ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  U

  • 関連の記事

「USB Type-C」最新記事一覧

圧力も感知するタッチパッドの実力
徹底レビュー:2016年モデル「MacBook」、最高に魅力的だがやはり目立つ“惜しい欠点”
2016年モデルの「MacBook」は、スペックも向上しハードウェアとして素晴らしい一品だ。だが、超薄型デバイスに付き物の妥協点もある。果たして新しいMacBookの評価はどうなのだろうか。(2016/5/28)

日本でも発売予定:
デザイン、カメラ、サウンドを強化+VRにも対応――ZTEが「AXON 7」を発表
ZTEは5月26日、グローバル向けの新しいスマートフォン「AXON 7」を発表した。質感の高いボディーや強化したサウンド性能、そしてGoogleのVRプラットフォーム「Daydream」に初めて対応させたことなどが、大きな特徴となっている。(2016/5/27)

Ultrabook「Razer Blade Stealth」国内発売 外付けGPUでゲーミングノートに
厚さ13.1ミリのUltrabook「Razer Blade Stealth」が国内発売。外付けGPUシステム「Razer Core」と接続すればゲーミングノートになる。(2016/5/26)

外付けグラフィックスカードを利用できるオプションも:
Razer、広色域4K液晶+カラフル点灯キーボードの12.5型モバイルノート「Razer Blade Stealth」
Razerは、1月のCES 2016で発表した12.5型Ultrabook「Razer Blade Stealth」を日本でも発売した。ハイスペックな構成で、価格は11万9800円(税別)から。(2016/5/26)

2016年PC夏モデル:
世界最薄13.3型モバイルノートPC「HP Spectre 13」の“妖艶な姿”にうっとりする
日本HPのプレミアムブランド「Spectre」に新モデルが登場。ダークグレーのボディーにブロンズゴールドを組み合わせた「ラグジュアリーデザイン」な外観を写真でチェックする。(2016/5/26)

Apple、年内に13インチと15インチの新「MacBook Pro」を発売か
Appleがハイエンドノート「MacBook Pro」を9〜12月期に大幅アップグレードすると、Apple製品予測で定評のある台湾KGI証券のアナリスト、ミンチー・クオ氏が予測した。(2016/5/25)

日本HP、“世界最薄”ラグジュアリーデザインを採用した13.3型モバイルノート「HP Spectre 13」
日本HPは、スタイリッシュ筐体を採用した13.3型モバイルノートPC「HP Spectre 13」など計3機種の発表を行った。(2016/5/24)

100GBのクラウドストレージ付き:
ソフトバンク、「+Style」でNextbit製スマホ「Robin」を1000台限定で販売 価格は3万9980円
ソフトバンクのIoT支援プラットフォーム「+Style」で、NextbitのSIMロックフリーAndroidスマートフォン「Robin」の数量限定販売が始まった。Robinの純正オプションも合わせて販売する。(2016/5/23)

ビジネスと相性のいい2-in-1はどちら?
徹底比較:王者「12.9インチiPad Pro」 vs. Windows 10搭載2-in-1、総合力で勝るのは?
いい仕事に12型クラスディスプレイとキーボードは必須。「PCを駆逐する」と豪語する12.9インチiPad Proに「Windows 10」を搭載する正統派2-in-1が挑む。処理能力からボディーの質感まで総合力で評価した勝者は?(2016/5/22)

GTX 970Mを固定利用可能:
性能と価格のバランスが光る快適ゲーミングノート「G-GEAR note N1583J」徹底レビュー
ゲーミングPCブランド「G-GEAR」に加わった新鋭機「G-GEAR note N1583J」シリーズは、最新クアッドコアCPUとGeForce GTX 970Mを搭載しつつ、快適なゲームプレイを期待するユーザー視点に立ったバランスのよい1台だ。(2016/5/19)

最強のLightningケーブルはどれ? 用途と容量に注目!
Apple製品付属の純正ケーブル以外に持っておきたいケーブルを紹介します。大容量のモバイルバッテリーとケーブルは、旅行や長時間の持ち歩きに便利。(2016/5/19)

ディスプレイ回転でキーボードが変形:
“Yogaスタイルで自由を手に入れた” 14型の2in1モデル「ThinkPad X1 Yoga」の実力を探る
ThinkPad X1シリーズに、ディスプレイが360度回転する2in1スタイルの「Yoga」が加わった。ThinkPad X1 Carbon譲りの薄型軽量ボディーでありながら、マルチなスタイルで使えるのがメリットだ。(2016/5/17)

Maxim Integrated Products MAX77596:
USB Type-Cトランシーバー向け高入力電圧バックコンバーター
Maxim Integrated Productsは、次世代機器のUSB Type-Cトランシーバーに給電できる、高入力電圧バックコンバーター「MAX77596」を発表した。(2016/5/17)

古田雄介のアキバPickUp!:
最強レベルの高品質HDD“金キャビ”がデビュー
ウエスタンデジタルのデータセンター向けHDDシリーズ「WD Gold」が登場し、複数の店舗で話題を呼んでいる。そのほかにも、Thunderbolt 3搭載の最強BRIXや高品質SFX電源など注目度の高い新製品が店頭に並んだ。(2016/5/16)

2016年PC/タブレット夏モデル:
2番組同時録画に対応 AV機能がさらに充実した23型オールインワン「FMV ESPRIMO FH53/YD」
23型ワイド液晶を搭載した「FH77/XD」は、最新CPUやDDR4メモリ、USB 3.1 Type-Cポートを搭載するなど、さらなるハイパフォーマンスを実現した。(2016/5/16)

その価値は最高級か、それとも不当か
徹底レビュー:息をのむハイスペック「VAIO Zフリップモデル」は2-in-1の決定版か?
ハイエンドなスペックを持つ、VAIOの2-in-1デバイス「VAIO Zフリップモデル」。非常に高額だが、その価値はあるのだろうか。(2016/5/15)

サードウェーブデジノス、Xeon搭載ハイエンドWS「raytrek HE-X」をリニューアル
サードウェーブデジノスは、同社製デスクトップWS「raytrek HE-X」のリニューアルを発表。搭載CPUを最新のXeon E5ファミリーに変更した。(2016/5/13)

玄人志向、Type-Cポートも利用できるUSB 3.1増設カード
玄人志向は、USB 3.1ポートを備えたのPCIe内蔵型増設用カード「USB3.1AC-P2-PCIE」を発表した。(2016/5/11)

3.5GHz帯に初対応 3波CAで下り最大370MbpsのモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」【画像追加】
3.5GHz帯のTDD-LTEに対応したモバイルWi-Fiルーター「Wi-Fi STATION HW-01H」。容量4750mAhのバッテリーを内蔵し、スマホへの充電機能も備えた。(2016/5/11)

ルネサス エレクトロニクス RAA230161:
USB PD 3.0対応の高効率電源IC、電力変換効率最大95%を実現
ルネサス エレクトロニクスは、USB Power Delivery 3.0に対応した高効率電源IC「RAA230161」を開発し、2016年4月よりサンプル出荷を開始した。(2016/5/10)

古田雄介のアキバPickUp!:
Windows 10への無償アップグレード終了がアキバに与える影響は?
Windows 7/8.1から10への無償アップグレード期間が7月29日までと迫り、日本マイクロソフトもキャンペーンをかけている。この動きはアキバ自作街のトレンドにどんな影響を与えるのか。各ショップに聞いた。(2016/5/9)

PC USER 週間ベスト10:
自由度の高い「NASキット」、搭載するHDDを選ぶコツは?(2016年5月2日〜5月8日)
今回のアクセスランキングは、Synology NASキット導入時に気をつけたいポイントをまとめたレビューや、Chromeの作業効率を向上させるショートカットキーの紹介、Chromebookに言及したコラムにアクセスが集まりました。(2016/5/9)

手軽につなげて高性能:
時代を先取り! 「USB Type-C拡張機能」対応の新型デバイスを選ぶ
話題の新型インタフェース「USB Type-C」には便利な拡張機能があり、それを活用したディスプレイなどの新製品が登場しつつある。注目のデバイスをピックアップしてみた。(2016/5/7)

開発陣に聞く:
Galaxy S7/S7 edgeは何が変わったのか? 防水/microSDスロット復活の経緯は?
Samsungの「Galaxy S7」と「Galaxy S7 edge」は、同社の最新技術を詰め込んだフラッグシップスマホ。S6シリーズから正統進化した2モデルだが、何が変わったのか? 韓国のSamsung本社で企画担当者に疑問をぶつけた。(2016/5/6)

