ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「富士通」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
ScanSnap Park:誠 Biz.ID

富士通 ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション:
IoTで現場作業者のリスクを回避! 安全労務管理を支援するソリューション
富士通は、同社「FUJITSU Digital Business Platform MetaArc」で展開する「FUJITSU IoT Solution UBIQUITOUSWARE」を活用した「ユビキタスウェア 安全管理支援ソリューション」の機能強化を発表した。(2017/1/23)

富士通が法人向けノート/デスクトップなど計18製品を投入 6型フルWindows 10タブレットも【写真多数追加】
富士通は、法人向けノートPC「FUJITSU Notebook LIFEBOOK」の新モデルなど12シリーズ計18製品を発表した。(2017/1/17)

13.3型モバイルで重さ約777g!! 富士通が2017年PC春モデルを投入【写真多数追加】
新生「UH」が薄くて軽いぞ。(2017/1/17)

PR:効果的な「働き方改革」実現には適材適所でのICT活用
働き方改革におけるICTの役割は大きい。富士通では、働き方改革のビジョンとして「ワークルネサンス」を推進。VDIとモバイルアプリのハイブリッド活用により、いつでも、どこでも、安全に仕事ができる環境の構築を提案している。(2017/1/17)

富士通エンジニアリングテクノロジーズ PLANTIA:
さらなる機能強化と操作性向上を図った設備保全管理システムの新版
富士通エンジニアリングテクノロジーズは、設備保全管理システム「FUJITSU Enterprise Application PLANTIA」の最新バージョンである「V04L30」の販売開始を発表した。(2017/1/17)

PR:富士通のモビリティー&セキュリティが実現する“一歩進んだワークスタイル変革”とは?
多くの企業が検討している「柔軟な働き方」を実現するためにはどうすればいいか。富士通では、多様なモバイル端末とクラウドサービス、そして強固なセキュリティ対策ソリューションなどを組み合わせた“一歩進んだワークスタイル変革”を提案している。その全体像を紹介しよう。(2017/1/17)

PR:なぜ多くの企業がワークスタイル変革が進まないのか?
日本政府の音頭取りの下、生産性向上やイノベーションの創出などを目的に、民間企業がワークスタイル変革に本腰を入れ始めている。しかしながらその実現に向けた課題は少なくない。そうした中、富士通は長年培ったノウハウなどによって課題解決の手法を確立し、数多くの企業のワークスタイル変革を支援している。その内容とは――。(2017/1/17)

三重富士通セミコンダクター 取締役執行役員常務 千々岩雅弘氏:
PR:差異化技術を持つファウンドリとして、大手に対抗する三重富士通セミコンダクター
半導体受託製造専門企業(ファウンドリ)である三重富士通セミコンダクター(MIFS)は、「低消費電力」「組み込み不揮発性メモリ」「RF」の3つの領域で独自色の濃い差異化技術を構築し、大手ファウンドリに対抗する戦略を実践する。ファウンドリ3年目となる2017年は「差異化技術構築にメドが付き、国内外で積極的に受注を獲得する年」と位置付ける。同社取締役執行役員常務千々岩雅弘氏に、差異化技術の詳細や今後の事業戦略について聞いた。(2017/1/16)

導入支援コンサルティングサービスを開始:
富士通がMarketoとマーケティングオートメーション事業で協業
富士通は2017年1月13日、マーケティングオートメーション事業において、Marketoと協業すると発表した。(2017/1/13)

センサーデバイスでデータを取得:
富士通、労働者の健康管理用IoTサービスを発表
富士通が、IoT技術によって労働者の健康を管理するサービスを発表した。センサーデバイスを通じて心拍数などのデータを取得・分析し、危険な状況にある作業者を判定する仕組みだ。(2017/1/12)

作業現場の安全をIoTで管理、富士通がクラウドサービス化
作業者に装着したセンサーで状態を把握し、熱中症やけがなどの発生を未然に防げるよう支援する。(2017/1/12)

ウエハーテスト事業:
会津富士通セミ、テラプローブとの合弁会社を売却へ
富士通セミコンダクターの子会社である会津富士通セミコンダクターは、テラプローブと設立した「会津富士通セミコンダクタープローブ」の全所有株式をテラプローブに売却すると発表した。(2017/1/12)

富士通研究所、スライド式手のひら静脈認証技術を開発 小型モバイル端末に搭載も
手をスライドさせながら手のひらの静脈パターンを読み取る“スライド式”の静脈認証技術を開発。静脈認証の適用範囲と安全性の高いモバイルサービスの拡大が期待されるという。(2017/1/11)

2017年 新春インタビュー特集:
働き方を含めたビジネスインフラの変革に注力――富士通・阪井常務
ワークスタイル変革やデジタル変革といった数々の“変革”が叫ばれるが、それらは企業のビジネスインフラに直結する。世界16万人の社員が働き方変革を実践する富士通が、2017年に目指すものとは――。(2017/1/11)

タッチパネルをなぞるだけ:
“スライド式”の手のひら静脈認証技術 「世界初」
富士通研究所は2017年1月10日、「世界初」となる手のひら静脈を用いたスライド式の認証技術を開発したと発表した。タッチパネルをさっとなぞるだけで認証が行えるという。(2017/1/10)

組み込み採用事例:
ucode位置IDを含む電波を定期的に発信するビーコンを東洋大学が採用
富士通は、東洋大学が同社の「バッテリーレス・フレキシブルビーコン」を、2017年4月に開設する情報連携学部INIAD Toyoの赤羽台キャンパスに採用することを発表した。同ビーコンを数千カ所設置し、さまざまな用途に使用する。(2016/12/28)

VRニュース:
その製造部材は設計データ通り? 富士通がAR技術で診断時間を10分の1に短縮
富士通は、3次元設計図と製造部材写真の差異を可視化するPLMソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution 3D重畳 設計製造物診断」を発表。3次元設計図と製造部材の写真データの重畳によって行う一部材当たりの診断時間は、従来比10分の1となる数分で完了する。これにより大型構造物の部材の全数診断も可能になるという。(2016/12/28)

広角、シンプル、細やかな機能が好印象――「arrows F-01J」インカメラの仕上がりをチェック
最近、イン(画面側)カメラ機能を強化するスマートフォンが増えています。富士通コネクテッドテクノロジーズが約1年ぶりに発売したフラグシップモデル「arrows NX F-01J」のインカメラも、従来機種から強化されています。(2016/12/28)

ICTで診断作業を短縮:
富士通、ARでモノづくりのミス防ぐシステムを開発
富士通が、製造物の写真と3D CADをAR技術で重ね合わせることで、ミスがある部分を早期発見できるシステムを開発した。(2016/12/27)

富士通がFIDO準拠のオンライン生体認証サービス、パスワードレス化を支援
オンラインサービス事業者向けに、システムやSDK、構築支援などのサービスを提供する。(2016/12/21)

SEMICON Japan 2016レポート:
三重富士通、IoT向け0.5V動作の55nm DDC提供へ
三重富士通セミコンダクターは、「SEMICON Japan 2016」(2016年12月14〜16日/東京ビッグサイト)で、3つの特徴的な技術「DDC」「Plug-In Flash」「RF」について説明を行った。(2016/12/21)

東京の城南信用金庫、勘定系システムと連携するタブレットを導入
富士通の金融機関向け営業店システムを活用し、勘定系取引データと連携したタブレットを導入。伝票記入や押印を不要にして顧客の負担を軽減し、接客スタイルの変革を目指す。(2016/12/21)

SUSE Open Forum Japan 2016:
SUSEはOpenStack、OSSにおいてHPE、富士通とどう協業していくのか
ノベルが2016年12月9日、「SUSE Open Forum Japan 2016」を開催。日本ヒューレット・パッカード、富士通と共に、今後の製品戦略を示した。(2016/12/13)

製造マネジメントニュース:
製造現場向けソリューションの提供で協業、グローバル市場への展開を目指す
富士通とSAPジャパンは、製造現場向けソリューションのビジネス領域において協業する。SAPの拡張サプライチェーンソリューションと富士通のノウハウを組み合わせ提供していく。(2016/12/12)

富士通 VisuaLine:
オムロン草津工場の生産効率を30%向上させた、10万円からの工場可視化ソリューション
富士通が製造工程を可視化するIoTソリューション「FUJITSU Manufacturing Industry Solution VisuaLine」を販売開始した。オムロン草津工場の生産効率を30%向上させた実績を持ちながら低価格でのスモールスタートも可能だ。(2016/12/12)

CTCと富士通が開発:
IoTで農作業者の健康管理 熱中症など事故防ぐ
伊藤忠テクノソリューションズが、IoTを活用して農作業者の健康状態を管理する新サービスを発表した。データ収集には、富士通のデバイスを使用する。(2016/12/9)

選り好みする社員もこれで納得?:
PR:一歩進んだワークスタイル変革を実現する「便利×セキュリティ」の最新デバイス事情
少子高齢化が進む中でも企業が競争力を高めていくには、社員の生産性が鍵を握る。生産性に直結するワークスタイルの変革では利便性とセキュリティをどう両立すればよいか。ワークスタイル変革の第一人者・ネットイヤーグループの石黒不二代氏も注目した富士通のセキュリティソリューションを紹介する。(2016/12/8)

富士通、IoTで製造工程の状況を可視化する「VisuaLine」を発売
製造設備から収集される稼働実績のログデータから、稼働状況をグラフなどによって可視化し、異常箇所や設備不調の早期発見も可能に。製造現場の生産効率向上や改善ポイントの発見を支援する。(2016/12/6)

日立、富士通、NTT:
企業活用取り込み急ぐ IT各社、「AI基盤」を続々開発
富士通・日立・NTTなど、大手IT企業がAIのビジネス活用に向けたサービス展開に注力している。(2016/12/6)

生活習慣病の早期発見などに応用へ:
グラフェンを用いた新原理ガスセンサー 「世界初」
富士通研究所は2016年12月5日、グラフェンを利用した新原理のガスセンサーを「世界で初めて」開発したと発表した。従来のセンサーと比較して、10倍以上の感度を実現したという。(2016/12/6)

国内最速スパコン「Oakforest-PACS」が始動――理論演算性能25PFLOPS
東大と筑波大が運営する共同HPC基盤施設で、富士通の「PRIMERGY CX600 M1」で構成されたスパコン「Oakforest-PACS」が稼働を開始した。(2016/12/2)

スパコン「京」の技術を用いたAI専用プロセッサも2018年出荷へ:
富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤を用いた「企業向けAIサービス」を開始
富士通がAI技術群「Zinrai」用いた、“企業のAI活用を加速”させるためのサービス5種を開発。スーパーコンピュータ向けの並列処理技術とGPUコンピューティングで世界最速クラスの処理性能があると主張するディープラーニング処理基盤や、AI処理向けAPI、アセスメントサービスなどを用意し、企業のAIシステム導入を支援する。(2016/11/30)

富士通、世界最速クラスのディープラーニング基盤とAI関連サービスを提供
AI「Zinrai」の基盤サービスとAI機能のAPIを2017年春から提供し、企業のAI活用とビジネス革新の支援を目指す。(2016/11/30)

人工知能ニュース:
“実務に寄り添う”人工知能、富士通がクラウドサービスとして提供
富士通は、人工知能(AI)関連技術を組み合わせてパッケージ化しクラウドサービスとして提供することを発表した。富士通でAI関連技術のみを切り出してサービスとして提供するのは初めて。(2016/11/30)

富士通、“30年磨いた”AI「Zinrai」API提供 ディープラーニング専用プロセッサも開発中
富士通がAI関連APIをパッケージ化した「Zinraiプラットフォームサービス」の提供をスタート。世界最速クラスの学習処理能力を実現したというディープラーニング基盤も提供する。(2016/11/29)

富士通、AI利用アプリ「ディープス」を開発 好み学習し旅行プラン提示
富士通は28日、人工知能(AI)技術を利用して、最適な訪問スポットや旅行プランなどを提示してくれるお出かけアプリ「ディープス」を開発、12月中旬以降にスマートフォン向けに無償提供すると発表した。(2016/11/29)

運送費の30%削減に成功:
製造工程を“見える化”、富士通が取り組むIIoT
富士通の飯島淳一氏は、2016年10月に開催された「2016 Advantech Embedded IoT Partner Summit」で、同社工場におけるインダストリアルIoTに向けた取り組みを紹介した。(2016/11/30)

人工知能ニュース:
人工知能の新技術で、文字の認識ミスを従来の半分以下に
富士通研究所と富士通研究開発中心は、手書き文字列での画像認識において、信頼性の高い認識結果を出力する人工知能モデルを開発した。文字列中の区切りも効果的に判別でき、文字の認識ミスを従来の半分以下に抑える。(2016/11/25)

ET2016 速報レポート:
小型CPUボードで、複数のカメラ映像を合成
富士通エレクトロニクスは、「Embedded Technology 2016」「IoT Technology 2016」で、ARMプロセッサ搭載ボード「F-Cue(エフキュウ)」を用いた、多眼パノラミックビューのデモ展示を行った。(2016/11/18)

富士通が島根でロボット生産に踏み切った理由
富士通のPC生産子会社の島根富士通が、ロボットの生産に乗り出した。PC製造で培ったノウハウなどを生かすことで、新たな事業として立ち上げ、今後のビジネス成長のドライバーにしたい考えだ。(2016/11/17)

ハイブリッドクラウド、ミッションクリティカル、コンテナの3分野が対象:
富士通とSUSE、企業向けOSS製品開発/サポートで協業
富士通とSUSEが企業向けOSS製品の開発/サポートで戦略的協業を行うと発表。OSSにおけるハイブリッドクラウド対応製品、ミッションクリティカルサポート、将来のコンテナ技術の3分野において、オープンソースコミュニティーでの開発からマーケティング、販売を共同展開する。(2016/11/17)

前回2位から上昇:
スパコン「京」がHPCGで世界第1位を獲得
理化学研究所と富士通は2016年11月16日、スーパーコンピュータ「京」が共役勾配法の処理速度の国際的ランキング「HPCG」(High Performance Conjugate Gradient)の最新版で世界第1位になったと発表した。(2016/11/16)

独自機能+法人向けサポートを追加:
富士通、PostgreSQLベースのOSSデータベース「Enterprise Postgres」をリリース
富士通が、データベース管理システム「FUJITSU Software Enterprise Postgres」をリリースする。OSSデータベースの「PostgreSQL」をベースに、法人向けサポートの他、セキュリティ、処理性能、信頼性向上に関する同社の技術を含めて展開する。(2016/11/14)

人工知能で「手書きの漢字」認識 部首を学んで賢く 富士通が開発
中国語の手書き文字列を高精度で認識するAI技術を富士通が開発。日本語にも応用でき、手書き帳票の電子化などで活用を見込む。(2016/11/9)

自然エネルギー:
人工光合成の効率を100倍以上に、新しい薄膜形成手法を開発
太陽光と水とCO2を使い、酸素や水素、有機物などの貯蔵可能なエネルギーを人工的に生成できる技術として注目されている人工光合成。富士通研究所はこの人工光合成において、酸素の発生効率を100倍以上向上させる新しい薄膜形成プロセス技術を開発した。人工光合成の実用化課題である効率の改善に寄与する技術として期待がかかる。(2016/11/9)

富士通セミコン MB85AS4MT:
最大5MHz動作を可能にした4MビットのReRAM
富士通セミコンダクターは、メモリ容量4MビットのReRAMの提供を開始した。SPIインタフェースで最大5MHz動作を可能とし、5MHz動作時の読み出し動作電流は0.2mAとなっている。(2016/11/9)

デジタルマーケティング関連商品を体系化:
富士通、リアルタイムマーケティングを支援する「eXperience Data Platform」の提供を開始
富士通は、顧客起点のリアルタイムマーケティングを実現するソリューション「eXperience Data Platform」の提供を開始した。(2016/11/8)

BIM/CAD:
IFCデータの入出力を可能に、BIM対応を強化した建設設備CAD
富士通システムズ・ウエストと四電工は、建築設備CAD「CADEWA」シリーズの新バージョンを発売する。IFCデータの入出力や3D関連の機能など、BIMに対応するための機能を強化した。(2016/11/8)

持続可能な社会の実現に貢献:
人工光合成で酸素の発生効率を100倍向上
富士通研究所は2016年11月7日、人工光合成で太陽光のエネルギー変換反応の効率を高めることができる新しい材料技術を開発した。従来技術で開発した光励起材料に比べて、利用可能な太陽光の光量が2倍以上に増え、材料と水の反応表面積は50倍以上に拡大することが可能となる。この結果、電子および酸素の発生効率を100倍以上に改善できることを確認したという。(2016/11/8)

富士通、Lenovo頼りでFMV存続模索 PC事業提携検討発表
富士通は27日、中国Lenovoグループと戦略的提携に向けて検討していると発表した。世界最大手のレノボと組んで競争力を高め、「FMV」ブランドを残す道を模索する。(2016/10/28)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。