ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「USB Type-C」最新記事一覧

ヘッドフォンアンプを搭載した初のポータブルワイヤレススピーカー、V-MODA「REMIX」
DJに人気のオーディオブランド「V-MODA」からBluetoothスピーカーが登場。ヘッドフォンアンプを搭載し、ヘッドフォン接続時でも良い音が楽しめるという。(2017/10/20)

容積1.97L!?:
G-Tuneに重箱サイズの超小型ゲーミングマシンが登場!! 「NEXTGEAR-C」徹底レビュー
手のひらに乗る極小ボディーにゲーミング性能を詰め込んだコンパクトデスクトップPC「NEXTGEAR-C ic100」シリーズの実力は?(2017/10/20)

ASRock、Core Xシリーズに対応するX299チップセット採用Mini-ITXマザー「X299E-ITX/ac」
マスタードシードは、台湾ASRock製のX299チップセット採用Mini-ITXマザーボード「X299E-ITX/ac」の取り扱いを開始する。(2017/10/20)

AIチップ搭載でさらに賢く Huawei「Mate 10」「Mate 10 Pro」はココが変わった
Huaweiが新型スマートフォン「Mate 10」と「Mate 10 Pro」を発表した。従来の「P10」や「Mate 9」から何が変わったのか? 発表会の現地レポートをお届けする。(2017/10/20)

Web通販限定:
Galax S8/S8+/Note8をPCライクにする「DeX Station」が日本上陸 11月1日発売
サムスン電子の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」「Galaxy Note8」をデスクトップPCライクに使うための周辺機器「Dex Station」の国内販売が決定。Web通販限定で販売する。(2017/10/19)

MousePro、第7世代Coreプロセッサを採用した法人向け15.6型スタンダードノート
マウスコンピューターは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを搭載した法人向けスタンダードノートPC「MousePro NB5」シリーズを発表した。(2017/10/19)

Samsung、VRコンテンツ作成可能なカメラ「360 Round」発売へ
Samsungが、360度・3Dの動画を撮影・ライブストリーミングできるプロ向けカメラ「360 Round」を10月にまず米国で発売する。付属のPCアプリでコンテンツをVR向けに編集できる。(2017/10/19)

2画面スマホ「M Z-01K」の外観をサクッとチェック
NTTドコモが企画し、中国ZTEが開発した2画面Androidスマホ「M Z-01K」。海外では「Axon M」として発売されるこの機種の外観を簡単にチェックしてみた。(2017/10/18)

Microsoftの「Surface Book 2」、13インチは日本で11月16日発売
Microsoftが「MacBook Pro」対抗で2年前に発売した「Surface Book」の新モデル「Surface Book 2」を発表した。先代同様脱着式のハイブリッド端末で、新たに15インチモデルが加わった。13.5インチモデルのみ日本でも11月16日に発売する。価格は税込み20万664円から。(2017/10/18)

2画面スマホ「M Z-01K」登場 ドコモ発のグローバルモデル
ドコモから再び、2画面Androidスマートフォンが登場する。ZTEとのタッグにより開発されたこの機種は、米国やヨーロッパでも「Axon M」として発売される。(2017/10/18)

側面の指紋センサーで簡単操作 気品あふれる大人スマホ「arrows NX F-01K」
12月上旬に発売予定の「arrows NX F-01K」は、画面操作にも使える指紋認証センサー「Exlider(エクスライダー)」を新たに搭載。画面割れに強いタフネスボディーやIris Passport(虹彩認証)といった先代でも好評だった要素も引き継いでより使いやすいスマホに仕上がっている。(2017/10/18)

「ハイ、エクスペリア」──ソニー、家族をつなぐコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」発表
人感センサーやカメラで家族の顔を認識し、生活情報を伝えたり、LINEやSkypeと連携して通話やメッセージの送受信をしたりできる。(2017/10/17)

プレミアムスタンダードノート「LAVIE Note NEXT」見参 “ゼロベース”で開発
NECパーソナルコンピュータの15.6型ノートPCに、新しいプレミアムモデルが登場する。PCの買い換えサイクルが延びる中、長く使うために必要な機能を厳選して搭載している。(2017/10/17)

AIプロセッサを搭載:
Huaweiが「Mate 10」「Mate 10 Pro」を発表 Proは日本でも発売予定
Huaweiの「Mate」シリーズに新モデルが登場する。AI処理に対応するプロセッサ「Kirin 970」を初採用し、それを生かした新機能も複数搭載されている。(2017/10/16)

エレコム、重ね持ちに便利な薄型モバイルバッテリー4モデルを発売
エレコムは、10月中旬に薄型タイプのモバイルバッテリー「Pile one」を発売。1万mAh(最大出力4.8A)から3000mAh(最大出力1.5A)まで選べる4モデルを用意している。(2017/10/10)

マウス、薄型デザインで10時間駆動対応の13.3型モバイルノート
マウスコンピューターは、13.3型フルHD液晶ディスプレイを装備した薄型モバイルノートPC「MB13ESV」を発売する。(2017/10/6)

InterOpto展 トレックス:
光ケーブルでの採用拡大狙うコイル一体型電源IC
トレックス・セミコンダクターは2017年10月6日まで開催されている展示会「InterOpto(インターオプト)」で光トランシーバーケーブル向けに提案を強化しているインダクター一体型電源IC製品の展示を実施している。(2017/10/6)

ASUS、Windows 10 Proを導入した法人向け11.6型モバイルノート「VivoBook X207NA」
ASUS JAPANは、重量約980gの薄型軽量筐体を採用する法人向け11.6型モバイルノートPC「ASUS VivoBook X207NA」を発表した。(2017/10/5)

会話のリアルタイム翻訳もできる無線イヤフォン「Pixel Buds」登場
Googleが「Googleアシスタント」搭載のBluetoothイヤフォン「Pixel Buds」を159ドルで発売する(日本での発売は未定)。Pixel端末と接続すれば、会話のリアルタイム音声翻訳もできる。(2017/10/5)

新Chromebook「Pixelbook」は999ドルから、別売スタイラスは99ドル
GoogleがハイエンドChromebook「Pixelbook」を発表した。初の「Googleアシスタント」搭載ノートPCだ。音声だけでなく専用キーからもアシスタントを呼び出せる。重さ1.1キロで価格は999〜1649ドル。(2017/10/5)

日本では販売せず:
「Google Lens」搭載オリジナルAndroid端末「Pixel 2」と「Pixel 2 XL」
Googleの2代目Pixelも販売地域に日本は含まれなかった。米国では10月4日予約開始、17日発売だ。(2017/10/5)

限定1000台:
レトロな「ThinkPad 25」ついに登場 日本独自の特典込みで17万9500円(税別)
Lenovo(旧・IBM)のノートPC「ThinkPad」の25周年記念モデルが登場する。日本未発売の「ThinkPad T470」をベースに7列キーボードを搭載したほか、日本向けモデル独自の特典も用意している。(2017/10/5)

東芝 DF2SxxP2シリーズ:
ピークパルス電流14〜80AのTVSダイオード
東芝デバイス&ストレージは、ピークパルス電流が従来比32倍向上したTVSダイオード(ESD保護ダイオード)「DF2SxxP2」シリーズ6種を発売した。ダイナミック抵抗は0.08〜0.13で、ピークパルス電流は14〜80A、静電気耐量は±30kV。(2017/10/2)

最高峰を求めるパワーユーザーも満足
Samsung「Galaxy Note8」徹底解説、あらゆる性能があの名機をしのぐ
最高レベルのスペック、「Infinity Display」を採用した秀逸なデザイン、便利な機能を豊富にそろえたSamsungの「Galaxy Note8」は、パワーユーザー必携のスマートフォンだ。その性能を徹底的に解説する。(2017/9/30)

EIZO、USB Type-Cを搭載した27型4Kディスプレイ「FlexScan EV2785」
EIZOが27型4Kディスプレイを発表。60W給電に対応したUSB Type-Cを搭載し、MacBook Proなどのハイパフォーマンスノートでも、Type-Cケーブル1本で映像表示と充電を同時にこなせる。(2017/9/28)

PR:クリエイターに10コア20スレッドのパワーを――「DAIV-DGX750」シリーズ徹底検証
クリエイティブ系やマルチメディア系の処理で圧倒的な性能を誇るIntel最新のメニーコア「Core X」を採用するモデルが「DAIV」ブランドに登場。その実力を検証しよう。(2017/9/28)

新しいオフィス向けディスプレイの条件:
PR:仕事が進まないのはモバイルPCのせい!? USB Type-C対応ディスプレイで作業効率が変わる
オフィスにディスプレイを導入する際、必ずチェックしておきたいのが新規格のUSB Type-Cだ。(2017/9/28)

ASUS、10.9mmの薄型筐体を採用した回転ヒンジ採用の13.3型2in1ノート
ASUS JAPANは、タブレットスタイルなどでの利用が可能な回転式ディスプレイを備えた13.3型2in1ノートPC「ASUS ZenBook Flip S UX370UA」を発表した。(2017/9/27)

DisplayPort USB Type-C ALT Mode:
USB ALT Modeも実装可能な「DisplayPortの最新」と製品化における留意点
DP(DisplayPort)は映像出力インタフェースとして高い性能を持ち、更には物理的にUSB Type-Cのコネクターを用いる「USB Type-C ALT Mode」のサポートもあり、一層の普及が見込まれる。ここではDPの最新規格とALT Modeを含む製品実装時の留意点を紹介する。(2017/9/26)

ThinkPadとYogaの良いとこ取り
徹底レビュー:2-in-1でも“あのThinkPad” 「ThinkPad Yoga 370」は万能か
Lenovo製2-in-1タイプのYogaシリーズ新作は、前作Yoga260から第7世代CPU搭載、バッテリー増加と確実な進化を遂げている。グラフィックスや重量など気になる点も含め徹底レビューする。(2017/9/24)

「VAIO S11/S13/S15」が刷新 LTE拡充、カーボン復活、法人シリーズも
VAIOが主力の「S Line」をリニューアル。11.6型の「S11」、13.3型の「S13」、15.5型の「S15」をモデルチェンジした。法人向け新シリーズの「VAIO Pro」も展開する。(2017/9/21)

ASUS、第8世代Core i7を採用した14型スリムモバイルノート「ZenBook 3 Deluxe」
ASUS JAPANは、14型フルHD液晶を内蔵する薄型モバイルノートPC「ASUS ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR」を発表した。(2017/9/21)

洗練の「VAIO S13」か、新生の「VAIO S11」か 2017年モデル徹底検証
VAIO主力の「S」シリーズがモデルチェンジ。ユーザーのフィードバックを反映し、より洗練されたビジネス向けPCに生まれ変わった。「S13」と「S11」の実機テストを通して、その実力を検証する。(2017/9/21)

VRニュース:
AIやAR、VRなどを搭載したスマートデバイス5機種を発表
レノボは、AIやAR、VRを実装したARヘッドセットやタブレットなど、5種類のスマートデバイスを発表した。さまざまな使い方が可能なこれらのデバイスにより、利用者は自分の好みに合ったコンピューティング体験ができる。(2017/9/20)

エイサー、12.2型WUXGA液晶を備えた2in1タブレット「SW312-31-A14Q」
日本エイサーは、付属キーボードドックを装着しノートPCスタイルでも利用可能な2in1タブレットPC「SW312-31-A14Q」を発表した。(2017/9/19)

ZenFone 4シリーズが日本に 4/4 Selfie Proが9月23日、4 Proが10月下旬発売
ASUS JAPANが、ZenFone 4シリーズ3機種を日本で発売する。ラインアップは「ZenFone 4」「ZenFone 4 Pro」「ZenFone 4 Selfie Pro」の3機種。全機種デュアルカメラを搭載している。(2017/9/15)

PR:じゃじゃ馬「Skylake-X」を乗りこなせ!! 堅実設計と高コスパが魅力のメニーコアマシン「AeroStream RA7J-I92/XT」
BTOに対応したTSUKUMOのプライベートブランドPC「AeroStream」シリーズに、メニーコアのCore-X(Skylake-X)搭載モデルが登場。安心の高品質と高コスパが特徴だ。(2017/9/15)

ASUS、3K液晶を備えたCore m3/i5搭載12.6型Windowsタブレット「TransBook 3 T305CA」
ASUS JAPANは、3K表示対応の高解像度液晶ディスプレイを搭載したWindowsタブレットPC「ASUS TransBook 3 T305CA」を発表した。(2017/9/13)

東芝クライアントソリューション DE100:
dynabook仕込みの高密度実装、Core M搭載の産業用PC
ノートPC「dynabook」開発で培った高密度実装技術で、手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載したタフな産業用PCを東芝が販売開始。機器監視やウェアラブルデバイスの接続母艦、エッジコンピューティングデバイスなどさまざまな用途が想定される。(2017/9/13)

Xiaomi、18:9ベゼルレスでフルセラミックボディーの「Mi MIX 2 Special Edition」を約8万円で発売へ
Xiaomiが新フラグシップ端末「Mi MIX 2」を中国で発売する。18:9、5.99型のディスプレイは先代よりさらにベゼルレスに近くなり、Snapdragon 835/メモリ6GB/ストレージ64GBのエントリーモデルは3299元(約5万5000円)。(2017/9/12)

IFA 2017:
狭額縁化やデュアルカメラには追随しない? Xperia新機種の狙いを聞く
ソニーモバイルがIFA 2017に合わせてXperiaシリーズの3機種を発表した。中でも「Xperia XZ1」と「Xperia XZ1 Compact」は日本での発売が期待される。3機種投入の狙いを、ソニーモバイルの安達晃彦氏に聞いた。(2017/9/11)

落ち着いた雰囲気に快適さも――「HP Pavilion 15-cc000」パフォーマンスモデルを試す
家で使うPCでも上質さや落ち着きを求めたい――日本HPの「HP Pavilion 15-cc000」シリーズは、そんな人におすすめしたいノートPCだ。この記事では、Core i7プロセッサを搭載するパフォーマンスモデルをレビューする。(2017/9/8)

加速する市場:
Type-C向け部品は“使いやすさ”が鍵に オンセミ
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は2017年9月7日、東京都内で記者説明会を開催し、USB Type-C市場の展望や、同社のUSB Type-C向け製品群について説明した。(2017/9/8)

ECS、第7世代Core i3/i5を搭載した手のひら大ベアボーン「LIVA Z Plus」
リンクスインターナショナルは、ECS製となる超小型ベアボーンPCキット「LIVA Z Plus」シリーズの取り扱いを開始する。(2017/9/7)

アンリツ ME7873LA:
80%以上のテストケースでLTE Cat-M1のGCF認証を取得
アンリツは、同社のLTE-Advanced RFコンフォーマンステストシステム「ME7873LA」において、LTE Cat-M1(以下、Cat-M1)規格の80%以上のテストケースでGCF認証を取得した。これを受けてGCFは、Cat-M1端末の認証を開始した。(2017/9/7)

ASUS、ノートPCとして世界初のRyzen 7 1700採用17.3型ゲーミングノート「ROG STRIX GL702ZC」
ASUS JAPANは、8コアCPUとなるRyzen 7 1700を採用した17.3型ゲーミングノートPC「ROG STRIX GL702ZC」を発表した。(2017/9/6)

ASUS、“Max-Q”デザインのGTX 1070を搭載した15.6型ゲーミングノート「ROG ZEPHYRUS GX501VS」
ASUS JAPANは、15.6型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したハイエンドゲーミングノートPC「ROG ZEPHYRUS GX501VS」の国内販売を発表した。(2017/9/6)

Xiaomi、Googleと提携の「Android One」端末「Mi A1」発売
中国XiaomiがGoogleの「Android One」パートナーに加わり、対応端末「Mi A1」を発表した。5.5型で光学ズーム可能なデュアルカメラ、3080mAhのバッテリーを搭載する。インドでの販売価格は1万4999ルピー(約2万5000円)。(2017/9/6)

オウルテック、超タフストロングケーブル&急速充電対応の車載用充電器をセット販売
オウルテックは、耐久性と柔軟性を兼ね備えた超タフストロングケーブルと車載用充電器をセットにした「超タフで断線に強い車載用充電器」シリーズを発売。2つのUSBポートを搭載し、合計出力4.8Aを可能としている。(2017/9/5)

急速充電対応のケーブル一体型車載シガー充電器
ドスパラは、シガーソケット用のケーブル一体型充電器「DN-914812」の取り扱いを開始した。LightningモデルとUSB Type-Cモデルの2タイプを用意する。(2017/9/5)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。