初期モデルから進化した製品も:
第6世代Core(Skylake-S)と一緒に買いたい注目マザーボード5選
円高傾向でPCパーツの買い得感が高まる中、そろそろ自作PCを第6世代Coreに移行したいと考えている方は少なくないはず。CPUと同時に買う必要があるマザーボードのおすすめ製品を選んでみた。(2016/5/5)

パワフル、長持ち、4Kディスプレイ
徹底レビュー:サーバ用CPU搭載のモンスターノート「ThinkPad P50」に不可能はないか
Lenovoの「ThinkPad P50」は、最高のパフォーマンスと持続時間の長いバッテリーをコンパクトな15.6型の本体に格納しているモバイルワークステーションだ。(2016/5/3)

電子ブックレット(EDN):
USB 3.1/Type-Cの概要と測定の肝
EDN Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、USB 3.1およびType-Cコネクターを搭載した機器を開発するに当たって、システム設計者が知っておくべき試験/評価方法について紹介します。(2016/5/1)

その価格に見合った価値はあるのか
徹底レビュー:あらゆる面で最高級の「ThinkPad X1 Yoga」に納得できるのは誰?
数多あるノートPCのほとんどが「なんかあれに似ている」というスタイルと性能に足並みをそろえる中、数少ない独自性を保っているのがThinkPadシリーズだ。その最新シリーズのコンバーチブルモデルも個性を保っているだろうか。(2016/4/30)

Chromebook Pixelよりコッチか:
3200×1800液晶と第6世代Core Mで薄型軽量の「HP Chromebook 13」 499ドルから
「HP Chromebook 13」は、Googleが海外展開する高性能ノート「Chromebook Pixel」に近いハイスペックで、薄型軽量ボディーかつ499ドルからと求めやすい。(2016/4/29)

iPhone 6sとも比較――「HUAWEI P9」の外観、持ちやすさ、CPU性能をチェックする
ライカと共同開発したカメラレンズを搭載する「HUAWEI P9」。狭額縁設計を施したボディーに5.2型フルHD液晶を搭載している。グローバルモデルの実機を入手したので、外観や持ちやすさをチェックした。(2016/4/29)

単なる“小型版”にとどまらない進化
徹底レビュー: 9.7インチ「iPad Pro」が誇る“他のタブレットがどうしても超えられない強み”
「iPad Pro」シリーズの第2弾として登場した9.7インチiPad Pro。12.9インチ版の小型版でありながら「iPad Air 2」の進化版でもある、この9.7インチiPad Proの実力を検証する。(2016/4/29)

PR:転換時だからこその便利さ 「USB Type-C」対応の6ポートUSB急速充電器が登場!
XLightから「USB Type-C」に対応した6ポートのUSB急速充電器が登場した。Type-Cを採用した機器が増えている今だからこそ便利な1台だ。(2016/4/28)

ASUS、23.8型4Kタッチパネル液晶を備えた一体型PC「Zen AiO」など2製品
ASUS JAPANは、4K表示対応23.8型液晶を内蔵する一体型PC「Zen AiO Z240ICGT」など計2製品の発表を行った。(2016/4/26)

レノボ、11時間駆動にも対応した13.3型ビジネスモバイルノート「ThinkPad 13」
レノボ・ジャパンは、13.3型フルHD液晶の搭載に対応した薄型軽量モバイルノートPC「ThinkPad 13」を発表した。(2016/4/26)

マキシム MAX77596:
Type-Cトランシーバー向けコンバーター、マキシム
Maxim Integrated Productsは、USB Type-Cトランシーバーに給電できる、高入力電圧バックコンバーター「MAX77596」を発表した。5V/12V/20VのUSB Type-C入力電源で動作する。(2016/4/26)

SilverStone、USB Type-Cポートを前面装備した冷却重視ミドルタワーケース「SST-RL05」
ディラックは、台湾SilverStone製となるミドルタワー型PCケース「SST-RL05」の取り扱いを開始する。(2016/4/25)

10.1型で約598グラム:
コストパフォーマンスに優れる日本HPの2in1がメモリ増量でさらに使いやすく――「HP x2 210 G2 Tablet」
日本HPの「HP x2 210 G2 Tablet」は、重さが600グラムを切る法人向け小型2in1だ。Cherry Trail世代プロセッサとメモリ4GB、OSに64bit版Windows 10 Proを採用し、ビジネスの現場でもしっかり“戦える”性能を手に入れた。(2016/4/25)

ベンチマークテストで分かった意外な実力
徹底比較: Windows 10“最強タブレット”「Surface Pro 4」に「Galaxy TabPro S」が挑戦、勝ち目は?
Windows 10タブレットの最高峰ともいえる「Surface Pro 4」。Samsung Electronicsの「Galaxy TabPro S」は、このSurface Pro 4にどこまで追い付き、また追い越せたのか。ベンチマークで比較する。(2016/4/24)

Surface Pro対抗の有力モデル登場か:
水冷・ファンレスのCore i搭載2in1「Switch Alpha 12」 Acerが599ドルで発売へ
Core i搭載で水冷・ファンレス設計というユニークなSurface Pro対抗の2in1デバイスが、Acerから登場。しかも価格は599ドルからに抑えられている。(2016/4/22)

Acer、“VR Ready”なノートPC「Predator 17 X」発売へ 価格は約31万円から
Acerが、Oculus RiftやHTV ViveなどのVR HMDを快適に使えるスペックを備えた“VR Ready”なノートPC「Predator 17 X」とデスクトップPC「Predator G1」を発表した。価格は、ノートは約31万円から、デスクトップは約25万円からだ。(2016/4/22)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/04/21
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年4月21日)(2016/4/22)

ユーザー中心のIT
誰がどの場面で使うのか? ユースケースで生まれ変わるデスクトップPC
斜陽のPC市場で活路を見いだそうとしているPCメーカー。各社は実際のユースケースを基に、PCに新たなイノベーションを起こそうとしている。(2016/4/22)

双方向での電源供給を可能にする:
USB Type-C昇降圧バッテリーチャージャーとは
リバーシブルなUSB Type-Cケーブル/コネクターの普及がはじまっている。そして、電源ケーブルもUSB Type-Cによる給電に移行しようとしているが、双方向での給電が可能になるなど根本的な電源供給アーキテクチャの変更が必要になる。そうした中で、登場してきたUSB Type-Cでの給電を可能にする「USB Type-C昇降圧バッテリーチャージャー」とはどのようなものか、紹介していこう。(2016/4/20)

特選ブックレットガイド:
いまさら聞けない USB基礎、そして「USB Type-C」へ
USBの歴史がこの一冊に。(2016/4/20)

古田雄介のアキバPickUp!:
虹色LEDファン搭載の水冷キットがアキバをザワつかせる
光モノブームをけん引する「Riing」ファンを標準搭載した水冷キット「Water 3.0」が登場。ブームを加速させるか注目が集まっている。(2016/4/18)

重量は約1.11キロ、薄さ10.4ミリ
徹底レビュー:“世界最薄”ノートPC「HP Spectre」、プレミアム感で「MacBook」にどう挑む?
Hewlett Packardは新型のノートPC「HP Spectre」を発表した。現時点での“世界最薄”となる13.3型ノートPCで、デザイン性も高い最新モデルだ。この極薄ノートPCは、いくら払っても惜しくない性能なのだろうか?(2016/4/17)

MSI、Broadwell-E対応もうたったハイエンドゲーミングマザー「X99A GODLIKE GAMING CARBON」
台湾MSIは、Intel X99チップセットを採用するハイエンド使用のE-ATXマザーボード「X99A GODLIKE GAMING CARBON」を発表した。(2016/4/14)

BungBungame、有機ELディスプレイを備えた高性能Androidタブレット「KALOS2」
BungBungame Japanは、高解像度10.5型有機ELディスプレイを内蔵したAndroidタブレット端末「KALOS2」を発表した。(2016/4/14)

HTC、新フラッグシップ端末「HTC 10」発表
HTCが2016年のフラッグシップ端末「HTC 10」を発表した。米国でのSIMフリーモデルの販売価格は699ドル。5.2型のディスプレイを搭載し、筐体はメタリックで充電ポートはUSB Type-Cだ。(2016/4/13)

最新スマートフォン徹底比較:
4万〜7万円台のハイエンドSIMフリースマホを徹底比較――スタミナ&ベンチマークテスト編
2015年後半から2016年初頭に発売された、4万円〜7万円台の高価格帯SIMロックフリースマートフォンの比較レビュー。後編ではバッテリーの持ちや処理性能に関するベンチマークテスト、対応する周波数帯について見ていく。(2016/4/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。