)

Samsung、ディスプレイを畳めるスマートフォンを2017年に発売か
Samsungが、早ければ2017年2月のMWCで2種類の折り畳み式OLEDディスプレイ搭載スマートフォンを披露するとBloombergが報じた。Samsungは2013年のCESで、既に折り畳み式スマートフォンのプロトタイプをデモしている。(2016/6/7)

エイサー、2万円台のスタンダード27型フルHD液晶
日本エイサーは、フルHD表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ「K272HLEbmidx」を発表した。(2016/6/7)

BenQのお姉さん、何で○○してるの?:
COMPUTEX 2016の「BenQ」ブースでPCディスプレイの展示が見られなかった理由
BenQといえば、ちょっとPCに詳しいユーザーならPCディスプレイのメーカーでおなじみ。でもCOMPUTEX TAIPEI 2016のBenQブースでは……。(2016/6/7)

レノボ、4K対応27型「ideacentre AIO 910」などオールインワンPC新2モデル
レノボ・ジャパンは、4K表示対応27型ディスプレイ搭載の「ideacentre AIO 910」や、最薄部7.2ミリで狭額縁23型ディスプレイ搭載「ideacentre AIO 510S」など、オールインワンPCの新モデルを発表した。(2016/6/7)

ViewSonic、ゲームプレイ向けフルHD液晶ディスプレイ3製品
ViewSonicは、ゲームプレイに特化した21.5型/23.6型/27型液晶ディスプレイ「VX2257-mhd」「VX2457-mhd」「VX2757-mhd」計3製品を発表した。(2016/6/6)

プリンストン、ADSパネルを採用した27型フルHD液晶「PTFBJA-27W」
プリンストンは、広視野角が特徴のADSパネルを採用した27型フルHD液晶ディスプレイ「PTFBJA-27W」を発表した。(2016/6/6)

2016年PC/タブレット夏モデル:
Windows Helloによる顔認証やBlu-rayドライブ搭載など デルが個人向けPC「Inspiron」シリーズの新製品7モデルを発表
デルが個人向けPC「Inspiron」シリーズの新製品7モデルを発表した。ディスプレイを360度回転できる2in1が多数を占め、赤外線カメラによる顔認証が可能な「Windows Hello」対応モデルやBlu-rayドライブ搭載モデルも用意する。(2016/6/3)

Core M搭載:
ビジネスの現場でも“狭額縁”で差をつける! デルの新「Latitude 13 7000」を検証する
ディスプレイのベゼルがほとんどない“狭額縁”デザインが高い評価を受けているデルのNew XPSシリーズだが、そのコンセプトを受け継いだマシンがビジネス向けモデルの「Latitude」にも追加された。(2016/6/3)

Y!mobile、耐衝撃・防水・防塵スマホ「DIGNO E」を6月10日発売 実質100円程度
Y!mobileは、京セラ製スマートフォン「DIGNO E」を6月10日に発売する。耐衝撃・防水・防じん性能を備え、ぬれた手や手袋でも操作できるタッチパネルディスプレイを搭載している。(2016/6/2)

エイサー、手ごろな価格を実現したTNパネルゲーミング液晶2製品
日本エイサーは、ゲームプレイに適した27型/24型ワイドのTNパネル液晶ディスプレイの販売を開始した。(2016/6/2)

2020年は180億ドル規模に:
フレキシブルOLED市場、新たな用途で成長加速へ
フレキシブル有機ELディスプレイ(OLED)市場で、新たなチャンスが生まれようとしている。市場調査会社の予測によると、AR(拡張現実)/VR(仮想現実)向けウェアラブル機器などを中心に、2016〜2020年にかけて大きく成長するとみられている。(2016/6/2)

「GeForce GTX 1080」を34インチ曲面ディスプレイの背面に搭載する一体型ゲームPC「Aura」
米ゲームPCメーカーのDigital Stormが、NVIDIAの最新グラフィックスカード「GeForce GTX 1080」を背面に搭載する34インチ曲面ディスプレイ一体型ゲームPC「Aura」を発表した。ハイエンドモデルは約55万5000円だ。(2016/6/1)

エプソンダイレクト、ディスプレイと電源連動する省スペースPC「Endeavor ST180E」
「Endeavor ST180E」は、省スペースな筐体採用デスクトップPC。光学ドライブを省略したモデルでは幅45ミリとスリムに収まる。(2016/5/31)

ハイスピードIGZO+2260万画素カメラを搭載――「AQUOS SERIE SHV34」【写真追加】
ディスプレイやカメラにこだわったauのAQUOSスマホが登場。本体は2.5Dガラス+メタルフレームの丸みを帯びた形に変更。1秒間に120回の更新をして滑らかな再生ができる「ハイスピードIGZO」と、リコーの「GR certified」を取得した約2260万画素カメラを搭載している。(2016/5/31)

人とくるまのテクノロジー展2016:
スピーカーがないのに耳元で音が聞こえる!? ソシオネクストのコックピット
ソシオネクストは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、同社の技術を組み合わせたコックピットを展示した。ディスプレイメーターのグラフィックス表示、車載カメラを使った移動物検知、ADASの警告音声を効果的にドライバーに伝える音響、ドライブレコーダーなどがSDカードに蓄積したデータの高速伝送といった技術を全て体験できる。(2016/5/31)

最上位モデルは6GBメモリ搭載、6.8型モデルも――ASUS、「ZenFone 3」シリーズ3機種を発表
ASUSが「ZenFone 3」シリーズの3機種を発表した。標準モデルの「ZenFone 3」に加え、6.8型ディスプレイを備える「Ultra」、Snapdragon 820+6GBメモリを備える「Deluxe」をラインアップする。UltraとDeluxeはフルメタルボディーを採用した。【価格を追記】(2016/5/30)

人とくるまのテクノロジー展2016:
自動運転中でもスマートフォンは触らない方がいい!? ヴァレオのコックピット
ヴァレオジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、自動運転と手動の運転をスムーズに切り替えるためのコックピットを日本初公開した。スマートフォンをクラスタディスプレイとステアリングスイッチなどで利用できるようにして、自動運転から手動運転への切り替わりに即座に対応できるようにする。(2016/5/26)

アイ・オー、Adobe RGBカバー率90%をうたう23.8型液晶ディスプレイ「LCD-HC241XDB」
広色域&5年保証の「PhotoCrysta」パネルを採用。(2016/5/25)

Pebble、進化型iPod Shuffleのような「Core」とスマートウォッチの新モデル2機種発表
Pebble Techが、Kickstarterで新たなプロジェクトを立ち上げた。「Pebble 2」と「Pebble Time 2」、そしてディスプレイがなく3G/Wi-Fi/Bluetooth接続可能なガジェット「Pebble Core」への出資を募っている。立ち上げ後数時間でゴールを達成した。(2016/5/25)

Dell、PCを4台接続して分割表示できる43型4Kディスプレイを約13万円で発売
Dellが、Windows PCを最大4台接続してそれぞれの画面をシームレスに4分割表示する43インチディスプレイを約13万円で発売した。管理アプリがWindowsのみなので、今のところMacは接続できない。(2016/5/24)

EIZO、映像制作のプロ向け液晶「ColorEdge CG247X」
EIZOは24.1型カラーマネジメント液晶ディスプレイ「ColorEdge CG247X」を6月3日に発売する。Adobe RGBカバー率は99%の他、DCI-P3カバー率も98%を実現した。(2016/5/20)

デル、デバイス2台の同時表示も行える23.8型ワイヤレスディスプレイ「U2417HWi」
デルは、2台のモバイルデバイスとのワイヤレス接続をサポートした23.8型ワイヤレスディスプレイ「U2417HWi」など2製品を発表した。(2016/5/20)

ビジネスと相性のいい2-in-1はどちら?
徹底比較:王者「12.9インチiPad Pro」 vs. Windows 10搭載2-in-1、総合力で勝るのは?
いい仕事に12型クラスディスプレイとキーボードは必須。「PCを駆逐する」と豪語する12.9インチiPad Proに「Windows 10」を搭載する正統派2-in-1が挑む。処理能力からボディーの質感まで総合力で評価した勝者は?(2016/5/22)

次世代の自発光パネル:
ソニー、微細なLEDを敷き詰めた自発光ディスプレイ「CLEDIS」を商品化――「Crystal LED Display」の技術がベース
ソニーは、極めて微細なLEDを用いる独自のディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を発表した。2012年のCESで参考展示した「Crystal LED Display」の技術をベースに開発したもの。(2016/5/19)

ソニー、独自の新ディスプレイ技術「CLEDIS」製品化 光源に微細なLED素子
ソニーは、微細なLED素子を光源とする独自の高画質ディスプレイ技術「CLEDIS」(クレディス)を用いた新方式のディスプレイユニットを発売する。(2016/5/19)

光源サイズ0.003mm2:
ソニー、微細LEDの自発光ディスプレイを商品化
ソニーは2016年5月19日、画素ごとに微細なLED素子を配置した自発光ディスプレイを商品化すると発表した。(2016/5/19)

ディスプレイ、ペンタブ、太陽電池――iPadの新スマートケース登場?
Appleが特許を取得したiPad用スマートケースは、合体ロボのようにiPadの性能を拡張する。(2016/5/19)

上海問屋、タブレットも合せて置ける液晶ディスプレイスタンド
ドスパラは、スマートフォン/タブレットも合せて立てかけられる液晶ディスプレイスタンド「DN-13760」の取り扱いを開始した。(2016/5/17)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。