ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

「Wi-Fi」最新記事一覧

無線LANベンダが参加する業界団体Wi-Fi Allianceが、無線LANの普及・推進に向けて名付けたブランド名。各社のIEEE802.11a/b対応製品の相互接続性を検証し、互換性が保たれることが実証された製品に対しては「Wi-Fi Certified」という認定が与えられる。認定を受けたベンダは、製品パッケージなどでロゴマークを使用することができる。
Wi-Fi − @ITネットワーク用語事典

2つのContinuumを体験:
スマホ1台で仕事が完結――HPが「Elite x3」で目指す世界
「Elite x3」はスマホとPCの壁を打ち破り、スマホ1台で業務を完結させることを目指したデバイスだ。日本HPが7月1日に開催した体験会で、「デスクドック」と「ノートドック」を体験してきた。(2016/7/1)

“DFS”を活用して5GHz帯の混雑を解消する無線LANルーター「Portal」
イグニッションデザインラボはクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で、回線の混雑を回避できる無線LANルーター「Portal」の予約を開始した。(2016/7/1)

ドルビー・イネーブルド・スピーカーの音を最適化、パイオニアからAVアンプ新製品「SC-LX501」登場
パイオニアからドルビー・イネーブルド・スピーカーの音を最適化する新機能を搭載したミドルクラスAVアンプが登場。(2016/7/1)

それはもう人智を超えた領域
人類だけではもう無理──複雑怪奇なネットワークを「無線LAN分析」で制御する
無線LANの状況分析は、モバイル端末とエンタープライズネットワークの両方で管理方法に変化をもたらす。IT部門は分析結果を活用してネットワークのパフォーマンスを最適化し、問題をリアルタイムで解決できる。(2016/7/1)

5年契約:
通信と人工知能を搭載したマッサージチェアがファミリーイナダから登場
ファミリーイナダのマッサージチェア「ルピナス」は、通信により最新のマッサージプログラムを提供し、ユーザーの体重、血圧、脈拍、筋肉の形/硬さなどからユーザーに最適なモミを提供する、業界初のメディカルチェアだ。(2016/6/30)

Adobe RGBカバー率100%:
レノボ、「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルを2016年夏に発売 約32万円から
「ThinkPad X1 Yoga」の有機ELディスプレイモデルが、いよいよ登場する見通しだ。標準構成モデルの直販価格は約32万円(税別)となる。(2016/6/30)

ドコモ、7月10日から富士山頂で最大375MbpsのLTEサービスを提供
NTTドコモは、7月10日から富士山頂で最大375MbpsのLTEサービスを提供。登山口・登山道でも速度を高速化し、新たに吉田ルートも加えた四登山道でサービスを実施する。(2016/6/30)

ふぉーんなハナシ:
開局から4年3カ月、「NOTTV」の放送終了を見届けた
2011年7月に終了した地上アナログ放送の帯域を使っていた「NOTTV」。日本初のスマホ向け放送は、開局からわずか4年3カ月で幕を下ろしました。(2016/6/30)

富士山で無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」 全山小屋で利用可能
富士山静岡空港でも。(2016/6/30)

簡単操作の超小型ドローン「JETJAT ULTRA」 クラウドファンディングで資金調達中
老若男女あらゆる人にドローンを!(2016/6/30)

「撮りたい」の一瞬を逃さない ウインクで世界を切り取るウェアラブルカメラ「Blincam」
撮りたい! の瞬間を逃さない――ウインクで視界を撮影するウェアラブルカメラ「Blincam」。日本発のスタートアップが開発する“ありそうでなかった”IoT製品として、国外のイベントでも話題を集めている。(2016/6/30)

Microsoft Azure最新機能フォローアップ(19):
企業ユーザーもクラウドでWindows 10設定のローミングが可能に──Enterprise State Roaming
「Microsoft Azure Active Directory」の「Enterprise State Roaming」が正式リリースされました。これにより、Microsoftアカウントと同様のクラウドを利用したWindows 10のローミング環境を、Azure ADの組織アカウントでも利用できるようになります。(2016/6/29)

SIM通:
SIMカード不要!?世界109ヶ国で利用可能な「GLOCAL NET」
グローカルネットは、モバイルWi-Fiルーター「GLOCAL NET」を提供開始すると発表した。従来のSIMフリールーターと違い、SIMカードの入れ替えが不要。電源を入れると、最適なSIM情報を読み込み、自動的にその国での通信環境を整えてくれる。(2016/6/30)

待ち時間ナシ 売店で買って自分で登録「パリのMVNO 2016年」編――海外プリペイドSIM導入マニュアル
購入時に本人確認が必要なフランス・パリのプリペイドSIM。しかしMVNOのSIMなら、購入後に自分でオンライン登録できるものも。シャルルドゴール空港で試してみた。(2016/6/29)

Wi2、全山小屋で利用可能な「富士山 Wi-Fi」を無料提供
ワイヤ・アンド・ワイヤレスは、7月10日から富士山の全山小屋と富士山静岡空港で利用可能なオリジナルWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を無料提供。期間は9月10日までを予定している。(2016/6/29)

MM総研、国内MVNOの利用状況を調査――「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は少数
MM総研は、国内MVNOの利用状況に関する調査結果を発表。利用者の満足度は62.7%、推奨意向は67.9%で、「価格が高くてもキャリアの方がよかった」は少数にとどまった。(2016/6/29)

富士山に無料Wi-Fi 7月から全山小屋49カ所で
富士山の全山小屋で使える無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」が7月に始まる。(2016/6/29)

富士山の全山小屋に無料Wi-Fi 「富士山 Wi-Fi」スタート
富士山の全山小屋を含む49カ所と富士山静岡空港で利用できる無料Wi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」がスタート。(2016/6/29)

その機能に意味はあるのか:
宙に浮く機能搭載のワイヤレススピーカー「Mars」 浮き上がる瞬間を動画でチェック
宙に浮くワイヤレススピーカー「Mars」は本当に宙に浮いているのか? 動画で検証した。(2016/6/29)

価格は約3万5000円:
防水・おサイフ対応、アルミフレームを採用した「arrows M03」、7月下旬に発売
富士通の最新SIMフリースマホ「arrows M03」が7月下旬に発売される。アルミフレームや功績をイメージした素材を背面に採用して高級感がアップ。カメラはM02よりも画素数が向上。おサイフケータイやワンセグも利用できる。(2016/6/28)

Google、バーチャルツアーアプリ「Expeditions」他、教育関連サービスを発表
Googleが、Cardboard対応Android端末で利用できる教育向けバーチャルツアーアプリ「Expeditions」をGoogle Playで公開した。2台以上の対応端末があれば、200以上のツアーを無料で楽しめる。(2016/6/28)

Google、ブロックを組み立てながらプログラミングを学べる「Project Bloks」発表
Googleが、「タンジブルプログラミング」のオープンハードウェアプラットフォームの取り組み「Project Bloks」を発表した。電子ブロックを組み合わせることで、子供が遊びながらプログラミングの考え方を体得できるとしている。ブロックのプロトタイプはIDEOがデザインした。(2016/6/28)

どちらが省電力か?:
オペラがマイクロソフトに反論──「Opera Developerの省電力性はEdgeより上」
マイクロソフトの「Microsoft Edgeは、競合ブラウザよりも省電力性が高い」との発表に対し、オペラが反論。「Opera Developerの方が優れている。そもそもテスト方法が不明瞭だ」との見解を示した。(2016/6/28)

半径300メートルのIT:
上海でグレートファイアウォールにぶつかった話
上海ディズニーリゾートのオープンに立ち会うために、生まれて初めて旅行した上海。そこで2つの大きな壁にぶつかったのです。(2016/6/28)

頭脳放談:
第193回 IoTのWi-Fiインターネット接続を考える
今話題の「IoT」は、モノをインターネットに接続するというもの。ただ、「インターネットに接続する」といっても簡単ではない。今回は、そのネットに接続する部分について、今注目されている2つの技術を交えて考察してみた。(2016/6/28)

TD-LTE Band 41に対応:
FREETEL、モバイルWi-Fiルーター「ARIA 2」を2016年秋に1万1800円で発売
FREETELのモバイルWi-Fiルーターの第2世代が登場する。UQ WiMAX 2+などと互換性のあるTD-LTEの「Band 41」に対応していることが大きな特徴だ。(2016/6/27)

ものづくり支援プラットフォーム「+Style」に犬型ロボットや宙に浮くスピーカーなど10製品を追加
ソフトバンクは6月27日、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)商品のものづくりを支援するプラットフォーム「+Style」(プラススタイル)に、新たに10製品を追加した。7月末までに順次プロジェクトを掲載する。その内、発表会で登場した9製品を以下で紹介する。(2016/6/27)

スマホの写真を10秒で「チェキ」に 富士フイルム、SNSとつながるモバイルプリンタ7月発売
スマホで撮影した写真を「チェキ」フィルムに印字するプリンタ「instax SHARE SP-2」を富士フイルムが7月に発売する。(2016/6/27)

ドコモ、「Wi-Fi STATION HW-01H」を6月29日発売 一括価格は約2万円
オンラインショップでの一括販売価格は2万736円(税込、以下同)で、割引後の実質負担額は1万368円。(2016/6/27)

堅実さと斬新さが同居するリコー初のフルサイズデジタル一眼レフ「PENTAX K-1」
リコーイメージングが、PENTAXのレンズ資産を生かせるフルサイズデジタル一眼レフカメラをついにリリースした。PENTAXらしい、ユニークな機能を搭載しつつ、しっかりと解像感の高い写真が撮れるのが印象的だ。(2016/6/27)

Microsoft、「Surface 3」の製造を年内終了 後継モデルは?
Microsoftが2015年4月に発表したエントリーレベルのオリジナルタブレット「Surface 3」の年内製造終了を認めた。後継モデルが出るのか、出るとしたらいつなのかには言及していない。(2016/6/27)

まだ残る“不満分子”:
Atmelの元従業員、Microchipに異議を申立て
Microchip TechnologyによるAtmel買収は、すんなりとは終わらないようだ。退職金や解雇などをめぐり、募った不満は、まだくすぶり続けている。(2016/6/27)

“ちょうど良い”機能が充実!――「arrows SV F-03H」機能レビュー
「arrows SV F-03H」はミドルレンジのスマートフォン。スペックこそ抑え気味だが、使って便利な“ちょうど”良い機能は充実している。さっそくチェックしてみよう。(2016/6/27)

「OCN モバイル ONE」、無料Wi-Fiスポットを正式サービス化――全国約8万2000カ所に拡大
NTTコミュニケーションズは、「OCN モバイル ONE」の利用者が無料で接続できるWi-Fiスポットを正式サービス化する。スポット数を全国約8万2000カ所に拡大し、接続用のID/パスワード発行の簡素化も行う。(2016/6/24)

IoTとIFTTTでユーザーをサポートする補聴器「Oticon Opn」
老舗補聴器メーカーのOticonが、IoT(モノのインターネット)端末と連係するWi-Fi補聴器「Opn」を発表した。例えばドアベルが鳴ったら補聴器に音声でプッシュ通知を送ったり、補聴器の電源を入れたら部屋の環境を朝モードに設定したりと、IFTTTで作るレシピ次第で多様な連係が可能だ。(2016/6/24)

コネクテッドカーを実現するネットワーク技術:
車載イーサネット、ついにギガビット時代へ
Marvell Semiconductor(マーベル セミコンダクター)は、次世代車両向けイーサネット市場でリーダー的役割を果たしていく考えである。車載向けギガビットイーサネットに対応するPHYトランシーバーICや開発プラットフォームの供給で先行する。(2016/6/23)

Androidをroot化する不正アプリ、Google Playも悪用して拡散
Androidをroot化して不正なアプリをインストールしてしまうモバイルマルウェア「Godless」が見つかった。(2016/6/23)

GUIの次へ:
Mac版のSiriは操作革命を引き起こすか!? 林信行が「macOS Sierra」をレビュー
WWDC 2016で発表された最新macOS「Sierra」の魅力を林信行が解説する。Mac版Siriはマウス操作が世に広まって以来の、最大の操作革命になるかもしれない。(2016/6/23)

見据える先は「IoT」:
ソニーの低消費ICはウェアラブルの希望になるか
ソニーは、ウェアラブル端末向けにGPS(全地球測位システム)受信IC「CXD5602」を新しく展開した。28nmのFD-SOIを採用し、従来製品より大幅に消費電力を低減。パワーマネジメントICと無線通信用LSIを組み合わせたシステムでの展開も進める。その見据える先はIoTという。(2016/6/22)

製造ITニュース:
デバイスと通信プロトコルの連携を簡素化するIoTプラットフォームを提供
米ヒューレット パッカード エンタープライズは、多種多様なデバイスと各種通信プロトコルとの連携を簡素化するIoTプラットフォーム「HPE Universal IoT Platform」の提供を開始する。(2016/6/22)

PR:コスパも最高! 次世代放送「i-dio」が楽しめるSIMフリースマホ「i-dio Phone」
第3の放送「i-dio」を楽しめる「i-dio Phone」は、ワンセグとワイドFMにも対応したコスパ最高の5型スマホだ。(提供:株式会社VIP)(2016/6/22)

ケイズデザインラボ 3D-Mill K-650:
切削の良さを最大限に引き出す、IoT対応の切削モデリングマシン
ケイズデザインラボと岩間工業所が共同開発した切削モデリングマシン「3D-Mill K-650」には、従来の切削加工機にはない最新技術や、道具としてのこだわりが随所に盛り込まれている。(2016/6/22)

ドコモ、「AQUOS ZETA SH-01H」「AQUOS Compact SH-02H」をAndroid 6.0にバージョンアップ
NTTドコモの「AQUOS ZETA SH-01H」と「AQUOS Compact SH-02H」が、Android 6.0にバージョンアップする。「Now on Tap」などOS自体の新機能に対応するほか、キャリア・メーカー独自のソフトウェアの改善・機能変更や不具合の修正も実施する。(2016/6/21)

Astell&Kern、バランス出力対応のエントリープレーヤー「AK70」と進化したハイレゾ対応イヤフォン「AK T8iE MK II」を発表
アユートは、韓国iriverが展開する「Astell&Kern」ブランドの新製品を発表した。ハイレゾ対応プレーヤー「AK70」は、イヤフォンのバランス出力に対応したエントリーモデル。また独beyerdynamicとのコラボレーションによるカナル型イヤフォン「AK T8iE MK II」も登場した。(2016/6/21)

ドコモ、「arrows NX F-02H」をAndroid 6.0.1にバージョンアップ
NTTドコモの「arrows NX F-02H」が、Android 6.0.1にバージョンアップする。「Now on Tap」などOS自体の新機能のほか、キャリア・メーカー独自のソフトウェアの改善・機能変更や不具合の修正も実施する。(2016/6/21)

MQTTで始めるIoTデバイスづくり(4):
MQTTで始めるIoTデバイスの作り方 第4回:ArduinoをMQTTブローカーに接続する
「MQTTで始めるIoTデバイスの作り方」もいよいよ核心に迫ります。今回はArduinoをプログラミングして、MQTTブローカーへ接続する手順を紹介します。あえてライブラリを利用しないことで、その基礎を学びます。(2016/6/21)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
KDDIとUQが下り最大370Mbps対応の「W03」を発表、ただし“月間7GB”の制限あり
KDDIとUQが、下り最大370Mbps対応の「Speed Wi-Fi NEXT W03」を発表。モバイルWi-Fiルーターでの370MbpsはドコモのHW-01Hと並び国内最速となるが、通信容量は無制限ではない。(2016/6/20)

実店舗へのO2O販促を強化:
「GMOチェックイン」に機能追加、ビーコンに加えてWi-Fiも利用可能に
GMOコマースは、「GMOチェックイン」において、東日本電信電話と連携し、Wi-Fiでの自動チェックイン機能を追加したと発表した。(2016/6/21)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
悪質なドローン妨害する技術、国内では利用できず
日本のテロに対する危機感は今のままで良いのでしょうか……。(2016/6/20)

エネルギー市場最前線:
通信×エネルギーに勝機、仮想発電所も視野に入れ躍進する通信系施工会社
通信関連の工事会社であるミライト・ホールディングスは、環境・エネルギー関連事業への取り組みを強化。2015年にはオリックスとの合弁でミライト・エックスを設立し家庭用蓄電池の施工で成長する。ミライト・エックスの代表取締役社長である柳澤繁氏に取り組みを聞いた。(2016/6/20)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。