ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Everex」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Everex」に関する情報が集まったページです。

Everex、VIA C7搭載/8.9型ワイド液晶内蔵のUMPC「CloudBook」の新モデルを発売
CTOは、米Everex製となるウルトラモバイルPC「CloudBook」の新モデル2製品「CloudBook CE1220J」「CloudBook CE1221J」を発売する。(2008/8/27)

Eee PCとは一味違う:
6万円で買えるミニノート「CloudBook CE1200J」を検証する
米Everexの「CloudBook CE1200J」は、6万円を切る低価格がウリのWindows XP Home Edition搭載UMPC。その実力を隅々までチェックしてみた。(2008/4/18)

CTO、Everex製UMPC「CloudBook CE1210J」を発表
CTOは、Everex製UMPC「CloudBook CE1210J」を発表、ヤマダ電機より発売をする。(2008/4/3)

6万円を切る激安ミニノート:
Eee PCキラー「CloudBook CE1200J」の中身
米Everex製のミニノートPC「CloudBook」が日本に上陸した。Eee PCより1万円ほど高いが、スペックは勝る部分も多い。まずは、その中身に迫ってみた。(2008/4/3)

CTO、Everex製デスクトップPCなど4製品をヤマダ電機で発売
CTOは、米Everex製デスクトップPC/ノートPC/UMPCの計4モデルをヤマダ電機にて発売すると発表した。(2008/4/3)

CTO、米Everex製UMPC「CloudBook CE1200J」を発売――XP搭載/5万9800円
CTOは、米Everex製のUMPC「CloudBook CE1200J」の取り扱いを発表した。OSはWindows XPを搭載。(2008/3/17)

199ドルのLinux搭載PC、Wal-Martで発売
LinuxベースOS「gOS」を搭載したEverex製のPCが、Wal-Martで199ドルで発売となった。(2007/11/3)

CTO、Everex製デスクトップ/ノートPC計5製品を販売開始
CTOは、米Everex製デスクトップPC「Everex IMPACT」シリーズ3製品、およびノートPC「Everex StepNote」シリーズ2製品の取り扱いを発表した。(2007/10/31)

CTO、Vista搭載で6万円台の米Everex製ノートPC発売――VIA C7-Mを搭載
CTOは、米Everex製ノートPC「StepNote VA7500J」の販売を開始する。CPUとしてVIAR C7-Mを採用、 バッテリー駆動時間は約3時間。(2007/2/22)

CTO、米Everex製Vista搭載PCを家電量販店で発売
CTOは、米Everex製デスクトップ/ノートPC計9製品を発表、ヤマダ電器など家電量販店を通じて販売する。(2007/1/24)

CTO、液晶付きで7万円台からのEverex製法人向けデスクトップPC2モデル
CTOは、米Everex製となるオフィス向けデスクトップPC計2製品「IMPACT GM3206J」「IMPACT GM3256J」を発売する。(2006/12/21)

CTO、米Everex製エントリーPC2モデルをヤマダ電機で販売
CTOは、米Everex製PCの国内販売を発表、ヤマダ電機を通じて販売する。17インチ液晶付属の廉価デスクトップPCなどエントリークラスモデル2製品を用意する。(2006/9/4)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。