ニュース
» 2010年04月21日 19時24分 UPDATE

日本オラクル、Windows版Oracle 11g R2を5月18日に出荷

日本オラクルは、「Oracle Database 11g Release 2」のWindows版を5月18日に出荷することを明らかにした。64/32ビット版を用意している。

[西尾泰三,ITmedia]

 日本オラクルは4月20日、データベース管理基盤「Oracle Database 11g Release 2」(Oracle 11g R2)のWindows版を5月18日に出荷開始することを明らかにした。

 今回出荷するのは、「Oracle Database 11g Release 2 for 32-bit Windows」「Oracle Database 11g Release 2 for Windows x64」。Oracle Databaseの最新リリースであるOracle 11g R2はこれまで、Linux/UNIXプラットフォーム版のみリリースされていた。米国では4月上旬にWindows版のリリースを発表しており、同社のコミュニティーサイト「Oracle Technology Network」ではすでにダウンロード可能になっている。

 MicrosoftはWindows Server 2008 R2から64ビット版のみを提供する姿勢だが、OracleはWindows x86版も用意することで、Windows 7やVista、XPなどもサポートプラットフォームとしている。ただし、Oracle Clusterware、Oracle ASM(Automated Storage Management)などが含まれるOracle Grid InfrastructureのWindows x86版は用意されていない。

 価格はStandard Edition OneのProcessorライセンスで66万1920円(Named Userライセンスで2万580円)から。日本オラクルでは、特設サイトの開設やインストールDVDのプレゼントキャンペーンの実施などを予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -