ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「USB Type-C」最新記事一覧

エイサー、1kgを切る軽量スタイリッシュ設計のCore i5搭載14型モバイルノート
日本エイサーは、薄型軽量筐体を実現した14型フルHD液晶搭載モバイルノートPC「SF514-52T-H58Y/B」を発売する。(2018/2/20)

Lightning、Micro USB、Type-Cに対応した最長1mの巻取り式ケーブル
サンワサプライはLightningコネクタ、USB 2.0 Type-C、micro USBのコネクタを付け替えて使用できる巻取り式USBケーブルを発売。充電やデータ通信が可能で、タブレットなども充電できる最大出力2.4Aに対応している。(2018/2/17)

PR:世界的オーバークロッカーが手掛けたスペシャルPC 「G-Master Spear Z370 Taichi OC」徹底検証
サイコムのゲーミングPC「G-Master」シリーズからASRockとのコラボモデルが登場。厳選したパーツと専用UEFIにより、全コア4.8GHzのオーバークロック性能と安定性を両立したスペシャルモデルだ。(2018/2/16)

ディスプレイ背面にも取り付けられるVESAマウント対応のType-C外付け拡張ドック
アーキサイトは、USB Type-C接続対応の外付け型拡張ドック「VESA Mount Type-C Dock」を発表した。(2018/2/15)

dynaEdge DE100:
手のひらサイズの産業用PCが進化してIoTデバイス「dynaEdge」に
手のひらサイズながらもCore MとWindows 10を搭載した東芝のタフな産業用PCが進化。新ブランド「dynaEdge」を冠した「dynaEdge DE100」として販売開始される。Windows 10 IoT Enterprise搭載モデルも用意。(2018/2/14)

FREETELの新スマホが2月発売 デュアルカメラの「REI 2 Dual」と1万円台の「Priori 5」【更新】
MAYA SYSTEMが、FREETELブランドの新スマホを発表。ミッドレンジの「REI 2 Dual」とローエンドの「Priori 5」というラインアップ。直販サイトや全国の家電量販店で発売する。(2018/2/9)

自動車用コネクターなど増産:
航空電子、フィリピンの工場に新棟を建設
日本航空電子工業は、自動車用コネクターの需要増加に対応するため、フィリピンにある製造拠点「JAE Philippines」の第2工場にB棟を新設する。(2018/2/9)

cheero、5万mAhの大容量モバイルバッテリー発売
cheeroが災害時にも役立つ5万mAhの大容量モバイルバッテリー「cheero Power Mountain 50000mAh」を発売。(2018/2/8)

タブレットスタンドとしても使える“おにぎり型”の大容量モバイルバッテリー
ティ・アール・エイは、5万mAhの大容量を実現したモバイルバッテリー「cheero Power Mountain 50000mAh」の販売を開始した。(2018/2/8)

デュアル4K出力も備えたWindows/Mac両対応の外付けドッキングステーション
シネックスインフォテックは、StarTech.com製の外付けドッキングステーション「DK30A2DH」の取り扱いを開始する。(2018/2/5)

個人や社員が主役になる働き方改革を目指し、レノボがThinkPad新モデルを投入
レノボ・ジャパンがThinkPadシリーズを一新。新会議システムを含めた全14モデルを発表し、2月中旬から順次販売する。(2018/2/2)

ドコモの2画面スマホ「M Z-01K」をじっくり試す ガジェクラ以外でも買い?
「開くと2画面、閉じると普通のスマホ」というユニークなモデルがドコモから発売される。斬新なギミックと、その実力や実用性をチェック。さらに、懐かしいあのモデルとも比較してみた。(2018/1/30)

モバイルの枠を超えるパワー! 「Surface Book 2」完全レビュー
上質感あふれる美しいデザイン、第8世代Core i7とGTX 1050による高性能、先進のインタフェース。「Surface Book 2」はまさに“プレミアム”だ。(2018/1/29)

PR:薄型軽量かつ堅牢な2in1ノート「Elitebook x360 1020 G2」が働き方を変革する
働き方改革を推進する上で重要なのがPC選び。モビリティやセキュリティを重視するなら日本HPの「Elitebook x360 1020 G2」に注目だ。(2018/1/29)

世界最小の13.3型ノートPC「New XPS 13」日本上陸
デルがXPS 13の新モデルを発表。狭額縁ディスプレイの美しいデザインで知られるXPS 13がさらに進化し、クラス最小サイズを更新。第8世代Coreや4K UHDディスプレイなど最新スペックにアップデートした。(2018/1/26)

PR:クアッドコアCPUでモバイル戦闘力を強化 一新された「レッツノート CF-SV7」徹底分析
多くのビジネスユーザーに支持されてきた「SZ」シリーズの後継として、最新の第8世代Coreを採用しクアッドコアCPUの性能を手に入れた「レッツノート CF-SV7」が登場。その「モバイル戦闘力」はいかほどか。(2018/1/26)

CES 2018:
見た目変わらずいろいろ“進化”――第6世代「ThinkPad X1 Carbon」の注目ポイント
「CES 2018」に合わせて発表された「ThinkPad X1 Carbon」の第6世代(2018年)モデル。第5世代(2017年)モデルから見た目の変化は少ないように見えるが、注意深く観察すると変更点が多い。(2018/1/25)

レッツに新シリーズ 第8世代Coreを採用した12.1型モバイル「Let's note SV7」登場
パナソニックのレッツノートに新シリーズが登場。12.1型ボディーに高速CPUを搭載し、光学ドライブを内蔵しつつ1kgを切る重量を実現した。(2018/1/25)

LGエレ、27型4K HDR液晶ディスプレイにハードウェアキャリブレーション対応の上位モデル
LGエレクトロニクス・ジャパンは、IPSパネルを採用した4K表示対応27型ワイド液晶ディスプレイ「27UK850-W」を発売する。(2018/1/25)

Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクターを搭載したUSBケーブル発売
サンワサプライは、Lightning、MicroUSB、USB Type-Cコネクタを搭載したUSBケーブルを発売。断線や引っ張りに強い丈夫なナイロンメッシュ仕様で、アルミ製のコネクタカバーも搭載している。(2018/1/25)

JUSTのロゴ入り モバイルバッテリー3台+専用充電ドックのセット
ミスターカードは、容量8000mAhのモバイルバッテリー3台と専用充電ドックのセット「JUSTロゴ入3連モバイルバッテリー PowerStation RED」を300代の数量限定で販売する。価格は1万4980円(税込)。(2018/1/24)

東芝、法人向けモバイルPCに最新のWindows 10 Fall Creators UpdateとCPUを追加
東芝クライアントソリューションが、法人向けPCのラインアップを一新。モバイルPCにIntelの第8世代および第7世代Coreプロセッサを追加した。(2018/1/23)

ワイヤレス充電機能付きモバイルバッテリー 「SPICA」
内田商事は、ワイヤレス充電が可能な大容量モバイルバッテリー「SPICA」を発売。Qi対応デバイスを充電プレートに乗せるだけで充電でき、有線にも対応する。バッテリー容量は1万mAhで、残量が確認できるLEDインジケーター付き。(2018/1/20)

USB PD急速充電に対応した約1万mAhのモバイルバッテリー
フォースメディアは、iPhoneXなどの急速充電が可能なUSB PDもサポートした容量1万50mAhのモバイルバッテリー「世界超速 for スマホ」を発売する。(2018/1/19)

アンカー、Thunderbolt 3対応USB Type-Cケーブル発売
アンカー・ジャパンはThunderbolt 3に対応し、最大40Gbpsの超高速データ転送と最大100Wの充電が可能なUSB Type-Cケーブル「Anker USB-C & USB-C Thunderbolt 3 ケーブル」を発売した。(2018/1/19)

エイサー、MIL準拠のタフ筐体を採用したコンバーティブル機構搭載の11.6型Chromebook
日本エイサーは、法人および文教市場向のコンバーティブル機構搭載11.6型Chromebook「CP511-1H-F14N」を発売する。(2018/1/18)

G-Tune、GTX 1080×2とCore i7-8700Kを備えたハイエンドな17.3型4K液晶ゲーミングノート
マウスコンピューターは、G-TuneブランドのゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE」に第8世代Coreプロセッサ搭載のハイエンド構成モデルを追加した。(2018/1/18)

第8世代Coreと13.3型IGZO液晶を備えたスリムノート「Razer Blade Stealth」 外付けGPUボックス「Razer Core V2」も
Razerは、薄型ノートPC「Razer Blade Stealth」の最新モデルを発表。タッチパネル操作もサポートした3200×1800ピクセル表示対応13.3型液晶を備える。(2018/1/18)

富士通、法人向けPCに第8世代CoreとWindows 10 FCU対応モデルを投入
富士通が、Intelの第8世代CoreプロセッサーとWindows 10 Fall Creators Update対応の法人向けPC(8シリーズ/20モデル)を1月下旬から順次提供する。(2018/1/16)

サイプレス セミコンダクタ 代表取締役社長 長谷川夕也氏:
PR:想定を上回る飛躍を遂げるCypress、IoTへの積極投資継続へ
Cypress Semiconductorの日本法人社長を務める長谷川夕也氏は「2017年は想定を上回る大きな飛躍を遂げた1年だった」と振り返る。世界的なIoT(モノのインターネット)化の流れを的確に捉え、2016年にBroadcomから引き継いだIoT向け無線通信チップ事業で大きく売り上げを伸ばした。2018年についても、組み込み領域に必要なあらゆる半導体製品をそろえるラインアップをベースに、オートモーティブ、インダストリアル、コンシューマーの3市場で一層の飛躍を遂げるべく、積極的な事業展開を計画する。(2018/1/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
Coffee Lake世代のCore i5が2月にかけてじわじわ買いやすく
11月の登場以来品薄傾向が続いているCore i7-8700、i5-8600K、i5-8400だが、ここに来てじわじわと店頭在庫が増えてきている。まだ潤沢とはいえないものの、確実に買いやすくなってきた。(2018/1/15)

au初のHuaweiスマホは買い? 写真で解説する「HUAWEI nova 2」
「HUAWEI nova 2」は、auが初めて扱うHuaweiスマホ。一括3万円と安いが、カメラ機能は性能にもこだわった。nova 2はどんな人にオススメできるのか。(2018/1/12)

CES 2018:
Xperia初のフロントデュアルカメラも 写真で解説する「Xperia XA2/XA2 Ultra」
ソニーモバイルがミッドハイのスマートフォン「Xperia XA2」と「Xperia XA2 Ultra」を発表。XA2 Ultraは前面にデュアルカメラを搭載。CES 2018のブースで実機を触ってきた。(2018/1/11)

CES 2018:
Snapdragon×常時接続――Lenovoのデタッチャブル2in1「Miix 630」登場
Lenovoが「Snapdragon 835」を搭載するWindows 10 PCをついに正式発表した。Microsoftが提唱する「Always Connected PC(常時接続PC)」に準拠したデタッチャブル式2in1タブレットPCで、最長で20時間のバッテリー駆動が可能だ。(2018/1/10)

CES 2018:
スマホレスでDaydream! Lenovoが“スタンドアロン”Daydreamヘッドセットを発表
Lenovoが、スマホ不要でGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」を楽しめるヘッドマウントディスプレイを発売する。合わせて、単体で通信できる180度カメラも発売する。(2018/1/10)

USB Type-A/Cコネクターを両面に備えた超小型USBメモリ
サンワサプライは、USB Type-A/C接続に両対応した超小型USBメモリ「UFD-3TC」シリーズを発売した。(2018/1/10)

CES 2018:
“HDR”対応でより深みのある映像表現――「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場
ThinkPadのフラグシップを担う「ThinkPad X1」ファミリーの2018年モデルが登場する。「X1 Carbon」と「X1 Yoga」は、一部構成がノートPC初となる「Dolby Vision」対応を果たした。(2018/1/9)

CES 2018:
“選べる”ハイパフォーマンス――HPのプレミアム2in1「Spectre x360 15」に新モデルが登場
HPのプレミアム2in1ノートPC「Spectre x360 15」に新モデルが登場する。発表されたばかりの「Core processor with Radeon RX Vega M Graphics」を搭載したモデルと、第8世代Coreプロセッサに「GeForce MX150」を組み合わせたモデルから選択できる。(2018/1/9)

CES 2018:
Intel CPU×AMD GPU――Radeon内蔵Coreプロセッサ登場 新型「Intel NUC」も登場
呉越同舟――AMDのGPUを搭載したIntel製プロセッサがいよいよ登場する。同プロセッサを搭載する「Intel NUC」も合わせて投入する。【訂正】(2018/1/8)

モジュール構造が差異化ポイント
モトローラの新型スマホ「moto z2 force edition」、満足度は「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」に匹敵か
Motorola Mobilityの「moto z2 force edition」の性能や機能は、「iPhone 8 Plus」「Galaxy S8」といった他のハイエンドスマートフォンと比較しても、決して見劣りしない。(2018/1/6)

CES 2018:
「ThinkPad T」シリーズの2018年モデル登場 15型モデルは4K液晶も選択可
LenovoのビジネスノートPC「ThinkPad T」シリーズの2018年モデルが登場した。15型の「ThinkPad T580」では、独立GPUと4K(3840×2160ピクセル)液晶を搭載する構成も選択可能だ。(2018/1/5)

デル、最新「XPS 13」発表 第8世代i7&メモリ16GB&4Kモデルも
デルは、同社のノートPC「XPS 13」の最新モデル「New XPS 13」を発表した。Intelの第8世代コアを全モデルで採用し、最大メモリ16GB、4K(3840×2160ピクセル)のタッチ対応ディスプレイを選択できる。(2018/1/5)

CES 2018:
第8世代Coreプロセッサ搭載のモバイルPC「ThinkPad X280」「ThinkPad X380 Yoga」登場
LenovoのモバイルノートPC「ThinkPad X」シリーズの2018年モデルが登場した。全モデルが第8世代のCoreプロセッサを搭載。電源端子はThunderbolt 3/USB Type-Cに統一した。(2018/1/5)

「USB 3.2」で何が変わる? 知っておきたい2018年のPC注目技術
2017年は特にPCのハードウェアが大きく進化した1年だったが、2018年はどうだろうか。2018年の製品に導入されることを期待したい注目技術をまとめる。(2018/1/5)

達人レビュアーが選んだ2017年のイチオシPC
2017年も多くのPCや2in1が登場し、注目製品をじっくりレビューしてきた。この1年で印象深いモデルを選出していこう。(2017/12/31)

4万9800円のフルHDノートPC 新「乃木坂46 CM記念モデル」実力検証
安いけど実際の使い勝手は?(2017/12/29)

「スマスピ」おしゃべり広場:
「LINE通話」対応がClovaのキラーアプリになる
LINEが発売した新型のスマートスピーカー「Clova Friends」はLINE通話に対応。他社製品にない強みだ。(2017/12/28)

2017年にグッと来た「デジタル仕事道具」ベスト5
恒例の年末企画。2017年に使ってみた製品の中から、ビジネスユースでも十分に実用的に使えると判断した、「個人で購入できて仕事がはかどるデジタル製品」のベスト5を選んでみた。(2017/12/27)

ペットがかんでもOK ストロングケーブル付き充電器、オウルテックから登場
オウルテックは強度・摩耗に強いアラミド繊維を使用し、ペットのかみちぎりにも耐える強度を実現したUSB Type-CケーブルAC充電器シリーズを発売。付け根部分には独自形状のロングブッシュ設計を取り入れ、断線しにくい構造となっている。(2017/12/25)

ペットにもかみちぎられない超タフケーブル付きUSB充電器
オウルテックは、断線に強い“超タフストロングケーブル”を付属したUSB充電器計2シリーズの販売を開始する。(2017/12/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。