ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  O

「Oracle Database 11g」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!Oracle→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でOracle関連の質問をチェック

関連キーワード

自らもOracle Cloudのサービス基盤として大規模に活用:
PR:“クラウド推進派”の企業にOracleのストレージ「Oracle ZFS Storage Appliance」が最適な3つの理由
「クラウドでは、それに最適化されたストレージを使うべし」──この考えの下、Oracleが自ら開発し、自社のパブリッククラウドサービスの基盤としても大規模に活用しているストレージ製品が「Oracle ZFS Storage Appliance」だ。同製品はなぜクラウドを使う企業に最適なのかを、日本オラクルの担当者らが語った。(2019/2/27)

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12cの攻め方(終):
12c Silver試験の「データの移行」「スケジューラ」に関するポイント
「ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c」資格を取得するための傾向と対策を紹介する連載。最終回のテーマは、「データの移行」「スケジューラ」です。(2018/11/20)

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12cの攻め方(2):
12c Silver試験のアーキテクチャ、管理ツール、インスタンス管理に関するポイント
「ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c」資格を取得するための傾向と対策を紹介する連載。今回のテーマは、アーキテクチャ、管理ツール、インスタンス管理です。(2018/2/15)

超入門「PL/SQL」(5):
PL/SQLの実行部「LOOP」文、「WHILE LOOP」文、「FOR LOOP」文、「CONTINUE」文の書き方
本連載は、「PL/SQL(Procedure Language/Structured Query Language)」を理解し、活用していくための実践講座です。今回は「PL/SQLの実行部の書き方」のうち、反復制御(LOOP文)を解説します。(2017/11/28)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(5):
「バッファキャッシュ」関連の待機イベントと「パフォーマンス統計情報」を読み解く
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「バッファキャッシュ関連の待機イベントとパフォーマンス統計情報の読み解き方」を解説します。(2017/9/26)

乗り換えか、アップブレードか、第3の道か
Oracle DBユーザーが選ぶべき「次」の構成、エキスパートの提言
Oracle DBユーザーは「次」に何を選択すべきか。ライセンス問題が話題になるが、移行や大規模な改修は避けたいのが本音だ。解決策はDBの外にある。(2017/9/26)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(3):
「さらに高度なSQL実行計画の取得」のために理解しておくべきこと
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「より高度なSQL実行計画を取得するために、理解しておいてほしいこと」を解説します。(2017/7/21)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(2):
3分動画で分かる「SQL Performance Analyzer(SPA)」の使い方
とにかく大変なデータベースバージョンアップ時の「SQLテスト」。本連載では、この課題を解決するOracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer」の攻略方法を紹介していきます。今回は「SQL Performance Analyzerの使い方」を動画とともにスッキリと解説します。(2017/7/5)

今さら? 今こそ! データベースセキュリティ(2):
なぜ、データベースセキュリティが必要か──企業の対策率「たった20%」の現状
本連載では、データベースセキュリティの「考え方」と「必要な対策」をおさらいし、Oracle Databaseを軸にした「具体的な実装方法」や「Tips」を紹介していきます。今回は、あらためて「なぜ、データベースセキュリティが必要なのか」を説明します。(2017/6/29)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(2):
「なぜ、あのSQLは遅いのか」を正しく的確に調査する方法
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。今回は「“SQLの実行計画と処理時間の関係”の後編」を解説します。(2017/6/28)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(6):
OracleからMySQLへ 「ストアドプロシージャ」の移行手順と工数評価
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、ストアドプロシージャの移行に関する難易度評価の手順を解説します。(2017/6/21)

データベース移行テストはOracle RATで効率化:
PR:村田製作所がSCMのデータベース基盤を汎用機からOracle Exadataに移行 バッチ処理性能が大幅に改善
村田製作所は、汎用機で運用していたSCMのデータベース基盤を「Oracle Exadata」に移行。事業拡大に伴い、窮迫していた夜間バッチ処理の性能を大幅に改善するとともに、データベースの安定稼働を実現した。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/6/12)

【12c対応】とにかく苦労しない「RAT」簡単攻略テクニック(1):
データベースのバージョンアップはなぜ「大変」なのか──「SQLテスト」の3大課題とは
データベースのバージョンアップに立ちふさがる「SQLテスト」の課題。この工数がかかる工程を自動化し、手間やコストの大きな軽減も期待できる方法があります。本連載では、Oracle Databaseのオプション機能である「Oracle Real Application Testing(RAT)」と、その一機能である「SQL Performance Analyzer」の攻略方法を紹介していきます。(2017/6/1)

しばちょう先生の試して納得! DBAへの道(改)(1):
「SQLの実行計画」から処理時間の差を理解する
データベース技術や知識は、座学だけでなく「実際に手を動かして、実際に試して」理解を深めよう──。日本オラクルのデータベーススペシャリストが「新人をDBAに育てる際に使用する課題」をベースに、DBAがすぐ実践できる即効テクニックを紹介。第1回目は「“SQLの実行計画”から処理時間の差を理解する方法」を解説します。(2017/5/30)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(5):
OracleからMySQLへ 「SQL」と「DDL」の移行評価を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けた「SQL」と「DDL」の移行評価ポイントを解説します。(2017/4/18)

賃貸仲介数7年連続No.1のビジネスを支える高速DB基盤:
PR:大東建託が「いい部屋ネット」のデータベース基盤をOracle Exadataに移行──4時間の検索テーブル更新処理を約10分に大幅短縮
全国300万件超の賃貸物件情報を提供する大東建託の「いい部屋ネット」では、登録物件数の増加に伴いパフォーマンスが低下していたデータベース基盤を「Oracle Exadata」に刷新。4時間を要していた検索テーブル更新のバッチ処理を約10分に短縮するなど大幅な性能向上を果たした。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System](2017/4/3)

実践 OSSデータベース移行プロジェクト(4):
OracleからMySQLへ オブジェクトとデータ型の「移行コスト評価」を実施する
本連載では、商用DBMSからOSSデータベースへの移行を検討する企業に向け、「MySQL」への移行プロジェクトで必要となる具体的なノウハウをお届けします。今回は、Oracle DatabaseからMySQLへの移行に向けたステップである「オブジェクト/データ型の移行コスト評価」を行います。(2017/3/31)

確かな技術力とノウハウ、最新ソリューションの活用が成功の鍵:
PR:ミッションクリティカル分野の「DBアップグレード」はどう進めるべき? 富士通北陸システムズとオラクルのキーパーソンが語る勘所
ミッションクリティカル領域におけるオラクル製品の活用に関して豊富な実績と高い技術力を誇る富士通北陸システムズ。ORACLE MASTER Platinumを有する同社のエキスパートらが、Oracle Database製品の開発を主導するキーパーソンと“データベースアップグレード”を巡って議論を交わした。[プライベートクラウド/データベース統合][パブリッククラウド][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/2/15)

データベースサポート最前線の現場から(7):
【Oracle Database】単一レベルパーティションで増分統計収集を行う方法
データベース管理システムの運用でトラブルが発生したらどうするか。データベースサポートスペシャリストが現場目線の解決Tipsをお届けします。今回は時間とリソースを抑えられる、「Oracle Databaseの単一レベルパーティションで増分統計集計を行う方法」を紹介します。(2017/2/3)

新日鉄住金ソリューションズのエキスパートも太鼓判:
PR:そろそろ12cに移行する? 課題はアップグレード時のDBテスト Oracle RATとOracle DBCSで手間とコストのリスクを最小限に!
Oracle Databaseのアップグレードでは、移行前後でSQLの性能がどう変化するかを検証するテストが大きな関門になる。Oracle RATとOracle DBCSを使えば、このテストにかかる手間とコスト、リスクを最小限に抑え、アップグレードしやすい運用/保守体制を作れる。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager](2017/1/30)

「12c」に向けた最大の関門も、この組み合わせで楽々突破!:
PR:もうデータベースアップグレードは怖くない! 「Oracle RAT+Oracle Cloud」で簡単、省コストにテストする
「12c R2」がリリースされ、自社のOracle Database環境のアップグレードを検討し始めた企業は多いだろう。その際、大きな課題となるのが「データベースのテスト」だ。これをOracle RATとOracle Cloudによって効率的かつ省コストに行う方法を、アシストの長内麻記氏が解説する。[パフォーマンス改善][パブリック・クラウド][パフォーマンス改善][Oracle Enterprise Manager][Oracle Cloud][Oracle Database 12c](2017/1/12)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(5):
PR:リスクを減らしてオイシイ運用を実現するには? データベース更新は「ぬか漬け」で考えよう
データベースの更新には手間がつきもの。また、更新によって発生し得るリスクも心配です。しかし、だからといってシステムを「塩漬け」にしてしまうと、パフォーマンスの低下やセキュリティの問題などもっと大変な事態に……。今回は、小まめに更新することでより効率を上げる「ぬか漬け」運用を考えます。[運用管理効率化][セキュリティ対策][Oracle Database 12c][Database Security](2016/10/17)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(4):
PR:本当にどの時点にもリカバリーできるの? 最適なバックアップ手法は運動会の「写真/ビデオ撮影」で考えよう!
そのシステム、今のバックアップ要件で本当に「思い通りに」戻せますか? 実は、一般的なバックアップ設計では、思い通りには戻せない場合があります。今回は、ふいに発生したアクシデントに対応する方法を、運動会の「ビデオ撮影」と「写真」を題材にじっくり考えてみましょう。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c][Zero Data Loss Recovery Appliance](2016/10/11)

8システム/5人の運用体制が170システム/7人に:
PR:運用工数を15分の1に削減! パナソニックISが実践するOracle Exadataとマルチテナントを活用した大規模DB統合のアプローチ
パナソニックグループのIT中核会社として同グループのIT企画/運用を主導するパナソニック インフォメーションシステムズは、Oracle Exadataを利用してグループ内のデータベース環境を統合。さらにOracle Database 12cのマルチテナント機能を活用し、集約率と運用管理性の大幅向上を果たした。同社が採ったアプローチと効果を紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System][Oracle Mutitenant](2016/8/10)

Oracle RATによる新旧DBの性能検証をクラウドでも:
PR:DBアップグレードのベストプラクティスはOracle Database Cloud Serviceでも使える! ライトウェルが検証
Oracle Databaseのアップグレードでは、旧環境におけるデータベース処理の性能が新環境で劣化しないかどうかのテストが大きな課題となる。ライトウェルは先頃、Oracle RATとOracle Database Cloud Serviceを用いて、このテスト環境を迅速に作って検証を行い、アップグレード作業を効率化できることを確認した。[パブリッククラウド][運用管理効率化][Oracle Cloud][Oracle Enterprise Manager](2016/7/13)

データベース&オールフラッシュの組み合わせは“必須アイテム”に
「Yahoo! JAPAN」、200の重要DBに超高速で高信頼なオールフラッシュストレージ採用
高性能に加えて安定性や信頼性が求められる。日本最大のポータルサイト「Yahoo! JAPAN」のサービスを支えるフラッシュストレージの導入では厳しい要件が並んだ。積極的に新しいチャレンジをするヤフーが選んだ製品とは?(2016/5/12)

性能向上は当然、コストも大幅削減:
PR:エディオンが「約1200店舗の業務をリアルタイムに支える統合データベース基盤」にOracle Exadataを選んだ理由
「本当に垂直統合型でよいのか?」──大手家電量販店のエディオンは熟慮の末、全国約1200店舗の業務を支える統合データベース基盤を「Oracle Exadata」で刷新。圧倒的なパフォーマンス向上に加えて、大幅なコスト削減という果実を得た。[プライベートクラウド/データベース統合][Engineered System][Data Integration][Database Security](2016/5/26)

システムインテグレーションとセキュリティ(1):
「データベースセキュリティ」の視点から見る「ユーザー管理」「監査証跡(ログ)管理」のポイント
システムの開発・運用に携わっているけれど、セキュリティに少し不安がある。そんなシステム担当者の方は多いのではないでしょうか? 本連載「システムインテグレーションとセキュリティ」では、“SI視点”に立って、システム担当者が考慮すべきセキュリティ上のポイントについて、身近な例を取り上げながら分かりやすく解説します。最初のテーマは、「データベースセキュリティ」です。(2016/2/15)

”ノンチューニングで高速”をどう実現したか:
PR:NTTドコモの6600万顧客のリアルタイムビリング基盤「MoBills」を支えるデータベース基盤とは
「Oracle Exadataで垂直統合型システムのイメージが変わった」──NTTドコモの基幹システムの1つ「MoBills」のインフラ刷新を推進したメンバーの1人はそう語る。約6600万顧客への課金/決済を担う同システムのデータベース基盤に、同社はなぜOracle Exadataを選んだのか?[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2016/1/20)

データベースクラウドに求められる3つの要件(1):
PR:サービスレベルに応じてデータベースの可用性を確保する「Oracle Maximum Availability Architecture」とは何か?
Oracle Database 12cによるプライベートクラウド環境の構築に際して課題となることの1つが、必要な「可用性」をいかにして確保するかということだ。オラクルは、サービスレベル要件に応じてデータベースシステムの可用性を確保するためのブループリントとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提唱している。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/18)

データベース運用管理をクラウド化する方法(2):
PR:Oracle DBアップグレードの実践的手法〜パッチ適用、データ移行、ダウンタイム短縮の手法
データベースをプライベートクラウドの構築に最適なOracle Database 12cに移行する際には、アップグレード作業をいかに円滑に行うかが重要なポイントとなる。また、高い安定性を確保するためのパッチ適用も忘れてはならない。今回は、Oracle Databaseの最新アップグレード手法とパッチ適用のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2015/11/30)

データベース運用管理をクラウド化する方法(1):
PR:データベースの運用を意識したプライベートクラウド構築のアプローチはCAPEXだけでなくOPEXも削減する
「社内に散在するデータベースを整理/統合し、運用管理が容易でスピーディに使える統合データベース基盤を作りたい」という企業に適したRDBMSが「Oracle Database 12c」だ。本企画では3回にわたり、同RDBMSを用いたプライベートクラウド構築のポイント、関連ツールを用いた実践ノウハウを紹介していく。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][パフォーマンス改善][Oracle Database 12c][Oracle Enterprise Manager](2015/9/29)

データベース高速化のいま(2):
業務支援データベースの高速化のカギは発想の転換 アットホームの実践例
データベースパフォーマンス改善の取り組みでは、システム全体の中でどこに着目するかで、その後のコストや運用工数は大きく変わる。企業におけるデータベースパフォーマンス改善の取り組みから、「発想の転換」の実例を見てみよう。(2015/9/18)

データベースに関する調査リポート
データベース製品の利用状況は? コスト、スキル、運用管理に課題
TechTargetジャパンは2015年5〜6月、「データベースに関する読者調査」を実施した。調査結果からはデータベースの導入・検討状況、業務利用の状況が明らかになった。(2015/7/31)

先進データベース技術が地域医療連携をさらに加速する:
PR:わずか1分で移行! 佐世保中央病院がOracle GoldenGateで電子カルテの基幹DBをスピード移行。データ暗号化、先進監査機構でセキュリティも強化
長崎県佐世保市の地域医療を支える佐世保中央病院は、周辺医療機関と共有する電子カルテデータベースのアップグレードでOracle GoldenGateを活用。わずか1分で移行を完了させた他、最新の暗号化/監査技術により情報セキュリティを強化した。[セキュリティ対策][高可用性/災害対策][Database Security][Data Integration](2015/7/13)

CAD設計データも、部品情報も、会計処理も一元化・高速化:
PR:大和ハウス工業はグループ全体のDB基盤統合と高速化をどう実現したか
大和ハウス工業はグループ全社で利用する基幹業務システムの統合データベース基盤として「Oracle Exadata」を導入し、バッチ処理を最大241倍高速化。その高い性能とコスト効果を確信すると、さらにSAP ERPのバックエンドデータベースにも採用するなど活用の輪を広げてきた。[プライベートクラウド/データベース統合][パフォーマンス改善][運用管理効率化][Engineered System](2015/5/28)

クルマポータルサイト「Goo-net」の性能向上/サービス拡大の真実:
PR:4カ月でDB統合、販売店支援を5.3倍高速化したプロトコーポレーション
プロトコーポレーションは2015年1月、クルマ情報誌「Goo」やクルマポータルサイト「Goo-net」をはじめとする基幹事業のデータベース群をOracle Exadata X4-2上に統合した。「ここまで劇的に性能が向上するのなら、もっと早く導入すればよかった」──このプロジェクトを統括した同社の山本正博氏はそう語る。[パフォーマンス改善][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/5/19)

モバイル、ビッグデータ、セキュリティの課題を一気に解決する手段があった
“Windowsサポート終了騒動”で見えた、Windows環境の見えざる落とし穴とは?
多くのユーザーが使用しているサーバOS「Windows Server」。実はその制限で、モバイル導入、ビッグデータ活用、セキュリティ対策などの課題解決が難しくなる場合がある。理由と解決策を追う。(2015/3/26)

IoT活用の先駆者が選んだ先進データ処理基盤:
PR:100万台超の複合機をグローバルに結ぶ! キヤノンの基幹サービスを支えるIoT基盤の全容
「世界中の顧客オフィスで稼働する100万台超の複合機をネットワーク経由で結び、管理効率やサービス品質を高める」──この世界的にも先進的なIoT活用を実践しているのがキヤノンだ。Oracle Exadataをはじめとするオラクルの先進ソリューションを駆使した同社サービス基盤の全容が明かされた。[ビッグデータ][プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Data Integration](2015/4/13)

安全/確実なデータベース移行と災害対策のベストプラクティスを実践:
PR:北陸コカ・コーラボトリングがOracle Exadata V1からX4への移行で「災害対策」「移行リスク最小化」のために取ったアプローチとは?
2010年に第1世代の「Oracle Exadata V1」を導入した北陸コカ・コーラボトリングは先ごろ、アプリケーションやデータの増大に対応すべく「Oracle Exadata X4-2」への移行を実施した。システムの停止時間を最短化してスムーズに移行し、障害/災害時の業務への影響を最小化するために同社が取ったアプローチはどのようなものだったのか?[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Engineered System][Data Integration](2015/3/23)

ビジネスのグローバル化を支える強固かつ柔軟なDBaaSの実現:
PR:日立金属が基幹データベースのプライベートクラウド基盤に課した妥協なき要件と、その選択
グローバル化推進に伴うIT提供スピードの向上、増大するデータ量への対応、高い性能/可用性/信頼性、そして容易な運用管理──日立金属は基幹データベース群のプライベートクラウド基盤の選定に当たり、これらの要件を適正なコストで満たすシステム基盤を子細に検討。選んだのはOracle Exadataであった。[プライベートクラウド/データベース統合][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Enterprise Manager](2015/1/26)

5000のSQLをわずか二人×1.5カ月で検証!:
PR:【事例】阪急交通社、オラクルテクノロジを活用して大規模基幹DBの短期アップグレードと分析処理性能の大幅向上を実現
阪急交通社は先ごろ、大規模基幹システムのインフラ更改を7カ月という短期間で完了させた。約5000のSQLを1.5カ月で全量検証、業務ダウンタイムを最短化したデータベース移行、データ分析処理性能の大幅向上を可能にしたのは、オラクルの最新データベーステクノロジであった。[パフォーマンス改善][高可用性/災害対策][Oracle Data Integration](2015/1/15)

検証コストの大幅削減と作業効率化を実現:
PR:「過去に経験のない」規模の基幹業務DBアップグレード、住友重機械工業の選択
住友重機械工業は先ごろ、生産管理システムなどで利用する約30のOracle Databaseを11g R2にアップグレード。オラクルの支援ツール群を活用した標準化アプローチにより、検証コストの大幅削減と作業効率化を実現した。[運用管理効率化][Oracle Enterprise Manager][Data Integration](2014/8/4)

Oracle DatabaseでDBaaS構築! 知っておきたい大切なポイント:
PR:Oracle Databaseをこれから導入。11gにするか? それとも12cか? データベースクラウド構築時のバージョン選定の指針
近年、将来も見据えたデータベースクラウド(DBaaS)の導入を検討する企業が増えているが、その際には十分にご検討いただきたいことがある。その1つがOracle Databaseのバージョンだ。DBaaSのライフサイクル全体を最適化するバージョン管理のベストプラクティスを紹介する。[プライベートクラウド/データベース統合][Oracle Database 12c](2014/6/23)

Oracle Master 12cの攻め方(3):
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c 「Bronze DBA」試験ポイント解説編
例題を解きながら、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c 「Bronze DBA」の学習ポイントを学びましょう。(2014/5/29)

基幹業務システムのDB統合は可能か(2):
パナソニックグループはいかにして分散する基幹DBを集約したか【後編】
複数のDBを集約してなおかつパフォーマンスを改善する、運用工数や細かなチューニング工数を削減して標準化する――巨大メーカーを支える基幹業務DBならではの最適化ノウハウを聞く。(2014/5/23)

Oracle Master 12cの攻め方(2):
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c 「SQL基礎I」試験ポイント解説
例題を解きながら、ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12c 「SQL基礎I」の学習ポイントを学ぼう。(2014/3/31)

Oracle Master 12cの攻め方(1):
ORACLE MASTER Bronze Oracle Database 12cを目指す皆さんへ
Oracle Master 12cに対応した認定資格が、いよいよ日本でもリリースされる。資格に興味のある方、取得希望の方、前のバージョンを持っていて移行を希望する方に、概要と試験のポイントを解説する。(2014/2/20)

PR:30分で復旧できるDR環境を! 清水建設が刷新した基幹系システム基盤とは
東日本大震災以降、BCP策定を最重要課題に挙げていた清水建設。そうした中、日立のストレージ先進技術とVMwareによる仮想化技術を活用してデータベース基盤を刷新。データロスのないディザスタリカバリと処理能力の高速化を実現した。(2013/12/10)

ホワイトペーパー:
Oracle DB導入費用を圧倒的低コストに抑えるアプライアンスという選択
Oracle DB最上位版の導入を考える企業に朗報。「Oracle Database Appliance」は、Oracle DB Enterprise Editionの導入における手間とコストを大幅に削減し、Standard Edition並みの低コストでスピード導入が可能だ。(2013/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。