ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:データ保護の「最後の弱点」
特集は、保護の方法が確立していない「処理中のデータ」を暗号化する業界の取り組みと、ローカル5G後編。他にクラックが困難な新パスワード暗号化方式、GraphQLやGo言語のススメ、VDI端末に最適なIGEL OSなどの記事をお届けする。(2020/8/9)

VUCAの時代の管理と自由、スピードと効率化:
PR:“子会社情シス”はこれからどうなるか 投資調査で見えた「パラドクス」と「次の選択肢」
Dell Technologiesが日本企業を対象に「グループ企業子会社のIT投資実態調査」を実施した。調査結果からは親会社やグループ全体のガバナンスなどの関係から、IT投資の意思決定にさまざまな課題を抱える状況が明らかになった。中でも今後、顕在化しそうなのが子会社ならではのパラドクスだ。(2020/7/30)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
ガバナンス強化で変わる子会社のIT戦略、調査から見えたメリット/デメリット
多くの企業グループでは、ITガバナンスの強化、それに伴う共通IT基盤の利用が拡大している。だが、親会社の管理強化はメリットばかりを与えるわけではない。グループ子会社を調査し、IT施策の実態と、管理による違いを探った。(2020/7/30)

Microsoft Focus:
大型基幹システムのAzure移行、失敗は許されない――第一生命を支えた「事前対策」
ニューノーマル(新常態)な働き方やシステムの開発体制が、業界を問わず求められている。ただし金融業界の場合、クラウド化やテレワークに当たっては細かいコンプライアンス要件や業務の複雑さといった課題が立ちはだかる。そんな中、第一生命はAzureを採用し、基幹システムをクラウド化した。彼らの移行作業を支えた対策とは何だったのか。(2020/7/27)

オンライン授業、準備加速も課題山積 新たな学力格差リスク、健康被害の懸念も
新型コロナの影響で導入が進むオンライン授業だが、学校現場では課題が浮かび上がってきている。子供の意欲次第で学力格差が開く懸念や教員側のスキル不足、子供の健康被害など、乗り越えるべき問題は多い。(2020/7/22)

読者アンケート「コロナ禍における企業のIT戦略」結果速報:
コロナ禍で、ITに対する意識が二分――存続できる企業、できない企業の「明確な差」
@IT編集部では2020年6月4日〜19日にかけて読者アンケート「コロナ禍における企業のIT戦略に関する調査」を実施した。その結果から垣間見えた実態を基に、企業の今後を占う。(2020/7/21)

メリットと注意点を整理
「Google Cloud VMware Engine」とは? VMwareの仮想マシンをGCPで動かす
Google Cloud PlatformでVMware製品を利用できる「Google Cloud VMware Engine」は、企業にどのようなメリットをもたらすのか。利用を検討する際の注意点とは。(2020/7/6)

PR:IT予算見直し続出の裏で進む日本企業のDX 緊急アンケートで読む「潮目」
緊急テレワークを体験して日本企業のIT戦略はどう変わったか。デルが実施した緊急アンケートによると約6割の企業が2020年度のIT投資分野を変更。新たな投資先への予算投入を計画している。IT戦略見直しの状況を知り、潮目を読む。(2020/6/24)

コスト、セキュリティのリスクをどう回避するか:
PR:ポストコロナ時代、ITを主体的に活用するための鉄則とは
新型コロナウイルス感染症をきっかけに、テレワークが急速に浸透している。今回のパンデミックは多くの企業に対し、ビジネスを遂行する上でITが不可欠であることを改めて痛感させた。しかし、急な変化に伴って“従来のリスク”が一層高まることも忘れてはならない。ポストコロナ時代に、ビジネスを効率的かつ安全に推進するために不可欠な取り組みとは何か。(2020/6/24)

調査にも社内説得にも手間を掛けない計画方法は:
PR:クラウド移行を成功に導く秘けつ 移行前の検討ポイントとは
クラウド利用は既に先進的なIT戦略を持つ企業だけのものではなくなった。だが、既存システムのクラウド移行では移行の効果を明らかにしておきたい。事前準備の工夫次第では継続して成果を出し続ける道筋を作りやすくなるという。(2020/6/10)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【後編】
「プライベートクラウド」移行を経営陣に納得させるためにやるべきこと
プライベートクラウドへの移行を実行に移すためには、経営陣の承認を取り付ける必要がある。IT担当者は何をすればよいのか。(2020/6/2)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:量子コンピュータへの挑戦
特集は5Gによる産業の変化、量子コンピュータ時代の古典コンピュータの役割、コンフィデンシャルコンピューティングの3本。他に脳とコンピュータのインタフェース、シリコンフォトニクス、ストレージコスト削減事例などの記事をお届けする。(2020/5/24)

プライベートクラウドへの移行計画の立て方【前編】
「プライベートクラウド」への移行に失敗しないためにまず何をすべきか
プライベートクラウドへのアプリケーションの移行を実行する際は、移行計画の策定が不可欠だ。移行を円滑に進めるために踏むべき手順を説明する。(2020/5/18)

製造ITニュース:
DXに向けレガシーシステムのモダナイゼーション支援サービスを強化
NECは、企業のデジタルトランスフォーメーションを促進するため、レガシーシステムのモダナイゼーション支援サービスを体系化し、支援体制を強化した。サービス提供と人材活用により、顧客のデジタル資産を生かしながら、DXを進めていく。(2020/5/15)

テレワークのITインフラ整備など:
7割が「新型コロナがIT戦略の遂行を加速した」 アイ・ティ・アールがコロナ禍の企業IT動向に関する影響調査
ITRが実施した「コロナ禍の企業IT動向に関する影響調査」によると、新型コロナウイルスの感染拡大によってIT戦略の遂行を加速すると回答した企業の割合は約7割に上り、テレワーク制度の導入やネットワークインフラの増強などの対策を採ったことが分かった。(2020/5/13)

「全員IT人材」で会社はこう変わる!:
PR:欲しいツールは現場が知っている――これからの企業が採るべきIT経営戦略とは?
クラウドの普及に伴い、社員とITツールの関係性は変化しつつある。これまではIT部門からITツールが与えられるのを待つ立場だった現場が、自ら必要なシステムを生み出すムーブメントが起きているのだ。本記事ではサイボウズが提供する「kintone」の企業導入事例をもとに、これからの企業が採るべきIT経営戦略を探る。(2020/6/22)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:ローカル5Gの課題
特集は、今注目のローカル5G。5Gによるプライベートネットワーク実現の課題とは? 他に生産性ツール市場におけるMicrosoftとGoogleの分析、光無線技術Li-Fi事例、ペネトレーションテストの負の側面などの記事をお届けする。(2020/4/29)

RPAの限界を知り、真価を引き出す
攻めのIT戦略につなげる効率化の鍵は「高度な自動化」
パンデミックによる経済危機を迎えるときこそ、既存業務を自動化して新規ビジネスに挑戦するチャンスを確保したい。しかしRPA(ロボティックプロセスオートメーション)だけに頼った自動化は限界がある。目指すべき自動化の在り方とは。(2020/4/27)

検証・リニア静岡問題:
元経産官僚・岸博幸が斬る――リニア反対は「私利私欲」、静岡県を貶める川勝知事の「醜悪パフォーマンス」
静岡県の川勝平太知事はリニア中央新幹線の南アルプストンネル工事に関して、またまた「いちゃもん」を付けた。国土交通省が、静岡県とJR東海の仲介役となって設置した有識者会議の人選について、提案した5人の河川工学の専門家のうちの1人を、「中立性に疑問がある」として、独自に委員を公募すると言い出したのだ。元経済産業省官僚で政府の「IT戦略本部」にもかかわった経験のある岸博幸さんにインタビューした。(2020/4/9)

国内クライアント仮想化導入企業「全社テレワーク」は3割 IDCが活用を呼びかけ
IDC Japanは国内クライアント仮想化市場の動向についてのユーザー調査結果を発表した。テレワークの実施状況も聞いたところ、クライアント仮想化導入企業のテレワーク実施率は約8割だった(2020/4/7)

「等身大のCIO」ガートナー 浅田徹の企業訪問記:
常に世界最高の技術をもって社会に貢献するために必要なIT戦略とは――JFEスチール 常務執行役員 新田哲氏
継続的業務改革と先進的IT活用により、顧客基軸で価値を創造することを追及しているJFEスチール。市場の変化に迅速に対応できるグローバルレベルのIT活用先進企業を目指している。(2020/4/7)

新型コロナ対策、日本企業に今すぐ必要な「3つのIT施策」は――ガートナー
新型コロナウイルス感染症への対応として、「IT戦略/ガバナンス」「IT投資」「IT人材/組織」の観点から企業のCIOがすぐに行動に移すべき項目を発表した。(2020/4/6)

CIOが看過しがちな項目に対応できているか:
新型コロナウイルス感染症対策で「CIOが14日以内に完了すべき16項目」 ガートナー
ガートナー ジャパンは、新型コロナウイルス感染症への対応として、「IT戦略/ガバナンス」「IT投資」「IT人材/組織」の観点から企業のCIOがすぐに行動に移すべき16項目を発表した。(2020/4/6)

電子ブックレット(BUILT):
【独占取材】積水ハウスDX戦略の全て――“不動産ブロックチェーン”や一気通貫CAD
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、積水ハウスの先端的な取り組みを独自に取材した4本の記事を1冊にまとめました。(2020/4/1)

「信頼」は“じわじわ”と紡がれる:
PR:「高菜めんたいこ」と「スパゲティ」を混ぜ合わせた日本はDXが得意、「○○ネイティブ」にはDXの本質が見える――DX時代に求められるセキュリティの姿とは
デジタルトランスフォーメーション(DX)の時代において、企業には、多様なシステムを組み合わせながら、これまでにない新たな価値を生み出すことが求められる。同時に重要になるのは「ビジネスの基盤となっているITシステムの『セキュリティ』をどのように確保し、社会や消費者からの信頼を得ていくか」という問題だ。この難題について、NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センターのセンター長である淵上真一氏と、WHITE MOTION CEOの蔵本雄一氏が対談を行った。(2020/3/30)

AWSの障害対策における4つのポイント【後編】
AWS障害からの復旧計画時に意識したい「RPO」「RTO」とは?
「Amazon Web Services」(AWS)に障害が起きたときのために、どのように復旧計画を立てればよいのだろうか。「復旧対象のデータの評価」「復旧計画に使う指標」「復旧の訓練」の観点から説明する。(2020/3/25)

AWSの障害対策における4つのポイント【前編】
AWSの可用性を確保する方法とは?
適切なデータ保護と復旧の対策は、障害が起きる前に講じておかなければならない。「Amazon Web Services」(AWS)の障害に備えてやるべきことは幾つかある。主要な対策を紹介しよう。(2020/3/18)

「企業IT利活用動向調査2020」を公開:
半数近くの企業が働き方改革を実施 テレワーク、在宅勤務整備は3割満たず JIPDEC、ITRが調査
JIPDECとITRは2020年1月に調査を行った「企業IT利活用動向調査2020」を発表した。それによると働き方改革を実施している企業は半数近く、検討中を含めると約8割に上る一方で、テレワーク、在宅勤務制度を整備している企業は3割未満だった。(2020/3/17)

IT革命 2.0〜DX動向調査からインサイトを探る:
「PoC貧乏」の実態が調査で明らかに 5年前にDXをスタートした企業の65%が「まだPoC未満」
デジタルトランスフォーメーション(DX)に早期に着手した企業に、時間の経過と共に困難が降りかかる状況が明らかになりました。PoCの認識も企業間で異なっており、もしかしたらDXをスタートする前から明暗が分かれ始めていたのかもしれません。(2020/3/11)

病院のIT導入における「変更管理」戦略【後編】
病院のIT化になぜ「組織横断型チーム」が必要なのか “変えたくない人”を攻略
医療機関で新しいテクノロジーの導入を成功させるこつは、組織横断型チームを結成して綿密なコミュニケーションを続けることだ。大規模医療グループのITリーダーが重視するポイントを解説する。(2020/3/4)

2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【後編】
BigID、CyCognito、Signal Sciencesとは? セキュリティの熱いスタートアップ
2019年にベンチャーキャピタルが投資したセキュリティ分野のスタートアップの中でも、2020年に成長が見込まれる5社とはどこか。そのうち3社について紹介する。(2020/3/3)

病院のIT導入における「変更管理」戦略【前編】
病院のITリーダーはなぜ「根回し」を重視するのか
システム変更時のトラブルや混乱を回避するために、医療業界のITリーダーが重視するのは「根回し」だ。それはなぜなのか。(2020/2/27)

2020年の見逃せないセキュリティスタートアップ5社【前編】
Clumio、Siemplifyとは? 投資家が注目するセキュリティスタートアップ
2020年、セキュリティ分野のスタートアップで注目すべきはどの企業だろうか。多くの資金提供を受けたスタートアップとして、2020年に存在感を増すと考えられる5社のうち、2社を取り上げる。(2020/2/25)

PR:サブスクビジネスで中小企業を支援 「次の130年」を見据えたNTT東日本の戦略
NTT東日本は、2019年からDaaS(Device as a Services)という新しいPC利用形態を提供する新サービス「おまかせデータレスPC」を展開している。通信インフラ企業である同社が中小企業向けにDaaSを展開する理由は何か。その狙いを聞いた。(2020/2/21)

専門家が語る2020年のクラウド動向【前編】
「Docker」と「説明可能なAI」が2020年のクラウドで注目の理由
2020年に、クラウド市場にはどのような変化が起こるのか。特にコンテナと人工知能(AI)技術に関する動向を予測する。(2020/2/18)

「IT先行企業は収益成長率が2倍」:
IT活用の先行企業が持つ「5つの特徴」とは何か アクセンチュアが発表
アクセンチュアは、調査レポート「Your Legacy or Your Legend? A CEO’s Guide to Getting the Most Out of New Technologies」で、IT活用の「先行企業」は「出遅れ企業」の2倍の収益成長率を上げているとした。(2020/2/14)

量子コンピュータの用途と課題は?
量子コンピュータが「単なるPCの進化系」ではない理由
大手からスタートアップまで、国内外のベンダー各社が研究開発を進める「量子コンピュータ」。その基本的な仕組みと用途、現状の課題を解説する。(2020/3/4)

リフト&シフトは最後の手段:
「『作る』から『やめる』へ」、創業130年のアサヒがパブリッククラウド、コンテナにたどり着いた理由
「アサヒビール」などで知られるアサヒグループホールディングスは、2018年頃から業務システムのパブリッククラウドでの構築・運用を進めている。「クラウドネイティブ・ファースト」が方針で、リフト&シフトによる単純な移行は最後の手段とする。背景には、同グループの事業における根本的な変化があるという。(2020/2/13)

医療機関はITをどう活用できるのか
画像診断に「機械学習」が役立つ理由 5分で見るべき画像数が250枚から20枚に
ある医療IT専門家は、音声認識と機械学習が医療業界に重要な影響を与える技術になると予測する。その理由とは。(2020/2/7)

法律、プライバシー、人権問題:
PR:DX時代に必要となる新しいビジネスリスクにどう立ち向かうべきか
データとテクノロジーを活用して、新たなビジネス価値を生み出す「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が企業の重要な経営課題となる一方、ビジネスの基盤となるシステムの「セキュリティ」を確保する難しさは急速に増している。NEC サイバーセキュリティ戦略本部 セキュリティ技術センター センター長を務める淵上真一氏に、DX時代のセキュリティ対策に必須とされる「Security By Design」の考え方と、それに向けたNECの取り組みを聞いた。(2020/2/7)

現場から見た「DXの真相」(5):
「戦略なき戦術」に意味はない 改めて問う“DXとは何か”
デジタルトランスフォーメーション(DX)について、長年IT業界で働く著者が現場の目線で解説する本シリーズ。最終回はこれまでの連載を振り返りつつ、改めて「DXとは何か」について考える。(2020/1/31)

患者対応に変革を起こすIT【後編】
病院が「空き病床削減」「外来チェックイン」をIT化 各システムの中身は?
在院日数や病床稼働率は、病院が効率的に稼働しているかどうかを示す重要な指標だ。これらの改善にITを生かした2つの医療グループの事例を紹介する。(2020/1/28)

患者対応に変革を起こすIT【前編】
「診療予約日に来ない患者を減らすシステム」を病院が構築 その仕組みとは?
診療予約や病床管理といった分野は、ITによるイノベーションの余地が大きいと期待されている。医療グループのMontefiore Medical Centerが進めた、予約日に来院しない患者を減らす取り組みを紹介する。(2020/1/21)

米国のHuawei禁輸措置に対抗か
中国“Windows禁止令”でHuawei製「Harmony OS」の開発に弾みがつく?
中国当局は政府機関で使用する「非中国製ソフトウェアを搭載したコンピュータ」を交換するよう命じたという。Huaweiが開発する独自OS「Harmony OS」のプロジェクトにとっては追い風になる可能性がある。(2020/1/18)

PR:グローバルなベストプラクティス活用に不可欠なのは、「社員と企業文化の変革」 アフラックにおけるDXプロジェクトの道のり
「『生きる』を創る。」をブランドプロミスとするアフラックは、さらなるサービス向上を目指し顧客接点におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。「Salesforceの標準機能を徹底活用する」という戦略のもと、自前主義を廃し短期間で大きく業務プロセスを刷新。同社はどのようにして変革を起こそうとしているのか。(2020/1/8)

プレミアムコンテンツ:
Computer Weekly日本語版:CIOを待ち受ける罠
CIOを待ち受ける数々の落とし穴に着目。新任CIOがやりがちな4つの失敗、ハイパーコンバージドインフラ導入にまつわる失敗にCIOはどう対処すべきか。他にMicrosoftが語る機械学習の懸念点、SD-WANの理想的な事例、コラボツール導入成功の見極め方などの記事をお届けする。(2020/1/7)

プレミアムコンテンツ:
Windows 10アップデート管理戦略ガイド
Windows 10は更新プログラムが頻繁に配信される。本PDFではそうした変更をITリーダーが管理する方法、累積的な更新プログラムがシステム管理者に及ぼす影響、円滑な移行のためにクラウドサービスが果たし得る役割について解説する。(2019/12/27)

Dell Technologies、次の10年の予測を発表 「自己修復するPC」「リサイクル可能な電子機器」など
Dell Technologiesは2020年を「Next Data Decade(データが導く次の10年)」が始まる最初の年と位置づけ、これからの10年で登場する新しいイノベーションや技術を予測した。(2019/12/26)

「売ってナンボ」の風潮に危機感、データドリブンな居酒屋に ワタミがクラウド型ERPを導入する理由
居酒屋チェーンを運営するワタミがクラウド型ERPを導入し、データを活用した店舗運営に乗り出していることを明らかにした。レガシーシステムから脱却し、データを活用した店舗運営に切り替えるという。経営企画本部 IT戦略部 部長の若林繁氏に、その背景と狙いを聞いた。(2019/12/20)

導入には障壁も
医療サービスはECカートで買う時代? 「遠隔医療」が地方の高齢者医療に効果
地方都市はさまざまな要因で、十分な医療サービスを提供できない場合がある。地方の高齢者介護施設は大きなハンディキャップを抱えることになる。だからこそ遠隔医療は一つの解決策になる可能性がある。(2019/12/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。