ニュース
» 2010年04月23日 17時34分 UPDATE

Visaをかたるフィッシング詐欺攻撃が発生

詐欺メールで不正サイトへ誘導する攻撃が発生した。

[ITmedia]

 フィッシング対策協議会は4月23日、クレジットカードのVisaをかたる不正なメールで、受信者を偽サイトに誘導する攻撃が発生したと発表した。

 このメールは「Verified by visa critical problem」「Visa Alert」「Visa Account Holder」などの件名で出回っているという。本文には、「カード情報の悪用を避けるために情報を再登録してほしい」といった文言が記され、登録サイトと称するリンクをクリックするよう促す。誘導先のサイトは、個人情報や会員情報などを入力する仕組みになっている。

 Visaでは、電子メールで個人情報を尋ねることはないと説明。フィッシング対策協議会は、重要情報の提供を求めるメールに返信したり、不審なサイトにアクセスしたりしないよう注意を呼び掛けている。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

過去のセキュリティニュース一覧はこちら

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -