ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年09月20日 08時45分 公開

Intel Developer Forum 2007:Intel、次世代UMPCプラットフォーム「Moorestown」を披露

MIDおよびUMPC向けプラットフォーム「Menlow」を2008年前半に、Menlowの後には「Moorestown」を投入する。

[ITmedia]

 米Intelは9月19日、モバイルインターネットデバイス(MID)やウルトラモバイルPC(UMPC)に関する技術について、Intel Developer Forum(IDF)で説明した。

 同社は2008年前半に、初代UMPCと比較すると10分の1の低消費電力を実現するUMPC向けプラットフォーム、コードネーム「Menlow」を投入。次いでMenlowよりもさらにアイドル時の消費電力を10分の1に抑えた次世代プラットフォーム「Moorestown」を投入する計画を明らかにした。

 Menlowは45ナノメートルプロセスとhigh-kを採用した「Silverthorne」プロセッサと、次世代チップセット「Poulsbo」を基盤とする。またMenlow搭載システムは、Wi-Fi、3G、WiMAXに対応するという。

 今回披露されたMoorestownは、CPU、グラフィックス、ビデオ、メモリコントローラをシングルチップにまとめたSoC(system on chip)設計だという。Moorestown搭載MIDのアイドル時の消費電力はMenlow搭載機の10分の1以下となるため、小型化かつ電池の駆動時間も延長できるとしている。

関連キーワード

UMPC | Intel | Santa Rosa | Wi-Fi | WiMAX


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.