ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

「Core iシリーズ」最新記事一覧

サードウェーブデジノス、Core i7-8700K搭載デスクトップPC計3モデルを発表
サードウェーブデジノスは、第8世代CoreプロセッサのCore i7-8700K搭載PC計3モデルを発表した。(2017/10/11)

TSUKUMO、「Forza Motorsport 7」推奨のCore i7搭載ゲーミングPC
Project Whiteは、同社製ゲーミングPC「G-GEAR」シリーズのラインアップにレーシングゲーム「Forza Motorsport 7」推奨モデル2製品を追加した。(2017/10/11)

マウス、Core i7-8700K搭載のクリエイター向けハイエンドPCを発表
マウスコンピューターは、同社製クリエイター向けPC「DAIV」に第8世代Coreプロセッサ採用のハイエンド構成モデルを追加した。(2017/10/11)

G-Tune、ゲーミングPC「MASTERPIECE」にCore i7-8700K搭載のハイエンド構成モデルを追加
マウスコンピューターは、Core i7-8700K/GeForce GTX 1080 Tiを標準搭載したミドルタワー型ゲーミングPC「MASTERPIECE i1630PA1-SP」の販売を開始する。(2017/10/11)

サイコム、第7世代Core i7を搭載したMSI製ゲーミングノート2製品の取り扱いを開始
サイコムは、GeForce GTX 1050 Ti/同 1060を標準装備したMSI製ゲーミングノートPC計2モデルの販売を開始する。(2017/10/6)

メインストリームに6コアの選択肢:
CPU性能もゲーム性能もアップ!! Coffee Lake-Sの第8世代Core i7/5を検証する
Core i7-8700KとCore i5-8400のサンプルを入手。ベンチマークテストでその実力を確かめる。(2017/10/6)

サードウェーブデジノス、36スレッド動作に対応した Core i9搭載ハイエンドゲーミングPC
サードウェーブデジノスは、同社製ゲーミングPC「GALLERIA」シリーズにCore i9-7980XE搭載のハイエンド構成モデルを追加した。(2017/10/4)

マウス、クリエイター向けPC「DAIV」にCore i9/Quadro搭載のハイパフォーマンスモデル
マウスコンピューターは、Core i9/Quadro P5000を標準搭載したクリエイター向けデスクトップPC「DAIV-DQX750U1-SH5」の販売を開始した。(2017/9/28)

第8世代Core「Coffee Lake」発表 ついにIntelもメインストリームに6コアCPUを投入
IntelがCoffee Lakeを発表。Core i7-8700Kを筆頭に6製品をラインアップした。(2017/9/25)

ASUS、第8世代Core i7を採用した14型スリムモバイルノート「ZenBook 3 Deluxe」
ASUS JAPANは、14型フルHD液晶を内蔵する薄型モバイルノートPC「ASUS ZenBook 3 Deluxe UX3490UAR」を発表した。(2017/9/21)

日本HP、GTX 1080搭載のハイエンドゲーミングノート「OMEN X by HP 17」など2機種を発表 11月予定
日本HPは、Core i7/GeForce GTX 1080を標準搭載したハイエンドゲーミングノートPC「OMEN X by HP 17」など計2機種の発表を行った。(2017/9/12)

Xiaomi、「MacBook Pro」ライバル視の「Mi NoteBook Pro」、約10万円から
Xiaomiが名前からして「MacBook Pro」対抗意識満々のWindows 10搭載ノートPC「Mi NoteBook Pro」を中国で発売する。Intel Core i7搭載のハイエンドモデルは6999元(約12万円)。(2017/9/12)

古田雄介のアキバPickUp!:
Ryzen Threadripperの“初動買いケア”が始まるも「いろいろ引かれる」理由
Ryzen Threadripperにまつわる動きが話題になる一方で、Core Xシリーズの上位モデル「Core i9-7920X」や初の12TB HDD、5万円のRyzenマザーなどハイエンドな新製品が目立つ一週間だった。(2017/9/11)

落ち着いた雰囲気に快適さも――「HP Pavilion 15-cc000」パフォーマンスモデルを試す
家で使うPCでも上質さや落ち着きを求めたい――日本HPの「HP Pavilion 15-cc000」シリーズは、そんな人におすすめしたいノートPCだ。この記事では、Core i7プロセッサを搭載するパフォーマンスモデルをレビューする。(2017/9/8)

MSI、ビジネス向けのWindows 10 Pro導入15.6型ノート「GS63 7RD」などを投入
エムエスアイコンピュータージャパンは、Core i7/GeForce GTX 1050を搭載したビジネス向けノートPC「GS63 7RD」を発表した。(2017/9/8)

ファーウェイ、スリムな狭額縁デザインのCore i7搭載15.6型ノート「HUAWEI MateBook D」
華為技術日本は、第7世代Coreプロセッサを採用した15.6型ノートPC「HUAWEI MateBook D」を発表した。(2017/9/8)

ECS、第7世代Core i3/i5を搭載した手のひら大ベアボーン「LIVA Z Plus」
リンクスインターナショナルは、ECS製となる超小型ベアボーンPCキット「LIVA Z Plus」シリーズの取り扱いを開始する。(2017/9/7)

デル、Core i9の搭載にも対応したハイスペックゲーミングPC「NEW ALIENWARE AREA-51」
デルは、独自の“トライアドシャーシ”デザイン筐体を採用するゲーミングデスクトップPC「ALIENWARE AREA-51」の新モデルを発表した。(2017/9/5)

IFA 2017:
「最上位i9」&「Vega4枚」搭載の怪物ゲーミングデスクトップ「PREDATOR ORION 9000」
Acerのゲーミングブランド「Predator」から、18コアのCore i9とRadeon RX Vega 64を4枚搭載したモンスター級デスクトップが発表された。(2017/9/1)

IFA 2017:
この軽さを待っていた! エイサーの“妥協しない”0.97kgノートPC「Swift 5」 新製品群を写真でチェック
台湾AcerはIFA 2017に先駆け、同会場でノートPCなど新製品を発表した。中でも「Swift 5」は1kgを切る軽量ながら、金属ボディーに第8世代Core i5/i7を搭載した。(2017/9/1)

TSUKUMO、RAW現像向けのCore i7-7700搭載ミニタワーPC
Project Whiteは、RAWデータ現像向けをうたったミニタワー型デスクトップPC「PM7J-B91/T」の販売を開始した。(2017/8/4)

PR:大人のための贅沢PC「Premium-Line」がCore i9でさらに進化
サイコムが誇る極上クオリティの「Premium-Line」にIntel最新ハイエンドシステムを採用したモデルが登場。読者限定の割引クーポン(5000円引き+送料無料)付き!(2017/8/8)

Ryzen 3は性能でもコスパでもCore i3と真っ向勝負
Ryzen 3兄弟の末弟「Ryzen 3」が登場。ベンチマーク比較の結果は……(2017/7/31)

マウス、デスクトップ用Core i5/i7を備えた15.6型ノート「m-Book P500」
マウスコンピューターは、デスクトップ向け第7世代Coreプロセッサを搭載した15.6型ノート「m-Book P500」シリーズを発売する。(2017/7/24)

古田雄介のアキバPickUp!:
新型「Core X」発売 一番人気はCore i7-7820X
Intelの新世代ハイエンドCPU「Core X」シリーズが店頭に並び、早速売れ筋が生まれている。一方、マイニング需要は一部のショップで落ち着いてきたとの声も。(2017/7/17)

サードウェーブデジノス、Core i7搭載の15.6型スタンダードノート
サードウェーブデジノスは、第7世代Core i7プロセッサを採用した15.6型スタンダードノートPC「Critea VF-HEK」を発表した。(2017/7/14)

13型で世界最小クラス、Core i7搭載でファンレス仕様――ファーウェイ初のクラムシェルノート「HUAWEI MateBook X」
ファーウェイがクラムシェルでPC市場に本格参入。(2017/7/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
Core i9は7月14日の発売が濃厚 X299は潤沢ながらも動きなし
X299マザーが充実し、デモ機を展示するショップもみられるようになった。そして、Core Xシリーズの発売日も見えてきた様子だ。(2017/7/3)

キーマンの雇用や新製品の発表で:
AppleとIntel、それぞれの競合をけん制する動き
AppleとIntelが、それぞれのライバルをけん制する動きを見せている。Appleは、Qualcommの元エンジニアリング担当バイスプレジデントを雇用したことが明らかになった。そしてIntelは、AMDの新製品の性能を上回る「Core i9」を投入する。(2017/6/1)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
Intelが超ハイエンドプロセッサ「Core Xシリーズ」を発表 最高18コア・36スレッドの「Core i9」も新登場
IntelのCore iプロセッサファミリーに、新たにゲーミング・プロフェッショナル向けの最上位シリーズが登場する。これに合わせて、Core iファミリーには「i9」も加わることになった。(2017/5/30)

Intel「Core i9」発表 18コア/36スレッドの新CPU
ハイエンドデスクトップPC向けの「Core i9」を含むプロセッサ・ファミリー「Core X」を発表した。(2017/5/30)

COMPUTEX TAIPEI 2017:
Intelが第8世代「Core i」プロセッサを発表 2017年後半に登場へ
「Coffee Lake」として知られるIntelの次世代Coreプロセッサーが2017年後半に登場する。第7世代「Kaby Lake」よりも30%のパフォーマンス向上を果たしたという。(2017/5/30)

週末アキバ特価リポート:
4TBのSSHDが1万1000円切りで買える!
SeagateのSSHD「ST4000DX001」が税込み1万778円の特価に。また、酉年SSDやHaswell世代のCore i7などスポット入荷の特価品も見逃せない!(2017/5/20)

サードウェーブデジノス、GTX 1050を装備した17.3型ノートPC「Critea VF-HGK1050」
サードウェーブデジノスは、17.3型フルHD液晶ディスプレイを内蔵したCore i7-7700HQ搭載ノートPC「Critea VF-HGK1050」を発表した。(2017/5/10)

