ライカのスマホ「Leitz Phone 3」4月19日発売 可変絞りやゆがみ補正機能に対応、ソフトバンクが独占販売

» 2024年04月11日 12時02分 公開
[田中聡ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 ソフトバンクが4月11日、ライカが監修したカメラやデザインを採用したスマートフォン「Leitz Phone 3」を発表。4月19日からソフトバンクが独占販売する。ソフトバンク直営店やソフトバンクオンラインショップでの販売価格は19万5696円(税込み)。

Leitz Phone 3 ライカ監修の第3弾スマートフォン「Leitz Phone 3」

 Leitz Phoneは2021年6月に第1弾、2022年11月に第2弾が発売され、いずれもソフトバンクが独占で販売していた。Leitz Phone 3は、約1年5カ月ぶりの新モデルとなる。シャープが開発しており、同社が2023年に投入した「AQUOS R8 pro」がベースになっている。カラーは「ライカブラック」1色を用意する。また、マグネット式の専用レンズキャップとケースが付属する。

 背面には、ダイヤモンドパターンを施したレザー調のデザインを採用。側面のフレームには、細かい凹凸を入れたローレット加工を施しており、撮影時に持ちやすくなるよう工夫した。ホーム画面に表示される独自ウィジェットとして、世界中のフォトグラファーの写真が表示される「The LFI(Leica Fotografie International) Widget」や、幻想的な写真を撮影できる日の出直後と日没直前のタイミングを知らせてくれる「Golden Hour Widget」も用意している。

Leitz Phone 3 ダイヤモンドパターンを施した背面のデザイン。マットな仕上がりだ
Leitz Phone 3 背面にはなだらかなカーブがかかっており手にしっかりフィットする
Leitz Phone 3 凹凸のあるローレット加工を側面に施している
Leitz Phone 3 ホーム画面の「The LFI」ウィジェットから、ライカのさまざまな写真を楽しめる

 アウトカメラは、1型センサーを用いた約4720万画素カメラを1つ搭載。非球面レンズ7枚構成のズミクロンレンズを採用しており、焦点距離は19mm(35mm換算)、F値は1.9となる。インカメラは約1260万画素のものを搭載している。

Leitz Phone 3 1型センサーのズミクロンレンズを採用

 ライカの味付けを加えた撮影モード「LEITZ LOOKS」が、F1.2と、F1.4〜F8の6段階で背景のボケを調整できる可変絞りに対応した。これは、ライカの代表的なMレンズ「Summilux 28mm」「Summilux 35mm」「Noctilux 50mm」のF値をベースにしている。

Leitz Phone 3Leitz Phone 3 LEITZ LOOKSモードで「SUMMILUX 28」「SUMMILUX 35」を選択したときに、F1.4〜F8の6段階で絞り値を変えられる(写真=左)。「NOCTILUX」ではF1.2も選択できる(写真=右)

 色調フィルターは既存の「MONOCHROME」「CINEMA CLASSIC」「CINEMA CONTEMPORARY」に加え、高いコントラストで影の濃さと明るさを強調する「ENHANCED」、鮮やかな色調にする「VIVID」を追加した。

Leitz Phone 3 6種類の色調フィルターを利用できる

 マニュアルモードでは、ライカのアルゴリズムによって、画像内で傾いて見える建物などを検知してゆがみや遠近感を補正する機能「ライカ・パースペクティブ・コントロール」を新たに搭載。撮影時に、屋内外さまざまな環境下の光の強さや色味を測定して補正する、14チャンネルのスペクトラムセンサーも搭載。逆効果や暗所での黒つぶれや白飛びを抑えるHDR撮影が、連写と動画でも利用できるようになった。

Leitz Phone 3 ゆがみを補正する「ライカ・パースペクティブ・コントロール」

 基本的なハードウェアスペックはAQUOS R8 proと同等。ディスプレイは約6.6型のワイドUXGA+(1260×2730ピクセル)のPro IGZO OLEDを搭載。プロセッサはSnapdragon 8 Gen 2、メインメモリは512GB、内蔵ストレージは12GBを備えている。外部メモリとして最大1TBのmicroSDを利用できる。バッテリー容量は5000mAh。外部接続端子はUSB Type-Cで、3.5mmのイヤフォンジャックも搭載。IPX5/8の防水とIP6Xの防塵(じん)、おサイフケータイにも対応している。

Leitz Phone 3 上部にSIM/microSDスロットとイヤフォンジャックを搭載
Leitz Phone 3 下部にUSB Type-C端子とスピーカーがある
Leitz Phone 3 付属のケースとレンズキャップ
Leitz Phone 3 装着したところ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月24日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. Xiaomiが「POCO F6 Pro」を発売 Snapdragon 8 Gen 2搭載で6万9980円から、ゲーミング要素は控えめに (2024年05月23日)
  3. 「Pixel 8a」は「Pixel 7a」「Pixel 8」と何が違う? どんな人向け? スペックを比較しながら考える (2024年05月24日)
  4. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  5. データで振り返る“スマホシェア”の5年間、Google躍進で国内メーカーに衝撃 (2024年05月24日)
  6. IIJmioとmineoが“スマホ乗っ取り”で注意喚起 副業などを口実にだまされ、eSIMを他人に渡してしまう事案 (2024年05月22日)
  7. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  8. USB Type-C接続のインイヤーオープン型イヤフォン「JBL TUNE305C」発売 (2024年05月23日)
  9. ポケモンGOのAR撮影が“誰でも簡単に”楽しめるよう大幅進化 Nianticの狙い、遊んで感心したこと (2024年05月23日)
  10. POCOブランド初のタブレット「POCO Pad」、4万4800円で6月中旬以降に発売 (2024年05月23日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年