ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

「IT戦略」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

失敗、成功事例に学ぶクラウドネイティブセキュリティの勘所(2):
「クラウド活用は万能薬ではない」――2つのクラウド移行事例で起きたセキュリティ課題とその原因
セキュリティに対する不安からクラウド移行に踏み切れない企業や、クラウド移行したもののクラウドセキュリティに依然として懸念がある企業に向けて、クラウドで実現するセキュリティ対策を事例とともに解説する本連載。今回は、セキュリティに関する課題が生じた2つのクラウド移行事例を解説します。(2024/2/20)

DX運用のためのITIL 4(5):
ITIL 4でサービスリリースを短縮するには? 「HVIT:ハイベロシティIT」を解説(前編)
DX時代の運用管理者を対象に、ITIL 4の生かし方を解説する本連載。第5回は、ビジネス目標を達成するためにデジタル技術をどう活用すべきかのヒントとなる「HVIT」(ハイベロシティIT)を取り上げる。(2024/2/15)

DXが浸透している企業は、何と「1割」 サイボウズが「これからの5年に向けた提言」を公開
サイボウズとITRが実施した調査によると、日本企業のDXの取り組みは活発化しているものの、進捗や成果には企業によって大きな差が生じている。DXを本格的に推進している企業でIT部門が果たしている役割とは。現状打破のために必要な4つのポイントを紹介する。(2024/2/12)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「日本企業は平均値を重視し過ぎる」 “分かった気”で終わらせない統計データの使いこなし方
ニュースや資料では多くの調査データが紹介されています。中でも目立つのが「平均値」ですが、筆者は「日本企業は平均値を重視しすぎる」と警鐘を鳴らします。ビジネスに本当に役立てるための統計データの使いこなし方とは。(2024/2/9)

Gartner Insights Pickup(337):
テクノロジーロードマップをビジネスに結び付ける4つのステップ
ロードマップの価値は、テクノロジーをビジネス目標と結び付けることにある。本稿では、ステークホルダーにとって価値のあるものにする4つのステップを紹介しよう。(2024/2/9)

マルチクラウド、エッジ、5Gを駆使
AWSとGoogleで実現 オンプレミスでは駄目だった“小売業者の理想”とは?
小売業者Ocadoは複数のクラウドサービスを駆使することで、“オンプレミスだけ”ではできなかった、自社の要望に沿ったシステム運用ができるようになった。オンプレミスとクラウドサービスを併用する仕組みとは。(2024/2/7)

セキュリティニュースアラート:
非正規社員のID管理に苦慮 SailPointがアイデンティティーに関する調査を公開
SailPointテクノロジーズジャパンは、企業のセキュリティとアイデンティティーガバナンスの実態を示す結果を発表した。投資は増加してもセキュリティリスクの低減は実現していない状況が明らかになった。(2024/1/29)

生成AIを生かすIT戦略
Gartnerが提唱 「生成AI」導入を成功させる“CIOの行動”とは?
近年急速に普及する生成AIは、ビジネスにチャンスとリスクの両方をもたらす。CIOが生成AIの活用を成功させるために取るべき行動とは。3つの視点から解説する。(2024/1/22)

海外医療技術トレンド(103):
米国政府のAI駆動型保健医療DX推進策とDFFTの関係性
本連載第23回や第65回で米国保健医療行政当局のIT戦略やDXを取り上げたが、データ駆動型からAI駆動型への進化に向けた動きが本格化している。さらに、日本が提唱してきたDFFT(信頼性のある自由なデータ流通)をも取り込もうとしている。(2024/1/19)

補完し合う「生成AI」と「クラウド」
マッキンゼーが語る「生成AI」にはオンプレミスより「クラウド」を使うべき理由
生成AIとクラウドサービスは、互いの利点を引き出す相互補完的な関係にある。例えば、生成AIを活用することで、アプリケーションのクラウド移行期間を短縮できる。(2024/1/17)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「組織力」だけ鍛えても不祥事はなくならない “集団浅慮”に陥らないための「個人力」のすすめ
世間に名の通っている会社の不祥事が相次いで発覚しています。個人としてはモラルのある人々が、「社会の公器」であるべき企業という集団になったときになぜ不法行為に手を染めてしまうのか。筆者は「集団浅慮」に原因があると喝破します。(2024/1/12)

「買収完了」でも安心できない
VMware製品が“消える”なんてあり得ない? Broadcom傘下での今後とは
VMware買収後のBroadcomはどう動くのか。喫緊の課題としては、VMware HorizonとCarbon Blackという2つの製品群の行方だ。(2024/1/9)

AI熱、変わるITベンダー、コンサルの立ち位置、マシンリーダブルなデータの価値――2023年を振り返る
2023年近年でもっともIT環境が変化した1年だったのではないでしょうか。今年読まれた記事を振り返りながら変化を振り返ってみます。(2023/12/28)

BroadcomのVMware買収で高まる不安【後編】
VMware信者をやめるのが「悪くない選択肢」である理由
VMwareがBroadcomに買収されたことで、VMwareの製品やサービスを使う企業は新たな戦略を選択する岐路に立たされている。どのような対処を検討すべきなのか。(2023/12/26)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【後編】
「リフト&シフト」がぴったりな企業、向かない企業の違い
クラウドサービスへの引っ越し方法として人気の「リフト&シフト」。しかし、リフト&シフトは全ての企業に適切な方式ではない。どのような企業が、どのような場合に採用するべきかを解説する。(2023/12/26)

BroadcomのVMware買収で高まる不安【前編】
Broadcom配下で「脱VMware」が止まらない?
これまでに買収した企業の事業を売りさばいてきたBroadcomが、VMwareを買収した。VMwareの製品やサービスを利用する企業にとって、今回の買収は事業にまで影響を及ぼす変化を生む可能性があるという。その影響とは。(2023/12/20)

トムソン・ロイターが考える倫理的なAI活用【前編】
「データガバナンスは大きな喜び」 トムソン・ロイター経営幹部インタビュー
Thomson Reutersでデータガバナンスを管轄する経営幹部のカーター・クシノー氏は、自身の経歴を生かして「倫理的なデータ活用」のポリシーを構築することに大きな喜びを抱いていると語る。その内容とは。(2023/12/19)

リフト&シフトはどんな場合に最適?【前編】
いまさら聞けない「リフト&シフト」 なぜ人気でどこが駄目?
既存のアプリケーションやOSをそのままクラウドサービスに移す「リフト&シフト」方式は、クラウドサービスへの引っ越しを検討する企業にとって有力な選択肢だ。その長所と短所を解説する。(2023/12/18)

場所に関係なく確かな情報を:
PR:オーエスジーが実現した「海外拠点と本社のデータ連携」 ASTERIA WarpとJP1の魅力
ビジネスを成長させる上で、データ活用の重要性が増している。一方、効果的なインサイトを得るにはシステムをまたいだ連携が欠かせない。これを実現した事例を紹介する。(2023/12/19)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第2回】
マルチクラウドが「もう当然」だからこそ陥る“3大問題”とは
企業は自社のIT戦略により適したシステムを構築するために、マルチクラウドなど複数ベンダーの製品・サービスの利用を重視するようになりました。マルチクラウドを採用する上での注意点を紹介します。(2023/12/18)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「IT商材を売るSIer」はもういらない ユーザー企業視点で“共創パートナー”について考えてみた
DXや「2025年の崖」対策などITプロジェクトが増える中、筆者は「日本のSI業界は、売り手市場になっている」と指摘します。SIerが顧客や案件を選別する時代に入った今、ユーザー企業はSIerに対する認識をどのように見直すべきでしょうか。(2023/12/8)

医療サイバーセキュリティ最新動向(1):
医療分野で急増するサイバー攻撃、政府の対応はどこまで進んでいるのか
医療分野におけるサイバーセキュリティの最新動向を紹介するとともに、今後の医療機器開発の進め方などについて説明する本連載。第1回は、医療分野で急増するサイバー攻撃の状況と日本政府の対応を取り上げる。(2023/12/8)

3Dプリンティング:
金属3Dプリンタをプラント建設工事へ日揮グローバルが本格検討 ジェネレーティブデザインで形状最適化
日揮グローバルは、金属3Dプリンタのプラント建設工事への本格導入に向けた適用検証を行った。3Dプリンタで直接構造物を造形することで、機器や配管部材の設計から製作や施工へのリードタイムの短縮や複雑で自由度の高い造形が現地で可能になる。(2023/12/7)

AMDの調査結果から読み解く
AIが使われない理由は「GPUがないから」とは限らない?
AMDがITリーダーを対象に実施した調査から、企業はAI技術に期待を抱いていても、必ずしも導入に踏み切っているわけではないことが分かった。企業がAIツールの導入をためらってしまう理由とは。(2023/12/5)

マルチクラウド時代になぜOSSが重要なのか【第1回】
企業が“シングルベンダー”ではなく「マルチクラウド」を信奉し始めた理由
企業のシステムでは、複数のクラウドサービスを併用する「マルチクラウド」の採用が進んでいます。システムを複雑化させるマルチクラウドを、企業が重視するようになったのはなぜでしょうか。(2023/12/11)

AIによる業務改革が本格化:
AIセントリックな組織、ナレッジのマルチモーダル化 ITRが「2024年に来る」と予測するIT戦略テーマを発表
ITRは、2024年に企業が注目すべき12のIT戦略テーマ「ITR注目トレンド2024」を発表した。同社は「AI革命が新たなステージに突入したことを認識し、DXを推進することが企業に求められている」としている。(2023/12/1)