4.8GHzにオーバークロック済みのゲーミングPC「G-Master Spear Z270-Taichi OC」
定格4.2GHz動作のCore i7-7700Kを4.8GHzにOC。世界的なオーバークロッカーが手がけたゲーミングPCがサイコムから登場。(2017/4/28)

ASUS、Core i7を装備した23.8型4K液晶一体型PC「Zen AiO Z240IEGK」など7製品
ASUS JAPANは、液晶ディスプレイ一体型モデルなど2017年春夏モデルとなるデスクトップPC計7製品の発表を行った。(2017/4/19)

エプソンダイレクト、BTOオプションを拡充したオフィス向け省スペースPC「Endeavor AT10」
エプソンダイレクトは、法人向け用途にも適した第6世代Core i5搭載対応の省スペース型デスクトップPC「Endeavor AT10」を発表した。(2017/4/11)

週末アキバPickUp!:
決算期のBUY MORE、Core i7で最大1万円引き!
決算期は普段以上の特価を仕込むショップが多い。今週末に注目しておきたいのは3月末で決算するパソコン工房 秋葉原BUY MORE店だ。(2017/3/25)

AMD、Intel「Core i5」対抗の「Ryzen 5」を4月11日に169〜249ドルで発売へ
「Ryzen 7」を発売したばかりのAMDが、ミッドレンジの「Ryzen 5」シリーズを4月11日に発売する。ベンチマークでは、最上位モデルの1600Xは「Core i5 7600K」より69%高性能だったとしている。(2017/3/16)

自作PC市場における期待の新星:
反転攻勢へ!「Ryzen 7」の爆速性能を確かめる
Intelに対し、Bulldozer以降劣勢だったAMDが反転攻勢をかけるこの瞬間を、ベンチマークとともに確かめてみたい。Core i7-7700Kとの対決では、Ryzen 7勢がCPU性能で圧倒した。(2017/3/11)

第7世代Core i搭載:
薄型軽量PC「LG gram」に新モデル登場 3月10日発売
LGの薄型ノートPC「LG gram」に、第7世代Core iプロセッサ搭載の新モデルが登場する。15.6型モデルに加え、13.3型モデルと14型モデルを新たに加え、より幅広いニーズに応える。(2017/3/7)

「Core」ファミリーを意識:
AMDが「Ryzen」ファミリーを拡充、Intelに対抗
AMDは、デスクトップ向けx86 CPU「Ryzen」ファミリーのラインアップを拡充する。「Ryzen 7/5/3」がそろうことになり、Intelの「iCore i7/i5/i3」ファミリーに対抗した製品群をそろえるとみられる。(2017/3/6)

AMD、“Intel i7より高性能”と謳う「Ryzen 7」を3月2日発売へ
AMDが、昨年予告していた「Zen」アーキテクチャ採用のPC向けプロセッサ「Ryzen 7」を発表した。ハイエンドのRyzen 7 1800X(3.6GHz/8コア)はベンチマークでIntelの「Core i7-6900K」より高性能だったとしている。価格はCore i7の約半額だ。(2017/2/23)

BOXX、“プロ向け”のOC仕様デスクトップWS計3機種を発表
トーワ電機は、米BOXX製となるCore i7搭載デスクトップWS計3機種の取り扱いを発表した。(2017/2/16)

古田雄介のアキバPickUp!:
初の“Kつきi3”こと「Core i3-7350K」がデビュー
IntelのCPU価格表に長らく貼られていた最後の「入荷待ち」の札がついに剥がれ、「Core i3-7350K」が売り出された。OC好きの取り合いが過熱しそうだ。(2017/2/13)

サイコム、Core i3-7350Kを採用したエントリーゲーミングPC「G-Master Spyder-Z170E」
サイコムは、最新デュアルコアCPUとなるCore i3-7350Kを採用するコストパフォーマンス重視のミドルタワー型ゲーミングPC「G-Master Spyder-Z170E」を発表した。(2017/2/10)

ユニットコム、Core i3を搭載したエントリー15.6型ノート
ユニットコムは、WXGA表示対応の15.6型ワイド液晶を内蔵した15.6型ノートPC計2機種の販売を開始した。(2017/2/6)

TSUKUMO、Core i3搭載ノート「N1501K-310/T」購入者に統合オフィスソフトをプレゼント
Project Whiteは、同社製15.6型ノートPC「N1501K-310/T」購入者を対象としたプレゼントキャンペーンを開始した。(2017/2/6)

週末アキバ特価リポート:
BenQフルHD液晶が1万円切り&Core i5 NUCが1万5000円強!
SSDやメモリの話題は寒風が吹きすさんでいるものの、自作PC街全体でみるとホットな掘り出し物がいろいろ見つかる。液晶にNUC、AMD A10に要注目!(2017/2/4)

古田雄介のアキバPickUp!:
新世代Core iシリーズでOC人気が復活傾向!?
Kaby Lakeこと新世代Core iシリーズと対応マザーボードが登場して一週間。じわじわと反響やトレンドが形になってきている様子だ。(2017/1/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。