ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ディスプレイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
ディスプレイ - ITmedia PC USER
質問!ディスプレイ→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でディスプレイ関連の質問をチェック

ソフトバンクの初心者向け「シンプルスマホ4」が7月20日発売 、約5型ディスプレイ搭載
ソフトバンクの「シンプルスマホ」の第4弾が登場する。音声検索をワンプッシュで起動できる専用ボタンを搭載し、耐衝撃・防水・防塵(じん)性能を備えた。バッテリーが劣化しにくい「インテリジェントチャージ」にも対応する。(2018/7/17)

「MacBook Pro(2018)」の「True Tone」は一部の外付けディスプレイもサポート
新型「MacBook Pro」のディスプレイ表示調整機能「True Tone」は、「LG UltraFine 5K Display」など一部の外付けディスプレイもサポートするとAppleがサポートページで説明している。(2018/7/14)

ソニー、6型“スーパーミッドレンジ”「Xperia XA2 Plus」8月発売へ
ソニーモバイルコミュニケーションズが、6型(アスペクト比18:9)のスーパーミッドレンジ端末「Xperia XA2 Plus」を発表した。ディスプレイと本体サイズ、重さ以外のスペックは1月発表の「Xperia XA2 Ultra」とほぼ同じだ。8月に発売の予定。(2018/7/13)

新「MacBook Pro」登場で2015年の15インチモデルは販売終了
新型「MacBook Pro」発表で、Appleのオンラインストアから2015年発売の「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」が消えた。非バタフライ構造キーボードでUSB-AポートやSDカードスロットを備えていた。(2018/7/13)

ディスプレイ業界を望む 2018(2):
アナリストが語るFPD――市場全体と大型液晶パネル
ディスプレイ業界を専門とする同社アナリストによる座談会「ディスプレイ業界の現在と未来」の模様をお伝えする本企画。“座談会編”の前編となる本稿は、各アナリスト専門領域について今後の見通しと、大型ディスプレイのビジネス動向に焦点を当てた。(2018/7/17)

「MacBook Pro」2018年モデル登場 6コアi9、メモリ32GB、True Toneディスプレイ対応
Appleは7月12日、ノート型Mac「MacBook Pro」の新モデルを発表した。サイズは13型と15型の2種類を用意し、それぞれスペースグレーとシルバーのカラーバリエーションを用意する。同日から公式オンラインストアと一部のApple Storeで発売する。(2018/7/12)

新型「MacBook Pro」発売 最大6コア、「True Tone」搭載
米Appleが、新型「MacBook Pro」を発売した。色温度を自動調節する「True Toneディスプレイ」を新たに採用した。(2018/7/12)

LGエレ、144Hz駆動に対応した31.5型ゲーミング液晶ディスプレイ
LGエレクトロニクス・ジャパンは、144Hz駆動に対応した31.5型液晶ディスプレイ2製品を発表した。(2018/7/12)

開発陣に聞く「AQUOS R2」(後編):
初代「R」の不満も解消 「AQUOS R2」で目指した“快適さ”
シャープの新たなフラグシップスマートフォン「AQUOS R2」の開発者インタビュー。後編ではディスプレイやパフォーマンスについて話を聞いていく。「AQUOS R」では省かれた機能も、ユーザーからの熱烈な要望があって復活した。(2018/7/10)

凸版印刷が没入感ある「空間演出」に新たな提案
世界最高水準となる1.5mmピッチの高精細LEDディスプレイをタテイシ広美社と共同開発。これに、映像コンテンツや空間デザインなどの領域で蓄積してきたノウハウを付加し、映像でありながら現実世界にいるような感動体験型空間を生み出す。(2018/7/9)

次期6.1インチ液晶iPhoneは5色展開?
TF International Securitiesのアナリスト、ミン=チー・クオ氏が、次期6.1インチ液晶ディスプレイのiPhoneは5色展開と予想している。(2018/7/6)

MSI、軽量スリム設計の第8世代Core搭載14型ビジネスノート「PS42 8RB」
エムエスアイコンピュータージャパンは、14型フルHD液晶ディスプレイを内蔵した軽量ビジネスノートPC「PS42 8RB」シリーズを発表した。(2018/7/6)

Googleの「Inbox」もようやく「iPhone X」の切り欠きをサポート
Googleのメールアプリ「Inbox」が、「iPhone X」の切り欠きをサポートした。Appleは7月以降にApp Storeに登録・更新するアプリに対し、iPhone Xのディスプレイのサポートを義務付けている。(2018/7/6)

VRニュース:
設計者向けVRツール「VR CAD Viewer」を提供開始、設計関連のプレゼン空間を共有
積木製作は、VRと3Dデータを活用した設計者向けの次世代プレゼンテーションツール「VR CAD Viewer」のサービス提供を開始した。VR映像を外部ディスプレイに転送してメンバーと共有したり、同一空間に存在しているような状況を再現できる。(2018/7/6)

PR:持つ喜びに“観る”楽しみ――「HUAWEI MateBook X Pro」の個人的活用術
ファーウェイの「HUAWEI MateBook X Pro」は、コンパクトなボディに3Kディスプレイや4スピーカーのサウンド・システムを備えたラグジュアリーなノートPCだ。仕事はもちろんプライベートな映像視聴でも活躍する。今回はITジャーナリストでAV評論家の本田雅一氏による試聴レビューをお届けしよう(提供:ファーウェイ・ジャパン)(2018/7/5)

センチュリー、USB接続でも利用できる10.1型液晶ディスプレイ
センチュリーは、HDMIおよびUSB 3.0接続に両対応した10.1型ポータブル液晶ディスプレイ「plus one USB3.0+HDMI」を発売する。(2018/7/4)

ソフトバンク、2018夏モデル「HUAWEI nova lite 2」「DIGNO J」を7月6日に発売
ソフトバンクが、約5.7型ディスプレイとダブルレンズカメラを備えた「HUAWEI nova lite 2」と初心者でも扱いやすいタフネスモデル「DIGNO J」を7月6日に発売する。(2018/7/3)

背面モニターはチルト式か、バリアングル式か
デジカメの背面ディスプレイはチルト式か、バリアングル式か。使い勝手には大きな違いがある。それぞれのメリット、デメリットと、デジカメ史に残るユニークな可動式モニターもご紹介。(2018/7/3)

JAPANNEXT、FreeSyncにも対応した24型4K液晶ディスプレイ「JN-IPS244UHD」 モニター特価は2万6970円
JAPANNEXTは、4K表示対応の24型ワイド液晶ディスプレイ「JN-IPS244UHD」の販売を開始する。(2018/7/3)

"ゲーミングスマホの元祖”と呼びたいLGの「KV3600」(懐かしの海外ケータイ)
過去の懐かしい製品を振り返る「懐かしの海外ケータイ」。今回はLGが韓国で販売していたゲーミング携帯電話、「KV3600」をご紹介します。横に開くと中から横型ディスプレイとゲームコントローラーパッドが現れるという、ゲーミングケータイなのです。(2018/6/30)

サードウェーブ、税別9万円台のCore i5搭載薄型スリム13.3型ノートPC
サードウェーブは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを採用したスリムノートPC「Altair F-13KR」を発表した。(2018/6/29)

LINE、液晶ディスプレイ搭載スマートスピーカー「Clova Desk」今冬発売
LINEが、液晶ディスプレイを搭載したスマートスピーカー「Clova Desk」を今冬に発売する。本体にカメラを搭載し、メッセージアプリ「LINE」のビデオ通話とも連携する。(2018/6/28)

世界中の風景が流れる“デジタル窓”に有機ELモデル、DESIGN TOKYOで参考展示
有機ELパネルメーカーのJOLEDは、“スマートなデジタル窓”をうたうインテリアディスプレイ「Atmoph Window」(アトモフウィンドウ)を販売するアトモフと協力し、有機ELパネルを採用したアトモフウィンドウの新モデルを「第9回DESIGN TOKYO」に参考展示する。(2018/6/27)

アイ・オー、スリムな極細ベゼル筐体を採用する27型フルHD液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、フルHD表示対応の27型ワイド液晶ディスプレイ「LCD-MF273ED」を発売する。(2018/6/27)

ベンキュー、高精度キャリブレーション対応のカラーマネジメント向け27型WQHD液晶「PV270」
ベンキュージャパンは、ハードウェアキャリブレーションに対応した映像編集用の27型WQHD液晶ディスプレイ「PV270」を発表した。(2018/6/27)

