ニュース
» 2010年05月26日 11時30分 UPDATE

NEC、IPFサーバ ACOSシリーズに新モデル追加――設置面積半減、消費電力は約20%減

NECは同社の基幹業務サーバ「ACOSシリーズ i-PX9000」に「モデルS300」を追加。省スペース、省電力に加え、オープン系データベースとの連携を強化した。

[石森将文,ITmedia]

 NECは5月26日、インテルItanium 2を搭載した基幹業務サーバ(メインフレーム)の「ACOSシリーズ i-PX9000」において、従来モデル比で設置面積を半減し、消費電力も約20%低減した「i-PX9000 モデルS300」の製品化を発表。同日より販売を開始した。

 モデルS300は、中型機「i-PX9000 モデルS200」の後継機種と位置付けられる。新たに開発したOS「ACOS-4/MX」を搭載し、従来からある、ACOS-4上の基幹データベースをオープンサーバからダイレクトにアクセスする機能に加え、今回新たにオープンサーバ上のデータベースをACOS-4からダイレクトにアクセスする機能を備えたことで、ACOSシリーズのデータベースと、オープン系のデータベースを、よりシームレスに利用できるようになった。

 省電力/省スペースについては、主要コンポーネントの実装形態を最適化したことに加え、新開発の「統合I/Oプロセッサ(電気チャネルと光チャネルの各I/Oプロセッサを統合したもの。従来はI/Oプロセッサ筐体を本体に外付けしていた)」によるところが大きい。

 併せてNECでは、i-PX9000用のストレージとして、ベストエフォート型のWAN回線に対応しており、災害対策システムを安価に構築したり、リアルタイム性の求められない夜間バックアップを行ったりするのに向いた「iStorage A2700」の販売も開始した。

 モデルS300のシステム価格(標準レンタル料金)は、月額税別216万円から。出荷予定は2010年6月30日となる。

企業向け情報を集約した「ITmedia エンタープライズ」も併せてチェック

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ピックアップコンテンツ

- PR -

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -