ニュース
» 2010年04月09日 08時44分 UPDATE

短縮URLを使うIMスパムでワームに感染

インスタントメッセージング(IM)のスパムにも短縮URLが使われるようになったという。

[ITmedia]

 セキュリティ企業のTrend Microはこのほど、Yahoo! Instant MessengerやMSNなどのインスタントメッセージング(IM)アプリケーションで、短縮URLを悪用するスパムが出回っているのを発見したと伝えた。

 短縮URLは、長いURLを短縮して表示するサービスで、TwitterやSNSで頻繁に利用されている。Trend Microによると、今回見つかったIMスパムの短縮URLは、クリックするとワームをダウンロードさせる仕掛けになっていた。

urlshortspam.jpg IMに表示された短縮URLを使うスパム(Trend Microより)

 このワームは人気のアプリケーションやゲームソフト、映画などのデータを装い、リムーバブルメディアやP2Pネットワーク経由で増殖して、サービス妨害(DoS)攻撃を仕掛ける機能を持つという。

 攻撃者にとって短縮URLは、ユーザーをだまして怪しいリンクをクリックさせやすくする手段とみられる。実際のリンクにたどり着くのに時間がかかるため、ウイルス対策ソフトでは不正なURLが検出しにくい。Trend Microはユーザーへこうした手口の注意を促している。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -