ニュース
» 2010年04月21日 18時17分 UPDATE

NEC、クラウド環境向けのセキュリティソリューションを発売

NECは、新たなセキュリティ製品ブランドと専任の営業部門を立ち上げた。

[ITmedia]

 NECは4月21日、クラウドコンピューティング環境向けのセキュリティソリューション製品シリーズ「SecureSociety」を発表した。専任の営業部門も新設して拡販を目指す。

 SecureSocietyでは、NECグループの社内情報システムの構築・運用に伴って蓄積したセキュリティ対策ノウハウを製品に反映させる。PCやサーバなどの管理、ネットワークセキュリティ、入退室管理などの物理セキュリティといった分野をカバーするという。

 商品の第一弾として、同日から「統合ID管理システム構築ソリューション」「セキュア情報流通ソリューション」を発売した。統合ID管理システム構築ソリューションは、SAML 2.0に対応した統合ID・アクセス管理ソフトをベースに、ユーザーの管理や認証を一元化させるもの。参考価格は1000万円(税別)からとなる。セキュア情報流通ソリューションは、ドキュメントデータを利用するユーザーの認証やアクセス権限の管理を可能にする。参考価格は800万円(同)から。

 新設した営業部門は50人体制で、SecureSocietyの販売を専門に担当する。今後3年間で600億円の売り上げを計画しているという。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -