ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「メインフレーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「メインフレーム」に関する情報が集まったページです。

米国特許商標庁から学ぶデジタル変革【前編】
「脱メインフレーム」で“40年の歴史”を終わらせる 米特許機関の決断
米国特許商標庁(USPTO)が2018年に着手したデジタル変革は、システムの不具合が発端だった。さまざまなハードルを乗り越え、USPTOが脱メインフレームを成功させた方法とは。(2024/1/12)

プレミアムコンテンツ:
メインフレームの寡黙な担当者がクラウドに「ノー」を宣告
メインフレームを深く知る担当者は、メインフレームの価値をわざわざ主張しない。ただし根拠のないメインフレーム批判に対しては別だ。寡黙なメインフレーム担当者による“本気の反論“とは。(2024/1/9)

富士通がサーバ/ストレージ/ネットワーク製品事業(一部を除く)と法人PC販売をエフサステクノロジーズ(現富士通エフサス)に統合 2024年4月1日付
富士通が、子会社であるエフサステクノロジーズ(現富士通エフサス)との間で相互に事業を譲渡/譲受する形で事業再編を行うことになった。サーバ/ストレージ/ネットワーク製品に関わる事業と法人向けPCの直接販売事業はエフサステクノロジーズに、メインフレーム/UNIXサーバに関わる事業や一部を除くサービス関連事業は富士通にそれぞれ移管される。(2023/12/27)

脱レガシーに取り組む英国政府とKyndryl
英国歳入関税庁が「脱メインフレーム」を決断するしかなかった理由
英国歳入関税庁が、メインフレームからクラウドサービスに移行するために投資を決断した。投資額は15カ月間で440万ポンドにもなる。なぜ英国政府はクラウド移行を急ぐのか。(2023/12/4)

メインフレームへの投資が復活?
塩漬けだった「メインフレーム」が再び脚光を浴びる理由
クラウドサービスへの投資が加速する中でメインフレームの存在感は薄れつつあったが、最新の調査では、メインフレームへの投資意欲が高まっている状況が見えた。その背景には何があるのか。(2023/10/29)

CIO Dive:
クラウドの影でメインフレームに再評価の兆し いったいなぜか?
多くの企業がメインフレームからクラウドに移行した後の費用の請求に悩まされる中で、オンプレミスデータセンターの価値に対する評価が高まっている。(2023/10/20)

メインフレームでもAI活用を効率化 watson.xで IBM
IBMは、IBM Z向けの新たなAI機能を提供すると発表した。同時に、IBM Machine Learning for z/OSや、最新のIBM z/OSによる高度なインテリジェンスと運用の改善についても発表した。(2023/10/11)

メインフレームと生成AI【後編】
「COBOL」のプログラムを「Java」に高速変換 IBMの一押しツールとは
メインフレームで稼働する「COBOL」のプログラムを「Java」に移行する際、生成AIの活用が効果的だとIBMは説明する。具体的にはどういったツールを使うことになるのか。事例と共に紹介する。(2023/10/5)

メインフレームと生成AI【前編】
「COBOL」を楽に脱却できれば“メインフレーム最新化”は進むのか
企業は今後のビジネス戦略において、メインフレームをどのように位置付けているのか。メインフレームを最新化するにはどうすればいいのか。IBMの調査を基に紹介する。(2023/10/4)

CIO Dive:
IBMが発表 メインフレームのモダナイゼーションを容易にする「あの方法」
メインフレームのメンテナンスやモダナイゼーションに際して、レガシー言語を使いこなす人材の確保に悩む企業は多い。その解決のためにIBMが開発を進める「あの方法」とは。(2023/9/20)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
パナ渾身のIPスイッチャー「KAIROS」新アップデートの威力 タッチパネルPCを“操作卓”にする機能も
スイッチングにおける映像処理を全てソフトウェアベースで行なうパナソニックのIPスイッチャー「KAIROS」。6月14日より新メインフレーム「Kairos Core 200(AT-KC200T)」を発売している。また7月21日には新システムソフトウェア「バージョン1.5.0」の提供を開始した。7月に福岡市で行なわれたQBEE(九州放送機器展)にて、その実機を見る事ができた。(2023/8/30)

“スマートな働き方”への一歩 第一生命が会計システムをS/4HANAに移行
第一生命はメインフレームとSAP ERPで構築された会計システムを「SAP S/4HANA」に統合した。これにより、複雑なシステム構成を簡素化し、ペーパーレス化とテレワーク推進を実現しているという。(2023/8/8)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【後編】
クラウドネイティブ全盛でも「メインフレーム」は結局なくならないのか?
レガシーと認識されつつも、一部の企業では根強く残っているメインフレーム。今後、メインフレームはどうなるのか。専門家の見解を基に紹介する。(2023/8/1)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【中編】
「COBOL」のスキルは要らない メインフレーム統合ができる“魔法”の正体
メインフレームを巡って、プログラミング言語「COBOL」といったスキルの不足が問題になっている。COBOLができなくてもメインフレームのシステム連携を成功に導く方法とは。(2023/7/26)

脱メインフレームの難しさ、どう解決?【前編】
「メインフレーム」を捨てられない“企業の本音”とは 何が問題なのか?
金融系の組織を中心に、脱メインフレームの動きがあるが、その取り組みは必ずしもうまくいっていないと専門家は指摘する。脱メインフレームの障壁や、反対にメインフレームを使い続ける理由とは。(2023/7/18)

Computer Weekly日本語版+セレクション
メインフレームの寡黙な担当者がクラウドに「ノー」を宣告
メインフレームを深く知る担当者は、メインフレームの価値をわざわざ主張しない。ただし根拠のないメインフレーム批判に対しては別だ。寡黙なメインフレーム担当者による“本気の反論“とは。(2023/6/8)

Gartner Insights Pickup(299):
クラウドネイティブインフラストラクチャへの進化を取り入れるには
IT業界ではインフラアプローチが何度も大きな進化を遂げている。メインフレームからミニコンピュータに移行した1970年代に始まり、現在はクラウドネイティブインフラストラクチャが登場している。今後もこうした劇的な進化を取り入れていくには、われわれはどうすればよいのだろうか。(2023/4/21)

基幹システムのモダナイズ実践例:
日本生命が基幹システムをハイブリッドクラウド化 メインフレームも刷新
日本生命は機密データ保護を考慮して基幹業務システムにハイブリッドクラウド方式を採用した。マイナンバーの参照などのセキュリティが重視される手続きは引き続きハードウェア暗号化機構を持つメインフレームの特長を生かす。(2023/3/15)

Computer Weekly日本語版+セレクション
メインフレームが“もう終わり”とは言い切れない訳
重要なシステムを支え続けてきたメインフレーム。クラウドサービスが台頭してメインフレームからクラウドサービスへ移行する動きが起こる一方、メインフレームの長所を再確認する動きもある。今後はどうなるのか。(2023/3/9)

メインフレームの価値を再考【後編】
時勢に逆らい「メインフレームこそが答えだ」と言ってみよう
メインフレーム担当者は、クラウドサービスの勢いに尻込みしてはいけない。その理由と、メインフレームについて主張すべき点とは。(2023/2/13)

メインフレームの価値を再考【中編】
「メインフレームの今後は明るい」は本当か?
専門家が“お気に入りの最新技術の優秀さ”を宣伝する騒々しいIT業界において、レガシーの代表格であるメインフレームは批判されるがままだ。メインフレームの実態はどうなっているのか。(2023/2/6)

メインフレームの価値を再考【前編】
“物静かなメインフレーム担当者”がクラウドに「ノー」を宣告
メインフレームは、それがなければ先進国の経済の大部分がまひしてしまうほどに重要だが、しばしば批判にさらされる。そうした批判に反論しなければならないときがある。(2023/1/27)

特選プレミアムコンテンツガイド
「メインフレーム管理者」求む “レガシー人材”不足を解消する方法
クラウドサービス全盛の今でも、使われ続けている「メインフレーム」。その運用管理に精通する人材は豊富にいるわけではなく、人材不足が深刻化している。人材確保のためには、何が必要なのか。具体策を紹介する。(2022/12/20)

Google Cloud Next 2022で見えたGoogle「次の一手」【中編】
Googleの“謎”サービス「Dual Run」とは? “脱メインフレーム”を楽に
Googleの「Dual Run」は、なかなか進まなかったメインフレームからのクラウド移行を加速させることができるのか。Dual Runの特徴を整理する。(2022/12/14)

三菱UFJ、ITアーキテクチャ「抜本的な変革」へ
「金融・デジタルプラットフォーマー」への進化を目指す三菱UFJフィナンシャル・グループ傘下の三菱UFJ銀行がITアーキテクチャ刷新に動く。メインフレームとクラウドをどう使いこなすのか。(2022/12/14)

Google Cloud Next 2022で見えたGoogle「次の一手」【前編】
AWSでもAzureでもなくGCPを選ぶ理由は「脱メインフレーム」「高速処理」にあり
Googleはクラウドサービスの用途をさらに拡大させるべく、クラウドサービス群「Google Cloud Platform」(GCP)の拡充を続けている。主要な動きをまとめた。(2022/12/6)

移行プランのベストプラクティスは:
PR:メインフレームとクラウドネイティブ、どちらも詳しい“相談相手”は存在するか
基幹システムのクラウドシフトは、設計が異なるITインフラ間の移行となるため運用面でも設計面でも困難が伴う上、現在のシステムとクラウドネイティブなシステムの両方に深い知見が必要だ。ここで自社の出自の強みを生かしたサービスを提案する企業が現れた。(2022/11/21)

「今すぐDX」のリスクと段階的モダナイゼーションのすすめ:
PR:「メインフレーム継続宣言」を掲げるNECが提案するモダナイゼーションの「中身」
メインフレームは堅牢性と稼働の安定性が魅力だが、開発エンジニアの不足やオープン系システムのようなアジリティーを求めにくい点が課題だった。こうした中、「メインフレームシステムの長期的な段階的モダナイゼーション」を提案するベンダーがある。「時間をかけることはリスクにはならない」と言う理由を探る。(2022/11/2)

抽選でAmazonギフト券が当たる
「『メインフレーム継続宣言』を掲げるNECが提案するモダナイゼーションの『中身』」に関するアンケート 回答ページ
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/11/2)

メインフレームのデータをAzureに接続、Kyndrylの狙いは
KyndrylがメインフレームシステムのモダナイズでMicrosoftと連携する。既存のメインフレームはそのままにMicrosoft資産を活用した施策を打ちやすくする。(2022/10/20)

メインフレームはオワコンか【後編】
クラウドがすごくても「メインフレーム」がなくならない“納得の理由”
メインフレームがさまざまな強みを持っているからこそ、クラウドサービスは必死になってそれに追い付こうとしている。クラウドサービスの強みとは何か。そして強みは維持できるのか。(2022/9/29)

メインフレームはオワコンか【中編】
クラウド時代にあえて「メインフレーム」を選びたくなる理由はこれだ
長年の実績が裏付けるように、メインフレームにはさまざまな強みがある。それは具体的に何なのか。クラウドサービスが普及する中、あえてメインフレームを選ぶ理由とは。(2022/9/22)

メインフレームはオワコンか【前編】
クラウドはもう「メインフレーム」に追い付いたのか?
クラウドサービスが登場し、メインフレームの終わりが語られて久しい。実際はどうなのか。メインフレームの良さを再認識する動きもあり、答えは簡単ではない。(2022/9/15)

ベイシアグループがメインフレームからオープン系に移行 6メガステップをJavaに変換
小売チェーン大手のベイシアは、メインフレームで稼働していたグループ共通の基幹システムをオープン環境に移行した。メインフレームの保守期限や人材の高齢化による将来的な人材不足などの課題の解決を目指す。(2022/9/12)

QlikがSnowflake活用を支援する機能強化 SAPやメインフレームのデータも柔軟に
Qlikがクラウドデータプラットフォーム「Snowflake」向け機能を強化した。多様なデータソースの集約と、Qlik Senseをフロントエンドに使ったリアルタイムでのデータ可視化などを実現する。(2022/8/25)

CIO Dive:
FedExがメインフレーム全廃へ 巨額のコスト削減よりも期待の高い「投資効果」は?
FedExは2024年までにメインフレームを廃止すると発表した。クラウド移行に伴うコスト削減効果は大きいが、同社の新戦略計画「Network 2.0」によると、それ以上に期待されている投資効果がある。(2022/7/27)

「ムーアの法則」の限界突破に望み【後編】
IBM「夢の半導体チップ」がかなえる“冷却不要メインフレーム”の衝撃
チップにより多くのトランジスタを搭載するため、半導体ベンダーは技術開発を続けている。Intelが微細化の設計を表明する一方で、IBMはある特性を改善できる可能性のあるチップを発表した。(2022/7/20)

SMBCの次期DX推進基盤にも採用 NECがメインフレーム新製品を発表【訂正あり】
NECが「メインフレーム継続宣言」通りに新製品を発表した。独自プロセッサも開発を継続。担当者は「変える必要がないところを変えずにDXを推進するのが最高効率」と語る。(2022/6/30)

CIO Dive:
銀行は本当に3億行のCOBOLコードと縁を切れるのか 脱メインフレームの動向
問題なく稼働するプログラムに触れてはいけない。変えようとしてはならない。メインフレームシステム運用のセオリーは万国共通だったようだ。しかし、銀行のコア機能もいよいよクラウドを意識せざるを得ない時期が来たようだ。米国の銀行業界のトレンドを調査から追う。(2022/6/8)

事例で学ぶEDI刷新
“ブラックボックス化した”EDIシステムをどう変えたか モランボンのDX戦略
DXという言葉がまだ浸透していない2011年、食品メーカーのモランボンは30年間利用してきたメインフレームのEDIシステムを刷新する業務改革を決意した。EDIシステムの刷新とDX推進の軌跡を、推進したキーパーソンに聞いた。(2022/5/18)

FAニュース:
ウォームギヤの加工工程を集約、専用機による加工を汎用機で対応可能に
DMG森精機は、テクノロジーサイクルの最新版「マルチスレッディング2.0」の販売を開始した。従来の機能に加え、ウォームギヤ加工のプログラミング機能を拡張している。(2022/4/26)

「IBM Wazi as a Service」「IBM Z and Cloud Modernization Stack」とは【前編】
クラウド版IBM Z「IBM Wazi as a Service」爆誕 誰が喜ぶのか?
「IBM Wazi as a Service」は、IBMのメインフレーム製品「IBM Z」の開発・テスト環境をクラウドサービスとして利用できるようにする。IBM Zのユーザー企業にどのようなメリットをもたらすのか。(2022/4/14)

量子コンピュータによる攻撃に対抗:
1ミリ秒AI推論と耐量子暗号技術を備えるメインフレーム「IBM z16」発表
IBMは、Telumプロセッサを採用した「IBM z16」を発表した。トランザクションの実行中にAI推論が可能なオンチップAIアクセラレーターや、大規模な量子コンピュータが実用化された将来の脅威からもデータを保護するという耐量子暗号技術を備える。(2022/4/7)

メインフレーム人材確保の技【後編】
メインフレーム人材不足を解消する“アクセンチュア式トレーニング”とは?
ITサービスベンダーはメインフレームの運用や管理に精通する人材を確保するために、さまざまな対策を講じている。従業員育成、自動化技術の活用……。各社は何に力を入れているのか。(2022/3/17)

メインフレーム人材確保の技【前編】
“レガシー人材”求む 「メインフレーム管理者」がかつてないほど貴重な理由
ユーザー企業が直面するメインフレーム専門の人材不足は、ITサービスベンダーにとって商機だ。ただし人材確保の難しさはベンダーにとっても変わらない。窮地から生まれた、人材確保の知恵を紹介する。(2022/3/10)

データ分析戦略を支える、クラウド基盤の生かし方(2):
1度は諦めた“脱メインフレーム”で、内製化と販売変革を実現 京王百貨店のチームプレー戦略
高過ぎる刷新コストに阻まれ、1度は諦めたメインフレーム脱却への「再挑戦」をきっかけに、システムの内製化だけでなく、データ分析を基に新たな販売戦略を生み出した京王百貨店。経営者とIT部門から売り場まで、さまざまな従業員のチームプレーを実現した戦略には、失敗から得た知見が生きていた。(2022/2/10)

ハイブリッドにも対応:
COBOLだって怖くない クラウド環境でIBMメインフレーム活用を支援、SCSKの新サービス
SCSKは、日本IBMと「IBM Z」の再販契約を締結し、両社の協業を拡充する。同社は、ITインフラの将来構想策定から提供、設計、構築、モダナイゼーション、運用管理までをワンストップで支援するサービス「MF+」の提供を開始した。(2021/10/26)

レジリエントでセキュア
負の遺産ではない! 今こそメインフレームを再評価すべし
メインフレームには古い、高いというネガティブなイメージが付けられてきたが、最新のメインフレームには当てはまらない。再評価してみる価値はある。(2021/10/1)

ヒートアップするチップ開発競争【前編】
IBMが開発した「2ナノ」半導体チップとは サーバの処理性能を高速化
IBMは半導体の研究開発の成果として、2ナノプロセスの半導体チップを公開した。この実用化は、同社のサーバやメインフレームにどのような影響を与えるのか。(2021/6/22)

「Go」を生かしたネットワーク運用管理【前編】
プログラミング言語「Go」の魅力とは? 「Goで“脱COBOL”」の成功者が語る
企業がプログラミング言語「Go」を利用するメリットは何か。メインフレームの「COBOL」プログラムからGoプログラムへの移行を成功させた専門家が、自身の経験を基に解説する。(2021/6/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。