「JBL Tune 310C USB」レビュー USB Type-C接続×ハイレゾ対応でAndroidスマホやiPhone 15シリーズにもお勧め!4000円弱で買えるのスゴい(1/2 ページ)

» 2024年04月15日 12時40分 公開
[井上翔ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 既報の通り、ハーマンインターナショナルが2月22日、JBLブランドからUSB Type-C接続の有線イヤフォン「JBL Tune 310C USB」が発売された。日本ではブラックとホワイトの2色展開で、直販価格は3850円(税込み)だ。

 今回、同社から本製品のブラックモデルの提供を受けたので、その特徴をチェックしていこう。

パッケージ JBL Tune 310C USB(ブラック)のパッケージ。詳細なスペックは後述するが、ハイレゾ再生に対応するUSB Type-Cイヤフォンが4000円弱で買えるのは良い時代になったと思う

つなぐだけで使える手軽さがいい!

 JBL Tune 310C USBは、USB Audioに準拠するDAC(Digital/Analog Converter)を内蔵している。USB Type-C端子を備える以下のデバイスで利用可能だ。

  • Windows PC(Windows 10/11)
  • Mac(macOS)
  • Androidスマートフォン/タブレット
  • iPhone
  • iPad
  • Nintendo Switch/Nintendo Switch Lite

 デバイスのUSB Type-C端子に接続すれば、OS標準のデバイスドライバーがインストールされ、すぐに利用できる状態になる。気軽に使えることはありがたい。

つなぐよ USB Type-C端子を備える対応OS搭載デバイスとつなげば、すぐに使えるようになる

 パッケージにはイヤフォン本体の他、3サイズのイヤーチップ(S/M/L:※1)、保証書と安全シートが付属する。イヤーチップは、耳穴の大きさに合わせて変えるといいだろう。

(※1)出荷時はMチップがドライバーにあらかじめ取り付けられている

 イヤフォンのケーブルは途中から「L(左)」「R(右)」が分岐するタイプだ。どちらがどちらかを判別するのは、ドライバーの付け根にある表記を見るのがオーソドックスだが、あまり目立たないため人にとっては見逃してしまうかもしれない。「スリーボタンリモコンがある方がR側」と覚えておくと、より判別しやすいだろう。

付属品 付属品はシンプルだ
イヤピース イヤピースはS/M/Lの3サイズが付属する(出荷時はイヤピースにMサイズが取り付けられている)

 その名の通り、スリーボタンリモコンには「音量アップ」「再生/一時停止(受話/終話)」「音量ダウン」の3つのボタンを備えている。リモコンにはマイクも付いているため、スマートフォンでの音声通話やビデオ会議にも利用可能だ。

 このイヤフォンのユニークなポイントとして、イヤフォンだけで「イコライザー(EQ)」を利用できる点がある。音量アップボタンと音量ダウンボタンを同時に2秒ほど押すと「Bass(低音強調)→Vocal(歌声強調)→Default(標準)」の3種類のEQがループするようになっており、イヤフォンを取り外しても設定は保存されるようになっている。

 細かい設定は行えないものの、デバイス側にEQ変更機能がない場合に役立つだろう。

リモコン スリーボタンリモコンは、イヤフォンのR側に付いている。簡易ではあるが、EQ機能も備えている

 では、実際に使ってみてどうだったのか、所感を述べる。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月22日 更新
最新トピックスPR

過去記事カレンダー