PR:AI開発・運用基盤構築の成功には何が必要か? OSSやハードウェアはどうする? 「Mr.GPU」に聞く
企業でのAI活用が本格化したことで、自社のAI基盤やセキュリティガバナンスをどう構築するかが課題になっている。AI基盤構築未経験の情報システム部門がこれらの環境整備を成功させるには何が必要なのだろうか。「Mr.GPU」に話を聞いた。(2023/11/29)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【後編】
学歴不問「スキルベース採用」がIT人材にも企業にもうれしい訳
コロナ禍を契機に加速したIT人材の売り手市場。高度なスキルを持つ人材の獲得に一石を投じるのが「スキルベースの採用」だ。企業の採用担当者はこの採用手法をどう見るのか。(2023/11/28)

IT人材の獲得競争で“勝つ”ための採用【前編】
転職IT人材は「スキルだけ」が大事、“あれ”はもう誰も気にしていない?
IT人材の“売り手市場”が続く見通しの中で、高度なスキルを持つ人材に長く勤めてもらうために企業はどのような対策を取るべきなのか。Gartnerアナリストの見方から探る。(2023/11/22)

まとめ読みeBook:
S/4HANA移行後のデータ活用に必要な「2つのIT戦略」とパナソニックの導入事例
基幹システムを刷新した後、データ活用を成功させるには何が必要なのだろうか。2つのIT戦略に加えて、パナソニックの導入事例を紹介する。(2023/11/13)

ATC Japan 2023:
「PLATEAU」は他の3D都市モデルに比べどこが革新的か?2023年度内に200都市が3D化
国交省主導で、全国の自治体が進めている都市を3Dモデル化する「Project PLATEAU」――。全国の130都市が用途地域や標高、建物の構造や規模などの属性情報を持って3D化されている。都市計画を筆頭に、災害の避難計画や被災範囲、生活者のデータドリブン、ゲーム背景など、多様な活用が既に始まっている。(2023/11/10)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
生成AIの「内製」へのインパクトは大きい 「個性を殺すビジネスモデル」の終わりが始まる
生成AIを実際の業務に生かす企業が増えている今、筆者は「内製」へのインパクトの大きさを指摘します。生成AIを生かして内製を進めることで国内のIT業界に起こる変化とは。(2023/11/10)

有識者対談から見える“PC管理問題”の答え
中小企業の情シスを“PC管理問題”から解放してビジネスを推進するには
業務に追われてDX推進にまで手が回らないという中小企業の情報システム部門の声をよく聞く。PC管理を手放し、IT戦略立案の時間を捻出する方法をキーパーソンたちが語った。(2023/11/9)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
DX推進の中核はサーバ、企業調査から見えてきたオンプレミス投資の要点とは
DXの推進はあらゆる企業にとって最重要課題であり、その中核となるサーバインフラに求められる要件は厳しさを増している。そのため多くの組織で投資意欲が高まりつつあるが、どのような点に注意すればよいのか。(2023/11/9)

Adobeが注視する“これからの技術”【前編】
「本当は要らなかったツール」を見極める方法 AdobeのCIOが振り返る
Adobeのシンシア・ストッダード氏は、CIOとしてIT利用に関するさまざまな施策を統括してきた。特に変化が大きかったのがパンデミックだという。同社の取り組みの方向性はどう変わったのか。(2023/10/20)

さまざまな用途に生成AI活用の可能性
生成AIは“クラウド並み”の存在感に 調査で分かった企業の本気度
企業は生成AIを今後のビジネスでどのように活用する方針なのか。IT部門や事業部門の意思決定者670人を対象にした調査から、企業が計画している生成AIの活用方針や導入の意向などが具体的になった。(2023/10/16)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
「オンプレ回帰」なんて起きていない テクノロジー活用に“未来への想像力”が必要な理由
「オンプレ回帰」という言葉がメディアで踊る中、筆者は「オンプレ回帰は起きていない」と喝破します。次々と新しいテクノロジーが登場する中で、自社に導入すべきものを見分けるために必要なものとは何でしょうか。(2023/10/13)

VDIに起きた「ブレークスルー」とは:
PR:「日々の業務にこそGPUが必要」 VDIの生産性を爆上げするテクニックを解説
テレワークを実現させるためクラウドベースのサービスを導入した企業は多いだろう。ただ有識者によると近年「オンプレミスでのVDI」への回帰が始まっているという。鍵となるのは「FAT PCトラブル」と「NVIDIA vGPUの普及」だ。シンクライアントやVDIの豊富な導入実績を持つNECと「GPU+仮想GPUテクノロジー」の歴史を持つNVIDIAがタッグを組む意義とは何か。(2023/10/11)

子会社設立の主な目的はコスト抑制:
IT子会社の課題は「受け身体質」「スピード感」、ではどう改善する? ガートナーが提言
ガートナージャパンは、国内のIT子会社の実情に関する調査結果を発表した。IT子会社を設立している主な理由は、人件費の抑制やシステム開発コストの抑制、システム運用コストの抑制などだった。(2023/10/6)

「ITmedia DX Summit Vol.16」開催レポート:
SUBARUが脱出した「データの三重苦」 データ基盤統合で生まれた「3つの効果」を紹介
「100年に1度の大変革期」と言われる自動車業界では、業務基盤の強化とDX推進が最重要課題となっている。SUBARUが取り組むデータマネジメントを通じた「データ価値の最大化」とデータ活用推進活動を紹介する。(2023/9/29)

「相談を待っているだけでは駄目」:
導入で得られたのは「2つの効果」と「2つの教訓」 JALが模索する“事業部門を巻き込んだ業務アプリ開発の最適解”とは
ローコード/ノーコード開発ツールにメリットがあることは言うまでもないが、IT部門にとって気になるのが「導入しても活用できるのか、しっかりと定着するのか」といった点だ。導入しても、いつも同じ人が開発していたり(属人化)、業務に合わず使われなくなったり(陳腐化)するのでは意味がない。ではIT部門として、どういったアプローチを採るべきなのか。(2023/9/27)

有識者対談から見える“PC管理問題”の答え
中小企業の情シスを“PC管理問題”から解放してビジネスを推進するには
業務に追われてDX推進にまで手が回らないという中小企業の情報システム部門の声をよく聞く。PC管理を手放し、IT戦略立案の時間を捻出する方法をキーパーソンたちが語った。(2023/9/20)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2023年9月)
今週は、マーケティングオートメーション(MA)ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2023/9/12)

甲元宏明の「目から鱗のエンタープライズIT」:
SIerは「丸投げ先」でも「忠実な実行エンジン」でもない “クラウド力”を高めるための関係構築
多くのSIerが顧客との「共創」を掲げる一方で、ユーザー企業にとってSIerは課題の「丸投げ先」となっているのが実態だと筆者は喝破します。クラウドを活用してビジネス価値を向上させるために、ユーザー企業はSIerとどのような関係を築くべきでしょうか。(2023/9/8)

デジタル変革の旗手たち:
できることからDXにむかって――JFA 鈴木隆喜氏
「サムライ・ブルー」の愛称で親しまれているサッカー日本代表のイメージが強い日本サッカー協会(JFA)だが、実は代表チーム強化はその取り組みの1つにすぎない。サッカー競技の普及と振興を図り、国民の心身の健全な発達に寄与することを目的として設立された公益財団法人であり、その活動の幅は広い。現在の目標は、2050年にサッカーを愛する仲間であるサッカーファミリーを1000万人にすること、FIFAワールドカップを再び日本で開催し優勝することの2つである。取り組みの一環として、ITを活用したDXにも取り組んでいる。JFAのDX推進について、ITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2023/8/29)

トップのコミットメントの下で積極採用:
PR:「ここには活躍の場がある」――“介護Techプラットフォーム”推進企業が本気で進めるIT人材拡大計画
Tech大手に引けを取らないサービス開発体制を目指す企業が、IT人材の採用を進めている。SIerから転職してきた若手情報システム担当者に、同社で働いて感じたことと、これからのキャリアプランを聞いた。(2023/8/28)

クラウドインフラの動きを「ハードウェア」視点で見る【後編】
クラウド支出がいくら増えても「オンプレ支出」はなくなるどころか増え続ける謎
IDCの見方では、クラウドインフラ向けハードウェア支出額は増加する見込みだ。一方で従来型オンプレミスインフラ向けハードウェア支出額も増えると同社はみる。インフラ市場で何が起きているのか。(2023/8/23)

AIへの熱狂をデータアナリティクス専業ベンダーはどう見ているか
生成AIブームに乗って企業のAIへの関心は加熱している。データ&アナリティクスの老舗企業はこの状況をどう分析し、製品ロードマップに反映しているのだろうか。(2023/8/22)

1位は?:
女性エンジニアが「働きやすい」企業はどこか IT業界ランキング
IT技術者の人手不足が深刻化するなか、女性エンジニアに注目が集まっています。働きやすい環境の整備が進んでいますが、女性エンジニアが「働きやすい」と感じる企業はどこか。クチコミから考察すると……。(2023/8/17)

クラウドインフラの動きを「ハードウェア」視点で見る
クラウド向けサーバ&ストレージ支出が急成長 なのに導入数は減ったのはなぜ?
クラウドインフラを構築するためのサーバやストレージへの支出額は増えたはずなのに、実際の導入数は減少した――。IDCが明かした、この“奇妙な実態”の背景とは。(2023/8/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。