JOLED、印刷方式の有機ELディスプレイ量産に向け新工場建設へ 資金調達は「継続中」
JOLEDは、有機ELディスプレイの量産のため7月1日付で石川県能美市に新しい事業所を開設する。10〜32インチの中型サイズを生産する予定。(2018/6/27)

アイ・オー、持ち運びも容易な約900gの薄型15.6型液晶ディスプレイ
アイ・オー・データ機器は、モバイル用途にも向く薄型軽量設計の15.6型液晶ディスプレイ「LCD-MF161XP」を発表した。(2018/6/27)

ベンキュー、ゲーム向き表示モードも備える144Hz駆動対応の27型フルHD液晶「XL2720」
ベンキュージャパンは、144Hz駆動に対応する27型ゲーミング液晶ディスプレイ「XL2720」を発売する。(2018/6/27)

旧JDI能美工場を活用:
JOLEDが石川に印刷有機EL量産工場、2020年稼働へ
JOLEDは2018年6月26日、印刷方式の有機ELディスプレイパネルの量産拠点として2018年7月1日付で「JOLED能美事業所」(石川県能美市)を開設し、2020年から稼働させる予定だと発表した。(2018/6/26)

「デスクが狭い!」を解消するデルのビジネスディスプレイ「P」シリーズ
デルがビジネス向けディスプレイ「P」シリーズを刷新。省スペースな新デザインを採用した5モデルを投入した。(2018/6/26)

美しいディスプレイと圧倒的パワー 時代の先端を行くモバイルPC「XPS 13」
スリムベゼルのモバイルPC「XPS 13」を徹底レビュー。(2018/6/22)

丸くて小さい目覚まし時計風スマートスピーカー「Amazon Echo Spot」、日本発売
Amazon.co.jpが液晶ディスプレイを搭載した小型のスマートスピーカー「Amazon Echo Spot」を国内販売する。6月20日から先行予約を受け付け、7月末に出荷開始。(2018/6/20)

ディスプレイをタッチパッドに埋め込んだCore i9搭載4KノートPC「ZenBook Pro 15」
タッチパッドにディスプレイを統合するアイデアは、かつて“失敗例”としてPCの歴史に埋もれていった。ASUSの「ScreenPad」はどうか。(2018/6/20)

エイサー、HDR 10対応の4Kディスプレイ「EB0」シリーズに48.5型と54.6型モデルを追加
日本エイサーは、4K表示対応のIPSパネル採用48.5型、54.6型液晶ディスプレイ計2製品を発売する。(2018/6/19)

東芝 TC959xXBG:
車載IVI向けのインタフェースブリッジIC
東芝デバイス&ストレージは、車載インフォテインメント(IVI)システム向けのインタフェースブリッジICとして、ディスプレイシステム用、カメラシステム用、HDMI搭載システム用の4種類を開発、サンプル出荷を開始する。(2018/6/19)

製品分解で探るアジアの新トレンド(29):
世界初「ディスプレイ指紋認証スマホ」分解で感じた中国Vivoの魅力
今回は、世界で初めてディスプレイ指紋認証機能を実現したとみられるスマートフォン「Vivo X20 Plus UD」(Vivo製)を分解し、チップ内部も含めて観察した様子を報告する。世界的なスマホメーカーに成長したVivoの端末の魅力を感じることができた。(2018/6/18)

大画面・高解像度ディスプレイ搭載でヒットしたケータイ「mova N504i」(懐かしのケータイ)
発売初日に2万台強を販売した「mova N504i」。NEC伝統のデザインを変えることなくディスプレイの高解像度化を図るなど、見やすさを大きく進化させたケータイでした。(2018/6/16)

「Xperia XZ2 Compact SO-05K」が6月22日発売 8万円弱
国内ではNTTドコモのみが取り扱う「Xperia XZ2 Compact」の発売日が決定した。Xperiaのハイエンドコンパクトモデルとしては初めてフルHD超のディスプレイを搭載。HDR表示にも対応する。(2018/6/15)

マウス、広色域ディスプレイを採用したクリエイター向け15.6型ノート「DAIV-NG5500」
マウスコンピューターは、第8世代Coreプロセッサを採用するクリエイター向け15.6型ノートPC「DAIV-NG5500」を発売する。(2018/6/15)

「Windows 10」プレビュー(ビルド17692)公開、SwiftKey追加や「すべてを大きくする」改善など
Windows 10プレビュー(ビルド17692)で、iOS/Android向けキーボードアプリ「SwiftKey」をタッチディスプレイで使えるようになり(ただし日本語はまだ)、Xboxアプリのゲームバーの機能強化などが追加になった。(2018/6/15)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
カメラ性能や半透明ボディーに注目 「HTC U12+」を台湾で見てきた
COMPUTEX TAIPEIの取材の合間に、HTCの新製品「U12+」を見てきました。6型ディスプレイにSnapdragon 845を採用したHTCの2018年フラグシップモデル。ノッチ(切り欠き)がないので、ぱっと見てすっきりした印象を与えてくれます。(2018/6/15)

シャープが光出力130mW達成:
レーザーディスプレイ向け高出力緑色半導体レーザー
シャープは2018年6月14日、緑色半導体レーザーとして光出力130mW品を2018年10月から量産すると発表した。シャープでは、波長520nm帯域の緑色半導体レーザーとして「業界最高の光出力」とする。ヘッドマウントディスプレイ(HMD)、ヘッドアップディスプレイ(HUD)、小型プロジェクターなどの用途での採用を見込む。(2018/6/14)

組み込み開発ニュース:
高解像度UXGAの0.5型有機ELマイクロディスプレイ
ソニーは、高解像度UXGAの0.5型有機ELマイクロディスプレイ「ECX339A」を発表した。独自の有機ELディスプレイ技術と微細化プロセス技術により、6.3μm画素ピッチの高解像度を提供する。(2018/6/13)

壁に絵を描くロボ「Scribit」がクラウドファンディングで人気 熱で消える特殊なペンを使用、書き替え自在
専用アプリとの連携で、ニュースや買い物リストなども書けます。壁が擬似的なディスプレイに。(2018/6/13)

“AR試着”もできるIoT自動販売機「スマートマート」、ブイシンクが本格展開
ブイシンクが大画面ディスプレイやAR(拡張現実)カメラを備えたIoT自動販売機「スマートマート」を本格展開。カメラを使って衣料品の“AR試着”や人気キャラとの記念撮影も。(2018/6/12)

「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプらしき画像リーク 背面はガラス
Googleの次期オリジナル端末「Pixel 3 XL」(仮)のプロトタイプだとされる画像がXDA Developersのフォーラムに投稿された。ディスプレイの切り欠きや背面の材質がガラスであることなどが確認できる。(2018/6/11)

ECX339A:
0.5型で「最高解像度」の有機ELディスプレイ、ソニーが製品化
ソニーが「最高解像度」(同社)の0.5型有機ELディスプレイを開発。高級デジタルカメラの電子ビューファインダーやAR/VR向けHMDなどへの採用を見込む。(2018/6/11)

ビデオカメラのように撮影! 回転2軸ヒンジを初採用した「FOMA P2102V」(懐かしのケータイ)
先代からスマートな「普通のケータイ」サイズに進化した「FOMA P2102V」。ディスプレイを横にも回転できる回転2軸ヒンジを採用した初めてのケータイでもありました。(2018/6/10)

au初のHDディスプレイ搭載 ほぼ全部入りなWiMAXスマホ「ARROWS Z ISW11F」(懐かしのケータイ)
防水やおサイフケータイなど、日本市場固有の機能に多く対応した「ARROWS Z ISW11F」。au向けに初めて提供された富士通ブランドのAndroidスマートフォンでで、HDディスプレイやデュアルコアCPUを搭載したハイスペックモデルでした。(2018/6/9)

ルネサスとJDI、「日の丸再編」で明暗 改革主導キーマンの存在大
産業革新機構が支援した「日の丸再編」で明暗が分かれている。ルネサスエレクトロニクスは革新機構による保有株の売却が進み、経営再建が最終段階に入る一方、ジャパンディスプレイ過去最大となる赤字を計上するなど綱渡りの経営が続く。(2018/6/8)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。