ニュース
» 2010年05月24日 17時36分 UPDATE

Google、オープンソースのWebフォント集「Font Directory」と「Font API」を公開

Googleは、Webフォントを利用するためのフォント集とそれを利用するためのAPIを公開した。HTML5とCSS3の組み合わせでWebの表現力がさらにリッチになりそうだ。

[末岡洋子,SourceForge.JP Magazine]
SourceForge.JP Magazine

 米Googleは5月19日、フリーのWebフォントを集めた「Google Font Directory」と「Google Font API」を公開した。開発者は安全かつ容易にWebページでこれらのWebフォントを利用できるという。

 Webフォントは任意のサーバ上にアップロードされているフォントをWebブラウザの表示フォントとして利用する技術で、これにより利用者のPC環境にインストールされていないフォントを表示用フォントとして使用できるようになる。CSS3ではWebフォントを利用するための「@font-face」機能が備えられており、すでにOperaやSafari、Firefox、Google ChromeなどのWebブラウザでサポートされている。しかし、商用フォントは利用や配布に制限が課せられていることが多く、ライセンス的な問題が起こり得る点が指摘されていた。

 Google Font Directoryはオープンソースで公開されている高品質なフォントを集めたもので、現在18種類のフォントが公開されている。これらのフォントは任意のユーザーが自由に利用できるとのこと。公開されているWebフォントは通常のテキストと同レベルの機能を持ちつつ優れた視覚効果を実現するという。今後、デザイナーと協力しながらフォントの数を増やしていく。

 また、Font APIはFont Directoryで公開されているWebフォントを自分のWebページで利用するためのツール。HTMLコードを数行追加するだけで簡単に利用できるという。

 Googleはさらに、Webフォントのクラウドサービスを提供するTypeKitと共同で、フォントファイルのダウンロードやレンダリングを設定できるJavaScriptライブラリ「WebFont Loader」も公開している。

関連キーワード

Google | フォント | API | CSS3 | HTML5 | オープンソース


企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright © 2010 OSDN Corporation, All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -