レビュー
» 2010年04月23日 08時00分 UPDATE

ホワイトペーパー:そのメールアーカイブは5年分のメール保管に耐えられるだろうか?

各種法規制によるコンプライアンス・内部統制強化ニーズでメールアーカイブシステムの導入が進んでいる。しかし、そのシステムは5年分のメール保管に耐えられるだろうか? (提供:三菱電機インフォメーションテクノロジー)

[PR/ITmedia]

 ビジネスに必須のコミュニケーションツールである電子メールは、情報漏えいの重大なリスク要因でもある。情報漏えいを抑制し内部統制を実現するためには、日々大量に送受信されるすべての電子メールを長期間保管し、必要な時に迅速に取り出して適切に対応することが求められる。

 しかし、一般的に電子メールを長期間保管するためには大容量のストレージが必要になるだけでなく、大量のメールデータの中から該当メールを見つけ出すことは非常に難しい。このようなシステムでは万が一の事態に迅速に対応することはできない。

 そこで本ホワイトペーパーでは、メールアーカイブが求められる背景と要件を整理するとともに、中規模から1日に100万通送受信するような大規模システムにも適応可能なメールアーカイブソリューション「LogAuditor Mail Saver」の特徴を分かりやすく紹介する。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、1500点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